書物のありかたを考える 雷鳴のような宣言文マニュフェスト 






四分の三世紀にわたって、二三歳の無名な若者――チヒョルトの論文が、わが国の、そして世界の造形界に深甚な影響をあたえてきました。
若者は成長して、そのわかき日の論文の大半を否定しましたが、どうしてか、もはやそれを顧みるひとはなかったのです。
エレメンターレ・ティポグラフィ」イワン・チヒョルト ノイエ・ティポグラフィの信仰と真実」ヤン・チヒョルト タイポグラフィについて」マックス・ビル
本書には近代造形におおきな影響をあたえた、三点の貴重な論文が初紹介されました。
イワンとヤン、ふたつの名前をなのった、そして偉大なる矛盾をかかえた造形家をおった、著者渾身の力作です。  




『イワンとヤン ふたりのチヒョルト』

  主な内容 目次より

  序の章 逆行にかざしたドイツの近代造形運動

  一の章 イワンとヤン ふたりのチヒョルト

  二の章 エレメンターレ・ティポグラフィ イワン・チヒョルト

  三の章 サナギから蝶へ、苦悶のなかでの脱皮

  四の章 マックス・ビルの挑戦、チヒョルトの反撃

      タイポグラフィについて マックス・ビル

      ノイエ・ティポグラフィの信仰と真実 ヤン・チヒョルト

  五の章 「それぞれの現代」のモダニズム造形

  終の章 あとがきにかえて






『イワンとヤン ふたりのチヒョルト』
片塩二朗 著
四六上製本 376ページ 図版多数
定価:本体2900円+税





おちかくの有力書店でお求めください。
直送は送料別途請求にてたまわります。

詳細は下記のページへ
朗文堂の書籍をお求めになるために






その他、お問合せはお電話かファクシミリにてお気軽にどうぞ。お待ちしております。

朗 文 堂
TEL.03-3352-5070 FAX.03-3352-5160


robundo publishing
tokyo JAPAN