明るい!?国家公務員のページ

~FUNNY!?GOVERNMENT OFFICIALS~

 

ガンプラが想像以上にたまっていることが判明。とりあえずゲルググを作ってみました。
 ゲルググイエーガーでかいな・・。
調べた結果RGが5個くらいあったので頭を痛めています。とりあえずHGから消費か・・。
ちなみに最古のものは2009年キャラホビ限定MGシャアズゴックでした・・。10年寝かしてました・・。

                           

ようこそいらっしゃいましたー。 人目のお客様です(1999.3.9より)。

ご訪問ありがとうございました:100万(2006.7.19)、200万(2008.6.15)、300万カウント(2010.2.18)、
400万カウント(2011.11.12)、500万カウント(2014.1.19)、600万カウント(2016.6.10)、700万カウント(2018.6.22)
SNSや動画が当たり前の時代に、スマホ対応すらできていない古めかしいサイトご訪問ありがとうございます。


☆更新情報その他
 時が流れるのは早いもので、愛猫フェイが逝ってからもう2年。いろんなとこに付着している毛もそうですが、まだまだ足跡残っています。天国で元気にやっているだろうか、そういう足跡を見るたびに思います。

 先輩からあまり注意(教育)されないと言う新人の方へ。一つの考え方としてご覧下さい。→
こちら
 本サイトのコメントは全て組織とは関係ない個人の見解です。

経済からみた江戸時代 '05/7/19更新
江戸時代というのは実はすごい時代だったのです。特に教科書は間違いや嘘ばっかりなのでだまされないでくださいねー。
国家公務員はこんなもん '05/5/30更新
国家公務員の実態などについて書いています。新聞や雑誌、HPは極端な話ばっかりですよー。
テレビではわからない実際の話 '10/6/18更新
マスコミ報道は何かあれば政府を批判すればいいような感じです。
でも本当にそうなのでしょうか?規制緩和、教育、年金などについて、国家公務員の仕事をやっている現状から考えた観点でお話しします。
伝言板
伝言板です。いろいろ方と気軽な雑談をしたいです。
投稿前にこちらをお読み下さい。自己主張(アジテーション)はご自身のblogでどう
ぞ。
フェイ写真館 '17/11/03更新 new
うちのいたずらっ娘の画像です。猫好きの方へ。
2017年5月16日、18歳11ヶ月で逝去いたしました。天国でものんびり気ままに暮らしていると思います。

自己紹介とお願い
お約束の自己紹介とこのHPでのおきまりです。

○最低限の交通ルールの遵守をお願いします。
 「アクセルを踏むとき、道を渡るときに、ちょっとでいいから(亡くなられた)えみるのことを思い出してやってください」(風見しんごさん)

○森ゆうこ氏質問通告遅れ問題について
<当サイトの考え方>
・社会人は結果責任を負う。自分が正しく行動しても、結果として遅延したら謝罪しなければならないのが市民の日常。
・本件は「結果として通告が遅れた結果となったのは遺憾」とでも言っておけば、謝罪でもないし、メンツも立つ。
・自分に問題がないのなら、参議院委員部又は内閣総務官室の問題なので、原因を明らかにすれば、身の潔白の証明に加え再発防止策が取られ、全員が救われるのに、なぜこの行動を取らないのか(理事会という非公開の話のみ主張するのか)。
・事実関係(ファックス送信記録その他)を公開せずに、事実関係の確認を求める議員等の口を裏から封じようとするのは言論弾圧とも取られかねず、不穏当。
※その他は別ページに移しました。


<3月26日>
○一言
 新型コロナ対策関係の会議で、10分程度の会議で何が議論されるのか、という批判を目にしました。

 閣議もそうですが、総理出席の会議は基本了承するのが仕事です。
 議論するのは事務方(や専門家)。そしてその結果について問題や疑問があれば、会議の前のレクチャーで指摘がなされて改善されているのです。

 ので、あとは決裁をもらうだけ。会議でイエスと言うその前の段階で調整されているのです。

 こうした構造を無視して、結論を述べる場の会議が短いと批判するのは、市民に実態を伝えておらず、メディアとしていかがなものかと思います。


○メディアから一言
 朝日によると「新型コロナウイルスの感染拡大を受けて政府・与党が4月にまとめる緊急経済対策の一環で、一部の世帯に限り1世帯当たり20万円程度の現金を給付する案が検討されていることが分かった。」

 なぜ収入が少ない世帯に金を投じるのか意味がわかりません。
 収入を判断する基準はあくまでも前年度の収入。今回支援が必要なのは「今年」新型コロナの影響で失業した方や収入が大幅に減った方です。

 行動自粛などが要請される4月などでは、金ばらまいても使い道がないので、経済対策の意味がありません。

 税金の無駄遣いはやめてほしい。つなぎ融資以外は新型コロナがある程度収まってから一気に支援するべきだと思います。


○一言2
 この時期にわざわざスペインに旅行した沖縄の一家が、検査による空港待機を拒否して勝手に沖縄に帰り、陽性反応とか。

 まず、(休校がなければ)学校を休ませてスペイン旅行していたわけで、その時点でダメな親だとわかります。学校は行かせないと。
 しかも、行き先が新型コロナで問題になっていたスペイン。それで帰国して、リスクを全く感じないというのはありえない。子どもが感染して重篤化したらどうするつもりだったのか。

 挙げ句の果てに検査結果が出る前に勝手に公共交通機関を利用して帰宅。他人にウィルスをばらまくという意識さえない。

 多くの善良な市民にリスクを負わせるこのアホ親の行動を叩けなければ、メディアは存在意義がないと思います。個人の人権と多くの善良な市民のリスク。どっちを取るべきかは明白でしょう。


○一言3
 ウーマンラッシュアワーの村本氏がまた愚かなことを言ってメディアに取り上げられているそうな。
 要は自粛させたいのなら補償しろ、と。アホすぎます。

 一定レベルの芸能人はリーマンや公務員と比べめちゃくちゃ稼いでるでしょう。それは個人事業者としてリスクを取り、浮き沈みがあるから。浮いているときは左うちわで、沈んだ時は補償しろとか、市民を舐めるのもほどほどにすべきです。

 はっきりいって、SNSの引用記事が好きな報知やスポニチは、頭の悪い芸能人の炎上商法に荷担するのはやめるべきだと思います。
 百害あって一利なし。


<3月25日>
○一言
 コロナの影響。
 鉄道や航空などは大手なので、頑張ってもらえると思いますし、ツアー客対象は、今は無理なので、つなぎ融資等金融支援以外では手が打ちようがないと思います。

 他方、何とか出来ないのかと思うのが飲食店。個人事業主も多いと思われるので、リスクの高いお店とそうではないお店(例えば個室や高い仕切りがあればOKとか)、あるいはリスクを低減することが出来る試みなどを政府の専門家から示して、お客さんが多少なりとも戻るように出来ないかなぁ、と思います。


○一言2
 河野防衛相が22日付けで「クラスター 集団感染 オーバーシュート 感染爆発 ロックダウン 都市封鎖ではダメなのか。なんでカタカナ?」と問題提起。

 全くおっしゃるとおり。政治家にはわかりやすい言葉が求められます。

 ちなみに河野大臣のツイッターでは現場の自衛官の活動を毎日のように積極的に公開し、このような活動は現場の指揮も上がると思います。

 大臣就任前は、理想論が多く、私はどうなのか?と思っていましたが、責任ある立場になったとたんに現実主義に転換され、能力を遺憾なく発揮しているように思えます。

 こうした面からも総理総裁の器ではないかと思います(体調面がやや不安ですが)。


○一言3
 たった4500枚のマスクしか送ってないのに、足りなくなって返せ、という竹本幸夫市長豊川市長、無能すぎます。
 しかも、そんな恥ずべきことを笑って話すというのはみっともないですよね。
 だったら最初から送らなきゃいいのに。自分の自治体の危機管理よりパフォーマンス優先なのは最悪だと思います。
 いつどんな災害が起こるのかわからないので、備蓄の安易な放出は現に慎むべきだと思います。


<3月23日>
○一言
 森友問題で、野党がノンキャリ職員の命がどうとか言うのは、率直に言って納得いきません。

 上記(森ゆうこ氏関係)の通り、野党による質問主意書連発や質問通告遅れ等による深夜残業は課室によっては常態化しており、そのために心身を損なう者も散見され、その結果が自死という者もゼロではないからです。

 総理を攻撃する案件なら徹底追求で、野党への国会対応による心身を壊す者や自死は無視。

 だから、正直、「都合のいいときだけノンキャリを利用するな」と現場は静かに怒りを燃やしています。


<3月18日>
○一言
 経済対策で、30兆円とか勇ましい声が政治家から上がっています。

 金額ありきだと公共事業やハコモノ、機器(高額備品)などに使われるだけなので絶対やめるべきです。

 そもそも、今回の被害者は観光業周りや飲食業周りなので、金をぶっこめば良いというものではありません。
 むしろ自粛の緩和の方が遙かに経済対策になるのです。ただで。
 科学的知見を踏まえて、飲食店はリスクが少ないとか、マスク着用での宴会は問題ないとか宣言してもらいたいものです。

 今回の被害の特殊性を勘案し、金のばらまきは絶対にやめるべきです。借金が増えるだけじゃないですか。


○一言2
 同様に、消費減税が持ち上がっていて、「消費喚起」とかメディアは主張しています。
 自粛の中で、消費が喚起されるわけないでしょう?消費減税は全く意味なし。

 しかも、現役世代は企業によって減収などの結果給料に響きますが、年金世代は全く問題なく年金もらえます。高齢者は経済的には何の被害もないのですよ。
 全く損をしていない年金世代に消費減税って、高齢者丸儲け。

 ただ国が借金増やすだけじゃないですか。何の意味があるのか。不公平です。
 高齢者優遇政策はもういい加減にしてくれ!

 被害を受けている世代を考えると、やるべきことは「所得税減税」です。そのほか、企業・現役労働者への支援です。

 今回の疫病で被害を受けていない世代と被害を受けた世代を切り分けて、適切な支援を行うべきだと思います。


○一言
 日本維新の会の藤田文武氏がブログで現場の苦境を理解して頂いたブログメッセージを。

 タイトルは【新型コロナウイルス対応の最前線で戦う官僚のためにも、今こそ国会改革を

 是非皆様ご一読頂ければと思います。


<3月17日>
○一言
 安倍総理の予定通りの五輪、という発言に対し、いろいろ言われています。

 そもそも、政治家が五輪延期や中止を言うと言うことは、7月の時点でもコロナの克服見込みがない、といっていると同じです。

 経済に対する影響を考えれば、そんなこと言えるはずもなく。

 だからG7の首脳は「幸運を祈る」としか言えなかったのだと思います。


○一言2
 オリンピックの中止や延期について、メディアのコメンテーターがいろいろ言っていますが、そもそも基本的なことを理解していないのではないかと思います。
 
 オリンピック憲章32.3に明確に「・・開催日程はIOCが定める」と書いてありますから。
 さらに言えば、今年度中に開催しないのなら、オリンピック憲章の改正が必要なので、総会の決議が必要。

 日本で政治家が何を言っても意味が無いのです。もちろん、メディアが延期とか中止とか言うのは何の意味もありません。
 いえ、「返上」ならIOCは喜んで飛びつくでしょうが・・。


○メディアから一言
 共同通信社の世論調査によると、「新型コロナウイルスの感染拡大を巡り、東京五輪を予定通り開催できるかどうかについて「できない」との回答は69.9%だった。「できる」は24.5%。」とか。

 うーん。この世論調査は何の意味があるのかな?東京五輪をやめるべきだ、という主張なのかな?
 「予定通り」という一言を入れた時点で恣意的ですよね。何らかの予定変更があれば「予定通りできない」のですから。

 東京五輪をやめるべきだというのなら堂々と主張するべきだと思います。誘導尋問的世論調査で何がしたいのですか?


