明るい!?国家公務員のページ

~FUNNY!?GOVERNMENT OFFICIALS~


左が私が子どもの時、接着剤や塗料を使って作った旧モデルのドライセン。
右が最近作ったHGUCの素組です。当時の指定塗料の色と大分違うなーと感じます。

旧モデルでは両腕のガトリングはギミックでそのまま露出できたのですが、HGUCでは差し替え。
指も旧モデルでは親指と人差し指、残りの3指が別パーツで、「握る」というのが表現できました。
 が、HGUCではできません。旧モデルの左の親指のリアルな感じ、わかりますか?
ただ、塗装は大変なので若い頃はここまでやったけど、年とるとこれくらいがせいぜい、というのを感じます・・・。


ようこそいらっしゃいましたー。 人目のお客様です(1999.3.9より)。

ご訪問ありがとうございました:100万(2006.7.19)、200万(2008.6.15)、300万カウント(2010.2.18)、
400万カウント(2011.11.12)、500万カウント(2014.1.19)、600万カウント(2016.6.10)、700万カウント(2018.6.22)
SNSや動画が当たり前の時代に、スマホ対応すらできていない古めかしいサイトご訪問ありがとうございます。


☆更新情報その他
 時が流れるのは早いもので、愛猫フェイが逝ってからもう1年半たちました。いろんなとこに付着している毛もそうですが、まだまだ足跡残っています。天国で元気にやっているだろうか、そういう足跡を見るたびに思います。

 先輩からあまり注意(教育)されないと言う新人の方へ。一つの考え方としてご覧下さい。→
こちら
 本サイトのコメントは全て組織とは関係ない個人の見解です。

経済からみた江戸時代 '05/7/19更新
江戸時代というのは実はすごい時代だったのです。特に教科書は間違いや嘘ばっかりなのでだまされないでくださいねー。
国家公務員はこんなもん '05/5/30更新
国家公務員の実態などについて書いています。新聞や雑誌、HPは極端な話ばっかりですよー。
テレビではわからない実際の話 '10/6/18更新
マスコミ報道は何かあれば政府を批判すればいいような感じです。
でも本当にそうなのでしょうか?規制緩和、教育、年金などについて、国家公務員の仕事をやっている現状から考えた観点でお話しします。
伝言板
伝言板です。いろいろ方と気軽な雑談をしたいです。
投稿前にこちらをお読み下さい。自己主張(アジテーション)はご自身のblogでどう
ぞ。
フェイ写真館 '17/11/03更新 new
うちのいたずらっ娘の画像です。猫好きの方へ。
2017年5月16日、18歳11ヶ月で逝去いたしました。天国でものんびり気ままに暮らしていると思います。

自己紹介とお願い
お約束の自己紹介とこのHPでのおきまりです。

<趣味のコメント>
 私はKOTOKOさんが好きなのですが、、特に昔のは入手困難の音源が多くて・・。何とかならないかなぁ、と(あと外れや人により評価が正反対の曲などもあります)。
 個人的には「未来自画像」「allegetto~そらときみ~」「同じ空の下で」「went away」。メジャーデビュー版で言えば「サクラノアメモエギノヨ」が一番好きです。

 その他私的には「room」「Le cief~迷宮の鍵~」「frozen fir tree」「茜空」「Love mission!!~なんだ。ただの恋か」「Imaginary affair」「Just As Time Is Running Out」「Unsymmetry」「雪華の神話-in X'mas mix」「ひとりごと-2009ver」「resolution of soul」「jihad」「agony」「snow angel」「秋爽」「Sign of Suspicion」「夏風ノスタルジア」「Re-sublimity」「Fece of Facts」「Teller of World」で25曲ですか(順不同)。もっと出せ、と言われればもちろん出せますが・・(笑)


○固定の一言
 
小西ひろゆき先生(民進党)はまずツイッターで公約した亡命を早く実現してください。国民にうそをついてはいけません。
 また、2018年4月1日の小西先生のツイッター。「憲法と民主主義を破壊する安倍内閣に新しい元号を決めさせてよいのか。安倍政権の世界史上に残る大罪が断罪された後も安倍元号を使い続けるのか。国民の皆さんに真剣に考えて頂きたい。」とか。
 世界史上に残る大罪とは?安倍元号という意味不明な言葉からも単なる誹謗中傷です。


<11月14日>
○一言
 広島県で朝食を小学校で出す実験が行われたとか。報道ではパンやシリアルとか。
 それに対し、報道ステーションでは「親は助かりますねぇ」とか富川アナと徳永アナ。

 アホですか?

 パンかシリアルレベルなら、時間がない親ですら前日以前に買っておけば良いだけの話で、親が助かるとか、どこまで親が手を抜いていると勘違いしているのか。
 うちのように、夜多めに作っておいて朝に活用したり、カレーや鍋物で何日か持たせるという家庭も多いと思いますよ。
 事情がある方を除き、多くの家庭は一緒に食べられなくても準備(前日にパン等を購入する等を含む)くらいはできるでしょう。

 朝食食べない理由を、親が忙しいから朝食を出せないと安易に直結して的外れなことを言う朝日は阿呆ですか?
 事情がある方を除いて、朝食の「準備」すらできないのはさすがに親に問題があるんですよ。
 だから、本件は親が助かるとかいう話ではないんですよ。
 早めに登校を義務づけることで、学校で朝食の時間を無理矢理作り、生活習慣にするという話なのに・・。


○メディアから一言
 14日付け朝日によると、「サイバー担当なのにPC使ったこと「ない」 桜田五輪相」との見出しで、桜田攻撃を。

 うーん、こういう印象操作はどうなのかなぁ。PCをそこそこ使いこなすことと、サイバーセキュリティは全く別問題なんですけどね。

 記事では、「質問した立憲民主党会派の今井雅人氏は「パソコンもいじったことのない方が対策をするのは信じられない」と指摘。国民民主党の玉木雄一郎代表は記者会見で「どう考えても適任ではない。首相の任命責任が厳しく問われる」と批判した。」とか。

 今井氏や玉木氏はパソコンがいじれればサイバーセキュリティがわかると正気で思っているんですか?だとしたらあなた方も資質は厳しく問われますよ。アホでしょう。

 こうした的外れな野党の指摘をメディアがもっともらしく大きく取り上げるから、野党の質問のレベルがいつまでも上がらないのです。質問者の言っていることもおかしいですけど、と厳しく叩いた上で、返す刀で資質を問うならまだわかりますが・・。

 ついでに言えば、昔はPCをいじらないことはITに疎い、といえましたが、今はPCいじらなくてもITに強い人が普通にいることメディアや、今井、玉木両氏は知っているのかな?
 スマホ全盛期に平気でPCがどうこういう質問って、すでにあなた方も遅れてるんですよね・・。


 国会審議って何なんでしょうね?


<11月12日>
○一言
 外国人労働者の問題。
・優秀な外国人→大歓迎(韓国については歴史問題等大日本帝国時代のことをどうこう言う気のない方に限る)
・労働力不足→現にサービス業や第一次産業、工場の現場で助かっている。
 しかし
・技能訓練等の問題→低賃金、長時間労働は一部の受け入れ側の問題であり、受け入れ側を取り締まる必要。
・保健証の貸し借り、扶養の悪用など社会保障をはじめとした詐欺問題→保険証への情報強化、保険加入及び扶養による利用の制限を強化。
・不法入国した労働者や失踪した外国人の対策→治安問題・・外国人入国管理と警察の連携か。
・教育問題→公立小中学校の限界をどうするのか。最低限の日本語ができるよう子どもをどう教育するか。
・地域コミュニティの破壊問題→いかに溶け込ませるのか。ゴミや騒音その他ルール違反をどうするのか。あるいは勝手に畑作ったり貝取ったりするでたらめな発想をのどうするのか。
といった様々な問題がすでに起こっています。

 問題点解決への処方箋を示して、初めて外国人労働者受け入れ促進、となるのではないですか?
 特に社会保険の詐欺的な悪用が中国などで普通に仲介されるなど重大な問題があります。ので少なくとも、
1)最低限写真入り保険証、できればICチップに個人情報入力(デジカメ全盛期、写真入りは大して金かからないのですぐできるはず。
2)保険加入についての厳格化。高額医療の利用期間を1年以上の加入期間がある者とする。
3)扶養による利用の制限。扶養親族は日本国内在住が条件。さらに子ども以外の扶養を認めない。さらに高額医療の保険適用は1年以上の日本での生活を条件とする。
といった今の日本のシステムを壊さないような対策が必要だと思います。

 言うまでもないですが、外国人参政権など論外です。売国政党でなければ野党はそんなこと言わないはずですけどね。


<11月11日>
○一言
 少子化対策で○人子どもを産んだら表彰とか報奨金とかいう意見を言う文化人?は、現実を理解していない方だと思います。
 なぜなら、少子化対策は、単に子どもを産むことではなく、健全に子どもを育てることが重要だからです。

 健全に子どもを育てられない家庭にもかかわらず子どもを産んでしまったら虐待(ネグレクト含む)の温床にもなりかねません。
 表彰した人が虐待事件とかしゃれにもならないでしょう。

 重要なのは給与所得者の半分以上を占めるであろう「普通の人」が家庭を重視し子どもを育てられるようにすることだと思います。

 また、育児で早く帰る人が帰りやすいように、差別をなくすことです。具体的には、仕事を他人に押しつけるなら、押しつけられた人・・仕事をがんばっている人が賃金や出世で優遇されるべきです。

 要するに、出世・仕事重視の人はそれに打ち込んでもらって給与も与え出世してもらう。家庭優先の人は家庭の安定のために配慮してもらって給与も出世もそこそこ、というふうにするべきです。

 この判断は大卒なら10~13年目(32~35歳くらい)ですれば良いと思います。
 そういう意味では例えば、霞ヶ関のキャリア制度は時代遅れなのです。キャリアが育児優先で出世し高賃金というのはあり得ません。
 仕事も育児もばりばりやるスーパービジネスマンはほんの一握りだと私は思いますので、どこかで優先順位を決めて、それに基づき家庭重視の人への支援を充実するべきだと思います。


<11月10日>
○メディアから一言
 毎日によると、「麻生太郎副総理兼財務相が7日の参院予算委員会で、同氏を指さしながら質問した共産党の小池晃書記局長に対し「人を指さすのはやめた方がいい。無礼だから」と怒りをあらわにする一幕があった。小池氏は「その言い方の方が無礼」と応戦。」したそうな。

 本当にバカですね。人指さすのが日本共産党の常識なら、日本共産党は社会不適合者の集団ですか?

 そういえば、先日も辻元立憲民主党国対委員長が「・・と言え、・・・するな」とですますを使わずに命令口調で記者のぶら下がりに応じていました。

 無礼な態度を平気ででとったり、「ですます」も使えないのはまともな社会人ではありません。小池氏も辻元氏も新入社員未満の野蛮人。

 一般的には、いかに素晴らしいことを言っていても乱暴な口調や無礼な態度で市民に受け入れられるわけもありません。

 一般的なマナーを知らない人間に対し、普通の市民は「批判はしないけど関わり合いになりたくない」と思うくらいはわからないんですかね?


○一言
 BTSなる韓国出身の世界的アーティストが原爆投下を賛美するかのTシャツを着たことが問題視され、結局テレビ番組の出演がなくなったとか。

 当たり前です。世界的アーティストなら、それぞれの国の事情を考慮するのは当たり前ですから。
 愛国心かなんだかわかりませんが、原爆を肯定するなら、日本のテレビに出演する資格はないし、そもそも日本に来るな、と思います。

 一方で気持ち悪いのが、この当然のことを批判する阿呆な「文化人」。

 では、欅坂のナチスに似た服の騒動の時、そういう人は擁護したでしょうか?
 また、民間人への大量殺傷である原爆投下を肯定することは、いわば日本人へのヘイトです。
 BTSを擁護する自称文化人はヘイトを容認するということなのですかね?

