既刊書のご案内

平野富二伝 考察と補遺

書名

平野富二伝 考察と補遺

編著者
古谷 昌二
装本
A4判、ソフトカバー、864ページ 図版多数
発売
2013年11月22日
価格
本体12,000円 + 税
ISBN978-4-947613-88-2 C1023

本書は、明治前期の活字版印刷術の黎明期に活躍し、ついで、造船、機械、土木、鉄道、水運、鉱山開発など、 わが国近代産業技術のパイオニアとしておおきな業績をのこした平野富二に関して、 これまで一般にはあまり知られていなかった産業人としての事績を発掘して、その全貌を紹介し再認識してもらうことを目的とする。 同時に、明治前期の工業界をリードした、技術系経営者としての平野富二の事績紹介が、そのままわが国近代の産業技術発達史の一断面をなすものである。

平野富二伝 考察と補遺ページ01 平野富二伝 考察と補遺ページ02 平野富二伝 考察と補遺ページ03 平野富二伝 考察と補遺ページ04 平野富二伝 考察と補遺ページ05

[編著者プロフィール]

古谷 昌二 ふるや しょうじ

古谷 昌二 肖像

昭和10年(1935)、東京都に生まれる。
昭和33年(1958)、早稲田大学第一理工学部機械工学科を卒業。
同年、石川島重工業株式会社(現、株式会社IHI)に入社。
製鉄設備を初めとして、産業機械分野の設計、開発、技術管理、新機種営業部門を歴任。
平成7年(1995)、定年退職に際し、その後の一つのテーマとして平野富二の事績調査に取り組み、IHI OBを中心とした社史研究会「平野会」の設立と運営に協力。
日本機械学会正会員。

雑誌投稿:
「IHI 高圧高炉用炉頂装置の概要」
 共著(『石川島播磨技報』、第7巻、第34号、昭和42年3月)
「大形高炉設備の設計」
 (『石川島播磨技報』、別冊2、昭和44年8月)
「石川島のダラーイドック」
 (『佃島物語』、その十五、平成7年10月)
「平野富二の師 本木昌造」
 (『佃島物語』、その二三、平成12年5月)

平野会資料:
 「旭日丸事績」を初め、幕末から明治初期の石川島に関する資料、平野富二に関するテーマ別に纏めた資料など多数を執筆し会員に配布。IHI本社図書室に保管。

本書の内容(目次より)

第 一章 誕生から平野家再興まで
第 二章 土佐藩機械方就任と長崎製鉄所復帰
第 三章 長崎新塾活版所入社と経営改革
第 四章 東京への進出
第 五章 築地への移転と本木昌造との死別
第 六章 築地活版所の拡張と造船業への進出
第 七章 石川島造船所の操業開始
第 八章 活字改良、海運業進出と地方事業の展開
第 九章 明治一四・一五年の事績
第一〇章 明治一六年の事績
第一一章 明治一七年の事績
第一二章 明治一八年の事績
第一三章 明治一九年の事績
第一四章 明治二〇年の事績
第一五章 明治二一年の事績
第一六章 明治二二年の事績
第一七章 明治二三年の事績
第一八章 明治二四年の事績
第一九章 明治二五年の事績
第二〇章 没後の記録
平野富二年譜
平野富二没後の記録年表

ご注文について

◎全国の主な書店でお求めになれます。
◎小社から直接送付を希望する場合

「書籍名・冊数・申込者氏名・送付先住所・郵便番号・お電話番号」を
明記のうえ、小社あてにファクシミリまたはE-メールで御注文下さい。
送料はお客様のご負担となります。

telephone : 03-3352-5070
facsimile : 03-3352-5160

E-Mail robundo@ops.dti.ne.jp

詳細は下記のページ
朗文堂の書籍をお求めになるためにページの◎小社から直接送付する場合
ご覧ください。


ホームへ戻る

朗 文 堂
TEL.03-3352-5070 FAX.03-3352-5160


robundo publishing, tokyo JAPAN