○メディアから一言2
 産経によると、「新型コロナウイルス対策で、フランス政府は14日、店舗の営業禁止を突然発表し、週末のパリは大騒ぎになった。
 フィリップ首相がテレビで「15日零時から営業を禁止する」と発表したのは、14日午後7時半。実施のわずか約4時間前だ」とか。

 安倍首相の休校要請を「突然」とさんざ叩いていたメディアが、全く批判しないのが実に不思議です。とんでもない強権だと思いますが。
 新型コロナ対応より安倍叩きを優先するメディアやコメンテーターって、死ねばいいのに。


<3月16日>
○一言
 室井佑月とか、朝日系列でメシ食っている「文化人」たちが新型コロナ関係で安倍叩きを繰り広げています。

 現在進行形の危機に対し、何が何でも安倍叩きでメシを食っている安倍寄生虫。安倍総理にご飯食べさせてもらえてありがとうと感謝するべきでは?(苦笑)

 最近はどこまで増長しているのか、市民叩きまで始めました。
 「それでも安倍という人って?」とか是々非々で評価している人も含めて、一般人を攻撃するという頭のおかしい「自称文化人」はいなかったと記憶しています。
 おまえ何様?ポリシーのない寄生虫のくせに。メディアに出ていると特権階級だと勘違いしてしまうんでしょうね。


○メディアから一言
 12日付け朝鮮新報によると、「新型コロナウイルスの感染拡大により、各地でマスク不足が深刻化するなか、さいたま市が9日から市内の幼稚園、保育園などの職員向けに、市の備蓄用マスクの配布をはじめたが、その対象から埼玉朝鮮幼稚園が対象外とされた。それと関連し、11日、さいたま市役所内で在日本朝鮮人人権協会の金奉吉会長、埼玉朝鮮幼稚園の朴洋子園長をはじめ関係者らによる緊急抗議行動が行われた。」とか。
 で、「午後3時から始まった抗議行動は、さいたま市の清水勇人市長宛の抗議文を読みあげたのち、保護者や弁護士、学校関係者が順に抗議の声をあげ、午後7時過ぎに終了した。」とか。

 「抗議」ねぇ。抗議なら1時間もすれば十分だと思いますが。

 
在日本朝鮮人人権協会は4時間にもわたり、しかも業務時間外まで立場の弱い現場職員を威圧したクレーマー集団
と日本では考えますね。

 そもそも、今回のマスク配布はさいたま市の管轄外、例えば埼大附属幼稚園等は含まれていません。国籍の差別ではないのです。

 そこを無視して抗議するのは全く間違っています。この事実を前提にすれば、常識ある集団であれば、「要請」であるはずなのです。

 抗議すれば何でも無理を通せると思っているから、朝鮮人は嫌われるのです。これは人種差別ではありません。
 日本に来たら日本の風習に従うべきです。朝鮮のやり方を押し通したいのなら、「地上の楽園」北朝鮮に今すぐ帰るべきです。
 郷に入りては郷に従え。When in Rome do as the Romans do.

 周囲に嫌われてでもわーわーわめいて、周りから白い目で見られながらコミュニティーで生きていくという発想が私には理解できません。


○メディアから一言2
 産経によると、「立憲民主党の石垣のり子参院議員は13日、新型コロナウイルスの感染拡大に備える新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案の参院本会議採決を棄権した。党は賛成方針だったが、石垣氏は記者団に「(政府が)パフォーマンスとしてやった感を出すがゆえの法案提出に、ノーと突きつけるべきではないかと考えての判断だ」と述べた。」とか。

 バカですね。

 党が法改正しなくても適用できるとしていたのに対し、法改正に賛成したということは党の考え方を変えたということ。
※法律を厳密に読めば新型コロナに適用できないし、そもそも緊急事態宣言を「解釈」で何に対しても適用できるという方が危険です。

 ならば、政府のパフォーマンスがどうとかより党の解釈変更を攻撃するべきでしょう。
 何でもかんでも政府を攻撃していたら正義の味方だと勘違いしている非論理的な議員石垣のり子さん、立法府なら少しでいいので法律読んでみてください。

 野党議員がこのようなパフォーマンスで市民がだまされると勘違いしているから、安倍一強なんですよ。


<3月12日>
○一言
 新型コロナ対策批判は、まず自分がどういうスタンスか、というところをはっきりさせてから行うべきだと思います。
 例えば、学校休校の要請。今まで「手ぬるい」「後手後手」など批判をしていた人が叩くのは全く矛盾していると思います。

 なぜなら、感染拡大防止のために厳しい措置をとることが出来るのは、公立の学校くらいしかありませんから(政府機関を閉鎖したら大混乱する)。

 「都市閉鎖」などは現段階で出来るわけもなく、緊急時でないと考えればかなり思い切った要請です。
 「手ぬるい」「後手後手」と言っていた人達は賞賛するべきだと思いますが。

 もちろん、公権力が市民の権利の抑制をすれば、当然歪みが生じます。
 しかし、それを望んでいた方々からすれば、当然(想定の範囲内)であり、ですから、これまで「手ぬるい」「後手後手」等の批判をしていた人が、そこを批判するのは、全くナンセンス
なのです。

 緊急時にポジションをころころ変えて何が何でも安倍叩きというバカな文化人をテレビに使っているから、テレビ離れが起こるのだと思います。


○メディアから一言
 TBSニュースによると、「安倍総理は10日午後、政府の新型コロナウイルスの対策本部で、大規模イベントなどについて、専門家会議が判断するまで今後さらに10日程度、自粛を要請する考えを示しました。」とか。

 うーん。経済的には今週がぎりぎりかと思いましたが1週間延長。確かに感染拡大は止まっていないですしその判断もやむを得ないように思えます。
 とはいえさすがに歓送迎会シーズンや3連休前が本当にぎりぎりなのでは?
 それ以上やると本当に飲食店等が持たないように思えます。

 そういった意味で、19日までの自粛というのが感染拡大抑制と経済のバランスのぎりぎりなのかなぁ、と思いました。


○メディアから一言2
 10日付け読売によると、「福島の苦境は続いている。避難者はいまだ4万人超。この9年で避難先での定住が進み、帰還意欲は低い。復興庁の調査で「戻らないと決めている」と答えた住民は、今月に避難指示が一部解除された双葉町や大熊町で6割に上る。」とか。

 「戻らないと決めている」人はもう避難者から外すべきだと思います。
 もはや転居者であり、例えば賠償金で家を建てていたりするのなら、現実的には戻ることはないわけですから、もう避難者ではないと思います。

 転居者を避難者として扱うからややこしくなるのだと思います。


○一言2
 新型コロナ陽性だった蒲郡の50代が意図的に接触した方・・多分密着して手を握ったりされてた方が、発熱とかで陽性反応が。
 警察はこの50代を速やかに暴行罪で逮捕し、司法は厳しく処罰するべきです。

 疫病の意図的感染拡大など、現下の状況で最も行ってはいけない行為だからです。
 ちなみに私はそういうお店には行かないので、金で女性の手を握って喜んでいること自体なんだかなーと思います。


○メディアから一言3
 朝日によると、蓮舫氏が11日の参院会派の会合でこう言ったそうです。
 「(新型コロナウイルス対応をめぐる)学校の一斉休校要請。昨日、総理は与党に対して説明不足だったと陳謝したそうだが、わびるのは与党ではなくて、お母さん、お父さん、子どもたち、学校関係者ではないか。あまりにも国民不在で、後手後手で、その場限りの対策が目立つ。」(以下略)

 バカですか?国民不在というのならどうすればいいのか。後手後手というのなら蓮舫氏が考える「先手先手」とは何か具体的に言ってみてください。

 そもそも、東日本大震災の時、計画停電で国民の権利を制限した際に節電大臣の蓮舫氏は一度でもわびましたか?
 
 日本の未曾有の危機に際し、代替案もなく政争しか考えていないバカな蓮舫と、それを持ち上げるバカな朝日新聞。

 野党の支持率が伸びず、朝日の売り上げも落ちるばかりなのがよくわかります。


<3月9日>
○一言
 報道の範囲ですが・・政府の休業補償、旧労働省はちゃんと考えているのでしょうか?官邸のトップダウンなのでしょうか?

 非正規の方へ(の補償で)事実上の有給休暇の追加というのならまだわかりますが、20日の有休休暇がある相当数の正規社員にまで助成するなら、企業としては極力テレワークさせずに休み取らせるでしょう。

 テレワークで休み取らずに自宅で働いている人が馬鹿を見る制度っておかしくないですか?

 多くの子どもを抱えた親は、ファミリーサポートやママ友同士の預け合いなども含め、頑張ってやりくりしている。
 こうした頑張った人に対し、本当に厳しいシングルマザー等ではなく、誰でも休みとれば休業補償って、モラルハザードを招くと思いますが。

 政府が支援と言えば聞こえがいいですが、税金でしょ?税金のばらまきはやめて頂きたい。

 もっと言えば、普通に不正申請が横行すると思います。申請をそのまま信じるのではなく、しっかり確認してもらいたいものです。


○一言2
 3月8日付け西日本新聞社説が「当たり前に休むために」というタイトルで、病気なら休む社会を、と提唱。
 具体的には、「「少々の病気では休まない」という「根性」を評価する。またはそれが評価されると思い込む。管理職も一般社員もそんな精神論にどっぷり漬かってきた。」と批判。

 んー、そうなのかな?
 個人的には、「評価されようとしてアピールする社会人」が多いように思えますが。
 そういう人って、仕事や情報の共有を絶対しないで抱え込む。「俺がいなきゃダメだ」という環境を作り出す人だと思いますが。

 いなくてもいいのに、無理に出てきてアピール人多くないですか?「根性論」はパワハラ上司の場合を除き、「評価」を求める職員の考え方に問題があるように思えますが。

 自分もいろいろ厳しい職場で、倒れたら仕事が終わるという現場に若い頃からいて。がんばってがんばって、休みのたびに倒れていました。確かにタコ部屋など、そういう職場があるのは事実です。が、タコ部屋以外は何とでもなります。
 もっと言えば、タコ部屋でも倒れて出勤できなくなれば、誰かが代わりに配属されて仕事は動くのです。
 ので、体壊した30代以降は、自分がいなくても対応できるようにマニュアルを作り、情報を一切止めずに共有し、組織で仕事しようとするのが基本でやってます。私の代わりは必ずいるのだと。
 そもそもその人がいなければどうにもならない事態というのはない、と私は思います(給与所得者では)。

 個人事業者を除き、組織で仕事を回せるようにするのがプロであり、個人に依存して回らないようにする人間はプロではないと思います。


○一言3
 拷問殺人者栗原勇一郎の求刑が18年とか。短すぎる。
 検察が言うように「拷問やなぶり殺し」の状況なら、死刑でいいでしょう。本件を殺人で立件できないのは重大な問題があります。「なぶり殺し」は傷害致死ではないと思います。

 しかも、このサイコパスは心愛ちゃんが望んで立っていたとか、肺の中に水がたまっていても心当たりがない、と平然と言い、挙げ句の果てに「心愛ちゃんごめんなさい」とか泣く演技をする基地外。

