☆論理療法☆論理療法☆論理療法☆論理療法☆論理療法☆論理療法☆論理療法☆論理療法☆論理療法☆論理療法☆論理療法☆論理療法☆論理療法☆論理療法

心理カウンセラー鷲津秀樹への講演・講師のご依頼はここをクリック!<(_ _)>
心理カウンセリングのお申し込みはここをクリック!
心理カウンセラーや心理学の講師を目指している人の為のセミナーはここをクリック!

おかげさまで読者1万人突破! ベルコスモの無料メルマガ発行中! お申し込みはコチラ↓
まぐまぐ

心理から見た「好きな人にモテる方法」
(マガジンID:0000140058)
無料メールマガジン登録
アドレス:
まぐまぐ

「心理を知って 自分を磨こう!」
交流分析の薦め〜

(マガジンID:0000158868)
無料メールマガジン登録
アドレス:

論理療法

間違った思い込みで不幸を作り出していませんか?



「論理療法」というと、なんとなく難しそうでとっつきにくい感じがしますが、ここで
はできるだけ気軽に入りやすく・・と、アレンジしてまとめてみました。
なお、興味が湧いた方は、アルバート・エリスの論理療法については国分康孝博士や伊
藤順康博士がわかりやすく書かれた本を多数出しておられるので、読んでみてください
。

 さて、論理療法ではまず、「誰々(例えば親や子、夫や妻、友人、会社関係の人等)
は、〜すべきである。(〜であるべきである)」という考えを貴方が持っていないかを
問題とします。この「〜べき」思考が不幸生産の元なのです。

 他人の心や行動を、自分が満足するように自由に動かすというのは、ほぼ不可能に近
いのですから、この「〜べき」思想はヨーイ・ドンの時点から無理なことにチャレンジ
しているようなものです。しかも上手くいくものまでいかなくなってしまう事もよくあ
る話です。

「君は何々するべきだ」と言うのと「君に何々してもらえればうれしいんだけど」と言
った場合を想像してみてください。
 そして大事なのは、上記のような単なる言葉の言い換えではなく、実際にそのように
自分の考え方を変えられたら、貴方の心を疲れさせる「怒り」というマイナスのエネル
ギーは、かなり減ることでしょう。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★


 さて、話を次に進めますが、論理療法では「原因(A)」があるから * 「結果(
C)」としてそうなる・・という思考について、*の部分に「考え方(B)」というモ
ノが在る、と見ます。

 例えば「不景気で会社は首切りをしようとしている(A)」ことに対し、「クビにな
ったら、この不景気に今更雇ってくれる会社なとないから人生終わりだ(C)」という
悩みがあったとします。この悩みの根っこには「変化=不幸」というものが有り、暗い
予想を拡大視し、しかも希望や可能性を縮小視しています。それらが(B)として、(
A)と(C)の間に隠れているのです。

 果たしてクビになるのかがまだわかりませんし、またクビになったら雇ってくれる会
社が無い・・というのは「今と同じ条件で、しかも今と同じ内容の仕事をさせてもらえ
る会社が無い」というだけの話です。

また、今の生活を何が何でも死守せねばならない・・・という理由があるのかどうかも
、考えてみる必要もあります。

さて、果たして「変化=不幸」というのは、正しい思い込みなのでしょうか。また、「
死守」するのも結構ですが、誰の為に? 何の為に? しなくてはいけないのでしょう
か。
プライド、地位、世間体、家族に対しての見栄等いろいろと大事なモノはあるでしょう
が、それらは恐怖や不安など、身も心もすり減らす重さに、匹敵するものなのでしょう
か。
 また、貴方の今までの人生の中で経験したいろいろな「変化」というものは、貴方に
マイナスばかりもたらしたのでしょうか。


 立川談志師匠がいろいろなものを得ていろいろなことをした結果、「結局人生は起き
て半畳、寝て一畳。食って寝てやってチョン」という考えに行き着いたそうです。

別に、それは貴方の考えとは違うにしろ、それを聞いて笑えるようになれば(B)は変
化し、それにつれて、結果(C)も変化していきます。「考え方(B)」を見直してみ
る・・というのが論理療法が我々に教えてくれた「悩み」への対処法なのです。


 上記の例を離婚に変えて考えてみましょう。「夫婦仲が悪い(A)」「別れると生活
も困るし独りぼっちになってしまう(B)」「離婚したら自分の人生は終わりだ(C)
」。この(B)は、「不便」と「淋しい」がごっちゃになっていることに気付いてくだ
さい。

「不便」の大半はお金で解決がつくはずです。「淋しさ」については、現時点で仲が悪
いのですから、仲をよくするか、仲の良い人をつくるかどちらかの方法が考えられます
。いろいろな事がごちゃまぜになって不安が増大していますが、不安を分解していくと
「人生は終わりだ」という結論は極端すぎるということに気付かれるでしょう。

いろいろと考えているうちに、自分の失敗に気付くこともあるかもしれません。そした
ら、その場合は「今度はうまくやろう」と考えればいいのです。


論理療法のポイントは、

1 〜べき思考をしない。 
2 合理的とは思えない考え方(B)をしていないか見直す。  
3 オール オア ナッシングの考え方をしない。 
4 自己卑下をしない。 
5 済んだ事をいつまでもひきずらない。

  などです。

やり方としてお勧めなのは、悩みをノートなどに書き込んでみることです。