壮大な宇宙をキャンバスにして鮮烈な子午線の軌跡をのこした
ユニヴァース、メリディエンなどのアドリアン・フルティガーの
タイプ・サイン・シンボルまでの造形のすべてを徹底追跡!
 




わたしたちの時代では意思の疎通は書物や雑誌というメディアにとどまりません。テレヴィジョンやコンピュータやサインボードなどからも情報をひきだしています。このような多様なタイプ・サイン・シンボルの可能性のなかで、その全体を結びつける展望をえるのがこの書物のひとつの役割です。さらに文字活字を使用するときにどのような責任を負うべきかもあきらかにしています。

 (序文から ハンス・ルドルフ・シュニーベリ)







おもな内容
アドリアン・フルティガーの紹介/書体の発達/子午線から宇宙へ、あたらしい書体の誕生/あたらしい技術における、あたらしい技芸としての活字設計/環境と建築のなかでの文字/シンボルとしてのロゴタイプとマーク/サインとシンボル




朗文堂タイポグラフィ双書 1
『活字の宇宙』

組版工学研究会編
A四判上製本 260ページ
定価 本体10000円(税別)

ISBN4-947613-53-X C3070






おちかくの有力書店でお求めください。
直送は送料別途請求にてたまわります。

詳細は下記のページへ
朗文堂の書籍をお求めになるために




朗 文 堂
TEL.03-3352-5070 FAX.03-3352-5160




robundo publishing
tokyo JAPAN