ダヴィンチの生涯


 
1452年  4月15日の夜、公証人(弁護士兼会計士)セル・ピエーロ(Ser Piero) と カテリーナ(Catherine) の息子として誕生する。ヴィンチ村とその郊外で幼少期を過ごす。
1464年  義母アラビエーラ死亡。
 
1466年  父親に連れられてフィレンツェへ行き、ヴェロッキオの工房の徒弟となる。
1473年  ヴェロッキオの「キリストの洗礼」(ウフィッツィ美術館蔵)で天使の絵を描く。
1476年  「受胎告知」を描き始める。1479年完成。
1480年  「聖ヒエロニムス」を描く。
1481年  「東方三博士の礼拝」(ウフィッツィ美術館蔵。未完成。)を頼まれる。
 
1482年  ミラノのルドヴィーコ・イル・モーロ宮に移る。
1483年  「岩窟の聖母」(ルーブル美術館蔵)を描き始める。
1484年  「白貂を抱く女性」を描く。 (ボッティチェリが「ヴィーナス誕生」を描く。)
1490年  サライが弟子になる。
1495年  ミラノのサンタ・マリア・デレ・グラツィエ教会(下の写真)で「最後の晩餐」を描く。
 

1496年  数学者のパッチョーリ(Luca Pacioli)と親しくなる。
1499年  フランス王ルイ12世の侵攻により、ルドヴィーコ・イル・モーロが没落したため、ミラノを後にする。数ヶ月間マントヴァとヴェネツィアを旅した後、ふたたびフィレンツェに戻る。
 
1502年  建築家であり、軍事技術者でもあるチェーザレ・ボルジアに雇われる。法王軍の軍事総監督として、ボルジアやマキャベリと一緒にロマーニャ地方を旅する。
1503年  フィレンツェに戻り、ヴェッキオ宮殿の「五百人の大広間」で「アンギアリの戦い」を描き始める。
1504年  「モナリザ」(パリ ルーブル美術館蔵)を描き始める。父セル・ピエーロが死亡。(ミケランジェロが「ダヴィデ像」を完成。)
 
1506年〜1508年  フィレンツェとミラノを行き来する。
1508年  フランスの王、ルイ12世に雇われて5年間ミラノの首都ロンバルドに住む。
1509年  「聖アンナと聖母子」(ルーブル美術館蔵)を描く。フランチェスコ・メルツィを養子にする。
 
1513年  ミラノを離れ、フィレンツェを通り、ジュリアーノ・ディ・メディチの後援の下でヴァチカンのベルヴェデーレ宮殿に三年間住む。
1516年  ジュリアーノ・ディ・メディチが死亡。
 
1516年  メルツィを連れてローマからフランスへ。フランソワ1世の後援の下で残りの人生を過ごすことになる。
1519年  5月2日アンボワーズ城の近くのクルーの館(Clos Luce)で死亡。聖フロレンティン教会で葬られる。