ダヴィンチの作品の大きさを比べてみると、こんなに違う。最後の晩餐の大きさは圧倒的だ。