身体測定もついでにやってほしかったけどそこはジャニーズ運動会。
そんな自爆はするわけもなく
特典映像のイベントはジャニーズ体力測定でございますーーーー!!
さあ!!TOKIOとイノッチ、長野で体力測定開始です。
キンキいません!!
うぬぬぬぬぬぬ。我慢です。まだ我慢です。
でも楽しい!!
ある意味イキイキしているこの人ら!!
 
この顔ぶれに思わず国分の小ネタに爆笑しちまいました!!
国分のなんのためらいもない小ネタが好きだ。
 
国分「平家派!!」
 
平家派て。はっはっはっ。・・・坂本が足りんのが惜しい。
その前に反町呼んでこい って話ですね平家派。
 
 
 
そんな昔話はさておき。
 
 
 
このメンバー、競技前だというのにこのありえないテンションの高さで測定続けておりました。
しかしこのメンバーでは私の心は踊らず、まったり見ていた。
 
すると上体そらしの測定中、このメンバーには見当たらないはずの小汚いヒゲ面が寝転んだ。
 
 
 
来たーーーっ!!
来ました!!
やっと来ました!!キンキキッズ!!
光一と来たーーーーーっ!!!
二人きりで来たーーー?!・・・・かと思ったら。
あら・・・・いらしたのね岡田さん・・・。
貴方が一緒にいらしたのね・・・・。
 
3人でした。
カミセンはカミセンで一緒にいたほうが華やかでなくて?!
なんて助言はどこにぶつけたら・・・・。
 

気をとりなおして進めましょう。
 
 
さあ、ここからはキンキキッズも参加です。
上体そらしの次は背筋です。
光ちゃんは光ちゃーんと呼ばれてはーい頑張りまーすと答えます。
 
岡ピーとかイノッチとか愛称はいても
「ちゃん」呼ばわりは光一だけ
です。
 
TOKIOって素敵です。
城島のミュージカル口調だったり、光ちゃん呼ばわりだったり、とにかく可愛がってくれてるのがわかります。
かまってくれるならいつまでも見ていたい。そう思いましたがこの背筋でTOKIO、イノッチ、長野の測定が終わってしまいました。
 
松岡「じゃあいこうか」
 
きゃーvざんねーん!!
TOKIOがいなくなっちゃうーーーーーっっvvvvvvv
キンキを残して言っちゃうのねーーー?!
”かまってくれるなら”といった舌の根も乾かぬうちにそうつぶやくダメ人間。
天井知らずに上がる心拍数。
 

光一「さあ、地味ーぃにやろうぜ。」
 

いやーん!!二人なら派手にやってよくってよー?!二人ならキラキラよー豪華よー
と思ったら。
 
あら?
 

ああ・・・そうだった・・・・いらしたのね岡田さん・・・・・。地味でわからなくて・・・・。えへ。
ここで入る体力測定タイトル画面のメンバーには岡田いねーのに。
二人+1の測定が始まりました。
まずは握力。
 
剛「びっくりするぜ。オレの握力。」
光一「はい頑張って〜」
 
岡田・・・・しっかりしないとこの甘い二人モードに置いてかれるぞ・・・?
しっかりしろ。
 
光一「ブサイクブサイクブサイク!!!」
 
映ってないけどきっと光一に見られ追われてた剛の測定結果。
 

光一「はい!!測定不能です!!」
 
 
ごめん岡田。マジごめん。リアルごめん。
本当に二人+1となっている。
でももう放っておいていい。この人ら。 
可愛い。こーちゃん可愛い。
 

さあ!次は光一です。
ちゃんと見てやれよ?
 
 
 
なのに。
 
こらーっっっ!!!
光一頑張ってるのに見てやらんかい!!
 
 
 
ああ・・・嵐か。
嵐が入ってきたのか・・・。タイミング悪すぎ・・・・
嵐ちゃん・・・・。
好き、ときどき嫌い、のち好き。
そんな嵐の登場でした。
 
そんな訳で大人数になっちゃいました。
 
剛「なんでこんな増えてんねん・・・」
あとでボヤく剛がいました。
 
すみません・・・・邪魔して。
嵐に変わって私が謝ります。
 
滝も翼もやってきました。
 
ほら見てください!!
この10人の喜び組!!
79年以降生まれのみ!!
 
