考古学のおやつ
このページは日本考古学協会WebPage所載の情報をもとに作成しました。(10/Jul/1999)

シンポジュウム「田和山遺跡の謎にせまる」

田和山遺跡は銅鐸・銅剣等が一括大量に出土した弥生時代中期後半の環壕遺跡。荒神谷・加茂岩倉遺跡とほぼ同時期と判断され、弥生時代と城郭研究の権威者が徹底討論する。

日時
1999年7月17日(土)13:30-16:30
場所
松江市総合文化センター2階大会議室/島根県松江市
第1部 講演「むかしといま」
国立歴史民俗博物館館長 佐原真
第2部 シンポジュウム「田和山遺跡の謎にせまる」
国立歴史民俗博物館館長 佐原真
大阪大学教授 村田修三
福岡県小郡市埋蔵文化財調査センター 片岡宏二
島根県埋蔵文化財調査センター 松本岩雄
申込・問合わせ
田和山遺跡を考える会
松江市八雲台1丁目12-30
TEL:0852-24-7350
FAX: 0852-24-7358

白井克也 Copyright © SHIRAI Katsuya 1999-2016. All rights reserved.