Top][設備と資格][地震時の10の心得][消火器の使用方法][火災][消火][備える][i-mode][防災屋って何?][リンク]

火災の原因と対策     NEXT

 家庭での火災予防
石油ストーブなどを使うときは適正な燃料を使い、石油の補給をするときは完全に消火して行います。 
ストーブの上では絶対に洗濯物を干さない。 寝たばこをしない。
家庭用の消火器を備え、屋内(風雨にさらされない場所)のすぐに持ち出せる場所に設置する。
ガスコンロやガスストーブの事故は爆発を伴い危険です。ガスには、都市ガスとプロパンガスの2種類あり、 
それぞれに適合した器具を使いましょう。
消火器の使い方安全栓を引き抜く→ホースを外し、火元に向ける→レバーを強く握る→燃えている火元にかける(15秒で放射時間終了)。


 火災が発生したとき

大声で「火事だ。」と叫び近所に知らせます。だまっていてはダメ
とにかく大声で「火事だ!」「火事だ!」と叫びながら消化するようにしましょう。
声が出ないときは、バケツをたたいたり、悲鳴をあげたり、何でもいいからすぐ人に知らせるようにしましょう。

通報しながらの消火

忘れてはいけないのが119番への通報です。これはあぶないと思ったらすぐ119番へ電話をします。
消防署の職員が火事か緊急車出動かを聞きますので「火事です。」と答えて「火事です。〇〇町〇丁目〇番〇号です。」と必要なことと、
名前、目印となる建物および電話番号を伝えてください。 あとは消火に努めよう。どんな小さな火でも119番に通報する。                                                                                 
火災は1秒を争う事態です。火元別初期消火のコツは、次の通りです。                                          
火元別初期消火のコツ

天ぷらなべ
  水をかけては絶対にだめ!
水は油よりも比重が重いため、油の下に入り込む形で底にたまってしまうので意味がありません。
それどころか、油の熱で一気に沸騰して水蒸気爆発を起こし、火柱をあげてしまうのです。

消火器がなければ、ぬらした大きめのタオル等を手前からかぶせてかけ、空気を遮
断しよう。
酸素が遮断されて、消える場合もあるのです。
しかし、この方法には幾つかの注意点がある。
濡らしたタオルを使用しての消火は、消火器がない場合のみ! 鍋の縁に布が焦げ付き、
外そうとしたときにひっくり返してしまう可能性があるからです。
今までは空気が遮断されていたので発火しなかった油も、発火点に有れば再度燃
えてしまいます。
ひっくり返すということは、火傷の危険性だけではなく、こぼした範囲がすべて発火点となるの危険性もあるのです。
もしも濡れタオルによる消火をしたのなら、十分に油が冷めるまでは触らないことが重要です。
基本は消火器での消火ですよ。

石油ストーブ
  真上からバケツなどで水を一気にかけましょう。
石油が広がってしまったら、毛布で覆い、水をかけます。

電気製品
  感電するかもしれないので、まずコンセントには触れないように!
ショートしているために大変危険です。
電気製品が原因の火災はブレーカーを落とすことが基本です。
それから水をかけるなどの消火活動をしましょう。

衣類
  化繊の洋服はあっという間に燃えます。
料理のときは、なるべく木綿のエプロンや割烹着で覆いましょう。
もし燃え移ってしまったら、転げ回って消します。
髪の毛に火がついてしまったら、化繊以外のもので覆って消しましょう。

カーテン・ふすま
  カーテンやふすまに火が移ると、あっという間に天井に広がってしまいます。
一刻を争うためにカーテンがあればひきちぎり、ふすまがあれば蹴り倒してでも、
天井に火がうつらないようにしましょう。
風呂場
  いきなり戸を開けるのは厳禁。ガスを使用するものは
すべてに共通しますが、元栓を閉めてから徐々に戸を開けて
初めて消火作業をしましょう。
ふとん
 
タバコなどが原因でぼやを出すことは、十分に考えられます。
このような場合の火災は、火が消えたと思ってもすぐに風呂などで水に浸けましょう。
綿は大変燃えやすいのです。中で火種がくすぶっていることがあります。
鎮火したように見えても絶対に侮らないで下さい。
約一晩浸けておけば安心でしょう。
この一晩というのは決して長すぎる時間ではありません。

昔、僕の家の近くの綿工場での火災原因が、ぼやが出た後にある程度は水に浸けたそうですが、
数時間後、消えたと思って押入にしまった為、今度は家が全焼する火災になってしまいました。



避難のタイミングは、炎が天井に燃え広がったときです。   
消化どころか一瞬にして煙に取り囲まれて危険です。

犠牲者の多くは、煙による窒息や中毒が原因です。ビル内では、エレベーターではなく、
非常口や階段を使用して避難してください。

床上20cm位には、空気がありますので煙に巻かれたら低姿勢で、
濡らしたタオルで口と鼻をおおい逃げます


火が天井にまわる前に 

火が床をはったり、カーテンやふすま、障子に移ったりして天井に燃え移るまで、だいたい3〜5分間。
この間にあわてず勇気を持って火を消し止めることが大事。

火が天井に移ったらもう手がつけられないでしょう。すぐ避難しましょう!
あとは消防署の人達にまかせましょう。

真っ赤な炎にあわてるな
  

油や灯油の火が炎をあげた場合や、カーテンや障子が炎をあげる時、
派手なわりには大したことがないそうです。
消してしまえば、なんだこんなものかというぐらいの焼けあとしか残さない。
焦りと恐怖は禁物です。 

とにかく落ち着いて状況確認をしましょう。


 


火災の原因はネズミ?


中国の河南省洛陽市で大火事!




電源コードの取り扱い(三洋電機)

業務用(営業用)にガスの注意(北陸ガス)



  NEXT

Top][設備と資格][地震時の10の心得][消火器の使用方法][火災][消火][備える][i-mode][防災屋って何?][リンク]