明るい!?国家公務員のページ

~FUNNY!?GOVERNMENT OFFICIALS~

   
オリックスバファローズ、日本一おめでとう!
阿部ちゃんの万歳三唱前の光景です。今年は大車輪で本当にありがとう。あと、ビールかけも含め、クールなワゲスパックの笑顔がたくさん見られて良かった・・。
 オリックス田嶋選手頑張れ!
 来年もよろしくね。活躍を楽しみにしています。



ようこそいらっしゃいましたー。 人目のお客様です(1999.3.9より)。
800万カウント(2020.10.5)。皆様ご訪問ありがとうございます。
100万(2006.7.19)、200万(2008.6.15)、300万(2010.2.18)、400万(2011.11.12)、500万(2014.1.19)、600万(2016.6.10)、700万(2018.6.22)
SNSや動画が当たり前の時代に、スマホ対応すらできていない古めかしいサイトご訪問ありがとうございます。


☆更新情報その他
 時が流れるのは早いもので、愛猫フェイが逝ってからもう2年。いろんなとこに付着している毛もそうですが、まだまだ足跡残っています。天国で元気にやっているだろうか、そういう足跡を見るたびに思います。

 先輩からあまり注意(教育)されないと言う新人の方へ。一つの考え方としてご覧下さい。→
こちら
 本サイトのコメントは全て組織とは関係ない個人の見解です。

経済からみた江戸時代 '05/7/19更新
江戸時代というのは実はすごい時代だったのです。特に教科書は間違いや嘘ばっかりなのでだまされないでくださいねー。
国家公務員はこんなもん '05/5/30更新
国家公務員の実態などについて書いています。新聞や雑誌、HPは極端な話ばっかりですよー。
テレビではわからない実際の話 '10/6/18更新
マスコミ報道は何かあれば政府を批判すればいいような感じです。
でも本当にそうなのでしょうか?規制緩和、教育、年金などについて、国家公務員の仕事をやっている現状から考えた観点でお話しします。
伝言板
伝言板です。いろいろ方と気軽な雑談をしたいです。
投稿前にこちらをお読み下さい。自己主張(アジテーション)はご自身のblogでどう
ぞ。
フェイ写真館 '17/11/03更新 new
うちのいたずらっ娘の画像です。猫好きの方へ。
2017年5月16日、18歳11ヶ月で逝去いたしました。天国でものんびり気ままに暮らしていると思います。

自己紹介とお願い
お約束の自己紹介とこのHPでのおきまりです。

○最低限の交通ルールの遵守をお願いします。
 「アクセルを踏むとき、道を渡るときに、ちょっとでいいから(亡くなられた)えみるのことを思い出してやってください」(風見しんごさん)


○一言
 最近昭和の音楽が静かに流行っているとか・・。昭和のおじさんとして、ちょっと紹介します。今でも聴いてます。
・バービーボーイズ。「ナイーブ」「ごめんなさい」
・PSY・S(サイズ)。「Angel Night〜天使のいる場所」「ファジイな痛み」。「Lemonの勇気」。
・アルフィー。「鋼鉄の巨人」「落日の風」。
・米米CLUB。「加油」「手紙」。
・安全地帯。「碧い瞳のエリス」「熱視線」「プルシアンブルーの肖像」
・JITTERIN'JINN(ジッタリンジン)。「夏祭り」は絶対オリジナルの方がいいです。「にちようび」「エヴリデイ」「プレゼント」
・浜田麻里。「Return to myself」「Paradox」「Nostalgia」
・ポケットビスケッツ。「YELLOW YELLOW HAPPY」「POWER」「Red Angel」
・TMRe(正式名称長いので略称で)。雪幻」「陽炎」「月虹」「風のゆくえ
・藤井隆。「ナンダカンダ」が有名ですが、おすすめは「アイモカワラズ」です。歌詞がいいです。もちろんダンスもいい、YouTubeで見れますので是非一度見て下さい。


○抗議
 Adolf Hitler Putin killing Russian civilians in Ukraine
 Адольф Путин убивает российских граждан на Украине
 Нацистская Россия и сегодня убивает русских ракетами.



<2月5日>
○一言
 LGBTに関するオフレコ時の発言について、毎日新聞が約束を破って報道し、荒井秘書官が更迭とか。

 まあ、はっきり分かることは、「毎日新聞の記者は信用してはいけない嘘つき」ということですね。
 「秘密は守ります」というのは絶対嘘なので、市民の皆さんも取材されたらお気をつけ下さい。
 私も、毎日新聞の記者は気をつけて表面的に接することとします。


○一言2
 公になった以上、発言内容から更迭は当然かと思います。

 ただ、「嫌だ」等の好き嫌いは内心の自由の範囲であると思います。これを「差別」と言うのは全くの間違いだと思います。
 今回の場合は責任ある立場の人間がそれを表明し、公になったので問題となりましたが、内心の自由は保障されるべきだと思います。
 私もダメです(すみませんが)。ざっくりと喩えて言えば、動物に襲われそうになったからその動物がダメになった、という感じだとご理解頂ければ。でもこれは「差別」ではないんですよ。

 メディアは外国では・・とか言いますが、じゃあ外国のように、犯人をすぐ射殺していい日本にしますか?外国のように、銃の所持を認めますか?
 なにより、外国が差別が日本より少ないと本気で考えているとしたら、そのメディアは頭がおかしいんじゃないかと思います。
 外国は差別が苛烈だからこそ、それを厳しく禁止しないといけないのです。そして、日常的に差別はあります。
 それに比べ日本の「差別」など、全然軽いということを前提にメディアは報道するべきでしょう(だからいいということではありませんし、差別はなくすよう不断に努力すべきです、念のため)。
 何でも欧米が優れているあるいは正しいという発想は全く間違っています。


○メディアから一言
 2日付け東スポwebによると、「兼近は自身の将来について「結婚は良いかもしれないですけど、子どもですね」と切り出し「僕が捕まってから11年たってるんですけど、人殺しとか女の子を自殺に追いやったとか言われる。やってないんですけど、事実を言われても子どもは傷付くと思う。調べたらすぐ出ますし」と、自身の過去の行動が子どもに与える影響を懸念した。

 続けて「自分の親がこういう人だって、今、俺が胸張って言えない。なので、自分が胸張って『俺はこういう人間です』って自信を持てた時に、子どもにも胸張って伝えられるので、その日は今は来る気がしません。自分が正しいことしてるとも思っていない。子どもを作ると世の中の人から攻撃を受けるし、その理由を作ったのは自分自身」と説明した。」とか。

 うん・・重い発言です。

 犯罪にもよりますが、前科というものが人生の重い足かせになるということをメディアはしっかり報道して欲しいです。
 犯罪は自分の人生にいかに悪影響を及ぼすか、もっともっと報道して欲しいです。
 それを理解して人生をやり直している兼近氏、またそれを呑み込んで共に活動しているりんたろー。氏も今後も頑張って欲しいと思います。


<2月2日>
○一言
 ガーシー議員がついに懲罰委員会に付されるとか。義務である登院をせずに、税金もらっているんだから当然でしょう。

 で、どういう処分になるのか、いろいろ言われていますが、はっきり言って1択。除名です。
 理由は簡単です。国会法では明確に規定されているからです。

第百二十二条 懲罰は、左の通りとする。
一 公開議場における戒告
二 公開議場における陳謝
三 一定期間の登院停止
四 除名

 第1号、第2号は「公開議場における」とあるので、登院をしないガーシー議員には不可能です。さらに登院をしないのだから第3号の登院停止は意味がありません。
 よって、選択肢が第4号の除名しかないのです。


○メディアから一言
 カナロコによると、「新型コロナウイルス対策としてのマスク着用を巡り、永岡桂子文部科学相は2日午前の衆院予算委員会で、今春の学校卒業式では各家庭の判断により外しても参加できるとの方針を表明した。ところが午後に緊急会見を開き、一転して「政府としての正式な決定ではない」と撤回した。」とか。

 そりゃあそうでしょう。例えばスポーツなりライブなりでレギュレーションを決めるのは主催者です。卒業式の主催者は学校なのですから、学校が決めないといけないのは当たり前の話です。
 各家庭の判断とか、馬鹿なんじゃないですか?というレベルです。

 それより問題なのはこの発端となった質問。具体的には「この日の予算委では、立民の柚木道義氏が「マスクをせず卒業式に臨めるよう方針を示すべきだ」などと迫った。」とか。

 柚木道義氏は科学的根拠もなくマスクを外せとか、頭がおかしいのですか?
 まず、コロナに感染させずにイベントを終わらせることが責任ある立場の考え方です。
 とすると、マスクを外すのは例えば新規感染者が一桁とか、まあ感染しないだろうという状況であることが前提条件です。主催者としては、そう考えるのが自然です。

 密集した卒業式会場でクラスターが発生したら誰が責任を取るんですか?前提条件を無視して闇雲に「マスク外せ」という柚木氏はあまりにも無責任で非科学的な阿呆です。

 だいたい、学生は、卒業式の後、外で自己判断でマスク外して記念撮影するでしょう。仲間とのそういう時間こそが最も大事であり、式でのマスク着用なんかどっちでもいいと思いますよ。だとしたら、安全目にマスク着用するのが当たり前でしょう。
 政治ネタにすること自体、科学的根拠を無視したナンセンスなこと思います。


○メディアから一言2
テレ朝ニュースのANN中国総局長冨坂範明氏の署名記事(中国便り06号)で、日本の水際対策に対する中国のビザ発給停止について素晴らしい記事がありました。
 要は、中国は日本がビザ発給停止したと誤解してこのような措置を執ったということで、それに気付いたけどメンツを重視する中国はそれを認められない。そうした中どうやってそれを解除に導いたか、という記事です。

 具体的には、「「ボタンの掛け違い」を感じていたのは、北京の日本大使館も同じだった。1月20日、春節休みを前に、日本大使館は不思議な一行の通知を出した。
日本大使館はコロナの影響でやむを得ずビザ業務を縮小していたが、コロナの状況が変わり、ビザ業務はすでに正常に回復している
実はこの一文は、一時期縮小していたビザの窓口が、今は元通りに戻っていますよと通知しただけのもので、新しい内容は何もない。事実、1月4日には、日本側は縮小していた窓口を元に戻し、通常通りの来館が可能としていたのだ。
しかし、大事なのは「正常に回復」という文言にあった。
日中関係筋によると、この文言の狙いは2つ。1つは、「日本はちゃんとビザを出していますよ」と、誤解している中国の人たちにアピールすること。そしてもう1つは、日本側から先にアクションを起こし、中国側が、振り上げた拳を下ろしやすくすることだ。」と。

 まあ、いかに中国がめんどくさい国か、ということですが、それを踏まえ適切に対応した大使館と、それをきちんと報道するこの記事は、中国政府というものを日本人に紹介する意味で非常に良い記事だと思いました。


○一言2
 連続強盗殺人/傷害事件の指示役と思われる人間とEXIT兼近氏が過去関係していたとか。

 更正して頑張っているとはいえ、過去は変えられない。
 もちろん昨今の事件と無関係の今の兼近氏をどうこう言うのはあり得ないですが、ただの窃盗ではなく、高齢者をリンチして殺害したという結果が重すぎる。そういう人間とつるんで犯罪を犯していた過去があるというのは、少なくとも関連報道がされている中では残念ながら企業イメージと直結するCMやテレビなどではスポンサーが出演辞退を望むのも自然なことです。

 前科というのはこういうことなのだろうと思います。その人生に及ぼす影響の深刻さをメディアは報道するべきではないでしょうか。だから、犯罪はやってはいけないんだと。


<2月1日>
○一言
 テレビで「闇バイト」が大きく報じられています。うーむ。バイトではなく犯罪ですから。表現の問題とはいえ、犯罪をバイトとするのはメディアとしてどうなんですかね?


○メディアから一言
 産経によると、「今国会でも国会議員による政府側への質問通告の遅れが出ている。1日の衆院予算委員会で、れいわ新選組の櫛渕万里共同代表が質問要旨を政府側に送ったのは、同氏の事務所によると1月31日の午後8時51分。少数会派ゆえの事情もありそうだが、省庁の担当者は省内待機を余儀なくされ、答弁の作成作業は日をまたいだという。他の野党議員も質問通告は31日昼だった。」とか。

 はっきり言って、時間を見るに、会合に行って帰ってきて通告したという感じではないですかね?
 質問通告はいくつかのパターンがあり、1)全文通告、2)概要通告、質問取り可、3)要旨通告、問い合わせ可、4)要旨通告、問い合わせ不可の4つです。
 1)は本会議で見るケースです。2)が一番多いです。また3)も結構ありますが、業務時間外もありますので、やはり2)が国会関係業務の基本でしょう。

 問題は4)です。問い合わせ不可だと議員の問題意識が分からないので「想定問答」を作ることになります。これ、いくつも作らなくてはならないので大変です。

 いずれにしても「通告」がないと始まらないわけで、できる限り早く通告してほしい。遅ければ遅いほど残業する公務員の残業代が増えます。

 それを踏まえると。通告時点で多数の省庁の役人に3時間の残業を課し、残業代を無駄遣いさせたれいわ新選組。これをなぜ産経以外は問題視しないのか。

 とはいえ実際はこんなもんですよ。口では税金の無駄遣いを叩きながら、自分がしれっと無駄遣いする。それをメディアはスルーする。
 いずれにせよ櫛渕万里共同代表に税金の無駄遣いどうこう言う資格はないですね。


<1月31日>
○メディアから一言
 29日付け産経によると、「今国会では国会対応に追われる官僚の長時間労働が是正されるかが焦点になりそうだ。内閣人事局が20日に公表した昨年の臨時国会開会中の中央省庁の国会対応業務の実態調査結果では、国会議員による政府側への質問通告について、「土日祝日を除く質疑2日前の正午まで」とする与野党の申し合わせが守られたのは全体の19%にとどまった。官僚が未明まで答弁作成に追われる状況が続けば、政府の政策立案を支える官僚機構の劣化につながりかねない。」とか。

 具体的には、「全864件のうち、81%が「質疑2日前の正午まで」を過ぎており、質疑前日の午後6時以降の通告も6%あった。このため、質問通告を受けた官僚が答弁作成に着手可能な時刻の平均は、土日祝日を除き質疑前日の午後7時54分。答弁作成を終えた時刻の平均は委員会当日の午前2時56分だった。」とか。

 実感としては、午後6時以降の通告が6%というのはホントかな?と思います。
 予算委員会にしても各省の委員会にしても、だいたい1~2人の先生は6時過ぎても開かないんですよ。
 だから毎日「待機」になるわけで。すべての問いが開いていれば待機はないのだから、ホントかな?
 要旨通告も含めた、各省ではなく、それ以前の内総通告の話じゃないの?
※質問が要旨しかない場合、具体的内容が不明なため、どの省庁が担当するかの調整で時間がかかることがままあります。

 記事では「ある省庁職員は「質問の持ち時間に収まらない量の質問が送られ、用意したのに使われないことも多い」とこぼす。」とあります。

 これ、ホントにやめて欲しいです。だって無駄な労働を深夜にしているわけですよ。普通の議員なら質問時間を考えて質問を通告するのですが、中には明らかに無理な量の質問を通告する議員(はっきり言えば野党議員)がいます。
 例えば、50分の質問時間なのに20問以上を通告した議員がいました。予想通り無理で半分も質問できなかった。
 10問以上の作成のマンパワーと深夜労働は全く無駄に終わったのです。

 質問通告時点ではどの質問が無駄になるか分からないので、全部対応しなければいけない。空振りの可能性を考えながら深夜作業をして、実際に空振りだった時のむなしさ。なにより税金の無駄遣いではありませんか?

 国会関係業務の実態にメディアは是非メスを入れて頂き、役人の残業代削減という税金の節約にご協力をお願いしたいものです。


<1月28日>
○一言
 コロナの緩和について。私もマスクしなくていいならしたくないです。ただ、感染して高熱を発したりするのはごめんですし、自分が他人にうつすのも嫌です。なのでマスクしたり消毒するなど感染対策をしています。

 これが個人の考え方です。でも個人の考え方と会社の考え方は違います。岸田総理はこれが分かっていない。

 で、お店や企業がなぜマスク着用をお願いするかというと、感染拡大に協力するため、従業員を守るため、の2つの目的があるわけです。

 特に後者。従業員が感染するとサービス業や工場だとシフトが回らなくなったりラインが止まることがあるから、当然にして感染対策をとるわけです。
※5類でも感染したら数日出勤停止になります。
 ぎりぎりでラインやシフトを回しているくらい人手不足なの岸田総理は分かっていないのでは?

