明るい!?国家公務員のページ

~FUNNY!?GOVERNMENT OFFICIALS~

 

ガンプラが想像以上にたまっていることが判明。とりあえずゲルググを作ってみました。
 ゲルググイエーガーでかいな・・。
調べた結果RGが5個くらいあったので頭を痛めています。とりあえずHGから消費か・・。
ちなみに最古のものは2009年キャラホビ限定MGシャアズゴックでした・・。10年寝かしてました・・。

                           

ようこそいらっしゃいましたー。 人目のお客様です(1999.3.9より)。

ご訪問ありがとうございました:100万(2006.7.19)、200万(2008.6.15)、300万カウント(2010.2.18)、
400万カウント(2011.11.12)、500万カウント(2014.1.19)、600万カウント(2016.6.10)、700万カウント(2018.6.22)
SNSや動画が当たり前の時代に、スマホ対応すらできていない古めかしいサイトご訪問ありがとうございます。


☆更新情報その他
 時が流れるのは早いもので、愛猫フェイが逝ってからもう2年。いろんなとこに付着している毛もそうですが、まだまだ足跡残っています。天国で元気にやっているだろうか、そういう足跡を見るたびに思います。

 先輩からあまり注意(教育)されないと言う新人の方へ。一つの考え方としてご覧下さい。→
こちら
 本サイトのコメントは全て組織とは関係ない個人の見解です。

経済からみた江戸時代 '05/7/19更新
江戸時代というのは実はすごい時代だったのです。特に教科書は間違いや嘘ばっかりなのでだまされないでくださいねー。
国家公務員はこんなもん '05/5/30更新
国家公務員の実態などについて書いています。新聞や雑誌、HPは極端な話ばっかりですよー。
テレビではわからない実際の話 '10/6/18更新
マスコミ報道は何かあれば政府を批判すればいいような感じです。
でも本当にそうなのでしょうか?規制緩和、教育、年金などについて、国家公務員の仕事をやっている現状から考えた観点でお話しします。
伝言板
伝言板です。いろいろ方と気軽な雑談をしたいです。
投稿前にこちらをお読み下さい。自己主張(アジテーション)はご自身のblogでどう
ぞ。
フェイ写真館 '17/11/03更新 new
うちのいたずらっ娘の画像です。猫好きの方へ。
2017年5月16日、18歳11ヶ月で逝去いたしました。天国でものんびり気ままに暮らしていると思います。

自己紹介とお願い
お約束の自己紹介とこのHPでのおきまりです。

○最低限の交通ルールの遵守をお願いします。
 「アクセルを踏むとき、道を渡るときに、ちょっとでいいから(亡くなられた)えみるのことを思い出してやってください」(風見しんごさん)

○森ゆうこ氏質問通告遅れ問題について
<当サイトの考え方>
・社会人は結果責任を負う。自分が正しく行動しても、結果として遅延したら謝罪しなければならないのが市民の日常。
・本件は「結果として通告が遅れた結果となったのは遺憾」とでも言っておけば、謝罪でもないし、メンツも立つ。
・自分に問題がないのなら、参議院委員部又は内閣総務官室の問題なので、原因を明らかにすれば、身の潔白の証明に加え再発防止策が取られ、全員が救われるのに、なぜこの行動を取らないのか(理事会という非公開の話のみ主張するのか)。
・事実関係(ファックス送信記録その他)を公開せずに、事実関係の確認を求める議員等の口を裏から封じようとするのは言論弾圧とも取られかねず、不穏当。
※その他は別ページに移しました。


<5月28日>
○メディアから一言
 5月28日付け共同通信で「コロナ専門家会議、議事録作らず 歴史的事態検証の妨げに」という見出し。

 これは基本的に誤りであり、市民を安倍叩きへミスリードする典型的な記事です。

 まず、議事録という意味では、民間では議事録として容認されるレベルの議事概要は公開されています。こちら

 いつからか、何でもかんでも逐語の議事録という風潮ですが、官民限らず、本来の「議事録」はそんな手間のかかることをしていないのが現実です。例えば、株主総会を筆頭に仕事の会議、プライベート部分ではマンションの管理組合や町内会の会合など、録音して逐語の議事録なんか公開していないでしょう。

 これらの会議と同様に、政治家のような政治判断をしない専門家会議の会議で「誰がこの発言をしたのか」等の詮索は不要です。ですから逐語の議事録など必要ないのです。

 さらに言えば、逐語議事録の場合は業者に頼み、録音を起こし、委員に必ず確認するという手順が必要です。この緊急時で忙しいときに、また会議も状況によっては数日おきという状況下で、委員に逐語の発言確認をする業務を負荷するのがまともなのか。その労力は状況分析に投入してもらうのが妥当でしょう。
 無駄にマンパワーと税金を掛けるべきとでも共同通信社は言うのでしょうか?

 議事録を必要とする原点は、政治判断などを誰が行ったか、という判断の責任者を明らかにすることだったと記憶しています。

 だとすると、専門家会議においては、逐語の議事録は不要で、民間レベルの議事録相当である議事概要で十分だと考えます。
 議事概要で何が不十分なのか、検証が行えないというが何を検証するのか(専門家会議で専門家個人の責任を追及するのか?)、という部分が不明確な共同通信の批判は,批判のための批判だと考えます。

 最も多忙な時期に、安倍叩きのために情報公開請求をして、市民のために第一線で働く職員の業務を妨害する共同通信は日本のことを本当に考えていますか?

 さらに嫌みを言えば。共同通信は中国の尖閣での動きをなぜ大々的に報じないのかな?日本人が記事作っているんですよね?


○メディアから一言2
 朝日によると、「新型コロナウイルスの行政対応で、愛知県の大村秀章知事は26日、病院で受け入れ困難だった感染者数や救急件数などの情報公開、検証が全国で必要との考えを示した。特に首都圏や大阪圏に対して、「大きな課題だ」と強調。「ひと山越えてめでたしではない。検証しないとまた同じことになる」と述べた。

 大村氏はこれまで東京と大阪で医療崩壊が起きていると繰り返し指摘。11日の記者会見では「病院に入れない、救急を断るのは医療崩壊で東京と大阪で起きた。医療崩壊を起こしたら行政としては負け。何を言いつくろっても結果だ」としていた。」とか。

 バカだろう、大村秀章は。救急を断るのは愛知県でも起きていたぞ。こんなことで医療崩壊というのなら愛知県も医療崩壊です。

 で、当然デイリーによると、「大阪府の吉村洋文知事が27日、ツイッターを更新。愛知県の大村秀章知事が首都圏や大阪圏について、「ひと山越えてめでたしではない」などと述べたとのニュースに反発した。」そうな。

 で、「大阪で医療崩壊は起きていません。何を根拠に言っているのか全く不明です」と反発。「一生懸命、患者を治療する為、受け入れてくれた大阪の医療関係者に対しても失礼な話です。東京もそうですが。」と不快感をあらわにした。」そうな。

 全くその通り。自身の売名行為のために根拠なく医療関係者を愚弄する愚劣県知事大村秀章を厳しく批判するべきだと思います。


○一言
 経産官僚のカドヒロコ氏のツイッターからまた一つ。
 先に結論言うと、私は9年間保育園にお世話になったので、仕事優先で自分たちが子どものことを見れていないのを保育園のせいにするのはやめるべきだと思います。経産のキャリアはこのレベルか、と批判させていただきます。

 具体的には、娘の節子氏「昨日昼にお弁当とデザートにリンゴと自分で焼いたクッキーを持ってく。クッキーは先生に見せたかった模様。食べ始めたら、「節子ちゃん、クッキーはだめ」とパタンも入れ物を閉められてしまった。節子はクッキーを作ったことを褒められたかったのだが、先生の意図を理解できず、クッキーそのものが悪いことだと言われたと思い、お迎えに来たシッターさんに、「クッキーは嫌い」と泣きながら話した模様
 園長先生に事情を説明。クッキーを入れていたのは私がよく支度を見れてなかったのが原因だが、その先生の話が理解できずに混乱してしまっていた、また、誰かしら大人(シッターさんでも電話でも)にクッキーの件は報告をしてほしかったとお願い。モンペと思われないか不安ではあったが、、」という感じ。

 お弁当にお菓子はダメですよね。まともな親ならわかるでしょう?
 また、連絡についても、うちは朝の送りを私、迎えを妻がやっていたので、保育園で何かあればすぐに伝わっていました。保育士さんともいろいろ話しているのが普通ですし、なぜ園長先生にいきなり文句言うのか理解不能。

 「報告をしてほしかった」って、その程度の意思疎通が保育園とできていないというのはいかがなものか。
 保育士さんと毎日話していれば、普通に話があるのでは?
 シッターさんに頼るなど、金で他人に育児任せた弊害だと思いますが。仮に、自分がそれを選んだなら飲み込むべきではないですか?

 なにより共働きなのに
夫が育児参加していないのが根本原因でしょう。夫を育児参加させないのはそちらの家の勝手な事情。保育園にそこまで忖度させるのはおかしい。

 今回はクッキー(お菓子)をお昼に食べたのは明らかに問題なわけで、その問題点を子どもに説明するのも親の仕事です。
 毎日話していないから、言い換えれば金で他人に任せるから意思疎通がうまくいかなかったから保育園を批判するツイートを公開するのは、問題だと思います。

 ラクスクラインふうに言えば、(批判する前に)「お話しされてはいかがですか?」という感じです。


<5月26日>
○一言
 26日付けの小沢一郎氏ツイッターで、「日本モデルの力?何を寝ぼけているか」「偶然感染者が少ない」「危機における無策は世界の模範にはならない」と批判しているそうな。

 まずさ、偶然じゃないよ。多くの市民や事業者の休業などのがんばりで何とかここまで来たことすらわからないのだろうか?
 市民1人1人の貢献がわからないとしたら、小沢一郎氏こそ何をぼけているか。

 さらに、地元岩手で東日本大震災が起きて、当時与党の大幹部だった小沢一郎氏が何もしなかったのを私は覚えています。

 未曾有の危機において何もしなかった小沢一郎氏が、何とかしようと頑張っている安倍総理を批判することほど愚劣なことはないと思います。

 この発言を記事にするメディアは、何が目的なのだろうか・・。
 小沢一郎氏には、人間として恥というものがないのだろうか・・。


<5月25日>
○一言
 「#安倍総理お疲れ様です」というのが立っているそうな。
 それに対し、アンチ安倍の人がわざわざ、このハッシュタグ立ててまで辞めろとか言っているとか。

 別にほめているわけでもなく、単に「お疲れ様」と言っただけでわざわざ叩きにくるって異常な状況ですね。
 最近の安倍叩きって、もはや何が目的かよくわかりませんね。
 その負のエネルギーは、ネットを離れて実社会でプラスのエネルギーとして使った方が精神衛生上も良いように思えますが。


<5月24日>
○一言
 夏の甲子園の中止で、いろいろと同情論が出ています。それはそうだと思います。
 でも、本当に大事なのは高校総体(インターハイ)の中止です。そのとき、多くの競技の選手の気持ちをなぜテレビは報道しなかったのか。
 文化部でもブラバンからかるたまで多くの大会が中止になっています。

 野球ばかりではなく、多くの競技(文化部含む)についてもっと報道するべきだと思います。野球だけが特別扱いはおかしい。


○一言2
 経産省官僚のカドヒロコ氏のツイッターで、「我々行政官と記者もいわゆる懇親会をすることもありますが」というのは誤りです。
 課長補佐以上?のキャリア(総合職)だけです。多くの行政官は懇親会どころか、記者とは交流もなく、プレスレクや問い合わせで一方的に質問されるのが現実です。誤解なきようお願いします。
 カドヒロコ氏はノンキャリアのことを理解していない。普通のキャリアの人は本来そういう所は使い分けるはずですが。
 公務員の実態を書いてきたサイトとしては、こういう誤りは否定せざるを得ません(苦笑)。


○一言3(影響力を使ったタレントの言葉の暴力も知ってほしい)
 テラハの出演者の不幸な事件について、芸能人がSNSでの誹謗中傷に対して抗議しています。
 それは正しいと思います(それを前提にお読みください)。

 他方、テレビやSNSなど公の場で公務員の誹謗中傷を行っている、例えば坂上忍やヒロミなど「バイキング!」の出演者はなぜ許されるのでしょうか?

 例えば。スポニチの記事での5月12日のバイキング!の話(以下引用です)。
 「タレントのヒロミ(55)も前から言ってたけど。このまま収まっていくと、(政府が)自分たちは凄かったんだ!って、マスクだって、僕のマスクのおかげだって。誰も届いてない!って」と椅子を叩き、「そういうふうになるんだよ」とあきれ顔を見せた。

 すると、坂上は「それだけは絶対に許さない」と終息が政府の“手柄”にされることに怒りを抑えられない様子で「絶対にそんなの耳かさない、俺は」と声を荒げた。」そうな。

 政府の人間の誰かが、自分の手柄だと言いましたか?安倍総理が言いましたか?言ってないでしょう?
 つまりねつ造です。
 そして、これを見た人が、「政府の人間はおかしい」と苦情電話かけたり、ネットで批判するわけですよ。

 我々が「そんなこと全く考えていません」と言っても、「テレビでそう言っていた」と「お叱り」を受ける
わけです。もちろん、ネットでの事実と違う批判を見たら心痛めます。

 そもそも、自分も災害の対応をしたことがありますが、うまくいって「手柄」など考えたこともありません。「被災者の方が少し良い状況になって良かったな」と、ただそれだけ(自己満足?(笑))。大変な方見ていたら、何とかしたいと思うだけで、手柄とかそういう次元じゃないんですよね。
 ボランティアの方が「手柄」とか思いますか?それと同じです。

 根拠のないことで、(現場の公務員個人個人が誹謗中傷されることを)煽っているのは坂上忍やヒロミなどの芸能人に他ならないわけです。

 他の番組でもあるいはSNSでも散見されますが、芸能人がテレビなど公の場で根拠なく自分の思い込みで、市民の悪意を煽っている現実って、どう考えてもおかしいと思いませんか?
 

 さらに言えば、「バイキング!」も「テラスハウス」もフジテレビです。フジテレビは市民の悪意を煽って、芸能人であれ公務員であれ、どうなっても良いと考えている体質なんではないですか?


<5月23日>
○一言
 テラハの出演者の不幸な事件に関し、芸能人が「芸能人も人間だ」と誹謗中傷に抗議しているそうな。
 それはそうだと思います。

 でも、例えば公務員も人間ですよ?苦情電話等で怒鳴りつけられ暴言を吐かれても、社会でぼろくそに言われても誰も助けてくれない。
 いや、コンビニやスーパーの店員さんとか、もっと暴言を吐かれているでしょう。最近ではドラッグストアの店員さんとか

 芸能人たちは、こういった市民に何か声を上げてくれたことはあったでしょうか?

 (はっきり言えばどうでも良い)検察庁法で大騒ぎするなら、これを機会にこうした悪意の塊を何とかするために皆さんで声を上げていただけないでしょうか。
 偏った思想で政治問題で声を上げるより、社会問題に声を上げる方がよほど有益だと思いますが。


○一言2
 検察庁法の改正で「内閣は検察の独立性を守れ、人事に介入するな」と言っていた芸能人たち。
 黒川氏の麻雀の件では、検察の処分に対し、「内閣はなぜ懲戒免職にしない」と人事介入をするよう騒ぐ。

 一見正義の味方のようだったけど、結局安倍叩きのパヨク芸能人たちがあぶり出されただけなのだと思います。
 メディアも、こういう偏った芸能人を使うのは、市民をだますことにつながるのでやめた方が良いと思います。

 例えば、中国の尖閣での蛮行に全く声を上げない小泉今日子とか、本当に日本のことを考えているとは思えないのです。


○一言3
 黒川氏の件は外形的には賭博なのかもしれないけど・・。
 麻雀やっている人間は、少なからず身内の麻雀で点ピンか点5で賭けていると思います。
 雀荘(開帳していた場所)で捕まった蛭子さんとは違うと思うのです。

 そうした身内の家庭内での賭け事まで、「賭博罪」と刑事罰にしてしまうなら、警察が容易に家に踏み込んでこられることになります。
 重要なのは、ちょっとした「家庭内」のことで警察が踏み込むことができる、ということです。
 自分の嫌いな相手の社会的名誉を損なうために、自宅で賭け麻雀をし、警察を呼び出せば、その方が捕まってしまいます。そういう社会はまともでしょうか。

 黒川氏に対する感情的な怒りは別として、本件は、賭博罪で摘発するほどの案件ではない、とするのが正しいと思います。


<5月22日>
○一言
 国家公務員法等の一部を改正する法律が廃案になることで、(優遇を狙った)公務員が困る、という批判が結構あるとか。

 いや、私は廃案は実に結構なことだと思いますが(笑)

 まず、前提条件です。
 現状、公務員も、60歳定年で65歳まで再任用可能です。一方、民間もそれに併せて高年齢者等の雇用の安定等に関する法律第8条を改正しており、同様に義務化。

 これはなぜでしょうか。
 答えは、年金の支給年齢の引き上げが原因なのです。

 直近の財政再計算では、今の年金水準を維持するなら68歳9ヶ月まで支給年齢を引き上げなければならない、とされています。
 だとすると、年金の支給年齢の69歳や70歳への引き上げは、一番あり得ること、となります。

 この場合、(官民限らず)現在の再任用の上限の65歳と69歳や70歳との差をどう埋めるのか、が問題になります。

 つまり、定年を65歳に引き上げ、それ以降69か70歳までを再任用とすることで埋めようとする。そして、これを政府の力で自由になる国家公務員からはじめようとしたのが、今回の国家公務員法等の一部改正法の根本です。
 そして、年金制度の改革に合わせ、次に地方公務員や民間についても法制化する、という手順です。

 本来は安倍政権で年金改革も含めてやりきるはずだったのでしょうが、企業の体力が落ちて、コロナがいつまで影響するかわからない現状では、法制化で企業に負担を掛けるのは厳しい。
 ならば、年金支給年齢引き上げも先送りとなり、結果国家公務員の定年延長を急ぐ理由もなくなるわけです。
 これが、廃案の理由です。

 言うまでもないですが、年金受給年齢の引き上げは激しい批判にあうでしょう。それを踏まえての一連の改革です。
 それができそうもないのであれば、よくわからない検察庁法改正での反安倍グループの盛り上がりを見ると、火中の栗を拾う必要もありません。何のメリットもありません。

 阿呆な芸能人やメディアの意味不明な安倍バッシングは、回り回って日本の年金財政を危うくしたと言えます。
 それも民主主義。
 一個人としては、70歳まで働かなくて済むので良かったです。阿呆な芸能人たちは背景を全く理解していないと思いますが(苦笑)

 これを機会に、年金受給年齢の引き上げ以外の、逃げ切り世代の高齢者の年金受給額カットなどで、対応してもらいたいものです。
 毎回毎回現役ばかりが損するのはあまりにもおかしいですから。


<5月21日>
○一言
 国家公務員法等の一部を改正する法律が廃案になる可能性が出てきたとか。
 個人的には、年金受給年齢のこれ以上の引き上げを避けてほしいので、よかったと思います。

 世の中では、公務員優遇とありますが、果たしてそうなのか、というのが私の考えです。

 現状で国家公務員は、60歳の定年で再任用制度により、給与4割くらいカットで65歳まで働くことが可能です。おおむね月21~25万円のようです(人事院モデルケースより)。
 しかし、定年が延長されると、65歳まで3割カット。ざっくり40万もらっていた人は28万円になります(フルタイムで)。

 なにより、国家公務員法等の一部改正法が難解のため、国家公務員退職手当法第5条の2が適用されるのかはっきりとわからなかったのですが、私の読んだ範囲では、退職金は、カット後の額を基本とするため。今2000万もらえるとしたら1400万円くらいになります。
 これはどういうことを意味するのでしょうか。
 
この差額の600万を70(5年、14ヶ月)で割ると、約8.5万円。
 今21~25万、法改正後のざっくり28万の差額は3~7万ですから、現役世代は毎月5~1万損するわけですね。

 5年間がっつり働いて今より毎月1~5万円の給与カット。これが国家公務員法等の一部改正法の現実ではないでしょうか。
 しかも、その後年金受給年齢まで、3割カット後のさらに半分、つまり20万以下で再任用として5年間働かなければなりません。

 しかも老後のゆったりした時間は10年間にわたり奪われ、70歳まで働かなければならない。でたらめすぎます。
 今65歳以上の逃げ切り世代は60代でリタイアし、年金で自由を謳歌しているのに、何という世代間格差。観光産業が主に高齢者対象というところからも明らかなように、逃げ切り世代は我々の給料カットで財源を捻出し、老後を謳歌しているということです。

 公務員の収入減少に公務員ざまぁ、と思う方もいると思います。が、同じことは必ず民間でも起こります。明日は我が身であることを踏まえ、年金と定年の関係を真剣に議論するべきではないでしょうか。

 逃げ切り世代の年金のカットを若い世代は強く政治家に発信するべきです。
 若い方は高齢者の年金を守るために働いているのではないからです。
 ちなみに医療費も同じです。


<5月20日>
○一言
 黒川検事長が賭け麻雀だとか。

 うーむ。相手が朝日と産経の記者ならば国家公務員倫理法違反でもない。確かに金かけていたら私的賭博かもしれませんが、仲間内で安価な金賭けて麻雀やるのは職を失うほどの問題なんですかねぇ?これが捕まるなら麻雀やっている人はかなりの率で捕まっちまいますよ(古い?)。

 確かにこのご時世に三密、の批判はあるでしょうが、だったら山田孝之や新田真剣佑と同じように厳重注意レベルでは?(個人的にはもう少し厳しく処分してほしいと思いますが、クビのレベルでは全然ない

 まあ、法の番人のナンバーツーだから、というのはありますが、この時期にこういう報道が出るのは誰が刺したのかな?ということの方が興味あります。
 悪の権化のごとく言われていた本人は、むしろラッキーと思っているかもしれませんね。


○メディアから一言
 サンスポによると、「東京五輪・パラリンピック組織委員会は19日、日本外国特派員協会(FCCJ)が会報に掲載した大会エンブレムと新型コロナウイルスのイメージを掛け合わせたデザイン画を取り下げるよう求めていることを明らかにした。

 FCCJの月刊誌「NUMBER 1 SHIMBUN」4月号の表紙と公式サイトに掲載されている。組織委は先週、これを確認。口頭で取り下げを求めたが文書での提出を求められ、18日にメールで送付した。19日午後の時点で回答はないという。」とか。

 めちゃくちゃ悪意のある人種差別をベースにした行為です。なぜ産経系以外は報道しない?