 「疑わしきは罰せず」ということでほぼ全面否定しているんだそうですよ。まさに人間ではないサイコパス。

 せめて求刑通り18年の判決とし、刑務所で任侠の方々による裁きを期待したいところです。


<3月8日>
○一言
 緊急時には根回ししている暇も無く(あえてしないで)、官邸主導というのはよくある話。
 それに文句を言いながら(笑)柔軟に対応するのが行政。現状、東日本大震災の時よりは全然ましです(感染症関係部署を除く)。
 
根回しすると反発が起きて調整に時間がかかるのです。「強い政策」ほど反発が強い。だから根回しせずにトップダウンというのは、理解できます。もちろん仕事的には大変なので、理解は出来ても納得は・・という感じになろうかと思いますが。

 反安倍メディアは根回しが、とか、党に相談がないとかいろいろ言いますが、緊急時とトップが腹くくったなら根回しなどしてられるか、という話。そういう話として割り切るしかないのかな、と思います。

 メディアは全く理解していないようですが、安倍総理は相当の覚悟を持って決断をしていると思います。


○一言2
 野田氏の児童拷問殺人犯の栗原勇一郎が、公判で心愛ちゃんが暴れるから抑えた、など心愛ちゃんの精神に異常があるかのごとくの意味不明なセカンドレイプを行い、証言を全て嘘と言ったそうな。

 弁護士も多分こいつを許せないんだろうと思います。頭の悪いサイコパスの虚言をしゃべらせているのだから。

 とにかく、凶暴なサイコパスは極力世の中に出すべきではないので栗原勇一郎に厳罰を下すよう裁判所にお願いする限りです。
 このレベルのサイコパスにも騙されるバカな大人がいるから被害者が出るわけで。

 ちなみに、DVを受けていたかもしれないのですが、心愛ちゃんを見捨てるだけでなく、勇一郎の尻馬に乗って虐待していた母親がなぜ執行猶予なのか理解できません。
 
裁判の証言でも、他人事のようで、自分が虐待に荷担したことを反省もしていないように思えました。
そもそもあなたが再婚しなかったら虐待もなかっただろう、と誰か言ってやれよ・・。



○一言3
 蒲郡で、コロナウィルスをうつしてやるとして飲食店2軒を回ったバカ野郎がいたそうな。
 こんなの暴行罪と威力業務妨害罪で逮捕してほしい。

 逮捕し、実名を公表するべきです。危険なので。とんでもない奴です。
 が・・ネット情報が事実なら、これ病院でもいろいろ要求して騒いでいそうで、病院の方が気の毒です。


○メディアから一言
 デイリーによると、「衆議院議員の野田聖子氏が3日に更新したブログで、新型コロナウイルスの感染防止のため小中高校が休校となり、長男が自宅にいることを明かした。野田氏は「日常生活で24時間一緒は、初。愛情に体力か追いつけず、ヘトヘトヘト」とユーモアをまじえて投稿した。」とか。

 メディアは誰もこれに異常さを感じないのですか?自宅で生活しているなら、24時間一緒にいるのは休みの日に普通にあるのでは?
 愛情とか形式的な言葉はどうでもいいのですよ。仕事と子どものどっちが大事なのか?という話。
 子どもは親の実験動物ではありません。子が小学生にもなって、子どもと24時間一緒にいることがはじめてという家族がまともな家族とはとうてい思えません。
 もちろん、仕事が全てに優先する鉄の女というのであればそういう生き方はありだと思います。男性でも家族を全く見せない仕事人間もたくさんいますから。が、仕事を取ったくせに家族愛みたいなものをアピールするのは全く理解できません、

 野田聖子氏を育児周りで賛美する記事には強い嫌悪感を感じます。
 野田聖子氏には育児を語る資格はゼロだと考えます。


○一言4
 育児を男性がしないから、安倍政権の学校の休校等は女性に責任をしつけるという報道が。
 安倍政権批判ではなく、そういう古い男性を厳しく批判して育児参加させるのが、メディアじゃあないのですかね?

 それ、どこまで事実なのかなぁ?その女性は男に育児するように言っていますかねぇ?
 少し前ですら、私の周りは育児参加する男性が多かったですが。
 例えば私は約10年、着替え等の準備をし、朝、保育園に子どもを送り続けました。たとえ深夜3時に帰宅しようとも。
 保育園の保護者会の理事も私の期は男女半々でした。
 小学校の授業参観後の懇談会は私ともう一人しか男性がいなくて違和感を覚えました。が、学童はやはり保育園からの延長なので、男性の迎えをはじめ行事なども男性参加が多かったですよ。

 安倍政権は男性の育休など、「女性に責任を押しつけない」ために政策を打っていると思いますが。
 男性に育児をやらせるべく政策を打っている安倍政権を、育児負担に悩むと称する女性が批判するのはばかげた話だと思いますが。
 安倍叩きのためなら論理矛盾も何とも思わないというバカなメディアが増えていて、アホじゃないかと思います。


<3月5日>
○一言
 運良くとれたライブが、やはり中止。年齢的にも、あと何年ライブで騒げるかという感じなので、残念ですが、仕方なし。
 むしろ、中止で損害を受けるイベンターさんが心配です・・。資金繰り等大変だと思いますが頑張ってください。


○一言2
 新型コロナの件では、メディアが煽り屋と化しているのが最大の問題だと思います。
 例えば、トイレットペーパーの件では、空っぽの売り場ばかり映して不安を煽る。
 例えば、感染者数をなぜか外国人も含まれるダイヤモンドプリンセス号の客を含めて「1000名超え」と煽る。

 無意味に煽ってどうする。メディアはバカですか?誰得?


<3月4日>
○一言
 マスクがないことでドラッグストアの店員等を罵倒するバカな市民をメディアは厳しく叩くべきだと思います。
 サービス業で働く人間は、憂さ晴らしで罵倒される義務は全くありません。

 マスクがないのはドラッグストアには何の責任もありません。新聞を読むのが中高年だから叩けないのなら、社会の木鐸としてどうなのか。
 っていうか、本当に必要なら、自分で作れば良いと思いますが。


○一言2
 江川紹子氏らが29日の安倍総理の会見で質問できなくて批判しています。

 江川紹子氏は聞きたかったことをリストアップして寄稿していますが、まず数が多すぎるし、これらの質問内容なら、各省庁に聞けば良いと思います。

 自分達の質問に相手が必ず答えるべき、と考えるのはジャーナリストの傲慢だと思います。

 「取材」は結局商売なのでしょう?商売のタネの質問が出来なかったということなのでしょう?
 
社会のためと美化するのはおかしいと思います。


○一言3
 子ども達の自宅待機、数日が過ぎて。街を徘徊している子ども達も増えたようです。

 まあ、とはいえ徘徊するだけなら換気のない密閉スペースじゃないのだから目くじら立てなくてもいいように思えますが。

 うちの子どもも運動などはしないといけないので、現実的には自宅に軟禁は出来ないと考えています。


○一言4
 舛添要一氏の売名行為がすごくて、こういう方を使うメディアは何を考えているのですかねぇ。

 最近で言えば、28日「グッとラック!」でこう語ったそうです。
 「舛添氏は政府の決断について「現場を全く知らない。学校も大混乱」と一刀両断。
「例えば共稼ぎで、子供は保育園あるよっていうけど、1年生、2年生はどれだけ大変か。家に帰らないといけない。仕事できない。それが看護師さんとか医師さん、介護士さんだったら、介護の現場、医療の現場は崩壊するんですよ。お年寄りがかかったら重症になる。お年寄りの面倒を見る人がいない。診療するお医者さんや看護師いなくなってそっちはどうするの? こういう政策は政府全体が調整もってやらないといけない。文科大臣なにやってんだ、厚労大臣こんな時なにやってんだって気がしますね」と語気を荒らげた。」とか。

 まず、学童に入れるなら学童で対応できます。出来ない場合は、どうせ小学校は休校なのだから、手の空いている先生が限定的に対応すればいいわけで。それと医療系は病院に託児所があるケースが多いです。これ元厚労大臣のくせに知らないのかな?

 さらに学童に入れなかった子ども達は、通常ママ友ネットワークかファミサポさん、祖父母が対応しているはずなので問題ない。
 もちろんそれから漏れる子ども達もあり得るので、それをどうするかは現場の問題ですが。

 いや、舛添氏がなぜバカなのかというと、行政は状況に応じ「出来ること」をなんとかするのが仕事であり「出来ないこと」を批判するのが仕事ではないのです。
 いやしくも大臣経験者が、建設的提案をせずにただ叩いて、自分が正義の味方ぶるというのはただの売名行為であり厳しく批判されてしかるべき事案です。


<3月1日>
○一言
 安倍総理の休校要請は、政府の危機感が伝わったいい決断ではないかと思います。

 実は、25日の段階で、政府内では、主催イベントや審議会も含めた会議の中止、テレワークの協力推奨、時差出勤の強制、関係団体等への同調依頼など、感染拡大防止に向けた強い指示が出されていました。
 急な話であり、走りながら考えるものではありましたが、官邸の危機感は伝わりました。

 そのような中で、さらにできることをやるということで、行政が動かせる公立学校の休校を要請したわけです(ちなみに幼稚園が対象外なのは、私立がほとんどだから)
 結果、この危機感を理解した多くの民間企業が感染拡大防止に協力して頂けることになりました。

 そういった意味で、安倍総理の決断は成功したと言えます。

 細かい部分に問題はありますが、緊急時なんだからやるしかない、という意識を多くの方が理解頂けることとなったのは正しい決断であると言えます。

 政府の現状認識を明確にし、しっかり市民に伝えたことは、とても重要なことだと考えます。


○一言2
 報道されていないのですが、2005年生まれの子ども達にメディアは何かフォローしてあげてほしいです。

 この子ども達は、卒園式も一定数が東日本大震災で中止になり、今度は中学校の卒業式も中止・・なのです。


○一言3
 しかし、この期に及んで安倍叩きとかしている「自称文化人」ってすごいですね。
 記者会見見て気持ち悪くなった、という室井佑月氏は、そもそも安倍総理の記者会見で気持ちよくなることはないでしょうに。
 記者会見のセリフ暗記しろ、というラサール石井氏は、その記憶に充てる時間が全く無駄だと思わないんですかね?

 新型コロナウィルス対策より安倍叩きの方が大事って、頭がおかしいとしか言いようがないですね。
 何をやっても安倍は許せない、というのは病気だと思います。


<2月28日>
○一言
 野田市の心愛ちゃん拷問殺人事件の基地外殺人鬼栗原勇一郎の裁判が続いています。

 しかし、メディアの報道は少ない。
 これはあまりに酷すぎると公共の電波や紙面に載せずらいいうところから来るもので、本来的には本末転倒なのです。
 特に性的虐待についての報道は一切ない。セカンドレイプの問題もあるのでしょうが。

 裁判を傍聴しているガルエージェンシー(探偵事務所)がその一端を報じています。ご覧頂き、鬼畜栗原勇一郎を厳罰に処すよう世論喚起をお願いしたい。→こちら
 はっきり言って、「晒し」の刑にしてくれれば私は喜んで殴る蹴る、冷水をかけるなどの「しつけ」(栗原の定義)をしに行きます。
 しつけなんだから、問題ないでしょう。

 っていうか、「桜」とかやってる暇があったらとっとと最高刑死刑の虐待罪作れよ!