 そのような現況で、何の根拠もなく政府が「各自で判断」とか、無責任極まりないと思います。政府が責任を取るべきことを民間企業や個人に転嫁するのは全く間違っています。

 安倍さんや菅さんは責任は自分で取っていた。岸田内閣は責任を他人に転嫁する。これは深刻な話だと思います。


○メディアから一言
 毎日によると「政府が開会中の国会に提出を予定する出入国管理及び難民認定法(入管法)改正案に対し、若者らが27日午後6時から国会前で抗議活動を始めた。
 関係者によると、難民認定申請を繰り返す行為は制度の乱用に当たるとして、政府は3回以上の申請者の強制送還を可能にする条項を改正法案に盛り込む構えという。これに対し、外国人の支援団体や国際法の専門家らは、迫害の危険がある場所への送還を禁じた難民条約の規定「ノン・ルフールマン原則」に反すると批判している。」とか。

 これ違うでしょう。

 不法入国に対し、「難民だ」として申請を繰り返し滞在する人が多いからの措置であり、全面的に賛成ですね。
 「難民認定」を強引に(ここ重要)支援する団体があるからこそウィシュマさんのような悲劇が起こるのだと思います。

 もっと言えば、私は外国人への生活保護費支給も反対です。
 もちろん、日本が裕福な時代であればいいと思いますが、もはや日本はそういう国ではありません。
 喩えて言えば、プロ野球等スポーツの「助っ人」が解雇されたら日本に残りたいと言いますか?自国に帰って新たな就職先を探すでしょう。
 外国籍である以上、まず自国の大使館に救済を求めるべきです。
 帰国する金がないということなら、エコノミーのチケット代を実費で支給するのはもちろんアリだと思いますが。

 いずれにせよ、国籍を変えなかったり永住権を取得しない方を無理に日本に残らせようとするのは間違いだと思います。


<1月27日>
○一言
 5月8日から5類にするとか、マスクを外すようにするとか、岸田総理やその取り巻きはバカなんじゃないか?
 役人の常識からすると、「こういう根拠から、こう変えます」とするのが当たり前なのですが、それがなく、「とにかく5類にする」「とにかくマスクを外す」というのは非論理的であり、頭がおかしいのではないかと思います。

 医学的根拠を受けて「5類にする」「マスクを外す」ではなく、「5類にする」「マスクを外す」方向で調整するって、何の医学的根拠もなく思いつきでやっているということであり、まともな政治家のすることではありません。


○一言2
 一連の強盗殺人事件の首謀者が「ルフィ」を名乗っていたからといっても、「指示役ルフィを追え」とか「ルフィ強盗団」とか報道するのやめろ。

 じゃあ、首謀者が「テレビ朝日」「週刊ポスト」を名乗っていたら、「支持役テレビ朝日を追え」「週刊ポスト強盗団」と報道するのですか?

 とにかくワンピースへの風評被害をメディアが助長するのは論外であり、「ルフィ」という自称を報道するな、と。


○メディアから一言
 FNNプライムオンラインによると、NHK党の立花党首は、20日の会見で、同党のガーシー参院議員を批判した日本維新の会の藤田幹事長について、「維新がガーシー氏の懲罰に賛成するなら、彼の暴露ネタを「全部言う」とけん制した。」とか。

 いや、これ普通に脅迫でしょう。国会の場で脅迫行為が公然と行われるってなぜメディアは厳しく批判しないのか。

 そもそもガーシー議員は「暴露で政治を変える」ということで当選したのだから、仮に藤田幹事長に問題があるなら、こんな条件を付けずに普通に公表すればいい。

 脅迫行為を普通にやるNHK党って、ただのチンピラ集団のように感じますが、メディアはなぜ厳しく批判しないのか。
 与党だろうが野党だろうが、国会議員は権力者だということをメディアは理解していないのでは?


<1月23日>
○一言
 「れいわ」の1年交代制とか、N党のガーシー議員とか、この問題の一番まずいことは、「禁止されていなければ何をやってもいい」「罰則がなければ法律を無視してもいい」という国会議員が社会秩序を破壊する行為を平気でしようとするところだと思います。

 一般論として、「規制」で禁止し、それ以外はやってもいいというのは欧米の文化。日本はマナーの範囲を広くして「規制」を少なくする文化です。
 だから、欧州では公権力が強く、マスク着用義務で罰金を取ったし、ワクチン打たないと罰金取る国もあります。
 日本では、「理解を得る」ということで、罰金など強度の公権力の行使は行わないという国です。
 ですから、日本では罰則がないなら法律を無視していいというのは反社会的発想です。

 ところが・・。
 憲法で任期は6年と書かれているのに、「1年ごとに辞めてはいけない」とはどこにも書いていないから、いいんだという国会議員。
 「議員は、召集詔書に指定された期日に、各議院に集会しなければならない。」と義務化されているのに罰則がないから無視する国会議員。
 国会議員が法律無視して社会をどう成り立たせるんだよ・・という異常な事態です。

 メディアは、欧米のように「規制」「罰則」を増やし、公務員が強力な権力を行使する方がいいのか、法律にはすべからく罰則を設け、違反したらすぐ罰金や懲役/禁固とするべきなのか、一度しっかり議論するべきではないでしょうか。

 公務員の私が言うのも何ですが、何でも法律で禁止/罰則として、公権力を強化するのは民主主義の危機だと思います。


○メディアから一言
 FNNプライムオンラインによると、「NHK党の浜田政調会長は23日、去年7月に初当選後、一度も国会に登院していないガーシー参院議員について「直接国会で仕事はしていないが、貢献度はかなり大きい」と評価した。」

 え?何か貢献しましたか?何か政治活動しましたか?
 さすがにこれはひどすぎませんか?

 なんか質問主意書を活用するとか言っていますが、何らかの政策を公約し、その実現を目指すものでなければ、単なる霞が関の営業妨害なんですけど。質問主意書が1本出ると担当は仕事が全て止まるので、通常業務の行政サービスをストップさせることになるのです。政策の実現のための手段として必要なのではなく、質問主意書の提出自体が目的化するならそれは権力の濫用ではないでしょうか。

 ガーシー議員は暴露という手段で政策を実現するというのが公約なんじゃないですか?ぜひ公約どおり質問主意書ではなく暴露という手段で政策を実現して欲しいものです。
 

<1月20日>
○一言
 テレビでよく窃盗や暴行、あおり運転など現行犯の犯罪の防犯カメラ映像を放送していますが、なぜモザイクなのでしょうか。現行犯なんだから疑いの余地がないのだから、モザイクなしで顔をしっかり報道するべきです。


○一言2
 少子化対策については、政府が批判されていますが、そういう問題ではないと思います。

 戦前までの時代は、次の3点により子どもが産まれていたと考えられます。
 1つ目がセックスが楽しみとして最高のもので、しかも避妊できなかった。2つ目が労働力としてこどもをとらえていた。男なら丁稚奉公、女なら身売りと考えている家も少なくなかった。3つ目が「家」の跡継ぎ候補としてとにかく産んでおく。これは長生きするだけで祝う時代だったからです。
 このように、ある意味現代の人権感覚では成り立たない理由でこどもが増えていたのが現実だと私は思います。

 だから、様々な楽しみが生まれ、人権が重視され、若くして命を落とす人が少なくなっている現代では、こどもを多く作る必要性がなくなっているのです。だから少子化は当然なのです。

 これらを前提にどこで歯止めをかけるか。
 理論的には結婚していない人の分、3人以上産む必要が出てくるわけで。
 そしてその3人が貧困層で大きな支援が必要であるなら意味がありません。

 とすると、行政は行うべき政策は2つです。
 一つは出会いの機会を増やし、男女で結婚する人を増やすこと。自治体主催の出会いのイベントは官制合コンとか批判されますが、私はいい企画だと思います。
 出会いの機会を増やすイベント、もっとやるべきだと思います。っていうか、それ以外に結婚を増やすための政策はないと思うので。

 そしてもう一つが3人目(以上)を産もうと思ってもらう政策。はっきり言えば、一定収入以上のいわゆる中流層以上に対する支援に重きを置くことが政府のするべきことだと思います。
 生活の厳しい方への支援に重きを置くのは間違っています。こどもを自分たちで育てられる世帯に対しもう一人お願いするべきです。発想の転換が必要です。

 具体的には、(例えば)年収600万以上の世帯に限定した税制控除。また、そういう世帯は共働きが想定されるので、シッターさんやファミサポ活用支援や学童保育支援(無料化)などが挙げられます。
 さらに、3名以上の子がいる世帯に対する優遇措置。具体的には、保育園の優先権、一定収入以上に限定した児童手当などです。
 もちろん生活が厳しい方への支援も必要ですが、金をばらまくと生活費に消える可能性があり、また虐待やヤングケアラーのリスクもあるので、例えば制服無料、給食費無料、修学旅行積み立て無料など、こどものための支援で親に金が入らない政策であるべきだと思います。

 いずれにせよ、子どもを産むと得をするという単純な政策だとダメで、お金をある程度稼いでる層に子どもを産む意欲を増やす政策が最も大事だと思います。広く金をばらまくのは税金の無駄遣いです。


<1月17日>
○メディアから一言
 1月16日付け毎日によると「SNSでジェンダー問題発信 声上げる女性へやまぬ攻撃 ゆがむ日本」という見出し。

 野口由紀記者めちゃくちゃ偏っていますね。大丈夫か、毎日。

 「声上げる女性」ではなく、「断定して全否定する女性」が叩かれているわけで。
 正直、批判のやり方が排他的であることが全てだと思います。

 大人なら、特に議員経験者なら、「攻撃」が嫌なら無駄に攻撃を受けるような過激な発言をするべきではないです。炎上系ユーチューバ-じゃないんだから、
※もちろん誹謗中朝や殺人予告はダメです。それと批判をごっちゃにしないで欲しいという趣旨です。

○メディアから一言
 読売によると「れいわ新選組の水道橋博士参院議員は16日、尾辻参院議長に議員辞職願を提出し、許可された。同党は残り約5年の任期を昨年7月の参院選比例選で落選した5人が交代で務めると発表した。」とか。

 これは汚い(姑息)ですね。落選した5人に1年間歳費を与えることで選挙資金を増やすという財テクではないですか?

 そもそも、憲法第46条で参議院議員の任期は6年と規定されています。それを1年で病気や不祥事等ではなく、自発的に辞職するのであれば、ある意味憲法違反です。
 
 こんな行為が許されるのはどう考えてもおかしいと思います。


<1月13日>
○一言
 共通テストの受験生は試験に遅れられないから痴漢し放題、とかいう趣旨のコメントがSNSに流れているとか。
 とんでもない話ですが、メディアは報道するだけで、犯罪抑止策を一切採らないのはなぜか。

 例えば、今後痴漢で捕まった奴の顔と名前、居住市町村を全員ニュース報道します、と宣言して欲しい。
 捕まってもたいした罰でもないし周りに知られないから痴漢という犯罪が繰り返されるのだと思います。

 テレビで顔と名前、住んでいる市町村が報道されれば、コンビニ行くのも大変になるので、相当な抑止力になると思いますが。

 ただ報じるだけでは「そうなのか」とよからぬことを考える犯罪者が現れることも考えられ、意味がないと思います。


○一言2
 中国が日本の水際対策強化に対し、ビザの発給停止とか。
 それに対し、外務大臣は抗議したそうな。

 うーん。同等の措置という原則からすると明らかに中国の行動は過剰であり、欧米も同じことしているのにこの措置を執ったのは日韓だけと、日本が完全に舐められています。
 中国が措置を撤回しないのなら、日本もビザ発給停止という同等の行為を採るべきです。

 ちょうど春節ですから、感染者は日本に来て欲しくないので、好都合です。
 口では勇ましいことを言って、毅然とした措置がとれないというのは外交として最悪です。


○一言3
 防衛費や少子化対策のため増税という話で、理解が得られていない理由は、第一に現行の予算の融通でできないのか、という疑問に対する回答と、必要な予算の具体的内容が不明で必要な額が分からないから、という当たり前の話だと思います。

 異次元の少子化対策と言っておいて、「内容はこれから考えます」というのはひどい話です。
 内容も決まっていないのに、お金下さいとか、あり得ないでしょう。なぜそんな当たり前のことが官邸は分からないのでしょう??


<1月9日>
○一言
 今日、とある映画館で鬼滅のワールドツアー上映のプロモの飾りがあったので写真撮ってたら、「写真撮ってる人がいるね」「でもこれ(刀鍛冶の里編)いまいちなんだよね。」と言う女子がいました。
 別のフロアであるグッズを見ていたら「こんなの買う人いる?」「マニアは変わってるから」とか言うおじさんおばさんがいました(だったらわざわざ売り場に来るなよ)。
 その後スーパーで麺づくりというカップラーメンを手に取ったら、後ろから「麺づくりってまずいんだよ、麺職人の方が上手い」というおじさん出現(財布に優しい低価格カップラーメンに何を求めているんだ?淒麺食って見ろ(笑))。

 これらはたった2,3時間で起こった出来事です。もちろんこういう人とはこれまでたくさん遭遇していますが。
 悪く思うのは自由ですし、別の場所で言うのも自由ですが、好きな人がいる目の前でそういうこと言う理由が全く分かりません(特に、わざわざグッズ売り場に来てまで嫌みを言うおじさんおばさん

 短時間でこんなに会ったのは初めてなので、非寛容な世の中になったのかなーと感じました。っていうか、他人を尊重せずに、自分の主張を押しつけようとすることこそ同調圧力なのでは?

 自己主張は、相手に押しつければ同調圧力になるというのは当たり前の話だと思います。


<1月8日>
○一言
 コロナで「給付金」がいくつも支給されたのでメディアは感覚が麻痺していますが、国民全員に対する現金配布は国が行うべき施策ではありません。

 国は国民全員からお預かりした税金を必要なところに再配分するのが仕事であって、全員に配布するならそもそも税で徴収するなという話です。

 なぜ公共事業に国が投資するのかといいますと、建設業界だけではなく、その原材料を供給する業界、また輸送する業界など、様々な業界に波及するからです。なぜ観光に力を入れるかというと、宿泊業だけでなく、鉄道やバス等の業界、さらには地元に金が落ちるなど様々な業界や地域に波及するからです。
 ですから、例えば18才未満などの特定年齢への現金給付も、効率が悪く、本来はあまり採るべき策ではありません。

 原点に立ち返り、波及効果が大きい政策に投資するべきで、現金のばらまきはやめるべきです。


○一言2
 マスクが代表例なのですが、最近は少数派の主張を認めろ、というメディア報道が増えていて大いに疑問を感じています。

 言い換えれば0か100かという極端な意見を正しいかのごとくメディアが報道しがちなのがおかしいと思います。

 基本、世の中はいろいろなものがぶつかり合うので、譲り合って折り合うのが普通です。
 だから、多数派はお互い少しずつ譲り合って、生きているのが現状ではないかと思います。
 例えば、「三方一両損」という落語の演目を、良い話として扱っている点からも明らかです。

 民主主義国家では、多数決が原則であり、極端な意見はやはり認められないと思います。
 それを外国の例まで出して正当化しようとするのは全く間違っています。じゃあ、外国のように銃の所持を認めますか?某国のように自分の主張を大声で怒鳴り合う国になりますか?
 
 日本の国民性に応じた穏便な対応こそが、ぎすぎすした社会としないための重要なことだと思います。


<1月6日>
○メディアから一言
 FOOTBALL ZONE編集部によると「高校サッカー選手権、マスク着用行進にSNS疑問の声 開会式の光景に「変だよ絶対」「世界の笑い物」という見出し。
 具体的には、「全国高校サッカー選手権は昨年12月28日に開幕し、熱戦が展開されている。そんななか、出場48校が勢揃いした開会式でのある光景に、SNS上では「選手が奴隷にしか見えない」「狂ってます」との声が上がっている。」とか。

 あのですね、アンチマスクの政治的アピールをスポーツ専門誌がするって頭おかしくありませんか?

 選手にとっては1年の集大成(特に3年生は3年間の集大成)でしょう。感染したら試合に出れなくなるんですから学校側や主催者側ができることを全てするのは当然でしょう。
 さらに言えば、3年生は共通テストを半月後に控えているのですから、そんなときに絶対に感染したくないのもこれまた当然。参考書持ち込んで勉強している3年生もたくさんいるのは専門誌ならよく知っているはずでは?

