プロフィール

 
1957年  東京都で生まれる。
1977年  声楽家を志し、武蔵野音楽大学で声楽を専攻。
1980年  大学を卒業。武蔵野音楽大学大学院で声楽を専攻。
1982年  大学院を終了。舞台監督集団「ザ・スタッフ」に所属してオペラスタッフとして活躍。鈴木敬介、栗山昌良、三谷礼二、西澤敬一各氏のアシスタントとして演出の研鑚を積む。  
1989年  文化庁派遣在外研修員として、ウィーン国立歌劇場にて、オペラ演出を研修。
1991年  リメイク版「フィガロの結婚」スザンナ佐藤しのぶ、伯爵夫人大倉由紀枝で高い評価を得る。
1992年  作曲 松井和彦氏のオペラ「笠地蔵」の台本と演出を担当。この作品は、再演を繰り返される。
1995年  二期会公演 プッチーニ「三部作」、東京室内歌劇場公演 芥川也寸志「ヒロシマのオルフェ」日生劇場公演 松井和彦「笠地蔵・北風と太陽」で、演出力が絶賛され、第23回ジローオペラ、新 人賞を受賞する。
2000年  新国立劇場デビューとなった松村禎三「沈黙」が、高く評価される。びわ湖ホール青少年オペラ劇場で林光「森は生きている」を演出。現在に至るまでびわ湖ホールの重要なレパートリーとして上演され続けている。
2001年  ザ・カレッジ・オペラハウス公演「ヒロシマのオルフェ」では、大阪舞台芸術奨励賞を受賞。
2002年  国民文化祭鳥取で新倉健氏の作曲で、「ポラーノの広場」の台本と演出を担当。高い評価を得る。以降、新倉氏とのオペラ創作のコラボレーションが続いている。
2003年  大阪音楽大学カレッジオペラハウスでの松村禎三「沈黙」が再び高い評価を得、第一回目の新国立劇場地域招聘公演に選ばる。
2005年
「沈黙」が平成17年度新国立劇場地域招聘公演として、新国立劇場で再演され、大阪への凱旋公演が文化庁芸術祭大賞を受賞。
2011年
びわ湖ホール「音楽会へ出かけよう!」の構成演出を手掛ける。滋賀県内外から高く評価され、以降10年間続いている
2017年
びわ湖ホールA. サリヴァン/コミック・オペラ「ミカド」を演出、平成29年度新国立劇場 地域招聘オペラ公演として、新国立劇場中ホールでも上演され高い評価を得る。

台本他

  • 松井和彦作曲  笠地蔵 走れメロス
  • 新倉健作曲   ポラーノの広場 窓~ウィンドウズ
  • 前田佳世子   どんぐりと山猫