 BTSの擁護の記事は、安田氏の時と同じように、ひいきの引き倒しのようにしか見えないですね。
 韓国の考え方や偏った文化人の発言が日本の社会で普通に通じると思ったら大間違いだと思います。


○メディアから一言2
 11日付け朝日新聞によると、「.時代劇ロケの聖地として知られた長野県富士見町の原野がメガソーラー発電所に様変わりすることになった。聖地だった理由は、本州では珍しいほど人工物が映らないこと。一昨年は映画「関ケ原」「忍びの国」のロケも行われただけに、関係者は「宿泊や食事で地元への経済効果は大きかった」と残念がっている。」とか。

 具体的には、メガソーラーとなるのは八ケ岳山麓(さんろく)に広がる富士見町境の約12・6ヘクタール。地元では「中学林(なかがくりん)」と呼ばれている。所有は地元の財産区で、9月14日に「管理者、富士見町長名取重治」名で京セラTCLソーラーとともに富士見町長あてに開発許可申請を提出。町環境保全審議会の審議(10月31日)を経て今月2日に富士見町長として名取氏が許可を出した。」とか。

 アホだなぁ、と思うのが、メガソーラーって、10年たつと維持で相当コストかかることが想定されることわかっているのかな・
 安定的な固定資産税を狙っているのでしょうが、うまくいかずに企業が撤退して荒れ果てたパネルだけが残った土地となったら、どうする気なのか。大企業は子会社なんて平気で切りますよね。
 ロケ地でなくなれば人の入り込みもなくなるわけで、メガソーラーと心中するとは、時代錯誤ですねぇ。

 まあ、この町長を選んだのは町民ですから自治の結果であるわけですが。


<11月2日>
○一言
 安田氏はきちんと自己責任を認め、感謝と謝罪をしてスジが通っているので、なかなか良い会見だと思いました。
 内容にはいろいろ不思議なところがありましたが、それは置いておいて。

 これで、一部メディアや「ジャーナリスト」のバカげた感情的な自己責任論への批判や、英雄視という頭のおかしい行動がなくなり、危険地帯の報道のあり方について冷静な議論がなされることを期待します。安田氏もメディアは利用しようとせず、いろいろ落ち着かれればいいと思います。

 そんなことより「徴用工」問題。河野大臣は100%韓国の問題と事実をずばっと明言し、素晴らしい。

 
それと「外国人労働者問題」を反安倍に結びつけずに日本の問題としてきちんと議論をするべきだと思います。
 日本語がわからない人はルール違反の温床であり、治安悪化にもつながりかねません。


○一言2
 オリックス中島の退団について、メディアが「大減俸提示で退団を余儀なくされた」かのごとくの見出しですが、それは違います。
 中島の年俸は3億5千万。今年の打者で言えば、筒香(De)、坂本(G)、青木(ヤ)といった方と同じくらい。
 しかも、3年契約のところをオプションを行使したので4年間総額14億です。

 で、成績は
 15年117試合 .240 10本 46点 けがで2回離脱
 16年96試合 .290 8本 47点 けがで2回離脱
 17年124試合 .285 9本 49点
 18年77試合 .289 5本 34点 けがで前半離脱
と、とても3億5千万にはほど遠い成績で4年間過ごしています。オリックスファンなら皆呆れているところです。

 だから、この4年間を踏まえると、生え抜きではなくFA(外国人同等)なら、1億でも高い。
 この状況でも報道どおりなら1億前後を提示した球団は何の問題もありません。

 生え抜きなら過去の貢献を考慮しろ、という理屈はわかりますが、FAで4年3億5千万(しかも今年は自ら「満額」でオプション行使)でろくな活躍がないことを考えると、金が第一で野球やファンは二の次というのは中島の方であるというのは誰の目にも明らか。

 もちろん、プロなので金こそ評価という考え方はありだと思いますが、実績を踏まえて適正な額に戻すことを大減俸うんぬんの批判的な見出しをつけるメディアの報道はおかしいと思います。


<10月30日>
○一言
 韓国の「徴用工」判決。日本のメディアはもっと大きく取り上げるべきです。

 今回の件は、2005年に左派と言われたノ・ムヒョン政権ですら、日韓請求権協定により解決済みであることを確認していました。
 
当然です。条約に解決済みであることが明記されているだけでなく、経緯としても、条約締結時に個人補償を考えていたところ、韓国が強く要望し、本件解決のため韓国政府に莫大な額がわたっているからです。

 にもかかわらず。
 50年前に合意された条約について、70年前のことについて、今、突然「新しい論点」ができて、一方的に壊される。
 慰安婦合意もそうですが、国家間の約束を平気で踏み破る国韓国。国際法を何とも思わないというのは近代国家として異常です。

 要するに、何回か書きましたが、韓国は近代国家ではない。中世国家なのです。法というものが理解できていない未熟な国。

 もう韓国とは国際間の約束をしない方向で、物事を進めないとなりません。もちろんスワップ協定などあり得ません。
 そして韓国との商売は近代法の理解が不十分という重大なリスクがあるので日本企業はどんどん引き揚げないといけません。

 いずれにせよ、韓国の異常さをもっとアピールしないと、日本がまた戦争中の問題に責任を取っていないと誤報を世界に流されかねないので、ここはしっかり河野外相お願いします。

 反安倍のメディアもこれに関しては日本のためにしっかり「おかしい」と報道していただきたい。
 「安倍がどうこう」ではなく、オールジャパンで抗議しないといけない事案です。


<10月29日>
○一言
 日中首脳会談。首脳同士の会談、ODAの終了、拉致問題への協力の言質を引き出すなど大きな成果があったのに、あまり報道されないのはなぜ?

 安倍嫌いであっても、良いことはきちんと大きく報じるべきだと思いますが・・。
 それができない反安倍メディアはメディアとして大丈夫なのでしょうか?

 市民よりイデオロギーなのか?と心配になりますね。


○一言2
 先週末に渋谷で暴れる人が。
 あれ、ただの暴徒だと思います。メディアはハロウィンを楽しむ人とか誤った情報を流すべきではありません。
 軽トラックひっくり返した映像が放送されていましたが、明確な犯罪行為(現行犯)なのに、なぜ映像にモザイクがかかっているのか。
 犯罪行為の抑止のためにも、モザイクを取ってしっかりと報道するべきです。
 あれが許されるとなるとさらにエスカレートして店の破壊などが起こりかねません。危険です。

 いずれにせよ、W杯や年末年始もそうですが、渋谷が「ただ暴れたい人が理由つけて集まる街」になっているので、ここらですべて取り締まるべきです。

 また、痴漢がどうこう言っていますが、(仮装して)顔隠した人たちが群衆となっていたら、性犯罪のリスクは跳ね上がるに決まっているでしょう。

 ハロウィンを楽しむ女性は昼間に行くべきです。どうしても夜行きたいのなら覚悟していかないといけない。
 「酔っ払った群衆」に加えて「顔を隠している」というとんでもないリスク要因があること自覚してほしい。
 性犯罪を容認するのではなく、危険の高い場所/時間にわざわざ行く必要はないということです。


<10月28日>
○一言
 ZOZOの社長の前澤氏が、安田氏関係の自分のツイートに対しリツイートで反論した丸山議員(維新の会)へ、「それでは、先生はどうしたら良いとお考えですか? テロリストって誰で何が目的でどうしたらなくなりますか? そのために私たち市民にできることは何ですか? もし先生のご家族や身近な方が人質にとられても身代金は断固払いませんか?」と質問をぶつけました。

 テロがなくなることは現実的には不可能。
 さらに、人質に取られた側が個人で身代金を払おうと払わまいと自由でしょう。
 何より、自分が何もする気がないのに、「私たち市民にできること」を聞くというのは、議論のための議論で無意味。
 しかも、反論されたら、それを無視して新しい質問で話をそらすというのは、手法としても最悪。

 自分の主張に反論されたから、実現不可能な質問や的外れな質問とは、大会社の社長にしては幼稚すぎると感じました。
 この反論内容やその手法は中学2年生レベルだと思います。
 広報活動の一環としては稚拙すぎると感じます。
※私は地位ある人物は、個人的発言といえど、所属組織に何らかの影響を与え、結果的に広報となると思います。


○一言2
 最近、安田氏に対する「自己責任論への反論」といったメディアの記事が目立ちます。
 これについていくつもの疑問を感じます。

 まず、そもそもそんなに自己責任論って大きくなっている?ということ。
 ネットは自己責任論ばかり、というのは、すでに目が曇っているように思えます。
 言い方を変えれば、「自己責任だ!」と熱くなっているのではなく、「(拘束による被害は)過去何回か拘束されているその道のプロとは言いがたいにもかかわらず、政府から行くなと言われたのに対し自己責任で行くと啖呵切って、予想通り捕まった・・、自業自得でしょ」と冷たく見ているだけに思えます。
 火のないところに火をつけるメディアの典型的手法ですが、なぜ声高に「自己責任論への反論」をあえてするのか理解不能です。

 次にダルビッシュ氏などの発言を取り上げて「この有名人もこう言っているんだから」という自己責任論の否定も非論理的かと。

 まず、ダルビッシュ氏って、上記のような経緯知らないで「拘束されたプロ」と思い込んでいるだけ。前提を間違っているんですよね・・。
 さらに、反論として彼はルアンダの話を取り上げていますが。全くの認識違い。
 具体的には。あの時代はネット普及せず、スマホもデジカメもなかった時代。
 今は素人でもスマホで画像や動画が撮れ、世界に送れる時代です。
 実際にシリアの取材が困難な中、AFPは現地の協力者からまさに生の映像を世界に配信しています。無理に入国する必要がないのですよ。
(参考)【AFP記者コラム】シリア取材の裏側でhttp://www.afpbb.com/articles/-/3169284

 ちなみに、ルアンダとかいうのなら外部への発信すら困難な北朝鮮やウィグル、チベットはどうなんでしょうね?
 なんか話がずれているんですよね。

 最後に、そういった記事で安田氏を守れと言っていることなどはもう呆れてしまいます。
 報ステで疑いもなく報道していましたが、解放後、大使館?の前で腹ばいになって盗撮しようとしていたのは日本のメディアでしょうに。
 その後もわざわざ大々的に報道していたのはメディアの方でしょう。
 市民をどうこう言う前にまずは自分たちのメディアスクラム何とかしたらどうですか?
※もちろん誹謗中傷の類いは叩かれるべきですが、そんなの普通の市民はしません。

 火のないところに煙を立て、「有名人はかく語りき」という権威主義な主張、そして自分たちのやっていることを無視して市民批判。
 もはや戦前と同じじゃないですか。大丈夫か、最近のマスコミ。


○メディアから一言
 加古川バイパスでトラックに挟まれて母子3人が死亡した事故。
 毎日では、「県警高速隊は26日、前から3台目の中型トラックの運転手、鈴木将公容疑者(59)=神戸市灘区箕岡通3=を自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)容疑で逮捕した。」と報道。
 関テレでは、「警察は26日、軽自動車のすぐ後ろを走るトラックを運転していた鈴木將公こと金哲壽容疑者(59)も過失運転致死傷の疑いで逮捕しました。」と報道。

 関テレの記事で初めて一般の報道が「本名報道をしていない」ということがわかりました。

 昔ならいざ知らず、帰化した韓国の方もそのまま韓国名を使うようになりつつあり、外国人も増えている現在、なぜ未だに通名報道なのか、大いに疑問を感じます。
 いろいろな問題はあるのはわかりますが、ニュースになるような重大な犯罪等を犯さなければ、本名が報道されることはありません。
 だから、まじめなほとんどの方のことを考えても、ニュースになるような犯罪を犯した時は本名を報道しないと、かえって潜在的にいくつかの問題を大きくするように思えます。
 昔ならいざ知らず、今の時代には合わないと思います。


<10月24日>
○メディアから一言
 24日付けのJCASTニュースによると、「テレビ朝日解説委員の玉川徹氏は「釘を刺しておきたい」として自己責任論を強く否定した。」そうな。

 具体的には「玉川氏は2018年10月24日の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)で、紛争地帯に飛び込むフリージャーナリストの役割の大きさを力説。」し、「「民主主義が大事だと思っている国民であれば、民主主義を守るために色んなものを暴こうとしている人たちを『英雄』として迎えないでどうするんですか」と主張した。」そうな。

 ・・・シリアなどの渡航禁止地帯に入ることと民主主義はいったいどういう関係があるのか理解不能です。
 ジャーナリズムということならまだわかるけど、「色んなものを暴こう」というのが民主主義を守る?意味不明です。
 民主主義の意味すらわからない人が解説委員をやってるテレ朝ってすごいですね。

 そもそも、テロリストにとって人質は商品であり、金と交換。そしてその金は結果として人を殺すために使われるのですよ。
 だからまず捕まってはいけない。捕まるような地域に行ってはいけない。
 どうしても行くというのなら覚悟が必要。
 だから安田氏自身が「自己責任」で渡航したのでしょう?

 だから、こういう意味不明な何が何でもお仲間擁護のおかしな人がメディアに出て身勝手な主張をするから市民はおかしい、と思うのですよ。
 だいたい、安田氏自身、「英雄」として迎えられたくもないでしょう。

 援護射撃のつもりで愚かな主張をして、わざわざ市民の反発を煽って、結果安田氏の立場を悪くしてどうするの? 
 左派系メディアの方は本当に市民感情からかけ離れているなぁ、と感じます。
 まだ市民をコントロールできると思っているんだろうなぁ。


<10月23日>
○メディアから一言
 つがる市の9月22日に起きた高杉祐弥容疑者の飲酒暴走による4名に対する事実上の殺人事件(交通事故とも言う)。

 ネットで被害者が中傷されているとの報道が10月22日くらいに朝日か何かで出て、それはひどいなぁと思ったら・・。

 東奥日報によると「(廣船淳さんと運転代行中の山田春治さん運転の)2台の軽自動車のうち、どちらかの運転手が酒気帯びだった可能性がある」とした青森テレビの報道が一因になったとみられる。」とか。
 「同社は22日夕のニュース番組で、報道について「誤っていました。おわびして訂正します」と伝えた。」そうな。

 青森テレビさん、デマが出回っているのに1月放置して、容疑者が逮捕されてからようやく訂正っておかしくないですか?

 当初はネットを叩こうと思っていたメディアもすぐにそういう記事を出さなくなりましたね。そういうことか、とようやくわかりました。

 いずれにせよ、ウラをとらないばかりか速やかに訂正をしなかったのは放送倫理上問題じゃないですか?
 事故の状況考えると、被害者に問題があるとなぜ考えたのかすら疑問ですが・・。


○メディアから一言2
 時事通信によると「麻生太郎副総理兼財務相が、不摂生を理由に病気になった人の医療費負担を「あほらしい」と指摘した知人の発言に「いいことを言う」と同調したことに関し、野党から23日、批判が相次いだ。」とか。

 で、「立憲民主党の長妻昭代表代行は記者団に「またかという感じ。生まれつきの体質とかいろんな人がいる」と批判。国民民主党の玉木雄一郎代表は「傷つく人がいるということに対して想像力を働かせる大臣であってほしい」と注文を付けた。」とか。


 相変わらず揚げ足取りというか話をねじ曲げても市民が誤解すると思っている野党。

 長妻先生、生まれつきの体質で「不摂生」な人間なんて地球上にいるんですか?