 だから、いくら屋外とはいえ不特定多数が密集する開会式でマスク着用を義務づけるのは、真面目に考えている生徒を保護する意味でも当然でしょう。
 はっきり言えば、感染対策をおろそかにする学校もあるわけですから。

 この記事を書いた記者の個人的なマスク嫌いの主張で、選手の人生を壊してしまうリスクを選手個人に負わせるのは全く間違っています。
 試合への出場や受験への影響を考えると、主催者や学校が安全目に対策をするのは当然であり、批判するのは選手のことを全く考えていないと思います。

 マスク否定の個人的主張のために選手の人生をどうでもいいとするのは人間として最低だと思います。


○メディアから一言2
 AFPによると、「ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領は5日、電話会談したトルコのレジェプ・タイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdogan)大統領に対し、ロシアが占領した領土をウクライナ側がロシア領と認めるならば、ウクライナとの対話に臨む用意があると伝えた。ロシア大統領府が明らかにした。」

 あれ?迫害されたロシア人の救済のため、「特別軍事作戦」を行い、ドネツク自治共和国とルガンスク自治共和国を承認したんじゃなかったっけ?「ロシア領」ってどういうこと?

 結局、単なる軍事侵略をロシア自らが認めたと言うことでしょう。
 
鈴木宗男氏をはじめ、ネットの書き込みとかにいるロシアの工作員はこれをどう説明するのかなぁ?



○メディアから一言3
 スポニチによると「青山学院大陸上部の原晋監督(55)が4日、コメンテーターを務めるTBS「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に生出演。全国の大学に門戸が開放される来年の「箱根駅伝第100回記念大会」以降についても、永続的な「全国化」を求めた。」とか。

 具体的には、「。「サッカーや野球じゃない。そこに身体能力の高い選手が行くのではなく、箱根を目指す多くの若者が全国から育つ。そういう文化が、結果として日本長距離化の発展になると思いますので、ぜひ関東学連(関東学生陸上競技連盟)としては100回大会以降も、全国化を続ける英断をしてほしい」と熱い思いを投げかけていた」そうな。

 うそつくなよ。だって全国の有望な選手を乱獲して東京に集めているのは他ならぬ青山学院大でしょう。
 青山学院大学教授として単に青山学院大学を全国に宣伝したいだけではないですか?

 そもそも、運営には出場大学が深く関わっています。具体的には、例えば、道路に飛び出すことのないよう観客の監視をはじめサポートメンバーは各大学から出しているわけです。
 全国化したら、関西や九州の大学の選手外のメンバーがわざわざ旅費かけてサポートメンバーとして参加しに来ますか?無理でしょう。
 関東学連所属学生のボランティアにフリーライドするのはおかしな話でしょう。

 重要なのは全国の大学が参加する全日本大学駅伝をもっと大きく取り上げ、最高峰とすることであり、箱根駅伝を全国化することではありません。

 全日本大学駅伝をおろそかにし、箱根だけに全力を傾ける青山学院大学の原監督の姿勢が一番問題なんじゃないですかね?だから社会人になって世界に通用する選手が青学から出ていない。

 いずれにせよ、青学の生徒をコネでテレビに出場させて、青学のプローモーションをするなど、東京一極集中を一番煽っているのは原監督だと思いますが。

 よくもまあ、全国がどうこう言えるものだと思います。こんな矛盾した主張を、原監督がテレビにとって使いやすいからメディアは評価する。おかしくないですか?


<1月3日>
○一言
 昨年は、ウクライナ侵攻を契機にこれまでのひずみが「物価上昇」という形でやっと表面に出たのだと思います。

 具体的には。これまで私は賃金上昇を重視していましたが、メディアの論調は「ものの値段は安い方がいい」の一点張り。テレビでは安売り店の特集ばかり。そんな店ばかりなわけないだろ。
 
安売り店の企業努力は特別だから繁盛しているのであって、そんな競争できない店の方が多いんですよ。
 そして少しでも安くするために現役の人件費を削って成り立っているということ分かっているのか?と。

 なぜ今物価上昇か。各企業はそういうメディアが煽動した世論に影響を受けたため、価格をなかなか上げられなかった。
 そこにウクライナ危機により、原材料やエネルギー価格の上昇等、もう上げるしかないという状況になった。
 そして、足元のサービス業の人手不足。人手不足なんだから給料を上げるしかない。街を歩けば、飲食店は求人の張り紙ばかりです。メディアは現実を見ろ。

 これらにより物価が上がっていった。当然のことだと思います。
 メディアは昭和のように、春闘を始め賃金上昇を世論とするべきです。
 賃金上昇により、マクロ経済スライドにより年金に反映され、結果生活保護費にも反映される。そういう順序で循環させる時代とするべきです。年金生活者等が困るから物価上昇は悪だというのでは、一時的なばらまきで借金を現役世代に増やすばかりいずれ破綻します。

 新聞やテレビがもし賃金上昇を最優先としないとしたら、メディアは高齢者というスポンサー向けの一ツールに成り下がっており、メディアの使命を放棄していると思います。


○一言2
 さらに言えば、バブル崩壊以後日本が現役世代の犠牲により成り立っているという現実。

 現役は、介護保険料の負担を強制され、年金も今の高齢者が60歳からもらっているのに、私の世代は(満額は)70歳までもらえないんですよ。
 医療費だって後期高齢者はたった1割しか負担しておらず、最近やっと2割負担。病院は高齢者ばかりで医療費がかかっているのは主に高齢者なんだから、少なくとも現役と同様に3割負担させるのが当たり前なんじゃないですか?

 この不公平な高齢者と現役の社会保障費の扱いの問題が今の現実だと私は思います。

 高齢者は応分の負担をし、医療費払えないなら、払える範囲の医療で天命をまっとうすべきだと思います。もちろん私も含め
 それが自然なんじゃないですか?深刻な認知症の人に体が元気だから胃ろうとか、アホかと思います。

 自分たちが使うお金の原資を国債費にして何でも現役に先送りし、社会保険料の増額、年金の支払いを遅らせるなどなんでもかんでも現役に負担させる高齢者天国をやめるべきです。

 求む!現役を重視し、未来を考える政党。


<1月2日>
○一言
 ニューイヤー駅伝で、サンベルクスが過去最高順位で、実況のアナウンサーが「セールですね」みたいなことを言った結果、同社のHPがパンクしたとか。

 冗談にしても、会社に迷惑がかかるようなことをプロのアナウンサーは言うべきではないと思います。

 最近実況で面白いことを言って足跡を残す、そしてそれをもてはやすみたいな傾向があるのはおかしなことだと思います。


○一言2
 箱根駅伝1区で大逃げをした育英大学の新田選手。
 いいインタビューですね。ぜひご覧下さい。→こちら


○メディアから一言
 共同通信の47ニュースによると、「2022年9月29日、弁護士の桜井康統さんは妻の誕生日と結婚記念日を兼ねたお祝いに、夫婦で東京都内屈指の高級ホテル「ウェスティンホテル東京」(東京都目黒区)を訪れた。桜井さんは、日本で大半の人がマスクを着ける姿に違和感を覚え、普段からノーマスク。スタッフから求められたマスク着用に応じなかったところ、最終的には支配人からルームキーの返却を求められ、部屋に入ることなく帰らされたと訴えている。」ということで、訴訟を起こしたそうな/

 で、「当日の様子を、訴状に沿って詳述するとこうなる。
 ウェスティンホテルを訪れた桜井夫妻は、ともに発熱やせきなどの症状はなかった。チェックインを済ませ、軽食とアルコールを提供する会員制ラウンジに向かった。ビュッフェ形式のため、食事を選んでいる桜井さんに、ホテルスタッフが声をかけた。
「お客さま、マスクはお持ちですか?」
 桜井さんが無言でいる間、スタッフは「着用をお願いします」と5回繰り返した。食事を運んで着席すると、今度は支配人が現れ、「マスクを着けてください」と連呼された。
 桜井さんは「絶対に着けません。食事中にマスクを着けてどうやって食べるんですか?」と返答。」したそうな。

 うーん、事実をすり替えていますね。食事中のマスクではなく、食事を選んでいる時のマスク着用を要望されているのは明らか。

 ビュッフェでしょう?しかも高級ホテルの。なぜ食事を選んでいる間くらいマスクを着用できないのでしょうか。

 
実は私も昨年8月に行きましたが、このラウンジ、横長のそれほど広くないラウンジなんです。で、結構お客さんもいる(時間によっては、食事を取る時10人以上並んでいました)。そんな中、食事を取る時ノーマスクとかなら、明らかに他の客に対する迷惑行為です。他の客からスタッフに通報された可能性も高いでしょう。

 
もしそれが不当だというのなら、なぜ食事を選んでいる間のマスク着用を拒否したのか、桜井弁護士は説明する義務がありますね。特に拒否を貫くなら自分が無症状感染者でないという根拠を証明する必要がありますね。
 マスク着用の根拠としてコロナは多数の無症状感染者がいるからという視点を無視してはなりません。

 当日PCR検査を受けて陰性だった、というのなら別ですが、記事の「発熱や咳がない」とか、何の根拠にもなりません。っていうか、発熱があったらそもそもチェックインすらできませんので話になりません。

 いずれにせよ日本ではノーマスクでビュッフェで食事を選ぶ人間をホテルへのクレームレベルで嫌がります。
 それは同調圧力とかではなく、単純に感染したら肉体的にも苦しいし、仕事面でも困るからです。言い換えれば、身勝手な人間から感染症をうつされたくないし、ノーマスクの人間は感染リスクが高いからです。
 また高級ホテルであればあるほど万全の感染対策を期待しているからです。

 なにより、高級ホテルなら、ドレスコードをはじめ、ホテルの指示に従うのは当たり前。
 ホテルのラウンジは桜井弁護士のためだけにあるのではありません。常にノーマスクで飲食したければそういう面倒なルールのない居酒屋で大いに盛り上がればいいでしょう。ホテルから徒歩10分ほどの恵比寿駅前にありますよ。
 もちろん、他人が接近している屋内以外でノーマスクでいるのは自由でしょう。

 いずれにせよ、桜井康統弁護士は人の嫌がることを率先して行い、そして根拠なく他人に感染させても平気な身勝手かつ非常識な弁護士なんですかね?
 記事を見る限りではそのような印象を受けてしまいます。

 訴訟は個人の自由だと思いますが、このような主張を共同通信が正義であるかのように取り上げるのは間違っています。共同通信宮本寛記者は、ノーマスク主義者なのでしょうか?曲解していますね。

 あと桜井康統弁護士は感染対策をおろそかにしているわけですから、感染しても病院など行かないで自宅静養で回復に努めてもらいたいですね。

 っていうか、本心で奥様の誕生日を祝う気があるのなら、当日はトラブルのないよう楽しく過ごすものではないんですかね?その日ぐらいは主義を曲げて、短時間だけマスク着用すればいいじゃないかと思いますが。
 よりによって奥様の誕生日にトラブルになるのが明らかなことを押し通して、やはりトラブルになり、嫌な日にしたというのは、奥さんが気の毒に感じます。





<1月1日>
○一言
 あけましておめでとうございます。
 古めかしいサイトに昨年もわざわざご訪問頂きありがとうございます。

 昨年は個人的にはトークショーでの大当たりから、由伸のノーヒットノーランや日本一を観戦できたり、プライベートは良かったかな?と思いますが、世の中が・・。

 物価上昇など難しい世の中ですが、プライベートの小さな幸せを多くの方が感じて頂いて、ネガティブにならないような年であればいいな、と思います。


○一言
 21世紀最大の大量殺人犯ウラジミール・プーチン。そこをもっと大きく拡散するべきだと思いますが。


○一言2
 へずまりゅう氏が引退宣言後すぐ撤回とか、そういうのを含めて演出なんだから、スポーツ新聞などが取り上げるべきではないと思います。
 ゆたぼん氏やその父もそうですが、ユーチューバ-の一挙手一投足など、無視すべきだと思います。
 ユーチューバ-の発言など、新聞に時事ネタとして取り上げる価値も意味もないのに、なぜメディアは取り上げるのかなぁ?メディアの劣化なんでしょうね。ネットで見て、簡単に記事書いて一丁上がりという。
 メディアはユーチューバ-の言動など、記事として取り上げるべきではないと思います。


<12月29日>
○一言
 中国が海外渡航緩和とか。コロナ感染爆発の状況で海外渡航を進めるとか、とんでもない話です。

 感染している可能性が高い中国人が日本に大量に来るとか悪夢です。
 そして発症した中国人が日本の病院に殺到すると、病院が大変なことになります。
 
 メディアはなぜこの深刻なリスクを大きく報道しないのか。中国になぜ忖度するのか。
 そして政府は厳しく入国制限をするべきです。中国政府は「差別」とかいう前に、感染者(及びリスクのある人間)の国外出国を止めるのが当たり前です。



○一言2
 そして日本でも感染症対策を軽視するバカな議員がいるようです。
 大田区議会議員_おぎの稔氏の28日付けツイッターによると、40度を超えた熱を示す体温計の画像とともに、「朝、熱があった時はどうなるかと思ったが、コロナとかではなかったので活動することに。夕方に解熱剤、風邪薬、ビタミン剤、漢方、サプリ、栄養ドリンクを全部放り込んだら、なんとかなった。途中、意識が朦朧としていたかもしれないけど連絡とか応対とか失礼がなかったかしら。今日の予定はあと一つ。 」とか。

 頭がおかしすぎる。40度の熱があったらコロナでなくてもインフルの可能性も十分あるし、まともな社会人であれば相手のことを考慮し、休むのが常識でしょう。

 コロナとインフルが流行傾向の中で、40度の熱で仕事するのはただのバイオテロでしょう。このような愚かな区議会議員は人間としておかしい。このような行為をやめさせるべくメディアは厳しく叩くべきでしょう。


○一言3
 岸田総理が、霞が関の官僚に人気という記事を見ました。人気??意味不明な報道です。


○一言4
 庶民の生活が厳しい、とメディアは大きく取り上げていますが、取り上げ方がずれてないか?金持ちの視点で報道していないか?と思います。
 私のこどもの頃は、例えば、昼ご飯に冷凍肉まん1個とか、焼きめし(ご飯にケチャップと冷凍ミックスベジを混ぜたもの)当たり前でしたし、年2回のボーナス時のデニーズのハンバーグステーキが楽しみでした。
 今でも私は1日2食です。1食抜いても別に貧困ではありません。

 ひるがえって、メディアが報じる「厳しい方」は総菜を半額で買っているとか、コンビニ弁当の毎日とかなんかずれていると思います。
 ひどいのになると「ローストビーフを半額で購入」とかアピールするバカなれいわ新選組の議員がいるくらいです。

 メディアの方は、本当に厳しい生活の経験がないのではないでしょうか。だからこんなずれた報道になるのではないかと思います。
 「生活が厳しい」なら、賃金上昇させるべきと毎日大きく言うべきです。
 昭和の時代は春闘を毎日のように報道していたのに。


○メディアから一言
 26日付け長野放送によると、例の長野市の公園廃止問題で
「長野市・荻原健司市長:「これまでの過程において、同様の意見はあった。だからこその18年間。それを総合的に勘案しての結果なので、基本的に見直すことはない」」とか。

 総合的にではなく中高年がクレームを言い続け、これを優先したのが実態。
 こどもより高齢者を優先する長野市。
 これが萩原市政というわけですね。票のために高齢者を優先する。
 この人スポーツマンじゃなかったですか?とんだ老害政治家になったものです。



<12月26日>
○一言
 「感動大阪大賞」の贈呈式に阿部翔太投手(30)が参加したとか。

 阿部ちゃん良かったなぁ。「ガッツしか勝たん」をもっと多くの方に知って頂き、人気と実力を兼ね備えた選手とし頑張って下さい。


○一言2
 毎日が「「国に帰ればいい」 日系ブラジル人の生活保護拒否、誤情報伝える」という見出しで報道。
 この記事のヤフーの見出しでは「「国に帰ればいい」と暴言」としていました。

