釣りレポート
岩魚(イワナ)70cm
釣り人:五十部
(いそべ)康宏さん(埼玉 在住)
1999年5月4日(火曜日)17:20
北の又
ルアー:タスマニアンデビル大
(ルミナスグリーン)

荒沢ヒュッテ店主
昨日まで続いた天気が崩れてこの日は小雨。強い南風が吹く、トローリングにとっては最悪の天気でした。夕方、桟橋に帰ってくるお客さんの釣果 はいまいち、数はそこそこ出ているのですが、サイズが上がらない状況でした。正直言って「もう今日はダメかな」とあきらめてました。

五十部さんが桟橋に帰って来て「大きいの釣れましたよ」とボソっと一言。「50cm くらいだろう?」と思ってイケスのフタを開けたらビックリ!イケスの中で曲がって立ち上がるようにイワナが! 「これは大変!」と、暴れるイワナを急いで宿に持ち帰りました。雨が降っているの にも関わらず、みんな外に出てきて、大盛り上がり。みんなが取り囲む中で、イワナ にまっすぐメジャーをあててみると...ぴったり70cm!!! 同時に歓声と拍手が沸き起こりました。私やお客様は「くやし〜い! やられた〜! でもでかい!!」の連発。その日は夜遅くまでその話で宿は盛り上がりました。

五十部(いそべ)康宏さん(埼玉 在住)
あの日は今年はじめての銀山釣行でした。 銀山に通い始めて3年になるのですが、50cmアップのイワナやサクラマスをキャッ チしたことはなく、
今年こそはと思っていました。 小雨が降る中、朝からトローリングを開始したのですが、なかなかアタリが来ません。
リリースサイズのサクラマスを1匹キャッチしただけでその後が続かず...連日の仕事の疲れもあり、昼頃からボートを岸に寄せて、仮眠を取っていました。

午後2時過ぎに目がさめ、釣りを再開。その後もアタリすらなかったのですが、何か 「今日は釣れる!」という予感がありました。
そして、午後5時過ぎ、その予感は的中しました!
夕方、魚が餌を取るために浮いてくることを想定し、レッドコアを3色まで巻き上げ、立ち木の横をルアーがかすめるように操船していると...大きなヒットが沖側のロッドに!! 急いでロッドを手にしたらずっしくと重く、大物の手ごたえ! はじめは比較的楽な ファイトだったのですが...水面に上がってきた魚を見てビックリ! 予想をはるかに超えるサイズの大イワナでした。水面 に上げられたイワナはくねくねと体をよじりながら暴れ始めました。5分くらいのファイトでしたでしょうか...イワナがボートに寄ってきました。予感を信じてセットしてあったネットを手に取り、ランディングに入りました。しかし、大きい!!! 慎重にランディングを試みたのですが、1回目は大きさのあまりネットから飛び出してしまい、心臓が止まりそうでした。2回目、 ランディングは成功。デビルのフックは下あごにがっちりとかかっていました。 目測でも軽く60cmを超える大イワナ!! もちろん自己最高記録です。これからも荒沢ヒュッテに通うことが楽しくなると思います。

タックル
ルアー:タスマニアンデビル大(ルミナスグリーン)
ロッド:シーバスロッド(トローリングカスタム)10ft
リール:ABUアンバサダー10000
ラインシステム:レッドコア18lb、リーダー12号/3号
フィッシングダービーTOPへ戻る。

  2001 HUTTE ARASAWA WEB SITE E-Mail arasawa@ops.dti.ne.jp