○一言2
 毎日新聞が麻生発言を「つまらない」と批判。

 蓮舫だの寺田学だのが、事実も確認せずに(意図的にしていない?)早速ツイッターで叩く。条件反射の阿呆か。

 やりとりを要約すると
日テレ記者)かかった費用を負担する考えはあるのか
麻生)「要請」だから間違えないで。陽性の結果かかった費用は負担せざるを得ない。
日テレ記者)具体的なスキームはこれからということか。
麻生)要請を受けて(自治体が措置をとるのだから)だからこっちが内容を決められるわけないでしょう?
日テレ記者)ですね。
ここで、(自分で「ですね」と言っているので)記者に諭すように、つまらないこと聞くね、会社に言わされてるの?かわいそうに、と。

 メディアや国会議員はまずソースを確認してから叩くべきだと思います。
 ましてや発言を切り取ってねつ造まがいのことをする毎日(とか朝日とか東京とか)は社会の木鐸として恥を知れ、と思います。

 この事実を何とか否定して自己正当化するために、麻生は態度が悪いと話をすり替える女性自身などの反安倍週刊誌はもっと気持ちが悪い。
 もう一度書きますが、社会の木鐸だと考えてプロとして誇りを持って仕事してます?

 ちなみに、麻生大臣は態度が悪いのではなく、ああいうキャラなんですよ。


<2月26日>
○一言
 3月第2週までのイベント等の自粛要請とか。
 これに対し、なぜ要請であって、強制しないんだと叩く方々が。

 んー。国会の立法によらず、いわば「行政指導」(死語)で強制したらダメでしょう。
 損害賠償を税金で負担せよとでも言うんですかね?

 最近のメディアは安倍叩きなら何を言ってもいいとめちゃくちゃ言っているように感じます。


○一言2
 新型コロナの検査を希望者にするべき、しないのは安倍政権の隠蔽であるとか言うメディアやコメンテーターって、日本の医療を崩壊させたいんですかね?パヨクなら日本壊したいのかな?
 こういう方々って、本当に上っ面しか見てないで、正義の味方気取りだからたちが悪いです。

 検査の問題はまず、医療機関のリソースという点から考えて頂きたいです。
 医療機関は、通常の医療をしていて、今回のコロナ対応は、追加業務なのです。
 追加業務がどんどん増えると、通常業務にも差し支えますし、人間ですから限界が来ます。

 今大事なのは、武漢のように医療崩壊を起こさせないように対応することです。

 検査希望者が殺到した場合、医療機関はパンクします。その結果新型コロナに対応できないのであれば、本末転倒でしょう。
 必要な人に最小限で検査を行うことは、安倍政権の隠蔽とかではなく、当たり前のことなのです。


○一言3
 さらに検査そのものへの盲信にも問題があります。
 まず、信頼度。情報ではPCR検査では3割のミスが出ると言われています。

 次に、陰性と陽性の違いを理解していないメディアが多すぎる。検出限界以下が陰性で、そうでなければ陽性です。
 言い換えれば、陰性でもウィルスゼロではないのです。

 つまり、ウィルス感染者の場合、陰性でも、体調の悪化等でウィルスが増加した場合、数日後に陽性になります。
 こうした場合、当初の検査は全く無意味になります。特に医療機関のマンパワーの浪費というのが重大です。

 検査は必要な方に行われるべきであり、不安だから等の理由での検査希望を正しいとするメディアやコメンテーターは間違っています。


<2月23日>
○メディアから一言
 朝日によると、「法廷に、自宅の脱衣所で大泣きして叫ぶ栗原心愛さんの動画が裁判員向けに流れると、裁判員の1人は泣き出して退廷を促され、一時休廷した。」とか。

 野田市の小4の拷問虐待殺害事件の公判ですが、拷問殺人の異常者栗原勇一郎は、「みーちゃんごめんなさい」などとぬけぬけと言いつつ、死人に口なしとばかりにセカンドレイプをする基地外ぶりを発揮しています。

 産経が許せない発言を報道しています。文字を見ただけでも酷すぎるのですが、栗原勇一郎の異常者ぶりを明らかにするために引用します。

 「涙声で話す勇一郎被告だが、暴行罪については否認した。続いて2件目の起訴状に移る。30年7月、心愛さんに大便を持たせ、その様子を撮影したという強要罪についてだ
 勇一郎被告「間違いありません」」
「検察官「
被告人は心愛ちゃんが自ら大便を手に取り、『撮りたければ撮れよ』と言ったので撮影したと言っている。自ら持ったという主張はあり得ない

 10歳の女の子が排泄を強要され、排泄物を持たされ、しかも撮影される。想像を絶します。
栗原勇一郎は基地外です。地獄としか言いようがありません。

「父親の勇一郎被告のパソコンや携帯電話に残っていた心愛さんの動画や画像の一部を裁判員に見せた。流れたのは、保存されていた約52秒間の動画のうちの5秒。脱衣所でうずくまるような姿や、洗面所で大泣きする様子――。パソコンなどには、心愛さんの動画や画像が多数残っていたという。

 10歳の女の子が大泣きするなど、常識ではあり得ません。しかも、その画像を撮影して保存している。栗原勇一郎は基地外です。

「およそ父親とは思えない行為が続く。3件目は30年12月から31年1月、心愛さんの腕をつかんで床に打ち付け、顔や胸を圧迫するなどして1カ月の顔面打撲や胸骨骨折を負わせた傷害罪だ」
「勇一郎被告「両腕を引っ張り上げたことは認めますが、手を離して床に打ち付けたこと、圧迫や暴行はしていません。娘に1カ月のけがを負わせたことは知りません

「検察官「血液予備検査では浴室や脱衣所、廊下から多数の陽性反応があった

「犯行時間帯の推定水温や室温が示された後、心愛ちゃんの発見当時の遺体の状況が図面でモニターに映し出された。両手はハの字に広がり、ひざは曲がって倒れていた。着衣はぬれ、Tシャツには血液の陽性反応があった

 基本的に多少殴っても血がつくことはありません。子どもの頃親に「叩かれた」私が言うのだから間違いありません。
 廊下その他に多数の血液が付着しているとしたら、どれほどの暴行を受けていたのか。

 にもかかわらず、「栗原被告「娘を飢餓状態にするとともにストレスを与えて畏怖させて強度に衰弱させても構わないと考えたことは一度もありません。妻に指示して食事をとらせないようにしたことは一度もありません。肌着のみで浴室に放置し、睡眠をとらせなかったこと、シャワーで冷水を浴びせたこと、リビングの床にうつぶせた背中に乗り、体を反らせたこと、シャワーで冷水を浴びせかけたことは、していません。」」

 この期に及んで事実上の全否定。頭の悪いサイコパスはこういうバカな言動を取るのかと思います。死刑に出来ないのが無念すぎますが、最高刑で、刑務所の皆様方に長期間の厳しい罰をお願いするしかありません。

 栗原勇一郎は基地外です。更正不可能。最高刑期で処罰するべきです。仕事人がいるなら、頼みたいです。


 22日付け沖縄タイムスによると、「河野太郎防衛相は21日の記者会見で、短文投稿サイトツイッターの自身のアカウントで、本紙記者のアカウントをブロック(遮断)していることに、「誹謗(ひぼう)中傷うんぬんはブロックしている」と述べた。河野氏はツイッターで約129万人のフォロワーを抱えるが批判的なアカウントはブロックされているとの指摘がある。」とか。

 頭おかしくないですか、沖縄タイムス。誹謗中傷を投稿する職員を指導するのが先でしょう。社会の木鐸としての矜持があるのなら。


○一言2(正確性を期すため全文引用)
 20日付け福島みずほツイッターによると、「「帰れ!」「帰れ!」「帰れ!」と大声で罵る茂木大臣。こんな口の聞き方があるのか。パワハラそのものではないか。人事院がまともだったのに「訂正」を無理矢理させてしかも「帰れ!」と怒鳴る。ありえない。」とか。

 実態は
 21日付け河野太郎ツイッター「答弁した後に質問者以外の議員からの野次にどう対応していいかわからずにオロオロしている答弁者に、野次を無視して席に帰れと言ってるだけ。別に罵っているわけじゃないのは福島さんもよくわかっているはず。

 野党って、嘘を平気で流布しても政府側は反論できないとたかくくってますよね。森ゆうこ氏の事件とか。人間としてどうなの?


<2月20日>
○一言
 新型コロナ。イベント自粛など政府に対しなぜ○○をしないのか、などメディアやコメンテーター・・特に左派メディアは叩きます。

 しかし、政府が出来るのは「呼びかけ」(要請)までです。既存法律以外で強制力を持って何かを阻止するなら、立法するしかありません。

 行政は口を出すな、手を出すな、と言っていたはずの左派メディアが、手のひらを返したかのように政府が手ぬるいというのは、あまりにご都合主義のように感じます。

 企業や団体が政府の要請や指示を待たず、主体的に判断し、対応するのが最近の発想だと思っていたのですが、違うのでしょうか?

 例えば、「熱があるなら会社休んで」と政府が呼びかけないといけないって、この状況下で滑稽すぎませんか?
 スポンサーが怖いのかもしれませんが、それくらいメディアが呼びかけてくれよ、と思います。社会の木鐸でしょう?


○一言2
 「ダイヤモンド・プリンセス」号の件で岩田神戸大学教授の動画が話題になっています。

 ここで理解して頂きたいのは、災害もそうですが、非常時のために平時待機している役人はいないのです。
 緊急時は、担当課だけでは当然足りないため、各部署から人狩りを行い、派遣されるのです。
 ので、寄せ集め批判は全くナンセンスで、寄せ集めざるを得ないのです。

 さらに、災害ではある程度の過去の経験の蓄積がありますが、今回の件は全く初めての経験。
 みなさんが思っているよりはるかに3700人という数の圧力というのは深刻です。

 できる限り考え、できる限りベストに近づけるようベターなことをやって行かざるを得ないでしょう。
 これが現場の現実です。

 こう言うと、欧米が好きな方は、すぐ「「現場が頑張っているんだから」と言ってしまうのは日本的だ」と言います。
 しかし、現実は西洋でも同じです。現場が頑張っているから、というのではなく、現場に出来ることと出来ないことがあるということです。これは洋の東西を問わず変わりません。むしろ西洋の方ができないことは「できない」とあっさり言って横になると感じています。

 例えば、病院と比べて隔離が不十分と言いますが、そんなこと私有船で出来るわけもなく。
 例えば勝手に工事していいのか?ということです
(できるわけない)

 もちろん、批判をするなと言っているのではありません。理想と現実のバランスの話です。

 霞ヶ関は余剰戦力がいないので、緊急時の敵相手には、常に寡兵で大軍と戦う負け戦から始めないといけないのです。


○一言3
 岩田神戸大学教授の動画の件。でもうひとつ。
 本当に改善を求めるための勇気ある行動という評価に違和感。なぜなら、英語版作って公開しているから。
 現場を救いたいのなら、日本語版だけで十分だと思いますから。

 これを受けてメディア(AERA、ハフポストなど朝日系)は匿名の「証言者」などを出してきて政府叩き。
 政府叩いて良くなるなら良いけど、パヨクメディアは改善が目的ではなく、叩くのが目的だから救いようがないと思います。
 敵は新型コロナであり、政府ではないように思うのですが。

 なお、既に出回っていますが、岩田教授の動画の誤りを指摘したコメントを参考までに→こちら


<2月18日>
○一言
 「ダイヤモンド・プリンセス」号。外国が日本の対応を批判しているとか。
 日本のメディアは積極的に反論してほしい。
 諸外国が自国民を見捨てたから日本が対応しているということを。

 最近チャーター機で移送とかありましたが、現実は自国内に患者が入るのを恐れて、日本政府に丸投げしていたということです。本気で自国民保護というなら、なぜ当初からチャーター機を送らない?
 で、何百人もの外国人に対し、日本の貴重な医療リソースを提供せざるを得なくなっています。諸外国がここまで日本政府に任せて、ようやく対応するのは、感染者と非感染者がはっきりするまで日本に丸投げし、自国の医療ソースを割くことを避けるためにほかなりません。
 
日本批判している外国メディアは、自国政府を擁護するだけのエセ正義の味方だと思います。

 英国船籍で日本の法律が通用しない上、感染リスクが極めて高いクルーズ船に対応した日本。
 すぐに自国民を収容せずに、日本政府に対応を丸投げしていた各国政府が批判されず、様々な苦労をした上に、本来日本人に割くべき貴重な医療リソースを奪われた日本が叩かれるのは絶対におかしな話
です。

 日本のメディアは少し頑張ってくれよ、と思います。


○一言2
 安倍総理が「人混みを避けてほしい」と言ったことに対し、マツコデラックスが「東京でどう避けろというのか」と言ったそうな。

 新型コロナ関係での大きな疑問が、なぜ0か100という議論ばかりなのか。極端な議論は極めて危険です。

 普通に考えれば、できる限り避ければ良いでしょ、という話。公共交通機関は別として、いくら東京でも街で人混みから離れることはできるでしょうに。

 なぜ「できない」という反発になるのか理解できません。

 新型コロナは市民生活への影響が甚大です。反安倍とかそういうレベルの話ではなく、日本全体がONETEAMで取り組まなきゃいけないことを理解してほしいと思います。


○一言3
 同じように、政府が「熱が出たら出勤を休んでほしい」にも「休めないよ!」と反発があるそうです。

 いやいや、インフルだったら休まざるを得ないでしょ?という話。会社だってインフルだったら対応考えるでしょ?それと同じなのになぜ反発する?
 私も含め、代わりはいくらでもいるんですよ。むしろ部下なり上司なりがいつでも代われるよう組織で仕事するのが普通じゃないですか?

