「ゆるマクロビオティック講座」でお話してきちゃいました。
2013.11.11 
実技指導Sさんと受講者のみなさん 11/1になんとあろうことか、とある講座で講師として話をしてきてしまいました。講座とは宮城野区にある市民センターの、 市民が企画するマクロビオティック講座で、マクロビとはなんたるかの話のあと、実際に玄米を炊き、車麩のフライと切干大根の煮物をつくるという段取り。 自然食品店の看板の手前、マクロビを知らないとは申せません。ただ当方自慢じゃありませんが正式なマクロビの講習を受けた事もなく、 ましてや料理を習ったこともありません。単に門前の小僧程度の知識があるのみ。そこで料理実技をうちのお客さんでもある、元マクロビレストランの オーナーシェフにお願いし、私が前振りで話をするということでご了解をいただきました。さらに講座タイトルに「ゆる」をつけて「ゆるマクロビオティック講座」 としていただき、少しはお茶を濁せるよう手を打ちました。とはいえ仮にも人前で話をするからにはそうそういい加減なことも申せません。2晩朝までかかって 調べ物をし模造紙5枚にまとめ上げました。
さて当日、ふたを開けてみれば結構玄米を食べたことのある方ばかり。小さなお子さんがおられる若いママさん対象だったのですが、ご実家では玄米を食べてたとか ご主人がいらっしゃらないときは玄米にするなど実に頼もしい。また参加料が500円(託児は別に300円)という安さも歓迎されたのでしょう。 受講された方にきいてみますと、町なかのマクロビ教室なら受講料だけで4000円とか普通にするし、さらに子供を預けたりすることを考えたらとても参加できなかったと。 つまり参加された方の意識は相当程度高かったということです。それに対してこちらは「なんたるか」に重きを置いて喋ったので、聴きたかったこととはズレがあったのでしょう、 さらりと聞き流されてしまいました。その分実技に移ったとたん目が輝いてました。野菜の切り方から始まって、煮つけ方、味の付け方など、さすがは元レストランの オーナーシェフ。やはりお願いして大正解でした。
今回まず驚いたのは、お若い方でも玄米に対する抵抗感が少ないということ。昔はお子さんがアトピーだからとかいうのが玄米食を始める一番の理由だったのですが、 今回お見受けした限り特にそんなふうには思えませんでした。ちゃんとおききした訳じゃないんで正確には分かりませんが。
理由はどうあれマクロビや玄米食に興味を持たれる(特にお若い)方がいらっしゃるということはとてもよい事だと思います。 このさき年を経るに従って家族が直面する体調不良を克服するために、食養生の考え方は必ず役立つと信じるからです。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
三田さんの畑。深耕による放射線減衰法
2013.11.11 
深耕で露出した石 2012.10 放射線を低減するために深耕している動画は下記です。刃が深く入るようトラクタのローターカバーをはずしてあります。 この作業をすることで300Bq/kg程度あったセシウムを100Bq/kg程度まで低減できているそうです。
http://youtu.be/S_neXIpAAdc 
S_neXIpAAdc ← この部分だけマウスで反転させ、右クリックで検索すると動画の所に行けます。



/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
夏も冬も完全放牧で乳牛を飼う山地酪農、見学してきました。
2013.9.21 
放牧され広い牧山で好きなだけ草を食む牛たち またとんでもない(これは賞賛の意味です)方とお知り合いになっちゃいました。 吉塚公雄さん。岩手県下閉伊郡田野畑村で、15ヘクタールほどの牧山に一年中放牧で乳牛を飼っておられます。 これがまあ、ドラマにでもなりそうな8人家族なのです。まずは「山地酪農」のことからお話します。



山地酪農とは、東北大学で植物生態学を修めた楢原恭爾博士が提唱した酪農法(i)。
その要諦は、「日本の国土は七割が農業に適さぬ山地である。しかしこの山地に生える草を餌にして牛を飼えば、無理なく牛乳が自給できる。」というもの。 この講義を東京農大で聴いた吉塚さんは、生涯をかけるのはこれだと思い、出身地千葉から田野畑に入植。 同村出身の先輩熊谷隆幸さんと共にそれから約40年、牛乳を生産されておられます。

(i)不勉強な私は、ポラン経由で木次から入る同名の牛乳を扱いながら、単なる商品名と勘違いしてました。 同農法で牛乳を生産しているところは、全国に十箇所ほどでしょうか、あるようです。

私が行きましたのは9月7日(土)。この日は年に一回の消費者交流会の日。会場は熊谷さんの牧山。 25ヘクタールほどの牧山に各地から集まった数十名ほどの参加者が食べたり飲んだりしています。 牧山は平らなところもほとんどないごく普通の山。 そこに芝が一面に生え、それが刈り込んだように見えます。 牛は数十頭でしょうか、勝手に群れて芝を食んでいます。 試しに近づいてみても逃げもしません。 穏やかな目つきでバリバリと芝を食む音だけが大きく聞こえます。 牛たちは夕方、搾乳してもらいに『自発的に』牛舎に向かいます。 そして搾乳が終わるとまた山に戻り夜を過ごします。

乳牛がミルクを出すのは当たり前のように思われますが、牛だって妊娠して初めてミルクが出ます。 群れの中に一頭だけ種牛がいて、交尾は牛まかせ(ii)。 牛は受精後10ヶ月で出産しますが、どの牛も自然分娩。自力で仔牛を生みます(iii)。 仔牛は、しばらくの間母牛について歩いて母乳をもらいます(iv)。 牛はみな健康で病気にかかることもなく、従って薬も使う必要もありません。 ただたまにケガをする牛はいるそうで、その時は手当てはするそうですが。 また牛は意外に寒さには強く、冬には雪の中で眠るのだそうです。 寿命も長く、通常6〜7年で廃牛となりますが、吉塚さんのは16歳の牛もいるとか。