 健康に気を遣っているけど体質的に・・とか、病に倒れてしまった方とは全く別の話でしょう。

 メディアや野党は一部を切り取ったレッテル貼りでメディアを煽れば、市民はすぐだまされると思っているのでしょう
 
市民を馬鹿にするのもいい加減にすべき
だと思います。


○一言
 安田氏が解放されたとニュース速報。

 正直、夜11時にもなって記者会見を開く菅官房長官大変だなと思いました。


<10月21日>
○一言
 沢田研二氏のドタキャンの件。
 テレビの芸能人コメンテーター連中がほぼ沢田氏擁護というのが、非常に興味深いですね。

 まず、8割の入りだから7000人に迷惑を掛けるのは自由という発想は、さすがにアーティストの傲慢でしょう。
 これを例えばAKBとか、ジャニーズ系のアーティストがやったらフルボッコするでしょうに。
 めちゃくちゃだけどビックネームだったら許されるというのは、芸能界の縦社会のおかしな一面だと思います。

 次に(結局個人事業者だから、)何をやっても自己責任なんだから、直接被害を受けた人以外は批判する権利なしという主張。
 喩えて言えば飲食店で、何をやっても「文句があるなら来なくていい」という発想が許されるか、というのと同じです。

 ただこういう飲食店は当然「評判」として、批判されることを覚悟しているわけです。
 だから、批判できるのは当日のチケット買った人だけというのも論理のすり替えです。
 こういう発想が出る時点で、芸能界内部の「忖度」が明らかに働いています。

 過度の批判はするべきではないとは私も思いますが、今回の件は明らかに批判されても仕方がないと思います。やり過ぎという奴です。
 にもかかわらず、ファンの問題とかステージで謝罪したから許されるなど、世間(視聴者)の方向を向いていないコメンテーターたち。
 日頃の社会へのきつい批判はどこへやら。なるほど、テレビ離れの理由がよくわかると感じました。


<10月19日>
○一言
 19日の姫路での人身事故による新幹線の遅延について、朝日新聞ネット版は見出しで「東京駅で怒号も 東京―博多で新幹線が一時運転見合わせ」と掲げる。

 JRに落ち度がないのに「怒号が当たり前」のような阿呆な記事を書くのはいい加減やめるべきだと思います。

 むしろ本件では「怒号」を飛ばす奴を厳しく批判すべき。

 怒号を飛ばせば動くんですか?
 冷静に待っているほとんどの一般市民にとってうざいし、いらいらするしそういう阿呆の言動は百害あって一利なしなのですよ。

 なにより、サービス業に勤務する職員の気持ち、上から目線の傲慢な者たちが集う朝日新聞は全くわかってないでしょう?

 だからこんなアホみたいな見出しにするのだと思います。



○一言2
 BYKの免震装置の検査の数値の改ざん。これなぜもっと大きく取り上げないのか。
 了解を得たものから公表、といいますが、第一陣が官公庁中心であることが問題の深刻さを示しています。

 まず数値を改ざんしたものは速やかに交換しなければいけない。そこで生活なり働いている市民のためにも。しかし、第一陣はわずか70件。
 はっきり言えば、民間のマンションやビルなどで、資産価値の低下を恐れて、このことを公表せずにうやむやになるリスクがあります。

 メディアはスポンサーである不動産業の側に立つのか、そこに住んだり働いている市民の側に立つのか、メディアの本質を示すわかりやすい例ではないかと注視したいと思います。


<10月14日>
○一言
 消費税について。
 社会保障費を考えるとどう考えても上げざるを得ないのですが、景気の腰折れを主張する方は、ではいつ上げる機会が訪れると考えているのか。

 オリンピックによる消費増が想定される年の直前以外に上げる時期はないと思いますが。

 何でもかんでも先送りして目先の口当たりの良いことの結果が借金1000兆だとなぜわからないのか理解できません。

 憲法改正もそうですが、「時期尚早」と言いますが、そういう方には次の機会があるのか、と強く問いたいですね。


○メディアから一言
 例の旭日旗問題。
 朝日によると、「韓国南部・済州(チェジュ)島で11日に行われた国際観艦式で、7カ国の艦艇が軍艦旗を掲揚していた。韓国の軍事関係筋が明らかにした。」とか。

 で、「豪州、ブルネイ、カナダ、インド、ロシア、シンガポール、タイの艦艇がマストや艦尾に軍艦旗を掲げた。日本政府関係者によると、残る米国、インドネシア、ベトナムは、もともと国旗を軍艦旗として使っている。「国際法に裏付けられた海軍の常識から見て、降ろす選択肢はない」(防衛省幹部)という。

 韓国国防省は事前の通知で各国に、「中央マストに韓国と各国の国旗を掲揚してほしい」「艦首と艦尾には旗は掲揚しないでほしい」と要請。日本だけが返答していないと説明していた。このため、法律で艦尾に旭日旗の掲揚が定められている海自は、自衛艦の派遣を断念した。」とか。

 朝日にしては実に公平な記事。記事執筆に関係した牧野愛博、古城博隆、竹下由佳各記者グッジョブです。

 10カ国中7カ国が軍艦旗を掲げ、残りの3カ国は国旗が軍艦旗(笑)要するにすべての国が韓国の要請を事実上拒否したわけで。
 韓国の要請がいかに非常識かを各国が証明したようなものです。

 旭日旗がどうこう言って韓国の立場を考えろとか非常識なことを言う不勉強メディアは猛省していただきたいものですね。

 しかも、同記事によると「韓国海軍は、文在寅(ムンジェイン)大統領が演説した艦艇のマストに、豊臣秀吉の朝鮮侵略で豊臣軍を撃破した李舜臣将軍が使ったものと同じデザインの旗を掲げた。韓国側は自国の国旗と韓国の国旗だけを掲揚するのが原則と通知しており、日本政府は外交ルートを通じ、国旗以外の旗を掲げたのは「極めて残念だ」として抗議した。外務省幹部が明らかにした。」そうな。

 自分の通知を自分で破るどうしょうもない国です。これが韓国なんですよ。
 ましてや16世紀の戦闘時の旗を誇らしげに掲げるって、アホですか。中世国家ですか?
 スペインが無敵艦隊時代の旗を掲げますか?イギリスがネルソン提督の旗を掲げますか?

 こういう幼稚な中世国家は相手にせず、国際常識に基づき毅然とした対応を取った今回の政策は全く正しいと思います。


○メディアから一言2
 そういった意味で、11日付けニューズウィーク日本版で「日韓を引き裂く旭日旗の呪縛」という記事を書いたグレン・カール氏も、韓国に騙されているのでしょう。
 特に「韓国人にとって旭日旗は20世紀前半、特に第二次大戦中の日本による支配を想起させる存在だ。何世紀にもわたり近隣の大国、中国と日本に翻弄されてきた歴史ゆえ、韓国が「被害者意識」をアイデンティティーの一部とし、かつての支配国に反感を抱いている側面もなくはない。」というのは明確に誤りですね。

 なぜなら、1998年も2008年も旭日旗を掲揚して韓国の観艦式に参加し何の問題にもなっていませんから。

 ここ最近急に「戦犯旗」なる意味不明な用語を使い始め、「(2010年ころから)韓国人の心を傷つける(笑)」ようになったプロパガンダに乗せられてしまったことについてグレン・カール氏はジャーナリストとしてどう考えるのでしょうか?

 プロパガンダだけはうまい国家なので、日本はこの情報戦に負けないように戦わないといけないと思います。


○メディアから一言3
 スポーツ報知によると、「2015年に落語・立川一門を脱退した桂文字助(72)が12日放送のTBS系「爆報!THE フライデー」(金曜・後7時)に出演し、「おいらは病気したって死にはしない。死んだ方がかえって面白いよ」と言い放った。」とか。
 「師匠の死後、生活が乱れ、生活保護を受けながらも「酒浸り」で今は入院している」とか。

 ところが、「立川志らく(55)は「乱暴者でおっかないけど、でも粋が心情なんですよ。落語に出てくるキャラクターみたいに。」とか。
※原文ママ。「身上」?

 生活保護で入院ということは、入院費も無料でしょうから、税金いくら使われていると思っているんですか?
 少なくとも、他人の金で酒を飲み、入院生活を送っているのは「粋」でも何でもないでしょう。
 例えば文化文政時代の「粋」は自分またはパトロンのの金でやっている人たち。いずれにしても自分が稼いだ金で好き勝手やっているのです。

 生活保護を受けながら、好き勝手やっている人など「粋」でも何でもないし、そういうふうに肯定しては絶対にいけないと思いますけど。
 まじめに税金や社会保険料払って、節約しながら病院に行かない(保険料をただ払っているだけの)市民のこと少しは考えてほしいものですね。
 好き勝手やって生活保護を受けている人間より、一生懸命働いている普通の市民の方がよっぽど(人生の)「通」だと思いますよ。
 私は家族と一緒に、平穏無事で楽しく暮らすことって結構大変だと思いますから。

 この報道が事実なら、立川志らく氏って、「辛口」でメディアに出ていますが、「水に落ちた犬」を打っているだけで、結局身内に甘いのは最悪だと思います。


<10月9日>
○一言
 9日付け毎日によると、同日の故翁長前知事の県民葬で「菅官房長官は安倍晋三首相の追悼の言葉を代読し、「翁長前知事は沖縄に基地が集中する状況を打開しなくてはいけないという強い思いを持っていた。現状は到底是認できず、基地負担の軽減に向けて確実に結果を出していく」と述べた。だが、移設を進める政権への反発は強く、参列者から「うそつき」「帰れ」と怒号が飛んだ。」とか。

 移設反対派は非常識な人間の集まり、と誤解を招くので「こういうのは移設反対派ではない」としっかり批判するべきだと思います。

 当たり前ですが、人間の常識として葬儀の場で罵声を飛ばすなどあってはならないこと。抗議したいなら例えば会場入りの時とかにすれば良いだけでしょう。また、どうしても許せないのなら、県民葬への参加を拒否するべきなのです。

 さらに言えば、「うそつき」というのは事実を曲げています。
 安倍政権下では西普天間住宅の返還や北部訓練場の返還など、負担の軽減を実現しているのが事実です。
 「最低でも県外」と口当たりの良いことだけ言って何もしなかった鳩山政権とは全く違います。
 特に菅官房長官は政権内でも努力をしてきた人。その方に罵声を飛ばすのはちょっとあり得ない。

 要するに、「沖縄県民の気持ち」と言えばどんな非常識なことでも許されると思っている人はまともな人ではないと思います。
 まともじゃない人を取り上げて、沖縄県民の気持ち、と報道するのが果たして適当でしょうか。

 同じ思いを持っていても、葬儀の場であることを踏まえ沈黙していた多数の方がいらっしゃるであろうと考えるからです。
 逆に言えば、沈黙していた方々が政府の政策に全面的に賛成しているわけではないでしょう。

 葬儀の場の礼儀の問題と沖縄県民の思いは別問題であり、本件は、故翁長氏を悼むより政治活動を優先する非常識な人間が移設反対派に潜り込んでいる異常な状況を示すものだと思います。


<10月8日>
○メディアから一言
 北海道新聞によると、「コープさっぽろ(札幌、組合員数170万人)は6日、札幌市内で理事会を開き、胆振東部地震による大規模停電(ブラックアウト)で発生した損害の賠償を北海道電力に請求する方針を固めた。食品廃棄による損害は9億6千万円に達しており、取引先の企業、団体と連携し、近く北電に賠償請求の書面を送る。道内の流通大手がブラックアウトによる損害賠償請求に動くのは初めてとみられる。」とか。

 具体的には、「北海道新聞の取材に対し、大見英明理事長は「今回の停電は人災ともいえるものだ。その分は、電力会社に責任がある」として、北電への賠償請求が必要だと判断した。地震により損傷した苫東厚真火力発電所(胆振管内厚真町)への電源の偏りを念頭に、「大規模電力を一極集中させたことで事故リスクが高まった」と主張。損害賠償の請求を通じて、電源の分散化を求めるなど電力供給のあり方についても、問題提起したい考えだ。」とか。

 補足ですが、10月7日付けリアルエコノミーによると「コープさっぽろは、今回の地震や停電によって明らかになった課題に対応するため、非常用電源の確保や冷凍物流の自前化など対応策をまとめており今後、順次投資して整備していく。コープさっぽろは、地震や停電時の商品廃棄に伴う損害保険に入っておらず、2016年3月期から進めている累積損失の解消を目指した再建計画に影響を与えそうだ。」とか。

 うーん。これが事実だとしたら、コープさっぽろアホだろうというところですね。

 まず、大規模電源の分散化。反原発をアピールして泊再稼働に反対していたのはコープさっぽろ自身でしょう。
 ましてや、新たな大規模火力など、用地買収、環境アセス、住民理解、そして建設にどれだけ時間かかるかわかっているんですかね。まともな主張ではない。パヨク団体でないのなら、おかしなことを言わない方が良いと思いますが?
 