 よく政府を叩く人を呼ぶので、日本外国特派員協会は誤解されていますが、本質的には日本叩きの組織だと見ています。
 「外国人はこう言っている」と有り難がる日本をバカにしているんですよ。

 日本のメディアはバカだからこれに気付かずに、この協会の会見を「欧米のセンスでは」と政府や日本叩きに使う。
 日本外国特派員協会に日本のメディアが土下座しているから、彼らもつけあがって、このよう傲慢な対応をするのです。

 世の中の方の多くに日本外国特派員協会の正体を知ってほしいです。こいつら、日本を叩くなら、ただの一市民でも呼んで、その方の主張があたかも日本の主張であるかのように報道しますから。


○メディアから一言

 ロイターによると、「世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は19日、新型コロナと闘うため戦略的なリーダーシップを引き続き発揮していくと宣言した。テドロス氏は、新型コロナへ対応に関する検証を求めるEU作成の決議案を歓迎。」とか。
 で、欧州委員会のフォンデアライエン委員長はこのように述べた。
「今こそ行動する時だ。私たちは、すべての大陸で新型コロナに打ち勝たなければならない。検査、薬、ワクチンが必要だ。すべての人にとって良心的な価格であることが必要だ」」とか。

 新型コロナ問題で全く無力だったEU委員会が何を言うのか。ましてや、薬、ワクチンとか、おまえら何もしてないし、何もできないだろう、黙っていろ、と思います。

 WHOは口先だけのスローガン政治団体である上に中国の傀儡組織。こんなの存在価値があるのでしょうか。
 なぜ日本のメディアは叩かないのか。国境なき医師団の方がよっぽどサポートに値する組織だと思いますが。


○メディアから一言3
 18日付け時事によると、「政府・与党が検察庁法改正案の今国会成立を断念した18日、現役検察幹部からは「はた目に見ても(改正案が)国民の理解を得ていないことは明らかだった」などの声が聞かれた。」とか。

 で、「比較的若手の幹部は「改正案を出す必要は全くなかった」と憤慨しつつ、元検事総長や元特捜部長らOBが相次いで反対の意見書を出したことに「ありがたい。声を上げられない現役も同じ気持ちだと思う」と感謝。別の幹部は「コメントすべき立場にない」と断った上で、「『検察の横暴許すまじ』と言っている人たちが『検察の独立を崩すな』と騒いでいた。敵の敵は味方ということか」と語った。」とか。

 まんまと検察の組織防衛に利用された野党や芸能人たち・・。


<5月17日>
○一言
 検察庁法の改正案って、左派勢力の活動により、いかにも天下の悪法のように言われていますが、本当にそうでしょうか?

 基本的に、左派の主な主張は以下の通り簡単に反論できます。
・検察の独立性を守れ→行政機関である以上、警察や自衛隊が独立性があったらダメなのと同じで、選挙で選ばれた国会議員の代表(内閣)がグリップしないといけません。
・黒川氏がこれまでの安倍内閣の犯罪?を握りつぶした→黒川氏はこれまで検事総長だったのですか?
・安倍の犯罪?を隠すための任期延長だ→安倍総理の総裁任期は来年9月。法施行より半年以上前です。
・3年以内延長規定はおかしい→仮に延長された検事総長が恣意的な捜査を指揮したら、選挙で民意を示せばいいのです。

 要するに、そんなに大騒ぎするような法案ではないのです。ましてや、三権分立を揺るがすというのは大間違いです。
 立国社+共産党の煽動に反安倍芸能人が乗っかって騒いで、それに反安倍メディアが乗っかり、市民を惑わせているのが実態だと考えます。前回取り上げたように、問題ある裁判官の発言を正義の士であるかのように取り上げるのは、明らかに報道がおかしいです。

 安倍叩きなら誰でも正義の味方というのはでたらめすぎます。そんな煽動政治で良いのでしょうか。
 政党政治を叩く人物が全て肯定された結果、軍部の台頭を招いた戦前のことを忘れたのですか?報道の異常な偏りが怖いです。


○一言2
 5月14日付けSPA:持続化給付金が11日で振り込まれた体験談

 メディアは遅いとかいろいろ批判するのも結構ですが、そればかりではなく、こうした成功体験をもっと報道することで、申請がうまくいって結果として事業者に現金が早く届く助けをしていただけないでしょうか。

 まあ売上げ台帳が必要なところ・・が問題となるなら、それは仕方のないことだろうと思います・・。


○メディアから一言
 5月16日付け京都新聞見出し「「年寄りは後回しか」10万円給付の窓口混乱 業務時間短縮でマイナンバー取得に手間も」

 年金所得者は新型コロナで1円も損していないのだから、公務員や生活保護者と同様、後回しが当然だと思います。まずは困っている人に譲れよ。

 最近、自分のことしか考えない醜い年寄りが多すぎると思います。


○一言3
 検察について誤解があるのですが、検察に対し、選挙で選ばれた国会議員の代表である内閣がグリップしなかったら、検察は何でもできますよ?

 例えば、気に入らない内閣に対し、市民の「告発」をもとに、ねつ造でも捜査を始めれば、今のメディアなら叩くし、任意聴取するだけで疑惑を与えることができる。
 つまり、検察が国家転覆の武器になる・・ということは危険と思います。
 検察、警察、自衛隊は内閣の下で適切に権限を抑制されなければならないと私は思います。

 もし、内閣に忖度する検察が現れ、その内閣が信用ならなくて許せないのなら、国民が選挙でその内閣を潰せば良いと思います。

 それが民主主義でしょう。


○メディアから一言2
 サンデージャポンで、EXITの兼近氏が、検察庁法改正の一連の騒ぎについて、「勉強しないと参加したらいけないのが政治っていうわけじゃなくて、誰でも多分発言する、批判することって自由だと思うんですよね。それを多分大人たちが都合悪いから、若者が参加するだけで叩かれたりとか。」と発言したそうな。

 では、EXITの芸を見たことがない人が、「EXITってダサい。だって○○からそう聞いたから」と言われたら、それは違うと思うんじゃですか?反論するでしょう?(少なくともファンは反論するでしょう)

 ラグビーW杯で「にわか」が賞賛されましたが、これは評価するからです。よく知らなくても、ほめるなど良い方向なら自由でしょう。
 
しかし、人を批判するなら、それに対する反発も当然覚悟するべきなのは当たり前です。人を批判しておいて「よく知らないけど発言は自由でしょ?」というのはまともな大人ではありません。

 そもそも「多分」を繰り返しているように、若者対大人の対立に持っていくのもおかしい。西郷輝彦やラサール石井をはじめ、今回のハッシュタグを付けた人はほぼ全員40歳以上の「大人」だからです。

 そういった意味で、やはり兼近氏は理解せずに、チャラ男的に適当にコメントしているんだな、と思いました。指原氏と全く違いますね。


○メディアから一言3
 デイリーによると、「俳優・宍戸開(53)が15日、検察官の定年延長を可能とする検察庁法改正案と、改正案の採決強行に反対する投稿をツイッターに相次いで書き込んだ。」そうな。

 具体的には、「数の力では勝てないけれど、民の力で阻止しないと!三権分立、民主主義、法治国家の観点から政治(政権)が検察の人事権を持つなんて有り得ない!」と非難。」したそうな。

 ため息が出ますね。今でも内閣に人事権あります。
 いい年して、基本的なことも調べないで、何かに煽られて吠えているバカなおっさん(おばさん)が目立つから、芸能人が馬鹿にされるのだと思います。

 こういう行為は、多くの普通の芸能人の顔に泥を塗る行為だと思います。


<5月15日>
○一言
 検察庁法の改正案に反対、というのは個人の自由だと思います。芸能人でも何を言っても良いと思います

 ただ、今回異様に感じるのは、「声を上げた人」が、
1.ハッシュタグを掲載しただけで、コメントをしていないツイートが散見されること
2.コメントした方が日本の危機にこれまで声を上げなかったこと。例えば、中国船の尖閣諸島への侵入など、日本が脅かされているのに全く無視していることです。

 例えば、連日批判している小泉今日子氏は、「#尖閣周辺への中国船侵入に抗議します」を全く無視しています。日本のためを思っているなら、なぜでしょう?

 日本のため、とか言いながら、現実の日本の脅威を全く無視しているのは矛盾した行為であり、単なる反アベ政治活動であると断定できるでしょう。

 田崎基 神奈川新聞記者はツイッターで、(ハッシュタグ作ったのは)「弁護士の海渡雄一先生@kidkaidoたちですね。」と書いています。
 また、きゃりーぱみゅぱみゅ氏も「話が降りてきました」と言ってましたから、何らかの偏った政治勢力の暗躍があったのだろうと思います。

 今回声を上げた芸能人の皆様にお願いしたいのは、反安倍以外でも、中国や北朝鮮、韓国の動きなど、日本の危機に関しては声を上げていただきたい。そうでないと、ラサール石井や室井佑月のような、パヨクになってしまいますよ。


○一言2
 皆さんは、民主党政権時代に「法令解釈担当大臣」というのが存在したのを覚えていらっしゃるでしょうか。
 政治主導の名のもと、法制局はあくまでも提言をするに過ぎず、解釈の決定権限は政治家にあるとして設けられた職です。

 今回、役人(人事院)の解釈を安倍内閣が変更したのを問題視している人は、民主党が、「法令解釈権は政治家にあり、役人の解釈は参考である」としたのを忘れているのではないでしょうか。

 官邸の人事についても、人事権は官邸にあると強調したのは民主党政権であり、安倍内閣はその流れを引き継いでいるに過ぎず、当時より実は抑制的です。

 要するに本質は、官邸にどこまでの権限を持たせるのか、ということです。

 安倍内閣がやっていることは、実は民主党政権が「官僚主導政治を打破する」として「政治主導」を主張して、国民の支持を得てやったことなのです。

 もし民主党政権であれば、仮に検察OBからの意見書が出ても「検察の組織防衛のための醜い工作」と報じられたでしょう。
 なぜ民主党政権であれば問題がなくて、安倍政権だと問題があるのですか?
 ここからもメディアや一部芸能人の政治的主張がはっきりとわかります。ラサールや室井、小泉のようなパヨク芸能人はいいのですが、普通の芸能人はそういうのに騙されては良くないと思います。

 余談ですが、法令解釈担当大臣として、最も活躍したのは枝野幸男大臣です。


○メディアから一言
 NHKによると、「仙台高等裁判所の岡口基一裁判官は13日、KBS京都のラジオ番組に電話で出演し、検察庁法の改正案について、およそ45分間にわたって自身の見解を述べました。
 この中で岡口裁判官は経緯を解説したうえで「検察官が内閣の顔色をうかがいながら仕事をするようになると危惧される。法解釈の変更を口頭の決裁で済ませるなど、まともな法治国家とは言えない」などと批判しました。」とか。

 反安倍メディアは、何も考えずに「現職高裁裁判官から抗議」と大きく取り上げていますが、この岡口裁判官がどういう人かわかってないでしょう。

 1月27日付け時事通信ではこうです。「自身のFBのアカウントで、東京都江戸川区で高校3年の女子生徒が殺害された事件に言及。遺族が同判事を国会の裁判官訴追委員会に訴追請求したことを取り上げ、「遺族は俺を非難するよう洗脳されたなどと投稿した。
 この日は女子生徒の命日で、遺族は同月、同高裁に抗議。岡口判事はこの事件について、東京高裁に所属していた17年12月にもツイッターに「無惨(むざん)にも殺されてしまった」などと投稿、厳重注意を受けており、仙台高裁は「遺族を侮辱し、裁判官に対する国民の信頼を損ねた」と判断した。

 このような問題裁判官でも反安倍を唱えれば持ち上げるというのは、市民に真実を伝えるメディアとして失格なんじゃ~ないですか?


<5月13日>
○一言
 尾身先生は、拾わなくても良いのに、あえて日本のために火中の栗を拾った立派な先生です。
 その尾身先生を恫喝し、暴言を吐いた立憲民主党福山哲郎は人間のクズ&日本を壊したい人です。

 報道機関はなぜもっと批判しないのか。日本を助けてくれる専門家のなり手がいなくなるぞ!!


○一言2
 自民党・泉田裕彦議員のパフォーマンスに騙されないでください。この人は相当な○○です。
 そもそも、強行採決をするかしないかは別として、政党が支持する法案に反対の意思を示した委員を交代させるのは当たり前です。
 それをわざわざツイッターで書いて、自分が正義の味方であるかのように振る舞うことは、法案自体を悪だとミスリードすることになります。

 彼は新潟県知事時代に反原発の東電叩きで名を上げたのに、なぜか再稼働推進の自民党から立候補した。 
 4選を目指した新潟県知事選では、新聞で報じられた疑惑に答えることなく、自ら身を引く。
 岐阜県裏金問題では、当時経産省から出向していたので給与から一定の返還金を求められたが、監督責任を否定して拒否。

 要するに、世の中がどうとかいうより、大衆迎合が得意で自己顕示欲と自己肯定が異常に強い人物(こういうトップが第二次世界大戦の時にいましたね・・)であり、民主主義の政治においては極めて危険なタイプです。メディアは安倍叩きのあまり、危険な人物をヒーロー扱いしてはならないと思います。


○メディアから一言
 5月12日付け朝日の見出し「抗議ツイートに「世論のうねり感じない」 政権側は強硬」とか。

 で、安倍総理の写真を掲載。
 で、記事をよく読むと、「政府高官も「世論のうねりは全く感じない」。」「自民幹部は「いまから芸能人が反対したところで法案審議は止まらない」と話す。」など、匿名であり全部根拠がない。

 安倍総理も関係ないし、根拠が不明な内容で、安倍叩き。
 さすが朝日。正確な記事を報道するというプライドはないのですかね?

 市民を誤認でだますのが「社会の木鐸」のやることですか?


○メディアから一言2
 スポニチによると、「俳優の坂上忍(52)が12日、フジテレビ系「バイキング」(月~金曜前11・55)に出演。新型コロナウイルス感染の終息に向けての政府の動きに声を荒げる場面があった。」とか。

 具体的には、「坂上は、感染者数が減少の傾向を見せている中で「結果オーライみたいな…その結果は当然、最先端で命を救ってくれる医療従事者の方が大きいわけですけど、一人ひとりの国民の努力、成果じゃないですか」と政府の成果ではなく、あくまでも国民一人一人の努力の賜物であることを強調した。

 タレントのヒロミ(55)も「前から言ってたけど。このまま収まっていくと、(政府が)自分たちは凄かったんだ!って、マスクだって、僕のマスクのおかげだって。誰も届いてない!って」と椅子を叩き、「そういうふうになるんだよ」とあきれ顔を見せた。

 すると、坂上は「それだけは絶対に許さない」と終息が政府の“手柄”にされることに怒りを抑えられない様子で「絶対にそんなの耳かさない、俺は」と声を荒げた。」そうな。

 今のコロナ渦は、みんなが協力して日本全体で闘わなければならない。まだ戦いが激しい最中に、安倍の手柄がどうとか、そういう発想をすること自体、坂上もヒロミも頭がおかしい。

 普通の市民は、誰の手柄とか関係なく新型コロナの収束のために自粛しているのですよ。
 そういう発想自体異常な発想です。事態が収束すれば良かった良かったではないんですか?


 自分達の妄想で、勝手に怒って安倍叩きって、バイキングという番組は狂っています。

 っていうか、坂上もヒロミも、安倍や政府がそんなに憎い理由を明らかにしてもらいたいものです。
 どう考えても狂っています。


<5月12日>
○一言
 検察庁法改正案(国家公務員法等の一部を改正する法律だろう!といいたいが)について問題視されている点について解説します。
 反対派の主張は黒川氏がずっと検事総長でいられるのではないか、だから安倍は守られる、という1点のようなので、そこについて、明確化します。
1)通常ケース:施行日が令和4年4月なので、改正法は黒川氏には適用されない。
2)内閣の裁量で任期を再延長した場合68才までできるという主張について→今の衆議院議員の任期は令和3年10月。つまり、同法の施行前なので、選挙で民意を示し、令和4年4月までに新首相が黒川氏を更迭すれば良い。
そもそも「任期再延長」という仮定の話が加わっています。

 以上の点から、検察庁法改正案を問題視する勢力は間違っています。


○一言2
 今日、NHKの「プロフェッショナル」で、家庭用レシピとして、今苦しんでおられる飲食店の方々が出られていました。

 カレー店経営の方などは、感極まってしまい、本当におつらいのだろうと思いました。
 それでも、前向きに、世の中に不満など何も言わず、市民に応援のメッセージを出されていました。

 正直感動しました。すごいな、と。
 
個人的には既に始めていますが、どんどんテイクアウトを買うなど、頑張っている方々を応援したいです。


○一言3
 それにくらべて・・。
 テレビで芸能人が安倍政権をたたきまくっているのは、結局金持ちの個人事業者が今の苦境の憂さを晴らしているだけのように思えます。コロナで急に苦しくなって許せない気持ちを、安倍にぶつけただけだと思います。

 個人事業者は儲かるときは儲かるし、好きな仕事ができて、飲み会で割り勘なものを領収書もらって経費としたり、良く車を買い換えたりして「節税」しているのも事実。他方、倒産という大きなリスクを抱えます。

 公務員は安定していて給料は入るけど、儲かることはないし、常に叩かれます。また、サビ残も多く、災害など緊急時には強制招集され、酷使されます。プライベートでも基本職業は言いません。叩かれるし、子どもがそれでいじめられたら不憫だからです。いわば隠れキリシタンですね。

 どんな職業もメリットデメリットはあります。

 年何億も稼いでいる坂上忍氏やヒロミ氏がテレビで口汚く安倍政権を罵るのは、結局雲の上の金持ちの戯れ言だと思います。

 そういう目で見ると、今回の検察庁法に反応した芸能人たちはみんな一定の収入以上を得ている人です。


 コロナ苦境を誰かのせいにしたくて安倍叩き。我慢とかできない金持ち。そういうことなのだと思います。


<5月11日>
○一言
 検察庁法改正反対は盛り上がるが、「#尖閣周辺への中国船侵入に抗議します」が全然盛り上がらないのはなぜ?
 緒方恵美さんや置鮎龍太郎さんはなぜ声上げない?
 結局さ、日本のことがどうこうより、反安倍の政治的なパフォーマンスなんですよ。日本は二の次。

 反安倍という狭い了見ではなく、本当に日本のことを考える芸能人は、「#尖閣周辺への中国船侵入に抗議します」をなぜ盛り上げないのですか?これ、支持政党関係ない話ですよ?


○一言2
 今回のツイート騒動で気持ち悪いのがナチスとの類似点です。

 ヒトラーはわが闘争でこう言います。「大衆の受容能力は非常に限られており、理解カは小さいが、 そのかわりに忘却カは大きい。この事実からすべて効果的な宣伝は、重点をうんと制限して、そしてこれをスローガンのように利用し、その言葉によって、目的としたものが最後の一人にまで思いうかべることができるよう に継続的に行なわれなければならない」(平野一郎氏ら訳より引用)

 今回はどうでしょう。事実を無視して、「重点をうんと制限し」た「ハッシュタグ」でアピール。きゃりーぱみゅぱみゅ氏は「信頼できる友達から聞いたから信頼できる」と全く事実を確認せずにアピール。

 ナチスの大衆煽動の典型的なスタイルです。
 左派勢力により、この手の煽動がなされている現実は、日本国民として非常に気をつけるべきことです。

 左派勢力の行き着くところは、中国や北朝鮮だからです。そういう国にしたいですか?


○一言3
 国会で、国家公務員法等の一部を改正する法律の審議で、共産党の宮本氏が「週末に”検察庁法改正案に抗議します”のハッシュタグが約500万ツイートキョンキョン、きゃりーぱみゅぱみゅ、西郷輝彦、浅野忠信、いきものがかりの水野良樹など著名な芸能人の皆さんも多数が参加されておられました」と発言したそうな。

 こういうのは、ノンポリの芸能人が抗議してはじめて意味があるのだと思います。
 少なくとも小泉今日子、西郷輝彦、浅野忠信各氏は共産党支持者もしくは反安倍であり、きゃりーぱみゅぱみゅ氏はツイ削除、水野良樹氏は両論併記とスタンスを変えています。

 けっきょく、きゃりーぱみゅぱみゅ氏は、共産党に政治的に利用されただけです。
 小泉今日子氏や西郷輝彦氏は元々共産党に利用されても、むしろ喜ぶと思うのですが、そういう人とは違うと思います。

 政治的発言は別に良いと思いますが、このように悪い大人に利用されることを踏まえてコメントするべきだと思います。


<5月10日>
○一言
 #検察庁法改正案に抗議します、が芸能人等を中心にいきなり広がっているらしいです。

 そもそもの問題をわからずに誰かの煽動に乗せられている芸能人や作家って、大丈夫なんですかね?笑福亭鶴瓶って、こんなに簡単に騙されるバカだったんだと驚きました。

 具体的には。
 こうした芸能人や作家が「司法権独立」に言及しています。おそらく黒川氏の問題だと考えられます。

 でも、法律自体(国家公務員法等の一部を改正する法律)の一部で、国家公務員の定年延長に検察官の定年を合わせただけのもの。
 しかも、上記リンク先概要ペーパーにあるように、施行は令和4年。
 2年後の話ですから、予定通りなら黒川氏も引退ですし、そもそも安倍内閣があるかもわからない。きゃりー氏の「相関図」にあるような「安倍が逮捕を逃れるため」というのは、法改正と全く関係のない話なわけです。

 個人的に、頭が良いはずのDaiGoさんがこのハッシュタグを取り上げていたので、??と思いましたが、その後は、
「ただ、調べてみると、三権分立的には問題ないと思う。
この法案が施行されるのは令和4年で黒川弘務・東京高検検事長(63)の定年退職後になるだろうから
尚更、今やるべきことなのか疑問。」ということで、「今やるべきか」論に終始。

 でしたら、DaiGoさん、法律の根幹である国家公務員の定年延長をも「今やるべきか」と否定していただけませんか(笑)
 私、できれば、余生を楽しみたいので、年金をいただけるなら70近くまで働きたくないです。

 しかし、法案を確認せずに、誰が作ったのかわからない、「相関図」を掲載してまで煽っているきゃりーぱみゅぱみゅ氏は、今後パヨクコメンテーターで朝日とかに売り出そうとしているんですかねぇ?


