明るい!?国家公務員のページ

~FUNNY!?GOVERNMENT OFFICIALS~

 

ガンプラが想像以上にたまっていることが判明。とりあえずゲルググを作ってみました。
 ゲルググイエーガーでかいな・・。
調べた結果RGが5個くらいあったので頭を痛めています。とりあえずHGから消費か・・。
ちなみに最古のものは2009年キャラホビ限定MGシャアズゴックでした・・。10年寝かしてました・・。

                           

ようこそいらっしゃいましたー。 人目のお客様です(1999.3.9より)。

ご訪問ありがとうございました:100万(2006.7.19)、200万(2008.6.15)、300万カウント(2010.2.18)、
400万カウント(2011.11.12)、500万カウント(2014.1.19)、600万カウント(2016.6.10)、700万カウント(2018.6.22)
SNSや動画が当たり前の時代に、スマホ対応すらできていない古めかしいサイトご訪問ありがとうございます。


☆更新情報その他
 時が流れるのは早いもので、愛猫フェイが逝ってからもう2年。いろんなとこに付着している毛もそうですが、まだまだ足跡残っています。天国で元気にやっているだろうか、そういう足跡を見るたびに思います。

 先輩からあまり注意(教育)されないと言う新人の方へ。一つの考え方としてご覧下さい。→
こちら
 本サイトのコメントは全て組織とは関係ない個人の見解です。

経済からみた江戸時代 '05/7/19更新
江戸時代というのは実はすごい時代だったのです。特に教科書は間違いや嘘ばっかりなのでだまされないでくださいねー。
国家公務員はこんなもん '05/5/30更新
国家公務員の実態などについて書いています。新聞や雑誌、HPは極端な話ばっかりですよー。
テレビではわからない実際の話 '10/6/18更新
マスコミ報道は何かあれば政府を批判すればいいような感じです。
でも本当にそうなのでしょうか?規制緩和、教育、年金などについて、国家公務員の仕事をやっている現状から考えた観点でお話しします。
伝言板
伝言板です。いろいろ方と気軽な雑談をしたいです。
投稿前にこちらをお読み下さい。自己主張(アジテーション)はご自身のblogでどう
ぞ。
フェイ写真館 '17/11/03更新 new
うちのいたずらっ娘の画像です。猫好きの方へ。
2017年5月16日、18歳11ヶ月で逝去いたしました。天国でものんびり気ままに暮らしていると思います。

自己紹介とお願い
お約束の自己紹介とこのHPでのおきまりです。

○最低限の交通ルールの遵守をお願いします。
 「アクセルを踏むとき、道を渡るときに、ちょっとでいいから(亡くなられた)えみるのことを思い出してやってください」(風見しんごさん)

○森ゆうこ氏質問通告遅れ問題について
<当サイトの考え方>
・社会人は結果責任を負う。自分が正しく行動しても、結果として遅延したら謝罪しなければならないのが市民の日常。
・本件は「結果として通告が遅れた結果となったのは遺憾」とでも言っておけば、謝罪でもないし、メンツも立つ。
・自分に問題がないのなら、参議院委員部又は内閣総務官室の問題なので、原因を明らかにすれば、身の潔白の証明に加え再発防止策が取られ、全員が救われるのに、なぜこの行動を取らないのか(理事会という非公開の話のみ主張するのか)。
・事実関係(ファックス送信記録その他)を公開せずに、事実関係の確認を求める議員等の口を裏から封じようとするのは言論弾圧とも取られかねず、不穏当。
※その他は別ページに移しました。


<12月12日>
○一言
 テレ朝ニュースによると、「性同一性障害と診断され、女性として働く経済産業省の職員が女性用トイレの使用を制限されたのは違法だとして国を訴えた裁判で、東京地裁は訴えを認める判決を言い渡しました。」とか。

 これはどうなのかな?

 ハフポストによると、「判決で江原健志裁判長は、国側が職員の女性用トイレの使用を制限するなどしたことに対し、国側に慰謝料約132万円の支払いなどを命じた。」とか。130万円の慰謝料?どういうこと?

 具体的には「原告職員の人事異動は、10年以上行われていない。」
「大学卒業後、男性として経産省に入省。1998年に性同一性障害としての診断を受けた。2011年には、家庭裁判所の許可を得て戸籍上の名前も変更した。現在は、女性として生活している。」
「性別適合手術は、健康上の理由で受けていない。」
「職場では、2009年に人事部との話し合いを始め、同じ部署で働く職員への説明を経て、2010年に女性職員としての勤務を始めた。
その際に、女性更衣室の利用や、健康診断の女性枠での受診は認められたが、国側は裁判の中で「性別適合手術を受けるまでの暫定措置」だとして、女性職員として勤務を認めたわけではないと主張していた。
そのため、職員は女性用トイレの使用が制限されていた。条件として、勤務しているフロアから2階以上離れている女性トイレを利用するようにとされたのだった。この処遇は現在も続いている。」とか。

 冷静に考えれば、「男性器がある」者が女子トイレに入るのに抵抗ある女性は若い方ほど多いのではないかと推察されます。
 この方は男性器の機能を喪失しているのでしょうか。50代なら、「朝立ち」は普通にあるような気がしますが。

 ましてや、今回の裁判でも本名を公開していないように、職場で誰が対象者かわからない。なぜ女性というのなら公開しないのか。
 しかも経産省入省後早い段階で診断を受けるという事実関係からすると、前からわかっていたのに隠して就職したんじゃないかと。

 そうした経緯を飲み込んで、カミングアウトの範囲を限り、男性器があることを知らないフロアなら女子トイレも使用可、という当局の判断はバランスとして悪くないと思います。

 さらに言えば。人事異動ができないケースは問題がある職員のケースが多いです。現に2つ女子女子トイレは使えるのに、同じフロアの女子トイレに入れないから訴訟沙汰など、普通の(多忙な)部署には配置できない状況であると考えられます。
 仕事よりプライベート優先で仕事に穴空けられたら、ダメなのは官民共通です。

 経産省は控訴するべきです。少なくともなんでこの人に130万税金で払わなければならないのかわからない。
 そして、原告は氏名を公表し、周辺に理解を求めるべきです
 匿名で男性器を持った人間が自由に女子トイレに出入りする恐怖を、あなたが「女性だ」というのなら、当然理解するべきこと
ではないのですか?


<12月11日>
○一言
 安倍総理が内閣府のシュレッダーの処理がなぜ時間がかかるのかを聞かれ、障害者の短時間雇用職員が対応したため、と答弁し、障害者差別という方々がいます。

 これは差別ではなく、職場で直面する難しい問題なんですけどね・・。

 私の身近に障害を持っている者もいるので、あえて言いますが、障害者が健常者と同じ仕事をするのは、本人にとっても無理がある場合もしばしばです。本人ができる範囲で、最善を尽くして評価されるというのがあるべき姿であり、時間がかかる原因として障害があるというのは、結果的には事実であることもあり、障害者差別ではないと思います。

 (一般的な)健常者と同じことを障害者に求めるのは、無理があるのです。それは普通の障害者への圧力になるのです。
 例えば、あるお願いをしたとき、精神面の障害者はうまくいかずにいらだってしまい、時間がかかるケースもあります。四肢が不自由なために、時間がかかるケースも当然あります。

 あるいはこう考えては?本件は、例えば、「高齢者」や「病んでいる職員」「配慮が必要な職員」と言い換えたら差別になるのでしょうか?

 職員の状況に応じて、配属される部署があるのは、現実の話だと思います。それでなぜ時間がかかるのか、と問われれば、説明せざるを得ません。
 答弁をそのまま受け止めれば、フルタイムが困難な方を雇用していたのだろうと推察されます。
 つまり、
本来、「お察しください」という問題なのです。

 にもかかわらず、質問する方がおかしい。微妙な話をせざるを得なくなるのだから。

 このように、現実を考えると、少なくとも国会議員やメディアのコメンテーターが差別というのは、現場を無視してきれい事で言っている偽善者としか思えません。


○メディアから一言
 朝日によると「「桜を見る会」の招待客をめぐって野党が公開した消費者庁の内部資料とされる文書について、当時の担当職員が朝日新聞の取材に対し、課内の打ち合わせ用に作ったメモだと認めた。消費者庁は国会での野党の質問に対し、この文書の真偽の回答を拒否している。」とか。

 森ゆうこ氏の質問通告については情報漏洩として「プロジェクトチーム」を立ち上げ、管理職を呼びつけてさんざん抗議していたはずです。
 何でこれはOKなのでしょうか。森ゆうこ氏と並びで見るなら国家公務員法違反でしょう。日本共産党へのたれ込み?は許されるとか明らかにダブルスタンダード。情報漏洩をなんだからまたプロジェクトチーム作れよ(苦笑)。

 公益通報ではないので、これを容認する野党はおかしい。法律の運用にダブルスタンダードを平気で設けるから野党も信用できないんですよ。


○一言2
 菅官房長官が「各地に世界レベルのホテルを50カ所程度新設することを目指す」といったとか。
 まずは富裕層が来日して楽しめる環境整備が先だと思いますが。
 そういう戦略なくしては、30年前の悪名高きリゾート法と同じ結果となると思います。


<12月6日>
○メディアから一言
 朝日によると、「埼玉県熊谷市で2015年に民家3軒に侵入し、7~84歳の6人を殺害したなどとして、強盗殺人罪などに問われたペルー国籍のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(34)の控訴審判決が5日、東京高裁(大熊一之裁判長)であった。高裁は死刑とした一審・さいたま地裁の裁判員裁判の判決を破棄し、無期懲役を言い渡した。刑が軽くなる心神耗弱状態だったと判断した。」そうな。

 ふざけるな。6人殺害したら心身耗弱でも死刑でしょう。それが市民感情。
 そのほかの裁判でも、裁判員裁判の死刑が高等裁判所で無期懲役になる例が連発されています。最近では新潟の幼女殺人事件の小林遼被告。

 裁判員裁判は市民感情を踏まえて導入されたにもかかわらず、それを無視して前例主義なら、裁判員制度は今すぐやめるべきです。

 裁判員だって貴重な時間を使い、メンタル的にダメージを受けながら苦渋の判決を出しているのに。

 メディアは法務省や裁判所をめちゃくちゃ叩くべきなのになぜ叩かないのか。メディアの正義はどこに行った。


○メディアから一言2
 12月3日付け朝日ANNによると、「(れいわ新選組の)木村議員は20年ぶりに実際に新幹線に乗り、障害者の利用が困難な現状について赤羽国土交通大臣に問いただしました。
 れいわ新選組・木村英子議員:「なぜ、車椅子の方が優先的に購入できるのは前日までとされているのか」
 赤羽国交大臣:「個人的ではあるが、けしからん話だと率直に申し上げておきたい。バリアフリーの社会というか、ユニバーサルデザインの社会を強力に推し進めるという政府の強い意志をJR各社はしっかりと受け止めてほしい」」とか。

 赤羽大臣はアホか?自分がいかに物事を知らないかと言っているようなものです。
 けしからん話でも何でもありません。
 新幹線は指定席が当たり前。事前に予約しているからこそ、車椅子の方の乗降のサポート等きちっとしたサービスを受けられるわけです。指定席が取れなかったり、自由席で座れないように、当日に近づけば近づくほどサービスが劣化するのは当たり前。「優先権」を前日に確保しているだけでも十分でしょう。障害者は神様ではありません。

 バリアフリーと障害者優遇は全く違う話です。


○メディアから一言3
 TBSニュースによると、「7月、札幌で参議院選挙の演説をしていた安倍総理にヤジを飛ばし、警察官に排除された男性が、3日、警察官を刑事告訴し、さらに、北海道に国家賠償訴訟を起こしました。

 札幌に住む大杉雅栄さん(31)は7月、安倍総理の演説中にヤジを飛ばし、警察官に排除されました。大杉さんは3日、自分を排除した警察官7人を「特別公務員職権乱用罪」などで刑事告訴し、北海道警を所管する道に対しても330万円の賠償を求める国家賠償訴訟を起こしました。」とか。