 次に電源の分散化を再生可能エネルギーというのなら、最も需要が高まる冬に太陽光が役に立つと正気で思っているのでしょうか?北海道の冬は毎日晴れが続くような関東と同じ風土なのかな?(すみません嫌みです)

 なにより、自家発も置かず、損害保険にも入っていないのはコープさっぽろの致命的なミスであり、本来コープさっぽろの経営陣が責任を取って辞職するくらいの事案でしょう。

 それを北海道電力に転嫁することで、自分たちの責任を逃れようとしているようにしか見えませんが。

 いずれにしても、訴訟するのは自由ですが、停電というのは普通に起こりうるし、仮にそれを回避するために必要な措置をとるために電力料金が跳ね上がっても当然、ということでいいんですかね?
 左巻きの方って、なんで無理な要求を当たり前だと思うのか、正直理解に苦しみます。


○一言
 中韓系団体による慰安婦像の設置について、大阪市より再三抗議されていて無視をしてきたサンフランシスコ市が姉妹都市を打ち切られたとか。

 ところが、言うに事欠いて、今更サンフランシスコブリード市長(女性)が「一市長の判断で一方的に解消することはできない」とか言い出したそうな。
 その言葉、そのままそっくり返します。中韓系移民の支持を受けた一市長が歴史を確認せずに日本を貶めるようなことすることが原因です。前市長に至っては明らかに意図的でしたしね。
 では、大阪市に「黒人奴隷を鞭打つ米国人像」を建てても平気なんですね?という話。こっちは厳然たる歴史的事実ですけどね。

 関係ない米国の市が、日本と中韓の外交/歴史問題に介入すること自体全くおかしな話なのですよ。
 本当に「性奴隷」か、少し歴史を勉強してからいった方がいただきたい。

 反日都市サンフランシスコ。中韓人が人口の3割を占め、もはやアメリカではありません。
 いや、変質した21世紀のアメリカを象徴しているというべきなんでしょうね。トランプの出現もむべなるかなということでしょう。


<10月6日>
○一言
 韓国の観艦式での自衛艦の旭日旗掲揚の問題で、韓国の反日政党や反日団体が「戦犯旗」と気勢を上げているとか。
 これに押されて韓国政府が掲揚自粛を事実上強要、日本は拒否し、結局艦艇の派遣を中止したとか。

 当然ですね。だいたい1998年、2008年では問題にならなかったことがなぜ今年だけ韓国市民の心を傷つけるのか。

 慰安婦像も、最近の徴用工問題そして旭日旗問題も実は21世紀になって騒ぎはじめた問題。朝日も毎日も日本の新聞なら少しはこのおかしな状況を批判するべきだと思いますが。

 正直言って、2000年からもう20年がたとうとしているのに、条約で解決済みの話を解決していないとか、ここ2,3年で「戦犯旗」などという意味不明な単語を突然言い出して今頃叩くという被害者商法にはもうつきあっていられません。

 韓国の方は日本をほっといてほしいのですよ。こっちは韓国を比較対象だと考えていないので。
 今回の件で言えば、招待しておいて、難癖つけるなら最初から招待しないでほしい。

 めんどくさいんですよ。そんなに日本がお嫌いなら観光にも留学にも来ないでほしい。


 韓国市民の感情がどうこう言うのなら、日本市民の感情も少しは考えるべきなのですが、考えない時点で傲慢というか被害者商法なんですよね。

 いずれにせよ、日韓関係が悪化して喜んでいるのは北朝鮮。実際に本件でも、もっと厳しく行け、と煽っていたようですから、北朝鮮プロパガンダは濃厚ですね。

 
バカだなーと思うのが、米国や中国(ロシア)が北朝鮮と関係構築する中で、日本を敵に回したら、韓国は誰を頼るつもりなんでしょうね?
 北朝鮮の巧妙な外交(とプロパガンダ)により、実は孤立していることに気づかない韓国政府や日本を叩く市民はおめでたいと思います。

 
日本人だって、意味不明に批判されれば怒るし、嫌韓になるのはあたりまえ。そんな当たり前のことを理解できない国とはつきあっていられません。


<10月5日>
○一言
 もう駅伝シーズンですね・・今年も早くもあと3ヶ月ですか。

 出雲駅伝。早稲田はルーキーの思い切った走りに期待したいですね。個人的希望は
 中谷→千明→清水→半澤→吉田→太田

 でも相良監督だと上級生優先で
 中谷→新迫→太田→小澤→吉田→清水
かなぁ?小澤は洋平(鈴木)とかぶる感じがありますしね。失うものがない出雲こそ1年生を試してほしいものですが・・。
 ともあれがんばれワセダ!


<10月4日>
○メディアから一言
 メディアの特異性を示すのが、沖縄県知事の初登庁報道です。メディアにもよりますが県庁職員だけでなく、「市民も拍手でで迎え」などと報じられています。

 例えば、右寄りの知事が就任して、その支持者が出迎えたら、果たして「市民」と報道してくれるでしょうか。

 政治信条によって、その集団が「市民」であったりなかったりするという偏った報道姿勢は大いに疑問を感じます。


○一言
 今回というか翁長氏の時から感じますが、「ウチナーンチュ」という言葉がよく使われるようになり、本土の人間は沖縄を見下している、足蹴にしている的な主張が強くなっているように感じます。
 安室さんの引退の件でも明らかなように、本土の人間は一般には沖縄だから、とか意識すらしていない。同じ日本人だと思っています。
 だから、最近の「ウチナーンチュ」を強調するナショナリズム的な煽動報道や政治の動きにすごく違和感があります。

 基地問題は、できることを進めていくということでまず米軍用地の返還と普天間の危険除去を最優先にしていると思います。
 実際に、北部訓練場の一部や西普天間住宅などの返還がなされています。こうした返還は口だけの鳩山内閣なんかよりしっかり実現しています。

 普天間即時返還、辺野古反対、といって実現するなら安倍内閣はすぐにそれを言うでしょう。でもそう簡単ではない。中国が沖縄県に軍事的恣意活動をしていたり、つい数ヶ月前まで北朝鮮がミサイルを発射していたなどの国際情勢もあります。
 だから、ベストではないけどベターの策として、普天間基地を返還/辺野古基地へ移転という政策が十何年も前から進められているわけで。

 ですから、普天間の危険を除去するために何が最善かをまずは考えるべきだと思います。差し迫っているリスクだと思いますから。
 それを「辺野古新基地許さない」→「ナイチャー」の横暴だ、県民を愚弄しているというふうにナショナリズム的な発想とリンクさせる活動は理解ができません。

 ほとんどの市民はいわゆる「ナイチャー」ではありません。沖縄県民も含め日本国民として、ない知恵絞ってできることを進めていくと一生懸命考えているのです。もちろんそれが、不十分だとの抗議の声は甘んじて受けざるを得ません。
 しかし、「ナイチャー」が「ウチナーンチュ」を差別してめちゃくちゃやってくるとレッテル貼ったら、嘘が真実となって不信感だけが募り、物事は何も進まなくなると思います。
 翁長知事の問題はそこなのですが、玉城知事がそれを継承するなら、ただただ感情的不信の道を進むばかりです。

 沖縄のメディアや政治は、何が目的でそういったナショナリズム的な煽動をしているのか、理解に苦しむところです。


○メディアから一言2
 報道ステーションでノーベル平和賞の最有力候補に金正恩氏(と文氏)が挙げられているとわざわざ報道していました。

 ついこの間まで弾道ミサイルを撃ちまくっていた人が、「平和を目指す」と言っただけで事実上何も変わっていないのに、ノーベル平和賞もらえるならノーベル平和賞はもう何の意味もないと思います。
 喩えて言えば、銃撃っていた危ない隣人が、「もう撃たない」と言って銃撃つのを数ヶ月やめただけで「平和な市民の鏡」と誰が思うでしょうか?

 報道ステーションは正気で金正恩氏が適切だと思って報じたのでしょうか?だとしたら北朝鮮の平和プロパガンダを鵜呑みにして市民を騙すお花畑のアホメディアとしか言いようがありません。


<10月2日>
○メディアから一言
 時事通信によると、第4次安倍改造内閣の発足に当たって野党は、「「閉店セール内閣」(小池晃共産党書記局長)などと批判を強めた。」そうな。

 赤い小池はおバカさんなのでしょうか?日本共産党幹部にあるまじき知性のかけらもないアホなレッテル貼り。
※下っ端レベルでは、政策よりバッシングという異常な人はいます、ハイ・・。でも本来はインテリ派が理路整然と批判するのが日本共産党だったはず。

 具体的には、「小池氏は記者会見で「見飽きた顔と見慣れない顔をかき集めたインパクトのない布陣だ」と切り捨て、社民党の又市征治党首は「反省のない、友達重視内閣だ」と断じた。」とか。

 見飽きた顔と見慣れない顔以外ってほかに何があるのですか?
 留任大臣を見てお友達内閣、新人大臣を見て閉店セールとかいうのなら、単に悪口を言いたいだけでしょう赤い小池さん。
 いずれにしても、こんなレベルの非論理的な発言を日本共産党幹部がやるとは世も末ですね。
 日本共産党は、社民党レベルに堕したということですかねぇ・・。


<10月1日>
 自衛隊の旭日旗でまた韓国が騒いでいるようで。

 最大の疑問が、直接の交戦国で多大な死傷者を出した米国やその他諸外国が問題視していないのに、なぜか韓国だけが「戦犯旗」と騒ぐ。

 そもそも、戦犯旗とは何なのか。

 日本を戦犯国として永久認定するという恐ろしい発想だからこそ日本は引けない、ということをメディアは少しは報道してほしい。

 ポイントは、世界の企業の製品の旭日旗類似のデザインですら猛烈に攻撃するのになぜか旭日旗の朝日新聞の社旗には抗議をしないこと。

 実に珍妙ですよねー。慰安婦で虚偽の報道をして日本を貶める朝日新聞だけがOKというところでその意味がわかりますね。

 要するに真に「市民を傷つける」ではなく、政治的な戦術であることは明らかだから戦わないといけない

 韓国政府が旭日旗を戦犯旗と本気で言い、類似のデザインさえ許さないなら、お得意の猛烈な抗議で朝日新聞の社旗を変えさせてからものを申していただきたいと思いますね。

 日本ナメルナ。


<9月29日>
○メディアから一言
 産経によると、「埼玉県深谷市が管理する施設で開かれた秋祭りでボランティアに怒られ、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症したとして、女児(9)が市に約190万円の損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(戸倉三郎裁判長)は、女児の上告を受理しない決定をした。女児の逆転敗訴とした2審東京高裁判決が確定した。決定は25日付。4裁判官全員一致の結論。」とか。

 具体的には平成26年に「女児が輪投げゲームの会場に置かれた袋から景品の駄菓子を取り出したところ、ボランティアの高齢男性から注意された。近くにいた父親が駆けつけ、謝罪を求めて男性と口論。その後、女児はPTSDと診断された。」そうな。

 で、「1審東京地裁判決は「男性に大声で注意され、口論を見たためにPTSDを発症した」として男性の過失を認め、使用者責任に基づいて市に約20万円の支払いを命じた。
 一方、2審は「景品の駄菓子を勝手に取ろうとした女児を注意したのは社会通念上、全く正当」と指摘。「親として謝罪すべきなのに、道理に反して男性に謝罪を求め、警察に通報するなどした」とし、女児の請求を退けた。」そうな。

 メディアは珍妙な判決により市に無駄な負担を負わせた東京地裁の裁判長を厳しく批判し、社会正義とは何かと健筆をふるわなくてはいけないでしょう。なぜ産経以外取り上げないのか。

 そもそも、自分の娘がものを「取った」ので注意されたのに、父親が謝罪を求めること自体おかしい。日本人なのか疑います。
 次に、口論の結果PTSDになったのは当然父親の問題であり、市側に使用者責任を認めるのはナンセンス。

 この一審判決が確定すれば、子供が窃盗行為を犯しても注意した方が悪いことになります。まさに社会秩序の危機ですよ。

 
あるいはめんどくさい人には税金から金を支払わせて、不当な要求には黙っていろとでもこの裁判長は言うのだろうか?
 
他国は知りませんが、ごね得は絶対に許されません。

 誰ですか、この非常識な裁判長は。



○メディアから一言2
 関西テレビによると「朝鮮学校の高校授業料無償化をめぐる裁判について。一審の大阪地裁では、朝鮮学校を無償化の対象とするよう義務付けたのに対し、27日、大阪高裁は、一審の判決を取り消し、無償化対象を求める学校側の訴えを棄却しました。
【支援者の声】
「えーうそ!」
「この国はまともか!」
「ゆるさなーい!」
一審の勝訴から一転、「不当判決」との知らせに涙を見せる生徒の姿もありました。」とか。

 そもそも、おかしいのが、差別問題や民族のアイデンティティ、学ぶ権利と結びつけること。
 まず、韓国の学校には無償化が認められています。つまり、朝鮮民族差別でもなく、朝鮮民族のアイデンティティの否定ではありません。
 次に学ぶ権利という意味でも、学ぶのは自由。無償化しないと学べないなら、朝鮮学校に通っている人は母国(北朝鮮)から奨学金を受けて通えば良いだけの話。
 財政に余裕があるならともかく1000兆もの借金を抱えるのに外国人にサービスをしている無償化法自体がおかしいのですよ。

 だいたい在日朝鮮人でも韓国人でも共働きでがんばって一定の収入を得ている方は無償化の対象外であること知っていますか?彼ら彼女らは差別され、アイデンティティを否定され、学ぶ権利を奪われているのですか?
 バカも休み休み言っていただきたい。

 ごねれば金を出すというのはここらで断ち切ってほしい。毎週金曜日の夕方、文科省前で多数で声をそろえて威圧的な抗議活動をする暇があれば、裁判に時間を掛ける暇があればバイトして金を稼いではいかがか。
 私が外勤の時初めて見たときの威圧的な声をそろえた活動はカルト宗教のように感じました。一度見ていただければ多分皆さんも同じ感想を持つのではないかと思います。

 いずれにせよ、過度の権利を求める外国人に「この国はまともか」とか言ってほしくないし、「許さない」なら、どうぞ「地上の楽園」に帰っていただきたいと思います。

 日本人の生活だって楽ではないのに、外国人が日本の税金をもっとよこせという主張は、全く受け入れられないと思います。


○メディアから一言3
  毎日新聞によると、朝鮮学校への高校無償化要求への高裁判決について、「高校無償化は教育の機会均等を目的に導入されたが、朝鮮学校は8年間にわたって除外されてきた。生徒らは日朝関係や政治の思惑に翻弄(ほんろう)され続けている。」という。

 そもそも、民主党政権の負の遺産である高校無償化。この用語自体が間違っています。
 その負の遺産を正したのはほかならぬ安倍政権であり、所得制限を導入することにより、税金負担を減らしたのです。
 例えば、我が家では、子供が通っていた高校に授業料きちんと納めていました。いまや完全無償ではないのですよ。
 最近一般的になりつつあるフルタイム共働きの世帯はほとんど無償化法の対象外。これ、きちんと報道していますか?

