讃岐弁の使用例

 

 讃 岐 西 部    意   味         使    い    方    
あかんたれ つまらないやつ/
情けないやつ
「そななんも できんて、いかさま あかんたれやなぁ」
[訳]そんなこともできないなんて、本当に情けない奴だねぇ。
あくたれ 悪口雑言/憎まれ口 「ちょっとおせになったおもたら、あくたれ言うのぅ」
[訳]少し大人になったと思ったら、憎まれ口を言うねぇ。
あずる 困る/苦労する 「あの山登るん、坂がきつーてあずったわ。」 
[訳]あの山に登るのは、坂が険しくて苦労したよ。
あっぱ顔 あきれた顔/
呆然とした顔
「あっぱ顔せんと、ちゃんと聞いとくんで」
[訳]ぼーっとしないで、ちゃんと聞いておきなさいよ。
あななん
あなに/あなん
あなんこと
あんなもの/あんな人
あんなに
あんなこと
「あなに ゆうとったのに、なんで あななん連れてくるん」
[訳]あんなに言ってたのに、なぜ あんな人を連れてくるの?
「あなんことして 恥ずかしわぁ」
[訳]あんなことをして 恥ずかしいわ。
あねはん/
ねぇはん
姉さん
#女性への呼びかけ
「ねぇはん、どっから来たん。遊んで行かんな」
[訳]お姉さん(貴女)どこから来たの。遊んで行きませんか。
あぶらむし ごきぶり 「あぶらむし、なんで あなに あんじゃるいんやろ」  
[訳]ごきぶりは、何故 あんなに気持ち悪いのかしら。
あんじゃるい/
あじわるい
気味悪い/
気持ち悪い/変な 
「あじわるー。高いとこ登って あなんことしよる」
[訳]気持ち悪いよぉ。高い所へ登ってあんなことしてる。
あんじょう きちんと/うまく 「あんじょう鍵しとかんと、ぬしとにはいられるんで」
[訳]きちんと鍵をしておかないと、泥棒に入られますよ。 
あんにゃん 兄さん
# 男性への呼びかけ
「あんにゃん、ちょくちょく会うけんど、どこの人な」
[訳]お兄さん(貴方)、時々会うけれど、どちらの方ですか。
いかさま とても/非常に 「この造花、いかさま うまげにできとるなぁ」
[訳]この造花は、とてもきれいにできているねぇ。 
いかめ いいなぁ/
うらやましい
「いかめぇ、そなん ええもん 買うてもろて ほんまにいかめや」
[訳]いいなぁ、そんなに良い物を買ってもらって本当にうらやましい。
いがる 大声で泣き叫ぶ 「あんまりいがると病気んなるで」
[訳]あまり泣き叫ぶと病気になるよ。
いたんぽ/いたんこ
/すかんぽ
イタドリ  「山行て いたんこ取ってこうか」
[訳]山へ行ってイタドリを取ってこようか。
 *イタドリは地区の子供達が山で遊んだ時におやつにしていました。
いっけ 親戚 「ようけ いっけがあるけん、土産買うのもえらかったが」
[訳]たくさん親戚があるから、土産を買うのも大変だったよ。
いっちょまえ 一人前 「口はいっちょまえでも、まだまだねんねやきに」
[訳]口(言う言葉)は一人前でも、まだまだ赤ん坊だから。