 この方はどういう日常を送られているのだろう・・。この程度で刑事告訴し、国賠請求とは、それに要する時間と資金を考えても、一般の市民とはとうてい思えません。


○メディアから一言4
 東海テレビによると「名古屋の小学5年生の男子児童が、同級生から多額の現金を支払わされたいじめ問題をめぐり、学校が保護者説明会を開きました。」とか。

 で、「この問題を巡っては、5年生の男子児童が今年8月から10月にかけて、同級生6人からゲームセンターで遊ぶための現金などあわせておよそ20万円を支払わされ、市教委が「いじめ」と認定していました」とか。

 うーん。課外での問題はどこまで学校が責任を負うのか・・。コミュニティが学校由来ならば学校の責任なのか?
 だとしたら、生徒の下校まで学校が管理しないといけないけど、それも現実的ではなく・・。
 厳しいようだけど、親の問題ではないのでしょうか。
 小5が20万円払える時点でおかしいし、そんな多額の金が家からなくなったのに親はなぜなにもしなかったのか・・。

 何でも学校に責任を負わせるのはおかしいように思えます。


<12月2日>
○メディアから一言
 29日付けAERAdotで、「「国会質問」「議員立法」「質問主意書」ゼロ! “ヘタレ”国会議員96人」という見出し。

 これ、全く間違っていますね。間違っていると自分達もわかっているはずなのに、こういう見出しを付けるメディアはプロとして恥ずかしくないのか、と思います。

 まず、国会質問ですが、これ、与党と野党の質問時間比率が原則2:8(ひどいときは1:9)で割り振られているので、結果自民党議員は質問の機会がなかなか回ってきません。ベテランは若い人のために譲ります。逆に野党はどんどん回ってきます。だから、質問することがすぐに思いつかなくて通告が遅れるというばかげた事態が生じるのです。
 いずれにせよ、野党の国会質問時間と与党の国会質問時間を無視するのは報道の悪意があります。

 さらに質問主意書。はっきり言って、いい加減な質問主意書は行政の業務妨害です。作成から法制局審査、幹部レク、閣議手続きなど通常業務を停止させられるからです。
 主意書の乱発は長妻議員から始まりましたが、主意書の数で評価するのは全くナンセンスであり、深く考えずにいい加減な質問すりゃあいいってもんじゃないでしょ?ということです。

 このように、でたらめな定量評価は絶対におかしい。

 質問にしても質問主意書にしても、重要なもの1つが、いい加減なもの100を凌駕するのは当たり前でしょう?


○メディアから一言2
 「人生会議」のポスターで批判があるとか。

 がん経験者から言わせてもらうと、ガン患者団体等からの猛反発って、それを正当化するのはアホじゃないかと思いますね。過剰な抗議です。

 卵巣がん体験者の会「スマイリー」代表の片木美穂さんは、11月25日、作成した厚労省の医政局長や地域医療計画課在宅医療推進室長、PRポスター担当者あてに、抗議の文書を送付しました。
「がん=死」を連想させるようなデザインだけでもナンセンスだと思いますが、このような強い後悔を感じさせる恐怖感を与えることで本当に「人生会議」をしようと思うのでしょうか?」といいます。

 きれい事言うなよ。がん告知の時点で、死を連想するのは人間当たり前だろう。私だって感じた。
 仮に手術が成功しても再発(転移)のリスクがあるのだから、死を連想しない患者がいるとしたら、不思議な方でしょう。

 残された時間が長いとか長くないとか、そういう話じゃないんだよ。
 治療方針や今後も含めて、家族と相談するのは当たり前でしょう。もし死が逃れられない可能性が高いのなら、やりたいこと(できること)をやるというのも自然な話でしょう。
 がんと言われた時点で、次、悪かったら(転移hしていたら)人生の身支度を整えなきゃな、というのは、誰でも感じることです。

 なぜこれが叩かれるのか、私には全く理解できません。


○メディアから一言3
 テレビ西日本によると、「警察によりますと29日午前8時前、福岡県糸島市の波多江小学校前で、青信号の横断歩道を渡っていた小学1年の男の子2人が、赤信号を無視した車にはねられました。

2人は頭を打つなどして救急搬送されましたが、意識はあるということです。

警察は車を運転していた、福岡市西区の会社員・大束誌野容疑者(28)をその場で逮捕しました。

調べに対し「信号が赤に変わったことに気づいていたが、まだ行けると思った」と供述しているということで、警察は過失運転致傷の疑いも視野に捜査しています。」

 赤に変わっているのに「まだいける」じゃねーよ。頭おかしい。免許をもっと厳しくするべきだと思います。

 こういう赤でもいけると思うバカをどんどんつるし上げるべきだと思います。青信号渡っていて、はねられるとかでたらめすぎます。


○メディアから一言4
 毎日によると、「安倍晋三首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数参加していた問題で、立憲民主や共産など野党の追及本部視察団が1日、首相の地元・山口県下関市を訪れ、地方議員や住民へのヒアリングをした。地元での聴取を踏まえ、視察団は「選挙買収に近いことをやっている」と批判を強めた。」とか。

 で、「地方議員へのヒアリングは報道陣に公開され、視察団が「桜を見る会」と安倍首相の後援会や選挙活動とのつながりなどを聞いた。追及本部事務局長の黒岩宇洋(たかひろ)衆院議員(立憲民主)が「(桜を見る会が)安倍後援会が外に手を伸ばして声を掛けるという、後援会拡大活動の手段になっているということか」と質問すると、野党系県議は「私はそう思っていた」と答えた。複数の県議、市議がヒアリングに応じたが、いずれも非自民系だった」とか。

 何その茶番。新幹線代は議員パスで無料?身内に聞いてパフォーマンス?野党は暇すぎませんか?
 国民のための政策考えろよ。バカなのですか?


○メディアから一言5
 読売によると、「神奈川県を走行中の東海道新幹線で昨年6月、乗客3人がナタで殺傷された事件で、殺人罪などに問われた住所不定、無職小島一朗被告(23)の裁判員裁判が28日、横浜地裁小田原支部(佐脇有紀裁判長)で始まった。小島被告は「殺すつもりでやりました」などと述べ、起訴事実を認めた。検察側は冒頭陳述で、「被告は刑務所に入るために新幹線での無差別殺人を計画した」と主張した。」とか。

 しかも、「小島被告は丸刈りにした頭に上下灰色のスエット姿で法廷に入り、「失礼します」と被告人席に着席。罪状認否では、はじめに襲った女性2人に関して「残念ながら殺し損ないました」とし、梅田さんについても「通路に倒れている人を殺そうとして見事に殺しきりました」と殺害を認めた。」とか。

 更正不可能。死刑しかないですね。もし出所したらまた善良な市民が犠牲になります。裁判所の適切な判断を期待します。


<11月27日>
○一言
 メディアが反安倍キャンペーン一色になっていますね。
 26日付け共同通信の見出し「反社会勢力、入っていたのだろうと菅氏」

 時事では「菅義偉官房長官は26日の記者会見で、首相主催の「桜を見る会」に反社会的勢力が出席していたことを事実上認めた。
 「出席は把握していなかったが、結果として入っていたのだろう」と述べた。
 菅氏は「私が桜を見る会で(出席者と)写真を撮った中に、そうした方がいたという指摘を(マスコミから)受けた」と説明。」とか。

 まあ、普通に考えて、政治家が写真を求められたら、普通に撮りますよね。その方が反社かどうかは当然わからないわけで。

 問題の本質は、その反社がどういう方法で潜り込んだのか、ということですが、現実問題として、千人規模のレセプションでも、個別に確認することは不可能で、招待状があれば通します。報道にあるように、ネットで転売されたらお手上げでしょう。

 こう考えると、結果論で「反社批判」をするメディアや野党は、単に安倍憎しなだけで、道理が通っていないと考えます。

 ましてや、芸能人(志らくとか)が、宮迫氏等の案件と比較して叩くのはロジックとしてはめちゃくちゃです。
 自分で反社の会合に行って、ギャラをもらい、それを隠して脱税していたということとは全く次元が違うからです。

 まあ、反安倍メディアや芸能人の報道は続くのでしょうが、本件については冷静に考えれば見えてくる話だと思います。


○メディアから一言2
 時事によると、「立憲民主党など主要野党でつくる首相主催「桜を見る会」追及本部のメンバーは26日、内閣府が招待者名簿廃棄に使った大型シュレッダーを視察した。
 約1万5000人分の今年の招待者名簿に見立てて野党が用意したA4判約800枚を30秒程度で細断。野党は、順番待ちで廃棄までに時間を要したとの内閣府の説明に疑念を強めた。」そうな。

 自分は実は震災時に(職場のそこそこの)シュレッダー処理担当を輪番でつとめていたので、この指摘には重大な誤りがあると考えます。

 シュレッダー処理って、シュレッダーする時間が全てではありません。まず、刃を傷めないよう出された書類の中からクリップや付箋などを除きます。もちろんこれを除くよう依頼していますが、現実には混じっていることもままあるので確認は必要です。
 で、シュレッダーをかけるのですが、出たシュレッダー屑が重い。一定の量で、ゴミ出しするのですが、これがまた重い。廃棄場所に運ぶのも一苦労。台車なんて小さすぎて45ℓゴミ袋3袋くらいしか乗せられないので。
 それと、性能が高ければ高いほど、すぐ熱くなるので休ませないといけません。高速処理は数十分の連続使用は考慮されていないので時間をおかないと機械が壊れる(うちのが古いせいかもしれませんが)。

 結局センセイ方は、大量にシュレッダーなんてかけたこともないでしょうから、現場の実態なんてわからないんでしょう。

 「嘘だ」「疑念は深まった」と言うためだけのアリバイ作りなのでしょう。

 いずれにせよ、事実関係の確認なら1人でいいのに、7人もの国会議員がシュレッダーを視察とか、日本にはなんの問題はないのでしょうね。

 うちの子どもは虐待対策をなぜやらないのか、と激怒していますが。


<11月25日>
○メディアから一言
 産経によると、「立憲民主党など主要野党は25日、首相主催の「桜を見る会」の招待者名簿が共産党の資料請求日に破棄されていたことに関連し、内閣府が所有する大型シュレッダーの視察を試みた。桜を見る会追及本部の黒岩宇洋事務局長(立民)ら国会議員8人が乗り込んだが、職員からアポイントがなかったことなどを理由に断られ、結局、目的を果たすことはできなかった。」とか。

 この旧民主党系のメディアを引き連れたパフォーマンス、もう何回繰り返しているのか。
 関東地方整備局に乗り込んだり、厚労省の地下の書庫を見せろとか、財務省の執務室を見せろとか・・。どうせダメなのわかってやっているのですから、もはやコントか、という世界です。
 当たり前ですが、国会議員には守秘義務もないし、国政調査権があるからといって省庁内のどこでもフリーパスな訳がありません。

 ちなみに今回のコントは、「「寒いので中に入れてください!」
 野党統一会派に所属する無所属の山井和則衆院議員は、内閣府の入り口で防護壁のように立ち尽くす職員を前にこう詰め寄った。
 この日は11月下旬とは思えないほど暖かく、同行した記者も軽く汗ばむ陽気だった。しかし、山井氏は「寒い」「寒い」と何度も訴え、「国会議員なので(約束がなくても)庁舎の中に入る権利はあるはずだ。外で待たせるのは失礼だ」などと主張した。」だそうです。

 いやー、確かに今日は季節外れに暑くて、スーツの上着がいらないくらいでしたね。なのに「寒い」連発ですかぁ・・。
 月給130万(ボーナス330万)の方が8人という豪華キャストのいつものパフォーマンス、市民のみなさんは楽しめたのでしょうかねぇ。


○一言
 シュレッダー問題(というか今回のパフォーマンス)について補足です。
・やましいところがないなら見せれば良い→自由に庁舎内を見せる前例を作れません。前述のように定番パフォーマンスなので繰り返されます。
・正式にアポを取ったとしても見せられないのはなぜか→シュレッダーにかけるような資料が積まれている部屋を自由に公開できないのは当たり前だと思います。各執務室も同じです。仮に漏洩して問題視されるのは国会議員ではなく、我々です。
・やましいところがないなら自由に庁舎内を見せろ→国会議員には守秘義務がありません。この意味をご理解ください。
・国会議員はまずい情報は公開しないでしょう→最近で言えば、森ゆうこ氏による個人の住所の国会及びツイッターでの漏洩が明らかになりましたが、なんら処罰は受けていません。