 「自分」がいないとダメなんだ、というのはダメ社員でしょう。代わりを養成して組織をしっかりと回すのが普通の社員では?
 言い換えれば、情報を抱え込んだりして自己の存在感をアピールするのはダメな社員ではないですか?なぜなら、人間にはいつ何が起こるかわからないわけで。事故に遭うかもしれないし、倒れるかもしれないのですから。
 自分がそういう事態に陥ったときに会社の業務が止まったらダメでしょう?

 感染症の疑いあれば休む。職場はしっかりマネジメントする。「休めない」というパフォーマンスはもうやめませんか?労働者の首を自分で絞めているだけだと思います。
 企業側だって、新型コロナの可能性がある人間に出勤しろとは言わないはず
です。もし出勤しろ、という企業があれば頭がおかしいと断定できます。
※給与所得者の話です


<2月16日>
○一言
 非常事態だとか、パンデミックだとかいろいろな過激な言葉が飛び交っています。

 少し冷静になるべきだと思います。

 そもそも水際対策は、潜伏期間が長いものに対しては限界があります。発症していなければ無力なのですから。
 中国人を日本に入れるな、と初動批判もありますが、あのトランプ政権ですら入国禁止は2月に入ってからです。現在発症している方はその時点では既に感染していました。
 
 飛沫感染であることを踏まえれば、指で目鼻口に触らない、手洗い、うがいを励行する、人混みを避ける、マスクを着用する等でリスクは大幅に下げられます。

 私は、こうした対応を多くの市民がとるので、感染拡大が防げるのではないか、と考えております。


○一言2
 10日付けNHKNEWSWEBで、「官僚たちの“サクメシ”」というタイトルの記事が。

 具体的には、(3号館そば屋の)北村さん「昔は11時すぎから、14時ごろまでは店にいたよ。いまは12時きっかりにきて、急いで食べて戻るのが普通になったねぇ。」とか。

 これは、勤怠管理が厳しくなって、12時-13時以外の昼休みが原則認められなくなったからですね。15年前くらいは昼食タイムのフレックス(例えば12時半から仕事だから11時くらいにメシ行っとくか、みたいな)が可能であったり、どうせサビ残だから、昼食が10分くらい延びでも良いという感じだったのです。
 そうでもしないと店が混んでて並ぶので、外に出てもゆっくり話せないというのもありました。

 今は勤怠管理のせいで12時-1時以外に休めなくなりました。食堂で並んでがっつくか、混んでいるため弁当で済ませるという人がほとんどでしょう。
 しかも、昔の人民食堂を潰して高い食堂を入れて、しかも席数を削る。高いし、勤怠管理が厳しいから、並ぶのを避けるためみんな食堂での食事をあきらめ弁当に移行する。結果食堂は儲からず、撤退し、さらに食堂難民が増え、弁当に移行するという不健康な現実。当局はアホか。

 私は経験上一日外に出られない毎日に耐えられなくなったので、弁当にしても外で買うようにしています。が、若手が庁内販売の弁当で一日外に出ることなく仕事しているのを見ると、病まないかなぁ、と心配です。


○メディアから一言
 16日付け産経によると、「東京新聞記者の望月衣塑子氏が菅義偉官房長官の記者会見をめぐり、自身のツイッターで事実と異なる情報を発信し、インターネット上で拡散している。菅氏の担当記者(番記者)らが望月氏の質問を妨害すると決めたという内容だが、番記者の立場から自身や周囲を見渡しても、そうした事実は一切ない。産経新聞が東京新聞編集局を通じて望月氏に発信の根拠などを尋ねたが、「回答を差し控える」と返答。誤った情報の発信をめぐる経緯は説明しなかった。」そうな。

 具体的には、「問題のツイートは1月29日に投稿された。
 「なんと(官房長官の)番記者たちが『望月が手を挙げても指させない』と内々で決めたとの情報が届いた」
 望月氏は番記者が協力して記者会見から排除している事実があるかのように書き込み、菅氏の記者会見で自身が指名されないことへの不満もつづられていた。
」そうな。

 しかし「だが、番記者の間でそのような「決めごと」を内々で話し合ったり、決定した事実は断じてない。」とか。

 うーん、これはかなり記者は怒っていますね。まあ、そりゃあそうでしょう。

 望月記者は、嘘を流してなぜ平気なのか。記者というのは真実を書くのがプライドなのではないのでしょうか?

 反安倍のパヨクに持ち上げられて、望月記者なら嘘をついても良いというのは全く間違っていると思いますが。
 講演活動やメディア露出にいそしんでいるようですし、記者なのか、活動家なのかわからないのですが。記者活動どのくらいしているの?

 東京新聞や、朝日新聞は、嘘を認める理由を明示してほしいですね。
 「第4の権力」は、誰も追求するすべがない点で最悪の権力だと思います。


<2月13日>
○メディアから一言
 12日付けAERAによると、「新型コロナウイルス 日本の水際対策は無意味すぎる!日本国内感染はもっと広がっている」とか。

 で、「NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。」とか。

 具体的には、「水際対策としてクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」号の乗員乗客3711名が14日間も船内に拘束させる検疫や、武漢からの政府チャーター機による帰国者のホテルでの隔離、さらにはサーモグラフィーでの熱の感知や症状を申告することによる空港での検疫が行われていますが、無症状の新型コロナウイルス感染の報告や潜伏期間、さらには日本国内での3次感染の可能性が示唆されている中で行っても無意味であると言わざるを得ません。そもそも、水際対策は国内で感染が広がっていないのが前提で行うべきなのですから。」

 うーん。この方は本当に医師なのでしょうか?
 リスク削減策を「無意味」と断定する医師というのは全く理解できません。
 さらに言えば、AERAはじゃあどうしたら良いというのか。
 朝日新聞は安倍叩きのためなら市民の健康はどうだって良いのか、という報道が最近多い。朝日は日本を壊したいのか、と改めて思います。


○一言
 地方自治体が友好都市にマスクを送るのがはやっているらしい・・。

 多くのケースで政治判断のようですが、知事をはじめとした政治家は数の圧力を理解してほしい。
 100万枚送っても、武漢の10人に1人しか行き渡らず、それも1日分に過ぎないことを。他の都市もおおむね同じ。

 それより、自分の自治体のマスクがなくて困っている人に配布するべきなんじゃないですか?


○一言2
 クルーズ船。本来日本政府が対応しなくて良い事案なのに、なぜか、政府叩きに利用されているのが理解できません。

 そもそも、感染者が発覚してから4日間も適切な対処を取らず、濃厚感染させまくったクルーズ船運営会社(米国)側に重大な責任があるのに、なぜ誰もそれを言わないの?

 例えば、崎陽軒の差し入れが賞味期限の結果廃棄され無駄に終わったようですが、こんなの明らかにクルーズ船側の問題でしょう。
 なぜクルーズ船側のおかしいことをメディアは全く追求しないのか、不思議でなりません。
 政府叩けば楽なのでしょうけど。安易に過ぎませんか?


○メディアから一言
 デイリーによると、「菅義偉官房長官の天敵としておなじみの東京新聞の望月衣塑子記者と、加計学園問題を巡る告発と出会い系バー報道で騒動となった元文部科学事務次官の前川喜平氏が12日、都内で映画「子どもたちをよろしく」(29日公開)のトークイベントを行った。」とか。

 で「望月氏は、日々、菅長官とぶつかっていることに「なぜ私がいじめられ続けても生きるのか」と切り出し、勇気づけられたと後輩記者に感謝されたエピソードや、「いじめられてるけど大丈夫?」と声をかけられることを紹介し、「いじめっ子より、いじめられっ子のほうが共感してもらえるんだなと感じています」と語った。」

 頭おかしくないですか?あれだけ記者会見で攻撃しておいて、「いじめられてる」とか。東京新聞という巨大権力に守ってもらって、何がいじめか。
 望月衣塑子氏はいじめ問題を舐めすぎ。ホントいじめ問題をわかっていない。
 
あなた、全然いじめられてないよ?


 現場をよくわかっていない被害妄想の権力者達の妄言に本当に腹が立ちます。


○一言3
 クルーズ船の方が要望書を厚労省に出したとか。
 まずはクルーズ船の運営会社に出すべきではないかと思いますが・・。

 具体的な内容。
1、シーツ交換、室内清掃が隔離生活以前からほぼ一週間近くなされていません。船内生活環境が急速に悪化しており、早急な対応が求められています。生活環境に対する配慮は事実上全くなされていません。
→クルーズ船の運営会社の問題では?そもそも毎日風呂に入っていればそんなに問題ないような。我が家のシーツは1週間では替えませんが・・。

2、隔離生活の長期化に伴い、乗客の健康悪化がすすんでいますが、医療的支援は届いていないか、全く不十分な状況におります。何よりも健康対策の実行、医療専門家、看護師、保健師等の派遣を求めます。
→薬についてはその通りだと思いますが、これもクルーズ船の運営にいうべき話。人を派遣しろとか、「隔離」の意味がわかっていないんじゃないかと思います。

3、連日のように新たな感染者が報じられていますが、乗客に対する情報提供は極めて不十分で、不安が急速に高まっています。船内アナウンスによる情報提供は極めて限定されており、多くの人は船外のメディア情報に依存している状況です。SNSなどを利用している人としていない人との情報格差が広がり不安を増幅させています。
→私も含め市民の情報も報道と厚労省の発表が全てですしね。情報格差と言いますが、ニュースくらいは携帯で誰でも入手できるのでは?