(ii)舎飼いの牛は交尾はせず人工授精です。
(iii)出産も人が手を加えなければ産めず、
(iv)仔牛は生まれるとすぐ母牛から離され、母乳は飲ませてはもらえません。

交流会のあと、私は吉塚さんのお宅に泊めてもらいました。 吉塚さんには奥さんと7人のお子さんがおられ、うち5人が男子(30〜12歳)。 お嫁に行ったご長女と、北海道にチーズ作りの研修に行ってる三男さん以外の全員、 家業に分担があり、私のような部外者がいようが交流会だろうが関係なく、 きちんと仕事するのです。12歳の五男さんも例外なくです。 牛は仔牛も合わせて40頭以上いますが、全頭に名前があります。 家族全員、すべての牛の個体識別ができています(v)。 しかも牛それぞれの性質から癖まで、例えば大人しいとか足癖が悪いとか、 さらにはどの牛の子だからこうだという牛の系統までも把握してるのです!

(v)もちろん名札なんか付いてる訳ないですからね。

搾乳される牛。この牛は蹴飛ばさないよう器具で足を固定。尻尾は固定されてない。隣は固定。 夕方の搾乳を見学しました。搾乳だけは牛舎です。10頭で満杯。そこに@乳の張った順に牛を追いかけて入れる。 A牛が動かないように固定する。B尻尾を固定する。C足癖の悪い牛は足を上げないようにする。D干草を与える。 Eおっぱいを綺麗に拭く。F手でちょっとだけ搾る。Gバケットミルカーをつけ搾る。Hバケットミルカーをはずす。 Iミルクを冷却タンクに移す。Jミルカーを洗う。K牛の拘束をさっきとは逆順で解く。L牛を追い出す。 という@〜Lの一連の作業を全部の牛に行います。 これらを家族全員で行うのですが、途中から参加した人も今どの牛に何をしなくちゃならないかを一瞬で見抜き即座に行動します。 全員が全部の牛の状況を見ていて、その中ですべきことをする。 なにかスポーツのチームプレイ(例えば全日本のバレーボールの試合)を見てるような、そんな無駄のない美しい動きなのです。 これが全部の牛に終えるには夕方5時ごろから夜8時過ぎまでかかります。

そして夕食。 自分の仕事が終わった人から順に食べるのですが、全員が全員食べる前に 「お父さん、お母さん、○○さん、●●ちゃん・・・、△△ちゃん、ありがとうございます。いただきます」 と言って食べるのです。これには参りました。お父さん、あなたは偉い。




////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
配達料値下げ&お買い上げプレゼント
2013.5.19 
2013.6.1から配達料が大幅値下げにします。
今までは1回のお買上げ金額\3000未満の場合配達料\290いただいてましたが、6月からは\2000未満配達料\100に。
\2000以上だと配達料無料。さらに\5000以上お買上げの方には葉物1束またはナチュロンキッチンスポンジ1個をプレゼント※。
※プレゼントは予告なく変わる場合がございます。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
お友達ご紹介特典
2013.5.19 
5月6日に戸叶さんのアスパラガスの放射線検査に行ったとき思ったことです。
検体は1Lのマリネリ容器(測定器にすっぽり入るプラスティックの容器)の中になるべく細かく刻んで入れなければ
正確な値が出ないのだそうで、測定日前夜に野菜刻みをしました。まずは検体に土が付いていると値が狂うので
よーく洗います。何度も水を換えゴシゴシもみ洗いしました。洗い終えたら刻むのですが、キッチンカッターを
使えば一瞬だろうと高をくくっていたのですが実際やってみると全然だめ。
検査用だからと少し硬いところでもいいですと言ってあったためなんですが。
それから包丁でコツコツ1kg弱のアスパラガスを刻みながら思いました。
三田さんもこうやって一個一個調べているんだよなと。
自宅の測定器を使って、また「てとてと」の測定器でクロスチェックしながら、すべての野菜を、何度も。
なんという労力!なんという忍耐!
しかもそうした、時間的・体力的・経済的費えを他者に償わせることもなく、すべて自力で。
こういう人がいるということです。

こういう人がいるということをもっと知ってもらわなければいけないと、つよく思いました。
それが今回の特典をつくった理由です。

2013.5月から「お友達ご紹介特典」をはじめます。
ご紹介いただいたお友達が弊店でお買い物された場合、ご紹介してくださった方に
<ワンディ・パス>全商品5%OFFの一日買物券をさしあげます。
どうぞあなたのお友達をご紹介ください。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
のびっ子食品製造部謹製・自家製生味噌
2013.3.24 
今年の味噌の仕込みを終えました。3月16・17・18日の3日かけて200kg超。
原料は、佐藤圭子さんの無施肥・自然栽培大豆が3/4。戸叶さんの農薬不使用大豆が1/4。
麹は大子田さんの農薬不使用米からの麹と、村田の麹屋さんのと半々。
しかし味噌仕込みの時いつも思うんですが、味噌にするにはもったいないような立派な大豆で味噌造ってるんですよね。
こんな豆だもの美味しくないわけがない。秋が楽しみです。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////





原料の大豆です。水にうるかして、煮て










つぶして








これが今回使った塩。オーサワで扱っている、とても美味しい塩です。塩辛いだけじゃなくかすかな甘味あります。












******TEL/FAX=0120-033-831****** copyright (c) 2010 のびっ子クラブ All rights reserved