<5月9日>
○一言
 PCR検査については、ハードばかり強調されますが、ソフト、つまり医療従事者のことをよく考えるべきです。
 「ドライブスルー検査」というと、なんかすごく多数の検査できそうに見えますが、実際には一日10から15人しかできないそうです。

 いくら分析機器があったとしてもそれを運用できるマンパワーがないと意味がありません。
 機器の数ばかりを強調し、もっとできるという報道は間違っていると思います。

○メディアから一言
 東スポによると、「俳優の黒沢年雄(76)が6日、自身のブログを更新し、新型コロナウイルス“陰性証明書”の発行を熱望した。」とか。
 スポニチによると「タレントのラサール石井(64)が7日、自身のツイッターで、大阪府の吉村洋文知事に「大阪府民全員、無理なら大阪市民全員にPCR検査をして真の陽性率を出して下さい」と提案した。」とか。

 うーん。検査時点で陰性だからといって、その後陽性にならなかったり、感染しないということはないんですけどね。
 大阪府民全員とか、何百万人の検査を短期間でできると正気で考えているのはすごい。「ラサール」の冠は母校を汚すのでは?

 芸能人のバカな発言をあたかも正論のごとく取り上げるメディアは何とかならないですかねぇ?


<5月8日>
○メディアから一言
 東海テレビによると「愛知県東海市で、5月1日、6歳の男の子を車ではねてケガをさせたにもかかわらず、そのまま逃げたとして87歳の無職の男が逮捕されました。
 逮捕されたのは東海市の無職・山盛信吉容疑者(87)で、5月1日午前11時ごろ東海市名和町の市道で道路脇を歩いていた6歳の男の子を軽トラックではねて、そのまま逃げた疑いがもたれています。」とか。

 で「 山盛容疑者は調べに対し、「一旦停まって、子どもに確認すると、『大丈夫』と言われたため立ち去った。納得できない」と容疑を否認しているということです。」とか。

 山盛信吉容疑者は頭がおかしい。
 子どもに大丈夫か、言えば、後遺症とかわからないのだから大丈夫と言うでしょう。はねておいて大丈夫と言われたから立ち去ったなどあり得ません。
 高齢でそういう認識なら免許取り消しで良い。交通事故を軽く見ている人間はハンドルを握るべきではありません。
 
メディアもきちんと警察への通報義務を報じてほしい。守られるべきは老害ではなく子ども。


(参考)道路交通法第72条
 交通事故があつたときは、当該交通事故に係る車両等の運転者その他の乗務員(以下この節において「運転者等」という。)は、直ちに車両等の運転を停止して、負傷者を救護し、道路における危険を防止する等必要な措置を講じなければならない。この場合において、当該車両等の運転者(運転者が死亡し、又は負傷したためやむを得ないときは、その他の乗務員。以下次項において同じ。)は、警察官が現場にいるときは当該警察官に、警察官が現場にいないときは直ちに最寄りの警察署(派出所又は駐在所を含む。以下次項において同じ。)の警察官に当該交通事故が発生した日時及び場所、当該交通事故における死傷者の数及び負傷者の負傷の程度並びに損壊した物及びその損壊の程度、当該交通事故に係る車両等の積載物並びに当該交通事故について講じた措置を報告しなければならない。


○メディアから一言2
 中日スポーツによると、「7日放送のテレビ朝日系情報番組「グッド!モーニング」(月~金曜午前4時55分)内で、新型コロナウイルスに関して取材に応じた医師が自身の意見とは真逆の内容に編集されたとフェイスブックで指摘。これを受け同局は8日、医師の考えを「十分に紹介しきれなかった」として再度医師に取材した内容を12日に放送すると発表した。」とか。

 具体的には、「ベルギーで医療に従事し、現在日本に帰国して診療にあたっている心臓外科医の澁谷泰介さんにインタビューした内容を放送。(中略)取材で澁谷さんは「今の段階でPCR検査をいたずらに増やそうとするのは得策ではない」「無作為な大規模検査は現場としては全く必要としていない」などとコメントしたが、「PCR検査を大至急増やすべきだ!というメッセージの一部として僕の映像が編集され真逆の意見として見えるように放送されてしまいとても悲しくなりました」と記した。」とか。

 最近のメディアは、結論ありきの一方的な「主張」が多く、まともに「報道」していないと思います。
 ワイドショーだから、何を言ってもいい、事実と間違っても良いとタカくくっているのだと思います。「バイキング!」などが良い例です。

 テレ朝に限らず、「ワイドショー」は多かれ少なかれ同じような問題を抱えていると思います。テレ朝の問題に矮小化せず、芸能人が勉強もせずに感情の赴くまま「最初に設定された結論」に向かってわめいている現状を問題視するべきです。


<5月7日>
○一言
 自粛には補償をと訴える方がテレビで大きく取り上げられていました。
 これは間違っていますが、メディアはなぜ間違っていると言わないのか。

 今、苦労しているのは、お店を経営している方々だけではないからです。例えば、お店に食材を卸していた卸さん、出荷先が止まった生産者。観光関係業種は無論のこと、タクシーも含めた関係業界も困っています

 つまり、自粛をしているお店だけが困っているわけではないのです。

 だから、まずは、政府系金融機関や地元の信金さんや信組さん、商工会などの関連融資等でつないでもらって、一息。持続化給付金を受けて一息、そして徐々に自粛解除で増えていくお客さんで一息。そういうロードマップだと思います。
 タクシーや一人親方の方がそういうおつきあいがないので、お店の経営者より深刻だと思います(逆に廃業しやすいこともありますが)。

 いずれにせよ、そのスタートの段階で資金繰りができないのなら、元々かなり厳しいのではないかと思います。
 
 自粛には補償、というのは特定のお店に対しての優遇措置であり、間違っています。
 もちろん、市民の動きが鈍いようであれば、困っている方全体に夏から秋に給付金第二弾というのもあり得ますが。

 私も顔見知りのお店にはテイクアウトの率先購入をはじめ、高いものを注文するなど支援させていただいています。また、ネット購入等でもお店以外の方も支援させていただきたいと思っています。
※私の親族は自営業が多く、私とは比較にならない良い生活をしているので、自営業を知らないというわけではないです。念のため。


○一言2
 西村大臣と吉村知事の「出口戦略」に関する話。
 当事者間で話が終わっているのに「どっちが正しいとか正しくないとか煽るバカなコメンテーターとメディア。

 もっと言えば、悪者西村、ヒーロー吉村と協調したいだけのアピール。

 当事者が敵はコロナ、と合意しているのに、対立を煽って日本国民のためになるのですか?
 メディアは誰の利益のために報道しているのですか?国と地方の対立を煽るのは誰得?



<5月6日>
○一言
 緊急事態宣言について、政府が「出口戦略」を示し、数字を明確にすべき、というのがメディアで盛んに取り沙汰されています。
 でもこれは無理です。日本は地域によって状況が全然違うからです。

 数字を示したら、特定都道府県以外は今でも解除でしょう。でも、「都市からの移動」(「コロナ疎開」含む)を避けるために緊急事態宣言を延長しているのが現実。
 数字以外の政治的配慮があるわけです。

 また、今の札幌市のように、いったん収束したのにまた増えるというケースもあります。そうしたら、すぐに緊急事態宣言発令とはいきません。ので、収束に向けた道がある程度確からしいとみられる、という長期的な傾向を見ざるをえません。

 よって、国が全国に対し統一的な基準を事前に出すことは不可能です。なぜ解除するのかを数字とともに説明することは可能でしょうが、全国的な基準を示してそれ以下なら解除、というのは無理です。できないことを要求するのはメディアは日本という国をわかっていないのではないでしょうか。

 大阪府の自粛要請の解除(「大阪モデル」)について、基準を示すことができるのは、一つは、「自粛要請」であり、解除後、また増えたらすぐにまた自粛要請すれば良いからです(緊急事態宣言と違って法律上の手続きが不要なのです)。
 もう一つは、大阪府は、村が一つしかない、ほぼ全てが都市部で、しかも面積が小さい。こうした特徴から、戦略が立てやすいのです。
 立地に恵まれた大阪府だからできる
わけです。
 吉村知事でも、山間部等がある兵庫県や京都府だったらそう簡単にはいかないと思います。その点をメディアは無視しています。

 いずれにせよ、吉村知事がヒーローでやっていることは全て正しい、それに対して国はどうしょうもない、という前提での非論理的な攻撃は、国民に正しい情報を伝えるという意味でもおかしいと思います。


○一言2
 政府が「遅い」「政府は真剣みがない」など、とにかく叩き、それに比べて吉村知事は、という芸能人が増えています。
 特に坂上忍、ヒロミなど「バイキング」コメンテーターは、安倍が憎くてしょうがないかのように毎日テレビで叩いています。
(というか、ヤフーニュースの引用ですが。昼間から気持ちがネガティブな番組は見たくもないので、うちは見るとすればヒルナンデス一択です)。

 現実には。
・「スピード感を持って」対応した大阪府休業要請支援金の受付開始日:4月27日、7日から給付開始。
・補正予算の成立が必要だった持続化給付金の受付開始日:5月1日(予算成立翌日)、8日から給付開始。

 大阪府がものすごく早いわけでもなく、大阪府の比較でも国は「遅い」と叩かれまくるほどではない。
 現実はスピードはほとんど変わらないのです。


 なのになぜか吉村知事は「スピードがある」、国は「遅い」と叩きまくる。これがワイドショーの正体
です。印象操作じゃないですか。メディアとして適切とは思えません。

 坂上忍やヒロミなどは、誰かに安倍を叩けと指示されているんですかね?それとも政府叩けばかっこいい、みたいな感じですかね。

 国難のこの時期に、安倍叩きとかより、困っている人に支援内容とか申請方法などをガンガン伝えるべきなんじゃないですかね?


<5月4日>
○メディアから一言
 時事によると。「自民党の安藤裕衆院議員らの議員連盟は1日、一般会計歳出を1次補正の約4倍の100兆円とする大型補正を求める提言を発表。収入減の事業者への「持続化給付金」を大幅に拡充し、全ての中小企業がコロナ禍以前の利益を確保できるような助成を主張した。」とか。

 「全ての中小企業がコロナ禍以前の利益を確保できるような助成」とは、休業すれば何もしないで利益が得られるという共産主義でもあり得ない政策です。安藤裕やこの議員連盟に参加する国会議員は頭がおかしい。
 っていうか、MMTを信じるなら全員とっとと離党してれいわ新選組へ行け。


 なにより、今日本の借金は1000兆円。それですらめちゃくちゃ厳しいと言われているのに、簡単に100兆円増やすというのは子どもたちに重税を課すか、ハイパーインフレで全国民の貯金をなくすかの「未来を殺す」頭のおかしい提案です。
 いずれにせよ、1億人の生活を仮説の経済理論のバクチに使うのはまともな政治家ではありません。

 こんな異常な提案を良い政策であるかのように言う時事通信は狂ったのですか?


○メディアから一言2
 5月4日付けの中日新聞の見出し。「尾木ママも辛口になります…宣言延長を発表した安倍首相の会見に「よほどブレーンが力量不足なのか」「新味も説得力もない」」とか。

 笑わせないで頂きたい。尾木氏は2月の休校要請も叩いていたし、単に反安倍でメディアに出て金を稼いでいるだけでしょう。今更「公平に見ていた」的ないい加減なことをいうなと。

 反安倍の人から見たら、「自分の言葉でしゃべっていない」「説得力がない」と叩くのがデフォルト。
 でも、今の感染状況を見ると、多くの市民は、延長だろうなと思っていたわけですから、「新味がない」のも当たり前。「説得力」と言いますが、多くの市民は「まあそうだろうな」と思ったでしょうから、説得力なんか関係ないのですよ。

 今の状況は、多くの心ある市民がみんなで協力して感染拡大防止しているのが現実でしょう。
 特措法が「自粛」「要請」という法律である以上、どの内閣がやってもほとんど変わらないいのですよ。
 変わるとしたら資金支援の方向ですが、前述の通り、人気取りのために金をばらまく政権の方がたちが悪い。

 死亡者数が欧米と比較して全然少ないことなどの結果を安倍内閣のおかげというのなら話は別ですが、私は日本の国民の多くが現状を理解して頑張っている民主主義の力だと思います。
 安倍内閣が指示したから国民が従っているんですか?違うと思います。国民が現状を理解して行動しているのではないですか?
 評判の良い大阪知事にしても、市民の積極的協力なくしては、政策を進めることはできない。これが新型コロナの対応の特殊性です。
 だから、くだらない出演料稼ぐためのパフォーマンスをするな、と思います。市民の思いをなんと心得るのか。


○メディアから一言3
 5月3日付け沖縄タイムスによると、「関西から毎月沖縄を訪れるという40代女性は「飛行機内もすいていて、近所のスーパーより密じゃなかった」と語り、「飛行機が飛んでいる以上、違法じゃない。海を眺めながら温泉でゆっくりする」と笑顔を浮かべた。」そうな。

 川でバーベキューをしている人もそうですが、「違法じゃなければ何をやっても良い」という発想は、小学生レベルの幼稚な発想であることをメディアは厳しく叩くべきだと思いますが。

 要するに「廊下は走るな」というルールに対し、「法律で決まっているのか」とイキる小学生と同レベルな訳です。
 沖縄の件で言えば、沖縄は来ないでくれ、と言っているのに、個人の自由と勝手に押しかける。他人の気持ちを無視する子ども。

 左派の沖縄タイムスがこうした人を批判できないのは自爆というか、「市民の権利」ばかり主張するせいだと思います。自社のイデオロギーのせいで、沖縄市民に害をなす人を批判できないというのは、本末転倒ではないですかね?


<5月3日>
○一言
 武井壮氏をはじめ、緊急事態宣言延長なら追加給付を、という声がメディアや芸能人からあります。

 武井さん、子どもたちに(さらに)12兆円負担してくれ、と言えますか?

 今の給付金は全て後世への借金です。子どもたちが働いた中から払わなければなりません。
 政府の金は税金であり、税収を超える場合は後世への借金であるという当たり前のことをメディアは少しは報道してほしい。

 「兆円」という単位が非現実的で、感覚が麻痺しているんではないですか?

 大人のプライドがあるならば、子どもたちに借金を安易に求める主張は現に慎むべきです、知恵を出すべきです。
 例えば、私は基本的にテイクアウトで食事しています。「食べて応援」しています。
 金持ちの芸能人たちなら、もっとできることあるんじゃないですか?

 安易に、子どもへ借金して大人が使うという毒親(爺婆)みたいな主張はするべきではありません。


○一言2
 緊急事態宣言の延期とか。でも、5/7以降の景色は変わってくると思います。基本的には
・医療崩壊を防ぐための、市民の感染リスク低下
・地域単位での感染の拡大を防ぐための移動制限
・過重な経済や市民生活の負担は避ける
が大きな柱である以上、
・GWが終了し、レジャー等の大移動が避けられたので、感染拡大が抑制されている地域では学校再開などが行われうる
・現状、規制対象外の事業者も営業自粛しているので、感染防止対策を取った店等は開き始める
となるのではないかと思います(個人的な感覚です)。

 しかし、医療従事者や保健所など、あるいは関係業務で最前線で働いておられる方は、2ヶ月間戦い続けて相当疲弊しています。
 人間ですから、少し余裕を持って休んで頂く必要があります。
 ですから、出口は数字などでは示すことはできないと思います。

 吉村大阪府知事などは、病床使用率などで出口を示すと言いますが、肝心の人の問題を忘れています。
 さらに、事業者への自粛要請も、出口を別途示すと言いますが、埼玉県では飲食店等の自粛要請すら出ていません。
 大阪府は過剰な規制をしたのではないか?とは誰も言わないのが不思議です。

 若くてイケメン?で物事をはっきり言えば、正しいことを言っていると報道するのはやめるべきです。
 民主主義にとって一番危ない評価方法です。



○一言3
 公務員には10万円支給するな、と騒ぎまくっていた橋下徹。自分は90万円もの大金をもらうそうな。
 橋下家は収入が減っていないのに、なぜ100万近くもらうのかな?
 だいたい、講演1回で200万とか、数回でほとんどの公務員の年収超える大金持ちじゃないですか。
 
大金持ちが庶民の代弁者気取りとは、笑わせてくれます。

 これが、この男の正体です。敵を叩いて金儲けして、自分の主張すらしれっと無視するように、倫理観もない。

 口だけの偽善者橋下徹。それに騙されて踊る宮根。メディアを私物化されていることに気付いた方が良いと思います。


<5月2日>
○一言
 政府がやたら叩かれています。安倍総理を擁護するわけではありませんが、芸能人やメディアの感情論とは別に、現実を市民の皆様に知ってほしいと思います。
 事実を知れば、怒っている方も、「そういうものか」と多少はお怒りをお収め頂けるのではないでしょうか。では以下書きます。

(1)安倍は後手後手だ
 2月末の休校要請では、先手を打っていました。しかしこれに対しメディアを中心に批判囂々、ぶった叩きまくりました。そのため予定通り2週間でやめざるをえませんでした。その結果緩んだ1週間で結果どうなったのかはご存じのとおりです。
 緊急事態宣言の遅れについては、緊急事態宣言が一定の市民の権利の制限であり、当時は慎重な判断が求められていました。 
 安保法制の時に、現実の私権の制限でもないのに、さんざんメディアが批判し、独裁だの何だの言っていたことを思い起こしてください。
 安倍政権ではなくても同じ結果だったと思います。むしろ人権を重視する左派内閣であれば、もっと遅れたのではないでしょうか。
 そして今、緊急事態の延長見込みに対しても批判するメディアがあるのが現実です。

(2)10万円給付は遅すぎる
 補正予算である以上、国会で補正予算が通過しないとできません。
 また、予算を「行政」が要求するので、制度を構築し、「説明資料」をきちんと作って、「国会議員の先生の皆様に」予算の審議をお願いしないといけません。制度を構築し、市町村に連絡・調整、政府部内の資料の確認や内部決裁もあるので。
 
これらが、時間がかかる理由です。
 今回は前回の定額給付金という前例があったので、1週間ちょいで上手くできたのだと思います。はじめてなら制度構築で時間がかかったでしょう。

(3)自粛要請と補償はセットだろう
 違います。今回の件では、飲食店だけでなく、そこに商品を卸している卸業者のみなさん、生産者のみなさん、さらに言えば、レジャー産業のみなさん、工事を一時停止した現場の建設業の方などなど、様々な方が被害を受けています。
 ですから、個人の生活向けには30万円、事業面では企業には中小企業200万/個人事業者100万の支援(補償)、労働者雇用には雇用調整助成金、光熱費や水道代は支払い繰り延べ、足りない部分は無利子無担保融資で対応することをを考えていたわけです。
※経産省が割とよくまとめているので、是非困っている方は一度ご覧ください。→こちら

 困っている方は、営業自粛した方だけではありません。橋下氏などはそこを無視してパフォーマンスしているので騙されないでください。

 残念なのは、知事の支援策はさんざん報道されるのに、国のこうした支援策は全然報道してもらえないところです。安倍叩きのために、困っている人がこれらの支援策を知らないとしたら、メディアの責任は重大ではないでしょうか。

 いずれにしても、困っている方の支援と自粛を直接リンクさせるのは正しくありません。
 個人的には、客と接触のあるお店やカラオケ店などの密室での企業を除き、飲食店は営業して問題ないと思います。もちろん、休業時の経費と営業したときの収支を比較しての話ですが。

 とりあえずよく言われてる3点について書きました。


<4月30日>
○一言
 今のメディアのコメンテーターによる政府叩きを象徴するかのようなツイートが30日にありましたので紹介します。
 国民民主党の原口元総務大臣のツイートです。
AM7:19 
(外国の死者数累計のグラフをに対し、)日本のグラフには、山が見えません。上がり続けている。
→一見もっともらしいです。でも「累計」ですから。死者が蘇らない限り上がり続けるんです。

PM0:34 
 4月7日の宣言の時の会見で使った数字は、何だったのか?
 「東京の累計感染者数が1ヶ月後に8万人に爆発」→4月29日までで4,106人。解除しない明確な根拠を示すべきだ。どうなれば解除するのか?感染者数拡大以外の何の要因で解除しないのか明確な説明を求めたい。
→普通に読んだら原口氏は、解除すべきという意見としか思えません。

PM1:52
 実際の感染者数が不明の事もあり解除は早計だし更なる封じ込め策が必要です。だからこそ根拠となる基準を示す事が大切です。
→???わけわかりません。「なぜ解除しないのか明らかにせよ」と言った1時間後に「解除は早計」??

