戻る

ベースボールデータベース!
この他にも、色々なゲームの情報が紹介されています。


タイトル
ベースボール
発売日
1983年12月07日
メーカー
任天堂
ジャンル
スポーツゲーム
機種
ファミリーコンピュータ(ファミコン)
ディスクシステム
ビデオゲーム
価格
4500円(ファミコン)
500円(ディスクシステム)
紹介
ファミコンと同時期に発売された。
セリーグ・パリーグの12球団から1チームを選択可
能。
対コンピュータと対人間ができる。
BGMは無い。

当時は球団から名称使用許可が下りていない為、球団
名は仮名である。
打者は全て同じ背丈。名前も無い。
ピッチャーは、ファミスタ等と異なり、いくら投げて
も疲労しない。

守備は自分で動かす事ができない。
恐ろしい程の守備で、場合によっては守備が譲り合い、
外野まで転がる事がある。
フライも、突然落としたりする。とってもお茶目。

バッターはチョン押しならボールになるが、途中で止
めるとボールでもストライクになる。

2累まで行けば、必ず1点が取れる。2・3累間を行
ったり来たりしていると、コンピュータはバカなので
3累から2累に球を投げる。その瞬間に3累にダッシ
ュ!2累から追いかけて来るが、ぜったいに3累に間
に合う。3累・ホーム間もそう。なぜか1・2累間は
できない。

リセットしながらスタートボタンを押すと、必ず対戦
相手がジャイアンツになる。

超裏技がある!!!!!!!!!!!!!!!!!!
私は、これでファミコンを壊した(笑)。
ファミコンの手前に端子があると思う。これを、ドラ
イバー等で触るのだ。連打!で。
ピッチャーが投げている時にこれを連打しながら左右
に十字ボタンを押すと、恐ろしい程にカーブ・シュー
トする。
やり過ぎると壊れるという事が後に分かり、後に発売
されたファミコンは、この端子にプラスチックのカバ
ーがしてあった(笑)。