 となると、朝鮮学校に通う人の中で収入が少ない人に無償化するかということなのですが。
 なぜ日本を敵視する政策(1年前はミサイルを撃ってきていた国)をとる方の学校に通う方に日本人の税金でサービスしなければいけないのですか?という話。

 日朝関係や政治の思惑に翻弄されていたのではなく、北朝鮮が一方的に日本に敵対的な態度を取っているのです。毎日新聞や記事を書いた遠藤浩二記者はなぜ北朝鮮を問題視しないのか。反日記者ですか?


<9月27日>
○一言
 新潮45の廃刊の件に併せ一連のLGBT差別という主張への感想。

 まず間違っていると思うのが、LGBは他者への嗜好の問題であり、Tは自らに関する精神的違和感。これをまとめて語るのはおかしい。

 次に、生産性がない→税金を投入すべきではない、という杉田論文の件。
 「生産性がない」という面ばかりクローズアップされたのでおかしくなっていて。私は論文の基本は税金投入と見ます。
 言い換えれば「なぜLGB」のために税金を投入する必要があるのか、を冷静に議論することが求められていたのだと思います。

 つまり、「「杉田氏の生産性はない」は言い過ぎとして・・」というふうに前置きとして利用して、税金投入の必要性について議論が進めばそれは皆さんにとってに良い方向に行ったはず。
 ところがなぜか、差別だ、こういう発言をする議員が辞職せよというこれまた極端なことを言う人たちが全面に現れて。

 しかも、そういう方々のデモで天皇制反対とか、安倍辞めろとか全く関係ないプラカードを掲げる「支援者」がいるのも市民から誤解される大きな要因だと思います。LGBの市民への理解に天皇や安倍は関係ないし。

 メディアは杉田議員叩きで今回の件を利用していますが、LGBの皆さんにとってみれば、メディアに悪用され、政治的圧力集団と思われたのは大きなマイナスだと思います。
 ここは一つ冷静になって、一般市民に理解を求めるという観点で、政治的にメディアに利用されるところから距離を置くべきだと思います。


○メディアから一言
 25日付けテレ朝ニュースをみると、伊方3号機の運転再開を認める判決の直後、スーツを着た男性らが「この決定は歴史に断罪される」「ヒロシマの被爆の危機ふたたび」と印刷された垂れ幕を披露。

 事前に印刷された垂れ幕でアピールって、政治臭がぷんぷんしますね。
 私こういうの一番嫌いです。市民と称して政治的主張をするイデオロギー集団は民主主義にとって危険だからです。
 反原発の政治集団だと堂々と言うべきだと思うのです。それはそれで良いと思うんです。
 賛成と反対が自らの立場を明らかにして議論することこそ民主主義なのですから。
 にもかかわらず、政治の色がついていない「市民」を称するのか。ここに嘘があるから反原発の訴訟は嫌いなのです。
 民主主義を破壊する政治的集団がちらつくからです。


○メディアから一言2
 産経によると、「日本相撲協会を退職する意向を表明した貴乃花親方(元横綱)の代理人を務める石原修弁護士が27日、東京・両国国技館を訪れ、同親方の退職手続きを進めるための書類を提出した。芝田山広報部長(元横綱大乃国)は再度、書類の不備を指摘して再提出を求めた。

 不備があるとされたのは、弟子の移籍に必要な所属先変更願。貴乃花親方が署名、押印した書類のコピーに、弟子の受け入れに応じた千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)が署名、押印した文書が提出された。」とか。

 この時点で、相撲協会に却下させることにより、相撲協会のイメージを悪化させようとする弁護士の戦術が見えているのですが、なぜどこも報道しないのでしょう?

 理由は簡単で、署名捺印した書類が必要な場合、コピーなど、受け付けられるはずがないのは社会人なら誰もがわかることでしょう。

 ましてや弁護士がついているのですから、必要な書類の確認をし、適切に提出させるのは義務。それをやらない時点で弁護士の戦術以外の何物でもありません。

 メディアは相撲協会ぶっ叩きですが、貴乃花側もこうした弁護士の戦術など、怪しい部分も多いこと、なぜメディアは報道しないのか・・。
 個人的には、貴乃花が普通の人なら、弟子の移籍先などすべて整理してから辞める、というのが上に立つ人間として当たり前のことだと思いますが、その点の大きな問題点をなぜメディアは批判しないのか不思議でなりません。

 常識的に現役力士ファーストであるべきだと思いますけどね・・。なぜ貴乃花に限っては親方ファーストなのかな?


<9月25日>
○メディアから一言
 24日付け朝日によると、立憲民主党の枝野代表が新潟県の講演でこう言っていたそうな。
 「日本における最大の機関投資家は、日銀まで含めれば政府です。政府が最大の株主である国って、社会主義じゃないですか。安倍さん、日本を中国にしたいんじゃないかと思います。社会主義化をさせているとしか思えない。」

税金を納めていただいて、再分配されて、所得の低い人たちの所得の押し上げに使われ、安心感につながれば、結果的に消費が増えてまたもうかる、ということを説明をしながら、税制を抜本的に変えていく方向に進めていきたい。」とか。

 バカですか?社会主義?むしろ立憲民主党が目指しているのは社会主義でしょう。だったら安倍政権全面支持では(笑)
 国営企業を統治して経済を動かし、監視カメラで市民の自由を拘束する共産党独裁政権と一緒にすることがナンセンス。

 だいたい、「税金を納めていただいて、再分配されて」なんて言いますけど。
 その税金が十分でないから、借金(国債発行)しているんでしょうが。頭おかしいんですか?

 税金の無駄遣いとかありもしない埋蔵金とかでどうこうなる次元でないことは民主党の事業仕分けでも明らかだったのでは? 

 だったら立憲民主党は消費増税賛成してくださいよ。反対なら、金をどこからひねり出すのか明らかにしてほしい。

 はっきり言えば、1000兆の借金はかなりの部分「高齢者世代がおいしくいただきました」という話なのですよ。
 その借金を現役や次世代が返済しないといけないこの不条理への怒り、高齢者世代の枝野氏には絶対わからないんだろうなぁ。

 せめて消費税増税で高齢者も少しは負担しろや、という現役の感情、わからないかなぁ?


<9月24日>
 24日付け日刊スポーツによると負け越し決定で「福良監督は「(今季負け越しは)全部自分の責任やないですかね」と厳しい表情で話した。」そうな。

 残念ながらその通り。福良監督を擁護するオリックスフロントは頭がおかしいと思います。

 いわゆる謎采配が非常に多いのが最大の特徴。
 例えば、今日2割2分の若月に代打。出てきたのは打率1割2分の小島(出塁率の1割8分、本塁打ゼロ)
 若月は今日は2安打打って当たっているのに、本塁打も期待できない1割バッターを代打で出すバカな監督いますか?
 
若手の起用ならまだわかりますが、小島は31歳。脚を生かし切れず、言いにくいですが、残念ながら戦力外の方だと思います。
 そういう方を大勢が決まった現状で起用するのは全くの理解不能・・というか思い出作りでしょうか?

 前回の試合では
0-5で負けていて、左腕の山田を起用。中継ぎ左腕が1人しかいないのに。
 
貴重な中継ぎ左腕を勝っていても山田、負けていても山田、のような異常な登板回数で投手を潰そうとするバカな監督は福良監督以外には阪神の金本監督くらいでしょう。
 同様に勝っていても負けていても吉田一、引き分けでも大差で勝っていても黒木、山本、増井という
ワンパターン起用ででブルペン陣を壊していました。

 
まともな代打起用もできず、目先の勝利のために投手を次々と使って酷使し、潰す。福良監督と高山ピッチングコーチは絶対に辞めていただきたいと思います。


<9月23日>
○一言
 世界柔道をフジで見ていますが、インタビュアーの松山三四六氏が素晴らしい。
 駅伝で言えば松野明美さんをインタビュアーにした感じで、涙に暮れる選手には無理にインタビューせず、背中を叩くなど、自身が超有力選手だった経験を生かしたアスリート愛があふれていて、素晴らしい。

 彼のインタビューやリポートを聞くと、オリンピックでインタビュアーとして定番の女子アナの起用はやめてくれ、と改めて思います。
 彼のようなアスリートファーストで、競技に詳しいプロを起用してほしいと強く思いました。


○メディアから一言
 産経によると、「米サンフランシスコ市が公共物として受け入れた慰安婦像と碑文が設置されて1年となった22日、設置を主導した「慰安婦正義連合」(CWJC)が集会を開催した。地元市議のほか日本や中国からも支援者らが参加して「日本は謝罪しろ」などとシュプレヒコールを上げ、周辺をデモ行進した。
集会には大阪で女性問題に取り組むグループなどが参加し、「慰安婦の歴史を否定する大阪市、日本政府と戦っていることをたたえる」としてCWJCから感謝状の贈呈を受けた。」とか。

 「グループを代表して山原和子さん(73)が「安倍晋三首相や吉村市長の言動を見たり聞いたりするにつけ、市民として恥ずかしく、いたたまれない気持ちでやってきた。彼らの言動に多くの市民が必ずしも賛成していないことをお伝えしたい」と訴えると、会場からは拍手が起きた。」

 とりあえず、事実をゆがめて反日活動をするのは本当に日本人なのだろうか?
 中国などの事実を曲げた主張を支持して感謝状もらえて喜んでいるのですから、そういうことなのでしょう?
 ちなみにサンフランシスコ渡航費は誰が出しているのかなぁ?


<9月22日>
○メディアから一言
 21日付けBBCによると「ラグビーの国際統括団体ワールドラグビー(WR)は、2019年9月に日本で開催されるラグビー・ワールドカップ(W杯)の出場選手にタトゥー(入れ墨)を隠すよう指示する方針だ。
日本では、入れ墨は長く暴力団と関連づけられてきた。タトゥーをしている観光客は伝統的な温泉地への立ち入りを禁じられることもある。
選手らは、ジムやプールを利用する際に上着を着るよう求められるという。」とか。

 ここで重要なのは、報道したことがBBCであり、また同紙が報道する各国の反応です。

 「WRのW杯責任者アラン・ギルピン氏は、これまでこの方針に対して各国チームから反対意見は出ていないという。
「1年ほど前にこの議題を取り上げたとき、苛立ちの反応があると思っていたが、今のところ全くない」とギルピン氏は説明した。
選手たちに理解してもらうため、我々は昨年、各チームと様々に取り組んだ
(中略)
 ニュージーランド代表「オール・ブラックス」は、選手たちがこの方針に従うつもりだと明らかにした。代表選手の多くは腕全体や上腕部にタトゥーが入っている。
ニュージーランド・ラグビー協会のナイジェル・キャス戦略・執行最高責任者はニュースサイト「スタッフ」に対し、「国外試合では、各地の習慣や文化を尊重するよう努力している。今年と来年、日本を訪問する時もそれは変わらない」と語った。」と。

 日本では江戸時代は罪人に入れ墨がなされ、また公衆浴場での入れ墨の方禁止は暴力団等による威圧的なものが原因。

 この対応一つとってみても、TATOOなどわざわざ英語で言って、入れ墨を認めろという意見が「国際化」というのがいかにばかばかしい議論かわかりますね。

 国際化とは何か。グローバルスタンダードとそれぞれの地域の文化を両立させることであり、欧米の常識を受け入れて「海外では」とか言う浅い主張をすることではないのです。


○メディアから一言2
 産経によると「自民党の石破茂元幹事長は21日、麻生太郎副総理兼財務相が石破氏の総裁選での得票をめぐり「どこが善戦なんだ」と発言したことを受けて、「党員の45%が(自分を)支持したのはすごいことだ。『善戦ではない』というのは党員の気持ちとずれが起きているのではないか」と反論した。都内で記者団に語った。」そうな。

 完敗したのに、意味不明に思い上がっている石破氏ってゆとり世代ですか?甘すぎます。
 関ヶ原に負けた石田三成はどうなりました?大坂であなた以上に大善戦した真田信繁(幸村)は命がありましたか?

 メディアもさぁ、こういう覚悟のないバカな政治家のごたくを取り上げるのやめろよ、と思います。
 はっきり言えば、党員票は石破支持なのですか?安倍批判票ではないのですか?
 安倍批判票であれば安倍総理がそれを踏まえて政権運営をしっかりやれば良いだけのはなしです。石破氏がぐだぐだ言う筋合いではありません。

 ましてや同記事では「石破氏は「純粋に党のため日本のためを思ってくれる人が半数近くいる。現れた結果を冷静に謙虚に見る姿勢は常に問われることだ」と麻生氏を皮肉った。」とか。

 石破氏は安倍総理へ投票した人は「純粋に党のため日本のためを思っていない人」というわけですか。これはとんでもない主張です。

 
正直危険な政治家だと思います(自分を支持する者以外間違いという独裁的政治家)。メディアはなぜ叩かない?