 具体的には、「愛知県安城市役所の職員が、生活保護を申請しようとした日系ブラジル人の女性(41)に、「外国人に生活保護費は出ない」と虚偽の説明をしていたことが、関係者への取材で判明した。職員は「国に帰ればいい」と暴言も浴びせたという。
関係者によると、女性は約10年前に来日した。夫(42)は県内の自動車部品工場などで働いていたが、新型コロナウイルス禍で失職。以降はアルバイトをしていたが、無免許運転などで逮捕されて収入が途絶えた。

 小学生の長男と1歳の次男を抱えて生活に困窮した女性は11月1日、知人と市役所を訪れ、生活保護の申請をしようとした。

 ところが、窓口で応対した職員は「外国人には生活保護費は出ない」「夫が逮捕されたら入国ビザが取り消しになる」などと誤った情報を伝え、申請を拒否。さらに「手助けできることはない」「国に帰ればいい」などと言い、出入国在留管理庁や領事館に相談するよう促したという。」だとか。

 率直に言えば、夫が犯罪を犯して生活が困窮したのなら、国籍がある国に帰るというのは大きな選択肢の一つだと思いますが。

 個人的には、外国人の場合は、日本語で日常会話に困らず、日本のコミュニティに溶け込んでいる方を除いては、生活保護より国に帰ってもらうべきだと考えます。
 祖国に帰った方が親族や友人がいるなど、暮らしやすいと思うからです。何より祖国ですから。
 なんなら今後永久に労働ビザを発行しないことと引き替えに航空券と当座の生活費として10万とか支払ってもいいと思います。

 不法入国のスリランカの方の事件を考えても、揉めるなら帰って頂くことの方が双方にwinwinになるのではないかと思います。
 この事件も速やかにスリランカに帰ることができれば、何も起きなかったのですから。


○メディアから一言
 テレ朝ニュースによると「河野デジタル大臣は、ネット番組の「アベマ的ニュースショー」に出演し、運転免許証の更新手続きについて、警察署などに行かず自宅でオンラインでできるよう、手続きを進めていく方針を改めて示しました。」そうな。

 机上の空論でしょう。講習をオンラインにしたら、誰も聞かないですよ。
 具体的にはPCなりスマホなりで講習を流しておけば、別のことをしても問題ないわけですから。

 こんな机上の空論でデジタル化だと胸を張るのはやめて欲しい。
 どこまで本人に刺さるかは別として、最低限講習をいかに聞かせるかを考えなければならない実態を河野大臣は知らないんですかね?現場を知らない大臣。


<12月20日>
○メディアから一言
 時事によると、「北海道江差町の社会福祉法人「あすなろ福祉会」が運営する知的障害者支援施設で、利用者同士での同居や結婚を希望する知的障害者に避妊処置を行っていたことが19日、同法人への取材で分かった。」とか。

 具体的には法人によると、施設利用者同士で同居や結婚をする場合、「(施設では)子育てに対するサービスは提供はできない」などと説明。利用者と家族の意思を確認した上で、職員が同行するなどして精管を縛ったり、避妊リングを装着したりする処置を行った。1998年以降、これまでに8組16人に上るという。
 あすなろ福祉会の梅村雅晴常務理事は「避妊は強制しておらず、本人や家族の同意の上だ」と説明。道保健福祉課の担当者は「調査を行った上で、事実関係の把握に努める」と話した。」とか。

 これは法人側が全く正しい。処罰などあってはなりません。

 なぜか。私は知的障害を持ったこどもを養育している親を知っているからです。日常会話はできますが、自分の思うままに動き、嫌なことは絶対やらない。親御さんは本当に悩まれていました。
 ましてや施設に親が入れざるを得ないのであれば、知的障害が一定のレベルと考えられるので、こどもを養育できるはずもない。

 親の人権を言うのなら、ではネグレクトが確定しているこどもの人権はどうなるのか。

 理想論をいう人権弁護士などは、知的障害者を養育する親の現実を見てから言え、と思います。

 念のためですが、知的障害にも軽重もありますので、自分で家事ができる程度の方は別だと思います。


○メディアから一言2
 15日付け日刊ゲンダイによると「2020年9月、釧路空港から関西国際空港に向かう「ピーチ・アビエーション」の機内でマスク着用を拒否し、客室乗務員(CA)らとトラブルになり、新潟空港に緊急着陸させたとして、威力業務妨害や傷害などの罪に問われた明治学院大の元非常勤職員、奥野淳也被告(36)の判決公判が14日、大阪地裁で開かれた。大寄淳裁判長は「機内の安全を阻害する行為があった」として懲役2年、執行猶予4年(求刑懲役4年)を言い渡した。」とか。

 で、「「まるで中世の魔女狩りのような裁判だ。天と地がひっくり返るような判決。私は無罪で冤罪だ」岸田首相は外しても半数以上は屋外で着用…日本人は永遠にマスクを着け続けるのか。判決言い渡し後、東大院卒の「マスク拒否男」は裁判長に詰め寄り、こう大声で叫んだため、法廷内は一時、騒然となった。」とか。

 うーん、マスク関係なく、威力業務妨害と傷害なんだけど、東大卒のくせに、理解できたいないようです。

 さらにひどいのが「閉廷後に報道陣の取材に応じた奥野被告は「(CAや乗客に)謝罪するつもりも、反省も一切ありません」と、悪びれる様子は一切なかった。」とか。

 反省の色もなく、自己の主張に基づく暴力を肯定するのだから、執行猶予はいらないのでは?


○メディアから一言3
 16日付けCBCテレビによると、「TikTokに投稿されたたばこを投げ捨てる男性の映像。実は、岐阜県高山市の市長でした。市のポイ捨て禁止条例に違反したとしてトップ自ら謝罪会見を開きました。」とか。

 で、「Q.動画以外でのポイ捨ては?
「正直に申し上げてポイ捨てしたかどうかと聞かれれば、記憶にないとしか言いようがない。当然自宅の前は灰皿もあるし、外に行く場合はこういうもの(携帯灰皿)に(吸い殻を)収めるようにしているので、恒常的にポイ捨てをするということは、私としてはしていないと認識している

 が、「しかし…。CBCが入手した11月15日の映像が。さらに12月8日にも、ポイ!田中市長とみられる人物が、たばこをポイ捨てする様子が記録されていました。
16日朝、市長に直接このポイ捨て映像を確認してもらうと…。
(高山市 田中明市長 16日朝)
「記憶がある、ないでいうとない。いい訳にはならないが、双方ともお酒が入っていた。動画という形で、見て恥ずかしい」」とか。

 平気で嘘をつく田中市長。しかも自分の自治体の条例を息を吸うかのように破る。市長の資格はないでしょう。

 辞職する以外にないでしょう。


<12月15日>
○メディアから一言
 時事によると、「百貨店大手そごう・西武の売却を巡り、西武池袋本店(東京都豊島区)が立地する高野之夫区長は14日の記者会見で、高級ブランド店が入居する同本店の低層階に、家電量販大手ヨドバシカメラが出店することに反対する考えを示した。」そうな。

 具体的には、「高野区長は、一部土地を所有する西武ホールディングスの後藤高志社長に嘆願書を提出。それによると、「海外ブランドショップの撤退をもたらし、顧客や富裕層も離れ、築き上げてきた文化のまちの土壌が喪失する」と指摘している。」とか。

 うーん。この区長は池袋を知らないのかな?私、中学生時代から大学まで学校があったり通学経路、就職後も数年間は池袋によく行っていましたが、池袋って、若い人向けのカジュアルな街ですよ。サンシャインシティも含め。「築き上げてきた文化の街」って意味不明なんですけど。
 今や赤坂見附の駅ビルにビックカメラがある時代。何を言っているんでしょうね?この人は。

 ヨドバシに文句言うくらいなら、北口のチャイナタウンを何とかしろよ、と思います。昔と比べ、治安が明らかに悪くなったと感じます。


○メディアから一言2
 日テレニュースによると、「威力業務妨害などの罪に問われている、“マスク拒否おじさん”と名乗る元大学職員・奥野淳也被告に14日、懲役2年、執行猶予4年の有罪判決が言い渡されました。閉廷後、奥野被告はノーマスクで裁判官に詰め寄り、「到底、容認できない!」と絶叫しました。」とか。

 威力業務妨害や暴行について問われているのに、マスクの是非の主張をする時点で正常な思考能力に欠けていると感じます。東大卒のプライドが間違いを認められないのでしょう。

 ましてや、裁判長に詰め寄って絶叫とか、正気なのかと思いますね。もう自分が悲劇の主人公だと思い込んで、自分のやったことが正しいかどうかも理解できなくなっているのでしょう。

 この方が特異なのは、ぜんそくでマスクできないと主張している一方で、裁判長に「ではフェースガードを着用しては」と言われても拒否しているんですよ。
 要するに、自分が嫌なものは絶対にしないという、マスクの着用と関係ない主張なんです。

 自分の気に入らないことを一切したくないという発想を「魔女狩り」として反省の色が全くないのであれば、執行猶予はいらないのではないでしょうか。

 社会ではみんなが少しずつ譲り合って生活しているわけです。こういう自分の主張を押し通す人間は、社会不適合人間であり、無人島で自由に暮らして欲しいと思います。


<12月14日>
○一言
 相変わらずゆたぼん(父)の学校不要論に、売名目当ての茂木氏のような個人事業者が妄言を吐いています。醜悪な大人がこどもを食い物にしているのをなぜメディアは批判しないのでしょうね・・。
 中学生の誕生会に1万5千円も払って集まる大人たちを見て、おかしいと思わないのでしょうか。普通の誕生会は、同級生が数百円のささやかだけど、真剣に考えてくれた大事なプレゼントをいただき、楽しく笑い合うのでは?何人集まってくれるかではなく、大事な数名の同級生等と一緒に過ごすものだと思います。

 学校への登校は体調やいじめ等の理由で無理であればしなくていい。当たり前です。それに対し、「学校行くのたりー」と言ってサボって不登校などは明らかにダメでしょう。

 要は何の問題もないのなら登校すべきなのです。社会性、対人関係、そして基礎学力(教養)を学ぶことができるのですから、人間形成に(嫌な部分も含め)大いに役立つからです。そうしてこどもは大人になっていくわけです。
 昔はそういうことを寺子屋で学びましたが、寺子屋に行けないこどもは、こうした基礎的な能力を身につけられず、苦しい人生だった。だから、機会均等のための義務教育なのです。

 ゆたぼん氏(や父)は「スタディ」「人生は冒険だ」と主張しますが、全国一周の観光旅行はただの観光です。観光が「スタディ」というのは笑止千万です。そして人生は冒険だ、と言いつつ、実態は父親の手のひらの上で踊っているだけで、自分自身が企画立案して汗をかいていないのですから、冒険でもなんでもありません。
 さらに言えば、「冒険」は小中学校に行くか行かないは何の関係もありません。むしろ義務教育はもちろん、高校、大学で学ばないと、「大きな冒険」はできないでしょう。

 反抗期を迎えていないこどもを、醜悪な大人が金目当てで利用しているという現実に、ゆたぼん氏が気付くのはいつでしょうね。


<12月11日>
○一言
 金曜日にテレ東「ガイアの夜明け」で半導体について米国が非常に友好的に技術支援をするという番組をやっていました。
 半導体生産の中心である台湾が安定していればこういうことにはならないでしょう。

 岸田総理の防衛力の急な増強スタンスといい、台湾リスクが極めて高くなっているようですね。

 リスクヘッジに過ぎないことを期待します。戦争は嫌だなぁ・・。


<12月10日>
○一言
 9日に国家公務員には期末手当が支給されました。
 これ、決まった日に粛々と支払われるのに、なぜか多くのメディアが「速報」としていたのが理解できません。

 「速報」とはこれいかに?
※ちなみに、「ボーナス」のように成果報酬ではなく、決まったルールにより機械的に支給されるものです。


○一言2
 長野県の元大学教授による苦情で、公園が廃止された件。

 6日付けで書いたとおり、最初は適切な苦情だったと思います。が、市が対応するごとにエスカレートし、公園廃止を最終目標としてクレームを入れ続けたようにしか思えません。
 具体的には、8日付け読売ですが、「公園近くの1軒の住民から「40~50人の子どもが一斉に遊んでいて、うるさい」「ボールが庭に飛び込み、植栽が踏み荒らされる」などの苦情が寄せられた。市は08~09年度、公園の出入り口の変更やボール遊びを禁止する看板の設置、遊具の移動などの対策を講じたというのは至極もっともなことでしょう。
 一般には、このような対策を講じることで折り合いがつくはずです。

 が、そうもいかなかった。「住民は昨年3月、児童センターに「子どもは5人程度に。声を出さず静かに遊ばせてほしい」と要望した。」というのは理解不能です。

 9日付け長野朝日放送によると、この方のコメントとして、「「クレームを言い続けてきたわけでは無く、提案や要望を市や児童館にしてきて、廃止してほしいとは言っていない。普通に遊ぶことについては一切苦情は言っていない。地域に公園があれば良いということは良く分かるが、騒音が毎日続くことは立場にならないとわからない」とか。

 えー??「普通に遊ぶことについては一切苦情は言っていない。」と言いますが、「声を出さずに遊ぶ」ことが「普通」というのは、かなり異常な発想だと思います。

 ちなみに、クレームを「提案や要望」と言い換え「廃止して欲しい」と言ってないだけで廃止させるようにクレームを入れ続けているのはよくある話です。

 個人への誹謗中傷ではなく、「声を出さずに遊ぶ」という無理なことをなぜ主張したのか、これは要望とは言えないのではないか、とメディアはきちんと聞いて欲しいものです。ましてや相手が元国家公務員ならなおさらです。
 

○一言3
 (無言で遊べという無理な要求をしているように)廃止するまでクレーム入れ続ける方に対する長野市の対応は大いに疑問ですね。

 この方の苦情に対応して税金何百万も投入して工事をしたのに、結局公園廃止なら、さっさと廃止すれば良かったじゃないですか。対策を取った税金全て無駄になったわけです。
 っていうか、2重窓等、当該家庭に防音工事をした方が早かったのでは?

 荻原長野市長は適切だったと言っていますが、全ては苦情が原因で、多額の税金を使ったあげくに廃止に追い込まれているわけでしょう?
 小学校を使うと言いますが、午前中は小学校で体育の授業があるので、使えないでしょう。1人の高齢者の苦情対応のために多くのこどもの養育を軽視しているのは明らかです。
 長野市は「子育て支援より高齢者優先」というイメージが全国的になったマイナスは大きいと思いますが。

 こどもは票にならないから軽視するのであれば、とんでもない話です。


<12月6日>
○メディアから一言
 12月6日付けNEWSポストセブンによると、「たった1人の「子供の声がうるさい」という意見で廃止になった長野市内の公園。市に対して意見を言っていたのは大学の名誉教授だったことが週刊ポストの取材で明らかになった。」とか。」とか。

 具体的には「最初は「国立大学の教授(当時)を務めていたこの男性は、 「子供を迎えに来る保護者の車のエンジン音がうるさい」と主張したという。」とか。

 まあ、そういう苦情は分かります。多数の車が集まった場合は確かにうるさいでしょうから。でも、報道が事実ならこの方教授ですよね?普通「こどもを迎えに来る」時間は大学にいるんじゃないですか?まずそこがおかしい。

 もちろんクレームに対し対応していなかったのなら別ですが、記事によると、「児童センターはこれを受け、駐車場に面した児童センターのガラスに、エンジンをかけっぱなしにしないよう張り紙をするなど対応しました。それでも『車のエンジン音がうるさい』という男性からの苦情の声は、変わらず児童センターや市の公園緑地課に寄せられました。市の公園緑地課はさらにそれを受けて、男性の自宅前にあった公園の入口を移動させ、自宅に近い場所で遊ばせないように植樹して子供の遊び場を限定、雲梯の位置も男性宅から遠い位置へと移動させるなど、さまざまな配慮をしました」

 ちなみに記事によると、「公園に隣接する住宅に住み、男性とも面識のある住民は困惑気味にこう話す。「子供の声はしますが、それは夕方まででそれほど気になりません。」」とか
 もう一度この教授に聞きたいんですが、信州大学の教授ってのは、夕方にいつも家にいる暇な職業なんですか?

 なにより、数百万くらいの税金を投入して苦情lに配慮したのになおも苦情を入れまくる公務員って、公務員(というか人間として)として問題であり、メディアはこの教授の氏名を公表し、言い分が適切かどうか取材し、報道するべきではないですか?