○メディアから一言2
 24日付け聯合ニュースによると、「鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長は(中略)「外交勝利」「パーフェクトゲーム」などといった日本側の主張は道理に合わないことを無理にこじつける牽強付会とした上で、日本のこうした一連の行動は外交交渉での信義に反するもの」と批判した。また、「むしろ、GSOMIAに対し、韓国が難しい決定をしてから、日本側が歩み寄った。文在寅(ムン・ジェイン)大統領の原則と包容の外交が判定勝ちしたと評価する」と述べた。」とか。

 日本は自身の国益を守ったかどうかの自己評価であり、韓国との間で勝ち負けはどうでも良いんですけど。
 「判定勝ち」とかを政府の中枢の人物が言う時点で、文政権がまともでないことがわかります。

 日本が謝罪したとか言っていますが、何の「罪」を謝ったのか理解不能です。
 事実、官房長官は「韓国の抗議に日本側が謝罪した、と韓国側が主張していることについて、菅氏は「政府として謝罪をした事実はない」と事実関係を否定した。」とか(25日付け朝日新聞)。

 嘘をついて「謝らせたぞ」とアピールするとか、文政権はチンピラの集団であることをメディアも理解するべきです。


<11月23日>
○メディアから一言
 朝日によると、「首相が主催する「桜を見る会」をめぐり、立憲民主党などの野党統一会派と共産党などでつくる追及チームは22日、国会内で会合を開いた。共産党から資料要求があった5月9日に招待名簿をシュレッダーで廃棄した政府の対応などについて、その意図や背景などを重点的に追及した。
 政府は、共産党の宮本徹衆院議員から資料要求があった当日に廃棄した理由について「大型のシュレッダーを使おうとしたところ各局の使用が重なって調整した結果、連休明けになった」(内閣府・大塚幸寛官房長)と説明。資料要求とは無関係と主張する。
 立憲民主党の白真勲参院議員は、約40秒で最大約1千枚を細断できるシュレッダーの性能を取り上げたうえで、「予約をとらないといけないほどの文書を内閣府では廃棄しているのか」と指摘。」とか。

 これ、普通ですけど。

 野党って、この手の話題でいつも最新鋭の機種を持ち出しているけど、そんなの予算で買えるはずないじゃないですか。
 職員各自のパソコンですら、今時SSDすらない旧型のを「最新」として使っているのですよ。

 実態は、省庁?建物?に一つシュレッダー室みたいなのがあって、その人が大型シュレッダーでちまちまシュレッダーをかけている。
 大量にシュレッダー屑も出るので、一日に処理できる量は限界があるので、予約は予算期や国会中など、月によっては1月以上待ちます。
 だから調査票が数千枚などに及ぶ統計関係などは業者に頼みます。これまた契約なので時間かかります。

 じゃあ何でそんなに出るのか。これはIT時代の弊害だと思います。私が入省したときは、プリンターが課室に1台しかなかったですし、コピーにも限界があるので、局長レク資料ですら手書きで直してたり、手書きの「ポンチ絵」でも良かったんです。
 今は修正があれば打ち直しですからね。「ポンチ絵」も今や立派なパワポの資料が求められますし。
 もちろん、資料が「やり直し」であれば、大修正しないといけない。

 結局資料が作りやすくなった(ように見える)ため、資料が昔よりきれいなものが求められ、大量化しているのが現実だと思います。
 ペーパレスで校閲機能を使うのも一般化していますが、それでも資料そのものを全て電子でやるというのは現実的ではないです。画面と実際が違う場合や、画面を目で追うだけではミスが出ますから。また、メール送信だとプライオリティが付けられないので、本当に急ぎの場合はやはり紙を持ち込んでその場で見てもらうしかない。

 それと文書管理の強化も要因です。昔の牧歌的な時代は、ミスをした紙は、公電などを除き、内部の説明資料などは、古紙回収に出していたたんですね。それが「ずさんだ」と言うことで、原則シュレッダー処理になった。当然シュレッダー量が激増、というわけですね

 このように、シュレッダー関係を「疑惑」とか言っている時点で、野党は民主党政権時代現場をまったく見ていなかったのが明らかですし、朝日や毎日の記者は何も知らないの?何のために各省庁に詰めているの?と言いたくなりますね。
 役所は貧乏で、インフラが全く整備されていないのですよ。


○メディアから一言2
 産経によると、「立憲民主党の蓮舫副代表は22日の参院予算委員会理事懇談会で、首相主催の「桜を見る会」に飲食物を提供していたケータリング会社に関する政府側とのやり取りの中で、自身の携帯電話番号や調査内容が第三者に漏洩(ろうえい)した疑惑があるとして、政府側に調査を要請した。」とか。

 「蓮舫氏は、ケータリング会社の経営者と安倍晋三首相の昭恵夫人が親しい関係にあるとして、桜を見る会での契約内容について内閣府と内閣官房に資料を請求していた。それに対し、20日に同社CEO(最高経営責任者)を名乗る男性から蓮舫氏の携帯に着信があり、直接、説明したい旨のメッセージが留守番電話に残っていたという。

 蓮舫氏は理事懇談会の後、記者団に「私、この人、知りません。面識もありません。当然、携帯も教えていない」と強調。さらに「2回だけの(政府の)担当職員とのやり取りで、なぜその方に連絡が行ったのか。あまりにも怖い。調べたことが民間の方に漏洩されている。国民民主党の森裕子議員の質問通告がSNSでさらされたのと全く同じ構造だ」と語った。」とか。

 よくわからないですが、ニューオータニには「直接説明せよ」と言っておいて、ケータリング会社から直接説明したいと言われれば「情報漏洩」なんですか?
 そもそも、蓮舫氏の個人携帯番号を何で自ら役所に公開するんですか?資料要求では聞いたことないです。
 だって急ぎならともかく、資料要求なら時間の余裕があるので、議員会館に回答するのが常識だから。

 なぜここで森ゆうこ氏が出てくるのか理解不能ですが、野党女性議員の中で森ゆうこをかばう会でもあるんですか?事実をゆがめてまで身内?をかばうのは気持ち悪いんですけど。


<11月20日>
○一言
 織田信成氏がモラハラを受けたコーチに慰謝料1千万強を要求して民事提訴とか。

 客観的に見て、提訴というのはなかなかすごいなと思いました。
 「氷上のお殿様」という織田氏のブログも読みましたが、何となく江戸時代のダメなお殿様(失礼)の行動と似ていると思いました。

 普通の改革派若殿様は年上の家老などがいる中、まずは年上の家老の顔を立て、じっくり観察します。(隠居した)大殿などのバックがいる場合は別ですが。
 いきなりあれこれ指示した場合はたいていの場合失敗し、最悪の場合強制隠居させられます。

 さて、今回の事案、実績ある20歳以上も年上のコーチの上に立つ若殿様は自制できたのでしょうか。

 織田氏はなぜこうなったかわからない、という趣旨のことを書いていますが、あくまでもブログの記述を見る限り、いきなり改革しようとしたように思えます。
 言い換えれば、学業もしっかりやるべきという織田氏の考えと、学業よりとにかくスケーターとして限界まで挑戦し、ダメだったらあきらめるという濱田コーチの考え方が一致するわけがありません。
 明らかに対立する路線を主張したら、当然相手の反発も強いものでしょう。ましてや実績ゼロの人が言えば。
 歴史を見るに、そうなると、織田氏が批判されるのは必然でしょう。

 濱田コーチが正しいというわけではないですが、織田氏の手順の誤りが自分を不幸にしていると思います。
 歴史を勉強していれば、こんなことにならなかっただろう、と残念な事案だと思いました。


 もちろん、ひどい暴言などがあったのならそれは許容できませんが、織田氏が正義か、といわれると、微妙だと思います。
 個人的には織田氏には好意を持ってみていたので、「提訴」という形でより問題を複雑化させる行動を取り、かつ一方的な記者会見にはかなり失望しました。
 弁護士を通じて、円満解決を目指す方法はあったと思います。
 やはり自ら「お殿様」と名乗るおごりがあったのではないかと思います。


○メディアから一言
 19日付け産経によると、「鳩山(由起夫)氏は「みなさんが指摘するように、政府がスキャンダルを犯したとき、それ以上に国民が関心を示すスキャンダルで政府のスキャンダルを覆い隠すのが目的である」と断言した。」そうな。

 こんなバカが総理やってたんだから、そりゃあ民主党政権がダメなわけです。
 彼がバカな発言するたびに野党が「やっぱり」と思われるので、彼は自民党アシストのために妄言を吐いているのか?と疑ってしまいます。

 安倍政権を長期政権にさせる要因の一つが、鳩山や菅といった元首相がツイッターでばかげた発言をして、民主党のバカさ加減を再認識させているからではないかと思います。


<11月17日>
○メディアから一言
 11月17日付け「論座」(朝日系)で、細野豪志議員が「福島原発処理水の海洋放出を決断する時だ 福島に寄り添い、差別とは断固として戦う」という記事を投稿しています。

 細野大臣(当時)は震災対応で毎週のように福島入りし、頑張っておられたことを思い出します。
 福島産の農作物が入った弁当を「ベクれてる」と風評被害を一生懸命広げていた山本太郎れいわ新選組党首とは全く違います。

 これを機会に、冷静に議論がなされることを期待します。


○メディアから一言2
 16日付け日刊スポーツによると「沢尻エリカ容疑者の逮捕を受けて女優の東ちづるが、ツイッターを投稿。「芸能人の逮捕に、必要以上に大騒ぎしなくていいです。私たちの暮らしに支障はありません(擁護ではありません)。騒ぐべきは、政治家や特権階級の人たちが法を犯しても逮捕されてない現実にです」と主張した。」とか。

また、「タレントのラサール石井も「まただよ。政府が問題を起こし、マスコミがネタにし始めると芸能人が逮捕される。次期逮捕予定者リストがあって、誰かがゴーサイン出してるでしょ」とツイートした。」そうな。

 パヨク芸能人というのは正常な思考ができない人達なんだな、と思いました。

 麻薬関係のがさ入れなんて、確実性が全てなんだから、それこそあの日に逮捕しろとか言われてもできるわけないでしょうに。
 芸能人の逮捕に大騒ぎするなと言うのも、芸能人の特権階級ぶりを無視した雑な発言だと思います。
 例えば、仕事でタダで食事が出るのは芸能人くらいですよ。


○一言
 石川大我参議院議員ツイッターより。
「「桜を見る会 前夜祭」が久兵衛の寿司つき5000円会費で開催された件。事務所でホテルニューオータニに見積を独自に依頼、先ほど届きました。
同様の条件で800人の宴会。ひとり13,127円。やはり差額供与で公選法違反濃厚。予算委員会の集中審議で安倍総理が説明すべき」とか。

 まず、安倍総理の前夜祭に久兵衛の寿司はついていませんね。久兵衛自身が否定しています。
 さらに800人の宴会に800人分注文するって、あなたの政治資金パーティーでもそれやってますか?
 いうまでもなく、宿泊パックなども含め、宿泊客に対するものと、単独の宴会では条件が違うのは常識でしょう。

 全然同様の条件ではない妄想や架空の見積もりで正義の味方を気取っている石川大我議員って常識ないようで。いずれにせよ立憲民主党の国会議員はよほど暇なのですね、羨ましい。


<11月14日>
○メディアから一言
 13日付け産経によると、「東京電力福島第1原発事故の風評被害をあおるような韓国政府の政治宣伝に対処するため、外務省が他省庁との連携を深めている。韓国側がさまざまな国際会議で原発の「汚染水」問題を提起しているからだ。韓国の主張は、来年の五輪開催を控えた日本のイメージをおとしめる狙いがあるとみられ、虚偽やミスリードを誘う情報も目立つ。誤解の拡散を防ぐ効果的反論が政府の課題となっている。」とか。