そしてこの参加メンバー、なんと光ちゃんが一番おにーちゃんです!!
ここからキンキキッズ、先輩風、おにーちゃん風吹かしまくります!!
二人仕切りです!!
剛先導のキンキ仕切り!!そんなありえないことが今現実に!!
 

剛「はい、三宮。」
二宮「二宮です。」
剛「そうば!!」
相葉「相葉です。」
剛「今井美樹!!」
翼「・・・」
剛「滝廉太郎が・・・・」
滝「・・・・。」
 

あの・・・滝、翼・・・
つまんなくても相手してもらえませんか?
剛がつまんないのがバレるじゃないですか・・・・。
 
今更?
はいはい。そうだけどそこつっこんでかないとね。
自分をアピールするほうがここは大事だろうと言っておく。嵐、見てみ?きっちりやってっから。
 
おにーちゃんな先輩の二人が次の競技を決めます。
 
剛「ジャニーズ恒例・・・・」
光一「前屈?」
剛「これやろうか。」
剛・光一「これー」
 
ああ・・・・好きだこの雰囲気がたまらなく好きだーーーーーっっっっ!!!
誰も入れない(入ろうとも思わない)この空気が好きだーーーーーっっ!!!
いいなあ!!仕切り!!この偉そうなおにーちゃんっぷり!!
まず自分らからはじめる姿勢!!いい!!
ありがとうTOKIO!!先に帰ってくれてありがとう!!ここに79年以降組を残してくれてありがとう!!
 
 
 
その前屈測定結果。
光一前屈記録【23.3cm】
 

やらかい。
 
でも。
あと11ミリ頑張ってほしかった。
 

 
出させたかった244!!
 
つよし!!って言って欲しかったのにぃ・・・。
残念だ。握力だって惜しかったんだ光一。
もうちょいで51キロだったのに。
だいたいよー244でも51でも誰か出せそうなもんなのにヘボすぎるんだよ79年以降組!!
 
そんな前屈測定中のことだ。
衝撃の事故発生。
なんと光一が机ごと落ちた。
 
どっかり座っていればよかったのにちょこんと座ってるからこうなる。
びっくりしたじゃねーかー。
ウェットティッシュみたいに私の心臓もちょっとボコる勢いでびっくりしたわ。
 
しっかりした机置いといてくれ。
こんなちっちゃいケツも支えきれないとは。
そりゃウェットティッシュも驚くわ。
 

さて。
次は肺活量でございます。
剛の説明なんてどうでもいいニノがいい。
 
まずは剛から。
当然次は光一だよね?
 

お願いお願いお願いお願いお願い次は光一で次は光一で次は光一で次は光一でそのぬくもりが消えないうちに次は光一で次は光一で次は光一で次は光一で次は光一で次は光一で吐息の残りを次は光一で次は光一で次は光一で次は光一でとっとと次は光一でさっさと次は光一で確実に次は間違いなく光一で的確に次は光一でがっつり次は光一でしっかり次は光一で次は光一で次は光一で次は光一でお願いお願いお願いお願い。これだけは次、光一で絶対お願い。
 
 
 

きゃーーーーーっっっ!!!やったーーーーーーっっっ!!!
剛の次が光一だーーーーーーっっ!!!
 
嬉しくてもだえる。
 

このコーナーでふと背後から迫るカメラにとまどう光一。
剛「勝手にとるな!!」
てめーの許可が必要なのかよ。
 
光一も光一でかばってくれる剛に”どゆこと?!”って感じなのが楽しい。
そんなお前らに私がどゆこと?!って訊きたい。
 
79年以降組は肺活量もヘボい。ニノは3.21。
 
剛「サツイ!!」
光一「おい!誰を殺す気だ〜?」
つっこむ光一。
しかし嵐+滝翼の反応いまひとつ。いや、それどころかほぼ無視。
 
光一「あれ?いいねーvと思ったの俺だけ?」
 
 
 
あんただけ。
身体測定レポAに続く
体力測定ーーーーっ!!!どんどんどんぱふぱふどんどんぱふー!!