 教授も、自分の苦情に自信があるなら氏名・顔を出して堂々と主張すればいい。

 この問題を追求してきたのは、小泉一真・長野市議だそうですが、是非この教授と公開討論をして頂きたいと思います。

 っていうか、教育者がこどもの保育に関して苦情を執拗に入れるというのは、ナンセンスですし、それに配慮し、多額の税金を投入した上に、その税金が無駄となった長野市は、どういう力が働いたのでしょう?この教授は上級国民なんですかね?

 単純なこどもの遊びと周辺住民との関係ではなく、1名の猛抗議で多くの方が不利益を被るという行政としてはあってはならない事案ではないですかね?
 もう一度書きますが、自分の主張に自信があるなら実名を公表の上、メディアの前に出て堂々と説明してもらいたいですね。


<12月4日>
○一言
 杉田政務官の過去の発言を追及している野党。

 うーん、これ、パンドラの箱を開くようなもので、野党が仮に政権取った時にとんでもないブーメランになると思いますよ。

 具体的に言えば、細川政権の時に閣僚だった社会党議員は北朝鮮政策や自衛隊などに対し、容認できない発言を過去にしていたわけで。

 当時問題にならなかったのは、記録がなかったからではなく、過去の発言や思想信条は別として、政府内で仕事する時はそれを封印して政府方針に従い仕事をする、という当然の暗黙の了解があったからです。

 これを否定して、過去に問題発言があった人間はとにかく叩くべき、というのなら、野党は自爆テロになると思います。
 


○一言2
 メディアが全く報じないのが不思議なのですが、ガーシー氏とガーシー議員の暴露って全然違うことをなぜ無視するのでしょう??。

 メディアは野党に甘すぎますが、国会議員は権力者なんですよ。役人を呼びつけ「いろいろ」できる。

 一私人であれば、暴露で間違いがあっても許されますが、.国会議員であれば、暴露に間違いがあったら許されない。
 なぜなら、国会議員の主張は誰もが信じるため、暴露された側が間違いであっても追い込まれるわけです。
 例えば、永田メール事件で永田議員は野党ですが辞職に追い込まれました。
 ガーシー議員が言う暴露は本当にウラをとった事実なんでしょうか?間違っていたら、とんでもないスキャンダルになるわけですが。

 メディアはガーシー議員の主張を垂れ流すだけではなく、権力監視という基本的なことを理解した上で報道してもらいたいものです。


<12月1日>
○一言
 マスクの着用って、そもそもリスクの問題なんですよ。

 屋外はともかく、室内でマスク着用していない人物は、感染症対策に無頓着で、感染しているリスクの高い人間です。
 病気に罹っているリスクの高い人間など、普通の人間は避けますよね。

 差別とか、同調圧力ではなく、リスクヘッジの問題です。

 さらに言えば、カップルで男性がノーマスクで女性がマスクしているのをまま見かけますが、女性はすぐ別れた方がいいですね。
 もちろん、パートナーに対する思いやりのない人間が好きというのなら別ですが。

 
社会人としても、労働者が仕事で充実しているのなら、ノーマスクにして無駄なリスク取らないですよ。感染した際に1週間休んでも大丈夫というレベルの労働ということです。


○メディアから一言
 スポニチによると、「ソフトバンクは、福岡市内でスポンサーパーティーを開催。後藤芳光球団社長が来季への補強の現状を“ポロリ”し場内を沸かせた。「FAや外国人補強を三笠(GM)くんが積極的にやっております」と話し選手の影絵イラストでヒントを提供。「真ん中の左打者も…見たことがある。その隣のピッチャーもパ・リーグでなかなかいい投手だったような」とFA交渉中の日本ハム・近藤、ロッテ・オスナらの話題を挙げ「間もなく結果は出ると思います」と締めた。」とか。

 ソフトバンクは狂ったか?
 オスナは現時点ではロッテの保留選手であり、「積極的にやって」いるのなら、タンパリングであり、野球協約違反。

 ソフトバンクは金で選手を呼ぼうとしたり、タンパリングとか、頭がおかしくなったと思います。NPBはソフトバンクのタンパリングを厳しく追及し、罰するべきです。

 っていうか、公にする前に勝手に「もうすぐ獲得」とされた近藤選手はどう考えるんでしょうね?


<11月30日>
○一言
 裾野市の保育園で保育士による虐待があったとか。

 具体的には、テレビ静岡によると「「ブス」と呼ぶ暴言、おもちゃ置き場に閉じ込める、暗い場所で叱る、ファイルで叩く、頬をつねる、ズボンを無理やり脱がせる、泣いている様子を撮影する。」だそうな。

 しかも、静岡朝日テレビによると「また、園長から裾野市への報告の中で一連の問題を口外しないよう職員に誓約書を書かせることがあったということです。」とか。

 ありえない。そもそも「しつけ」どうこう言っていますが、泣いている様子を撮影する時点で明らかに虐待です。
 もうさ、メディアは虐待犯罪者の「しつけ」とかいう言い訳を垂れ流すのやめません?

 この3人の保育士を暴行罪、強要罪その他で刑事告発するべきです。っていうか、警察は逮捕して欲しい。早く実名と顔を公開するとともに、文科省は速やかに保育士免許を剥奪するべきです。

 さらに、この園長を犯罪蔵匿及び証拠隠滅の容疑で逮捕するべきです。

 園児を保育士が虐待するという前代未聞の行為、しかも園が隠蔽しようとした最悪の事案。メディアはもっと大きく取り上げ厳しく糾弾するべきです。


○メディアから一言
 北海道放送によると、「生活保護を受ける男性が、ストーブの買い替え費用の申請を札幌市に却下されたことを受けて、処分の取り消しを求めた裁判で、札幌地裁は30日、男性の請求を退けました。」とか。

 具体的には、「札幌市白石区の50代の男性は、2017年12月、ストーブが故障したため、札幌市に対し、購入費用およそ1万4000円を生活保護の一時扶助として支給することを求めましたが却下されました。
 そのため男性は、自宅で凍える状況を強いられたと主張し、憲法25条で定められた「健康で文化的な最低限度の生活」が守られていないとして、処分の取り消しを求めて2019年10月、提訴していました。」とか。

 はっきり言って、裁判する気力と知能があるのなら、働けよ、と思います。
 裁判って、結構大変なんです。
 本人訴訟を前提とすると、訴状を書く。で、訴状の証拠を提出する。その上で、裁判ごとに相手方の主張を理解し、それに対する反論を書く。
 多大な時間と労力を要するのです。だから、それを金で代理する弁護士という職業が存在しているのです。
 だからこの男性にメディアが問うべきは、その労力を費やす時間と裁判を行う気力があるなら、なぜ働かないのですか?ということです。

 そもそも、ストーブは中古なら数千円で買えるでしょう。時間があるならその時間を使って中古を無料で譲ってくれる家も調べられるでしょう。必要な努力をしていないのですから、却下は当たり前。

 生活保護費の訴訟は、訴訟している知力と気力があるなら働け、と労働者は普通に考えるから支持が得られないのです。


○一言2
 新宿でゼロコロナに反発するデモがあったとか。

 悪いけど、デモもルールがあるので、ルール通りやってほしい。
 無許可で駅構内を占拠してデモをするのは通行の邪魔だし、やめて欲しい。日本では日本のルールに従うべきです。

 なぜメディアはこれを批判しない?中国人はルールを無視する無法者だから批判しても仕方がないということなのですか?違うと思うけど。


<11月29日>
○一言
 コロナのせいで、「給付金」という名のばらまきが当たり前のような風潮はおかしいです。

 結局のところ、税収+国債の範囲内でしか支出はできません。
 国債もがんがん発行してたらいつか借り換えができずにデフォルトします。
 
 私は、全国会議員に税収をどう振り分けるのか公表義務を課すべきだと思います。

 そうすれば、いかに自分たちがいい加減なことを言っているかわかると思います。


○メディアから一言
 28日付けFLASHによると、「百貨店の銀座三越で「マスク着用を強要された」という女性のツイートが注目を集めている。」とか。

 具体的には11月27日午後にノーマスクで銀座三越を訪問。で強要されたと。
 しかも「エスカレーター乗り継ぎ私を3階まで追いかけてきて、マスクのお願いと言いながら強要をしてきた○○という男性。マスクをしないと商品を買わせない。とまで言い切った人(編集部注・原文では○○は名字)と投稿。ツイートには、三越の男性店員とのやりとりを撮影した動画が添付されている。」とか。

 なぜそこまで頑なにマスクをするのを嫌がり、ノーマスクという自分の主張を押し通そうとするのか理解不能です。しかも銀座三越でしょ?人間として、この人は銀座三越に入るレベルでなかったのでは?

 さらに追加で「《怖かったですよ。私を屈服させ従わせるまで諦めないのだと感じました。会社側は、本人に変わって謝罪しますと言っていたけど、会社と方針が違うと言うなら本人から謝罪が欲しいと言いました。謝罪あったけどまだ納得できないです》」とツイートしたとか。

 事実上のドレスコードを「屈服させる」とか、頭がおかしいとしか言いようがないですね。

 結局ノーマスクを頑なに貫こうとする人は、マスクの是非ではなく、自分の好きにできないことに屈辱感を感じるプライドの塊の変人なんですよ。

 そんなに自分の好きなようにやりたければ人の多い都会でないところでやってくれ、という話。


○メディアから一言2
 J-castニュースによると、「女性キャラクターを使った屋外広告を「性的」だと指摘し、賛否を集めている立憲民主党の尾辻かな子前衆院議員。話題の広告は、JR大阪駅に掲出されている。麻雀ゲーム「雀魂」とテレビアニメ「咲-Saki-」のコラボを告知する内容で、バニーガールや水着、ワンピース姿の女性キャラクターが載っている。」とか。

 具体的には「尾辻氏は26日、現地で広告を目撃したとして「2022年の日本、女性の性的なイラストが堂々と駅出口で広告になるのか...。」とあきれるような感想をツイートした。」そうな。

 水着が性的イラストなら、プールや海で水着を着ている女性は、みんな性的アピールをしているのですかね?
 もちろん全裸その他なら別ですが、私が見た限り「性的」とまでは思いませんでしたね。
 そんな極端な発想だから、一般市民の支持が得られず、選挙に落選するのでしょう。

 
それを言うのなら、例えば、菊池風磨はフジの番組で全国放送でたびたび全裸にさせられているが、あれはなぜ問題視しないのか。
 結局、
フェミナチの極端な検閲でしょう。検閲を肯定する立憲民主党前議員。


<11月27日>
○一言
 財務省の文書改ざん関係で、赤木さんの判決について報道がなされています。
 うーん。組織内のパワハラの問題を、なぜ安倍総理と無理に結びつけようとするのか。メディアは頭がおかしいですね。

 さらに問題なのは、パワハラは霞が関(や地方局)ではままあること。
 赤木さんと同様にうつ病を発症したり、壊れてしまった人も知っていますし、私も危なかったこともあります。

 で、最大のポイントは、壊れてしまったり、命を落としてしまったら取り返しがつかないということです。
 例えば、本件で謝罪しても亡くなられた方は帰ってきません。別件で言えば壊れた方はもう昔の方にはなりません。

 じゃあどうするのか。謝らせることだけではなく、再発防止と厳罰を徹底するようルールを変えることが大事なのではないでしょうか。

 今のままではパワハラしても減給等軽い処分と1,2年の左遷で終わりです。そんなことが許されるのですか。

 大事なのは「パワハラ加害者への組織としての厳罰」と「被害者救済」です。これをメディアはなぜ言わないのか。
 なぜなら結局佐川氏は国税庁長官に上り詰めた上、処分は退職金から500万円の減額のみなんですよ。そこをなぜ誰も追求しないのか。

 メディアは赤木さんを安倍叩きに利用しているだけだから、問題の根絶には関心がないんじゃないかと思っています。


<11月26日>
○一言
 W杯で盛り上がっていますが、ウクライナでは今もロシアが民間施設にミサイルを撃ち込み、ウクライナ市民を凍死させようとしています。北海道が同じことになるかも知れません。明日は我が身です。
 W杯期間中でも、テロ国家ロシアの悪行の報道を控えてはならないと思います。


○一言2
 自民党の萩生田前経産大臣がマスクを外せといっていますが、それで医療機関が逼迫したら、この人はどう責任を取るつもりなのでしょうか。

 夏に言うならともかく、インフルも流行するこの時期にこういう発言するのは政治家として無責任であり、感染拡大したら議員辞職くらいする覚悟はあって言っているのでしょうか?

 責任を取る気のない人物が総裁候補とか自民党も終わっていると思います。


○メディアから一言
 デイリーによると、「大王製紙元会長の井川意高氏が25日、自身のツイッターを更新し、W杯カタール大会で日本のサポーターがスタジアムのごみ拾いをしたことについて見解を示した。」そうな。
 具体的には、「ゴミ拾い褒められてうれしい日本人が悲しいんよ」「日本人の劣化が口惜しいんです ゴミ拾い褒められて喜ぶ奴隷根性に 大和民族が成り果てたことに憤ってるのです」となど投稿。再度「奴隷根性」という単語を使い、安易に喜ぶスタンスに警鐘を鳴らした。」そうな。

 中国にカジノで億単位の金を巻き上げられた井川氏こそ劣化した日本人そのものでしょう。

 金の使い方も知らず、会社の経営を傾けた金持ちのボンボンが日本民族がどうとか言ってもらいたくないですね。

 そもそも、ゴミ拾いは褒められるためにやっているのではなく、まともな社会人なら誰もがやっていること。
 自分のケツも自分で拭けずに会社に迷惑をかけた馬鹿なボンボンには分からないでしょう。自分のことは自分でやるという当たり前のことが。

 奴隷根性とか、ただの頭のおかしいおっさんの発言など、メディアは無視するべきです。

 それに乗っかった舛添要一氏はなおバカですね。


<11月25日>
○メディアから一言
 報知によると、「東京都中野区議会議員の羽鳥大輔氏が24日、自身のツイッターを更新。サッカーW杯のドイツ戦で日本が大金星を挙げたことに「残念というほかない」などとつづり、様々な反響が寄せられている。」とか。

 具体的には、「羽鳥氏は、ドイツ代表が試合前の写真撮影の際、全員が口をふさぎ、多様性などを訴える腕章の着用を禁じたFIFAに抗議したという記事を引用リツイート。これに対し、「日本とドイツのサッカー協会の差を見せつけられちゃうし、日本代表は勝っちゃうしで、残念というほかない」と記した。」とか。

 さすが日本共産党。なんで、左派って、そんなに日本が嫌いなのかな?
 っていうか、サッカーを楽しむファンは、政治的主張なんてやって欲しくないし、純粋にプレーを楽しみにしているのが分かっていない。
 スポーツの政治利用を賞賛し、それをしない日本を批判って、羽鳥大輔氏はスポーツをなんだと思っているのか。

 さらにデイリーによると、「共産党所属で鳥取県日野郡・日南町議会議員の岡本健三氏だった。岡本氏は羽鳥氏の最初の投稿に反応し「私も本当に残念です」などと同意する意見をツイート。ドイツの勇気とスポーツマンシップに感動してドイツを応援していたと説明していた。」したとか。

 アホすぎる。ドイツを応援していたのなら、「ドイツが負けて残念」というツイートすればいいだけ。
 「日本勝って残念」というのは、ドイツを応援しているんではなくて日本を叩きたいだけと言ってのに気付かない。何のための投稿なのか理解不能ですね。

 日本共産党は反日なのですか?メディアは志位委員長にそのこと取材して下さいよ。


<11月24日>
○一言
 いわゆる統一教会からの「救済法案」で、野党は「マインドコントロールをされて寄付した方を救済しろ」と言います。

 感情では理解できるも、法律にそれを書き込むのは至難の業です。もちろん法律に書いても取り締まりは不可能に近いでしょう。

 なぜ難しいか。それは外形的基準ではなく、内心の問題だからです。「心が支配されているか」を誰がどう判定するのか、ということです。
 なにより、マインドコントロールの定義すら野党は考えていないでしょう。ないでしょう。

 こんな状況で法律に書き込むのは不可能で、野党はただパフォーマンスのために時間を使っているに過ぎないこと、メディアはもっと報道するべきだと思いますが。


○一言2
 オリックスのファンフェス(ファン感)。1時間延びるって(苦笑)
 紅林のhideは結構いい感じだと思いましたが、いかがでしょう?あと芦屋のマダムも。→デイリースポーツ