 具体的には、「「福島原発汚染水問題を国際公論化」。韓国海洋水産省は10月10日、このような報道発表を出した。前日にロンドンで開かれた海洋投棄禁止に関するロンドン条約の締約国会議についての発表で、韓国が福島第1原発の「汚染水」の海洋放出は「全地球的な環境環境に影響する国際問題になる」と主張したとの内容だ。」とか。

 しかし、「原子力発電環境整備機構元理事河田東海夫氏によると、「韓国の主要な原発である月城原発は1999年10月以降、累積で6千兆ベクレル超のトリチウムを日本海に放出してきた。福島第一原発で貯留中のトリチウムの総量は約1千兆ベクレル」とか。

 こういうことをやって、嫌韓がおかしいとか、韓国政府って、本当に頭がおかしいと思います。

 韓国は友好国ではなく、敵対国だとしっかり認識して対応することが重要だと思います。


○一言
 桜を見る会。後援会を招待していたのは問題ですが、慣例で鳩山内閣でもやっていたし、多分細川内閣でもやっていたのでしょう。
 メディアは多分これは知っていたと思うし、にもかかわらずこれまで問題視していなかった。
 結局、程度問題で、やり過ぎたという話だと思います。

 むしろ、安倍事務所のツアーの方。5千円の夕食会の話も、単独の夕食会と宿泊込みプランは額が違うし、旅行代理店が絡んでいるので、多分問題ないと推測しますが、しっかり説明しないと一人歩きすると思います。

 そもそもバスツアー自体は与野党関係なく行われていますしね。

 しかし、朝日新聞に「首相の後援会員で、今年初めて桜を見る会に参加した山口県下関市の男性」の話が載っていましたが、この人が存在するのなら人間としていかがなものか、と思いました。自分で手を上げて、税金によるタダメシタダノミ行ったくせに、「台風など災害で苦しんでいる人がいるのに、莫大(ばくだい)な予算を確保して開催するのは疑問だ。休んだ方がいい」とか、白々しいにもほどがありますね。だったら最初から行くなよ。

 政治にたかる古い人達をイメージしてちょっと気分悪くなりました。「加治隆介の議」というマンガを思い出しました。


<11月10日>
○一言
 病院で2,3歳くらいの子がずっと泣いて母親の後追いをしていた。
 母親は全く無視していた。
 小学低学年と未就学児くらいの姉と兄は静かに(本を読む等もせずに)座っていた。
 やがて病院を出るとき、母親はさっさと外に出て、なにもせずに待っていた。
 (当然自分で靴を履けない)2,3歳の子の靴を履かせていたのは、小さい姉だった。
 育児経験者から見たら、明らかに異様な光景だった・・。

 育てるのが嫌なら、子どもを産まなきゃいいのに。育児が大変なら3人目産む必要ないと思います。一般論として避妊をすることが、なぜできないのか。
 安心して3人が生活できるよう祈りました。


○一言2
 日本維新の会の東徹議員のツイッターで、定員増に伴う参議院議員の歳費の自主返納についての質疑を掲載していました。

 もちろん維新はやっているということで、他はどうなのか、という質疑です。
 公明党は返納していると。で、安倍総理の答弁では自民党もやっていると。
 しかし、立民と国民民主は沈黙。

 日頃、正義の味方を気取っている立憲民主党はなぜ自主返納していないんですかね?ましてや国民民主党は法案に賛成したのになぜ返納していないんですか?
 自分達への税金はもらうものはもらう、というのは、人間として恥ずかしくないんですかね?


<11月8日>
○一言
 11月4日立民玉造順一(茨城県議会議員)のツイッターによると、「東京で働く韓国人の友人が、いま泣きながら電話してきた。「韓国語で話しながら歩いていたら、いきなり殴られました」って。「私は日本が好きなのに、日本人は私をなぜ嫌いなの」と話をされて、胸がはり裂ける思いだ。」とか。

 私は東京勤務の上、秋葉原もまま訪れるので韓国語は聞くけど、何かをする人は見たことがありません。
 以前韓国で日本人が韓国人に殴られた事件が、反日とつながらないのと同じで、こうした事件を反韓の象徴とするのは全くの間違いだと思います。
 そもそも事実かわからないし、大の大人が泣きながら電話というのは理解できません。


○メディアから一言
 8日付けFNNニュースによると、「逮捕された福岡・田川市の常慶雅則容疑者(24)と妻の藍容疑者(24)は、2018年11月、当時1歳の唯雅ちゃんをエアガンで数十発撃ち、3週間のけがをさせた疑いが持たれている。
唯雅ちゃんは翌月、肺炎で死亡した。
けがは全身の数十カ所に及んでいたが、その状態などから、唯雅ちゃんは、数日間にわたり撃たれていたとみられることが捜査関係者への取材で新たにわかった。
2人は容疑を否認しているが、警察は、日常的な虐待がなかったか慎重に調べている。」とか。

 次男も原因不明の死亡を遂げている一方、24歳で子どもを何人も作っている点が普通ではありません。
 さらに悪質なのは、撃ったのは長男と3歳児に責任を押しつけようとするところ。鬼畜だと思います。
 仮にそれが事実なら普通の親ならすぐ止めるわけで、数十発も撃たれるはずがありません。
 なぜもっと全国で大きく報道しないのか。とんでもない事案だと思いますが。

 獣ですら、産んだ子どもに暴力を振るい、殺す行動は取らない。獣未満の人間を司法はどう裁くべきなのか。
 仮に虐待の中では重い刑罰でもこの人達は30代で出所する。本能の赴くままに性行為をすればまた同じような子が生まれてしまう。
 児童虐待については、通常の傷害・殺人より重い刑罰としてしかるべきだと思います。危険運転致死傷と同じです。
 何度でも書きますが、国会議員は、保護責任遺棄罪より重い児童虐待罪を刑法に新設してほしいと思います。


<11月6日>
○一言
 ソフトバンクグループが大赤字とアピール。
 個人的には、いつもの税逃れのための計画的赤字にしか見えないのですが、メディアは詳細を報道する気ないのかな。
 CMなど広告に多額の投資をしているスポンサーだから批判できないのであれば、メディアは終わっていると思いますが。


○一言2
 共通テストについて、国語の記述式問題導入反対とまで話が進んでいるとか。

 そもそも、マークシートは適切に受験生を評価できるのか、という批判はどこへ行った?
 センター試験の英語は「使えない英語(受験英語)」しかできない国際性に欠けた制度だ、という批判はどこへ行った?

 まず、これらについて、批判する方々はどう考えるかきちんと表明するべきだと思いますけど。全てを満たす試験制度などありません。

 さらに、大いに疑問なのが、記述式だと人によって採点がぶれるという批判です。

 もう何十年か前ですが、「民間テスト」の記述の採点のバイトを私も何回もしたことがあります。
 はっきり言って、「人によって採点がぶれる」ことはないようにしていました。
 というのも、加算対象や減点対象が明示された上で、微妙なものについては、「審議」となり、まず会場で判断され、それでも判断が難しいものについては、本部に送られ、協議されます。そしてその結果はすぐに採点者に伝えられるという体制でした。

 ので「微妙なもの」と判断できなかった採点者がいれば、若干ぶれる可能性がありますが、大きな意味でぶれることはないと思います。
 これは大きな模試では普通に行われていたことだと思います。何十年前ですら。

 大学側のマンパワーの問題を考えたとき、共通テストに求められることは増えていると思います。
 それを踏まえて、前述のように、大学入試とはかくあるべき、という意見を野党や批判者は持つべきであり、それを要求するべきです。
 そうでないとあれやめろ、これやめろといった、ただ批判だけ意味のないものになると考えます。


<11月4日>
○一言
 首里城再建について。世の中では盛り上がっていますが・・。
 個人的に城関係の再建は、結局観光資源としての再建に過ぎないと考えるため、あまり価値を見いだせないと考える立場から。

 いわゆる100名城の中に実は現存天守は12城しかなく、多くは縄張り(城郭の跡)のみ。沖縄でも今帰仁城や中城城は世界遺産にも登録されていますが、建造物はありません。
 さらに首里城の世界遺産は、実は地下に埋まっている琉球王国時代の遺構です。

 江戸時代、保科正之という名宰相がいました。
 江戸城は立派な天守閣がそびえ立ち、江戸の象徴であったわけですが、明暦の大火で消失しました。
 このときも、すぐに再建の話が持ち上がったのですが、保科正之は、江戸の人々の救済や街の再建を優先し、結局多額の金がかかる天守閣の再建は見送りました。
 そしてその後も幕府の財政窮乏もありますが、みなさんご存じのとおり今も天守閣はありません。それでも江戸城です。

 「沖縄の象徴」と報道されていますが、那覇市周辺以外の市町村や、少なくとも沖縄本島以外では違うのではないかと思います。
 ですから、再建したいのであれば、大阪城や名古屋城のように、民間資金と那覇市が中心となって再建するべきです。
 再建建造物を「地域の象徴」と考えるのならそうあるべきです。

 国がすぐに再建の金を、というのは情緒的かつ人気取りに過ぎると思います。ましてや、台風の被害が全然カバーできていない中で、国会議員が騒ぐのは明らかに人気取りの票目当てであり、そういうのは絶対におかしいと思います。
 いくらかかるのかを踏まえて、再建の可否を地元が冷静に判断するべきだと思います。

 再建建造物がないから遺跡の価値が下がるわけではなく、見せ方で十分対応できると思うからです。まあ「映え」ないのは事実ですが。


<11月3日>
○一言
 民間英語試験のもう一つの問題点は、やはりその結果がどのように採点に反映されるのか、各大学で不明瞭だったことだと思います。
 成績証明書と同種の扱いをしていますが、成績証明書はよほどダメでなければ反映されない、というのが一般的な感触でしょう。
 子どもの大学受験を経験した身からも、そう感じます。

 にもかかわらず、逆にプラスに評価される部分がどれだけあるのかわからない、これが1点で天国と地獄の受験生にとっては大きな問題だと思います。


○メディアから一言
 朝日によると、「ふるさと納税制度の対象自治体から外された大阪府泉佐野市が「除外は無効」として総務省と争っていた問題で、同市は1日、総務相を相手取り、除外は違法だとして取り消しを求める訴訟を大阪高裁に起こした。」とか。

 で、「市は訴状で、通知は地方自治法が定める「技術的助言」にとどまり、法的拘束力はなかったと反論。通知に従わなかった過去の適法な行為を理由に新制度から除外する基準は、「総務相の裁量権を逸脱して設定されており違法だ」などと主張している。」とか。

 ここが焦点だと思うのですけど、国から見ると、全国的な制度を維持しなければならないものがあります。しかし、地方分権で通多雨が禁止された以上、これを「技術的助言」で換えています。

 言い換えれば、「技術的助言」は地方自治体は最低限の必要なことだな、と認識しているのが一般的です。
 特に、規制法での技術的助言が自治体ごとに無視されたら、もはや全国レベルの規制が担保できません。
 これは、平成11年の地方分権一括法で自治事務を何も考えずに拡大した政策の失敗だと思います。

 技術的助言について、「法的拘束力がない(から自由に自治体は判断できる)」とした時点で、多くの規制法を含む全国的な法制度が崩壊すると思います。
 泉佐野市が勝つことも考えられますが、この場合、地方自治法をより中央集権的権力強化する制度に改正するしかないでしょう。これは地方分権への逆行です。

 泉佐野市は地方分権制度への挑戦だと理解して提訴しているのでしょうか?