うまくさい いい匂い 「うまくさいおもたら、百合の花やったんな」
[訳]いい匂いだと思ったら、百合の花だったのね。
うまげ 美味しそう/格好いい
/良さそう
「えらい うまげな服着て、どこ行くんな」
[訳]とても格好いい服を着て、どこへ行くの。
うまたげ *『うまげ』と同じ意味
だが、少し揶揄・皮肉
のニュアンスがある
「うまたげな話やけんど、ほんまのことかいな」
[訳]良さそうな話だけれど、本当のことかしら。
ええかっこしい みえっぱりな人
(かっこいいところを
見せようとする人)
「だれかしゃんは、ええかっこしいやけん」
[訳]あいつは、かっこいいところをみせようとする人だから。   
# 『だれかしゃん』は、本来は『誰か』の意味
えずく 吐き気に伴い痛む 「食べたもんが悪かったんかしゃん 一晩えずいて えらかった」
[訳]食べた物が悪かったのか一晩吐き気で痛くて苦しかった。
えらい 立派だ/
かしこい/
苦しい/ 疲れる/
大変/とても/ひどい
「えらかったなぁ。あんだけ いごいたらえらいやろ」 
[訳]立派だったねぇ。あれだけ動いたら疲れるでしょう。 
「えらいいびきで、寝れなんだ」 
[訳]ひどいいびきで、眠れなかった。
えらいこっちゃ 大変だ 「えらいこっちゃ。だれっちゃおらんかったが」
[訳]大変だ。誰もいなかったよ。
おかっこ/
おかっこまり
正座
# 幼児語 
「あんじょう、おかっこまりしとくんで」  
[訳]きちんと正座しているのよ。
おごっと/
おごっつぉ
ごちそう 「よばれていったら、ごつ おごっつぉやったわ」
[訳]食事に招かれて行ったら、とても御馳走だったよ。
おせ 大人 「ちょっと見ん間に おせんなってしもて・・」
[訳]少し見ない(会わない)間に 大人になってしまって・・
おっぱ/ぱっぱ おんぶ  # 幼児語 「おまえがこんまい時には、ようおっぱしてやったもんや」
[訳]あなたが小さい時には、よくおんぶしてあげたものだ。
おとっちゃま おくびょうもの/怖がり 「おとっちゃまやきん、ブランコもよう乗らなんだ」
[訳]怖がりだから、ブランコにもよく乗らなかった。
おとどい 兄弟/姉妹 「いかさま かわいげな おとどいやな」
[訳]とてもかわいらしい兄弟だね。
おとまし めんどうくさい
うとましい
「作るんおとましけん、なんかこうてきてつか」
[訳]作るのめんどうくさいから、何か買ってきて下さい。
おとろしい 恐ろしい 「おとろっしゃ。大根1本280円もすん」
[訳]恐ろしや。大根が1本280円もするのですか。
おなか(腹)がおきる 満腹になる 「おごっと無いけんど、おなかおこしてから いんでつか」
[訳]御馳走は無いけれど、満腹してから 帰って下さい。
おる
おらん
居る
居ない
「おる時とおらん時があるきん、電話かけてつか」
[訳]居る時と、居ない時があるから、電話をかけて下さい。
おんかれる 怒られる 「そなんことしよったら、せんせに おんかれるで」
[訳]そんなことしていたら、先生に怒られるよ。