○メディアから一言
 ゲキサカによると、「韓国の反日活動家として知られるソ・ギョンドク誠信女子大教授が21日、自身のインスタグラム(@seokyoungduk)を更新し、カタールW杯で日本代表サポーターの旭日旗による応援を防ぐための「グローバルキャンペーン」を行うと表明した。
 過去にもサッカーに関わる旭日旗の登場にたびたび抗議をしてきたソ・ギョンドク教授は、「今回のカタールW杯でも日本側のサポーターが旭日旗で応援を繰り広げるならば、即刻FIFA側に告発し、外信記者団を通じて全世界に問題点を知らせる予定です」としている。」とか。

 笑わせる。もしこの反日活動家が行動を起こせば、日本のネット民や外務省は、きちんと説明すればいいだけの話です。

 以下の外務省のサイトの説明をしっかりして、この反日活動家の反日ビジネスをを潰しましょう。
 旭日旗の説明→英語韓国語


○メディアから一言
 FNNプライムオンラインによると、「19日に軽自動車を運転中、歩道にいた川村ひとみさん(42)をはねて死亡させた疑いで逮捕されたのは、福島市に住む波汐國芳(なみしお・くによし)容疑者(97)。
 さらに波汐容疑者の息子は、めざまし8の取材に対し「これまでに事故を起こしたことはありませんでした」と話します。
しかし取材を進めると、最近になって、危険な兆候ともいえる目撃情報もありました。
近隣住民は、車庫入れに手間取り、車を何度も切り返す波汐容疑者の姿を見たといいます。さらに、以前まで普通車に乗っていた波汐容疑者が、最近になって小回りのきく軽自動車に乗り換えたともいいます。」とか。

 この方は「地元紙で歌人として何度も報じられてきた地元の名士だった。2007年に第34回日本歌人クラブ賞、2009年に県文化功労章を受章し、過去には福島県歌人会長を務めている。」とか。

 飯塚幸三受刑者も同じですが、地元の名士であるなら、殺人犯になる前に免許は返納すべきだと思います。
 殺人犯波汐國芳氏は、今何を思っているのでしょう。

 よほどの田舎でない限り、例えばこの方のように1キロ圏内にイオンがあるなら、免許は必要ありません。


<11月20日>
○一言
 ゆたぼんや父親の売名行為にメディアは利用されるべきではないです。

 彼らの根本的問題は、「やりたいことをやる」ことが「その子の能力を最大限生かす」ことではないということに気付いていないことです。

 義務教育には様々なメリットがありますが、その中の一つに全ての教科等を体験することがあります。
 小学校では最近では高学年で英語やプログラミングを体験しますし、体育では一通りのスポーツを体験します。またクラブ活動では教科外の活動を体験できます。

 これらの活動を通じて、自分の可能性をいろいろ考えることができます。言い換えれば、小学校や中学校レベルでは「やりたいこと」をやるだけでは自分の可能性を自ら閉ざすことになります。

 はっきり言えば、現状ではゆたぼん氏は今後はユーチューバ-以外の未来はないでしょう。なぜならそれ以外を学んでいないから。
 そして、不登校を売りにしているのですから、15歳になったらもう賞味期限切れです。ユーチューバ-としても未来は暗いでしょう。親の無能がこどもの未来を潰す典型的な例でしょう。

 こんな悪例をメディアはもう取り上げるべきではないです。どういう意図で記事にしているのか、記者は表明すべきですね。無知な親子を晒すことで金になるから、とかじゃないでしょうね?

 昨日はボクシングがどうとか言っているようですが、中学生でボクシング真面目にやっている人は毎日体を鍛え、練習しています。日本一周で練習も節制もせずにおいしいものを食べて喜んでいる人が「強い人とやりたい」とか、ボクシングを舐めすぎですね。そういう舐めすぎなことに気付いていないのですから、周りの大人の罪は本当に重いです。


○メディアから一言
 デイリーによると、「クラーク(北海道)の佐々木啓司監督(66)が、試合中の相手ベンチの声出しについて言及した。「ピッチャーが投げようとしているのに、『ワーワー』いっているのは野球じゃない。何でも言えるもん。(大阪)桐蔭さんみたいなチームは紳士的にやらないとダメだっていうことだよ」と話した。」とか。

 具体的には「場面は大阪桐蔭が攻撃する二回だ。佐々木監督が三塁側ベンチへ向けて「いつまで声を出しているんだよ。ピッチャーが投げているのに」と声を荒らげて指摘。その後、大阪桐蔭ナインは投球動作に入った際は声を出すのを控えた。」そうな。

 佐々木啓司監督は間違っていますね。ピンチだから感情を相手の生徒にぶつけるのは指導者失格でしょう。

 なぜならば、問題あれば注意するのは審判だからです。

 
本件は高校レベルではルール上違反とされておらず、これまで問題になってこなかったことです。
 もし問題があるというのなら
審判に言って注意させるのが指導者として当たり前
の行動です。野球の大原則でしょう。監督が相手高の生徒を威嚇するとか、頭がおかしい。

 ただのパワハラオヤジでしょう。これが認められるなら、ヤクザのような監督が相手ベンチに怒鳴るのが許されるんですか?そんなはずないでしょう。
 メディアはこの佐々木監督を厳しく批判するべきです。


○一言2
 東証グロース市場上場で、飲食店求人サイト・クックビズを運営するクックビズ(大阪市)は、18日までに、代表取締役社長の藪ノ賢次氏がSNSで不適切な書き込みをしたとして謝罪したそうな。

 端的に言えば、この社長さんのこどもが電車で迷惑行為を働いていたのを注意されて、逆ギレ。「迷惑行為をやめさせる教育はしていない」と意味不明な対応をし、あまつさえそれをツイッターに掲載してアピールしたという頭が痛い事案。

 迷惑行為がダメだと言うことを教育されていないこどもも気の毒ですね。多分どこかの段階で痛い目に遭って、それに気付いて親を冷たい目で見ると思いますが。

 いずれにしても、この非常識な社長は教育方針を常識レベルに変更するんですかね?減給など、痛くもかゆくもない額でしょう?
 メディアが追求すべきはそこでは?


<11月19日>
○一言
 18日付けのサンスポでは「双子ベビーカー問題提起の大山加奈さん、東急バスと意見交換会「どのくらい大変なのか体験・・・相互理解が深まる素晴らしい時間に」とか。

 で、ねとらぼによると「大山さんは、ベビーカーだけでなく子連れや車いすユーザー、高齢者など全ての人が安心して利用できる乗り物であってほしいという願いもつづりながら、「お忙しい中、貴重なお時間を作っていただいた東急バスさま、ありがとうございました!!」と感謝の言葉で締めていました。」とか。」


 大山氏の決定的な問題は、自分とバス会社だけしか念頭になく、影響を受ける周りの市民を無視している点です。

 双子用のベビーカーをバスに持ち込んだら、市民がどれだけ迷惑するかを考えない著名人なんて上級国民そのものでしょう。
 普通の市民は持ち込まないで済むように考えるんですよ。どうしても持ち込まなければならない場合は、事前に調べて効率的に乗れるよう考えるのです。なぜならば、お互い譲り合って生きていくのが社会だと理解しているから。

 「相互理解」とか、バス会社に招待される上級国民の自己満足はやめるべきです。
 ましてや、選択の余地がない車椅子の方を同じに扱うのは全く間違っています。

 メディアはこういう他の市民を無視して自分の権利だけを主張する自己中心的な著名人の発言を取り上げるべきではないと思います。公共交通機関は大山氏のためだけにあるのではありません。

 さらに言えば、タクシーを利用できる財力のある方が、たまに公共交通機関を使ってこういういちゃもんをつけることも、通常公共交通機関を利用せざるを得ない市民から見たら、何も知らないでよく言うよ、ということになるのだと思います。


○一言2
 J-CASTニュースによると、「セブン-イレブンの店内でおにぎりを少し食べたら、店員と2人しかいないのに注意されたと、行政書士の高比良正明さん(55)がブログなどで不満を訴え、話題になっている。」とか。

 具体的には「投稿によると、早朝5時ごろの店内には、高比良さんと20~30代のアルバイトらしき男性店員しかいなかったといい、高比良さんは、おにぎりとコーヒーを購入した。そして、コーヒーマシンで抽出している間、おにぎりを食べていると、この店員から「店内でのご飲食はやめて下さい」と注意された。」そうな。

 まあ、一般的には、コンビニで、イートインスペース以外で飲食している人間はこどもか頭がおかしい人間です。

 しかも、記事によると「これに対し、高比良さんは、店には自分と店員しかいないことを挙げて反論したが、店員は、「ルールです」と説明した。高比良さんは、さらにこう店員を質問攻めにした。
「理由は?」「いつから?」「どんな条件で止めるの?」「セブンイレブンの他店でも言われたことないし、他のコンビニではフードコーナーを開けてもいるが」「政府もマスクを外せと言っている時期に、まだ続けるのか?」」とか。

 うん、高比良正明さんは認知症なのかも知れない。
 「いつから?」前から。「どんな条件で?」そもそも全面禁止、「他のコンビニでは・・」ここはイートインスペースではない、「政府はマスクを外せと言っている」むしろ室内では外すなと言っている、など、成人なら当たり前のように理解している事実関係を全く理解していないのだから。

 メディアは、こういう認知症の方の言いがかりは厳しく批判してもらいたいですね。


<11月17日>
○一言
 安全保障というか危機管理に関しては安倍内閣は相当やっていた。

 日本有事だけでなく近隣諸国の有事に対して日本国内でどう備えるかなども含め検討していた。

 台湾有事が現実のものとなった時のシミュレーションはしっかりやらないといけないと思います。


○一言2
 岸和田市で、父親が保育園に送ったと思い込んで、結果こどもが亡くなった事件。

 メディアは保育園に責任があるかのような報道していますが、保育園には責任はありません。

 登園時の事故は保護者の責任でしかありません。
 さらに言えば、園が確認電話を入れないことが問題なら、「園から確認電話がある」と保護者がよりルーズになる可能性が高く、本末転倒です。
 こうした報道は個人を叩けないメディアが組織を叩くことで悪者とする全く誤った行為を未だにやっているということです。


○メディアから一言
 スポニチによると、「10月28日に行われた全国高校駅伝の新潟県予選で運営ミスがあったとして、男子2位で12月の全国大会の切符を逃した中越高が抗議していた件で、主催の新潟県高体連の会長、理事長、陸上競技専門部長、同委員長が15日に同校を訪れた。  県高体連側は運営ミスを認めず、「レースは適切に行われた。救済はない」と説明。謝罪もなかったという。」とか。

 誘導ミスを起こしておいて「適切に行われた」とか、新潟県高体連会長梶良成氏(新潟江南高校校長)は頭がおかしいんですか?

 さあ、国会議員の皆さん、これを国会で取り上げ、高体連の闇をぶっ叩いて下さい。
 ミスをミスではないと平気で言ってしまう闇の組織がまた一つ顔を出したので。


<11月13日>
○メディアから一言
 スポニチによると、鈴木宗男氏が6日に更新したブログで「「G20に出席し、プーチン大統領と停戦に向け話し合いたい。関係国の協力もお願いしたいというのがウクライナ側にあっても良いと思うのだが」とした上で、「ウクライナが現在自力でロシアと戦っているのではない。武器、資金をアメリカ、イギリス、NATOから受けてやっと戦っているにもかかわらず、居丈高に自分中心の話をするだけでもおかしなことではないか」とつづった。」そうな。

 まず、ロシアの侵略を批判すべきなのに、なぜこの男はロシアの侵略を正当化しているのか。

 この論理だと、鈴木宗男氏はロシアが占領している北方領土はロシア領だというわけですね。

 ロシアに買収された可能性の高い売国奴鈴木宗男を日本維新の会は除名するべきでしょう。
 売国政治家鈴木宗男。そう言われても仕方ないと思います。


○一言
 ユーチューバ-ゆたぼん親子の記事は、もうメディアは書くべきではないです。利用されているだけ。
 極論を言って、炎上により注目を浴びるという炎上商法にメディアが協力するのはおかしい。

 最近では親の中村氏が「学校で奴隷意識を植え付けられる」とか言っているようですが、これほど世の中の学生をバカにした言動もないでしょう。確かに理不尽なことはありますが、当時私は奴隷になった気はないですね。多くの方もそうなのでは?

 世の中理不尽なことは多く、それをスルーする能力が求められますし、規律も求められます。学校というのは、社会の縮図であり、もっと言えば、学校の理不尽の方が、社会の理不尽より遙かに楽だったと思います。

 このように、学生(や親)はある程度呑み込んで、呑み込めない理不尽があれば不登校や転校をするわけで。だから「奴隷」とかは全くの誤りですね。
※いじめ等の対処の失敗により亡くなられた方もいらっしゃいますが、あくまでも大多数のそこまで行かないケースでのコメントです。

 っていうか、自分のこどもを学校に行かせないのなら、きちんと教育を受けさせる義務を親なら果たすべきです。家庭教師なり、通信教育ナリさせているようには見えないのですが?
 日本を観光で回って「スタディ」とか、こどもを騙しているのでしょう。同学年の子は、英語をはじめ様々に学んでいるのに。

 いずれにしても、こどもが「奢られやーになる」とか言っていて、ヤバイと思わない親って異常だと思います。
 そんな親を肯定的に報道するメディアはもっと異常。


<11月12日>
○一言
 死刑のハンコ発言で法相が事実上更迭されましたが、メディアや一部政治家がことさら「死刑のハンコの重み」とか言うのはどうなのかな、と思います。

 具体的には、刑事訴訟法第475条第2項では、(死刑執行命令について)「判決確定の日から六箇月以内にこれをしなければならない。」とされており、職務です。「重み」も含め検討は裁判で終わっているのです。
 メディア等は人の命を奪う命令は重いと言いますが、日本で死刑になる人って、鬼畜の犯罪を犯した方だけです。
 しかも、えん罪なども考慮し再審請求中は執行できません。

 そういう前提に立つと、そのような鬼畜な犯罪者の「命の重さ」を取り上げるのは、無惨にも殺害された被害者の命を軽く見過ぎていないでしょうか。

 命をもって償うほどの重大犯罪を犯した方の命を、執行時に限ってことさら「重い」とするメディアの論調はとても違和感があります。
 メディアや一部政治家は被害者や被害者遺族のことをもっと考えて、発言するべきだと思います。


○一言2
 COP(気候変動枠組み条約締約国会議)で、市民団体がまた日本を「化石賞」と批判
  要はCO2を排出する石炭火力を最も輸出したから、とか。

 しかし、日本の石炭火力の技術は最高です。途上国の環境に影響を与える石炭火力発電所を日本の技術でよりよいものにするなら、それは良いことではないでしょうか。
 原子力発電が事実上輸出できない以上、太陽光を設置できる場所と金があるか、石油やLNGを安定的に輸入できるか、という前提を途上国は満たしていないのですから、次善の策として石炭火力の効率化は気候変動に資するものです。

 世界最大の排出国は中国ですし、1人当たりで言えば産油国が上位に名を連ねています。米国は両方とも上位。にもかかわらず、日本が狙われるのはおかしく、日本のメディアは少し、「これはおかしい」と言ってはいかがか。

 公正な評価ができない海外の市民団体の勝手な主張をありがたく受け入れる必要はないと思います。


<11月10日>
○一言
 ベビーカーの件もそうですが、メディアはすぐに「生きづらい社会」「生きづらい世の中」とネガティブに報道します。

 しかし、現実は、ずいぶん生きやすい社会になっています。
 例えば、私の若い頃はエレベータが主要駅しかなかったので、「上り」はエスカレーターで対応するにせよ、「下り」はベビーカーを持って降りるしかありませんでした。今は有人駅ではエレベータがあるのが一般的でしょう。
 例えば、バスや路面電車だって、段差が当たり前でしたが、今はノンステップバスが一般的です。
 例えば、LGBTなどは私の若い頃は声を上げることもできませんでしたが、いまは声を上げることができるようになっています。

 だから、「生きづらい」とか事実と異なるネガティブな報道をするのは間違っていると思います。
 前向きな、さらなる現実的な改善策を提案するべきです。


○メディアから一言
 10日付けスポニチの見出しによると「ゆたぼん、いまだ続く“マスク社会”に物申す「みんなマスクを外そうぜ」」とか。

 スポニチ引用という形では「マスク社会」とか言いますが、じゃあ医療機関や公共交通機関、コンビニ、スーパーなどのエッセンシャルワーカーがマスクを外すことで、感染し、従業員不足で休業しても、「やむを得ない」と記事にする覚悟があって言っているのでしょうか。