○メディアから一言2
デイリー新潮10月31日号によると「タダで都内タワマンに住み続ける「福島原発避難者」を県が提訴、それぞれの言い分」という見出し。

 具体的には、「無償期間は2017年3月末で打ち切られたが、一応は経過措置も講じられ、国家公務員宿舎で暮らす人々に限っては2年間、国家公務員と同額の家賃を支払えば居住の継続が可能となる支援策が採られもした。」とか。

で、「関係者が言う。
「なかでも80世帯に及ぶ多くの自主避難者が住み続けたのが、東京都江東区の『東雲(しののめ)住宅』でした。36階建てのタワマンで、家賃は一番安くて1LDK(24平方メートル)1万7千円、高くて3LDK(68平方メートル)5万9千円。東雲は都内でも人気のエリアで、官舎でなければ3倍以上の家賃が相場ですから、金額としては格安でしたね」

 ただし、それはあくまで経過措置だった。当初予定の2年を過ぎた今年4月、入居者は約束に従って引っ越すはずだったのだが、

「なお40世帯ほどが転居せず、うち5世帯は家賃の支払いも拒み、8年にわたって一円も払わず居座り続けています。そこで福島県議会は退去を求めて彼らを提訴する議案を可決したのです」(同)」とか。

 特に自主避難者であることが悪質であり、原発事故を理由に税金にたかる人は、厳しく叩かれるべきだと思いますが。
 個人的には、8年間1円も家賃を払わないというのは普通の被災者ではないだと思います。


<11月1日>
○一言
 英語民間試験について、大いに疑問です。

 世の中の批判は「金銭面」ばかりです。でも本当にそうなのでしょうか?

 いまや高校無償化も現実化しているどころか、進学校でも「特待生への優遇」があり、家計が苦しくても良い高校へ行くことは可能です。

 他方、家計が厳しい家庭にとって最大の問題は大学にかかる費用です。

 受験料が1回約3万円。1年の授業料はざっくり文系100万、理系150万。はっきり言って、英語民間試験料すら払えないなら、大学入るの無理でしょ。

 もちろん特待生などはありますが、そういう学校は多分民間試験関係ない。

 大学の高額な授業料を無視して、英語民間数万円を攻撃するというのは、本質を大きく見誤っていると思います。

 機会均等を言うのなら、むしろ受験機会の少ない都市・地方間格差の問題だと思います。

 ので、今回の延期はそもそも大学進学には多大な金が必要である現実から目をそらせた誤った判断だと思います。率直に言えば、「身の丈」発言からの批判回避であり、萩生田文科大臣個人の保身ではないか。

 なお、誤解のないように言えば、基本民間試験導入に反対で、導入するなら学生レベルなら英検だけで良いと思います。進学校の多くは入試関係なく受けていますから。


○一言2
 女子プロ野球の選手が大量退団とか。

 まーいろいろあるのだろうけど。試合を見に行った感想で言えば、(きついこと言ってすみません)外野にばんばん打球が飛ばない時点で高校野球以下で、プロとしてどうなのか、と正直思いました。

 もちろんチケットは安価で、ファンサービスも頑張っていましたが、スポーツを楽しむ観点から見ると、プロとしては厳しいと思いました。
 埼玉にもチームがあるのですが、ポスターなどは貼っていますが、地元密着とは言いがたい。地元の市民とふれあうことなどほとんどないように感じました。浦和レッズや大宮アルディージャの保育園でのサッカー教室などの地元密着ぶりとは比較になりません。
 ある程度人を集めるレッズやアルディージャと比べても、営業が足りないのですから、ファンがつくはずがありません。
 もっとできることあると思いますけどね・・。

 「わかさ生活」が独占的に興行しているのに無理があるので、外に出るのはアリだと思いますが、スポンサーが一つなら同じ結果です。
 ささやかながら応援していた女子プロ野球が終わるんだなあ、とちょっと残念に思っています。

 
一つだけ。女を前面に出すのが嫌だと言うけれど、男子スポーツだって「男」を前面に出してるんですけどね。


<10月31日>
○一言
 目黒区の幼児拷問監禁殺人犯の船戸雄大の罪がたった13年で確定してしまった・・。
 検察アホか控訴しろよ。横並びの量刑なら、裁判員裁判なんか意味ないし、廃止すべきだと思います。


○メディアから一言
 東海テレビによると、「2年前、愛知県で当時19歳の実の娘に性的暴行を加えた罪に問われ、一審で無罪を言い渡された父親の控訴審が28日から始まりました。」とか。

 具体的には、「被告の父親は2017年、愛知県内の勤務先の会社やホテルで、抵抗できない状態の実の娘(当時19)に性的暴行を加えた準強制性交の罪に問われています。
 一審の名古屋地裁岡崎支部は、過去に娘が父親に抵抗して拒んだ経験があることなどから「強い支配があったとは認めがたく、被害者が『抗拒不能』な状態にあったとは認定できない」として、父親に無罪判決を言い渡していました。」とか。

 この判決頭おかしい、裁判官の名前を晒すべきです。

 一度拒んだって、その後さらに圧迫かけられるのは明らかで、「抗拒不能」に決まってるでしょうが。でたらめすぎるし、裁判所が娘に性行為を行うという鬼畜の所行を厳しく弾劾して厳罰を与えることを希望します。

 その親、去勢してもいいぐらいですよ。娘に長年に性的暴行とか、頭がおかしすぎる。


○メディアから一言2
 共同通信によると「政府は、男性の国家公務員の育児休業に関し、原則として1カ月以上の取得を促す方針を固めた。男性の育休取得が進まない地方自治体や民間企業へ波及させたい考えだ。2020年度の実施を目指す。政府関係者が29日、明らかにした」とか。

 おいおい、男性公務員に対し出産を機会に?1月の長期有給休暇とは頭おかしくないですか?内閣府。

 出産直後は、実家に帰って出産したり、親に来てもらうケースがよくあるケースでしょう。女性には女性の対応があるのです。つまり、男性の国家公務員、やることないじゃん。1ヶ月ノンビリ有休とかさすがにふざけすぎというか、内閣府は育児の現場全くわかってないのでは?民間から怒られるぞ。

 もちろん、そうではなく、親のフォローのない家庭もあると思います。そういう家庭に1月の育休は適切だと思います。
 それはケースバイケースであり、ただ1月遊んで過ごせる時間を有休で「全員に義務づけ」という政策は絶対に間違っています。

 本件絶対反対です。奥さんが子ども産んだら配偶者の男性公務員は1月遊んで暮らせるとかおかしすぎます。

 私の育児経験からしても、男性が戦力になるのは、子どもが自分の力で動き出してからであり、そういう状況になると全日休む必要はありません。
 子どもが保育園で泣いてしまったとかで1時間有休とかはよくありましたが・・。


<10月27日>
○一言
 チュートリアル徳井氏の件。会見で結局隠していた事実が発覚。
 吉本の調査では。
「2013年3月期乃至2015年3月期分の3年分については上記のとおり申告自体は時期を後れてでも完了させましたが、その納付については、再三にわたる税務署からの督促にもかかわらず、手続き怠慢により納付をしておらず、その結果2016年5月ころ銀行預金を差し押さえられるに至りました。以上の経緯については会見では触れられておりませんでした。
 このような度重なる申告漏れ及び未納があったこともあり、チューリップ社は2018年9月頃に国税局の税務調査を受け、2016年3月期乃至2018年3月期の3年分については無申告であるため申告するように指摘を受けました。
「チューリップ社及び徳井個人の社会保険料の納付状況ですが、2009年の法人設立時に社会保険の加入手続きをしていない状況が続いておりました。速やかに加入手続きをいたします。」

 銀行口座差し押さえを経験したあと、これまで行っていた申告をしなかったと言うことは、申告すれば税金が取られると考えて意図的に申告しなかった疑いが濃厚です。
 社会保険料の件も含め、「自分が稼いだ金は1円も払いたくない」といういわゆるケチな方なんでしょうか。少なくともルーズではないでしょう。

 さすがにこれはでたらめすぎる。よく高いモラルが要求されるテレビに出られていたなぁ・・。悪質性という意味ではもはや逮捕すべき事案だと思いますが。


<10月26日>
○一言
 台風や豪雨による災害。うーむ。自分が同じ立場なら、と考えると声も出ません。

 一つお願いです。
 メディアは被災者の「つらい声」ばかり報道していますが、仮設堤防を作ったり、廃棄物の対応をしてくれたり、インフラ復旧のために頑張っている人(裏方さん)をもっと報道してくれないですかね?

 被災者から見ても、復旧のために真摯に頑張っているみなさんや現場を見ると、少しは安心する(勇気づけられる)んではないですかね?
 東日本大震災の時の経験からそう思います。


○一言2
 10月25日森ゆうこツイッターによると、【質問通告遅れデマ】をやめるように大騒ぎしています。証拠保全もする脅迫しています。

 言論の自由とか全く関係ない独裁的強権政治が森ゆうこ氏の本質、ということでいいのかな?

 うちも証拠保全されているのかな?言論の自由を権力で押しつぶす政治家森ゆうこ先生。怖いね。

 さて本件の根本ですが、社会人の生活では、伝達によるトラブルで相手に届いていなければ、伝える側が悪いのは当たり前。 
 例えば、ものを発送して、配送業者のせいで遅れたとしても、まずは「届いていない事実」について謝るのが普通の社会人でしょう。
 「私は何時何分に送りました(からミスはない)」などち言っても意味がない。相手に届いているか届いていないかが全てなのだから。

 そういった意味で「霞ヶ関への通告遅れ」はまぎれもない真実です。
 だって現に通告されていないんだから。デマじゃない。見解の相違。

 
森ゆうこという国会議員はまともに社会人生活を送っていないから、これを認められないのでしょうか?

 例えば、電車が遅れて時間に間に合わなかったときに「ごめん、電車が遅れて」と言わずに、「電車が遅れた」としか言わない人って、人間としてかなりやばい人ですよね。

 つまり、仮にデマとするなら、なぜ、蓮舫氏や福山氏は同じ16時台でも通告されたのに、森氏だけ参議院委員部から先がブラックボックスで通告が霞ヶ関に届かなかったのか立証する必要があります。暫定版とか、不都合な真実を隠さないでくださいね?

 それを一切しないまま【質問通告遅れデマ】反対キャンペーンとは、パワハラ議員森ゆうこの面目躍如ですね。




○一言3
 10月22日論座(朝日新聞サイト)で、米山前新潟県知事(森ゆうこ氏(新潟選挙区)に近く、買春疑惑で辞職された方)が以下のようなことを言っていました。

 「質問通告が遅い議員がいたとしても、議員には議員、秘書には秘書の事情があり、その事情の中で少しでも良い質問を書こうと努力した結果かもしれません。それ以前に、そもそも待っている間も勤務中であり、些少とはいえ割り増しの残業代をもらっているのですから、あくまで官僚と議員という仕事の関係で対応すべきであり、個人としての怒りをぶつけるべきではありません。」とか。

 すごいと思いませんか?森ゆうこシンパの発想。
 残業代もらってるんだから、夜間働いても文句言うな、と。
 じゃあ米山氏は残業代が払われれば24時間働き続けてOKわけですね。そりゃーすげーや(棒読み)

 さらにこう言います。「台風が来るので早く帰宅したいなら、省庁として答弁原稿を効率的に作成する工夫をしたうえで、それでも無理なら期限を過ぎた事前通告は受け付けないと決めるとか、答弁原稿を官僚が作成するのは夜の10時までとし、それ以降は大臣自身に作って貰うとか(大臣次第で難しいとは思いますが)、やりようはあるはずです。」

 頭おかしいです?事前通告を受け付けない・・どうやって答弁するんですか?
 
「答弁できない」というのが認められるのなら別ですが(あり得ない)。
 ましてや大臣に答弁を作ってもらうとか・・バカですか?

 で、こうしたあり得ない妄想を提案したあげく、彼はこう言います。
 「すべてを議員一人に帰責して、自身は匿名で相手の名前を挙げて罵倒するのは、極めて誇りのない、職業倫理に反する行為に、私には思えます。」とか。
 買春疑惑の米山氏が職業倫理とか笑わせてくれると思いますが、今回は要は一揆のようなものでしょう。あるいは目安箱に投じられた抗議。これらを否定するなら、それは強権政治です。

 やっぱ、森氏や米山氏という小沢氏の系統って、独裁主義的発想で、市民は愚民たるべしという強権的発想なんだと思いますよ。
 だからこんなことを平気で言えるのだと思います。

 人間として最悪な人達が新潟県にたくさんいるようですね。


<10月24日>
○一言
 10月12日付け原口一博氏ツイッターによると「通告は手続き上、定められています。レクチャーは任意。やらなくても良い。簡便な通告すれば良いだけです。ただレクをしないと想定答弁を作るのにその何倍もの労力を政府側が要するので議員側の配慮で行うのです。お勧めに従って自民党に今後、レクチャーはしないが良いかと伝えても良いです。感謝!」とか。

 みなさん、野党のパワハラ体質ご理解頂けましたか?

