<多摩丘陵 フットパスまつり B(あいはら)コース>

2004年04月25日(日)

image333.jpg
多摩丘陵 フットパスまつり B(あいはら)コース図

法政大学→JA教育センター→雨乞い場の碑→段木入のおか→大地沢青少年センター(昼食)→
草戸峠→草戸山→はなさき休憩所→城山湖ダム→金刀比羅宮→大戸観音堂→法政大学
(約8.5q)

image334.JPG
法政大学守衛室ヨコに集合
(法政大学は、JR相原駅・京王線めじろ台駅の両方からアクセスできて、以外と便利な場所)

image335.JPG
馬場憲一理事長のあいさつ

image336.JPG
雨乞い場の碑より相原方向(町田街道)を望む
旱天が続き作物が被害を受けると、部落総出で氏神に降雨の祈りをささげるのが習慣となっていました。
遠い昔からこの丑田の山頂が雨乞い場に使われ、昭和22年頃の雨乞いがその最後であったようです。

image337.JPG
段木入のおか
(中央の煙突は、八王子市館清掃事業所)
明治8年(1875)上・中・下の相原3ケ村が、合併して相原村となるまで大戸は、
「横山之庄上相原村」が村名でしたが、通称大戸と呼ばれて通称の方が近郷に知られる村でした。

image338.JPG
急な下り坂はロープにつかっまって

image339.JPG
大地沢青少年センターで昼食

image340.JPG
夢連S訪さんご提供のタケノコを使った「筍ご飯弁当」
レンコンのからしマヨネーズあえもとても美味しく、温かいみそ汁と、
食後のアイス(ラッテさんの特別ご提供)も美味しくいただきました。

image341.JPG
草戸峠より高尾方面を望む

image342.JPG
草戸峠に「見晴し台」が出来ていました
2003年度 町田市立相原小学校4年生一同による

image343.JPG
草戸山からの眺めも素晴らしいです

image344.JPG
一休み

image345.JPG
城山湖ダム
純揚水式の発電をするために昭和40年に誕生した人造湖です。
城山湖の水は、標高の低い津久井湖の水を汲み上げたものです。
この湖は、ロックフィルタイプ(石や土を固めて造る)の本沢ダムによって
せきとめられていて、ダムの周辺の良質の土砂が多く使われ築造されました。

image346.JPG
大戸観音堂前で地元のおみやげ
大戸観音堂は、大地沢青少年センターの入り口にあり、昔は鎌倉街道と甲州道へ通ずる
要地だったため、大木戸番所の備えがありました。この番所のすぐそばに「了心庵」と
いう草庵があり、後に八王子市山田の広園寺末となって、「大戸祐照庵」と呼ばれるよ
うになりました。境内に観音堂が創立されたのが、慶長元年(1596)で当時から「大戸
の観音様」と呼ばれ、門前には旅人宿や居酒屋が立並んでおり、相武24番の霊場として
参詣人が絶えなかったといわれています。また、写真の鐘楼は、八王子八景の景勝の地
として「大戸の晩鐘」とうたわれています。

image347.JPG
相原JAO会の竹酢液と竹炭
JAO(ジャオ)とは「おやじ」を反対にしたものです

image348.JPG
夢工房のクッキー
夢工房は、「社会福祉法人 つぼみの家 町田ゆめ工房」が正式名称で、
身体障害者小規模通所授産施設です。このクッキーはとても美味しいです。

image349.JPG
明月堂の和菓子
お店は、JR相原駅の近くにあります。


午後4時 法政大学 到着 ☆お疲れさまでした☆
絶好のウオーキング日和でした!

前のページへ