解剖図
Anatomical Drawings


 ダヴィンチは、 「地球上のすべての動物は、肢体に関しては互いに酷似しており、長さや太さ以外はそれほど変わらないものだ。」という見解を持っていたため、人体について望みどおりの解剖ができないときは、豚、猿、牛、馬、熊などの解剖も行い、そこから得た知識で補った。その結果、彼の解剖図にはいくらか間違いが含まれることもあるが、現在でも医学の教科書に使われる。