 「役人が何倍もの労力を要するかどうかは野党の俺様の一存だぞ?わかってるのか?とマンガの悪役のような恫喝。

 充実した審議を国会でする気がないから、レクなしで「感謝」とか言えるんですよ。だって、レクなしなら、「通告を明確に受けていませんので発言は控えさせて頂く」連発が可能じゃないですか。
 バカではないですか?しかもこの人民主党政権の大臣経験者ですよ?

 こんなバカなパワハラ野党国会議員が多いから、霞ヶ関からどんどん優秀な人が辞めていくんです。

 
私が忙しい課で一緒に仕事させて頂いたキャリアの多くは今もう辞めています。本当にこれでいいんですか?日本が壊れていく・・。
 もしかしたら、(妄想です)
森ゆうこ氏や原口一博氏は日本を内部から破壊しようとする他国の工作員でしょうか?

 いずれにせよ国家公務員は、野党国会議員の奴隷ではないです。メディアは少しはこの現実報道してください。

 おじれにせよ政権取る気ないんだろうな・・。将来部下になるかもしれない人達への嫌がらせをツイッターで公言するするとか理解不能だから・・。


○メディアから一言
 チュートリアルの徳井氏。「ルーズ」で3年納税していないことが許されると思っているなら、はっきり言って世の中舐めていると思います。

 まさかかばう阿呆はいないと思ったら、なんと吉本興業は「謹慎はない」と言っているそうな。頭おかしいな、吉本は。

 第三者には言いたい放題言う極楽とんぼの加藤氏も徳井氏を擁護とか、ダブルスタンダードすぎだろ。

 憲法に定められた納税の義務を、テレビの人気者が無視していたという重い現実を吉本も加藤も少しは理解した方がいいし、徳井はどの面下げてテレビに出る気なのか。事実上の詐欺ですよ。

 こんな奴をメディアで使うなんてあり得ない。
 メディアの良識が問われる事案です。


<10月21日>
○メディアから一言
 通告遅れをごまかして、議論をそらすための「調査チーム」の件です。

 産経新聞によると、「「政府全体の見解を示せと言ったじゃないか!」
 18日の調査チーム会合では、官僚を怒鳴りつける声が国会の廊下まで響いていた。そもそも調査を役所に丸投げし、回答が不十分だと締め上げるスタイルにも問題がある。チームの1人は、高橋氏へのヒアリングのため、同氏の携帯番号を役所側に教えたと明かしていた。チームは高橋氏に通告内容が「漏洩」されたと疑っているが、自分たちで電話して聞いたらどうか。」とか。

 毎度のことですが、公然とパワハラを行って許される職業は国会議員くらいでは?

 記事はさらに続けます。「チームが問題視しているのは、旧民主党政権で官房副長官を務めた松井孝治氏が騒動の最中、ツイッターで公開した資料の画像だ。
 「官僚の相当数が連休中に働いていることが窺われます。きちんと正規の情報を開示した方が健全です」
 そんなコメントとともに期間限定で公開された資料」だそうな。

 具体的には「松井氏の投稿も官僚の労働環境に関する問題提起だった。ところが調査チームは、松井氏に情報提供した匿名アカウントの特定を目指すという。」とか。

 実は、松井氏は森氏の質問通告遅れの時、12日付けのツイッターで 「森ゆうこさんはかつての同僚。政策的に見解を異にすることはあっても、本来正義感が強く、弱い者苛めをする人とは私には思えない。」と援護していたんです。

 援護者を自己弁護のために平気で攻撃するとは森ゆうこ氏は人非人です。人間としてありえないと思います。松井氏の意図を考えると、その資料の公開が悪意や国政への悪影響がないことは明らかなのに。
 このような自分のためなら味方すら平気で撃つ「壊れている」国会議員をもっと報道してほしい。これは人間としてだめでしょう。

 最後に。この記事のまとめに全面的に賛同します。千葉倫之記者ありがとう!
 「台風前夜、役人に過酷な労働を強いた国会議員たちが、内部告発に「逆ギレ」し、被害者面で「粛清」を始めた-。一連の動きは、そうとしか見えない。野党は「働く者の味方」である労働組合の支援を受けている。もっと他にやるべき仕事があるのではないか。」


○メディアから一言2
 21日付けj-castニュースによると、「(テレ東のアド街で)ホテルニューオータニ内にあるレストラン「SATSUKI」が取り上げられ、常連客の1人として菅氏(官房長官)が紹介された。大の甘党であるという菅氏は、「ニューオータニ特製パンケーキ」(税込3080円)をよく頼むという。
 菅氏は『週刊文春WOMAN 2019夏号』のインタビューで、店には1、2か月に1回程の頻度で事務所のスタッフや記者と訪れていると明かし」たそうな。

 これに対して、れいわ新選組の渡辺てる子という落選候補者が、贅沢だ、それでは庶民の気持ちはわからない、と批判したとか。

 私は子どもの頃は、お昼に冷凍肉まん1、2個とか、「焼きめし(ケチャップご飯に冷凍ミックスベジタブルだけ)」などがよくあり、夏は麦茶ばかり、ボーナス時に行くファミレスとか誕生日のすき焼きが贅沢だったので、まあ裕福な家庭では育っていません。
 だからといって、他人がおいしそうなご飯などを食べていたからと言って、それをひがむような卑しい精神は持っていませんでした。官房長官が月1,2回くらい贅沢して何が悪いのでしょうか?人は人、うちはうちでしょう。

 ましてや、菅氏は高卒で集団上京して工場で働くなど、苦労した人ですから、「庶民の気持ちがわからない」というのがいかに薄っぺらないい加減な主張なのかわかります。
 なにより、月1,2回程度の「自分へのご褒美」と普段の金銭感覚は別でしょう。それがわからないくらい庶民感覚がないのでは?

 それはさておき、、安倍政権批判でメシを食っている卑しい人間が早速反応したようです。
 記事では、「作家の室井佑月氏は「ふぉぉ〜! ふつうのおうちではホットケーキは子どもの友達がきゅうにたくさんやってきたときの、安くできる腹持ちのいいおやつですよ」この値段の感覚の感じ方の開きがあると、大勢の人がなにを食ってるか、ってほんとの意味で知ろうとしない。」とか。

 笑わせるな。うちのような家では、子どもの頃友達が来てもせいぜい麦茶しか出せなかった。
 「友達がきゅうにたくさんやってきたとき」におやつを出せる時点で、金持ちだろ。

 金持ちのくせに貧乏人の代弁者ぶってる室井は、心底ふざけるな
と言いたい。本当の貧乏人は友達が来るたびにホットケーキなんて出せるか!貧乏人舐めるな。

 っていうか、そもそもおやつ必要ですか?実際には、私の時も、うちの子どもの時も、子ども達同士で遊んで何もいらなかった。どうせゲームに熱中しているか公園に行くから。
 おやつを出す発想って、メンツにこだわる金持ちの貧困な精神なのでは?

 いずれにせよ、金持ちのくせに、貧乏人を装って、贅沢批判とか室井佑月は頭がおかしいと思います。そもそも1,2ヶ月に1回で3000円程度の贅沢、本当に室井はしないのか?酒たばこで月いくら使ってるんだ?

 こんな奴を喜んで起用して高額原稿料で優遇している朝日ってばかじゃないの?もっと市民感覚のわかる人を起用すべきだと思いますよ。


○一言
 国会質問についていろいろ話題になることはありがたいことです。
 ところで、世耕前経産大臣がツイッターで、経産省の役人は自分の改革により終電に間に合う時間に帰宅できるようになったと誇っていますが、多分これは勘違いでしょう。
https://twitter.com/SekoHiroshige/status/1185910720954654722

 というのも、彼が言っている23時締め切り厳守は大臣問いに限るからです。

 例えば、ある質問者の通告で10問の質問を想定したとして、そのうち大臣問いは2,3問程度。残る7,8問は政務二役(副大臣、政務官)や政府参考人への問いのケースが多い(というか細かい部分等は政府参考人等での対応をお願いする)。

 つまり、大臣問いが終わったからといって、政務二役や政府参考人答弁の作成を終わらせないと帰れないということです。
 答弁は並行で書いていますので大臣答弁が終わっていないからといって政府参考人答弁が終わっていないとは限りませんが、マンパワーに限りがある以上、やはり大臣問いが優先されます。

 もちろん、大臣問いを早期に終わらせてくれるメリットはありますのでこうした政治家が増えればありがたいと思いますが、だからといって、終電に間に合う時間に帰れるとはとうてい思えません。
 これが現場の実態です。残念ながら。


<10月19日>
○メディアから一言
 産経によると、「公明党の斉藤鉄夫幹事長は18日の記者会見で、国民民主党の森裕子参院議員の質問通告問題に関連し、通告を受けて閣僚らの答弁内容を考案する官僚の過剰な残業を是正するため、与野党が合意した通告期限のルールを守るよう訴えた。

 斉藤氏は「質問通告といっても『何々について』だけでは通告になっていない。実のある議論をするために、ある程度内容が分かる通告、ルール厳守をもう一度、徹底すべきだ」と強調した。」とか。

 全くそのとおりです。ありがとうございます。
 これを踏まえ、森ゆうこ議員は、自分に非がないというのなら、16時台に通告したものを公開するべきだと思います。

 結局森氏の通告内容が一切公開されないからいろいろな憶測を呼ぶわけで。なぜ公開できないのですか?


○メディアから一言2
 産経によると、「国民民主党の森裕子参院議員の質問通告が外部に流出したとして、同党や立憲民主党が設けた調査チームは18日の会合で、旧民主党政権で官房副長官を務めた松井孝治氏がツイッターで公開した資料の画像に関し、省庁からの内部漏洩(ろうえい)の可能性が高いとみて、提供者のツイッターのアカウントを特定するよう内閣府に求めた。また調査チームは、森氏が15日の参院予算委に参考人として出席を求めていた政府の国家戦略特区ワーキンググループ座長代理、原英史氏に対し、内閣府の担当者が森氏の質問通告を連絡したメールを公開した。」そうな。

 うーん。松井さんはツイッターで森氏を擁護していたのに、平気で裏切るんだね。国民民主党怖い。

 さらに、原さん関係で言えば、経緯は自分で公開しているし、何が問題なんですかね?→こちら
 っていうか、国会議員はメールを勝手に公開していいんだ。すごいね。

 で、このメール。「質問要旨には手書きで「全体版・未定稿」とも記されていた。」とか。
 あれ?質問通告したはずのものが「未定稿」??まさに足立議員の証言を裏付けますね。
 結局森氏は正式に通告してなかったんではなかった証拠ではないですか?
 今回炎上した最大の原因の通告遅れ疑惑を裏付ける証拠は、自分達の不利になるからスルーと。さすがですね。呆れてものが言えません。

 さらに記事は、「メールの本文に「ようやくですが、森議員からの15日(火)9時からの質疑通告の要旨が参りました。意味不明な文言も入っておりますが、これから事務所に連絡して確認してまいります」と記されていたことについて、チームは「無礼だ」(原口氏)と批判した。」とか。

 何が無礼なのかよくわかりませんが・・。本人ではなく、第三者に対し意味不明なことを意味不明と書いて何が悪いのでしょうかねぇ?「通告の内容が私どもでは理解できない部分があります」とでも言えばプライド高きセンセイ方はご満悦なのでしょうか?