 自分の発言が矛盾してても、その場(番組)で政府を叩ければ、良いという発想はばかげています。

 
そんなことを今更元総務大臣が言われるというのはばかげた話ではないでしょうか。
 元総務大臣ですらこのていたらく。芸能人コメンテーターのその場の感情的な発言の問題は言うまでもありません。


<4月29日>
○一言
 高崎で4才の子どもが虐待を受け死亡したとか。コロナばかり報道して、こんな重大事件を大きく取り上げないメディアはアホですか。

 具体的には、母親の土屋聡美容疑者(25)(シングルマザー)が、元交際相手の武藤一貴容疑者(27)とともに、暴行(拷問)を繰り返し、死に追いやったとか。全身のあざや脳内出血とか異常です。
 
さらに、武藤容疑者の妻の千夏容疑者(23)も暴行の容疑で逮捕されたとか。

 3人の大人が長期にわたり、よってたかって4歳児に暴行とか、こういう人間でない獣は厳罰に処すべきです。
 毎回のことですが書きます。国会議員はいい加減最高刑死刑の虐待罪を作れ。何人不幸な子どもが命を落とせばばやってくれるのですか?


○一言2
 9月入学の件は、新型コロナの問題を口実に、「グローバルスタンダード」なる個人的な政治信条を実現しようとする発想そのものが不純であり、問題なのですが、なぜメディアはここを指摘しないのでしょう。

 一番に考えるべきは子どもたちが適切に教育を受けることです。
 ですから、例えば、5月にコロナが一定の収束をしたら、子どもたちのことを考えれば、完全ではなく隔日でも良いから、速やかに授業を開始するのが、当たり前です。
 9月入学は、この当たり前のことを否定する動きです。

 そもそも、安倍総理が2月末に休校要請をしたときに、親への負担とか虐待の可能性とか、メディアはさんざん叩いていましたが、手のひらを返したようにあと4ヶ月続けても大丈夫、というのはちょっと理解できない二枚舌です。
 9月まであと4ヶ月、親に負担をかけ続け、若者は家で待機して暇な時間は自由に街を歩け、とでも言うのでしょうか?
 子や保護者がどういう立場に置かれるか全く考えていない当事者不在の主張です。

 さらに言えば、提案するのであれば、提案者が具体案や問題の解決案を提示するのが社会人の常識では?国に丸投げとか、おかしいでしょう。村井宮城県知事は「協力は惜しまない」とか言っていましたが、アホですか。提案者なら協力でなく具体案を出せ、と。

 さらに、昨日書いたように、知事連中は県立高校くらいで、実はほとんどの当事者ではありません。面倒な調整は市町村(中小幼保)や国(大学)、民間(私立)に丸投げ、というのは無責任極まりないです。

 要するに、政治家個人の「グローバルスタンダード」などという意味不明なエゴにより、子どものことも親のことも考えていない上、具体案も運営の現場の負担も他人に丸投げの主張です。
 こんなばかげた主張をなぜメディアは評価するのか、理解不能です。

 少なくとも、現時点では、いかに早く子どもたちに適切な教育を受けさせるか、ということが最優先されるべきであり、グローバルスタンダードとかどうでもいいんですよ。違いますか?小池知事、吉村知事。


○メディアから一言
 4月28日付けデイリーによると、バイキングでまた政府叩きとか。個人的には、坂上忍とかヒロミとか金持ちが庶民気取りで発言するのが許せません。そういう前提でお読みください。

 具体的には、「ヒロミも「厚労省って本当、なんなの!?」とあきれ顔で「俺ら本当に今回の(コロナの)件で、本当にちゃんと政治についても考えなきゃいけない」と怒りをあらわに。
 ウイルス感染で緊急事態宣言が出ている時こそ「厚労省なんて、そこが一番早く動いて欲しい訳じゃない、本当は」と主張。
 「他の国、見たってさ、あんだけ早く、いろんなことやっててね。日本って、やっぱり大した国じゃないのかな、とかちょっと思っちゃったりもするもんね、動きの遅さが」とため息をついた。」だそうな。

 まず、政府の事務方はいろいろやっているのですが、そういう報道は一切されません。それは、情報を収集したり、専門家会議や国会等の資料を作成したり、関係部署と調整したり、裏方だからです。

 次に、「他の国」と言いますが、欧米各国の死者はどのくらいですか。「あんだけ早く、いろんなことやって」結果が出ていないとしたら、欧米各国の指導者より遙かに日本の指導者の方が優秀だということになりませんか?
 
 「早く動け」「遅い」というのが何を指すのかを曖昧にして、単なるイメージだけで公共の電波でわめくのはやめてほしい。

 厳しい環境で労働している厚労省などの現場の実態を何も知らずにイメージで叩いている坂上忍やヒロミはただのバカだと思います。
 毎日のように全国放送で叩かれ、それを転載するヤフーニュースなどで叩かれ、現場の士気は下がるばかりでしょう。
 芸能界で言えば、裏方の苦労を知らずに、ADなどに「なにやっている」とかわめいているバカタレントということなのでしょうね。


<4月28日>
○一言
 全国知事会とか、小池都知事が、9月始業を提言しているとか。

 行政のトップとして全く無責任なこういうばかげた発言をなぜメディアは批判しないのか。

 まず、行政では、スローガンではなく、実現可能性を確認するのが当たり前です。例えばこれらの知事は県立高校などで、実務面から9月始業についてシミュレーションしたのでしょうか?

 さらに、知事が関係するのは基本県立高校だけで、大半は市町村立の小中学校と私立学校、国立大学です。関係者との調整を全くせずに言いたい放題言うのはまともな行政のトップではありません。少なくとも県下の市町村に対して意向調査などをしたのでしょうか?そもそも県立高校に対してすら意向確認したのでしょうか?

 なにより。行政のトップなら、「アイデア」ではなく、具体的な9月始業のスケジュールなどの提案をしてから言えよ、と思います。

 政治的パフォーマンスで、具体策は国と市町村に丸投げとか、行政トップとして頭おかしいのではないかと思います。


○一言2
 実務的に考えると、1学期9-12月、正月休み、2学期1-4月、GW、3学期5-7月というのが想定されます。
 まずよく言われる留学面。おそらく多くは卒業式出られないでしょう。
 なぜなら、語学留学などの余裕ある留学ならともかく、まじめに学ぶのであればサマースクールなどに行って耳を慣らす必要があるからです。それが「時期をそろえて留学しやすくなる」ことなのでしょうか?生徒本位なのでしょうか?

 また、時期的な問題もあります。
 まず、入試。9月始業肯定者は「雪害」「インフル」のリスクを避けることができると言います。しかし、6,7月はリスクはないのでしょうか。
 わずか2年前のことですが、西日本豪雨を忘れてしまったのでしょうか(あるいはその前の北九州豪雨)。
 雪害もインフルも、自己防衛ができます(例えば予報を受けて受験会場のそばのホテルに泊まる等)。でも急激な豪雨はそうはいきません。どうしょうもないでしょう。6,7月の受験は、回避できないリスクの方が大きいのです。
 さらに、体育祭、文化祭をイメージしてください。いつやりますか?体育祭は冬にできないので1学期にやるしかないでしょう。だとしたら3月の文化祭?寒い中での文化祭はどうなのかと思います。やろうと思えばやれますが、全く生徒本位ではありません。

 何より、今物事を大きく変革するには、準備期間が短かすぎます。
 就職時期や、それに伴う定年時期の繰り延べ。これに生じるコストは知事連中が出せるのか。
 5月からオンライン授業を始めようとしている大学や私学はどうなるのか。そもそも大学の卒業生は4ヶ月就職できないのか。あるいは、大学は4ヶ月新入生が来ないのか。この補償は知事連中が出せるのか。
 小学校は義務教育だけど、幼稚園や保育園は保育料を出している。4ヶ月分の費用は知事連中が出せるのか。
 なにより、年間計画を組み直したとき、何の問題も起きないと現場の状況を確認してから言っているのか。

 社会に与える影響とそれに対する解決策なくして、いい加減に9月始業を提言するバカな知事をメディアはもっと厳しく批判するべきです。

 パフォーマンスもほどほどにしろ。マジで怒っています。現場の声を聞いてから言え、と。


<4月27日>
○一言
 全中中止、インターハイ中止。高校サッカーやバスケはともかく、大半の中高の3年生にとって崖から突き落とされたかのような厳しい話。

 脱力感半端ないと思うけど、何とか、市町村レベルでも良いから、最後のユニホームでの試合を実現して頂けないでしょうか・・。


○一言2
 メディアは加藤某という女性の記事を毎日のように掲載し、27日にはAERAが自宅出産の生配信という記事を掲載していました。
 出産、特に初産では何が起こってもおかしくないのに。映像を垂れ流すなど、理解不能。頭がおかしいとしか言いようがありません。
 それを何の批判もなく掲載するAERAはさらにイカレテいるとしか言いようがありません。

 いずれにせよ、最近のメディアはタレントのブログ・ツイッターの垂れ流しのばかげた記事が多すぎて、メディアの責任をなんと心得るのか、と言いたいです。


<4月26日>
○一言
 「サザエさん」でGWの計画を立てていたとかで炎上とか。
 アニメの話で腹立てる人って、本当にいるんですかね?何でも文句言いたい人が因縁付けているだけでは?

 「野ブタ。をプロデュース」の再放送だって今週は文化祭だったけど、文句言う人いないと思いますが。

 そんなことがメディアのニュースの話題になること自体、日本おかしくないですか?っていうか、っていうか、なぜメディアはこれを取り上げるべきニュースだと考えた?


○一言2
 政府の対応が後手後手と批判するメディア。そもそも、武漢からの中国人の移動に寛容であったり、2月末の安倍総理の学校の休校を手厳しく批判するなど、メディア全体がコロナ対策より安倍叩きを優先していた(今もバイキング!等ワイドショーに出ているアホタレントとかはそう)であることを自己反省するべきだと思います。

 私の以前の一言を参考までに再掲します。いかに当時のマスメディアの緊張感が低かったかお感じ頂けると思います。

<1月27日>
○一言
 新型肺炎。潜伏期間が14日って、これはかなりきついですね。
 先週の報道ステーションでは、武漢から来た女性が、「避難してきた。日本の人には悪いと思うけどホテルで静かにしているから(許してほしい)」(要約)とインタビューを受けていましたが、現実にこういう方が来日されている以上、マスク着用等で新型肺炎を避けるしかないと思います。

 なにより
小売店等サービス業の経営陣は是非従業員にマスク着用を義務づけ、従業員を守ってください。それが、結果的には伝染防止にもなりますから。


○一言2
 
メディアは新型肺炎についてもっと報じてほしい。はっきり言えば、「桜の会」よりよほど市民にとっては重要な事案です。
 特に、罹患者数や死亡者数、政府の措置などばかりの報道でいいのでしょうか。
 市民にとって重要なのは、
新型肺炎とはどういうもので、どういうふうに防御すれば良いのか(マスクで大丈夫?)、怪しい症状(病院に行くべき症状)はどういうものなのか、家族が怪しい場合どうすれば良いのかといったことではないでしょうか。

 わからないことも多いですが、
現状わかっていることと、市民はどうすれば良いのか、という報道をお願いしたいと思います。


<4月25日>
○一言
 25日日刊スポーツの見出し。「「叱責、罵倒」保健所がマンパワー不足でパンク寸前」とか。

 これさー、メディアは何とか批判できないのですか?最近、官民限らず市民?の罵倒や誹謗中傷が多すぎます。

 そういえば、先週週1回の出勤日に若手が苦情電話受けてましたけど、全然関係ないのに「○○が売ってない」という苦情。
 関係部署に電話してもつながらず、あるいは流通は役所ではどうしょうもない、といわれ続けて、切れて手当たり次第に電話しているそう(なんだその暇な時間と無駄なエネルギーは・・)。

 で、話を聞けば○○は持っているという。でももし壊れたらどうするんだ、すぐ買えるようにするのが役所の仕事だろう、だそうな。

 こういう本質的にはどうでも良い案件で激高した人が怒りをぶちまけるだけで何十分も電話を占領すると本当に必要な人の電話がつながらなくなるのです。受けた方も精神にダメージを受けるので、全く良いことがありません。

 メディアは、テレビや新聞でこうした怒りをぶつけるだけの業務妨害電話をやめるよう言ってほしいと思います。

 人間は悪意の塊を受け続けると精神を病むのです。当たり前の話がなぜ報道されないのでしょう?

 ドラッグストアの店員に噛みつく頭のおかしい人などもそうですが、もういい加減怒りをぶつけるだけの有害な市民を厳しく批判してほしいと思います。

※言うまでもないですが、普通のご批判は相手が激高していたとしても甘受する責任はあると考えています。誤解なきよう。


<4月24日>
○メディアから一言
 ロイターによると、「菅義偉官房長官は24日午前の会見で、布製マスクの家庭への配布予算について、より安く早い調達を目指した結果、マスク調達積算額より少ない90億円に収まる予定だと述べた。残りの金額はマスク配布には使用しないという。」とか。

 ちょっと前までのメディアやコメンテーター:466億の予算は高すぎる!無駄遣い!
 この記事を受けてのメディアやコメンテーター:ずさんな見積もり!

 役所の「予算」(見積もり)に対し、業者が思いきった札を入れて、予算が大幅に減るのはそんなに珍しいことではありません。

 予算に対し、執行額が減れば、実に結構なことなのに、見積もりがずさんとか、バカじゃないですか?
 仮に予定価格(予算額)とほぼ同じだったら「談合」「出来レース」と言って叩くんでしょう?

 とにかく何が何でも政府を叩く今のメディアやコメンテーターは異常だと思います。
 緊急時こそ、そんなこと言っている場合ではないのに。市民の皆様がそういうおかしな人に気付いてくれたらいいな・・。


○メディアから一言2
 夕刊フジによると、「テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」の社員コメンテーター、玉川徹氏を、朝日新聞社会部のベテラン記者が、同社が運営する言論サイト「論座 RONZA」で実名批判する事態が発生した。」とか。
「注目のベテラン記者は川本裕司氏。」だそうな。

 で、「記事によると、7都府県に緊急事態宣言が発令(7日)された直後の番組で、玉川氏が「旧日本軍がやって大失敗した戦力の逐次投入をやろうとしている」などと批判した」に対し、
「「数日前、玉川氏は違う理屈を展開していた。コロナ問題で減収に見舞われた人たちの救済策として、玉川氏は『スピードを優先させまず現金を配る。足りなければまた配ればいい。それを繰り返せばいい』といった主張をした。現金給付については、逐次投入の姿勢を示していた。論理の一貫性の欠如を露呈させていた。発言の信頼性に関わるような変わり身だった。これでは安倍政権を批判するためならどんな理屈をつけても構わない、と受け止められても仕方がない」」と批判。

 朝日にもまともな方はいるんですよねー。素晴らしい。


○一言
 そもそも、「戦力の逐次投入が愚策」というのは、正しくありません。
 第二次世界大戦時の米軍の例を見るまでもなく、国力や兵力があれば、持久戦で、逐次投入すれば勝てるのです。
 旧日本軍は、戦力の逐次投入が問題だったのではなく、「圧倒的な戦力を投入する力がなかった」のが敗因なのです。
 そもそも、太平洋戦争は戦力を一気に投入し、短期決戦でけりを付けるのが戦略で、それは途中まで成功していました。しかし、持久戦に持ち込まれました。この段階で敗色濃厚だったのです。
 「戦力の逐次投入」の代表例のガダルカナルであっても、最初から万単位を投入すれば勝てたかと言えば、多分負けていました。
 最初から1万人を超える米軍は火力が圧倒的だったからです。

 むしろ、戦力を一気に投入する方が、一見華やかですが、ばくちであり、負ける可能性が高いのです。
 戦国時代で言えば、大坂夏の陣、第四次川中島の戦い、姉川の戦い、摺上原の戦い。ことごとく序盤圧倒してましたが、最後は負けてます。これらに共通することは、序盤圧倒していたのは戦力的に劣勢の軍であるということです。

 短期決戦か、持久戦か。これを前提に、戦略は考えるべきなのです。単純に逐次投入が愚策というのは戦略を何もわかっていない阿呆の発言です。そんなこともわからない阿呆がメディアで「ご高説」を述べているのがおかしい、と気付いてほしい。


<4月23日>
○一言
 公務員の収入が減らないと言っている著名人がいますが・・。

 減ります。景気が悪化すれば、人事院勧告で4月にさかのぼって減ります。今回の件ではまず減るでしょう。

 また、東日本大震災時は、当時はサビ残や土日出勤も含めそれなりに頑張ったつもりですが、2年間給料を平均7.8%カットされました。
 それだけならまだしも、このカット期間が終わったら「50万円の増額」と叩かれました。増額じゃなくてカットがなくなっただけなのに。

 何も悪くもなく、特に目立っていなくても常に叩かれる。世間の目という意味では、都会ではプライベートで「公務員」とばれると人付き合いですら変わってしまう実態もあります。だから原則職業隠します。公務員とばれて良いことなんか何一つないので。そういう環境に耐えながらやっているのです。

 結局、橋下徹氏も高須院長も、公務員差別主義者なんですよ(本人は「区別」と言っていますが、昨日の一言の通り、子どもや年金生活者に言及しない以上、職業差別です)。


○メディアから一言
 読売によると、「千葉県から岩手県に帰省した30歳代の妊婦に対し、同県立の2病院が救急搬送の受け入れを断っていたことが23日、県医療局などへの取材でわかった。」とか。

 具体的には、「同局によると、帰省した女性は今月17日、同県一関市内に滞在中、破水しそうになったため救急車を要請消防が市内の県立磐井病院に受け入れを依頼したが、女性は帰省して3~4日後だったため断られたという。同様に北上市の県立中部病院にも断られ、その時には女性はすでに破水していたという。その後民間病院に搬送され、無事出産した。」そうな。

 うーん、この記事が事実だとしたら、いかにも医療従事者にえん罪をかぶせるかのような差別的な記事はおかしいと思います。

 まず、救急車を要請したとしても、予約している産婦人科を指定すれば良いだけで、通常たらい回しは起きないはずです。
 というのも、、出産に当たっては一般には産婦人科を予約しているはずです。普通は産婦人科に定期的に通ってそこで出産する。帰省しての出産であっても、初見の病院に行くなどまずあり得ません。もしそうなら患者側にも問題があります。
 読売は、社会問題化した「飛び込み出産」を肯定するのでしょうか?だとしたら、母子の安全という観点からも不見識のそしりは免れません。

 さらに、「破水しそうになったため、救急車を要請」というのも疑問です。
 そもそも破水自体は危険なことではありません。破水してから自家用車やタクシーで病院に行くのが一般的です。我が家でもそうでした。
 腹部の激痛等なら別ですが、単に破水しそうなだけで救急車を要請すること自体が、記事を書いた記者の知識に大いに疑問を感じます。
 腹部の激痛等で救急車を要請であれば、わかりますが、「破水しそうになった」から「救急車要請」は、ダメです。
 記事が事実なら、読売は、社会問題化した「タクシー代わりに救急車を使うこと」を容認するのでしょうか。これまた不見識のそしりは免れません。

 いずれにしても、あくまでも記事の通りだとした場合、むしろ医療従事者が気の毒な事案です。

 出産について無知な記者が、コロナ疑いでのたらい回しを叩いてやれ、という安易かつレベルの低い発想で記事を書いたように思えます。それは間違っています。


<4月22日>
○一言
 KOTOKOさんの「The Bible」が届いた!名曲が多いし、聞いたことがない最近の曲なども楽しめそう。
 が、10枚組なのでPCに落とすだけでえらい時間が・・。もちろん聞くのは時間かかりそうです(笑)。しばらくはKOTOKO漬けになりそう。楽しみです!


○一言2
 橋下徹氏が公務員叩きをツイッターで繰り広げているそうな。

 昨日書いたとおり、100%保障で叩くなら、年金生活者も同じ。そもそも学生とか一部を除き税金すら払ってないし。「橋下徹はもっと勉強しろ。」と発言そのままお返ししたい。
 食費増等はそれほどでもないので、親への支給でカバーできます。
 子どもへの給付を批判しないのは、自分が7人の子どもがいてたくさんもらえるからという見方もできます。


 反論できない公務員だけを叩いてメディア露出の商売にしている卑怯者橋下徹

 四民平等と良いながら、公務員差別をするメディア。これが現実です。



○メディアから一言
 22日付け産経によると、「東京都内の繁華街にあるパチンコ店も20日に営業を再開。近県からも客が訪れているといい、会員制交流サイト(SNS)上では「秩序を乱す」「あきれた」との非難が相次いでいる。」とか。

 具体的には、「常連だという台東区の男性会社員(51)によると、この店は13日から休業していたが、20日に新台を導入して営業を再開したという。同日は朝から大勢が並んだといい、男性は「無責任と批判されても構わないが、息が詰まるような毎日の中で楽しみを奪われるのは心外だ」と話した。

 千葉県から訪れたフリーターの男性(25)は「新台が入ったと聞いて打ちに来た。近所のパチンコ店は休業していて、アルバイトもなく、暇なので他にすることがない」と語った。」とか。

 私はパチンコ(スロット)の魅力はさっぱりわかりませんが、先輩で趣味の方がいていろいろ話を聞いたことがあります。
 しかし、例えばアウトドアが趣味の人はほとんどが我慢しているわけで、趣味を我慢するのは当たり前なのだと思います。

 そもそも、暇ですることがないからパチンコというのは理解不能です。
 他にやることたくさんありません?スマホゲームでもやってれば良いのでは?(私は最近ニンテンドースイッチのポケモンソードですが)
 「やることがないから」わざわざ千葉から交通費払ってまで来るとか心底理解不能なんですけど。

 メディアは、なぜ千葉から来るのかとか、もっと取材して、その実態を明らかにするべきではないのですか?