 

か行

讃 岐 西 部   意  味   使     い     方 
かいさま 裏返し 「すぐかいさまに着るんやけん、気ぃつけや」
[訳]すぐ裏返しに着るんだから、気をつけなよ。
がいに とても強く/非常に/
たくさん
「今日はがいに雨が降るなぁ」 
[訳]今日はたくさん雨がふるなぁ。
がいな 気が強い/乱暴な 「あんまり がいなんは、嫁のもらい手がないで」 
[訳]あまり気が強いのは、嫁のもらいてがありませんよ。
かざ
かざる
におい
におう
「魚焼っきょるげな うまくさいかざがしよるなぁ。」
[訳]魚を焼いてるような 良いにおいがしているね。
がしんたれ 欲深 「がしんたれげに しよったら、嫌われるんで」  
[訳]欲深くそうにしてたら、嫌われるよ。
かたけ/
かたけに
全部 「ちっとこばしかないけん、かたけに持って行き。」
[訳]少ししかないから、まるごと持って行きなさい。
かたし 片方 「靴下はこおもたら、かたししか無かったで」
[訳]靴下をはこうと思ったら、片方しか無かったよ。
がち いじきたない/さもしい 
#餓鬼から転じた? 
「ようけあるけん、がちげにすんな」 
[訳]たくさんあるから、いじきたなそうにするな。
かやす ひっくり返す 「あーぁ、お醤油かやしてしもた。おんかれるなぁ」
[訳]あーぁ、お醤油をひっくり返してしまった。おこられるなぁ。
からっぽ 「財布からっぽやけん、おごってつか」
[訳]財布が空だから、おごって下さい。
きどい くどい/しちめんどうくさい 「おおかた半日かかって草抜いたけんやけど、きどかった」
[訳]約半日かかって草を抜いたんだけど、しちめんどうだった。
ぎりぎり/
ぐりぐり
つむじ 「この子、ぎりぎり二つあるきん がいんなるで」 
[訳]この子、つむじが二つあるから 気が強くなるよ。
くずし 練り製品(かまぼこ類) 「昨日法事で、ぎょうさんくずしもろてきた」
[訳]昨日法事で、たくさんかまぼこをもらっってきた。
くちなご/
くちなわ
「あんじゃるう! くちなごが死んどる」
[訳]気持ち悪い! へびが死んでいる。
くらす
くらっしゃげる
殴る
音を上げるまで殴る
「どうぞこうぞ直しとかんと、くらされるぞ」 
[訳]どうにかこうにか直しておかないと、殴られるよ。
けたくそわるい 気分が悪い(怒り) 「ちっとも言うこと聞かんけん、けたくそわるいわ」
[訳]少しも言うことを聞かないから、気分が悪いよ。
けっこい
けっこに
きれいな
きれいに
「けっこい嫁さんが、荷物けっこに 持っていんでしもた」
[訳]きれいなお嫁さんが、荷物をきれいに持って帰ってしまった。
けまくる/
けもくる
幾度も蹴る/蹴りまくる 「むちゃんこ腹たったけん、けまくってやった」
[訳]むちゃくちゃ腹がたったので、蹴りまくってやった。
げんしゃ/
ぶげんしゃ
金持ち 「あそこはぶげんしゃやけん、えらい嫁入り支度やったなぁ」
[訳]あそこは金持ちだから、見事な嫁入りしたくだったねぇ。
けんびきが起きる 首・肩・背中の筋がつる
こと (けんぺき)
「けんびきが起きて、歯がういてしもた」
[訳]首から背中の筋がつって、歯がういてしまった。
ごくとれ 極道者/道楽者 「ごくとれになって、親泣かしたらこらえんぞ」 
[訳]極道者になって、親を泣かせたら許さないよ。
こさげる 残さないように全部取る 「底までこさげてしもて、なんも残ってないわ」
[訳]底まで全部取ってしまって、何も残ってないよ。
ごじゃ でたらめ/冗談/無理 「だれっちゃ知らんおもて、ごじゃゆうたらいかんぜ」
[訳]誰も知らないと思って、でたらめを言ってはいけないよ。
こそばい
こそばす
くすぐったい
くすぐる
「わろたらやまんけん、こそばさんといてな」
[訳]笑ったら止まらないから、くすぐらないでね。
こたえる 疲れる/困る/効く 「留年がよっぽどこたえたんか、ようがんばんりょるなぁ」
[訳]留年がよほど効いたのか、よくがんばっているね。
ごつ とても 「話がごつおかして、みんなで笑いいったわ」
[訳]話がとてもおかしくて、皆でとても笑ってしまったよ。
ごつい すごい 「あんた ごついこと言よるなぁ」
[訳]あなた凄いことを言ってるねぇ。
こてんぱん さんざん/徹底的 「試合、こてんぱんに やられてしもた」
[訳]試合は、さんざんにやられてしまった。
こななん
こなに/こなん
こなんこと
こんなもの/こんな人
こんなに
こんなこと
「こななん もろても ちっともうれしない」
[訳]こんなもの もらっても 少しもうれしくない。
「こなんまでして、歌いたいんか」

[訳]こんなにまでして、歌いたいのか。
こらえる 許す/辛抱する 「うちが悪かったんや。こらえてつか」
[訳]私が悪かったのよ。許して下さい。
こんまい 小さい/細かい 「こんまいこと言うなや。せろたらいかんがい」
[訳]細かいこと言うなよ。仲間はずれにしてはいけないよ。

 

