<朱雀路 (相原駅)>

明治41年(1908年)9月、横浜鉄道会社の開通と同時に相原駅も開設された。
木造平屋建ての駅舎は、昭和9年(1934年)に建てられた。
横浜鉄道は、多摩地方から横浜港に生糸を輸送するためにつくられた鉄道で、相原駅からも生糸が輸送されていた。


image095.jpg
旧 JR相原駅 東口


image283.JPG
JR相原駅 西口(2003/05/31完成)


image284.JPG
JR相原駅 西口エレベーター昇降口
(午前4時30分〜午前1時まで可動している)


image097.jpg
JR相原駅 西口エレベーター昇降口を出ると、正面に標識がある


image098.jpg
観音山方向へ進むとすぐに左カーブになり
T字路になるので右へ進む