<4月21日>
○一言
 舛添要一(元東京都知事)、蓮舫(立憲民主党)、小沢一郎(元民主党)、内田樹(神戸女学院大学名誉教授)池田清彦(生物評論家)、室井佑月(作家)、坂上忍(タレント)をはじめとするバイキング!コメンテーターなどなど・・。

 ネット記事を見ると、こういった批判しかしない人達は、市民に悪影響しか与えていない有害な人物だと思います。

 市民は自粛生活で不安や不満を抱えているのだから、それを煽るのではなく、笑顔にするような人が今求められているのだと思います。
 不安や不満を煽っても、市民の心が傷つくばかりで、何にもいい結果を招かないと思います。


○メディアから一言
 中日スポーツによると、「元大阪府知事の橋下徹さん(50)が21日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急経済対策として政府から発表された10万円の一律給付に対する持論を展開した。」とか。

 具体的には、「10万円一律給付金 給料がびた一文減らない国会議員、地方議員、公務員は受け取り禁止!となぜルール化しないのか。その上で、それでも受け取ったら詐欺にあたる、懲戒処分になると宣言すればいいだけなのに、これも各自に任せるといういつもの無責任政治。国会議員でも絶対受け取る奴はいるよ。」とか。

 私は元から10万円のばらまきは反対していたのですが、この言い方はいかにも公務員バッシングで嫌ですね。

 「びた一文減らない」というのなら、年金生活者と全額生活保護受給者も同様に批判しろよ。

 大阪在住だと年金生活者や生活保護受給者を批判できない橋下氏のダブルスタンダードをなぜメディアは叩かないのか。
 新聞は高齢の年金受給者に買ってもらわないとやっていけないから批判しないとかいう、情けない理由なんでしょうが。

 橋下氏は、実現より煽動の方が効果的と理解して、煽っているだけなのに、それに乗っかるメディアたち。

 橋下氏の(テレビ出演機会増等の)金儲けに利用されるメディアとは、なんとも情けない話ではないですか。


<4月20日>
○一言
 麻生財務大臣が叩かれていますが・・。

 どこの企業であれ、金庫番が笑顔でどうぞどうぞと金を出したらその企業あっという間に潰れると思うのですが?

 財務省は金を絞るのが仕事です。財務省に金を出させたいのなら、他の省庁や政治家がしっかりと説明して勝ち取るのが当たり前の話です。

 麻生叩きをするメディアは、世間の「会計課の仕事」を本当に理解しているのでしょうか?
 会計課をバックオフィスとして馬鹿にしていませんか?


○一言2
 麻生ネタでもう一つ。

 「手を上げた人」に給付金を払うということで、「分断」とか「遠慮」とかで麻生大臣を叩いていますが、
金くれるんだから手を上げればいいだけです。

 
本質は全然違います。
 例えば、とあるブログで、「公務員も遠慮なく手を上げて」とありました。が、そもそもなぜ公務員は「遠慮しなくてはならない」の?ということです。

 私は酷い公務員バッシングの時代を経験しているので、今も基本「会社員」と名乗っています。
 要するに
「遠慮」をする理由は、麻生大臣の発言とかではなく、周囲(ネット含む)の眼です。具体的には、給料全く損していない公務員がなぜもらうのだ、という圧力です。
 
橋下氏が「公務員は給料ゼロにすれば、庶民の気持ちがわかる」と世論を煽っています。こういう圧力です。

 「遠慮」する方向に仕向けているのは、麻生大臣の発言ではなく、メディアやコメンテーターの圧力であることを、少しは自覚した方がいいのではないかと思います。

 そもそも、「私はもらって寄付します」とかいう売名行為のタレントが多すぎるように思えます。黙ってもらって、黙って寄付すればいいと私は思います。


<4月19日>
○一言
 緊急事態には、叩く対象と救世主を求めるのが大衆。

 メディアがそれに乗じてとにかく安倍政権を叩く。「後手後手」と言って。2月末の学校の休校は明らかに先手なのに、これを過剰だ、テレワークを強制された子どもの親はどうするんだ、と叩いていた過去をすっかり忘れたかのように今度は極力外出させないよう考えろと叩く。
 緊急事態法案を「強権政治」「独裁」と叩いていたくせに、今「ロックダウンを強制する法律を作れ」と騒ぐ。

 他方ヒーローは大阪府知事と東京都知事。
 ネットやテレビ局への出演を駆使して、アピール。特に吉村大阪府知事の宮根氏系のテレビへの出演は明らかにメディアの政治利用なのに、なぜか叩かない。むしろ積極的で頑張っている知事として、番組(ミヤネ屋等)を挙げて応援しています。

 しかし、吉村知事も、いろいろ無理なことやおかしなことを言っています。しかし宮根氏はそれを肯定的な方向に持っていき世論を誘導する。

 例えば、今日のミスターサンデーで新型コロナワクチンの実用化を9月にすると吉村知事は言っていました。
 厚生労働省が遅いからガンガンやっていると。
 これは、明らかにおかしいのですが、宮根氏は、さすが大阪府知事、ダメな国を何とかする、と太鼓持ちをする。

 なぜ、新薬の認可に時間がかかるのか。それは薬害があるからです。

 「薬」は副作用があるということです。この当たり前のことを無視するのは、視聴者をミスリードします。

  例えば、最近「インフルエンザのようにワクチンがあれば」とかいうフレーズがよく言われますが、そのワクチンの副作用で亡くなる方が過去出たから、昔の集団接種が中止となり、任意接種になったのです。インフルエンザ治療薬で言えば「タミフル」も副作用があります。自ら飛び降りるとか話題になったのはご記憶にあると思います。

 新型コロナで脚光を浴びている「アビガン」も副作用があります。
 
 このような副作用をはっきりさせないまま、ワクチンを認可するのは極めて危険です。
 急ぎたいのは私も同感です。しかし、医療分野では拙速は人命に関わります。ワクチンは万能薬ではないのです。

 このように、吉村知事の発言や行動が全て正しいと言うかのごとく宮根氏を中心としたメディアの報道は、誤りだと思います。


○メディアから一言
 19日付け日刊スポーツ(朝日系)によると、森公美子氏が、いわゆるアベノマスクを受け取って、「マスクが上下して口や鼻が出てしまう様子を披露。「さて、どなたにお礼を申し上げたら良いのでしょうか。こういったマスクを頂きまして、本当にありがとうございました」と、コメントした。」と記事にしていました。

 単純に森公美子氏が巨漢であるだけで、そういう人に「ノーマル」のマスクが合わなかっただけです。
 そんなの見たらわかるのだから、近所の保育園などに寄贈すればいいのに。わざわざ開封して無駄にした上で嫌みを言うとは、森公美子氏は税金を無駄遣いする方である上、性格が相当悪いのだと思いました


○一言2
 19日付けデイリーによると、「安倍晋三首相が17日に開いた、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言を全国拡大したことを受けての会見で、朝日新聞の質問に対し「御社のネットでも3300円で販売しておられた」と切り返したマスクに関して、ネット上ではマスク不足解消のために大阪府泉大津市が地元企業と一緒になって作った手作り品だとの指摘があがっている。いずれにしても、民間業者が作った商品が、新聞社とのバトルに使われた格好で、巻き込まれた企業が「気の毒だ」と声が集まっている。」とか。

 安倍叩きなら、嘘でも何でもいいからこじつけるメディアってホント最悪だな、と思います。

 安倍総理の発言は「ご質問いただいた御社のネットでも布マスクを3300円で販売しておられたということを承知しておりますが、そのような需要が十分にあるなかで、我々もこの2枚の配布をさせていただいた」というもので、「布マスクの需要がある」ということを主張しただけなのに、反安倍メディアにかかれば「高すぎると批判した」と事実がすり替わってしまう。

 メディアはでたらめすぎませんか?安倍叩きなら事実なんかどうでもいいというのは、報道のやることですか?


<4月18日>
○一言
 外国に比べて「手元にお金が届くのが遅い」とメディアは叩きます。

 これは単純に、日本は市民の個人情報や資産の把握を政府がするのを否定しているからです。
 言い換えれば、マイナンバーや納税者番号にひも付けされている情報が少ないからです。

 もう一つはネットの活用が大きく遅れているからです。納税ですら、未だに書類に書いてやらないといけない。e-taxを駆使している一部の個人事業者を除き、確定申告ですら毎年書類を書かないといけない。

 例えば、マイナンバーと銀行口座がひも付けされていれば、給付金は速やかに振り込まれるでしょう。
 ネットの活用が進めば速やかに申請が行われ、振り込まれるでしょう。

 しかし日本では法律上銀行口座とのひも付けが義務化されていないし、国が義務化しようとしたら一悶着あるでしょう(一応来年の予定ですが)
 ネットについても、経営者の中心である中高年層はスマホすら使いこなしているとは言いがたく、未だにアカウントを持たずにファクスで発注などをしている人達が多いのも現実です。

 要するに、日本の市民の考え方からくる構造的な問題であり、役所がどうとかの単純な話ではないのです。

 もちろん役所側の事情もあります。
 役所は人員削減で「平時の倒産」への対応の人数しかいません。
 そのとき、例えば今回のコロナのように人員が殺到したらどうなるか。
 無理矢理他の部署から応援を呼びますが、焼け石に水です。結果時間がかかってしまう。
 もちろん、税収等が公開されないから、それを見ることができず、.改めて申請してもらわなければわからないというのもあります。

 要するに、政府が国民の財産情報をある程度自分で確認できる国と、申請しないとわからない国では、当然そのスピードに差が出るというわけです。


○一言2
 公務員の給与をゼロにすれば、今の国民の実態がわかって血の通った政策ができるはず、と橋下氏が煽る。

 うーん。

 私がゼロになったら、とりあえず貯金を取り崩すしかないですね。当然仕事もしなくていい、ということでしょうからバイトを探すしかないですね。

 公務員は失業保険も雇用調整助成金もないので、おまえはクビだ、といわれた場合政府の助けがないんですね。
 そういう発想で政策を作ると、もっと厳しい政策になるような気がします。


 また、国会議員批判していますが、橋下氏は何度も余裕で当選できた機会があったのに国会議員にならなかったのですよね。
 
 自分が責任ある立場になることを拒否しておいて、外から好きなことを言うのはあまりにも無責任だと思います。

 煽って出演料などの収入を稼ごうとしているようにしか見えません。違うのなら、総選挙に出るべきです。


<4月17日>
○一言
 麻生大臣が申請ベースと言ったことで叩かれていますが。

 銀行口座がわからないと振り込めないと思いますが。

 麻生叩きのためならでたらめな批判をするメディアは頭がおかしいと思います。


○一言2
 いわゆるアベノマスクをメディアは叩いています。
 しかし、花粉症用に使い捨てマスクをストックしていた人達も、おそらく6月くらいにはストックが尽きる人が増えるはずです。
 そのとき、アベノマスクは有効に使えます。

 いらないという人は通勤をしない芸能人や高齢者なのではないでしょうか。

 少なくとも我が家ではありがたい。
 なぜなら、新型コロナの場合は自分の感染防御より、他人にうつすリスクを減らすためにマスクをしている実態があるから。
 代わりにアベノマスクを着用することで感染防止のためのサージカルマスクを来年度のインフル対策に回すことができる。
 そして職場でつけていれば、自分が無症状感染者の場合同僚にうつすリスクを大きく減らすことができるからです。

 今のマスク不足の状況でいらないという人はどういう仕事や日常生活をしているのだろうと思います(嫌み等ではなく素朴な疑問です)。

 いずれにせよ、自分のサイトで2枚3300円で販売していたにもかかわらず、400円のアベノマスクを叩く朝日新聞は最悪のクソ企業ですね。

 っていうか、感染予防、クラスターにならないようにとか市民にはさんざん言っておいて、自分のところで本来行うべき感染防止策をとらない上にクラスター化って、メディアとして廃業した方がいいレベルだと思います。」
 メディアは誰も批判しないから、恥知らずにもカルテルのメディア互助会にあぐらをかいている屑企業。


<4月16日>
○一言
 安倍総理が10万円一律給付に舵を切ったとか。

 そもそも、この一律給付金は筋悪なのです。
 というのも、補償のためなのか、経済対策なのかもはっきりしない。
 公明党は創価学会会員の圧力なのでしょう。あるいはメディアやネットで「10万」と騒ぐ人達。そういう人たちはそもそも損しているのか?ということです。

 具体的には、 厚生年金受給者約3700万人(※遺族年金があるため、高齢者以外も)、15歳以下1500万人をはじめ、国会議員、公務員、生活保護全額受給者、大企業の正社員等は新型コロナで1円も損していない。
 つまり、1億2000万の人口の半分は少なくとも必要がないのです。

 そのほかでも、独法やJAや公益法人などの団体等は給料がカットされることはないし、自営でも該当業種以外は損はしていない。ので、本当に「補償が必要な人」というのは、せいぜい人口の2、3割程度(もっと少ないかも)ではないでしょうか。

 だとしたらこれはもはや「補償」ではありません。

 また、経済対策という面からは、消費が落ち込んでいる今の時期にやる意味がありません。苦労している飲食業や観光業など本来恩恵を受けるべき方たちが恩恵を受けられないからです。

 要するに、補償でもなく経済政策でもないただの人気取り政策のばらまきなのです。
 なぜこのような一律給付金をメディアやコメンテーターがこぞって支持するのか全く理解不能です。

 外国と比較するメディアも多いですが、貧富の差が激しく、日雇い労働者の多い外国と比較すること自体がおかしい。さらに言えば外国は治安対策の意味もあるのです。

 さらに言えば、10万ではせいぜい1月分でしょう。もし、5月、6月と長引いた場合、また12兆を払うのですか?
 また12兆を払わなければまた支持率が下がるだけでは?

 これ以上借金をしたら、それは今の若い人にツケ回しをするだけです。

 こうなってくると、もう財政なんかどうもいいどうしょうもない史上最悪の内閣になります。

 借金は、現役や若い人にツケを回すだけです。高齢者のためになぜ現役が被害を受けなければならないのか。

 人気取りのために最悪の決断をしましたね。安倍政権の根幹である財政規律はどこに行った?

 安倍支持層から離反され、反安倍層はどうせ評価しない。また支持率が下がるだけです。最悪のループに踏み込んだと思います。


<4月14日>
○一言
 政府は補償しろ、金をばらまけというメディア。それをしない安倍総理をこき下ろすメディア。
 だったら、国債発行額1003兆円。借入金、短期証券を併せ借金1256兆円、という現実を報道しろや。

 これ以上借金したら、格付けの低下や借り換えができずに一気に金利が上がって償還不可能になるとか、結果インフレで貯金が激減するリスクがあることを市民は知らないと思います。

 この実態を報じたら、金をばらまけ、という今の主張はあり得ないとわかるはずなのですが。ない袖は振れないのです。

 安倍政権が人気取りをしたいのならばらまけばいい。しかしそういう政権は絶対おかしいのです。ここをきちんと報じるべきです。

 二階が10万円ずつばらまけとか言いますがその10兆、現役や子どもにツケ回しするだけでしょう。まともな発想ではないです。
 老い先短い二階(やばらまけというメディアのコメンテーター)は、後の世代の苦労なんか知らん、と考えているのでしょうが


○一言2
 星野源さんの政治利用と言うけれど、外出抑制を訴えただけで、別に安倍人気のためにやったわけではありません。
 なんで「政治利用」になるのか。
 こんなことを国会質問するとか言う蓮舫はただのバカだと思います。

 何より、星野源さんには何の問題もないのに、攻撃するのは全くおかしいと思います。
 アンチ安倍はどこまで陰湿なのか・・。


○一言3
 報ステの富川アナが新型コロナウィルス感染とか。

 そもそもの問題は、3,4日に一時的であっても38度の発熱をしたのに会社に報告していないところ。
 うちの役所なら、その時点で自宅待機です。

 さらに、7日の放送で視聴者から見てもおかしいと感じているのに、9日まで出演させたテレビ朝日。
 どう考えても富川アナもテレビ朝日も悪いし、ましてや、さんざん感染防止を訴えてきた富川アナやテレビ朝日が自分達は実行していないのは、深刻な問題です。

 結局メディアは批判だけで自らを律することすらできないということが露呈したからです。

 しかも、富川アナもテレビ朝日も問題大ありにもかかわらず、バラエティ番組のコメンテーターたちが擁護というか忖度しすぎて気持ち悪いです。
 例えば、坂上忍さん。さんざん政府などはこき下ろすくせに、テレビ局になんで忖度してるの?

○メディアから一言
 日刊スポーツは、スポーツ紙にもかかわらず、1面で安倍総理の動画について、「貴族」「ルイ16世」と批判。
 さすが朝日系。これがスポーツ紙の1面になるのは理解不能です。


<4月12日>
○一言
 政府が「要請」では甘いとか補償しないのはおかしいという方は、新型コロナウィルスとは戦わないのでしょうか?

 
戦闘中なのに「味方の支援が・・・」とか言う方って、何が敵かわかっているんですかね?
 戦わなくても、新型コロナウィルスはどんどん攻めてくるだけです。

 強大な敵と交戦中に「指示がないから動けない」というほど、日本の民主主義はバカではない、と私は信じていますが・・。


○一言2
 自粛要請するなら補償しろ、という意見が反安倍の方の中で強いですが、素朴な疑問です。

 働かないのに売上金をもらえるというのは、ないのではないでしょうか?
 公務員は、給料が減らないと厳しくお叱りを頂戴しますが、それでも一応働いています。

 もちろん、市民が生きていくための生活の補償は必要だと思います。
 しかし事業継続については、つなぎ融資や政府の支援で当座2ヶ月程度は泳げると思います。その上で、早期に事態を収束させて、その後稼いで頂くというのが王道でしょう。借金返済で赤字のうちは法人税も無税ですし。
 そのあたりの報道が全くなく、ただ「(売上げ分を)補償しろ」というのは、メディアがきちんと報道していない責任も大きいと思います。

・個人には30万円以下の補償
・法人には200万円、個人事業者には100万円の給付金
が既に表明されています。なぜか報道されません。


○一言3
 安倍叩きのためになぜ、市民に事実を伝えないのか、メディアの報道には理解を苦しみます。

 例えば、海外との比較です。○○では、という出羽の守が多すぎます。
 よくあるフランスとの比較をここに書きます。
・企業が休職する従業員に支払う手当てを法定最低賃金の4.5倍を上限に国が100%補填する形で拡充予定
・政府の新型コロナウイルス対策で休業を余儀なくされたレストラン、食品を扱わない小売、観光関連業を対象に、年間売上高が100万ユーロに満たない零細企業(前年同月比で70%以上減少した企業に限られる)への支援1,500ユーロ。
・真水は330億ユーロ(レート120円とすれば。5兆円弱)

 日本の支援
失業保険による支援。
雇用調整助成金による支援。
・世帯当たり30万の給付金(収入5割減の世帯)。
・200万(個人事業者100万)の給付金。
補正予算案のうち、下の2つだけで6兆円を超える額を確保。

 日本の方が遙かに強力な支援なのに、なぜかきちんと報じないメディア。
 
安倍嫌いでも何でもいいから市民に伝えてくれ。



○一言4
 星野源さんの「うちに帰ろう」で安倍総理がコラボしたら、「貴族か」という批判殺到とか。

 本当に苦しい市民がいらだって叩くのはわかります。
 でも、金持ちの映画監督だの芸能人だの政治家だのが叩くって、すごく違うと思います。
 要するに、元から安倍が嫌いで、安倍叩きのために利用してるだけじゃないですか。

 現実問題として、狭いマンションで暮らしている私から見ると、一戸建てや広いマンションで生活している人達はいいなぁ、と思います。だからといってそういう人達が優雅で許せないとは思いません。
 ましてやいいマンションや豪邸などに住んでいる芸能人が言うのは、ちょっと理解不能です。

 さらに言えば、うちの子どもも、もう1月以上外出が最小限で、私も一日1回買い物に外出くらいで、それなりにフラストがたまっています。
 だから、ああいうノンビリとした画像で、家での生活を楽しもうというのは、そうだなと思います。
 家でイライラしていたら精神衛生上もよくないし。

 敵は新型コロナウィルスなのに、ここぞとばかりに安倍叩きで溜飲を下げる芸能界や評論家って、バカなの?と思います。

 今戦っている敵は安倍なんですか?


