森に帰ったしな乃

                                     


                                            森にかえったしな乃 目次
森にかえったしな乃 交通事故のない社会を目指して   森にかえったしな乃 交通事故のない社会を目指して
Guest Counter

2015/5/1 reset

昔むかし、あるところに
しな乃という名の女の子がいました

 忘却と風化の嵐に晒されて


   光陰矢のごとしとはよく言ったものです。娘の交通事故死から、はや20余年という長い年月が経ちました。娘が生きていれば、三十路に差し掛かります。たぶん立派に成長し、今ごろ可愛い孫の顔でも見せてくれていることでしょう、と考えるのは、私たち家族だけかも知れません。

   娘と一緒に育った幼友達・同級生の脳裏のなかに、もはや娘の存在はありません。いえ会社の元同僚や、幼友達・親戚の人たちにとっても、間違いなく過去の話となっていることでしょう。
   では、私たちはどうなったかと問われれば、やはり以前のように泣いてばかりいることはなくなりました。悲しみを、うまく逸らす術を身につけたからかも分かりません。

   でも私たちの胸中から娘がいなくなることは、決してありません。ホームページ「森にかえったしな乃」は、娘の死後ほどなく作ったものですが、このほど新しく作り変えることにしました。

  忘却と風化への、親のはかない抵抗とご理解ください



森にかえったしな乃 交通事故のない社会を目指して

                      帰らぬ主を待っているのは、この人形たちだけ


森にかえったしな乃 メールフォームMail me Please



      


                                                                                                                                     森に帰ったしな乃

Copyright(c) 2015  森にかえったしな乃 All Rights Reserved