 以下略しますが、改めて。まずは船の運営会社に言ってほしいという話だと私は思いますが・・。


<2月8日>
○一言
 クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」号について。
 報道を見る限りは、乗客の方々は隔離をやむを得ないとしつつ、不満も吐露されているという状態なので、本当にお気の毒というか、頑張ってくださいと思います。

 一方で、メディアの報道にが大いに疑問を感じます。
 具体的には、乗客の不満を大きく取り上げ、何とかするべき、と言う論調がまま見られます
 特にひどいのになると、TBSのように、外国人客が帰国を希望し、当該国も受け入れの準備が整っているのにそれを日本政府が妨げているかのような報道まであります。

 しかし実際は、例えば米国は、「米国政府から日本政府の対応ぶりに謝意が表明されるとともに、14日間の検疫期間を船上で過ごすことがウィルス感染の拡大を防ぐ最良の方法であるとの米衛生当局の判断に基づき、早期に下船・出国させる考えはないとの説明を受けています。」(2月8日付け河野太郎ツイッターより引用)と考えです。

 そのほかでも、簡易検査が確立していない現状では、3000人以上の検査はなかなか難しいし、隔離を批判するなら下船させろとでもいうのでしょうか。
 何千人分の隔離施設の確保など不可能なのですが。

 武漢からの帰国者の時は、些細なことでも「日本国民が危険になる」的に政権を批判していたのに、手のひらを返すような論調は、報道機関として主張が一貫していないし、社としてどうすれば良いと考えているのか、をきちんと決めてから一貫性を持って報道してほしいと思います。

 個人的には、米国の会社の船なのだから、例えばグアム等に寄港すれば良いように思えますが、なぜ日本にどうしても滞在しないといけないのかがよくわからないので報道してほしいと思いますが。

 また、武漢帰国者の隔離についてはほとんど報道しなくなり、クルーズ船ばかりというのも大いに疑問を持ちます。

 いずれにせよ、新型感染症の国内での拡大を止められるのか重要なタイミングであることについて、メディアもよく理解した上で責任ある報道をお願いしたいと思います。

 なにより、クルーズ船の隔離に要する費用を日本政府が負担しろという主張は全く理解できません。日本人の税金ですよ?


○メディアから一言
 4日のAbemaTV『AbemaPrime』によると「小西洋之参議院議員(無所属)は「公文書を捨てないということには賛成だが、安倍政権は公文書を隠蔽しろと官僚に指示している。この政府を変えない限り、公文書を捨てないというルールを作っても、何らかの形で絶対に捨てる」と懸念を示す。」とか。

 まず、公文書を隠蔽しろという指示を受けたことは一度もないし、そのような発言を上司から言われたことも一度もありません。

 毎度のことですが、嘘を事実であるかのように言う小西洋之氏の言動は、国会議員として全く正しくないと思います。
 安倍政権を嘘つきと言っている人が嘘つきだというのは、笑い話にもならないと思いますが。

 また、嘘をついても市民はだまされると思う発想は、ネット時代ではマイナスに働くだけだと思います。


<2月5日>
○一言
 マスクの高額な転売問題。ヤフオクやメルカリなどはきちっと止めろよ。
 何でも自由というならプラットホームとして失格でしょう。
 社会的責任を果たすようメディアは厳しく批判するべきだと思います。


○メディアから一言
 産経によると、「立憲民主党の安住淳国対委員長らが4日、衆院予算委員会の質疑内容などを伝えた同日付の新聞各紙のコピーに「すばらしい!」「くず0点」「ギリギリセーフ」といった論評を書き添え、国会内の同党などの衆院会派控室のドアに張り出した。「政府に注文 自民存在感」との見出しの産経新聞の記事は各紙よりも下方に掲示され、「論外」と書かれた。」とか。

 衆議院会派控室のドアにわざわざ張り出したところが闇が深い。「出来心」で張り出すバカはいない。
 立憲民主党は、メディアを自分達の都合良く書くようねじ伏せることが出来ると思っているわけで。

 しかも、このような深刻な愚行を行ったにもかかわらず、「口頭注意」で終わってしまうところが、野党の甘えというか。
 野党だから身内に甘くても批判されないぬるま湯。そりゃー野党やめられませんねぇ・・。
 
自民党だったらぼろくそに叩かれていたはずですが・・。


○一言2
 テレビに良く出ている作家室井佑月氏は、新型コロナウィルスの報道一辺倒になって「何か」を隠している、とツイッターでアピール。

 さすが反安倍でメシを食っているだけあって、事実を無視して安倍叩き。何でこんな嘘つきをメディアは喜んで使うのか。

 こんなの嘘であることは明らかで、ニュース見てれば、コロナウィルス報道一辺倒ではないのは明らか。

 安倍叩きなら嘘つきでも平気でテレビに使うというメディアの構図がテレビ離れを呼んでいるように思えます。
 まあ、テレビ至上主義の高齢者をだませれば良いと思っているのでしょうが。高齢者も馬鹿にされたものですけど。

 一般論ですが、公然と嘘をついて平気な人って、病んでいるのではないかと思います。


<1月31日>
○一言
 チャーター機の運賃を政府が出すことになったそうな。

 与野党の政治家はアホか・・。「政府の金」は税金ですよ。
 税金で5000万をぽんと出すとか、税金をなんだと思っているのか。

※8万円×約600人=5000万円弱。

 そもそも企業の現地法人の関係者の帰国なら、当然その企業が渡航費用を支払うのは当たり前でしょう。

 なぜ企業が負担するべき費用を、税金で負担しないといけないのか。

 「政府の金」=「税金」であることが理解できない政治家は最悪だと思います。


○メディアから一言2
 2月4日付けwedgeによると、「経済産業省の若手官僚(キャリア職)がこの1年間に23人もの大量退職していたことが明らかになった。同省ではこれまでに15人程度辞めたことはあったが、これほどの大量退職したことは過去に例がないそうで、その理由が何なのか問題視されている。」とか。
 で、「経産省の若手官僚が辞めた理由の詳細は不明だが、今回辞めた理由のうちに、こうした安倍政権への抗議の意味を込めた退職があったとしたら、政権に対して根深い問題を提議していることになる。(中西 享 (経済ジャーナリスト))」だそうな。

 経産省に個別事情があるのかもしれませんが、一般論で言えば、率直に言って、国会議員や国会対応とか、パワハラでメンタル壊される野党ヒアリングの対応などが原因では?
 「若手」というのなら、そもそも政権に抗議するほどの地位になっていないわけですから。

 何でもかんでも安倍政権批判につなげるジャーナリスト達は誰得で無理矢理こじつけているのでしょうかね?


<1月27日>
○一言
 新型肺炎。潜伏期間が14日って、これはかなりきついですね。
 先週の報道ステーションでは、武漢から来た女性が、「避難してきた。日本の人には悪いと思うけどホテルで静かにしているから(許してほしい)」(要約)とインタビューを受けていましたが、現実にこういう方が来日されている以上、マスク着用等で新型肺炎を避けるしかないと思います。

 なにより小売店等サービス業の経営陣は是非従業員にマスク着用を義務づけ、従業員を守ってください。それが、結果的には伝染防止にもなりますから。


○一言2
 
メディアは新型肺炎についてもっと報じてほしい。はっきり言えば、「桜の会」よりよほど市民にとっては重要な事案です。
 特に、罹患者数や志望者数、政府の措置などばかりの報道でいいのでしょうか。
 市民にとって重要なのは、
新型肺炎とはどういうもので、どういうふうに防御すれば良いのか(マスクで大丈夫?)、怪しい症状(病院に行くべき症状)はどういうものなのか、家族が怪しい場合どうすれば良いのかといったことではないでしょうか。

 わからないことも多いですが、
現状わかっていることと、市民はどうすれば良いのか、という報道をお願いしたいと思います。


○一言3
 野田市の小4女子拷問殺人事件から1年とか。

 この事件は個人的に心に刺さっており、例えば風呂で寒い寒い、とやっている中、ふと、こんな中冷水浴びせられたらそのダメージは殴られるよりめちゃくちゃきつかっただろうと思ったりします。

 本件は、行政がどうこうといろいろ言っていますが、冬に冷水を浴びせる拷問は第三者にはわからない。それくらい栗原勇一郎は狡猾な鬼畜です。結局は鬼畜栗原勇一郎と二度と会わせない以外に救う手はなかったと思います。虐待が認められた親からの親権剥奪をより容易にする法律改正が求められると思います。


<1月26日>
○一言
 夫婦別姓について。個人的には別姓を言うのなら戸籍制度とリンクさせてしっかり議論することが必要だというのがスタンスです。

 国会での政治的利用を見てもわかるとおり、感情的な議論が多く、危険だと思います。
 
 例えば、昔ネットで議論した際に、「仕事で困る」という主張に対し、最近は旧姓利用が一般的になりつつあるからこれを進めれば問題ないのでは?と言うと、「保守的で変えたくない人間」というレッテルを貼られました。

 大いに疑問を感じつつも、手続きの煩雑さについても、最近はネットで済む手続きもあるし、それ自体が問題なら男性側の改姓の選択肢もあり得るし、それが嫌なら内縁(事実婚)でもいいのではないか、と言うと、キレられました。
 著名人では高須院長と西原さんなど、事実婚でパートナーとされている方もいます。
 法的保護が重要な部分で同レベルであれば、役所の認証などどうでも良いような気がしますが。リベラルならなおさらに。

 制度を変えるときは、なぜ変える必要があるのか、デメリットの検討等丁寧な議論が必要だと思います。それをおろそかにしたり、強引にやるとたいていは失敗するというのが法律改正を何度も経験したものの経験則です。

 ですから、大声や(メディア等の)権力で反論(反対ではない)を押しつぶそうという主張って間違っている、というのが私の考えです。世の中いろんな対立する話があるのに、夫婦別姓の議論になると、反論を弾圧するかのようなことばかりになるのか理解できません。

 だから、「今」の選択式夫婦別姓派の主張は、「理解してもらう」という姿勢が欠けているように感じ、根本的に信用できないのです。法律改正のステップでは、.反論は問題点の解消のためのものなのだから、冷静に話をしたいものです。

 ちなみに北条政子や日野富子の例を挙げて、昔は別姓だったという主張がありますが、これは誤りです。
 北条家や日野家出身であったから便宜的にそういう名乗りになっているだけで、当時は公家や武家であっても女性に姓はないのです。
 日本は古来から「家」制度であり、男性であっても姓を変えることは普通にありました。養子も当たり前。
 例えば、上杉謙信は、本来長尾姓で、上杉家の家督を継承したから「上杉」と名乗ったということです。
 ですから「家」で一緒に暮らす人間が「家族」であったわけです。
 別姓を導入するなら、「家」はどうなるのか。「姓」とは「家」であることを踏まえてきちんとした議論をするべきだと思います。


○メディアから一言
 東京新聞によると「東京新聞の望月記者、菅氏に抗議 「質問指されず不当」」とか。
 具体的には「菅義偉官房長官の22日の記者会見で、東京新聞の望月衣塑子記者が質問の機会を得られないとして抗議する一幕があった。菅氏は「最後の1問」として望月記者を指名。これに対し記者は「2問聞きたい。長官から不当な扱いを受けている。21日から手を挙げているが、私だけ指されない」と訴えた。

 菅氏は「あなたの要望に応える場所ではない」とした上で、「桜を見る会」の公文書管理に関する質問に1問だけ答えて会見は終了した。」そうな。

 まず、自分の会社の記者の名前を大きく取り上げること自体異常ですね。

 なにより。東京新聞さん。反安倍は自由ですが、官房長官記者会見の質問を、自説を滔々と述べる場とするのは間違っていると思わないのですか?YouTubeを見る市民は貴社の予想以上に多く、新聞記事で市民をだませると思っているのはメディアの傲慢ではないですか?


