<第5回(相原4回)多摩丘陵 フットパスまつり >

Aコース「晩秋の境川上流・川尻八幡・津久井湖絶景コース」

2006年11月3日(金)<文化の日>

image469.jpg
Aコース図その1(スタート〜川尻八幡宮)

image470.jpg
Aコース図その2(川尻八幡宮〜津久井湖)

JR相原駅西口集合→いなげや駐車場(受付)→当麻田開田記念碑→相原八幡宮→
華蔵院→境川散歩道→原宿用水取水口跡→薬師堂→川尻八幡宮(昼食)菊まつり→
雑木林の中央公園→若葉台北尾根道展望台→飯綱権現社→普門寺→日本一のウラジオガシ
奉寿蘭(ヒペコ鶏卵 買い物)→若山喜志子歌碑→津久井湖記念館 <お疲れさまでした>

今年は、城山町をメインにしたコースになりました。
ガイド役は、城山町在住の保坂さん(屋根のない博物館代表)と岡村さんにお願いしました。
川尻八幡宮では、ちょうど「菊まつり」開催中でにぎやかで、野点でお抹茶を頂いたりと
今までとはちょっと変わったフットパスまつりになりました。

image471.JPG
出発前に軽く準備体操をしました
今回は、町田市の広報が10月21日に出て、募集期間が10日間
しかありませんでしたが、総勢95名の方にご参加いただきました。

image472.JPG
馬場憲一 NPO夢連理事長の挨拶

image473.JPG
当麻田開田記念碑
昭和21年建立
当麻田の水田開拓は、昭和7年に開始され、翌年の5月に完成しました。

image474.JPG
相原八幡宮
創建年代は不詳ですが、平成8年に倒れた御神木の欅の樹齢
が数百年以上といわれることから推して、栗飯原氏がこの地に
進出した折りに横山庄から勧請したのではと推察されます。

image475.JPG
華蔵院
児松山慈眼寺華蔵院といい、応仁2年(1468)に創建され、
新義真言宗智山派の高尾山薬王院に属するお寺です。

image476.JPG
境川散歩道
境川は、町田市の最高峰の草戸山(365m)を水源に
全長約69Km、江ノ島まで流れています。

image477.JPG
原宿用水コンクリート橋
昭和3年「御大典」記念に建立されました。

image478.JPG
原宿用水取水口跡
原宿用水は、江戸時代の初めにつくられたといわれています。

image479.JPG
川尻八幡宮入り口
毎年11月3日に「菊まつり」が行われています。
出店がでていて、にぎやかです。

image480.JPG
展示されている「菊」

image481.JPG
境内では野点も行われています
フットパスの多くの参加者のみなさんも、お抹茶をいただきました。

image482.JPG
昼食後の休憩

image483.JPG
川尻八幡宮の参道と日の出の説明
川尻八幡宮は、大永5年(1525)に創建といわれています。
2月19日頃の「雨水の日」と10月23日頃の「霜降の日」には、
川尻八幡宮の入り口から「一の鳥居」まで一直線に延びる
参道の延長上から「日の出」を見ることができます。

image484.JPG
日本一のウラジオガシ
幹周が8.42mあり、千葉県君津市の7.2mよりも大きいことが確認され、
圏央道の建設で伐採予定でしたが、保存されることになりました。

image485.JPG
若山喜志子
(牧水の妻)歌碑の説明
歌碑は、昭和53年に若山牧水50周年記念に建立されました。

image486.JPG
夕暮れの津久井湖

裏方で、途中の写真を撮っていませんが、ガイド役の保坂さんのホームページ(屋根のない博物館)
に、今回のフットパスまつりの模様がUPされていますので、ご覧下さい。

前のページへ