<9月20日>
○一言
 今回の総裁選の結果は、ポスト安倍とは無関係だと考えます。単に安倍批判票が石破氏に流れただけだからです。
 もっとはっきり言えば、今のままでは石破氏に次はない。

 理由は簡単で、近年では国際的な感覚やパイプがない人間は総理の器ではないからです。
 石破氏以外のポスト安倍と想定される岸田氏、河野氏(甘利氏)が対外関係の閣僚を経験しているのを考えれば違いは明らか。

 総裁選での主張も石破氏は外国との関係の言及は(報道の範囲では)ほぼゼロ。この時点でポスト安倍の器ではないのです。
 石破氏を持ち上げ続けた朝日や毎日は、「善戦したからポスト安倍」という軽薄な主張ではなく、国際感覚を次の総裁選までに養ってポスト安倍を目指すべき、と叱咤激励しないといけないのですよ。
 それをやらない時点で、パヨクから反安倍の象徴として踊らされた石破氏、という構図が浮き彫りにされると思います。

 ちなみに小泉進次郎氏については、そういう観点から、外務省や経産省の政務三役に起用されるかが注目されると思っています。


○一言2
 今回の総裁選の結果は、誰もが自分たちの主張に対し都合良く解釈をできるという点から見ると、絶妙なバランスだったと思います。

 例えば、安倍批判派にとってみれば、20名弱の造反や地方得票数など、「1強批判」など批判票が多かったと主張できます。
 他方、安倍支持派から見れば、20名程度の造反は変数ですし、石破氏の地方得票率は前回の獲得割合より大きく減らした、と主張できます。

 ので、総裁選の結果報道が安倍政権への賛否の度合いを見るリトマス試験紙になると思います。

 例えば、朝日新聞が猛烈に煽った見出しを掲げているのを見て、強酸性(編集部は安倍を潰せ、と偏向報道に拍車を掛けているんだろうな)とわかって・・いや、あまりにもわかりやすくて滑稽です。


○一言3
 韓国の文大統領。
 マスゲームに動員された方々などが非生産的であることに気づかないのだろうか。そんなものに多大な労働力を削くありえない状況。
 電気すらまともに通っておらず、市民は肉どころか米も食べていない状況なのに、統一したらどうなるのかわからないのだろうか。
 山林は薪のために伐採され、まともな治水もなく、土地は痩せている現実を知っていて、「統一」と笑顔を振りまいているのだろうか・・。

 そんなに統一をアピールするなら、さっさと統一されて、富を丸ごと持っていかれればいいと思います。そんな大統領を選んだのも韓国市民の責任ですから。

 正直文大統領が支持される理由がさっぱりわからん・・。
 「ヘル韓国」から「地上の楽園」への片道切符・・というのは実に深い皮肉だと思います。


<9月19日>
○メディアから一言
 自民党総裁選挙は実は格の違いが明らかだったのですが、反安倍メディアを中心に全く報道されなかったのが残念です。
 その理由を秋葉原での麻生大臣の演説がわかりやすく言っていました。産経新聞からの引用です。

 「いよいよ、この総裁選も明日が投票日となりました。今、いろんなことが言われてますけど、皆さん思い出してください。安倍晋三候補の後を受けて、麻生太郎と福田康夫候補と2人で総裁選挙を争ったことがあります。麻生派は、たったの15人。15人よ。あとは全派閥福田候補だった。その時に、私どもは何と言ったか、今でも覚えてますよ。間違いなく、俺についてくる人は必ず冷や飯を食いますと。冷や飯食うことを覚悟でついてくる人だけ、一緒にお願いします。そう申し上げて付いてきたもらった人が安倍晋三、中川昭一、菅義偉、甘利明。そういった人たちに付いてきてもらって、われわれは間違いなく、その1年間、残り1年間全く無役で終わりました。いいじゃないですか

 「冷や飯は冷や飯なりにうまい食い方があります。焼き飯にしたってうまい、お茶漬けにしたってうまい。冷や飯は冷や飯なりの食い方があるのだとそう申し上げて、明るく選挙をやらせてもらったと思っています。今、何となく冷やしておいて、いろいろな冷や飯を食わせるなとか何とかかんとか言っている人たちがいるみたいですけど、覚悟が足りないんだ覚悟が。冷や飯食うぐらいの覚悟を持って戦って当たり前でしょうが。そういう覚悟のない人に、われわれは間違いなくこの日本という国のかじ取りを任せるわけにはいかない。そう確信しています」

 麻生さんの演説はわかりやすくていい。全くそのとおり。疑問を感じる方はまずは「小説吉田学校」を読んでください。石破氏に足りないのは覚悟です。覚悟があるなしですでに格が違っていたのです。

 だから、そんな大将のためにしょうもないことを言った斎藤大臣が残念でならない。斎藤健とはあんな小さな人物だったのか。本当に残念です。


○メディアから一言2
 総裁選の報道で、報道ステーションが見事なダブルスタンダードで恥ずべき報道をしていました。具体的には。
・石破さんを応援するために朝の5時に集まってバスに乗って京都に行った方→「応援団」
・安倍さんを応援するために秋葉原に集まった人→「動員」

 ものすごくわかりやすい偏向報道だと思いました。
 どっちも動員でしょう。動員も今までは普通だったのになぜ今回だけ問題視するのか。この汚いメディアのダブルスタンダードが気持ち悪いです。


○メディアから一言3
 時事通信によると、「安倍晋三首相が19日に東京・秋葉原で行った自民党総裁選を締めくくる街頭演説の際、聴衆の一部から「安倍辞めろ」コールが沸き起こり、会場が騒然とした雰囲気になった。
 陣営は会場のJR秋葉原駅前ロータリー周辺を柵で囲い、内側には参加許可を示すシールを貼った党員だけが入れるようにした。それでも柵の外側に集まった聴衆は首相の演説中、「辞めろ」を連呼し続けた。
 「安倍内閣は退陣を」「独裁やめろ」などと書かれたプラカードも林立し、陣営関係者がのぼり旗でこれを隠そうとするつばぜり合いも見られた。」そうな。

 常識的に考えて、「辞めろ」を連呼し続けたとか、プラカードが林立している時点で「普通の市民」ではなく、政治的な勢力であることは明らか。メディアはこれをなぜ批判しないのか。

 これを容認するなら、右翼の街宣車がリベラル候補の演説の邪魔をしても「市民の声」となるわけですよね?そんなの民主主義として良いわけがない。

 選挙において、候補の演説を妨害する行為はいかなる理由があっても民主主義では認められません。

 当たり前でしょう?

 時事通信や報道ステーションはなぜこれらを「市民の声」として認めるのですか?翼賛選挙を普通だと正気で思っているのですか?


<9月18日>
○一言
 吉澤容疑者のひき逃げ事件で、クリス松村氏などが、すぐに救護に行かない一般人を批判していました。これは間違っています。
 看護師などの専門知識があるならともかく、一般人ができることはほぼありません。
 もちろん、助けてくれ、と言われたらみんな協力するでしょう。でも、一般人が「大丈夫ですか」と言ってもできることないんですよ・・知識がないから。

 以前階段から落ちて顔を打ち付けてうつぶせて動かない人を見たことがありますが、私は立ち去って駅員に知らせました。だって動かして良いのかわからないし・・。これは難しい問題なのです。

 困っている人を助けるのと事故に遭った人を助けるのって次元が違うと思います。
 芸能人は、メディアの力を使って一般人を批判するのはやめるべきだと思います。


○メディアから一言
 産経によると、「自民党総裁選(20日投開票)に立候補した石破茂元幹事長は17日、東京・銀座で街頭演説を行い、15日に死去した女優の樹木希林さん出演の映画「万引き家族」を引き合いに「悪いことだが、万引しないと暮らせない家族がある。どうしたら幸せに暮らせていけるか。その人たちが働ける環境を作っていかないといけない」と語った。」とか。

 阿呆ですか?総理大臣を目指す人が万引きしないと暮らせない家族があるとか言ったらおしまいでしょう。働けよ、という話。
 (もし当選すれば)総理による万引き容認になりますよ?万引きされた側のスーパーや小規模企業の方のこと考えろよ。

 だいたい、万引きで生きていた方が、では社会でまともに働けるかというと大いに疑問です。職業訓練は今でもあるし、バイトでも何でもあるのにそれを選ばなかったのだから。

 反安倍メディアの全面援護によりすごい人のように見えますが、このこと一つとっても、石破氏って、民主党の党首のようにしか見えないんですよね・・。


○一言2
 9月16日付け弁護士ドットコムで、「ある経済官庁に入省し10年以上が経った現役の女性官僚で、課長補佐級。」の仕事の悩みについて書いていました。
 彼女はキャリアです。でもノンキャリアから見たら違和感ありまくりだったのでコメントしたいと思いました。
 長くなりますが、当サイトに合った話題かなと・・。

1)終電とタクシー帰りばかりについて
 「はい。残業ありきで、みんな仕事をしています。あるテーマがあって、部下が上司に説明して承認をとる。『クリアをとる』という言い方をしますが、その際、上司によっては、とにかく100%と言えるレベルまで詰めて、さらに次の上司へと説明させようとします。
当然、上司のスタンスによっては、テーマの立て方や資料の作り方は変わりえます。激しく詰められて、ようやくクリアをした先に別の偉い上司が変更を命じることがあるわけです。そんな『ちゃぶ台返し』があると、その部下の業務量は何倍にもなってしまいます。」

 正直言えば、本質的には暇な課でアホな上司がいるという話?と思いました。また、残業ありきなのは彼女もそうなのではないかと。予定をばしっと入れてしまえば、いいんですよ。帰るという強い意志を持つべきなのです。
 昔と比べ、無用なタクシー帰りは減ってきたと思います。個人の経験で言えば、国会待機の時も「私はこのままではタクシーになりますが、待機のためにタクシーですか?」と言ったら普通は帰れと言ってくれますし。

2)会議の非効率
「何かと多くの人を集めて、何時間も打ち合わせをするのは無駄だと思います。特に、幹部の前で発言しにくい係員や係長といった若手を参加させても、単にメモ打ち要員になってしまうだけで、彼らがさばくべき大量の事務作業がストップしてしまいます。議題に関係の薄い人たちでも、「念のため」に召集したりします。
不必要に人を集めず、真に必要な担当者だけ呼んで打ち合わせをする。その間、係員や係長が本来する事務作業をすることができれば、係員や係長の業務負担が減り、彼らは有意義に時間を使えるはずです。全体的に、『〇〇時までに仕事を終わらせる』というような、時間に対する意識が低いんですよね。」とか。

 うん?やっぱり暇な課なのでは?忙しい課だとそもそも関係者を集めること自体が困難なのですよ。前職では課内会議すら開催が困難でした(苦笑)。

 要するに、暇な課で時間を無駄に使っているなら、それをばしっと改めるのはキャリアの筆頭課長補佐の仕事です。自分の仕事をしっかりやってから、いろいろ言ってほしいですね。

 ちなみに私もヒラの課長補佐をいくつもの部署でやっていますが、会議に出る必要性をまず詰めますし、会議に出ても、脇道にそれたらそれをばっさり切るなど極力早く終わらせるようにまとめますね。時間の無駄は最も避けたいことです。

3)政策を考える時間がない
「多くの人にとってはそうだと思います。特に、若手のうちは大量の資料作成と事務作業を次々にこなさなければいけないので、落ち着いて政策について考える時間はほとんどありません。」とか。

 うーん、正直に言えば、資料作成などはありますが、政策って仕事中に腕を組んで考えるものなんですかね?と。
 ノンキャリアの私ですら余暇に勉強をして、土曜は体力回復で寝る、日曜は今週の対応を考えるなどとしていたものですけど。キャリアもゆとり世代なんですかね?

4)残業自慢
「そこは本当に残念です。しかも、みんなとは言いませんが、『俺、寝てないんだよね』とか忙しい自慢がまだ依然として残っています。」とか。

 えー、盛ってませんか?寝てないからすごいと評価される時代はもう終わっていると思いますし。私の上司でアメフトやっていた優秀な方は少なくとも「寝てない自慢」などしないし、むしろ寝てないことすら積極的に言わなかったですけど?

