二南堂法帖
NINANDOU HOUJYOU

現在品切れ中
ご注文受付しだいお取り寄せします






伝統書法の精華!
17万5千15キャラクタの大迫力
見れる−使える−加工ができる






(「字」の項目には227キャラクタが収録されています)




【二南堂法帖の構成】

主な使途/パッケージ・デザイン、グラフィック・デザイン
専用ケース入り 総重量/6キログラム 冊子本2冊/CD-ROMファイル1冊
解説書・標本検索のためのインデックス2分冊/1912ページ
452名の書法家による、785種類の碑文帖から字種を収集
63点の名碑・碑帖を原作のままの状態でデータ収録
総収容キャラクタ数/17万5千15キャラクタ
CD-ROM(EPS Files, WMF Files)/24枚、 
DVD-ROM(EPS Files, WMF Files)/6枚(それぞれが独立・いずれかを使用)
Macintosh・Windowsの双方で使用可能なハイブリッド版

販売価格 55,000円(税・送料別途請求)



【法帖(ほうじよう)とは】
もともとは書芸の手本や鑑賞用に、先人の筆跡を紙に写し、石に刻み込み、それから拓本をとって折り本としたものを法帖としました。五代の時代の書をまとめた南唐の昇元帖が最初で、宋の淳化閣帖、明の停雲館帖、清の余清斎帖などが著名です。またのちには墨帖、墨本ともいって、碑文の拓本を折り本にしたものも法帖というようになりました。


【制作者の紹介】
林 俊芳──1965年うまれ。台湾・高雄市出身。コンピュータ・エンジニア。企画と販売を担当しています。(左)
邱 哲鋒──1966年うまれ。台湾・高雄市出身。グラフィック・デザイナー。ヴィジュアルの収集と制作を担当しています。(右)


「ふたりの南部出身者の企業──二南堂」という、グラフィック・デザインを主業務とするちいさなスタジオでは日常業務の需要があって、ふたりは熱心に中国伝統文明のヴィジュアル素材をデジタル・データに転換して保存していました。やがてそれがまとまって、最初に刊行されたのが旧版『二南堂法帖』でした。ここには新版『二南堂法帖』の四分一ほどの四万三千キャラクタが収録されていました。ついで古い人物写真を収録した『二南堂文相本』、明・清王朝時代の印章を収録した『二南堂印譜』、おなじく明・清王朝時代の版画と挿し絵を収録した『二南堂古版画』などを精力的に製作・販売してきました。
 二南堂のふたりは、このように中国伝統文化の精華を現代のデジタル・データに変換して、断絶のない使用環境を提供することに努力しています。そしてそれが伝統文化を現代に力強く再生できる唯一の方法だとして、日常のデザイン業務に著作権や所有権などの心配がなく、また利便性のたかいかたちで提供することをおおきな目標としています。
 わが国にもこうした資料は『五体字類』『字種帖』などの名称で書物になっており、昔から販売されていました。新版『二南堂法帖』はおおきな分類ではそうしたジャンルにあるものですが、なによりもデジタル・データとして、ひろく利用できるので便利です。
 二南堂のふたりとその製品を紹介されたのは、今春日本大学大学院を修了して帰国された林昆範先生からです。
「たくさんは売れないとおもいますが、日本でも便利なものです。コンピュータ環境にも問題はないでしょう」
 こんなことから日本での販売を引き受けました。当面常備在庫を1個として、販売完了次第台湾に発注することにします。そんなことでよろしくお願いします。





【二南堂法帖のご採用にあたって】
デジタル・データですので、検索方法は各種ありますが、やはり漢民族向けに開発されており、その実際の利用には習熟が必要です。ですからやはり漢和辞書のように部首か画数によってインデックスから該当キャラクタを探して、それを呼び出す方式となります。またキャラクタとはいっても、文字データではなく、すべてがEPSファイル形式とWMFファイル形式の画像データとなっています。
サンプル盤がありますので、ご購入前に実体験されてみよう……というかたは、お電話で時間をご予約の上、小社の四階で実際に稼動体験することも可能です。(担当:鈴木)


●直送ご希望のかたは「書籍名(二南堂法帖 申込み数 お名前 お届け先ご住所 郵便番号 電話番号」をご記入のうえ、E-メール robundo@ops.dti.ne.jp かファクシミリでお申し込みください。

詳細は下記のページ
朗文堂の書籍をお求めになるために
◎小社から直接送付する場合
をご覧ください。



朗 文 堂
TEL.03-3352-5070 FAX.03-3352-5160




robundo publishing
tokyo JAPAN