 
何というか、国会議員というのは「国民の生活が第一」ではなく、「自分のプライドが第一」なんだなぁ、とため息しか出ませんね。


○メディアから一言3
 共同通信によると、「東京・池袋で乗用車が暴走し母子2人が死亡した事故で、運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(88)が手足の震えや筋肉のこわばりが起きる「パーキンソン症候群」に罹患していた疑いがあることが18日、捜査関係者への取材で分かった。」とか。警視庁は加齢による身体機能の衰えや認知症など別の病気の有無も調べ、運転操作への影響について詰めの捜査を進めている。

 具体的には「捜査関係者によると、飯塚元院長は片脚の具合が悪く通院していた。パーキンソン症候群と似た症状もあり、医師は「運転は許可できない」と伝えていた。事故後には別の医師が、パーキンソン症候群の疑いがあると判断した。」そうな。

 医師に運転を止められていたのに、運転したのは飯塚容疑者の勝手な判断であり、より責任は重いと考えられます。
 医師に運転止められている人間が、勝手に運転しているって、善良な市民から見たら恐怖以外の何物でもないでしょう。

 っていうか、とっとと書類送検し、検察は起訴して刑務所にぶち込むべきです。幼児を含め2名の殺人事件ですよ。警察はなぜ半年以上時間を掛けているのか理解できません。


<10月17日>
○一言
 幼女監禁拷問殺人犯の船戸雄大の刑が懲役13年とは短すぎる。拷問殺害の事案で、他の量刑との比較なら、裁判員裁判の意味がない。
 検察は控訴するべきです。以前の岸和田の餓死寸前の事案は懲役14年。それより連日暴行を加えている点でも悪質なのでこの量刑より重くなるべきです(罪名の違いなど関係させるべきではありません)。
 5歳の子に大人が連日拷問を行い、なぶり殺しにした人間が、たった13年の懲役など日本の司法は狂っていると思います。全身の傷170カ所。どうやったら100カ所以上の傷を15キロに満たない小さい体に付けられるのか。
 さらに監禁し外に出させない。食事を与えず動けなくなってもさらに暴行を加えた悪魔を人間と考えることが間違っています。

 検察は控訴し、この鬼畜に重い量刑を科すよう上級審の判断を仰ぐべきです。


○一言2(説明のため長くて済みません)
 森ゆうこ議員が通告遅れで炎上した件について。「終わった話」と無視する意向です。

 ここで、改めて国会通告のシステムについてご説明します。

 内閣総務官室(内総)に通告があり、各省庁の国会担当にすぐに送られます。
 で、この「通告」。往々にして、それだけではわかりません。例えば「加計学園問題について」などです。
 そこで、具体的内容をお伺いする「レク」を行います。ま、問い合わせです。直接職員が行ったり電話だったり。
 これにより質問内容がはっきりすると、答弁を書き始めることができ、(その議員については)関係ない部署はリリース、というわけです。

 さて、それを踏まえて今回の件。

 彼女はツイッターでこう書きます。
・「国対に提出したのは11日の16:08。国対もすぐ委員部に提出。そのまま内閣総務官室にいくはずが手違いで届いていない」
・「(届いていないことに気付く)その前に内閣総務官室の方々が来室しましたが通告を見て来られたとずっと勘違いしていました。
・「質問の項目は、ここ数週間、レクをしたり会議で議論したものばかりでしたので既に想定問答も作られていると思っていました
・「総務官室の方が来られたので、その場で一部詳細部分を作ってお渡ししました。その後、全てではありませんが他の項目も念のために作り委員部に送りました。各省庁には委員部から送信されたと思います。

 みなさんこのツイートに嘘があるのお気づきになられますか?森ゆうこ議員は多分これで市民をだまそうとしています。

 先ほどのプロセスを思い出してください。
 通告があった場合、役所はできるだけ早く「レク」(問い合わせ)を行います。

 彼女が新人なら別ですが、本当に「通告」したのなら、レクがない時点でおかしいと思うし、内閣総務官室の人間がレクを行うことはないと考えるのは当たり前です。
 内閣総務官室の人間が来た時点で通告がなされていないから来たと考えるのが普通です。
 各省からのレク依頼がないのを「ここ数週間レクをしたりしたものばかりで想定問答があると思い込んでいた」ともっともらしい嘘をついているわけですね。
 なぜなら、数日前と今では情勢が変わることがよくあるのは当たり前で、想定問答があったとしても最新の情報をもとに手を入れる必要があるからです。これを(レクを受けた経験のある)国会議員が知らないはずがありません(もちろん新人なら別ですが)。

 そしてもう一つツイッターでは重要な証言をしています。「通告後にさらに、追加通告したこと(委員部に送ったこと)を認めている」ことです。
 これは霞ヶ関側の「夜に五月雨的に通告が来た」という証言と一致しています。

 そして。霞ヶ関には通告がなかった。しかし森ゆうこ議員は通告したという最大の矛盾点(謎)について、足立康史議員が16日付けツイッターで明らかにしてくださいました。

1.森事務所から参院予算委員部に質問項目(項目名のみ、問合せ不可)が送付されたのは16時半だが、暫定版を理由に政府への展開は不可とされる
2.19時以降夜半近くまで項目毎の要旨が五月雨式に委員部に伝えられる
3.全体要旨(問合せ不可)が政府に正式に送付されたのは22時

 すばらしいです。彼女の主張と実態の矛盾が全て解決します。足立先生ありがとう。

 要するに森ゆうこ議員は政府への通告はしなかったけど、委員部には時間に間に合うよう紙を出しただけということです。

 森ゆうこ議員が(彼女の性格なら)徹底抗戦するはずが、本件について事実関係を明らかにしない理由がはっきりしましたね。

 森ゆうこ議員は自分が間違っていないとするためには嘘を平気でつくパワハラ議員なんですよ。霞ヶ関の下っ端など虫けらと思ってるんでしょう。

 これをご覧になっている皆様にお願いです。今のままでは優秀な若手や中堅がどんどん辞めていってしまいます。
 
質問通告を遅らせる議員を厳しく批判していただけないでしょうか。

 何より、今回の件は、霞ヶ関は「守秘義務違反」とか言われ、言論を封殺される一方で、森ゆうこ議員は自由に自己の主張をガンガンツイッターに上げています。そして嘘でも事実になってしまいます。これはおかしなことではないでしょうか。

 国会議員を批判したいわけではありません。国会答弁は、自己の政策を国会を通じて国民に理解して頂く機会」として役人は仕事をしています。ただ国会答弁を人質にして強制残業その他のパワハラをして何とも思わない議員はおかしい、何とかしてほしいという心の叫びです。


○一言3
 ホームレスの方2名が台東区の避難所には入れなかった件について、人間なのだから、と問題になっています。
 うーん。理想論と現実は大きく違うので、理想論だけで物事を言われてもなかなか解決にはならないと思います。

 具体的には。
 現実を言えば、ホームレスは強烈に臭い。また、衛生面でも問題があります。残念ながら。

 においで言えば、避難した市民から苦情が来るのは確実。さらに衛生面では幼児や高齢者に対しては大きなリスクとなります。
 この現実をどうやって対応しましょうか?これの答えが出ないなら、国会議員とか偉そうそうに理想論を言うのはやめてほしい。政治とは、理想と現実の調整が仕事でしょうに。夢物語を語る政治家だから、政権が取れないんですよ。

 行政から見た解決策をいくつか提示します。
 支援者団体が避難所を教えたそうですが、2名程度なら支援者の自宅に招けばいいと思います。本当の意味での「支援者」なら。支援者のご自宅で風呂に入れて差し上げ、雨をしのぐ場所を提供すればよろしいのでは?

 10名を超える場合、行政はホームレスの方達専用個室を用意するしかないと思います。ただし、この場合、部屋から出る際に手などの消毒が前提となると思います。衛生上の問題から。避難所における弱者に対する感染症リスクは看過できないからです。
 また、来訪可能な避難所も限定されるべきでしょう。全ての避難所で個室を準備できるとは限りませんから。

 本件は、避難所へ避難した方全体の人権や公衆衛生などの観点からこの問題は捉えるべきで、ホームレスがどうこうという個別論を言う政治家は無責任だと思います。


<10月14日>
○一言
 15日の予算委員会で台風19号の被害対応について審議されるそうな。

 口だけの「センセイ」が何言おうと関係ないから、無駄に税金使って「正義の味方」ぶるのやめてもらいたい。予算委員会で審議すべきことを審議してくれ。

 現場は各職員が災害対応やっているのだから、審議しても何も変わらないし、現場を見ていない議員からおかしな指摘などが来ればむしろ迷惑。

 菅直人以来ですが、災害を政治利用するのは本当にやめてほしい。人間としておかしい。


○一言2
 台風19号の被害は、当初さんざん報道された「東京」ではなく、長野、福島をはじめとして河川被害が甚大。
 メディアは、計画運休や閑散とした都心の報道ばかりしていましたが、台風の問題は河川の氾濫であることを理解していなかったのではないでしょうか。

 千曲川にしても阿武隈川にしても、昔から危険な川。もちろん荒川はその名の通りだし、利根川も板東太郎です。
 関東直撃ということで、報道が少し東京近辺に偏りすぎていたように思えます。


<10月13日>
○一言
 不幸にも釜石での試合が中止になってしまったラグビーW杯カナダ代表が釜石市でボランティアしてくださったことがニュースになっています。
 実は、対戦相手のナミビア代表も宮古市で市民と交流会してくださったそうですよ。←修正しました
 カナダ代表もナミビア代表も、ラグビーW杯に出場する方々は本当に素晴らしいと感じました。


○一言2
 質問通告が遅れた疑惑が話題となっている森ゆうこ議員のツイッター。「森友・加計問題に象徴されるように都合の悪いことは全て官僚に責任を押し付け、良いところは自分の手柄にする。政治家と官僚の関係としては最悪の状態だと思っています。それを正そうとすると、官僚のみなさんは自分たちが攻撃されていると感じて「国会対応など余計な仕事」と嫌悪しているのではないかと、今回の匿名のツイートの数々を見て感じました。」

 これは全く的外れだし、無関係のモリカケを持ち出す時点で卑怯な女性だと思いました。
 正義感が強いとか誰かが言ってましたが、自分の主張が正義という傲慢かつ排他的な人間でしょう。

 具体的には。個人的な感想で言えば、都合の悪いことを全て官僚に責任を押しつけようとしたのは森ゆうこ氏が所属していた民主党政権です。
 野田元首相などはもちろん違いますが、そういう方は少ない。

 さらにいえば、「自分達が攻撃されていると感じる」とありますが、当たり前ではないでしょうか?
 その象徴が「野党合同ヒアリング」です。「都合の悪いことは全て安倍政権を守るため言わない(?)官僚が本当のこと(?)を言わない」とひたすら罵声を浴びせる

 民主党政権以前の野党は、役人をつるし上げて溜飲を下げるようなことはしなかった。例えば若かりし頃の立民枝野党首は「レクは管理職でなくてもいい、わかっている人を」とし、普通にご説明することができました。
 少なくとも、フルオープンで動画を撮った上、恫喝まがいの発言で官僚を苦しめることは絶対なかった。
 あの場に呼ばれる管理職をみるに、本当にノンキャリアでよかったと思います。私ならキレるか病むかのどちらかだと思います。

 問取りレク(質問取りをするため議員を訪問し質問の趣旨を確認する)でも日本維新や旧民主党系良識派は少なくとも当たりは優しいですし、そもそも通告期限ぎりぎりまで通告を遅らせません。こちらを考慮してくれます。が、旧民主党系の自称正義派は攻撃的で通告も遅い。
 こんな仕打ちを受け続けて「自分達が攻撃されていると感じ」ない方が、人間としておかしいのではないかと思います。

 要するに、森ゆうこ氏はパワハラ議員なんでしょう。今回の件も「ツイートをした官僚が民主主義を理解していないから悪い」ということで自分は悪くないと。こういうケースだと、まず「結果的に迷惑をかけたなら申し訳なかった、しかし・・」と説明するのが普通の人間でしょう。
 しかし、謝ることができないだけでなく、官僚の理解が悪いと論点をすり替える。社会で通用しない典型的なパワハラ議員です。

 こういうパワハラ議員が国会に多数いるから問題なのです。もちろん与党にも、それも大臣クラスでもいますけど。


<10月12日>
○一言
 今週人事院勧告を受け入れて、国家公務員の給与が微増することが決まったとか。

 それについて増税分が給料増になるのか、というあらぬ批判が。さすがにそういう趣旨の増税ではありません。

 まあ、公務員が嫌いな人は結構いるので、そういう方へのガス抜きなのかな、と思いました。
 というのも、公務員の給与の増減のシステム、公務員がどうこうできるものではないので、批判されてもどうしょうもないので。