5)子育て
「いまは実家の支援を得ながら子どもを育てています。ありがたいことに、両親ともに元気なので助かっていますが、将来、たとえば親の介護の必要性が生じたりして子どもの面倒を見てもらえなくなったら、いま絶妙なバランスの上に成り立っている生活が崩れてしまいそうで心配です」とか。

 これ、配偶者の問題でしょう。私は毎朝保育園に見送りをし、おむつ替えをはじめ育児と家事も分担していましたから。官僚関係なし。

6)課長以上になるとして
「普通に考えれば、キャリアアップの過程で、今よりもさらに忙しいポストを経験するのだろうと思います。なので、その時が近づいてきたらもっと深刻に悩むことになりそうです。定時帰りができるポストにしてもらうこともできますが、そうしたポストだけだと経験が限られてしまい、後々のキャリアアップに響く不安もあります」とか。

 正直、ノンキャリアから見ると最も望ましくない上司ですね。
 育児は男と女で1.5足のわらじを履くしかないのです。その上で、仕事を優先するか、家庭を優先するかの二者択一。
 
仕事と家庭を中途半端に両立させようとすると部下に迷惑がかかるのですよ。ノンキャリアとしては迷惑。

 ましてやキャリアアップなど上昇志向なら、育児を言い訳に職員に迷惑を掛けないでほしいと思います。
 要するに、あなたキャリアだろ?キャリアだったら出世など優遇されているのだからしっかり働くのは当たり前でしょう?出世と無縁のノンキャリアがどれだけ働いているかわかっているの?甘すぎない?というのが感想です。


<9月17日>
○一言
 自民党総裁選は安倍対石破ではなく安倍対反安倍の構図。だから石破氏の政策のおかしさは追求されない。
 要するに、総裁選はすでに終わっているのです。
 特に石破氏が反安倍の風潮に乗ってしかも具体的政策を示せない時点で、「石破」ではなく「反安倍」という別人格が対抗馬になっていること気づいた方が良いと思います。

 いや、正確に言えば、気づいていながら安倍批判をするその発言のむなしさ。石破内閣で具体的に何をするのか、民主党政権を超えてさっぱりわからないむなしさ。何のために立候補したのですか?と聞きたい。


○メディアから一言
 17日付け時事通信によると「自民党総裁選で石破派の斎藤健農林水産相が安倍晋三首相の陣営から辞任圧力をかけられたと発言したことをめぐり、首相と石破茂元幹事長が17日のテレビ朝日の番組で応酬を繰り広げた。」とか。

 まず、そんなことをメディアに話す斎藤大臣、ゆとり世代ですか?
 権力闘争ってそんなに甘くないでしょ?民間企業も含めて。あなた元キャリアなら重々承知でしょう?

 余談ですが、自分は就職してノンキャリアが合っていると痛感しました。「出世ポスト」につくと急に対応が変わる人がいて気持ち悪い。病気で閑職に移動させていただいたら逆の意味で急に対応が変わる人たちもある意味すっきりしますが気持ち悪い。そういうの本当にダメなので、そういう阿呆を無視して生きていける可能性が高いノンキャリアで良かったと本当に思いました。

 逆にそうした「政治」が当たり前のキャリアを選び、さらに政治家になった斎藤大臣は意図的にこの発言をしているでしょう。
 
あえてそれを公表した意味は、石破氏と心中して反安倍を貫くということ以外考えられません。そこまで覚悟があるのならなぜ辞表出さないのか、というのは当たり前の疑問です。

 石破氏自身がそういうのはおかしいとか言っていたり、「戦い」を舐めているのか、と思います。
 
しかもこういう組織が政権を取ると手のひらを返し粛正をするのは歴史上明らか。なぜなら基盤が弱いから、排他になるのです。容易に理解できるでしょう?


 
ちなみに誰が言ったのかという安倍候補の指摘に対し、同記事では「石破氏は、セクハラの被害女性に名乗り出るよう求めた財務省の対応に「似ている」と指摘。「(名前を)言ったら党内はめちゃくちゃだ」と反発した。」そうな。

 この話も奇妙で、その喩えで言えば、セクハラ被害女性は斎藤大臣でしょう。セクハラ被害者は告発しています。なのにセクハラをしたのは誰だ、と聞かれて答えないことこそおかしいと思いませんか?喜んで答えるべきでは?めちゃくちゃなのは石破氏だと思います。


○一言2
 今日の歌番組もそうなのですが、明らかに劣化したように聞こえる著名アーティストを「本人出演」を看板に呼ぶのは悲しくなるからやめてほしいと思います。

 具体的には、今回の番組で言えば、例えばDAPUMPのISSAはさすがですが、trfのYUKIさんやSPEEDの島袋寛子さんは高音も出ず声量も全くなく、聞くに堪えないと感じました。
 素晴らしい時期をリアルタイムで知っているだけにとても残念。あんなんじゃないんですよ、というか。

 本人が歌っているのが見られれば良いというご意見もあるでしょうしが・・。


<9月16日>
○一言
 HGUCディジェついに発売!!!嬉しすぎます。やっと20代の頃に作った100式(金色メッキ版)と並べられます。あ、ベースジャバーがないorz。


○メディアから一言
 ニッポン放送によると、「ラジオ番組「欅坂46 こちら有楽町星空放送局」が放送され、長濱がメンバーとともにトークしていく中で、コミュニケーションを求められる美容院の雰囲気が苦手だと語った。」とか。

 私は複数の美容院で何十年も髪切ってもらっていますが、うーん、シャンプーの時に「かゆいところありますか」など必要以上は話しかけられたことはないなぁ・・。

 普通に髪切ってもらうときも雑誌なんか見なくてもあまり話しかけられないし(これは女性美容師でも男性美容師でも、何年も同じ人にやってもらっていても同じです)。おっさんが珍しいから話しかけずらいと見ていますが。
 ただ、女性にはやたらタメ口で話しかける美容師さんもいて、お客さんにそれで大丈夫なんだぁ、と不思議に思うこともありました。

 いえ、何が言いたいかというと美容院もいろいろ美容師さんもいろいろなので、不満なら美容院どんどん変えればいい・・と思ったという話です。

 サービスに不満があれば、その店をどうこう言うのではなく、店を変えてしまえば良い、という話です。
 不満を言いながらそのお店を利用するのは、言われる方も嫌だし、双方にとってマイナスだと思うのです。
 クレーム言ってもあまり変わらないと思うので店を変えれば良いということです。


○メディアから一言
 9月16日付け日刊スポーツによると、樹木希林さんの死去の報道で、内田裕也氏が「数日中には、文書で希林さんへの思いを公表したい考えだが、今は、都内で気持ちの整理をつけようとしているところで、公に出られる状態ではないという。

都内の内田の自宅マンションには報道陣が集まったが、呼び鈴を押しても反応はなかった。」とか。

 明らかに動揺していて、気持ちの整理がついていない状況とわかっていて、呼び鈴を鳴らす報道陣って人間なのですか?

 死ねばいいのに。

 メディアって、人間の心を失っている人が多すぎ。
だから、ホントメディアの人とはおつきあいしたくないです。
 今回の件で言えば、内田裕也氏のコメント、誰が期待しているのですか?誰も期待していないのに、鬼畜の行動には呆れます。


<9月15日>
○一言
 自民党総裁選挙が盛り上がらない最大の理由は、結局のところ安倍か反安倍か、というところに行き着くと思います。

 事実上総理を選ぶ選挙なのだから、対抗馬の石破氏は自分の政策をアピールしないといけない。

 しかし、地方創生と言いながら、具体的政策は一切なし。
 地方が復活する経済政策?それがあれば今の状況になっていないのですよ。
 具体的政策なしに「地方に雇用と所得を増やす」とか民主党政権以下だと思います。

 また、現場から見れば防災省もダメ。災害時は官邸トップダウンで各省を動かさないといけないのに、各省と同格の大臣が何ができるのか。大臣経験者としてあまりにも実務をわかっていない愚かな主張です。

 結局まともな政策が打ち出せないから、安倍批判重視で、挙げ句の果てに「平家物語」(おごれる者は久しからず)とか、アホじゃないかと思います。


○メディアから一言
 朝日によると、「電動自転車で走行中に転倒し、抱っこしていた当時1歳4カ月の次男を死亡させたとして、神奈川県警は14日、横浜市都筑区の保育士の母親(38)を過失致死の疑いで書類送検した。」とか。

 まず、子を失った母親を責める気は毛頭なく、この事件を他山の石としてどう考えるか、という趣旨であること、最初に。

 一般論ですが、自転車の3人乗りはリスクがあります。原則歩いて送迎するべきだと思います。

 自転車って、結構不安定なんですよね。私は30代までは両手放しでもまっすぐいけるくらいのバランス感覚ありましたが、二人乗りは相手の動きや、動かなくてもちょっとして石などでぐらつくリスクは感じていました。
 20~30代ではそれに反応して力で抑えられましたけど、女性の場合はどうなのかな?と思います。

 実際、同じ保育園の方がとある坂道で上ろうとしてバランスを崩して横転し、子供が頭を打った事例も目撃しています。大丈夫ですか、と駆け寄ったら親は大丈夫、と言ってましたが子供は大泣きで、大泣きのまま自転車に乗せて去って行きましたが、本当に大丈夫だったのだろうか・・と今でも心に残っています。

 いずれにせよ、私は無駄な事故リスクを負うのが嫌なので歩いて送っていました。私が男だから重い荷物も平気で持てるからかもしれませんが・・。子供の習い事など徒歩15分から20分でも自転車は使いませんでした。

 要するに、これは親の、子供に対するリスク管理の問題です。
 自転車はそんな安全な交通機関ではないよ、とそのリスクをメディアはもっと大きく報道するべきです。

 ましてや厳しい環境を何とかできない自治体が、という批判は全くのお門違いです。
 率直に言えば、リスクがわからない方であれば、保育園が近くても自転車を利用すると思います。それは子供にとっていいのでしょうか、ということです。


<9月13日>
○一言
 最近安室氏の引退を惜しむかのようなCMが繰り返し流され、気持ち悪く感じます。

 もちろん、ファンの方々が惜しむのは、当然ですし、いろいろな思いがあるというのはよくわかります。
 ただ、安室氏に関心がない人も多くいるわけで。

 CMという形で、日本国民は安室氏の引退を惜しめ、というメディア(?)の思想の押しつけが気持ち悪いのです。
 メディアは「多様性」をいつもは主張している割に、実際は「同じ行動を市民に求める」かのごとくの報道が多いのがとてもおかしいと思います。
 それって、戦争賛美の戦前とどこが違うんですかね?


○メディアから一言
 13日付け沖縄タイムスによると、「石破茂元防衛相が、自身の公式サイトで、沖縄に米軍基地が集中している理由について、「(本土の)反基地闘争を恐れた日本とアメリカが、沖縄に多くの海兵隊の部隊を移したからだ」と説明している。政府はこれまで、沖縄に基地を置く理由に地理的優位性などを挙げているが、元防衛相が政治的要因を認めた形だ。」とか。

 沖縄から米軍基地を減らせる具体的な策があるのならともかく、それがないのに、経緯が不明な伝聞を70年後に蒸し返して沖縄の政府への反感を煽るって、石破氏は本気で自民党総裁になるつもりがあるのでしょうか?ただのバカでしょう。

 横田や厚木、三沢などは反基地闘争がなかったとでも言うのでしょうか?とんだ「防衛通」です。ただのバカ。

 石破茂は総理の器どころか政治家失格だと思います。評論家には政治家の資格はありません。

 ここまでアホだとは思いませんでした。自分の不明を恥じるところです。


○メディアから一言2
 13日付け産経によると「子供が大好きな料理、ハンバーグ。ここ数年、生やレアで提供され、テーブル上で焼くスタイルの飲食店が登場し、人気となっている。専門家は「ハンバーグに使われる牛挽肉(ひきにく)は、重篤な食中毒を引き起こす菌で汚染されている可能性がある。ハンバーグは中までしっかり加熱して食べて」と呼びかける。」とか。

 で、そうしたお店で「店内を見渡すと、子供連れの母親グループが座るテーブルで、3歳ぐらいの子供が卓上のミニコンロでハンバーグの肉を焼いていた。店員に「どうですか?」と聞かれ、母親は「こういう食べ方は子供は初めてで、楽しいみたい。おいしいです」と答えていた。」そうな。

 当たり前ですが、挽肉や成形肉の生肉食べたら牛だろうが何だろうが食中毒の可能性は十分あります。
 ウェルダンが基本の私には、食中毒のリスクを負ってまでこうした肉のレアを食べようとする発想が理解できませんが。
 何となくミディアムレアがおいしいはずとかいうレベルだったら、一回ウェルダンも試してみるべきだと思います。

 幼児が生肉で亡くなったのはわずか数年前だったと思います。もう忘れてしまったのでしょうか?自分で判断できない上に抵抗力の弱い子供に生やレアは提供してはなりません。

 だから、こうした報道は市民への注意喚起という意味で素晴らしい。これぞ報道の仕事。


<9月12日>
○一言
 もう一度書きますが、泊原発を緊急避難的に震災前の基準での使用前検査→再稼働を認めないと、需要増のこの冬大丈夫なのかと(あくまでこの冬限定の緊急避難です)。

 一番需要が少ない時期かつ限界までの節電をして綱渡りなら、産業が動き出さざるをえなくなる上に需要増の冬期。
 
このまま苫東厚真の運転再開に期待する、老朽火力も故障しないというギャンブルはリスクが大きすぎます。
 計画停電と言っても、厳冬期は無理でしょう。

 そうなると今度は灯油の需給も厳しくなり・・。人命を最優先で考えてほしいと思います。


○一言2
 世耕経産大臣のツイッターでオペレーションルームの画像がアップされたそうな。で見てみましたが・・
 緊急時に、職員が全員立って訓辞を聞いているかのような絵にとても違和感を感じました。

 私の経験では、ある大国際会議では大臣は「そのままでいいからがんばって」と激励していただきましたし、東日本震災時にも初期の混乱期に職員の手を止めさせて訓示を垂れる阿呆な政治家はいなかったですよ(菅直人を除く)。

 職員のがんばりが伝わるのは良いことですが、他方緊急時に仕事の手を止めさせて訓示を垂れるトップというのは大問題です。
 多忙な時期に職員の仕事の手を数分でも止めさせて「激励」って、パフォーマンスにもほどがあるし、それを賞賛するのは支持者のサクラではないかと思います。

 本当に職員のがんばりを知ってもらいたいのなら、仕事している光景を撮ってツイートすれば良いだけ。訓示いらない。
 そうではなくて、自分が激励したことのアピールとをツイートという時点で、この緊急時に世耕大臣は何を考えているのか、と思います。