○一言2
 22日付け細野議員のツイッター。「官僚を夜中まで役所に縛り付ける国会質問の通告の遅れ、年間750本も提出され膨大な調整業務を生んでいる質問主意書。昨年は「セクシー」に関する質問主意書まで登場しました。

現職官僚が疲弊し、志望者が減っている現状は危うい。」と。

 ありがとうございます。国会議員対応は、資料要求ですら、議員案件最優先のため、通常業務が半日~1日止まってしまうのが実態です。ましてや質問主意書は時間が限られている上に法制局審査があるために、深夜残業もある大きな負担です。

 (言っても無駄と思いつつ)通常業務があることについてもご理解頂きたいものです。
 秘書さんが対応される件でも資料送付後、追加資料を求められ、期限を聞くと「今日中でいいから」とか。

 仕事だからやりますが、発注する側が、発注される側を全く理解していないのが国会議員と国家公務員の関係だと思います。
 そういう意味で、国会議員の先生からこうした投稿をいただけるのは大変ありがたいことです。


<1月22日>
○メディアから一言
 産経によると、「夫婦別姓訴えに「結婚しなくていい」とやじ 野党猛反発」という見出し。

 民法上は内縁関係(事実婚)も子どもが父の姓を選べない等以外は法律上保護されているので、そんなに別姓にしたいのなら結婚しなくて良い、というのは至極まっとうな意見なんですが。

 選択式夫婦別姓を批判する人は間違っているというメディアや野党の主張こそ、言論弾圧的で大問題だと思います。


<1月21日>
○メディアから一言
 デイリーによると、「ものまね芸人のみかんが20日、TBS系「グッとラック!」で、ベビーカーで電車に乗った時にサラリーマンからかけられた心ない言葉を明かし「一瞬消えたくなった」とその時の心境を明かした。
みかんは現在8歳と3カ月の2人の子供のママ。3カ月の子供は手が離せないため、普段は車で移動しているというが、その日はどうしても電車に乗らなければならず、子供を抱っこし、ベビーカーを畳んで、車いすやベビーカーの優先スペースがある車両に並んで乗ったという。
 当時の混み具合については肩が触れあう程度だったというが、1人のサラリーマンの男性が、下車するときに「邪魔なんだよ」と吐き捨てて降りていった」と。

 で、「このVTRを見た2児の父でもある落語家の立川志らくは「そのサラリーマンの方がよっぽど邪魔だよね」と怒りをにじませていた。」そうな。

 この件、ネットで話題になったときから知っていたけど、嘘までついて売名行為または社会問題化するなら一言言いたい。

 本件の本質は、乳児を抱えた母親の話ではなく、大荷物を持ってラッシュ時に無理矢理乗り込んできた非常識な社会人の話です。ここを勘違いしているから、話がおかしくなるのです。

 以下、元ネタのみかん氏の15日付けブログの記事をベースにご説明します。

 まず、経路。記事と最後のTXつくば駅の画像、乗車前の満員電車(京浜東北線)を撮影した画像(なぜ撮影した?)を踏まえると、マネージャーと合流したと思われるのは秋葉原で、そこから15分で朝から仕事がある場所となると品川と推測されます。
 品川→秋葉原だと、浜松町、東京を除き、原則降りる人の方が多いと思われます。

 前述の京浜東北線の画像からは、テレビで言う「肩が触れあう程度」ではなく、立錐の余地がありません。事実彼女は「朝8時台」だったから「激混みで」2本見送ったと言っています。→事実関係の改変

 次に、つくば駅の画像では、ベビーカーの上に鞄、さらにキャリーバッグが見えます。要は、ベビーカーと育児セットだけではなく、キャリーバッグを持っていたのです。→事実関係の改変

 幼児をだっこして、片手にたたんだベビーカー、片手にキャリーバッグ。実に不安定で、揺れのたびに周囲にぶつかっていたのではないかと容易に推測されます。鞄を肩に掛けてでしょうからその鞄は揺れのたびに隣の客の上半身や顔にぶつかっていたでしょう。
 さらに、その状態だと、降りる客に対し、一端電車を降りて場所を空けるということも困難であるとも容易に推測されます。
 もちろん、ぶつかるたびに「すみません」と言えば、おそらくは(いらいらしても)文句を言う人はいないと思いますが。
 要するに本質は、大荷物を抱えた客による周囲への無配慮が原因なのです。キャリーや鞄なしで、ベビーカーと最低限の育児グッズで、周囲に配慮していればトラブルにはならなかったと思います。

 私はイクメンという言葉がある以前から、育児に参加していたので、この方の言動には全く賛成できません。育児を利用した売名行為ではないかと思います。
 非常識な行動で、育児側に配慮しないのはおかしい、という発想は間違っていると思います。繰り返しですが、本件の本質「育児」の問題ではないのです。本人はもう電車に乗りたくないと言っていますが、はっきり言って、周りに配慮できない方は公共交通機関に乗ってほしくないと思います。
 そもそも庶民が東京で暮らしていれば電車を利用せざるを得ず、これまで電車を利用しなくて済むとは、どれほどの大金持ちなのでしょうか?

 ましてや、女性専用車があるにも関わらず、そこに乗車しない。ほとんど利用しないのに、「女性&ベビーカー&マタニティ&子供専用&車椅子」専用車を作れとか、周りを考えない実に身勝手な方だと思います。

 立川志らく氏は浪花節を言う前に、こうした事実関係を確認してから言うべきです。恥を知れ、と。どう考えてもいろいろと特殊な事案ですから。

(参考)以下、1月15日付け、みかん氏ブログからの引用。
 「今日は夫に預けるのも難しかったので子供同伴だったんですが、とりあえずサポートしてくれるマネージャーと待ち合わせの駅まで15分なんとか1人で頑張ろうと向かってました!
ベビーカー優先の号車に乗ろうとしましたが、時間が朝の8時台の通勤ラッシュだったから、激混みで待っても待っても混んでいて…
(結構混んでいる京浜東北線10号車と思われる画像)
結局、乗れたのは3本後の電車でした」

「(TXつくば駅でベビーカーに鞄を乗せ、子どもをだっこ、さらにキャリーバックで泣き真似画像)
でも、私何年か前に思った事があるだけど、女性専用車両があるなら、「女性&ベビーカー&マタニティ&子供専用&車椅子」などなど、これらをひっくるめた号車を10何号車ある中で1つ作って頂きたい‼️」


<1月18日>
○一言
 とある会議で、都道府県の部長クラスの人間の発言に驚きました。「この業界は初めてですが」という前置きで。

 要は、法律改正をしてもっと市町村に仕事をしてもらうべきだ、と。令和の時代に昭和の化石出現。

 まず、法律改正がそんなに簡単にできると思っているお偉いさんに驚き。これまでの役人人生何をやってきたのか。
 役人は、まずは法律の下でできうる限りのことをするべきということがわかっていないお偉いさん。

 さらに、都道府県という立場の人間が、自分達が仕事したくないから市町村に投げるという発想が傲慢。市町村は部下じゃないんだぞ?と。
 この発言を聞いていた市町村の方々はどう思っただろう・・(大人なので反論なし)。

 っていうか、仕事減らしたら人員削減される。
 で、仕事を市町村に回したって、市町村の方が都道府県より人員カツカツなんだから回らない。
 市町村が回らなくなったらそのツケ、人員削減された都道府県に戻ってくることすらわからない。こんなレベルが部長クラスとは・・。

 久々にむかつく公務員の風上にも置けない人間に出会いました。反論しなかった私は、大人になったなぁ、と実感しました(笑)

 都道府県は市町村を、一緒に行政を担うパートナーとしてもっと大切にするべきです。


○一言2
 CMで、手作業が多くてキレまくっていた会計の女性が、電子に変えたら大幅に業務が「効率化」され、穏やかになり、花に水をやったり、手作りの菓子を職場で配ったりというのが流れています。

 みなさんはこのCM、どう見ているのでしょうか?

 私は、この女性は今年でクビだな、と思いました。正社員なら異動。仕事が減ったならそのポストは不要ですから。

 単純作業でも仕事があることは大事なことだ、と思います。労働者から見ると、合理化というのはクビになる人が出るということだと思います。


○メディアから一言
 17日付け日刊スポーツによると、「女性にハイヒールなどを強いる日本の企業の服装規定をなくし、選択肢が男女同じになることを目標にした活動「#KuToo」発信者の石川優実氏(32)が、自身に対するネット上の誹謗中傷に法的措置を検討しているとした。」とか。

 これ、ネットで個人が自分のサイトでツイートしたことを、あたかも石川氏のツイッターにリプライ(コメント)したかのように著作で「引用」していることや、ツイートの一部を削除してあたかも全文引用したかのようになっていることが問題になっているのです。
 法的措置は是非とってほしい。当然反訴されるでしょうから、著作権法違反になるかどうか興味深い事案です。
 個人的には勝手にリツイート扱いにしたら、「改変」で著作権法違反だと思いますが。

 例えば、私がここで石川氏の批判やKuTooの批判を書いたとします。この批判が、あたかも石川氏のコメントのリプライのようにされて、「ツイッターへの誹謗中傷」とされたら、やはりおかしいと思います。批判レベルの言論の自由はありますし、
 批判=誹謗中傷、というのはおかしいと思います。

 それはさておき、KuToo。

 霞ヶ関だけかもしれませんが、男性はスーツであるところ、女性は私服で、服装では男性より自由を謳歌していると思いますけど。
 男女同じというなら、女性も常にスーツ着てから言ってくれ、と思うのは私だけでしょうか。

 そもそもパンプスやハイヒールが必要な業界ってだいたいわかるじゃないですか。にもかかわらずそこを選んで就職しておいて、パンプスやハイヒール拒否というのは、職業選択の自由があるのに理解不能です。


○メディアから一言2
 共同通信によると、「警視庁に逮捕された当日、夕食の提供がなかったのは違法だとして、男性受刑者が東京都に15万円の国家賠償を求めた訴訟の控訴審判決で東京高裁は15日、1万1千円の支払いを命じた。「容疑者に対し食事の希望の有無を確認するのは警察官の義務だ」と判断した。

 判決によると、男性は八王子署が捜査していた脅迫事件で逮捕状が出ており、2018年3月、任意同行先の上野署内で逮捕された。その日のうちに八王子署に連行されて取り調べを受けた後、留置場で就寝。翌朝、留置係の警察官に夕食の提供がなかったと訴え、朝食の提供を受けた。」とか。

 うーん、なぜ夕食の提供がなかったことを就寝する前に訴えなかったのか理解できません。
 また、食事の提供の義務を指摘するならともかく、希望を聞く聞かないで損害賠償というのはどうなのかな、と。

 少額訴訟という点でも、「不思議な」訴訟だなぁ、と。原告はどういう方なのか興味深いです。


<1月15日>
○一言
 レッドカードやPKはあり得ないですが、それ以上に、何で森保は激怒しないのか。極端に言えば、アピールしまくった結果退場したって次の試合がないのだから問題ないのに、なぜ猛抗議しないのか。選手が頑張っているのだから審判にプレッシャーかけるのが当然でしょう。アホかと。
 PKも審判に舐められたからじゃないですか?選手が猛抗議しているのに、森保はおとなしかったですしね。