さ行

讃 岐 西 部  意  味  使    い    方 
さいあがり  
さいあがる
お調子者 /でしゃばり
調子にのる/ でしゃばる
「あんまり さいあがったら、おんかれるぞ」
[訳]あまり調子にのったら、怒られるよ。
さかし さかさま 「さかしにしたって、なんちゃ出てこんで」
[訳]さかさまにしても、何も出てこないよ。
さっちむり 無理矢理/どうしても 「いややゆうとんのに、さっちむりに連れて行くんやきん」
[訳]イヤだと言っているのに、無理矢理連れて行くんだから。
ざまくい 汚い/不潔な 「ごつ ざまくて 部屋ん中 入れんかったわ。」  
[訳]とても汚くて 部屋の中に入れなかったよ。
しにいる/しんにいる (内出血で)青あざになる 「ほうぼう ぶつけたけん、いっぱい しにいっとったわ」
[訳]あちこちぶつけたから、たくさん青あざになっていたよ。
しばく
しばっきゃげる
平手で殴る
音を上げるまで平手で
殴りつける
「しょうねに入るまで、しばっきゃげるぞ」
[訳]身に沁みるまで、殴りつけるよ。
しゃっちょこばる しゃちほこばる/
緊張して堅くなる
「しゃっちょこばっとんの見たら、わろうてしもた」
[訳]緊張して堅くなってるのを見たら、笑ってしまった。
しゃんしゃん さっさと 「いつまででも とろとろ しとらんと、しゃんしゃんせんな」
[訳]いつまででものろのろしてないで、さっさとしなさい。
じゅるい*5 地面がぬかるんでいる
様子
「じゅるいとこで 走りまいするきん、靴わややが〜」
[訳]ぬかるんだところで走り回るから、靴がめちゃくちゃだよ。
しょうたれ だらしない 「しょうたれげに しよったら、あかへんで」
[訳]だらしなさそうにしていたら、いけませんよ。
しょうもない つまらない 「しょうもないもん ひけらかしてからに」  
[訳]つまらないものを、みせびらかして。
じょんならん 手に負えない 「ほんまに じょんならん子や」  
[訳]本当に手に負えない子だ。
しんどい 苦しい/疲れる 「しんどかったら、休んみょってつか」 
[訳]疲れたなら、休んでいて下さい。
すこかす
すこける
少し下げる・少し下がる
(だらしないニュアンス)
「スカートすこかして、かっこわるぅ」 
[訳]スカートをだらしなく下げて、格好悪い。
すばい/そばい にわか雨
夕立
「さっきまでお日さんが照んりょったのに、そばいがきたな」
[訳]先程まで日が照っていたのに、にわか雨が降ってきたね。
すばる しなびて縮む 「とっしょりになったら、すばってしもた」
[訳]年寄りになったら、しなびて縮んでしまった。
すぼ ふくらはぎ 「きのう よう 動いたけん、すぼが はって痛いが」
[訳]昨日よく動いたから、ふくらはぎが張って痛いよ。
せこい 苦しい/辛い/
せまい/こころがせまい
「急にせこなったきん、ちょっと横んなっとったん」
[訳]急に苦しくなったから、少し横になっていたの。
「ごつ せこい やっちゃのぅ」 
[訳]とても心のせまい奴だなぁ。
せらう 邪険にする/
仲間はずれにする
「友達せらいよったら、だれっちゃ遊んでくれんきんな」 
[訳]友達を邪険にしていたら、誰も遊んでくれないからね。
〜せんといて
〜せんとく
〜しないでおいて
〜しないでおく
「しょうもないこと せんといてつか」
[訳]つまらないことをしないで下さい。
そななん
そなに/そなん
そなんこと
そんなもの/そんな人
そんなに
そんなこと
「そななん にきに置いとたって 役にたたへんで」
[訳]そんんなもの 近くに置いていても役にたたないよ。
「そなんこともわからんて どしたんな」
[訳]そんなこともわからないって どうしたの。
ぞろい だらしない 「そなな ぞろいことして、なんしょんな」
[訳]そんなだらしないことをして、何してるの。

 

