*


『印刷雑誌』『季刊  本とコンピュータ』に連載され、好評を博したシリーズの単行本化 が実現しました。活字をめぐる感性ゆたかな人物の紹介は、活字史研究にあたらしい視点をもたらすものとして、圧倒的な好評をいただいたものです。

 連載資料に、さらに未発表資料をくわえて、360ページにおよぶ堂々とした四六判書籍 として完成しました。



 *


活字に憑かれた男たち

片塩二朗

四六判上製本 360ページ
定価 本体2900円(税別)
ISBN4-947613-48-3 C1070

【おもな内容 目次より】

変体活字廃棄運動と志茂太郎
津田伊三郎と宋朝体・正楷書体の移入
神を創った活字研究者・三谷幸吉
最末期のパンチカッター・安藤末松
嘉瑞工房三代記
マーダシュタイク父子とボドニ、そして明朝体
石原 忍のあたらしい文字の会
それでも活字はのこった 森川龍文堂と森川健市



 *

【まえがきにかえてより】

本書でとりあげた人物は、昭和初期の印刷・出版・活字界にあった人物を中心に、11人の奇妙人でした。そのうち外国人がふたりいます。
 ここでは、わが国の活字版印刷術の開祖としての本木昌造一元神話が、どのように形成されてきたのか、また官製の国民運動「変体活字廃棄運動」がのこした、おおきな傷跡もみてきました。
 そして活字の周辺に官僚の手がのびて、巧妙に統一や規格がささやかれるとき、活字にとっては、かならずしもしあわせな時代とはいえないことをまなびました。
 またパブリック・プレス(書籍印刷所)という、あたらしいことばの領域もご紹介できたとかんがえております。







おちかくの有力書店でお求めください。
直送は送料別途請求にてたまわります。

詳細は下記のページへ
朗文堂の書籍をお求めになるために




朗 文 堂
TEL.03-3352-5070 FAX.03-3352-5160


robundo publishing
tokyo JAPAN