 戦術面でも、.相変わらず3枚目のカードはロスタイム間近で遅いし、基本の3バックより、1人減ったあとの4バックの方が機能しているように見えました。

 もう本当に森保辞めてくれ。サッカー協会はバカか?
 戦術も采配もダメ、何より戦う姿勢を示せない指揮官などクビでしょう。

 森保解任のメールをサッカー協会にぶつけましょう!メダルどころか、ホスト国として惨敗します。このままでは。


○一言2
 安倍総理の中東歴訪について、成果なしというメディアが多い。

 しかし、現実的には日本の生命線である石油の輸出元であるサウジとUAE(アブダビ)に自衛隊派遣について理解を得たのは大きいわけで。

 メディアは「外交」というものを理解しているんでしょうか?友好国との関係を持続させることが最も重要なのですよ。


○一言3
 小泉環境相が、テレワークや短時間勤務を組み合わせて育児休暇を取るとか。

 アホか。育児を知らない人間がいかにも考えそうなことです。

 まずテレワーク。霞ヶ関ではテレワークは職務専念義務があり、その時間は育児等をしてはいけない。大臣自らルールを破る気ですか?
 また、短時間勤務ということは、2,3時間育児をやるということなんでしょう。
 しかし、現実には乳児の世話で睡眠不足の妻に対し、まとまった寝る時間のために半日くらい世話をしないと意味がありません。だから育児休暇なのです。
 2,3時間の育児や家事などは当たり前で、育児休暇を取るとか以前の問題です。乳児期はそれくらい戦場なのですよ。

 こんないい加減な「育児休暇」など全く評価に値しないパフォーマンスです。小泉氏もなにを考えているのだろうと思います。


○一言4
 インフルエンザ。ちょっと前ですが、芸能人がインフルっぽい39度の熱で救急車を呼んだという記事を見ました。
 これは批判されてしかるべき事案だと思いますが。1人ならともかく、配偶者がいるならタクシーで行けと。

 ツイッター等でも39度の熱で病院行ったらインフル判定、みたいな、インフルかかったなう、的なものも見受けられます。

 罹患はお気の毒ですが、他方、若い方ならともかく、30代以上のいい大人が予防注射を打っていないことをアピールするのも違うのではないかと。予防接種をしていれば普通はそこまで重篤化しませんから。
 予防接種は感染リスクも低減しますから、アレルギーの方を除き、いい大人のおじさんおばさんは予防接種を受けて頂きたいと思います。


<1月12日>
○一言
 U-23日本代表。連敗でJリーグ発足後初のアジア大会グループリーグ敗退とか。見ていましたが、相馬と齊藤は全力を尽くしていたように見えましたが他は・・。

 森保監督は「勝負感を培ってほしい」とか言っていましたが、一番勝負感を培うべきなのは森保一監督、あなたです
 責任を取って潔く辞表を提出して頂きたい。

 続投とか間抜けなことを言うなら田嶋氏も会長職を辞任するべきです。


○一言2
 青山学院の原監督が箱根駅伝の全国化を主張し、その理由として地方の学生が東京に来ることなく地方の大学に入学すれば地方活性化につながると主張しています。

 こんな初歩的な嘘にメディアは騙されないでほしい。

 
地方の学生を大量にスカウトして東京に集めているのは青山学院の原監督という人物
でしょうに。

 例えば、早稲田では推薦枠は4くらいしかありません。青山は10人前後あり、見込みのある学生を毎年早稲田の倍以上乱獲しています。
 部員数を見ても、早稲田は長距離ブロックは女子(4名)や一般入試の者を含めても40名未満です。青学は長距離の男子だけで40人を超えます。
 スカウトの人数を企業努力というのであれば、そうかもしれませんが、ならば「地方の有望学生が地方に入学(が理想)」という嘘を言うのはやめて頂きたい。

 原監督と青山OBがテレビのバラエティに仲良く出ているのを見ていても、青山閥を作って陸上界で権力を振るおうとしているように見えます。メディアは少し冷静に見るべきだと思います。
※他の大学の学生は卒業すると個人個人で動きます。例えば大迫が早稲田の後輩とテレビ出ますか?設楽や服部が東洋の後輩とテレビ出ますか?

 なお、監督の能力は優秀であると考えていますし、これを否定しているものではありません。競技以外の部分の発言や行動についての批判であり、おかしいところがあるのに、名将だから言うことが全て正しいかのごとく扱うメディアへの批判です。
 これは原監督が言うように「箱根駅伝に勝てば自分の主張が正しいと認められる」という勘違いを助長するものです。


○一言3
 イラン関係は民間航空機誤爆という信じられない事件で、状況がよくわからなくなっています。
 が、イラン政府以外の勢力はまだなにもしていないので、トランプが賭に勝ったとするのは早計だと思います。

 テロは、忘れた頃に実行されるものだからです。


○一言4
 ゴーン弁護団の高野隆弁護士が「人質司法」を批判するあまり、ゴーンに同情的な発言をしていたり、弘中惇一郞弁護士が任意のPCの提出を拒否したり、おかしな言動をしています。

 はっきり言って「逃亡の恐れはない」と強く主張して保釈を勝ち取ったんだから、逃亡した人を強く批判するのが当たり前だと思いますが。それをしない時点で、協力者ではないかと疑われても仕方がないと思います。

 いずれにせよ、保釈された人間をしっかり管理できない弁護団に「人質司法」がどうとか言う資格はないと思います。
 保釈を容易にすべきではないという検察の主張が正しいことを証明してしまったわけですから。


<1月5日>
○一言
 うーん。イラン情勢が心配です・・。
 なぜトランプ大統領がああいう決断をしたのか。長い間そこまでやらなかったことを考えてみても、理解に苦しみます。


○メディアから一言
 共同通信によると、「スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん(17)が3日、首都ストックホルムで共同通信の単独取材に応じ、温暖化対策の強化に向け「今年も権力を持つ人たちに圧力をかけ、人々に意識を広め続ける」と語った。招待されれば初訪日するとの意欲も示した。」とか。

 CO2排出量は1位が中国で3位がインド。最大の排出国の中国に対しなんでなにも言わないのかが不思議でなりません。

 中国や習近平主席を厳しく非難しないのであれば、よくいる反西側の活動家なのではないか、あるいは中国がスポンサーなのかと疑いを持ってしまいます。


○メディアから一言2
 弁護士ドットコムによると、「「はるかぜちゃん」こと女優の春名風花さん(18)。9歳でツイッターを始めると、社会問題について自分の意見を率直につぶやき、すぐさま話題になった。今年2月に19歳の誕生日を迎える春名さんのフォロワーは、今や20万人を超えたが、この10年間は誹謗中傷との闘いでもあった。
「顔の見えない人たち」からの中傷に対抗するため、春名さんはついに法的措置をとった。裁判所が11月1日、ツイッターで誹謗中傷した投稿者の情報開示をプロバイダ側に命じるニュースが流れると、フォロワーからは「おめでとうございます」とお祝いの声がたくさん並んだ。」とか。

 率直に言って「誹謗中傷との戦い」とか、彼女をネット中傷に対してのヒロイン扱いするのは間違っていると思います。

 「はるかぜちゃん」で有名になったのは、小学生が大人のような意見を発信していたからだったと記憶しています。
 ただし、自分が絶対正義、という認識のため、かなり攻撃的なことを自ら言っていて、無駄に敵を作っていたという印象です。

 例えば、2014年の捨て猫に関する中川翔子氏による一般人ファンネル攻撃(拡散希望→信者による攻撃)事件。(経緯は「中川翔子 捨て猫」で簡単にぐぐれます)。
 それに対し、突然参戦し、善意の一般人に中傷まがいの強い言葉をぶつけたのは、他ならぬはるかぜ氏であったと思います。

 もちろん「中傷」にも程度があるので、別にどっちもどっちとか言うつもりはありません。ただ、攻撃的なスタイルで、自ら誹謗中傷リスクを積極的に引き上げたのが実態だと思います(もちろん、だから誹謗中傷が容認されるという意味ではありません)。

 (私が言うのもなんですが)誹謗中傷リスクは下げることは可能だと思います。誹謗中傷リスクが高いまま戦うことを賞賛するよりも、まずは誹謗中傷リスクを下げることを勧めるのが弁護士として提案するべきことだと思います。

 一般的には、訴訟等にかける時間と金は非常に無駄(非効率的)だと思いますから。何より、誹謗中傷を受けることは精神的によろしくないから、減らせるものを減らすところから入るべきだと思います。

 ちなみに、小中学生のうちは世間の悪意になるべく触れずにのびのびと生きるべきとと思います。ので、小中学生のうちからツイッターをやることを親は否定すべきと私は考えます。


<1月3日>
 明けましておめでとうございます。古めかしいサイト、よろしかったら引き続きご愛顧をお願いいたします。

○メディアから一言
 12月30日付けAERA.dotによるイクメン?の記事によると、「たとえば、半年に1度支給されるボーナス。残業をしている同僚には5~10%ほどの加算があるが、自分にはない。月々の給料も残業代が支払われないため、新入社員のころとあまり変わらない額になっているという。
「この働き方で評価されるのは、正直に言って難しいと思う」

 こう割り切っているが、職場はチームで動くことが多い。仕事を切り上げて帰ると、仕事仲間に負担を掛けているのではないか。そんな後ろめたさも感じる。

「どうして定時に退勤するという選択肢が当たり前の社会じゃないんだろう。まだまだ、労働時間の長さで評価される習慣は根深くあると思います」」とか。

 残業しないで他の人に仕事の負担をかけているなら評価は相対的に低くなるのは当たり前では?
 残業してなかったら残業代払われるわけもなく、給料関係の記述は意味不明だと思います。

 いずれにせよ仕事もばりばりやって、家事や育児もしっかりやるなんて、普通の人には無理。二兎を追うことはできないのです。時間は24時間しかないし、子どもの時間と大人の時間は合わないから。
 私はいくつかの激務部署で育児参加もしていましたが、やはり体(メンタル含む)壊しかけました。それ以後は仕事より家庭に軸足を移しています。出世とかはどうでもいいと割り切って(ノンキャリですし)。

 っていうか、そんなに仕事の評価大事ですかねぇ?家庭での幸せを追求するのはダメなんですかね?
 朝日(AERA)は高度経済成長期の古い発想だから、仕事をばりばりとか言っているのでは?

 もっと言えば、業務時間内に濃厚に仕事すれば、「仕事を切り上げて変える」必要はなく、きっちり仕事できるはず。残業時間の長さ云々以前に、業務時間内できっちり仕事する発想がない方がおかしいと思います。この方が実在するのであれば(笑)


○メディアから一言2
 1月3日付け毎日によると「輿石東元参院副議長は毎日新聞政治プレミアに寄稿した。「桜を見る会」をめぐる野党の追及について「許せることではないが『敵失』だ。有権者、国民には年金や医療、子どもの教育に対する不安があり、それに答えを見いだせていないことに対するいらだちと諦めがある」と指摘し、野党は追及だけではなく将来設計の構想を示すべきだと語った。」とか。

 全く正しい。昔は問題追及と並行して政策論争をやっていました。今は政策論争がなくなって、「追求」ばかり。
 こうした野党の無策が、安倍政権を生きながらえさせているという現実を少しは理解した方が良いと思います。


○メディアから一言3
 年末に赤ちゃんを自宅で産んで、仕事(アルバイト)のために、新生児を放置し死に追いやったことで逮捕された人がいるとか。

 メディアは報じませんが、父親が不明で、役所に相談しない(あるいはググれば容易に対処法がわかるはず)。1人で自宅で産む、産んだ翌日も仕事に行く。一方でベビー服などを買っていたという事実関係を総合すると、ある程度障害があった方ではないかと推察できます。さすがにそこまで世間知らずで30歳までは過ごせないと思いますから。
 
 赤須正夫氏によるいわゆる「水戸事件」に象徴されるように。障害を持つ女性の性の部分は男に利用されやすく、しかも女性がその負担を全てかぶらなければいけないケースが多い。容易に解決できない重い問題だと思います。


○ご意見、ご感想はこちらまでお願いします→makinoh2アットマークops.dti.ne.jp
 件名には具体的な内容のご記入をお願いいたします。

※就職にあたってのご質問は、まずは書店等の公務員就職関係の書籍のチェックをお願いします。