○一言2
 国民民主党の森ゆうこ議員が結果として台風を前に、役人を拘束したことがツイッターに上がって、話題になっています。
 森議員の説明によると、「台風のことも考え、関係のない部署には早く帰って頂きたいと思っていましたが、同僚議員たちから質問の追加要望があったりして、国対に提出したのは11日の16:08。国対もすぐ委員部に提出。」ということらしいです。

 まあ、このツイートは明らかに質問通告が遅かったことを自ら言っているようなものですけどね・・。市民をだませると思っているのでしょう。ひどい話。

 具体的には。霞ヶ関への質問通告は、内閣総務官室への通告を持って質問通告とします。これは国会議員でもそう考えます。
 上記ツイートで書いたとおり、「国対に提出」は質問通告ではないのです。

 プライド高い「先生」は絶対に非を認めないので、引き続きツイッターによるゲリラ戦を役人はやるしかないですね・・。
 本当はそんなこと誰もしたくはないので、心ある先生方には引き続き早期の質問通告をお願いします。


<10月10日>
○メディアから一言
 スポーツ報知によると、「9日放送のTBS系「グッとラック!」(月~金曜・前8時)で国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、展示中止となっていた企画展「表現の不自由展・その後」が8日午後、約2か月ぶりに再開したことを特集した。番組に、同展の芸術監督でジャーナリストの津田大介氏が生出演。司会の立川志らくの問いに答える形で番組は進行した。」とか。

 で、「志らくは、昭和天皇をモチーフにした作品への違和感をあらわにした上で「津田さんにはお子さんはいらっしゃいますか」と問いかけた、これに津田氏が「いないですね」と返すと志らくは「お子さんじゃなくても自分の親、子供にいろんな理由をつけてそれも表現だといって自分の親の写真を焼いたり踏んだりそれも芸術だと言ったらどうしますか?」と問いかけた。

 これに津田氏は「それは、その作品のそもそもの力というかきちんとした文脈があってそういうことをやられているんであれば自分が不快になるかということと別に表現の自由のひとつだと思っています。自分自身が不快になるかということと、表現の自由の範囲であるかは別の問題であると思うので」と答えたが「私はそれを表現の自由だと認めたら世の中めちゃくちゃになるんじゃないですか」などと疑問を投げかけていた。」そうな。

 明らかに立川志らくが正しい。
 津田氏の論法なら、一定数が不快になるヘイトも表現の自由になります。これは間違っていると思います。

 津田氏は自分の正当化のために人間の感情や常識というものを失ったようです。

 そもそも津田氏は本来ネットや著作権関係専門のはずで、芸術とは遠い。にもかかわらず芸術監督という不思議な仕事をしているのはそんなに金に困っているのかな?


○メディアから一言2
 10月9日付け日経ビジネスのユニクロの柳井正氏のコメント。「まずは国の歳出を半分にして、公務員などの人員数も半分にする。それを2年間で実行するぐらいの荒療治をしないと。今の延長線上では、この国は滅びます。邱永漢さんも亡くなる前に「日本は政治家と生活保護の人だけになる」と言っていました。でも滅びると思っている人がほとんどいません。」とか。

 平成31年度一般会計101兆のうち。
 公債費23.5兆、社会保障費34,1兆。半分にしたら、これだけで既に足りないんですけど?柳井正は阿呆ですか?

 よく知らないなら、偉そうなこと言って市民をだまそうというのはやめてほしい。老害です。


<10月7日>
○一言
 目黒区の幼児拷問(リンチ)殺人犯船戸雄大への求刑がたった18年。

 公判でも弁護士の指導で涙を流す演技をし、検察官質問に対しては、やったことを他人事のように答えるなど、全く反省していない鬼畜。

 せめて求刑通り懲役18年になることを祈ります。


○メディアから一言
 韓国左派メディアが大喜びで取り上げている愛知トリエンナーレの展示再開。
 この一事をもってみても、「芸術」ではなく「政治的偶像」であるのは明らかです。

 愛知トリエンナーレが芸術ではなく政治的主張を行うことを積極的に認めて、芸術を隠れ蓑に韓国に利敵行為をなしたわけですから、間違いなく大村秀章は反日知事です。日本から出て行き、韓国に国籍変更すべきだと思います。

 次の選挙では、愛知県民の良識を期待します。まあ4年後だから忘れられている気がしますが。
 いずれにせよ、国政で実力が足りなくて転身する国会議員を知事に選ぶのはやめた方がいいと思います。


<10月6日>
○メディアから一言
 読売によると、「神戸市立東須磨小学校の教諭4人が、20歳代の後輩の男性教諭に暴行などのいじめを繰り返していた問題で、いじめ行為の様子が撮影されていたことが、市教育委員会への取材でわかった。市教委は画像を確認しており、加害教諭が撮影したとみて経緯を調べている。」とか。

 具体的には、「市教委がこれまでに確認したいじめの内容は、「ボケ」「カス」などの暴言や、用紙の芯で尻が腫れ上がるほどたたくなどの暴行、激辛カレーを食べさせたり、車の上に乗ったりした行為など。男性教諭は「目や体に激辛ラーメンやカレーを塗られた」とも訴えている。」とか。
 神戸新聞ではもっと酷い隣地のような行為も列挙されています。
 フジテレビでは、生徒にも「ゲーゲー吐いているのが面白い」という暴言を吐いていたことが報道されています。

 悪質であり、教鞭を執る資格はありません。神戸市は実名を公表の上、今すぐ懲戒免職の上、暴行罪で刑事告発しないといけません。いじめじゃねーだろ。いじめと暴行を混同した上に隠蔽とか頭がおかしいのか神戸市は。

 っていうか、京アニ事件で実名報道の重要性を強調したメディアは、教師失格の悪質な暴行罪に相当する公僕をとっとと実名報道しろよ。
 ネットの暴言ですら実名公表するのだから、教師にもかかわらず、陰湿ないじめ(悪質な暴行)行為を行った公務員は当然実名公表されるべきでしょう。
 ところで、長谷川雅代、柴田祐介、蔀俊(しとみたかし)、佐志田英和って誰ですか?

 それはさておき、何より問題なのは、「6月にいじめを把握した校長が4人を口頭注意にとどめ、市教委に「人間関係のトラブルがあった」とだけ報告しており、市教委が学校側の対応も調べている。」という点。
 これ、典型的な隠蔽であり、この学校でいじめが起きても隠蔽されると自ら言ったようなものです。最悪だ。仁王美貴校長は厳しく処分されるべきです。

 こんな学校に保護者は子どもを預けられない。神戸市として厳しく断罪しないといけないし、「何らかの事情」で市ができないのなら、議会なり兵庫県なりが動かないといけない事案ですね。


○メディアから一言2
 デイリーによると、菅直人元首相がツイッターで「菅氏は「喉元過ぎれば熱さを忘れるという言葉があるが、福島原発事故は日本列島に日本人が住めなくなる瀬戸際の事故であったことを忘れてはならない。それを言い続ける事が事故当時総理として、そして原子力災害対策本部長として、事故対応に当たった私の責任と考えている。原発がある限り事故はまた起きる」」と書いたそうな。

 余計なパフォーマンスで事態収拾の邪魔をした上に、自分の責任回避のために間でも官邸の許可を得るようにして貴重な時間を喪失させた原子力災害対策本部長は、江戸時代なら切腹してお詫びすべき事案です

 部下や関係者がいかなるミスをしようとも、結果責任を負うのがトップの仕事です。

 他人に責任転嫁して妄言を言い続けるのが原子力災害対策本部長の責任とは、頭がおかしいとしか言いようがありません。そんな楽な仕事私でもできますね。


○メディアから一言3
 朝日によると「なぜ韓国は『反日』か。もしも日本が他国に占領され、(創氏改名政策によって)『今日から君はスミスさんだ』と言われたらどう思うか

 自民党の石破茂・元幹事長は5日、悪化の一途をたどる日韓関係について、戦前の朝鮮半島統治で日本が創氏改名などを進めた歴史的背景を考えるべきだと指摘した。徳島市内での講演で語った。」そうな。

 石破氏もいい加減な嘘をつくのなら、自民党から出るべきだと思います。大失言です。

 創氏改名は強制ではなく、自主届け出です。また、届け出ない場合はそのまま朝鮮姓となっています。問題は届け出ろ、という強制があったかどうか。
 この点については、強制があったなら、「通名」はすぐにやめればいいのに、やめない点からも疑問です。

 いずれにせよ、少なくとも国が「スミスにしろ」としたという発言は明確な誤りであり、このような歴史をゆがめ、日本を誤解させる石破氏に総理大臣の資格はありません。

 メディアはこの嘘をきちんと正すべきだと思いますが。なぜ歴史にそんなに無頓着なのか。メディアが歴史に関心を抱かないから「歴史戦」で日本は厳しい立場に追い込まれるのです。


<10月4日>
○一言
 目黒区の結愛ちゃん拷問殺人犯の船戸雄大の公判。
 涙を流し、「自分が親になろうとした」と弁護士に演技指導されたらしい。
 弁護士は「傷害罪やDVで罪を問われていない」として演技指導しているらしい。この弁護心も社会正義のないクズ野郎ですな。
 法廷戦術で、クズ野郎からでもとにかく減刑を勝ち取ればいいっていう、光市母子殺人事件の人権弁護士を思い出しますね。

 親になろうとして、皮膚が変色するまで飢えさせ、しかも全身170カ所の傷を負わせるなど聞いたこともない。
 特にこのうち40カ所の足の裏の傷は円形でたばこの火を押しつけたものと類似している。
 こんなの親がやる行為ではありません。

 しつけで殴ったとかとレベルが違います。苦しむのを見て楽しむ拷問です。

 挙げ句の果てにトイレに行く力もなくなっておむつを5歳児にはかせておいて「病気を自分で何とかしようと思った」とか、世の中舐めすぎ。こんな鬼畜な言い訳を平気でしているということは自分の減刑だけが目的で全く反省していないということです。

 泣けば裁判員は騙されると思っている鬼畜船戸雄大に裁判員の方は、「舐めるな」と厳しく判断してほしいし、検察も厳しい量刑をしてほしい。
 本来ならば、市中引き回しという刑罰が一番良いと思いますが。私は喜んで石を多数持って参加します。死刑がダメなら、世論に聞いてみればいい。

 無抵抗の5歳児を「サッカーボールのように蹴る」とか、2月に冷水を浴びせ、馬乗りになって動かなくなるまで殴りつけるというのは人間の行う行為ではなく、「親になろうとした」のではないことは明らかです、

 懲役8年で「もっと重くてもいい」「一生反省」などと言っていたはずの船戸優里が控訴して減刑を求めるとか、ホントこの夫婦は人間ではなくただのケダモノです。
 裁判での発言は全く信用できません。


<10月2日>
○一言
 「あいちトリエンナーレ2019」の補助金不交付問題。2つ論点があります。
 一つは、政治的なものを隠して補助金申請したこと。
 例えば、同じように消されたものとして「東条英機像」がありますね。東条英機像は「芸術」ですか?
 私はそうは思いません。表現の自由という人は、なぜ東条英機像はダメで、少女像ならいいんですか?

 もう一つが、芸術家の抗議です。補助金を交付しないのは芸術を抑圧する的なアピール。これもナンセンス。

 率直に言えば、芸術家というものは、権力の側から極力離れる。つまり、スポンサーが国だというのはおかしいという発想が基本だと考えます。だから企画自体に文句は言っても、金出す出さないで文句言うのは芸術家ではありません。
 だから国が補助金出さないのは芸術の抑圧というのは全く理解不能であり、あなた方、芸術家でなく活動家でしょ?と。

 いずれにせよ、ネット関係の著作権が専門の津田氏を、「芸術」の総監督にした愛知県の発想自体が理解不能です。
 愛知県は津田大介氏の売名に利用され、芸術祭を踏みにじられたということを少しは理解した方がいいと思いますよ。


○ご意見、ご感想はこちらまでお願いします→makinoh2アットマークops.dti.ne.jp
 件名には具体的な内容のご記入をお願いいたします。

※就職にあたってのご質問は、まずは書店等の公務員就職関係の書籍のチェックをお願いします。