た行

讃 岐 西 部  意   味 使     い     方 
たいぎ/たいぎぃ
/たいそ
めんどう 「たいがい家におるけん、たいぎでなかったら 来いや」
[訳]たぶん家に居るから、めんどうでなければ来なさい。
だい だるい 「手や足がだいて、うごけんがい」  
[訳]手や足がだるくて、動けないよ。
たんたん 入浴 #幼児語 「たんたんしたら けっこなったなぁ」
[訳]おふろに入ったら綺麗になったねぇ。
たすい/だすい ゆるい/少し愚かなこと 「ちょっと たすいけん、どうぞこうぞして絞めないかん」
[訳]少しゆるいから、どうにかして絞めなくてはいけない。
ちみきる つねる/むしり取る 「ちみきられたとこ しんがいっとる」
[訳]つねられたところが内出血で青くなってる。
「ちょっとずつ ちみきっていったらええよ」
[訳]少しずつむしり取っていったらいいよ。
ちょっとこば 少し 「ちょっとこばでええけん 分けてつか」
[訳]少しでいいから 分けて下さい。
ちんまい/
ちょんまい
小さい/年少 「まだちょんまいけん、ようけは歩かせれんね」
[訳]まだ小さいから、たくさん歩かせられないね。
つか 下さい 「来てつか。見てつか。買(こ)うてつか。」
[訳]来て下さい。見て下さい。買って下さい。
つくなむ しゃがむ/うずくまる 「足がだいかったら、ちょっとつくなんどき」 
[訳]足がだるかったら、少ししゃがんでなさい。
てがう からかう 「いつまででも てがいよったら、かみつかれるで」
[訳]いつまででもからかっていたら、噛みつかれますよ。
でこ/でこさん 人形 「かわいげな でこさん 買(こ)うてもろて良かったなぁ」
[訳]かわいいお人形を買ってもらって良かったね。
てんこもり 山盛り 「寿司好っきゃけん、てんこ盛りにしてつか」
[訳]寿司が好きだから、山盛りにして下さい。
てんご/ちょんご 余計なこと/じゃま
/じょうだん
「はたから てんごせんといてつか」 
[訳]横から 余計なことしないで下さい。
とう
とわん
届く
届かない
「手が とうとこしか、よう拭かんわ」
[訳]手が届くところしか、よく拭けないわ。
「背が低うて そこまで とわんけん、あんたやってつか。」 
[訳]背が低くて そこまで届かないから、あなたやって下さい。
どくれる 怒ってすねる/むくれる 「どくれる子は、もう知らんけんね」 
[訳]むくれる子は、もう知りませんからね。
どつく
どつっきゃげる
拳で殴る
拳で何度も殴りあげる
「ゆうこときかんかったら、どつっきゃげるんぞ」  
[訳]言う事を聞かなければ、拳で何度も殴りあげてやるぞ
どべ/べと びり/最後 「どべでもかまんけん、がんばれや」
[訳]びりでもいいから、頑張ってね。
どんがら豆 空豆/炒った空豆 「どんがら豆食べよったら、止めれんが」
[訳]炒った空豆食べていたら、止められないよ。
どんどろはん/
どんどろさん
雷(雷様) 「どんどろはんに へそ取らでるで」 
[訳]雷様にへそを取られるよ。

 

な行

讃 岐 西 部   意   味 使     い     方 
泣きじび 泣き虫 「泣きじびは、どこっちゃ連れていかへんけん」 
[訳]泣き虫は、どこにも連れて行かないから。
なまじはんじゃく 中途半端 「なまじはんじゃくなことしよったら、後で泣くで」
[訳]中途半端なことをしていたら、後で泣きますよ。
なんぞかんぞ 何かかにか 「なんぞかんぞ食べとかんと、腹へるで」
[訳]何かかにか食べておかないと、空腹になるよ。
なんちゃ 何も 「あなに教えたのに、なんちゃわかってなかったな」
[訳]あんなに教えたのに、何もわかってなっかったね。
なんな 何ですか? 「そこに持っとるもん なんな」
[訳]そこに持っている物は何ですか?
なんなと なんなりと/何でも 「欲しいもんがあるんやったら、なんなと言いよ」
[訳]欲しい物があるのなら、なんでも言いなさいね。
なしんなる 無くなる 「卵が なしんなったきん、買(こ)うてきてくれん?」
[訳]卵が無くなったから、買ってきてくれない?
にき/ねき 近く 「にきに置いとかんと、なしんなるで」
[訳]近くに置いておかないと、無くなるよ。
ぬしと 盗人/泥棒 「夜 口笛吹いたら ぬしとが来るけん 吹いたらいかんで」
[訳]夜 口笛を吹くと泥棒が来るから 吹いてはいけないよ。
ねんご
ねんごたれ
理屈
理屈屋(理屈っぽい人)
「ねんごたれが ねんごばっかし ゆうて、おうじょうしたが」 
[訳]理屈屋が理屈ばっかり言って、困ってしまったよ。
のぶそ だらしない 「のぶそなことしよったら いかんやろ」
[訳]だらしないことしてたら 良くないだろう。

 

は行

讃 岐 西 部 意   味 使     い     方 
はじかい かしこい/利発
ちくちくする痒み
「こんまいのに、はじかい子やな」
[訳]小さいのに、利発な子だね。
「稲こぎしたきんか、身体中はじかてしょうがない」