<4月11日>
○一言
 4月11日付け玉木雄一郎党首ツイッター
 霞ヶ関にも感染が拡大中だが役所の皆さんはコロナ対策だけでなく今やらなくてもいい国会質疑と質問主意書に忙殺されている。私たちは既に政府職員の負担軽減方針を出しているが政府・与党が全法律を通す方針を変えなければ官僚の皆さんの勤務体制は変わらない。野党側も今は質問主意書を自制すべきだ。

 下々の労働環境にご理解頂き、ありがたいことです。
 タコ部屋でさらに国会対応に人員を割くと、本当に文字通り倒れていきます。長期戦であればなおさら、行政崩壊を起こしかねません。

 というのも、質問主意書は、7日間で、答弁作成→法制局審査→省内説明→閣議請議手続きを行わなくてはならないものだからです。
 イメージとしては、通常の課では、担当者の通常業務が1週間止まるくらいの影響が甚大な業務です。

 ちなみに、4月1日から9日までの7営業日で36本もの質問主意書が提出されています。
 会派別では立憲民主16、国民民主3、N国3、無所属14(ただし元立民の初鹿氏が6本提出)。
 人では、初鹿明博氏(女性問題で立民離党)6本、中谷一馬、有田芳生(以上立民)、浜田聡(N国)、下地幹郎(IR問題で維新除名)、の各氏が3本、宮川伸、川田龍平、牧山ひろえ(以上立民)、丸山穂高(戦争発言等で維新除名)の各氏が2本となっています。
 以上はデータです。

 驚いたのは、蓮舫氏がこの期間に1本提出していること。さすがに国会で質疑をする時間が他の議員より十分あると想定される野党最高幹部が質問主意書というのはないと思います。ましてや大臣経験があるのに、なぜそういうことをするのか理解できません。

 国会議員の先生方は、役人はいくら倒れても代わりがいるから大丈夫と勘違いしているように思えます。
 タコ部屋で倒れるまで仕事すると、肉体か(と)精神を病んでしまい、昔の体には戻れないのは身をもって味わっています。
 プロ野球の選手が大きな怪我をすると、元のピッチングやバッティングができなくなるのと同じです。

 役人は人間であること、タコ部屋は普通平均以上の人間が配置されているので、その人間たちを壊すと、人的損失は大きいことをご理解頂きたいと思います。特に精鋭を壊す(または退職に追い込む)と、留学費用その他投資した税金も無駄になります、
 なにより、役人にも家庭があるのです。奴隷ではないのです。


<4月10日>
○一言
 メディアは国と東京都の対立を煽っています。しかし、「対立」なのでしょうか。

 インフルエンザ特措法上は、第20条で国との調整規定があり、都道府県知事が何をやってもいいというわけではありません。
 つまり、小池都知事の「取締役だと思ったら中間管理職だった」という発言は全くの誤解です。

 言い換えれば、都の役人が小池都知事にきちんとレクしていないか、小池都知事がわかっていてあえて自分をよく見せるためにパフォーマンスをしたか、のいずれかだと考えられます。

 「都民ファースト」やその後のオリンピック会場、豊洲市場問題などを思い起こすと、都知事再選に向け、小池都知事が自己アピールをしたというのが容易に考えられる結論でしょう。

 さらに言えば「命」を強調して事業者に休業を要請していますが、安倍総理が言うと「事業者にも生活がある」「事業者が生活困難で万が一があったらどうするのか」という批判がありますが、小池都知事には皆無です。

 このあたり、メディアが反安倍のあまり、小池全て善、という希望の党の時のような偏った報道状況になっています。

 まあ、それは自由だと思いますが、いずれにせよ新型コロナウィルス対策を政治利用するのはおかしいと思いますね。


<4月8日>
○一言
 緊急事態宣言で、有名企業が従業員の感染防止のための営業休止という行動に舵を切ったことに驚いています。
 具体的には、インフルエンザ特措法(施行令)の規制対象業種のみならず、スタバなどの小売業やマンション管理などの不動産業など、様々な業種で従業員保護のための行動が取られ始めたことに驚いています。

 1人の感染者が何十人もの職員の自宅待機を招き、企業や関係者に甚大な被害を与えることを踏まえてのことだと思います。

 そういう観点からすれば、個人への外出禁止要請より、企業の出勤停止という(業務命令という強制力のある)アプローチの方が政策的には有効なのではないかと思います。


○一言2
 小池都知事が、営業自粛要請を出す業種について、国との調整が長引いていることにいらだっているそうな。

 うーん。小池都知事は規制法の考え方を理解していないのでは?

 今回問題になっているのは、ホームセンターや夜営業する居酒屋だと報じられています。また、追加で百貨店などを指摘されているとか。

 前者で言えば、規制対象は「定義」をしっかり決めないと規制をかけられないという規制法の原則の問題。
 後者で言えば、自主的に規制されて目的を達したのなら、法律による規制は必要ないという規制法の本質の問題。

 具体的には。まず前者ですが、ホームセンターが生活必需品の販売を行わないか?というところ。DIYなどでは、例えば私の経験では水道のパッキンが壊れたらイオンでは売っていません。これはさすがに我慢できないと思います。
 「夜営業する居酒屋」も、ではランチ営業をすれば対象外になるのか、とかそもそも「居酒屋とは」という定義の問題があり、規制をかけるには曖昧なのだと思います。
 法律の執行サイドとしては、規制対象を見た上で、最小限で網にかけるべく定義をきっちりするのが正しいやり方だと思います。

 後者で言えば、例えば百貨店。大丸松坂屋、三越伊勢丹、阪急阪神、西武そごう、高島屋、東急、京王、小田急など、百貨店形態での営業は休業しています。
 このように、自主的に規制をなされたのなら、公権力の行使たる規制は不要なのです。なぜ規制をしようとするのか理解できません。

 私は、行政マンとして、規制かけなくても結果が出るのであれば規制はかける必要はない、という大原則があると考えています。

 だから、例えば、休業要請2週間延期は叩かれていますが、「規制をかけること」ではなく、結果どうなのかという点を考えると、あそこまでぶったたかれる理由がわかりません。そんなに権力で抑圧されたいのですか?中国のような行動が正しいと思いますか?

 ので、結果を見ずに、とにかく規制をかけることが重要と考えている小池都知事は、法律がわかっていないのだろうと考えるのです。


○一言3
 新型コロナ関係の国会質問がすごい数ですが、法改正などがないのなら、このむちゃくちゃな業務量の増加、意味があるんですか?新型コロナ対策の妨害ではないのですか?

 新型コロナ対策に必要な人員を国会対策のために多数割くとか、アホか、と思います。

 批判ばかりのパフォーマンスで、市民のための建設的な提言のない国会審議って何の意味があるんですか?


○メディアから一言
 愛知県の大村知事が緊急事態宣言の対象地域に追加指定してほしいと要望するそうな。

 バカですか?大村という知事は。不自由展でも頭のおかしい行動を取っていましたが、ホントこの大村ってバカ(大事なことなので二度言いました)。

 なぜなら。以下の記事をご覧ください。
 日経「愛知県の大村秀章知事は2日の記者会見で、政府の専門家会議が新型コロナウイルスの医療提供態勢が逼迫している都府県の一つに愛知県を挙げたことに、「名古屋市内(の病床)がいっぱいになりつつあるのは事実だが、県全体では十分に対応できる。事実を踏まえない発言は大変迷惑で遺憾だ」と批判した。

 2日付け東海テレビ「医療提供体制は十分確保しておりますし、全県で十二分に対応できるわけでございます。これには数字が示しております」「すでに厚労省には私どもの方からおかしいじゃないか、事実と違うじゃないかと、そういうことを軽々に言われると困ると、迷惑だと指摘し抗議もいたしました
 7日付け毎日「対象外となったことに、愛知県の大村秀章知事は7日、報道陣に「愛知はなんとか持ちこたえているということ」と述べた。

 さんざ「愛知は大丈夫」と主張し、政府に抗議までして、事実上緊急事態宣言の対象から外せと政治的活動をしていたくせに、急に緊急事態宣言の対象に加えろとか、頭がおかしいとしか言いようがありません。

 結局、都道府県知事って、1回当選してしまえば、よほどの失政をしない限り何度も当選できるという実態が、こういう厚顔無恥な阿呆でも務まるという土壌を産むのではないかと思います。

 いずれにせよ、大村秀章という人物は、自分が行った狂った発言の責任を取るという気すらないのでしょうか。こんな奴を知事に選んだ愛知県民の自業自得だと思います。


<4月7日>
○一言
 緊急事態宣言。

 基本、自粛要請がある業種以外は関係ないのかと思っていましたが、企業が「感染拡大防止」「外出自粛」を名目にサービスを拒否することがあるようです。

 ニュースを見ていたら大阪の派遣社員という方が派遣先の対応(契約解除等)に不安を感じていたようですが、実は「職員の感染防止」の名目で派遣元が派遣を取りやめるということもあるわけで。
 身近なところで言えば、自動販売機の補充・メンテナンス業務も「控える」可能性を示しているところも見ましたので、それが実行されれば自販機も欠品で機能しなくなるところもあるかもしれません。正社員だけではないので、担当の職員さんはどうなるのだろう??
 3密でもないのになぜ自粛するのかよくわかりません。

 メディアでは、サービスを提供する体制を整えているのにお客さんが来ないために困っている企業(飲み屋さん等)ばかり報じていますが、「従業員保護」の名の下に、企業が自らサービスを取りやめ、消費者や労働者が困るということもあるということも報道してもらいたいものです。


○一言2
・広島県立大。女子学生が友人と欧州に卒業旅行。帰国後のどの痛みや鼻水等の症状を無視して、下関の実家から広島に移動。広島の美容院で髪の毛をセット後、卒業式に出席。その後「新生活」の福岡県筑後市で感染発覚。→ホテル、美容院は消毒、美容院の従業員が濃厚感染者として検査。
・阪大。3月に外国語学部を卒業した女子学生が欧州の卒業旅行から帰国翌日に発熱、味覚障害などの症状を無視して、学位記授与式や食事会に出席。感染発覚。→濃厚感染者が自宅待機
・京産大。男子学生3人が欧州に卒業旅行。ゼミの祝賀会や送別会に参加し、少なくとも21人が感染するクラスターに。

 うーむ。個人を叩く意図はないですが、感想としてバカすぎる。
 欧州が危険地帯なのは明らかで、そのために自己負担で卒業旅行を取りやめた人も多いのに、わざわざ行ったのなら、なぜ14日間おとなしくできないのか。
 ましてや症状が出ていたのに卒業式等に出席とか、周りに感染させるということを思い当たらなかったのか。

 もちろん京産大への脅迫電話とかはおかしいと思いますが、海外へ行った方への自粛をメディアは呼びかけるべきだったのではないかと思います。今からでも遅くないので積極的にやってほしい。
 安倍叩きがメディアの仕事であるかのごとく考えているようですが、市民への普及啓発もメディアの重要な本来業務だと思います。


<4月6日>
○メディアから一言
 4月5日付け中國新聞によると、「安倍晋三首相が全国約5千万世帯に布マスクを2枚ずつ配布すると表明したことを巡り、首相の地元山口県の企業に受注させるのではないかとの風評がインターネット上に飛び交っている。国とは別に県から布マスクの大量受注を受けたことで、名指しで中傷を受ける防府市の中村被服は「国から注文などなくデマが広がっている」と困惑する。」とか。

 「中村顕社長(53)が異変に気付いたのは2日昼。社員から「社長、安倍首相の友達だと大変なことになってます」と知らされた。「まったく個人的な付き合いはないのに。なぜ、こんなことに」と中村社長。県のマスク製造を始めた直後に経済産業省からマスクの製造について問い合わせがあったが、弟の大二郎専務(51)は「なんでそんなことを聞くのか尋ねたが『答えられない』と教えてもらえなかった。国から作ってくれとも言われていない」と首をかしげる。

 その後も「なぜ、あなたの会社が受注するのか」との電話が寄せられ、ホームページにアクセスが殺到。社内のメールサーバーもつながりにくい状態に陥った。中村社長は「マスク不足で困っている子どものために県の仕事を受けたのに。今は子どもたちのために頑張って作るだけ」と話している。」とか。

 とんでもない風評被害ですが、4月2日の1時に以下の煽動ツイートをした「立憲民主くん」というのがいます。
 「防府市の衣服メーカー「中村被服」に布製マスク12万枚を発注。ほー、山口県内の業者ですか。#アベノマスク

 さらに悪質なのは、このデマを流しておいて、謝罪もなく消去。
 ホント、立憲民主党というのはダメ集団ですね。何の問題もない民間人に多大な迷惑かけたなら、謝罪があってしかるべきでしょう。
※行きすぎた表現がありました


○一言
 緊急事態宣言の予想は外れました(笑)。
 ところで、期間が1ヶ月の理由をメディアは追求しています。

 んー。単純にGWはおとなしくしてくれ、ということでGWまでを期限としたのだと思います。
 仮に2週間とすると、3月のように、終わったとたんに街へ出る人が増え、ましてやGWですから、さらに感染者を増やしかねませんから。
 そんなに難しい話ではなく、常識的な判断だと思います。


○メディアから一言2
 日刊スポーツによると、「元モーニング娘。の市井紗耶香(36)が、長女の高校入学式について、新型コロナウイルスの感染拡大状況を鑑みて「欠席させることにしました」と複雑な胸中を明かした。」とか。

 で、「その後、区長や教育委員会に問い合わせていたが、6日には「色々駆け寄っているのですが 都か区かで対応がまったく違います。責任の所在もみんななすりつけ合い状態です。」とツイッターで批判。」だそうな。

 普通は区長には問い合わせしないなぁ。
 出席させるか否かの判断など前日でもできるのだから、様子を見るのが普通の市民でしょう。

 そもそも、緊急事態宣言が出されるかどうかという状況下では対応が突然変わりうるのだから、区長とか教育委員会レベルでは判断できないのは当たり前でしょう。
 判断できない人に問い合わせて「責任のなすりつけ合い」とか、非常識だと思います。

 なにより、入学式欠席が親の英断という評価自体ナンセンス。
 入学式ではしゃべらないし、換気をしていれば「三密」は十分避けられます。
 もちろんリスクはありますが、外で仕事している親がもらってくるリスクの方が遙かに大きいと思います。

 いずれにせよ、状況を踏まえて判断するのが市民。お偉いさんに無意味に電話かけまくる人は普通にモンペであり、とうてい評価するべき人物ではないと思いますが。


○メディアから一言3
 デイリーによると、「元厚労相で前東京都知事、国際政治学者の舛添要一氏が5日、ツイッターに新規投稿。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、厚生労働省がLINEの利用者全員にアンケートを行っていることを受け、「こんなことに手間と時間をかける暇があったら、院内感染防止、PCR検査の徹底」などを図るべきだと苦言を呈した。」とか。

 LINEのアンケート、私もやりましたが実に2400万人が回答したとか。だとしたら現状を把握するのに非常に意味があります。

 最近の批判で最も問題なのは、「何でもできることはやればいい」のに、全然関係ないことを持ち出して「それするくらいならこれやれ」と二者択一にするバカな評論家がテレビで跋扈していることです。

 舛添氏は、「実態把握」に対し「院内感染防止」「PCR検査の徹底」という全く関係ないことを選択肢にしています。

 ので舛添要一氏はバカな評論家の典型例だと思います。
 いい加減なこと言って金もらえるんだから、テレビのコメンテーターって実においしい仕事ですね。老人の妄言をありがたがっている氏ねよ・・。


<4月5日>
○一言
 相変わらずメディアは安倍叩きのため「緊急事態宣言出せ」「遅すぎる」と騒いでいます。

 何度か書きましたように、緊急事態宣言はロックダウンではありません。できません。

 メディアはこういう基本的な事実を無視してなぜ煽るのか。バカなワイドショーのコメンテーターはテレビでコメントするなら事実くらい調べろよ、と。

 現状、都道府県知事の自粛要請は効いています。百貨店やアトレなどの駅ナカ施設、映画館、鳥貴族、串カツ田中などの居酒屋チェーンなど、カラオケやパチンコチェーンも自主休業をしています。
 また多くの市民も自粛要請に応じていると感じます。

 だとしたら、現状、緊急事態宣言を出す必要がないのです。行政マンは「形」ではなく実効性を見て判断するからです。

 政府が人気取りしようと思ったらもうとっくに宣言出していますよ。
 ただ、実効性がない宣言は、例えば「コロナ疎開」を煽るリスクなど問題が生じるだけです。

 緊急事態宣言はあくまでもツールです。そのツールを使って何をするのか、という議論がメディアの安倍叩きから欠けている論点なのです。
 「何をするべきか」がよくわからない批判というのは、批判のための批判であり、全く無意味です。


○一言2
 緊急事態宣言であり得るとしたら、人が集まる施設の営業停止措置です。これも要請→指示という感じですが。
 ただし、対象を考えると、自粛要請にしたがっている事業所がある中でどこまで実効性があるのか不明です。
 具体的な対象は以下のとおりです。

一 学校(第三号に掲げるものを除く。)
二 保育所、介護老人保健施設その他これらに類する通所又は短期間の入所により利用される福祉サービス又は保健医療サービスを提供する施設(通所又は短期間の入所の用に供する部分に限る。)
三 学校教育法(昭和二十二年法律第二十六号)第一条に規定する大学、同法第百二十四条に規定する専修学校(同法第百二十五条第一項に規定する高等課程を除く。)、同法第百三十四条第一項に規定する各種学校その他これらに類する教育施設
四 劇場、観覧場、映画館又は演芸場
五 集会場又は公会堂
六 展示場
七 百貨店、マーケットその他の物品販売業を営む店舗(食品、医薬品、医療機器その他衛生用品、再生医療等製品又は燃料その他生活に欠くことができない物品として厚生労働大臣が定めるものの売場を除く。)
八 ホテル又は旅館(集会の用に供する部分に限る。)
九 体育館、水泳場、ボーリング場その他これらに類する運動施設又は遊技場
十 博物館、美術館又は図書館
十一 キャバレー、ナイトクラブ、ダンスホールその他これらに類する遊興施設
十二 理髪店、質屋、貸衣装屋その他これらに類するサービス業を営む店舗
十三 自動車教習所、学習塾その他これらに類する学習支援業を営む施設
十四 第三号から前号までに掲げる施設であって、その建築物の床面積の合計が千平方メートルを超えないもののうち、新型インフルエンザ等緊急事態において、新型インフルエンザ等の発生の状況、動向若しくは原因又は社会状況を踏まえ、新型インフルエンザ等のまん延を防止するため法第四十五条第二項の規定による要請を行うことが特に必要なものとして厚生労働大臣が定めて公示するもの
※第三号から第十三号までに掲げる施設にあっては、その建築物の床面積の合計が千平方メートルを超えるものに限る。

 いわゆる飲み屋さんやバーなどは入っていないんですね。ですから、対象の百貨店等で営業自粛の動きがある中でどこまで実効性があるのか微妙なのです。


○一言3
 今の感染者は10日から2週間前の世界でしょう。つまり、3連休のあたりの行動の結果が今出ている。

 その後の3月最終週ではかなり厳しく自粛要請が出たので、クラスターからの感染拡大を踏まえても、200人にはいかないのではないかと思います。

 よって3月最終週の強い外出禁止要請の実効性を判断するという意味でも、緊急事態宣言は今週末以降ではないかと思います。


<4月4日>
○一言
 医療崩壊について、機器を増やせとかベッド数が足りないとか言っていますが、間違っています。
 医療崩壊を起こさないための最も重要な点は医療従事者の負担軽減です。
 ハードではなくソフトの問題。

 例えば、高齢の軽症者は、好き勝手なことを主張し、自分より若い人を舐めてます。認知レベルの低い人はマスクを外したり、勝手に徘徊したります。排泄介助その他が必要なこともあり、そういう負担は本来医療従事者が受けるべきものではありません。
 平時ではそういうのも容認されていたでしょうが、非常時では、そんなのに関わりあっているコストが無駄です。
 最前線でもう1月以上戦っておられる医療従事者には適切に休養を取っていただき、精神的ストレスも軽減されるべきです。

 軽症高齢者の自宅待機を強く提唱します。


○一言2
 結局メディアは新型コロナより安倍叩きがしたいだけじゃないか?市民の命より安倍叩きとか、頭がおかしいと思います。
 以下にいくつか書きます。

○一言3
 30万円の給付金が所得が減った人のみが対象ということで、「不公平という声が上がる」とメディアが批判。

 そうですか?私は対象外ですが別に不公平とは思いませんが。
 今回の給付金は新型コロナで困っている人に配布するべき金でしょう。

 もちろん金もらえれば嬉しいけど、それって後世に借金回すだけでしょう?
 民間の私の周辺の方はみんな、「困っている人に支援するべき」と言って、金くれないのは不公平とか誰も言っていませんが。

 こういう主張をするメディアは、市民を金の亡者だと馬鹿にしていると思います。


○一言4
 緊急事態宣言をいつ出すのか、安倍政権は遅いと批判するメディア。

 緊急事態宣言を出すのが重要なのではなく、緊急事態宣言で何をするかが重要なのです。

 メディアはとにかく緊急事態宣言出せという主張で、バカかと。「ロックダウン」ができないこといい加減勉強してくれ。

 政策で大事なのは、あることを実現するために何をするのか、ということです。
 緊急事態宣言自体は一つの政策ツールに過ぎないのです。

 2月末の小学校の休校要請では必要性がない、意味がない、影響を受ける市民のこと考えているのか、とかあれほどぶっ叩いておいて、今度は緊急事態宣言出せ出せとか、メディアは頭がおかしい。

 せめてネットでは冷静な議論を期待したいところです。


○一言5
 芸能人がマスク配布を「コント」と叩き、それをメディアが取り上げています。

 しかし、スポンサーやテレビ局などからもらえる芸能人と違い、市民は、マスクが買えないのが現実
 特に労働者は、朝から並ぶなどできず、おそらく5月になっても買うことはできない。
 花粉症他インフル対策のためストックしていた使い捨てマスクも、5,6月には底をつくのが現実でしょう。

 だとしたら、2枚でも再利用可能なマスクが確実にもらえるのはありがたい。

 ネットの揶揄なども取り上げていますが、ネットで書いている人、では本当にいらないのかな?
 ある行きつけのお店に行ったら、そこの店員のおばさんがマスク2枚とかバカじゃないか、と批判していましたが、じゃあいらないならください、といったとたん、いやそういう意味じゃないとか急に口ごもりました。

 安倍のマスク配布を批判し、不要だとする人は、人の集まる場所で配ってください。喜んでもらいます。


<4月2日>
○一言
 緊急事態宣言で、世の中が一変するかのようなメディアは阿呆か、と思います。

 そもそも、小池都知事が言っているような「ロックダウン」(外出禁止令)はできません。

 できるのは「ロックアウト」(催物の停止やお店の停止指示)です。

 できないのに、ロックダウンがどうとかメディアが煽っているのは、単なる期待族で、新型コロナを抑制しようとか思っていないのではないかと思います。

 もちろん、ロックアウトでも一定の効果はあると思いますが、難しいのは対象をどうするか。
 例えば、飲み屋さん。今は人が入っていないので、感染リスクは低いでしょう。逆に、ラーメン店や牛丼店等はビジネス街ではランチでもそれなりに人が入っております。じゃあ後者をロックアウトしますか?という話で。
 逆に風俗店等に絞るというのもあるかもしれませんが、これはこれでアングラなので網羅できるかどうか。指示に従わなくても罰則ないですしね。

