戻る

クレイジークライマーデータベース!
この他にも、色々なゲームの情報が紹介されています。


タイトル
クレイジークライマー(ビデオゲーム、X68000、
PC−8001、ファミリーコンピュータ(ファミコン)、
ワンダースワン)
クレイジークライマー2(ビデオゲーム)
ハイパークレイジークライマー(プレイステーション)
クレイジークライマー2000(プレイステーション)
発売日
1980年??月??日(ビデオゲーム)
1986年12月26日(ファミコン(ファミリーコンピュータ))
1996年02月23日(プレイステーション)
1999年07月29日(ワンダースワン)
2000年02月03日(プレイステーション)
メーカー
日本物産
ジャンル
アクションゲーム
機種
ビデオゲーム、X68000、PC−8001
ファミコン(ファミリーコンピュータ)、プレイステーション
ワンダースワン
価格
5300円(ファミコン(ファミリーコンピュータ))
5800円(プレイステーション)
3800円(ワンダースワン)
3980円(プレイステーション)
紹介
(説明はクレイジークライマー)
縦方向スクロールゲーム。
リブルラブルの様に、2本のレバーを駆使する。

2本の8方向レバーを駆使して、ビルをひたすら登るゲ
ーム。
右レバーが右手、左レバーが左手になっている。右手を
上げて左手を下げ、左手を上げて右手を下げる。この
動作を繰り返し、ビルを登っていく。

途中、植木鉢を落としてくる敵や、しらけ鳥が落とすウ
ンチ(小松政男がやっていた、しらけ鳥のテーマと同じ
音楽が鳴る)、キングコングが放つパンチ(何の音楽だ
ろう?)、看板、鉄アレイなどを避けながら屋上を目指
す。
しらけ鳥−しらけコンドル、キングコング−キングゴリラ
、が正式名称らしい(未確認)。

植木鉢は両手を上にしていると防ぐ事が可能。ただし、
「イテッ」と微笑ましい声をだす。
窓が定期的に閉じたり開いたりする。モタモタしている
と、ほとんどの窓がしまり、逃げられないまま「アレー」
と落ちていく。

あまりにもモタモタしていると「ガンバレ」って誰かが
励ましてくれる。

屋上で迎えに来てくれるヘリコプターに掴まると1面ク
リア。ここでもモタモタしていると、全ての窓が閉まる。

面が進むと、風船が出てくる。これにつかまると、ある
程度、上の階に進むことができ、ショートカットが可能。

全4面(ビデオゲーム版)。その後は再び1面からの繰
り返し。
PC−8001版はエンドレス。

実は登るだけではなく、降りる事も可能。
PC−8001版では、スタート地点から下に降り始め
ると、何故か、すぐに1面クリアになり、以後、永遠に
面クリアをすることができる。
プレイステーション版では、降りることができないらし
い。

ハイスコア入力時に、ある名前(JORDAN.LTD)を入力す
ると、何と、おまけで、もう2ゲームのプレイが可能。

なお、プレイヤーは絶対にこちら側に振り向かない。故
に顔が謎である。当時は、プレイヤーの顔についての論
議が盛んに行われた。