[訳]稲こぎをしたからか、身体中がちくちく痒くてしかたない。
はしりごく かけっこ 「走りごくしたら こけてしもて どべやった」 
[訳]かけっこをしたら 転んでしまって びりだった。
はばしい すばやい/はしこい 「はばしいやっちゃなぁ」  
[訳]すばやい奴だなぁ。
はみ/はめ まむし 「はみがおって、おとろしっかった」  
[訳]まむしがいて、恐かった。
はめる 入れる 「車にガソリンはめといてくれん」
[訳]車にガソリンを入れておいてくれませんか?
    *『はめる』は地方によっては卑猥なニュアンスを
     持つそうですが、こちらでは普通に使っています。
びぃ/びぃこ 魚 #幼児語 「びぃこ食べな おっきならんで」  
[訳]魚を食べないと、大きくなりませんよ。
ぴぃぴぃ うどん(麺類)#幼児語 「ぴぃぴぃしたけん、食べてみぃ」
[訳]うどんをつくったから、食べてごらん。
ひからんぱち 干からびている    
からからになっている
「部屋のしまいしよったら、ひからんぱちのゴキブリが  
出てきて ごつビビったわ」                
[訳]部屋の片づけをしていたら、干からびたゴキブリが
   出てきたので すごくびっくりした」         
ひして 一日 「ひして 待ってくれたら できるんやけど」
[訳]一日待ってくれたら できるのですが。
ひしてがい 一日おき 「今日蒔いた種もん ひしてがいに 水やってつかな」
[訳]今日蒔いた種物は、一日おきに水をやって下さいね。
ひっぱりさがす あたり一面にちらかす 「こなに ひっぱりさがして、どうすんな。」  
[訳]こんなにあたり一面に散らかして、どうするの。
ひねしる つねる 「そなにひねしったら、痛いやないか」
[訳]そんなにつねったら、痛いじゃないの。
ひんがら一日*6 ひがな一日/一日中 「ひんがら一日 ようあそんびょったのう」
[訳]一日中、よく遊んでいたねぇ。
(水など液体が)ぶる 漏れる 「そのやかん古なったけん、水が ぶってしまいよる」
[訳]そのやかん古くなったから、水が漏れてしまってる。
ぶいぶい かなぶん こがねむし 「あぶらむしか思たら、ぶいぶいやった」
[訳]ゴキブリかと思ったら、かなぶんだった。
へなぶる ばかにする/からかう 「ひとをへなぶったげにしよったら、こらえんで」 
[訳]人(私)をばかにするようにしたら、許さないよ。
へらこい ずるい/欲深い 「へらこいんは いかんがい」  
[訳]ずるいのは良くないよ。
ほおかんばち 「どしたんな。ほおかんばちがはれとるやん」
[訳]どうしたの。頬が腫れているじゃないの?
ほぜる 掘る/掘り出す 「犬が庭をほぜって困んりょん」
[訳]犬が庭を掘って困ってる。
ほたえる ふざける 「あんたら ほたえよったら、けがすんで」
[訳]あなた達 ふざけていたら、けがするよ。
ほち/ほちめし
/ほちごはん
芯の残っているご飯 「水加減まちごて、 ほちごはん炊いてしもた」
[訳]水加減間違えて、芯のあるご飯を炊いてしまった。
ほっこ
ほっこげな
馬鹿/阿呆
ばかげた
「ほっこげなことばっかりゆうて、おもっしょいやっちゃ」 
[訳]ばかみたいなことばかり言って、面白い奴だ。
ほろせ できもの 「ほっぺに ほろせができて、ごつ うっとい」
[訳]ほっぺたに できものができて とても うっとうしい。 
ほんだら/ほいたら
/ほいじゃ
そしたら/それでは
/それじゃ
「ほんだら、もう いぬきんな」  
[訳]それでは、もう帰るからね。
ほんだから/ほんだ
けに/ほんだけん/
ほんじゃけん
だから/そうだから 「ほんだから、どこっちゃいかんゆうたのに」  
[訳]だから、どこにも行かないって言ったのに。
ほんだけんど/
ほやけんど
けれども/そうだけれど 「ほんだけんど、まいあがってしもうたん」  
[訳]そうだけど、いい気になってしまったの。

 