 何より、現在のクラスターの多くは院内感染や卒業外国旅行からの帰国者が自粛しないことが原因でしょう。
 特に後者はどうしょうもないというか、ロックアウトでは防げません。
 個人的にはそういう愚かな若者は内定取り消しでも良いと思いますが。このご時世に欧州に行って、自粛もせずに平気で日常生活を送るのは異常であり、社会人失格でしょう。

 それはさておき。
 要するに、緊急事態宣言で「引き締め」の効果はあると思いますが、メディアが言うほどドラスティックに変わるとは思えません。
 地道な政策手段を積み重ねて、あらゆる方面から感染拡大防止を図るしかないのだと思います。

 緊急事態宣言が万能薬であるかのようなメディアの報道のあり方は、市民をミスリードしていると思います。

(参考)インフルエンザ特措法第45条
第四十五条 特定都道府県知事は、新型インフルエンザ等緊急事態において、新型インフルエンザ等のまん延を防止し、国民の生命及び健康を保護し、並びに国民生活及び国民経済の混乱を回避するため必要があると認めるときは、当該特定都道府県の住民に対し、新型インフルエンザ等の潜伏期間及び治癒までの期間並びに発生の状況を考慮して当該特定都道府県知事が定める期間及び区域において、生活の維持に必要な場合を除きみだりに当該者の居宅又はこれに相当する場所から外出しないことその他の新型インフルエンザ等の感染の防止に必要な協力を要請することができる。
2 特定都道府県知事は、新型インフルエンザ等緊急事態において、新型インフルエンザ等のまん延を防止し、国民の生命及び健康を保護し、並びに国民生活及び国民経済の混乱を回避するため必要があると認めるときは、新型インフルエンザ等の潜伏期間及び治癒までの期間を考慮して当該特定都道府県知事が定める期間において
、学校、社会福祉施設(通所又は短期間の入所により利用されるものに限る。)、興行場(興行場法(昭和二十三年法律第百三十七号)第一条第一項に規定する興行場をいう。)その他の政令で定める多数の者が利用する施設を管理する者又は当該施設を使用して催物を開催する者(次項において「施設管理者等」という。)に対し、当該施設の使用の制限若しくは停止又は催物の開催の制限若しくは停止その他政令で定める措置を講ずるよう要請することができる。
3 
施設管理者等が正当な理由がないのに前項の規定による要請に応じないときは、特定都道府県知事は、新型インフルエンザ等のまん延を防止し、国民の生命及び健康を保護し、並びに国民生活及び国民経済の混乱を回避するため特に必要があると認めるときに限り、当該施設管理者等に対し、当該要請に係る措置を講ずべきことを指示することができる。
4 (略)


○メディアから一言
 4月2日付け朝日の見出し。「マスク2枚配布「情けない」 首相の突然の表明に疑問次々」

 んー。平気で嘘をつく朝日新聞。

 3月28日の総理記者会見で、同系列のテレビ朝日の記者がこう質問しています。
 「テレビ朝日の吉野と申します。国民生活についてお伺いしたいのですけれども、マスクがやはり依然としてないのです。(以下略)」
 総理はこう回答しています。
 「全国の医療機関に対しては、1,500万枚以上の医療用マスクを確保しました。(中略)介護施設、高齢者施設向けには布製のマスクを配布する方針でありまして、既に愛知県内の施設には15万枚が到着済みでありまして、来週半ばまでには2,000万枚以上の確保を完了し、全国50万か所の施設に、施設職員及び利用者に順次、必要な枚数を配布します。
 これに加えまして、全国の小中校、これは再開するということを踏まえているのですが、向けに、1,100万枚、ざっと計算しますと小中校生が900万人でありますからそれを上回る、教職員等も含めて1,100万枚の布製のマスクを今後、確保して、4月中を目途に配布をします。(中略)そして、4月中には1億枚を超える布製のマスクの生産が見込まれておりまして、感染拡大防止の観点から、必要な皆さんに幅広く配布をしていきたいと考えています。」

 要するに、3月28日の時点で配布については言っていたのですが。それもテレ朝の記者が「マスクが足りない」と言ったのに対する回答。

 朝日新聞は、総理記者会見での自分の系列の記者の質問すら聞いていなかったとでも言うのですかね?

 「突然」とか嘘つくなよ。そこまでして安倍叩きがしたいのか。敵は安倍なのか、新型コロナなのかすらわからないバカ新聞。


<4月1日>
○一言
 安倍総理が全世帯に洗うことが出来る布マスク2枚を配布と言ったそうで。

 これに対し、コメンテーターなどがフルボッコ。
 コメンテーターはアホか?

 まず、2枚つけて批判する阿呆なコメンテーターがいたけど、使い捨てじゃないんですよ(っていうか、このご時世にパフォーマンスの写真のためだけに2枚無駄に使うとかアホだろう)。
 次に全員に早く金をばらまけと吠えるコメンテーターがいたけど、10兆円の借金を若い人に回しておまえら高齢者が甘い汁吸うだけじゃないですか。代わりに金をばらまけとかいう代替性のある政策ではないし。

 そもそも金ばらまきにしたって消費減税にしたって、現段階では消費を喚起する必要はないし、喚起しても今困っている飲食店等で使えないから意味がない。
 全員への金の配布より、失業者等困っている方への補償が大事なのでしょう。
※3月28日付け一言のとおり、私は公務員や年金受給者、生活保護者に配るべきではないと言っています。

 税金の無駄遣いと言うけれど、送料込みでもせいぜい400円×世帯数(+送付のための人件費)でしょう。○万円全員にばらまくより遙かにコストは低い。

 医療従事者等に優先して配布し、残りのうち政府入手分を国民全員に配布する。それのどこが悪いのですか?
 仕事を持つ人は、早朝からドラッグストアに並ぶことができないのだから、全員に配ってくれれば公平じゃないですか。
 なにより、多くの方のマスクのストックは5月か6月で尽きるのでは?尽きたときにマスクなしで新型コロナとどう戦うのですか?

 生産の余裕に応じて、第2弾、第3弾と配ってくれれば、ストックするために買い占めようとする輩も減るでしょう。
 枚数が少ないという点は別として、マスクが全く足りない中で、政府が公平に配るというのは別に悪い考えでも何でもありません。
 スポンサーやら芸能界のつてやらでマスクを容易に入手できるコメンテーターと市民は違うんですよ。


<3月31日>
○一言
 志村さん。本当に残念です。体調悪化から数日で、というのはこのウィルスの恐ろしさを身をもってはっきりと示してくれたと思います。

 想定外だったでしょうが、天国でゆっくりしてください。いかりやさんと酒を酌み交わしてください。

 しかし、志村さんの死を政治利用しようとする蓮舫氏って、人間としていかがなものかと思います。


○一言2
 東京の感染者数は70人超え。まあ、月曜分なので日曜の分が回っていたと考えられます。

 明日以降の人数の推移(とくに感染源をできるか)が重要ですが、「緊急事態宣言期待族」のような報道はどうなのかな、と思います。
 メディアが言うような「外出禁止」は日本ではできません(今と同じ要請まで)。
 ここ無視して、緊急事態宣言で市民が外に出られなくなり、世の中が変わるかのような報道は、市民をミスリードしている
と思います。

 学校の休業とか、結果としてのデパートや映画館の自主的な営業停止とか、緊急事態宣言の内容は既に先取りされています。
 こうした自主的な対応によって何とかするのも成熟した民主主義だと思います。
 よって、緊急事態宣言の発出は、医療体制が持たなくなりそうだ(軽症者を医療機関以外で隔離しないともたない)というタイミングだと思います。

 もし公権力の強力な行使が必要なら、緊急事態法制を制定/改正しないといけないと思います。政府を叩くならそこを無視するのはおかしい。権力がないのに、権力の行使は出来ません。

 私は反対で、自主的な対応で何とかしていければと思っています。


○メディアから一言
 29日付けスポーツ報知によると「江川紹子氏、首相会見で所属先を聞かれたことに「たまたまオレンジ色が目についた人を誰とは知らずに当てた、という『形』が必要だったのかな…」」という見出し。

 いつものメンバーの官房長官記者会見ですら毎回所属と名前聞かれるので、名前しか名乗らなかったら所属を聞かれるのは当たり前。

 「形」とか、自分が特別なフリーランス代表だと思っているのがちょっとすごい。
 江川紹子氏は自分が有名人だから名乗る必要もないと考えた方がおかしいし、残念です。


<3月28日>
○一言
 緊急事態宣言あるいは「ロックアウト」はいつか、みたいなメディアやネットの有名人のツイートの煽りが見られます。

 そもそも緊急事態宣言で何が起こるのか、わかって言っているのか大いに疑問です。

 インフルエンザ特措法では、市民に対する措置としては第45条に規定されています。

 具体的には、「生活の維持に必要な場合を除きみだりに当該者の居宅又はこれに相当する場所から外出しないことその他の新型インフルエンザ等の感染の防止に必要な協力を要請することができる。」と規定されています。

 はい、ご理解の通り。知事たちが今お願いしていることと同じなんですね。

 日本では、欧米のように、外出者に罰金を取ったり、外出者を殴って帰らせるとかできないのです。

 もう一つが、「学校、社会福祉施設、興行場その他の政令で定める多数の者が利用する施設を管理する者又は当該施設を使用して催物を開催する者に対し、当該施設の使用の制限若しくは停止又は催物の開催の制限若しくは停止その他政令で定める措置を講ずるよう要請することができる。」という規定です。

 既に学校やライブハウス、大規模イベント等の中止要請が出ていて、実際に行われています。

 つまり、日本では緊急事態宣言で行われる市民への要請は既に行われていて、緊急事態宣言が出ても市民への要請は変わらないし、ロックアウトはできないのです。

 緊急事態宣言は医療と物流への強権が肝です。
 しかし、この週末の東京での買い占めプチ騒動を見るまでもなく、緊急事態宣言を出すと買い占め騒ぎが全国に起きかねません。物流の混乱の中改めて統制するのは大変です。

 こうしたリスクを考えると、緊急事態宣言を出すメリットは、医療崩壊に直面したとき以外にはなく安倍政権がよほど阿呆ではない限り、緊急事態宣言を出し渋るのは当然なのです。

 メディアや自称識者は緊急事態宣言がどうこう言う前に、民主主義社会なのですから、市民の善意を信じて、普及啓発すべきなのです。


○一言2
 10万円のばらまきを公明党が主張とか。公明党死んでよし。誰のために税金をばらまこうとしているのですか。

 そもそも、年金受給者や公務員、生活保護受給者は国から一定額をもらっているのだから全く困っていない。

 年金受給者、公務員、生活保護受給者は当然今回の経済対策から外すべきです。

 さらに、農林水産業や製造業も別に何も変わっていないのだから何も困っていません。サービス業についても、問題ない業種もあるでしょう。

 必要のない人に金使うのはやめるべきです。
 もちろん、公務員の私でもいただけるなら、貯蓄せず全て地元商店等で使わせて頂きますし、全額使えば地元への経済対策なのでしょうが、「買い占め」などで明らかなように、ある意味消費は活発になっているのではないですかね?


○一言3
 埼玉県伊奈町で4歳の子が虐待死。無理に股間を広げられ筋肉が断裂し歩けなくなり(当然痛い)、さんざん暴行。挙げ句の果てに腰が曲がってしまい、それを直す?ためにダンベルなどを載せ苦痛を味わせ、殺害したとか。
 そして「虐待がばれるのを恐れて隠していた」とか。

 この拷問殺人犯は岩井真純(28)と父親の自営業岩井悠樹(30)

 伊奈町が下半身に何もはかない状態で家を出されて、通報されているのに、児相に連絡しないことは大きな問題だと思いますが、なぜメディアはもっと伊奈町を叩かない?
 市民が通報しても公的機関が対応しなければ虐待はなくならないぞ?

 なにより、国会はもういい加減「虐待罪」を創設して最高刑死刑にしろよ。野田市の虐待もたった懲役16年だぞ?
 拷問殺人がなぜ保護者監督遺棄なのか。虐待は監督遺棄ではなく拷問ですよ?

 野党がこれ訴えたら支持率間違いなく上がるのになぜやらない?ホント誰か何とかしてくれ!!!

 虐待は心が痛んで、ホントつらすぎます。


○メディアから一言
 27日付け日刊スポーツによると、安倍昭恵氏のこの時期の食事会での記念撮影画像について、「昭恵夫人の行動をめぐり国会で夫の首相が釈明に追われる。安倍政権でよくある光景が、この日も展開された。」とか。

 ホント、安倍昭恵氏って、コロナ渦のこの時期に自らこういう画像を上げるって、頭おかしいんじゃないかと思います。

 阿呆な配偶者のせいで本来業務が阻害される夫。夫婦の関係はわかりませんが、安倍総理が国と安倍昭恵を比較して安倍昭恵を取るのであれば、総理を辞するべきだと思います。


○一言4
 森岡正博早稲田大学教授が3月25日ツイッターで「みんな冷静に計算してほしいけど、東京都の新コロナ感染者数は現在171人。東京から無作為に200人をピックアップしたときに、その中に超有名人の志村けん氏が入ってる確率ってどのくらいだと思う? 現在の感染拡大ペースは我々の想像をはるかに超えてるよ。桁違いの感染者数になってるよ」とか。

 確率論で言えばその大前提として「このご時世に飲み歩いている人の中で」と定義をしないといけません。母集団は大きく減少するはずです。
 さらに言えば、舞台の稽古やドラマの撮影、あるいは番組でもマスクをしていないことを考えると、芸能人は一般人より遙かにリスクが高い
わけで、有名人で志村けん氏しかわかっていないこと自体が奇跡的だと考えます。

 大学教授と言ったって専門外はド素人なのです。ド素人の発言は放置すべきだと思います。


<3月26日>
○一言
 新型コロナ対策関係の会議で、10分程度の会議で何が議論されるのか、という批判を目にしました。

 閣議もそうですが、総理出席の会議は基本了承するのが仕事です。
 議論するのは事務方(や専門家)。そしてその結果について問題や疑問があれば、会議の前のレクチャーで指摘がなされて改善されているのです。

 ので、あとは決裁をもらうだけ。会議でイエスと言うその前の段階で調整されているのです。

 こうした構造を無視して、結論を述べる場の会議が短いと批判するのは、市民に実態を伝えておらず、メディアとしていかがなものかと思います。


○メディアから一言
 朝日によると「新型コロナウイルスの感染拡大を受けて政府・与党が4月にまとめる緊急経済対策の一環で、一部の世帯に限り1世帯当たり20万円程度の現金を給付する案が検討されていることが分かった。」

 なぜ収入が少ない世帯に金を投じるのか意味がわかりません。
 収入を判断する基準はあくまでも前年度の収入。今回支援が必要なのは「今年」新型コロナの影響で失業した方や収入が大幅に減った方です。

 行動自粛などが要請される4月などでは、金ばらまいても使い道がないので、経済対策の意味がありません。

 税金の無駄遣いはやめてほしい。つなぎ融資以外は新型コロナがある程度収まってから一気に支援するべきだと思います。


○一言2
 この時期にわざわざスペインに旅行した沖縄の一家が、検査による空港待機を拒否して勝手に沖縄に帰り、陽性反応とか。

 まず、(休校がなければ)学校を休ませてスペイン旅行していたわけで、その時点でダメな親だとわかります。学校は行かせないと。
 しかも、行き先が新型コロナで問題になっていたスペイン。それで帰国して、リスクを全く感じないというのはありえない。子どもが感染して重篤化したらどうするつもりだったのか。

 挙げ句の果てに検査結果が出る前に勝手に公共交通機関を利用して帰宅。他人にウィルスをばらまくという意識さえない。

 多くの善良な市民にリスクを負わせるこのアホ親の行動を叩けなければ、メディアは存在意義がないと思います。個人の人権と多くの善良な市民のリスク。どっちを取るべきかは明白でしょう。


○一言3
 ウーマンラッシュアワーの村本氏がまた愚かなことを言ってメディアに取り上げられているそうな。
 要は自粛させたいのなら補償しろ、と。アホすぎます。

 一定レベルの芸能人はリーマンや公務員と比べめちゃくちゃ稼いでるでしょう。それは個人事業者としてリスクを取り、浮き沈みがあるから。浮いているときは左うちわで、沈んだ時は補償しろとか、市民を舐めるのもほどほどにすべきです。

 はっきりいって、SNSの引用記事が好きな報知やスポニチは、頭の悪い芸能人の炎上商法に荷担するのはやめるべきだと思います。
 百害あって一利なし。


<3月25日>
○一言
 コロナの影響。
 鉄道や航空などは大手なので、頑張ってもらえると思いますし、ツアー客対象は、今は無理なので、つなぎ融資等金融支援以外では手が打ちようがないと思います。

 他方、何とか出来ないのかと思うのが飲食店。個人事業主も多いと思われるので、リスクの高いお店とそうではないお店(例えば個室や高い仕切りがあればOKとか)、あるいはリスクを低減することが出来る試みなどを政府の専門家から示して、お客さんが多少なりとも戻るように出来ないかなぁ、と思います。


○一言2
 河野防衛相が22日付けで「クラスター 集団感染 オーバーシュート 感染爆発 ロックダウン 都市封鎖ではダメなのか。なんでカタカナ?」と問題提起。

 全くおっしゃるとおり。政治家にはわかりやすい言葉が求められます。

 ちなみに河野大臣のツイッターでは現場の自衛官の活動を毎日のように積極的に公開し、このような活動は現場の指揮も上がると思います。

 大臣就任前は、理想論が多く、私はどうなのか?と思っていましたが、責任ある立場になったとたんに現実主義に転換され、能力を遺憾なく発揮しているように思えます。

 こうした面からも総理総裁の器ではないかと思います(体調面がやや不安ですが)。


○一言3
 たった4500枚のマスクしか送ってないのに、足りなくなって返せ、という竹本幸夫市長豊川市長、無能すぎます。
 しかも、そんな恥ずべきことを笑って話すというのはみっともないですよね。
 だったら最初から送らなきゃいいのに。自分の自治体の危機管理よりパフォーマンス優先なのは最悪だと思います。
 いつどんな災害が起こるのかわからないので、備蓄の安易な放出は現に慎むべきだと思います。


<3月23日>
○一言
 森友問題で、野党がノンキャリ職員の命がどうとか言うのは、率直に言って納得いきません。

 上記(森ゆうこ氏関係)の通り、野党による質問主意書連発や質問通告遅れ等による深夜残業は課室によっては常態化しており、そのために心身を損なう者も散見され、その結果が自死という者もゼロではないからです。

 総理を攻撃する案件なら徹底追求で、野党への国会対応による心身を壊す者や自死は無視。

 だから、正直、「都合のいいときだけノンキャリを利用するな」と現場は静かに怒りを燃やしています。


<3月18日>
○一言
 経済対策で、30兆円とか勇ましい声が政治家から上がっています。

 金額ありきだと公共事業やハコモノ、機器(高額備品)などに使われるだけなので絶対やめるべきです。

 そもそも、今回の被害者は観光業周りや飲食業周りなので、金をぶっこめば良いというものではありません。
 むしろ自粛の緩和の方が遙かに経済対策になるのです。ただで。
 科学的知見を踏まえて、飲食店はリスクが少ないとか、マスク着用での宴会は問題ないとか宣言してもらいたいものです。

 今回の被害の特殊性を勘案し、金のばらまきは絶対にやめるべきです。借金が増えるだけじゃないですか。


○一言2
 同様に、消費減税が持ち上がっていて、「消費喚起」とかメディアは主張しています。
 自粛の中で、消費が喚起されるわけないでしょう?消費減税は全く意味なし。

 しかも、現役世代は企業によって減収などの結果給料に響きますが、年金世代は全く問題なく年金もらえます。高齢者は経済的には何の被害もないのですよ。
 全く損をしていない年金世代に消費減税って、高齢者丸儲け。

 ただ国が借金増やすだけじゃないですか。何の意味があるのか。不公平です。
 高齢者優遇政策はもういい加減にしてくれ!

 被害を受けている世代を考えると、やるべきことは「所得税減税」です。そのほか、企業・現役労働者への支援です。

 今回の疫病で被害を受けていない世代と被害を受けた世代を切り分けて、適切な支援を行うべきだと思います。


○一言
 日本維新の会の藤田文武氏がブログで現場の苦境を理解して頂いたブログメッセージを。

 タイトルは【新型コロナウイルス対応の最前線で戦う官僚のためにも、今こそ国会改革を

 是非皆様ご一読頂ければと思います。


<3月17日>
○一言
 安倍総理の予定通りの五輪、という発言に対し、いろいろ言われています。

 そもそも、政治家が五輪延期や中止を言うと言うことは、7月の時点でもコロナの克服見込みがない、といっていると同じです。

 経済に対する影響を考えれば、そんなこと言えるはずもなく。

 だからG7の首脳は「幸運を祈る」としか言えなかったのだと思います。


○一言2
 オリンピックの中止や延期について、メディアのコメンテーターがいろいろ言っていますが、そもそも基本的なことを理解していないのではないかと思います。
 
 オリンピック憲章32.3に明確に「・・開催日程はIOCが定める」と書いてありますから。
 さらに言えば、今年度中に開催しないのなら、オリンピック憲章の改正が必要なので、総会の決議が必要。

 日本で政治家が何を言っても意味が無いのです。もちろん、メディアが延期とか中止とか言うのは何の意味もありません。
 いえ、「返上」ならIOCは喜んで飛びつくでしょうが・・。


○メディアから一言
 共同通信社の世論調査によると、「新型コロナウイルスの感染拡大を巡り、東京五輪を予定通り開催できるかどうかについて「できない」との回答は69.9%だった。「できる」は24.5%。」とか。

 うーん。この世論調査は何の意味があるのかな?東京五輪をやめるべきだ、という主張なのかな?
 「予定通り」という一言を入れた時点で恣意的ですよね。何らかの予定変更があれば「予定通りできない」のですから。

 東京五輪をやめるべきだというのなら堂々と主張するべきだと思います。誘導尋問的世論調査で何がしたいのですか?