 誰だってマスクなんかしたくない。でも仕事に穴開けられないからマスクしている人がほとんどでしょう。
 コロナ前だって、毎年インフル流行期を前に、自費で予防接種をし、マスクを着用する労働者は少なくとも都市部では多かったわけで。
 はっきり言えば、労働者でノーマスクの人は、リスク管理が甘いプロ意識の低い人か、必要とされる仕事をしていない人です。

 冬の乾燥期にインフルもあるのに「マスクを外そうぜ」とスポニチは本気で主張するのか。
 メディアとして恥を知れ、と思います。


○一言2
 統一教会対策の法案。「被害者救済」と言いますが、「被害者って誰?」についてきちんと議論するべきです。

 私は、原則「被害者」は二世だけだと思いますが。
 こどもの養育に迷惑さえかけなければ、自分の財産の範囲でいくら寄付しようが個人の自由だと思いますし、「被害者」ではないでしょう。
 むしろ、こどもへの信教の強制や労働の強制など、そういう部分にメスを入れるべきでしょう。

 どうもピント外れの議論がなされているように思います。


○一言3
 支持率の低下を見て、岸田総攻撃、という感じで、メディアが誇張して攻撃していますね。
 もちろん、攻撃はいいと思いますが、事実に基づいて報道するのがメディアのあり方だと思いますが。

 一番先鋭的なFLASHでは「三原じゅん子も怒った!岸田政権の「道路利用税」新設に「仕事の行き帰りも税金払う」「暴動起きても不思議ない」」という見出し。

 うーん。これ、電気自動車は事実上の道路利用税であるガソリン税を負担しないから、それに相当するものとして中長期的に検討するとされたもので、別に岸田政権時にやるわけではないと思います。

 事実に基づかないこうした煽り記事が出はじめた時点で、メディアによる「岸田おろし」が始まったなぁ、と思います。


<11月8日>
○一言
 最近、権利の衝突について、メディアが煽っているように感じます。
 社会で生活している以上、権利を全て認められることはなくて、ある程度は譲りあって折り合いをつけていかなければいけないのに、権利を無制限に認めろ、という主張を取り上げる報道は、単なる対立と主張者への批判を招くだけであり、不適切だと思います。

 例えば、中日スポーツ、「大山加奈さんが涙の問題提起…双子ベビーカーがバス乗車を拒否され「もっと優しい世の中にならないかな」」という見出しの記事。

 私も育児経験ありますが、1人用のベビーカーですらバスに乗る時はたたんでだっこしていました。なぜならバスは狭く、車椅子と違いたたむことができるから配慮したということです。そうすることで、良いこと(席を譲ってもらえる)もありました。

 本件はもっとすごく、双子用の大きなベビーカーをそのままで乗車したいと希望し、さらに運転手がサポートしてくれないと抗議している。で、メディアが取り上げたから、プチ炎上しているという。

 決定的な間違いは公共交通機関は全ての人に優しくなければいけないと考えていることです。
 例えば、事前に連絡があったて対応するならともかく、路線バスでいきなり運転手に運転席を降りてサポートしろ、というのは無理があります。

 具体的には、ほぼ時間通り着くことを前提に計画を組んでいる他の乗客の権利を侵害していることに気付いていない。また、停留所で2分とかと待ったら、東京では大変な渋滞になる可能性が高いでしょう。
 さらに、双子用のベビーカーをそのまま乗せろというのは、バスのサイズ的にも無理がありすぎでしょう。また、結構揺れる中、どうベビーカーの安定を保つ気だったのか。
 この方はバスに乗った経験があまりないのではないではないしょうか。

 記事によると、本人は「本当にもっと優しい世の中にならないかな。こんな思いをしている親御さんたちや車いすの方たちたくさんいると思うのです。だから批判も来るだろうけどこうして声を上げていきます!!」と決意をつづった。」そうです。

 うーん、まずあなたが他人のことを考えてから言うべきと思いますし、対立を煽って問題が解決することはないと理解すべきです。
 なにより、上手く折り合いつけている子持ちの親や車椅子の方を巻き込むな、利用するなと言いたいですね。

 ましてや、タクシーの利用や自家用車の活用などの選択肢があるくらいの収入があるなら、まずはそちらを考えるのが常識というものでしょう。
 だれもが譲り合って、社会で生活しているという根本を理解するべきです。メディアはそこを無視しないで欲しい。


<11月1日>
○一言
 韓国であのような痛ましい事故があったばかりなのに、なぜ渋谷にわざわざ密集するために集まってくるのだろうか・・。
 さすがにこれで何かあったら自己責任だと思いますが・・。
 メディアもただ放映するのではなく、厳しく批判すべきです。
 警察の無駄な仕事が増えるのはおかしいように思えます。


○一言2
 将棋の佐藤天彦九段と永瀬王座の順位戦で、天彦九段が1時間にわたり禁止されているマスク外しをし、反則負けとか。

 これにマスクを批判するホリエモンや茂木健一郎らが湧いてきてうざい。マスク批判のために将棋を知らない人がこれを利用しようとするうさんくささ。こいつら将棋や天彦九段のことはこれっぽっちも思っていないから許せない。

 このルールは、長時間にわたって至近距離で対局するから作られたルールです。他のスポーツとか関係ないから。
 で、今回は1時間にわたってマスクをしていたということで、残念ながら弁解の余地はないでしょう。
 いかに集中していたといっても、10分や20分ではないので。
 故意ではなく過失と言いますが、過失でマスクは外しません。外す時に意志はあります。
 警告した方がいい、というのは一理ありますが、だからといって警告しなければいけないルールはありません。

 今後もいろいろあると思いますが、まず永瀬王座は全く問題はありません。また天彦九段もルールの改善に向けて意見を言うのは当然です。
 ただし、それはあくまでも対局ルールの話であり、マスク着用の有効性の話ではないわけで、将棋を知らない阿呆な著名人がマスク批判に利用するのは厳しく批判されるべきです。


<10月28日>
○一言
 ゆたぼん氏の記事いろいろメディアで取り上げられていますが・・。
 父親の中村幸也氏はいったい何をやっているのでしょうか。保護者として適切な教育をしているのですか?

 義務教育を拒否するのであれば、義務教育と同等の教育の機会を与えるのが憲法上の義務です。

 もっと小さい最近の話題で言えば、例えば、見ず知らずの人が100万円ただでくれるって、どう考えても怪しいでしょう。
 なぜそのことを教えないのか。

 さらに言えば、原爆投下日や障がい者用駐車場の件も動画にきちっとテロップを入れれば何の問題もなかった。
 自分のこどもが炎上するのを未然に防がずに、炎上してからさらにアンチを攻撃する炎上商法は、どう考えてもこどものことは考えていない。

 ゆたぼん氏関係の問題の根本は父親の中村幸也氏にあります。洗脳という名の虐待では?


<10月27日>
○メディアから一言
 26日付けJ-CASTニュースによると、日本シリーズ第2戦で同点ホームランを打たれた阿部選手に対し、「ネット上では一部オリックスファンから誹謗中傷が集まる事態に。阿部投手のWikipediaも編集され、一時10月23日が没年月日に設定されたり、概要欄に「どないして落とし前つけんじゃこのアホ オリックスファン全員に土下座して引退しろ阿保!」「さっさと消えろぼけ」といった心無い声が次から次へと書き込まれたりした。」とか。

 えー。オリックスファンならシーズン中の阿部ちゃんの頑張りを知っているから、こんなこと絶対書かないと思います。

 なぜオリックスファンと断定して、オリックスファンを悪く書くかなぁ。
 


<10月26日>
○一言
 ガソリンだけではなく、電気やガスなど個人の光熱費に税金で補助するとか。
 終わっていると思います。
 ガソリン補助もおかしいけど、物流を支えるという意味があるからギリOKとしても、さすがにガスは個人対象だから、おかしいでしょう。電気だって企業に支援しないのならおかしい。
 
 税金で広い個人支援は禁じ手なのに、コロナによりそのたがが外れています。メディアはこの点の報道が望まれます。
 だったら減税なり給付金の方がいい、という声が出るのは当然だからです。


○メディアから一言
 TBSニュースによると、「河野太郎デジタル大臣「行政とのやり取りで、フロッピーディスクの使用を強制するような不合理な規制を見直す」

デジタル庁によりますと、役所に書類を申請する際にフロッピーディスクなどの個別の記録媒体を指定する規定がいまだに存在し、その数はおよそ1600条項にのぼるということです。」とか。

 河野大臣もデジタル庁も大嘘つき。デジタル庁は役人として恥ずかしくないのか。

 フロッピーはあくまでも選択肢であり、デジタル化の発注見ても、デジタル庁はこういう条文を理解しているとは思えません。
 デジタル庁の役人の理解が浅いのか、河野大臣の理解が浅く、圧力をかけているのか分かりませんが。

 具体的には、私、申請業務もやっていましたが、ここ10年以上はフロッピーは見たことないですね。普通はメール、委託契約は最低でもDVDでしょう。


○一言2
 ゆたぼん氏が日本1周旅行の金が尽きたので、「投げ銭してくれ」と表明したそうな。
 物乞いではなく、ストリートパフォーマンスと同じ、いい動画(これから)流すから投げ銭して下さい、と言っているところ。

 ストリートパフォーマンスの方は、芸なり技術を披露した上で観客の審判を仰ぐ。全然違います。とりあえず動画作ってから言うべきではないですか?ストリートパフォーマーと比較すること自体失礼です。

 なにより、父親の中村幸也氏は、批判に対し、「まだ13歳のこどもに対し・・終わってるな」とコメントしたそうですが、13歳のこどもというのなら、こんなコメントさせずに、中止か自分の稼ぎで何とかするのか保護者として当たり前のことではないのですか?一般論で言えば、こどもを使役して稼ぐ親の行動は虐待です。

 何より、若いなら車ではなく自転車で移動すればいいんじゃないですか?私が若い頃はそういう人一杯いたけどなぁ。
 金がないならその範囲でやりくりするのが社会の常識でしょう?


<10月25日>
○一言
 日本シリーズ、いやーもう見ていられないし、怒りを通り越してあきらめた。

 強いスワローズには、こっちも万全で望まなければいけないのに、不調選手が多すぎる(宗、中川。T、杉本、福田、頓宮論外)。
 具体的には甘いストライクを見逃し、ボール球を振ってしまう。かと思えば初球で難しい球に手を出しポップフライ。
 粘り強くボール球を見逃してカウントを有利にするスワローズとは全然違う。
 さらに、初戦のオスナのヒットや、2戦目のボールデッドなど運もスワローズにある。
 これでは勝てるわけがない。

 不調なら、せめて満員の観客のために必死でプレーして欲しいものですが。
 杉本、点差があってもちゃんとタッチアップしろよ。太田丸、点差があるからといってエラーするな。淡泊に初球打って終わりにするな。そういうとこだぞ、あと2年同じならクビだぞ。いいのか?
 何より日本シリーズで、この状況で杉本がベンチでへらへら笑っているのは許せない。恥ずかしくないのか。
 最悪だった暗黒時代を思い出してしまいました。

 安達が円陣で「阿部ちゃんにリベンジを」とか言っていたけど、8回まで0点でどうリベンジするんだ。野手陣はプロとして全力を尽くせ。今日の試合は満員のお客さんに失礼だろう。


○メディアから一言
 スポニチによると、「ゆたぼん父、原爆ドーム訪問動画での間違い発言“炎上”に苦言「まだ13歳の子供に対して…終わってるな」」とか。

 終わっているのはゆたぼん父の中村幸也氏だと思います。理由は簡単で、ゆたぼん氏に適切な教育をしていないからです。さらには、保護者としてゆたぼん氏を守っていないからです。

 一つ目。本件の本質は、日にちの間違いではなく、「原爆が落ちる前は平和」というゆたぼん氏の基礎知識の欠如だと考えます。
 普通に小学校行っていれば、必ず戦争について学びます。「ちいちゃんのかげおくり」で空襲というものをはじめて知った人も多いと思います。さらに高学年では社会の授業で戦争は必ず学びます。

 つまり、義務教育を普通に受けていれば「原爆が投下される前も平和ではない」ことくらい普通に知っているはずです。
 学校に行かなくてもいい、と言うのなら、これを親が教える必要があります。それを怠った保護者の責任は重い。

 2つ目。ゆたぼん氏が言い間違うなど炎上しそうなら、動画を適切に編集するなりテロップ出すなりで対応するのが親の仕事でしょう。それをやらずに、炎上したのを幸いにさらにまた動画を出す。金儲けのためにこどもを守る気もなく、利用しているのが明白です。
 YouTubeで金儲けのために我が子をも人身御供にする親とは、罪深い。

 もっといえば、ゆたぼん氏は一時期月収100万と言っていました。だとしたら、プロの個人事業主であり、「13歳のこども」というのは的外れです。都合のいい時だけ「こども」とか言う中村幸也はおかしい。

 もうメディアはこの親子は取り上げなくてもいいんじゃないですか?自由に「スタディ」すれば良いでしょうに。


○一言2
 さらにいえば、ゆたぼん氏は見学の仕方も知らないようで、学校に行かなかった弊害が如実に出ていますね。このまま本当に大人になるんでしょうか?

 物見遊山なら別ですが、「見学」なら、事前に多少なりとも勉強するのが当たり前です。だから、修学旅行や社会科見学の際には、事前に授業を行うわけです。ゆたぼん氏は小学校で学ぶこうした基本的なことを知らないようです。
 メディアは、この方の報道はするべきではないです。明らかに学校行った方がいいのは明白で、不登校を語る以前の問題です。


<10月23日>
○一言
 統一教会で盛り上がっていますが、物価や雇用、円安など経済政策が統一教会問題未満というところに、日本のメディアの異常さを感じます。


○一言2
 神宮球場がそんな特殊な球場とは知りませんでした・・。以前観戦した時も田嶋が不自然にコントロールを乱してめちゃくちゃ打たれたのでおかしいなぁ、と思っていましたが。これはヤクルトに地の利がありますね。


○メディアから一言
 朝日によると「立憲民主党・枝野幸男前代表(発言録)」が記事になっていました。

 で、マイナ保険証についてのコメントが凄いです。具体的には、
「保険証は見れば、保険の種類と番号が書いてある。でっかい銀行だって、キャッシュカードで金を下ろせなかったことがあるじゃないですか。大停電起こった時どうするんですか。マイナンバーカードのシステムが壊れたらどこの医療機関でも保険証を確認できない。こんな天下の愚策をやめさせるために頑張っていきたいと思っております。(さいたま市での講演会で)」とか。

 なるほど、こういう中高年がいるからデジタル化が進まない。
 停電が起こって、「医療機関で保険証を確認できない」など普通ありえません。なぜなら、電気が必須な集中治療室などがある医療機関は非常用発電機が備えられていますし、停電したから保険証が確認できないのであれば、診察もできないので、同じです。

 (報道が事実なら)こんなでたらめなことを平気で言う前立憲民主党党首に驚き。
 枝野さんも大分ヤキが回ったんですかね?


<10月19日>
○一言
 物価引き下げ策より、賃金上昇政策を最優先にしないと、結局投じられた税金が無駄になります。
 税金を生活補填に投じたら、経済効果がゼロに近くなり、意味がありません(だったら減税しろ、という話)。

 そもそも昭和の時代は物価が普通に数%上がっていたわけで、そのときの政策を復習するべきです。

 ばらまきで支持者や世論の顔をうかがうのはやめるべきです。
 岸田内閣は民主党なのですか?