ま行

讃 岐 西 部 意   味 使     い      方
まがる 触れる/さわる 「今塗ったとこやけん、まがったら汚れるで」
[訳]今塗ったばかりだから、触ったら汚れるよ。
まける あふれる/こぼれる
/かぶれる
「ほたえよるけん 水がまけたやんか」  
[訳]ふざけてるから 水がこぼれたじゃないか。   
「うるしにまけて、はれてしもた」  
[訳]漆にかぶれて、腫れてしまった。
またい 薄い/もの足りない
/気が弱い
「いい味やけんど、ちょっとまたいかなぁ」  
[訳]良い味だけど、少し物足りないかな。
まん 運/縁起 「ほんまに、まんが悪いことしやがって」  
[訳]本当に、縁起の悪いことをしてしまって。
まんが まれ/めずらしい 「まんがにできたって、しょうないこっちゃ」  
[訳]まれにできても、仕方がないことだ。
耳くそば/
目くそば
極わずか
(耳くそ程/目くそ程)
「耳くそばの給料で、何が買えるん」
[訳]極わずかの給料で、何がかえるのですか?
むさんこ むちゃくちゃ/無残 「車ぶつけたとこ、むさんこげなかったのぉ」  
[訳]車をぶつけた所は、無残な様子だったねぇ。
むちゃんこ 非常に/ひどく/
とても
「今日 むちゃんこ寒いやんか」
[訳]今日はとても寒いじゃないか。
むつごい 濃すぎる味/しつこい 「夕飯 ちょっとむつごかったけん、胃がしんどい」  
[訳]夕飯が少し味が濃すぎたから、胃が苦しい。
めいぼ/めぶつ ものもらい 「めいぼんとこ、きちゃない手でこすったらいかんで」
[訳]ものもらいのところを、汚い手でこすったらいけないよ。
めげる/めぐ  こわれる/こわす 「むさんこにしよったら めげてしまうがい」  
[訳]むちゃくちゃにしていたら こわれてしまうよ。
めんて ひたい 「こけたら、めんて わってしもて‥」  
[訳]転んだら、ひたいが切れてしまって‥
めんめ めいめい/各々 「めんめに ものご持って、取って来いや」  
[訳]めいめいが入れ物を持って、取って来なさい。
めんどい 難しい/気難しい 「めんどい人と仕事すんのは、ほんまにめんどいこっちゃ」  
[訳]気難しい人と仕事をするのは、本当に難しいことだ。
ものご 入れ物 「けっこなものごやけん 置いとかないかんかな」
[訳]きれいな入れ物だから 置いとかなくてはいけないかな。
ものすご ものすごい/
とても/非常に
「ものすご いとうて よう こらえれんかった」
[訳]とても痛くて よく我慢できなかった。
もぶれる まみれる 「たんぼで 泥もぶれになってしもた」  
[訳]田で泥まみれになってしまった。

 

や〜わ行

讃 岐 西 部 意    味 使     い     方
やぎろし ややこしい/じゃまな
/汚い
「そなんことゆうたって、やぎろしだけや」  
[訳]そんなことを言っても、ややこしいだけだ。
やむ 湿気(しけ)る 「このせんべ、やんでしもうたけん もう食べれん」  
[訳]このせんべい、しけってしまったので もう食べられない。
やりこい 柔らかい 「ちょっと ぬくめたら やりこなるかもしれん」
[訳]少し温めたら 柔らかくなるかもしれない。
よいしょ おだて 「よいしょしたって なんちゃ でんで」
[訳]おだてたって何も出ないよ。
よいしょがいる  頑張る必要がある。 「ちょっと よいしょがいるけんど、やってみませ」  
[訳]少し頑張る必要があるけれど、やってごらん。
ようけ たくさん 「ようけあるけんて、使いまくったら なしんなるで」
[訳]たくさんあるからって、使いまくったら無くなるよ。
よもくそ
よもよも
ぐず/のろま
ぐずぐず/のろのろ
「よもよもしよったら、もんてこれんよ」  
[訳]ぐずぐずしていたら、帰ってこれないよ。
りくつげな りこうそうな/えらそうな
(からかう・皮肉るニュアンス)
「りくつげなことゆうて、でけんかったらどうすん」
[訳]りこうそうなことを言って、できなかったらどうするの。
わや/わやくちゃ めちゃくちゃ 「部屋 わやくちゃにしとるけん 入らんとってな」
[訳]部屋をめちゃくちゃにしているから 入らないでね。
わるす
わるすんぼ
いたずら
いたずらっ子
「わるすんぼがそろて、わるすばっかりしよる」  
[訳]いたずらっ子がそろって、いたずらばかりしている。