工事の内容

住宅防音工事は、防衛省の定めた住宅防音工事標準仕方書により施工します。

 

T工法(80W)区域の住宅 

U工法(75W)区域の住宅 

計画防音量  25dB以上  20dB以上 

屋根 

在来のまま  在来のまま  

天井 

在来天井撤去し、防音天井に改造します  在来のまま(注1) 

 

在来壁を撤去し、防音壁に改造します  原則として在来のまま(注2)  
外部開口部  防音サッシ(T工法用)を取り付けます  防音サッシ(U工法用)を取り付けます 

内部建具 

防音建具(戸襖、ガラス戸等)を取り付けます  防音建具(戸襖、ガラス戸等)を取り付けます  

 

原則として在来のまま  原則として在来のまま 
空調換気扇  施工する部屋数(最大5台)まで  施工する部屋数(最大5台)まで(注3)  

エアコン 

最大4台まで   最大2台まで(注4)   

(注1)著しく防音上有害な亀裂・隙間等がある場合は、有効な遮音工事を行います。

(注2)著しく防音上有害な亀裂・隙間等がある場合は、有効な遮音工事を行います。
空調換気扇やエアコ
    ンを取り付けた居室の壁は、クロスの貼り替や、塗り壁の塗り替え等を行います。

(注3)防音工事を行う隣り合う2居室が、引き戸で区切られている場合は、1台です。

(注4)エアコンは、防音工事をする居室に既存のものがある場合は、補助対象となりません。
    たとえ、故障等で作動しない場合であっても対象外です。
    室外機・室内機のどちらか片方が存在する場合も同様の扱いです。
    ただし、冷房専用機・暖房専用機・ウインドクーラーの場合は、エアコンの新設の対象となります。
 

平成28年6月に仕方書が改正され、10月より適用される予定です。
これにより、空調換気扇・木製建具・T工法内の天井工事の仕様等が変更になります。

トップページ
防音工事とは 工事対象区域 手続きの流れ 希望届の提出 工事の内容
補助金限度額 施工写真(例) Q&A リンク 事務所の概要

お問い合わせ先:友原一級建築士事務所
tomoken8312@gmail.com

Coprright(C)2017 tomoken.All Rights Reserved.