○メディアから一言2
 産経によると、「新型コロナウイルス対策で、フランス政府は14日、店舗の営業禁止を突然発表し、週末のパリは大騒ぎになった。
 フィリップ首相がテレビで「15日零時から営業を禁止する」と発表したのは、14日午後7時半。実施のわずか約4時間前だ」とか。

 安倍首相の休校要請を「突然」とさんざ叩いていたメディアが、全く批判しないのが実に不思議です。とんでもない強権だと思いますが。
 新型コロナ対応より安倍叩きを優先するメディアやコメンテーターって、死ねばいいのに。


<3月16日>
○一言
 室井佑月とか、朝日系列でメシ食っている「文化人」たちが新型コロナ関係で安倍叩きを繰り広げています。

 現在進行形の危機に対し、何が何でも安倍叩きでメシを食っている安倍寄生虫。安倍総理にご飯食べさせてもらえてありがとうと感謝するべきでは?(苦笑)

 最近はどこまで増長しているのか、市民叩きまで始めました。
 「それでも安倍という人って?」とか是々非々で評価している人も含めて、一般人を攻撃するという頭のおかしい「自称文化人」はいなかったと記憶しています。
 おまえ何様?ポリシーのない寄生虫のくせに。メディアに出ていると特権階級だと勘違いしてしまうんでしょうね。


○メディアから一言
 12日付け朝鮮新報によると、「新型コロナウイルスの感染拡大により、各地でマスク不足が深刻化するなか、さいたま市が9日から市内の幼稚園、保育園などの職員向けに、市の備蓄用マスクの配布をはじめたが、その対象から埼玉朝鮮幼稚園が対象外とされた。それと関連し、11日、さいたま市役所内で在日本朝鮮人人権協会の金奉吉会長、埼玉朝鮮幼稚園の朴洋子園長をはじめ関係者らによる緊急抗議行動が行われた。」とか。
 で、「午後3時から始まった抗議行動は、さいたま市の清水勇人市長宛の抗議文を読みあげたのち、保護者や弁護士、学校関係者が順に抗議の声をあげ、午後7時過ぎに終了した。」とか。

 「抗議」ねぇ。抗議なら1時間もすれば十分だと思いますが。

 
在日本朝鮮人人権協会は4時間にもわたり、しかも業務時間外まで立場の弱い現場職員を威圧したクレーマー集団
と日本では考えますね。

 そもそも、今回のマスク配布はさいたま市の管轄外、例えば埼大附属幼稚園等は含まれていません。国籍の差別ではないのです。

 そこを無視して抗議するのは全く間違っています。この事実を前提にすれば、常識ある集団であれば、「要請」であるはずなのです。

 抗議すれば何でも無理を通せると思っているから、朝鮮人は嫌われるのです。これは人種差別ではありません。
 日本に来たら日本の風習に従うべきです。朝鮮のやり方を押し通したいのなら、「地上の楽園」北朝鮮に今すぐ帰るべきです。
 郷に入りては郷に従え。When in Rome do as the Romans do.

 周囲に嫌われてでもわーわーわめいて、周りから白い目で見られながらコミュニティーで生きていくという発想が私には理解できません。


○メディアから一言2
 産経によると、「立憲民主党の石垣のり子参院議員は13日、新型コロナウイルスの感染拡大に備える新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案の参院本会議採決を棄権した。党は賛成方針だったが、石垣氏は記者団に「(政府が)パフォーマンスとしてやった感を出すがゆえの法案提出に、ノーと突きつけるべきではないかと考えての判断だ」と述べた。」とか。

 バカですね。

 党が法改正しなくても適用できるとしていたのに対し、法改正に賛成したということは党の考え方を変えたということ。
※法律を厳密に読めば新型コロナに適用できないし、そもそも緊急事態宣言を「解釈」で何に対しても適用できるという方が危険です。

 ならば、政府のパフォーマンスがどうとかより党の解釈変更を攻撃するべきでしょう。
 何でもかんでも政府を攻撃していたら正義の味方だと勘違いしている非論理的な議員石垣のり子さん、立法府なら少しでいいので法律読んでみてください。

 野党議員がこのようなパフォーマンスで市民がだまされると勘違いしているから、安倍一強なんですよ。


<3月12日>
○一言
 新型コロナ対策批判は、まず自分がどういうスタンスか、というところをはっきりさせてから行うべきだと思います。
 例えば、学校休校の要請。今まで「手ぬるい」「後手後手」など批判をしていた人が叩くのは全く矛盾していると思います。

 なぜなら、感染拡大防止のために厳しい措置をとることが出来るのは、公立の学校くらいしかありませんから(政府機関を閉鎖したら大混乱する)。

 「都市閉鎖」などは現段階で出来るわけもなく、緊急時でないと考えればかなり思い切った要請です。
 「手ぬるい」「後手後手」と言っていた人達は賞賛するべきだと思いますが。

 もちろん、公権力が市民の権利の抑制をすれば、当然歪みが生じます。
 しかし、それを望んでいた方々からすれば、当然(想定の範囲内)であり、ですから、これまで「手ぬるい」「後手後手」等の批判をしていた人が、そこを批判するのは、全くナンセンス
なのです。

 緊急時にポジションをころころ変えて何が何でも安倍叩きというバカな文化人をテレビに使っているから、テレビ離れが起こるのだと思います。


○メディアから一言
 TBSニュースによると、「安倍総理は10日午後、政府の新型コロナウイルスの対策本部で、大規模イベントなどについて、専門家会議が判断するまで今後さらに10日程度、自粛を要請する考えを示しました。」とか。

 うーん。経済的には今週がぎりぎりかと思いましたが1週間延長。確かに感染拡大は止まっていないですしその判断もやむを得ないように思えます。
 とはいえさすがに歓送迎会シーズンや3連休前が本当にぎりぎりなのでは?
 それ以上やると本当に飲食店等が持たないように思えます。

 そういった意味で、19日までの自粛というのが感染拡大抑制と経済のバランスのぎりぎりなのかなぁ、と思いました。


○メディアから一言2
 10日付け読売によると、「福島の苦境は続いている。避難者はいまだ4万人超。この9年で避難先での定住が進み、帰還意欲は低い。復興庁の調査で「戻らないと決めている」と答えた住民は、今月に避難指示が一部解除された双葉町や大熊町で6割に上る。」とか。

 「戻らないと決めている」人はもう避難者から外すべきだと思います。
 もはや転居者であり、例えば賠償金で家を建てていたりするのなら、現実的には戻ることはないわけですから、もう避難者ではないと思います。

 転居者を避難者として扱うからややこしくなるのだと思います。


○一言2
 新型コロナ陽性だった蒲郡の50代が意図的に接触した方・・多分密着して手を握ったりされてた方が、発熱とかで陽性反応が。
 警察はこの50代を速やかに暴行罪で逮捕し、司法は厳しく処罰するべきです。

 疫病の意図的感染拡大など、現下の状況で最も行ってはいけない行為だからです。
 ちなみに私はそういうお店には行かないので、金で女性の手を握って喜んでいること自体なんだかなーと思います。


○メディアから一言3
 朝日によると、蓮舫氏が11日の参院会派の会合でこう言ったそうです。
 「(新型コロナウイルス対応をめぐる)学校の一斉休校要請。昨日、総理は与党に対して説明不足だったと陳謝したそうだが、わびるのは与党ではなくて、お母さん、お父さん、子どもたち、学校関係者ではないか。あまりにも国民不在で、後手後手で、その場限りの対策が目立つ。」(以下略)

 バカですか?国民不在というのならどうすればいいのか。後手後手というのなら蓮舫氏が考える「先手先手」とは何か具体的に言ってみてください。

 そもそも、東日本大震災の時、計画停電で国民の権利を制限した際に節電大臣の蓮舫氏は一度でもわびましたか?
 
 日本の未曾有の危機に際し、代替案もなく政争しか考えていないバカな蓮舫と、それを持ち上げるバカな朝日新聞。

 野党の支持率が伸びず、朝日の売り上げも落ちるばかりなのがよくわかります。


<3月9日>
○一言
 報道の範囲ですが・・政府の休業補償、旧労働省はちゃんと考えているのでしょうか?官邸のトップダウンなのでしょうか?

 非正規の方へ(の補償で)事実上の有給休暇の追加というのならまだわかりますが、20日の有休休暇がある相当数の正規社員にまで助成するなら、企業としては極力テレワークさせずに休み取らせるでしょう。

 テレワークで休み取らずに自宅で働いている人が馬鹿を見る制度っておかしくないですか?

 多くの子どもを抱えた親は、ファミリーサポートやママ友同士の預け合いなども含め、頑張ってやりくりしている。
 こうした頑張った人に対し、本当に厳しいシングルマザー等ではなく、誰でも休みとれば休業補償って、モラルハザードを招くと思いますが。

 政府が支援と言えば聞こえがいいですが、税金でしょ?税金のばらまきはやめて頂きたい。

 もっと言えば、普通に不正申請が横行すると思います。申請をそのまま信じるのではなく、しっかり確認してもらいたいものです。


○一言2
 3月8日付け西日本新聞社説が「当たり前に休むために」というタイトルで、病気なら休む社会を、と提唱。
 具体的には、「「少々の病気では休まない」という「根性」を評価する。またはそれが評価されると思い込む。管理職も一般社員もそんな精神論にどっぷり漬かってきた。」と批判。

 んー、そうなのかな?
 個人的には、「評価されようとしてアピールする社会人」が多いように思えますが。
 そういう人って、仕事や情報の共有を絶対しないで抱え込む。「俺がいなきゃダメだ」という環境を作り出す人だと思いますが。

 いなくてもいいのに、無理に出てきてアピール人多くないですか?「根性論」はパワハラ上司の場合を除き、「評価」を求める職員の考え方に問題があるように思えますが。

 自分もいろいろ厳しい職場で、倒れたら仕事が終わるという現場に若い頃からいて。がんばってがんばって、休みのたびに倒れていました。確かにタコ部屋など、そういう職場があるのは事実です。が、タコ部屋以外は何とでもなります。
 もっと言えば、タコ部屋でも倒れて出勤できなくなれば、誰かが代わりに配属されて仕事は動くのです。
 ので、体壊した30代以降は、自分がいなくても対応できるようにマニュアルを作り、情報を一切止めずに共有し、組織で仕事しようとするのが基本でやってます。私の代わりは必ずいるのだと。
 そもそもその人がいなければどうにもならない事態というのはない、と私は思います(給与所得者では)。

 個人事業者を除き、組織で仕事を回せるようにするのがプロであり、個人に依存して回らないようにする人間はプロではないと思います。


○一言3
 拷問殺人者栗原勇一郎の求刑が18年とか。短すぎる。
 検察が言うように「拷問やなぶり殺し」の状況なら、死刑でいいでしょう。本件を殺人で立件できないのは重大な問題があります。「なぶり殺し」は傷害致死ではないと思います。

 しかも、このサイコパスは心愛ちゃんが望んで立っていたとか、肺の中に水がたまっていても心当たりがない、と平然と言い、挙げ句の果てに「心愛ちゃんごめんなさい」とか泣く演技をする基地外。

 「疑わしきは罰せず」ということでほぼ全面否定しているんだそうですよ。まさに人間ではないサイコパス。

 せめて求刑通り18年の判決とし、刑務所で任侠の方々による裁きを期待したいところです。


<3月8日>
○一言
 緊急時には根回ししている暇も無く(あえてしないで)、官邸主導というのはよくある話。
 それに文句を言いながら(笑)柔軟に対応するのが行政。現状、東日本大震災の時よりは全然ましです(感染症関係部署を除く)。
 
根回しすると反発が起きて調整に時間がかかるのです。「強い政策」ほど反発が強い。だから根回しせずにトップダウンというのは、理解できます。もちろん仕事的には大変なので、理解は出来ても納得は・・という感じになろうかと思いますが。

 反安倍メディアは根回しが、とか、党に相談がないとかいろいろ言いますが、緊急時とトップが腹くくったなら根回しなどしてられるか、という話。そういう話として割り切るしかないのかな、と思います。

 メディアは全く理解していないようですが、安倍総理は相当の覚悟を持って決断をしていると思います。


○一言2
 野田氏の児童拷問殺人犯の栗原勇一郎が、公判で心愛ちゃんが暴れるから抑えた、など心愛ちゃんの精神に異常があるかのごとくの意味不明なセカンドレイプを行い、証言を全て嘘と言ったそうな。

 弁護士も多分こいつを許せないんだろうと思います。頭の悪いサイコパスの虚言をしゃべらせているのだから。

 とにかく、凶暴なサイコパスは極力世の中に出すべきではないので栗原勇一郎に厳罰を下すよう裁判所にお願いする限りです。
 このレベルのサイコパスにも騙されるバカな大人がいるから被害者が出るわけで。

 ちなみに、DVを受けていたかもしれないのですが、心愛ちゃんを見捨てるだけでなく、勇一郎の尻馬に乗って虐待していた母親がなぜ執行猶予なのか理解できません。
 
裁判の証言でも、他人事のようで、自分が虐待に荷担したことを反省もしていないように思えました。
そもそもあなたが再婚しなかったら虐待もなかっただろう、と誰か言ってやれよ・・。



○一言3
 蒲郡で、コロナウィルスをうつしてやるとして飲食店2軒を回ったバカ野郎がいたそうな。
 こんなの暴行罪と威力業務妨害罪で逮捕してほしい。

 逮捕し、実名を公表するべきです。危険なので。とんでもない奴です。
 が・・ネット情報が事実なら、これ病院でもいろいろ要求して騒いでいそうで、病院の方が気の毒です。


○メディアから一言
 デイリーによると、「衆議院議員の野田聖子氏が3日に更新したブログで、新型コロナウイルスの感染防止のため小中高校が休校となり、長男が自宅にいることを明かした。野田氏は「日常生活で24時間一緒は、初。愛情に体力か追いつけず、ヘトヘトヘト」とユーモアをまじえて投稿した。」とか。

 メディアは誰もこれに異常さを感じないのですか?自宅で生活しているなら、24時間一緒にいるのは休みの日に普通にあるのでは?
 愛情とか形式的な言葉はどうでもいいのですよ。仕事と子どものどっちが大事なのか?という話。
 子どもは親の実験動物ではありません。子が小学生にもなって、子どもと24時間一緒にいることがはじめてという家族がまともな家族とはとうてい思えません。
 もちろん、仕事が全てに優先する鉄の女というのであればそういう生き方はありだと思います。男性でも家族を全く見せない仕事人間もたくさんいますから。が、仕事を取ったくせに家族愛みたいなものをアピールするのは全く理解できません、

 野田聖子氏を育児周りで賛美する記事には強い嫌悪感を感じます。
 野田聖子氏には育児を語る資格はゼロだと考えます。


○一言4
 育児を男性がしないから、安倍政権の学校の休校等は女性に責任をしつけるという報道が。
 安倍政権批判ではなく、そういう古い男性を厳しく批判して育児参加させるのが、メディアじゃあないのですかね?

 それ、どこまで事実なのかなぁ?その女性は男に育児するように言っていますかねぇ?
 少し前ですら、私の周りは育児参加する男性が多かったですが。
 例えば私は約10年、着替え等の準備をし、朝、保育園に子どもを送り続けました。たとえ深夜3時に帰宅しようとも。
 保育園の保護者会の理事も私の期は男女半々でした。
 小学校の授業参観後の懇談会は私ともう一人しか男性がいなくて違和感を覚えました。が、学童はやはり保育園からの延長なので、男性の迎えをはじめ行事なども男性参加が多かったですよ。

 安倍政権は男性の育休など、「女性に責任を押しつけない」ために政策を打っていると思いますが。
 男性に育児をやらせるべく政策を打っている安倍政権を、育児負担に悩むと称する女性が批判するのはばかげた話だと思いますが。
 安倍叩きのためなら論理矛盾も何とも思わないというバカなメディアが増えていて、アホじゃないかと思います。


<3月5日>
○一言
 運良くとれたライブが、やはり中止。年齢的にも、あと何年ライブで騒げるかという感じなので、残念ですが、仕方なし。
 むしろ、中止で損害を受けるイベンターさんが心配です・・。資金繰り等大変だと思いますが頑張ってください。


○一言2
 新型コロナの件では、メディアが煽り屋と化しているのが最大の問題だと思います。
 例えば、トイレットペーパーの件では、空っぽの売り場ばかり映して不安を煽る。
 例えば、感染者数をなぜか外国人も含まれるダイヤモンドプリンセス号の客を含めて「1000名超え」と煽る。

 無意味に煽ってどうする。メディアはバカですか?誰得?


<3月4日>
○一言
 マスクがないことでドラッグストアの店員等を罵倒するバカな市民をメディアは厳しく叩くべきだと思います。
 サービス業で働く人間は、憂さ晴らしで罵倒される義務は全くありません。

 マスクがないのはドラッグストアには何の責任もありません。新聞を読むのが中高年だから叩けないのなら、社会の木鐸としてどうなのか。
 っていうか、本当に必要なら、自分で作れば良いと思いますが。


○一言2
 江川紹子氏らが29日の安倍総理の会見で質問できなくて批判しています。

 江川紹子氏は聞きたかったことをリストアップして寄稿していますが、まず数が多すぎるし、これらの質問内容なら、各省庁に聞けば良いと思います。

 自分達の質問に相手が必ず答えるべき、と考えるのはジャーナリストの傲慢だと思います。

 「取材」は結局商売なのでしょう?商売のタネの質問が出来なかったということなのでしょう?
 
社会のためと美化するのはおかしいと思います。


○一言3
 子ども達の自宅待機、数日が過ぎて。街を徘徊している子ども達も増えたようです。

 まあ、とはいえ徘徊するだけなら換気のない密閉スペースじゃないのだから目くじら立てなくてもいいように思えますが。

 うちの子どもも運動などはしないといけないので、現実的には自宅に軟禁は出来ないと考えています。


○一言4
 舛添要一氏の売名行為がすごくて、こういう方を使うメディアは何を考えているのですかねぇ。

 最近で言えば、28日「グッとラック!」でこう語ったそうです。
 「舛添氏は政府の決断について「現場を全く知らない。学校も大混乱」と一刀両断。
「例えば共稼ぎで、子供は保育園あるよっていうけど、1年生、2年生はどれだけ大変か。家に帰らないといけない。仕事できない。それが看護師さんとか医師さん、介護士さんだったら、介護の現場、医療の現場は崩壊するんですよ。お年寄りがかかったら重症になる。お年寄りの面倒を見る人がいない。診療するお医者さんや看護師いなくなってそっちはどうするの? こういう政策は政府全体が調整もってやらないといけない。文科大臣なにやってんだ、厚労大臣こんな時なにやってんだって気がしますね」と語気を荒らげた。」とか。

 まず、学童に入れるなら学童で対応できます。出来ない場合は、どうせ小学校は休校なのだから、手の空いている先生が限定的に対応すればいいわけで。それと医療系は病院に託児所があるケースが多いです。これ元厚労大臣のくせに知らないのかな?

 さらに学童に入れなかった子ども達は、通常ママ友ネットワークかファミサポさん、祖父母が対応しているはずなので問題ない。
 もちろんそれから漏れる子ども達もあり得るので、それをどうするかは現場の問題ですが。

 いや、舛添氏がなぜバカなのかというと、行政は状況に応じ「出来ること」をなんとかするのが仕事であり「出来ないこと」を批判するのが仕事ではないのです。
 いやしくも大臣経験者が、建設的提案をせずにただ叩いて、自分が正義の味方ぶるというのはただの売名行為であり厳しく批判されてしかるべき事案です。


<3月1日>
○一言
 安倍総理の休校要請は、政府の危機感が伝わったいい決断ではないかと思います。

 実は、25日の段階で、政府内では、主催イベントや審議会も含めた会議の中止、テレワークの協力推奨、時差出勤の強制、関係団体等への同調依頼など、感染拡大防止に向けた強い指示が出されていました。
 急な話であり、走りながら考えるものではありましたが、官邸の危機感は伝わりました。

 そのような中で、さらにできることをやるということで、行政が動かせる公立学校の休校を要請したわけです(ちなみに幼稚園が対象外なのは、私立がほとんどだから)
 結果、この危機感を理解した多くの民間企業が感染拡大防止に協力して頂けることになりました。

 そういった意味で、安倍総理の決断は成功したと言えます。

 細かい部分に問題はありますが、緊急時なんだからやるしかない、という意識を多くの方が理解頂けることとなったのは正しい決断であると言えます。

 政府の現状認識を明確にし、しっかり市民に伝えたことは、とても重要なことだと考えます。


○一言2
 報道されていないのですが、2005年生まれの子ども達にメディアは何かフォローしてあげてほしいです。

 この子ども達は、卒園式も一定数が東日本大震災で中止になり、今度は中学校の卒業式も中止・・なのです。


○一言3
 しかし、この期に及んで安倍叩きとかしている「自称文化人」ってすごいですね。
 記者会見見て気持ち悪くなった、という室井佑月氏は、そもそも安倍総理の記者会見で気持ちよくなることはないでしょうに。
 記者会見のセリフ暗記しろ、というラサール石井氏は、その記憶に充てる時間が全く無駄だと思わないんですかね?

 新型コロナウィルス対策より安倍叩きの方が大事って、頭がおかしいとしか言いようがないですね。
 何をやっても安倍は許せない、というのは病気だと思います。



○ご意見、ご感想はこちらまでお願いします→makinoh2アットマークops.dti.ne.jp
 件名には具体的な内容のご記入をお願いいたします。

※就職にあたってのご質問は、まずは書店等の公務員就職関係の書籍のチェックをお願いします。