<10月18日>
○メディアから一言
 J-CASTニュースによると、「「もうマスクしなくて良いんですか」「(それじゃあ)あなたはなぜ外さないの?」。テレビ朝日系のニュース番組「報道ステーション」でのこんなやりとりが話題になっている。」とか。

 具体的には、「2022年10月14日の放送では、「日本人いつ"マスク"外すのか? 戸惑う外国人」と題し、板倉朋希アナウンサーによる東京・渋谷でのロケの模様を伝えた。」そうな。

 これは、「マスクを着けている訪日外国人に対して屋外ではマスクをしなくても良いことを知らせるという趣旨」だそうな。

 ところが、「2組目も「もうマスクしなくて良いんですか?」と同様の反応だったが、板倉アナのマスク着用に矛盾を感じたのか、「あなたはなぜ外さないの」と疑問をぶつける。板倉アナは「周りの人が着けている、あとはちょっと人が多いかなっていうのもあって」と返答した。」そうな。

 メディアも岸田内閣も、最近の感情論のマスク外そうキャンペーンやめるべきです。

 そもそも、多くの方がマスク着用している理由は、
(1)感染して40度近い高熱に苦しんだりしたくない
(2)無症状でも感染すると隔離となり、仕事に穴が空く
が大きな原因で、要は各個人がリスク管理を行った結果マスクをしているわけです。

 にもかかわらず、なぜマスクをしなくてもいいとアピールしているのか理解不能です。この板倉アナも「ちょっと人が多いかな」という理由で自分なりのリスク管理としてマスク着用しているわけでしょう?
 自分はリスク管理をしておいて、外国人にリスク少ないから外しましょうとかいうのは全く矛盾しています。

 いずれにせよ政府やメディアはリスクの大小を科学的根拠とともに示し、判断材料を与えることが重要。あとは市民が判断するのです。
 マスク外そうキャンペーンの結果、1ヶ月後感染者が増えたら、内閣やメディアは責任取るんですか?責任取る気なら、いい加減なマスク外そうアピールするな、と。


○メディアから一言2
 テレ朝ニュースによると「食費は1日2000円 減る年金支給額」という見出し。

 具体的に年金生活者に対する取材がありました。
 「伊藤光明さん(77):「24万円ぐらい」「(Q.ひと月12万円?)そうそう、だから底の生活をしてる」
 ひと月あたり12万円の支給を受けている伊藤さん。この日は、スーパーで買い物を済ませてから帰宅。築77年の一軒家で一人暮らしを続けています。

 伊藤さんは早速、買ってきたワインを開けると、紅茶で割って、即席の「ワインティー」を楽しみます。
 伊藤さん:「あぁおいしい」「(Q.一番の生きがいですか?)うん、そうだね。今のところ。食費は一日2000円以下にしないとダメだな」「(Q.年金は月にどれくらい残る?)残らないよ。残らない。残ったアレなんてないよ」」とか。

 メディアはこの違和感になぜ気付かないのか。現役世代は普通に気付きますよ?
 食費1日2000円が貧困だと考えるメディアが馬鹿すぎるのです。高給取りだから分からないのかな?

 例えば私。朝食べません。昼700円前後の弁当(霞が関は高い)、ドリンクは一日3~500円くらい。帰宅後夕食。よって食費1日2000円いきません。

 左派メディアは高齢者の貧困を強調しますが、もっと現役の厳しい状況を取り上げるべきです。
 左派メディアの視聴率のベースが高齢者だから、こんなバカみたいな見え透いたウソを報道せざるを得ないのでしょうが。社会の木鐸としての誇りはないのでしょうか。

 ちなみに言えば、酒を飲むことが「一番の生き甲斐ですか?」とか、メディアは伊藤さんをバカにしすぎだと思いますが。
 「楽しみ」なら分かりますが、生き甲斐が酒を飲むことって、本来あり得ないでしょう。


<10月16日>
○一言
 あくまでも一個人の金沢での経験に基づくものですが、全国旅行支援はやめた方がいいように思えます。
 だって、現場は喜んでいる人いない感じだったから。なら税金の無駄遣いでしょう?

 具体的には。
 ホテルで「旅行支援って使えるんですか?」と聞いたら、「事前に登録されてません」と言われましたし。3回接種の証明書があると分かったら対応してくれたのですが、補助金入力とかが大変そうで、なんか申し訳なかったです。

 で、クーポンもらったのですが、使える店もネットで調べないと分からない。検索も結構面倒。
 しかも、ネットで確認して、近江町近くのクーポンが使える店(全国的に著名なチョコレート店)で金沢限定のチョコがあったのですが、それまでは笑顔で「いかがですか」と言っていた店員さんが、クーポン見せたとたんに「期限切れのものは使えません」「生チョコは保冷剤が必要です」「そちらは普通のチョコですが保冷剤が必要です」と意味不明なことを言われました。

 あまりに低レベルな販売拒否なので、今後M社のものは買わないようにしようと思いました。
 はっきり言ってクーポン使われたくなければなぜ使用可能店として登録した、とM社に聞きたいですね。使えないのなら納得できるのに。

 それだけではなく、金沢の土産物店でも使えると表示しておらず、ダメかな、と思ったら、セブンイレブンで「使えます」「ぜひ使って下さい」と表示が。
 いやー、ありがたかったですね。喜んでお土産を購入し、クーポン以上に金を使わせて頂きました。セブンイレブンありがとう!

 結局頼れるものはコンビニで、金沢の小売店はダメだ、と観光客に思わせる旅行支援、何の意味があるんでしょうかね?

 地元が積極的ではないのなら、税金の無駄遣いであり、即刻やめるべきです。

※私の受けた印象であり、金沢以外では違うかも知れませんので念のため。


<10月15日>
○一言
 オリックス、日本シリーズ進出、おめでとうございます!

 今日も寿命が縮む試合でした・・。


<10月10日>
○一言
 他国の民間人をミサイルで簡単に殺害するテロリストプーチン。

 プーチンのむちゃくちゃな言い分を、なぜ日本の左派メディアは「これはあり得ない」と当たり前のコメントをして、厳しく批判ができないのか。
 テレ朝とかTBSは、ロシアにどういう忖度しているんですか?それともなんか関係あるんですか?

 メディアは、ロシアを国際テロ国家と厳しく糾弾できないのはなぜですか?
 ペンはミサイルに負けたんですか?



○一言2
 一部の阪神ファンが、CSで禁止されている六甲おろしの大合唱を行ったそうな。
  コロナ下で、マスク着用、声援なしを前提として、
 無観客→人数制限の観戦→ワクチン打っている人には間隔開けなくてもいい→普通に入場
プロ野球観戦のために、NPBや各球団と、ファンが一体となってルールを守って、昔のように観戦できるようにこぎ着けたわけですよ。
 観戦のために作られ、少しずつ緩和してきたのに、その一定のルールを守らないで、万が一感染拡大したらどう責任取るのか(とれないでしょうが)。

 ただのフーリガンとしか言いようがないです。
 関西メディアが、視聴率をはじめ「ずぶずぶ」だから、こうなるんですよ。
 大阪の甘やかしを全国で通用させるのは間違いです。

 NPBは阪神ばかり甘やかしてないで、浦和レッズのように罰金を科すべきです。阪神球団に罰金1億円ぐらい課せ。


<10月9日>
○一言
 鈴鹿サーキットでのF1で岸田総理が屋外だから周りに人がいるにもかかわらずノーマスクで過ごしたそうな。

 バカだなぁ。万が一、これで感染者が出たら叩かれますよ?
 っていうか、これからインフルも含めマスクする局面なのに、なぜノーマスクを強力に進めようとするのか理解できません。

 コロナ前から、多くの労働者は秋以降はインフル対策でマスクしていたんですよ。
 いくら死んでも自己責任の欧州でマスク外しているから、マスク外そうとか、バカじゃないですか?総理か、官邸秘書官のセンスは大丈夫ですか?


<10月8日>
○一言
 国会では統一教会との関係で盛り上がっていますが、本質を外しすぎています。

 国会でやるべきは被害が起こらないようにするための立法。
 票にならないから議員は無視していますが、虐待も含め、毒親からのこどもの解放のための立法をすべきだと強く訴えたい。統一教会問題を追及するなら、被害者救済の立法が最優先でしょう?


○一言2
 マスク着用のルールを岸田内閣が定めようとしているみたいですが、やめた方がいいです。

 マスクは外す外さないという0か1ではなく、ケースバイケースだからです。

 例えば、感染者が何万人という環境下と、殆ど0という環境下では状況が違います。
 また、インフルエンザなど他の感染症との関係でも変わってきます。コロナ前は冬はインフル対策で電車では普通にマスクしていました。

 結局、マスクの着用はリスクヘッジなのです。リスクが一定程度ある以上、マスクを外す「べき」という議論が政府から起こるのはおかしい。外すのが正しいというわけではないのです。

 市民生活の制限については、抑制的な判断であるべきですが、「推奨」については、安全目に考えるべきです。


○メディアから一言
 時事によると、「日本維新の会の鈴木宗男参院議員は5日、東京都内で開かれた駐日ロシア大使の講演会で、同国の侵攻を受けるウクライナに関し「プーチン大統領が停戦だと呼び掛けたのだから乗るのが筋だ」と語った。」

 で、「ミサイルを含め極めて攻撃的な武器を米国が供与するから戦争が長引く」とも述べ、欧米諸国の武器供与停止も訴えた。」そうな。

 で、「鈴木氏はウクライナについて「鈴木宗男が(横綱の)照ノ富士にかかっていくようなものだ。どんなことをやっても勝てない。武器供与をやめれば収まる話だ」と指摘。停戦により「世界がスクラムを組み、もとの安定した状態に持って行くのが一番賢い外交、世界平和に向けての道だ」と主張した。」とか。

 頭がおかしい。では鈴木宗男がリンチされて、娘の鈴木貴子氏がレイプの上惨殺されて、家から全ての財産を盗まれても降伏するというのですか?

 実に無神経な発言であり、売国奴というかロシアのスパイというか。スパイが国会議員とは世も末です。維新は即刻除名するべきです。


○メディアから一言2
 琉球新報によると「インターネット掲示板「2ちゃんねる」開設者のひろゆき(西村博之)さんが名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前を訪れ、短文投稿サイト「ツイッター」に投稿した内容が物議を醸している件で、沖縄県の玉城デニー知事は5日、「現場で3000日余り抗議を続けてきた多くの方々に対する敬意は感じられない。残念だ」と語った。那覇市内で報道陣の取材に答えた。」そうな。

 はあ?一日3回、土日休みなのに3000日座り込み継続中というのは明らかに誤りで、それを指摘されてなぜ知事までコメントするのか、全く理解不能です。

 そもそも、抗議活動継続中と書けばいい話なのに、なぜ「座り込み」と誇張するのか。

 抗議活動をどうこうではなく、嘘をついてアピールするな、という話がなぜ批判されるのか理解不能です。


<10月4日>
○メディアから一言
 デイリーによると、「NHK党の立花孝志党首が3日、YouTubeに動画を投稿。同党の東谷義和参院議員(ガーシー)がドバイに滞在したまま帰国せず、同日の参院本会議を欠席したことに関連し、憲法58条を根拠にした除名が行われた場合は、「最高裁まで争うことになる」と述べた。」とか。

 裁判も売名行為なのでしょう。
 そもそも比例代表なので、名簿順位2位の方が繰り上げられるだけで、NHK党として裁判を起こす必要性すらないのですから。

 最高裁まで争うのは自由ですが、まずはなぜ法を守らないのかを説明するべきです。逮捕されるとかは個人の都合であり、法を守らない理由にはなりません。そもそも、なぜ逮捕されるような人間を立候補させたのか説明して欲しいですね。

 悪しき前例を作らないためにも、参議院は数回帰国要請を出し、従わない場合は除名するべきです。


○メディアから一言2
 4日付けJ-CASTニュースによると「静岡市清水区に到着したゆたぼんさんは、被災者宅を訪れ玄関前で被害の状況について話を聞いた。台風による断水で困っているという女性は、差し入れられた救援物資に「本当にいいの? こんなに」と驚いていた。」とか。

 で、「ゆたぼんさんは、物資の差し入れを通し「『神様みたい』って言ってくれて、本当に来て良かったなぁって思います」と感謝されたことで喜びを感じているとした。
 「こういう活動していると『偽善者や!』とか言ってくるやつおんねんけど、やらぬ善よりやる偽善やから。本当に俺はやってよかったと思います」と満足そうな表情で語り、「みんなもできる範囲でいいんで、無理のないようにやっていってもらったらいんじゃないかなって思います」と呼びかけた。」そうな。

 もうこの方を記事にするのやめません?2万円程度の元手で被災者を悪用した悪いビジネスでしょう。偽善ではなく悪。

 そもそも物資配布の際に動画撮って、「やって良かった」とか、そんな頭のおかしいボランティアいますか?

 例えば東日本大震災などで現地でボランティアした芸能人が「我々はこんな活動しました」と自ら動画で流しましたか?結果としてテレビ報道されても、やってよかったとか、そんな上から目線でコメントした人なんかいないと思いますね。
 ボランティアはさせて頂く。感謝されるけど、だからと言って勘違いしない、感謝されるためにやっているわけではないからです。そこが分かっていない。
 親は、そういうのを「売名行為」といって恥ずべき行為だときちんと教育するべきだと思いますね。

 そんなことが中学生の年齢なのに分からない人をメディアは取り上げるべきではないと思います。


○メディアから一言3
 毎日によると、「加藤勝信厚生労働相は9月26日の記者会見で「(従来の発信が)分かりにくいとご指摘いただいたが、端的に言うと、屋外では基本的にマスクをする必要はないということだ」と言及。海外に比べ自然感染による免疫を獲得している人の割合が少ない日本では、「完全ノーマスク」に踏み切るのはリスクが高いというのが専門家の大半の意見だが、厚労省幹部は「1人で外を歩く際にも着けているのはやりすぎだ。夏だけでなく、秋も冬も一緒で、せめて『外では外す』を徹底したい」と話す。」とか。

 アホですか?私はリスクを考え、マスクする派ですが、それでも屋外で周りに誰もいなければ外しています。
 ただ、屋外でしゃべっている人や、ランニングで「はぁはぁ」と飛沫を出している人とすれ違う時はリスクヘッジのためマスクせざるを得ません。

 通勤電車とか、コンビニなど店内でもノーマスクの人が出はじめている問題がある状況下で、今さら外で周りに人がいなければマスク外していいとか、周回遅れですね。

 むしろ、これからインフルもあり、車内や屋内など換気の悪いところではマスクをして下さい、と言うべきですね。


<10月2日>
○一言
 オリックス連覇!
 いや、本当に夢のようです。9月だけでも何度絶望したことか。今日も可能性は低かったですが、昼はカツサンドを食べ、試合は(今年のオンラインで買ったTシャツのが来なかったので昨年の)「WE ARE CHALLENGERS 全員で勝つ!」Tシャツを着用し、とりあえずこの試合に勝つことを目指して応援していましたが・・。

 選手のあきらめない姿勢が素晴らしい結果となりました。選手の皆さんおめでとうございます。

 それと、負けて悔しいだろうに、大きな拍手を送って下さった楽天ファンの皆様、ありがとうございます。


○メディアから一言
 デイリーによると「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の問題を厳しく追及する紀藤正樹弁護士が1日、ツイッターに新規投稿。れいわ新選組の山本太郎代表が9月30日に開いた記者会見を「残念な会見」とぶった切った。」とか。

 具体的には「山本氏は、今月の沖縄・宜野湾市議選で当選したれいわ公認のプリティ宮城ちえ氏がマルチ商法勧誘に関与している疑惑があると報じられたことについて、個人で関与していたことを認めつつ「違法性は知らなかった」「マルチ商法というのはこの国において、違法ではない」「損失を被っている。被害者の一人」などと発言した。」そうな。

 あれだけ統一教会を厳しく追及しておいて、マルチを勧誘した人が被害者とか意味が分かりません。
 だったら統一教会の活動も原則的には違法ではないですよね。そういう問題じゃないから追求しているのでしょう?

 左派政党って、こういうダブルスタンダードやるから信用されないのだと思います。
 山本太郎氏が、マルチを違法ではないと公言したのは重大な問題ですけど、なぜ左派メディアは取り上げないのかな?



○一言
 21年のオリックスは劇的な試合が多かったです。パリーグTVさんがいろいろ動画上げてくれています。ありがとうございます。
4/22 3-6から逆転サヨナラ勝ち
5/150-2から吉田正尚逆転3ラン、その後1アウト満塁で村西、1点差で9回絶体絶命時にK-鈴木
6/13 シーソーゲームの中これまで無失点(当時)の栗林からサヨナラ勝
8/20 山本登板試合。9回1-1から守護神平良を打って逆転サヨナラ
9/7 正尚離脱で打線が弱体化し厳しい中i8回まで1-3の劣勢から逆転サヨナラ勝ち
9/22 伊藤相手に厳しい中、2-3から紅林の逆転打
9/30 3連勝しかない状況下で、2勝して3戦目。1-3、9回2アウトから起死回生の逆転ホームラン
10/12 ロッテ小島に完全に抑えられていた0-2から同点2ラン
10/19 1-2の2アウトランナーなしから逆転