 災害ですら自分のアピールに使うというのはかなり最低レベルの政治家です。当たり前のことを諫める人がいない時点で危険です・・・。


<9月10日>
○メディアから一言
 報知によると「宮川紗江(19)が10日放送の日テレ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・後1時55分)の取材に応じ、速見佑斗コーチ(34)による宮川への強烈な平手打ち映像が一部で報じられたことに「私の叩かれている姿を許可もなく、全国放送されたことに怒りを感じています」とコメントした。」とか。

 え?告発した以上、真実を明らかすることが求められるのに、自分にとって都合の悪い真実が報道されると抗議とかおかしくないですか?仮に塚原氏が殴った映像が見つかれば許可なく放送されると思いますけど・・。

 この時点で(たいしてDVを受けていない的な)宮川氏の主張の「嘘」が明らかなのですが、塚原=悪としたいメディアのおかげで追求されずに助かっているのですよねー。
 メディアの利用の優劣で、正しい、正しくないという判断を求めるやり方自体が間違っているように思えます。


○メディアから一言2
 デイリースポーツによると、「韓国が優勝を決めた後、残念なシーンがあった。韓国ナインは延長十回タイブレークを制すると、マウンド上で歓喜の輪を作った。一塁ベンチから飛び出した選手たちは、水が入ったペットボトルを持って駆け出しており、マウンド周辺でウオーターシャワーをして歓喜した。

 その後に両チームが本塁であいさつをかわしたが、ペットボトルはマウンド周辺に投げられたまま。韓国ナインはそのまま一塁スタンドへのあいさつへ向かった。

 結局、ペットボトルは投げ捨てられたままで、スタッフが拾い集めて閉会式の準備が進められた。力を見せて優勝しただけに、残念なシーンだった。」とか。

 以前も、WBCで、マウンドに自国の旗を立てるという狂気の行動を取ってひんしゅくを買った韓国人。

 こうした活動から、韓国人は国際常識が理解できないレベルの低い人が多いと私は認識しています。

 こう言うと「差別だ」と言われますが、だったら最低限のマナー守ってから言っていただきたい、と思います。
 日本人だって、非常識な人間は排斥されます。

 だから私は「常識ある韓国人」以外とは一切おつきあいしたくないです。


<9月9日>
○一言
 官庁訪問にくる若い人とすれ違うときが最近よくあります。
 そういえば、出世しないノンキャリ(一般職)って激務でコスパ悪くない?というご指摘も受けるので、20年以上仕事してみての感想。

 個人的に思うのは、自己顕示欲(出世欲)の強い方は向いていません。自己評価が高い人物も向いていないと思います。
 世の中のために何かしたい、そして社会的評価を気にしない方が向いていると思います。
 体調悪ければ時間単位で有休とれますし、仕事は結構任せてもらえるので。出世を全く期待せず、いい仕事したいという人にはお勧めです。
 あと、キャリアなら政治的な話が間違いなくあって、政治家も含め人間関係もめんどくさいです。
 公務員志望で、めんどくさい人付き合いが苦手な人はキャリアにはなるべきではなく、ノンキャリアをおすすめします。

 喩えて言えば、幕末で言えば新撰組、戦国時代で言えば「槍の○○」と言われる人たち、三国志で言えば趙雲タイプが向いていると思います。
 私自身も、趙雲や斉藤一のような生き方は好きです。


○メディアから一言
 朝日によると、「世耕弘成経済産業相は9日夕、2割の節電を道民と企業に改めて呼びかけた。大規模停電の再発を避けるために備えている計画停電は、10、11の両日は実施しないという。」とか。

 で、「世耕氏は記者団に対し、企業などの活動が活発になる平日の午前8時半から午後8時半を「本当の正念場」と強調。「道民の皆さん、道内の企業、関係機関、電力会社、政府が力を結集して節電目標2割の達成に向けて取り組んでまいりたい」と話した。」とか。

 一般論で言えば、節電目標2割を達成しなければブラックアウトの再発のリスクが大きいなら、計画停電でしょう。
 節電2割が達成できなかったとき、またブラックアウトが起きないのか。そこが重要。

 「本当の正念場」とか、市民生活でギャンブルをするなら政治家失格です。言い換えれば世耕大臣は旧日本陸軍幹部です。
 ブラックアウトが起きた時、北海道電力幹部を叱責したり、企業・市民の協力が不十分とか言ったら、もう辞表を出せというレベルです。

 安倍内閣(官邸)は市民生活でギャンブルすることをよくまあ認めたものです。下手を打てば総裁選にも影響するでしょう。
 緊急時こそ、政治家の本質が現れます。結果的に問題なくても、行政では考えられないかなりとんでもない判断です。

 ちなみに、同記事では「世耕氏はまた、苫東厚真発電所の復旧時期の具体的な見通しを一両日中に示すよう、北海道電力に指示したことも明らかにした。」とか。
 機械の損傷度合いは示せますけど、その修理にどれくらいかかるかは簡単に示せないでしょう。この点からも世耕経産相が政治家としてレベルが低いことがうかがえます。


○一言2
 支援が落ち着いて、報道されなくなってから被災された地域に観光に行き、お金を使わせていただくのが我が家の流儀。
 今支援できなくても、被災地支援は本来長期的なものです。
 時間的あるいは体力的余裕がない方へのおすすめの被災地支援方法だと思います。


<9月6日>
○一言
 北海道の地震で全道停電という未曾有の事態に。がんばってくださいとしか言えないのですが・・。

 だいぶ前にも書きましたが、泊原発を動かさないのなら、規模から言って苫東厚真が重大なアキレス腱なんですよ。
 不幸にもそれが現実となったので、報道のように復旧に何ヶ月も時間がかかるのなら泊原発の再稼働を早急に考えないと、この冬の電力、非常にリスクが大きくなると思います。

 真冬に電力が落ちる恐怖は絶対招いてはいけないと思います。

○一言2
 不幸にもブラックアウトが実現してしまいました。
 東日本大震災以降、電力需給の問題は社会問題化していたのですが、「原発動かさなくても何とかなる」という原発の話にすり替えられていました。・・。

 いまこそ、ブラックアウトの恐ろしさを報道してほしいと思います。


○メディアから一言
 9月1日付け伊豆新聞によると「伊東市八幡野地区に計画されている大規模太陽光発電施設(メガソーラー)を巡り、同地区と赤沢地区の住民7人が31日、建設差し止めを求める仮処分を静岡地裁沼津支部に申し立てた。住民と代理人の弁護士らが県東部法律会館で会見し、申し立ての内容を説明した。

 申立書では、事業者が受けた宅地造成等規制法(宅造法)と森林法の許可について、前提となる雨量の基準設定が不合理で調整池は基準をクリアしていないとして、「豪雨によって八幡野川が氾濫する危険性は極めて高い」と訴えた。さらに「市の規制条例に違反して工事に着手しており、緊急性は高い」と指摘。人格権と所有権に基づいて申し立てた。」とか。

 まーこういった開発自体はソフトバンクの子会社のSBエナジーでも行われており、その理由は菅直人政権で、東日本大震災の状況を踏まえFIT法が成立したことです。これは、届出時の単価が10年補償されるので、利益が確定しているから、外資系が群がるということです。ソフトバンクも当時の報道では積極的に菅直人首相とアピっていたように思えます。

 いずれにせよ、一定額の税金が自動的に投入され、こうした環境や災害時の涵養機能の破壊を認めるのはおかしいと思います。

 事業をする側の韓国財閥系企業に取ってみれば、FIT法により10年の利益が保障されるのなら、地元との共存以前なんか考えないでしょう言い換えれば日本の国民から確定益をもらえるなら万々歳というその場限りの発想でしょうが。
経年劣化jや環境破壊問題もあるという太陽光のデメリットに少しは着目してほしいものです。
※韓国財閥系企業「ハンファエナジージャパン」(東京都港区)を主体とする「伊豆高原メガソーラーパーク合同会社」


○メディアから一言2
 9月4日付け朝日によると、石破氏は岡山で記者団にこう言ったそうな。「(どういった主張をしていくか問われ)自民党は国民政党として、一部の人のため、一部の地域のためではなく、全ての地域、全ての人々に奉仕する政党であるということに貫かれる。大事なのは、一人ひとりにどう訴えるかだ。偉い方々をいっぱい集めて「やるぞ」というのも一つのやり方でしょうし、一人ひとりに訴えても一つのやり方だと思う。私は後者のやり方を大事にしたい。」

 とりあえず、本気で政策論争をするというのなら、こういったしょうもないレッテル貼りの個人攻撃はやめるべきだと思います。
 この期に及んでもやめないのなら、石破氏は総裁=総理の資格は全くないと断言できます


<9月3日>
○メディアから一言
 9月2日スポニチによると「サンデージャポン」で「池谷「昔からずっと、僕らが批判的なことを言っても、上の権力で抑えられてしまっていた」」とか発言があったそうな。
 9月3日付けスポニチ。「タレントの森末慎二(61)と池谷幸雄(47)が3日、TBS「ビビット」(月~金曜前8・00)に生出演。日本協会の塚原千恵子女子強化本部長(71)と夫の光男副会長(70)の声明に対し、そろって批判の声を上げた。」とか。なんでも「森末は「はあ?と言う感じ」」だそうな。

 繰り返しになりますが、お二人はタレントに軸足を移した時点で何でテレビで言わなかったの?

 今まで何も言わなかったのに、急に「昔から」とか言い出してテレビに出まくってるおっさんたちってかっこわるすぎませんか?

 (事実なら、ですが)結果的に引退後も含め、関係者が誰も公に言わなかったことがここまでの事態を招いた訳です(繰り返しますが、彼らの主張が事実なら、です)。
 だとしたら、「自分たちの時代もあったが告発する勇気がなかった。塚原体制が続いたことには自分たちにも責任の一端がある」という前提で神妙かつ冷静に批判するのがいい年した大人というものではないですか?

 居丈高に塚原氏を叩きまくっているのは、体操界のためではなく、個人の感情のために正義の味方気取りで落ちた犬を喜んで打っているだけにしか見えないんですよね。
 なぜなら多くの現役選手がいるわけですから、感情的に煽るのは選手たちのためにもならないからです。
 塚原氏が正しい正しくない以前に、体操界を全く配慮しない森末氏や池谷氏なども間違っていると思います。
 こういうバカなOBがいよいよ混乱させるというアホな事態・・。


<8月31日>
○一言
 体操協会の問題。

 完全に塚原夫妻が悪で宮川選手が善という構図。
 実際にそうなのかこれからいろいろ出てくると思うので様子見です。
 (未成年の宮川氏を前面に出す弁護士の戦術は大きなミスで問題あると思います。)

 一つだけメディアが間違っているのは宮川選手は単なる「かわいそうな女の子」ではないということ。
 あれだけの報道陣を前に堂々と主張をするのは「かわいそうな女の子」にはできません。
 さらに、主張について全面的に正しいと断定している。なかなか肝の据わった方だと思いますよ。

 とはいえ、アマチュアスポーツで指導者の暴力は厳禁。1年前のことをなぜ今更、ではなく、それが隠されていた(おかしいとおもわなかった?)方が本来問題。
 例えば、高校野球で監督が部員に暴力をふるった指導したら一発アウトでしょう。
 だから速見コーチへの処分自体は問題ないんですよ。この点については抗議した宮川氏の方が、本来おかしいのです。

 それと本来の宮川氏の希望は「速見コーチに指導を受けたい」です。ここ、メディアは無視してませんか?
 これを権力者への告発や「権力者」VS「かわいそうな若い女の子の訴え」みたいな構図に仕立て上げるから話がややこしくなる。
 
仮に塚原氏のパワハラ疑惑があったとしても、切り離して報道するべきなのです。

 さらに気持ち悪いのが、体操の世界から芸能界に転職した池谷幸雄氏や田中理恵氏、森末慎二氏などが、メディアを使って体操協会は・・とか言い始めたこと。
 情けないというか・・、落ちた犬に見えた瞬間、騒ぎ出す汚い大人たちに嫌悪感。
 一時は芸能人となった池谷氏などは当時一番告発しやすい立場だったでしょうに、それをせずに、今さら「涙」とか、何の茶番ですか・・・・。

 いずれにせよ、一番解決に向けて理性的な対応をしたのが処分を受けた当の速見コーチだというのがこの問題の本質を示していると思います。

 結局本音ではメディアって宮川氏はどうでもよくて、抗争を報じ、「強そうな人を叩いて正義の味方を気取り、大衆を煽る」ことが目的なんですよ。
 事実など二の次なメディアって本当にクズのような存在だと思います。


<8月29日>
○一言
 具体的対案なく、ただ反安倍が正しいとするメディアは市民へ正確な情報を伝えていないと思います。

 そういう感情的なものは市民は考える力がないのでメディアの報道を信じろ、と言わんばかりで市民をバカにしていると思います。


○一言2
 石破氏は、地方創生と言うけど、率直に言えば、20年前の地方分権につながる古くさい政策。そしてすでに失敗している政策。

 防災省もまあ、現場から見たらあり得ない「組織いじり」に過ぎないし、それをやったら災害対応は間違いなく遅れます。
 なぜなら緊急時はトップダウンで各省庁を動かさないといけません。ところが「同格」の役所の指示というだけで動きが遅れます。
 なにより、トップだから各省庁から適宜報告が行く。そういう各省庁の日常の把握という意味でも大臣ができるとは思えない。
 何より、大災害であればあるほど官邸との二重構造になるのが致命的です。

 いずれにせよ、安倍叩きで反安倍票狙いなら、そもそも総理総裁の資格はないし、反党行為を理由に潔く2回目の離党をするべきだと思います。自民党への愛着もないからこういうことを平気で言えるのだと思います。人間としてダメです。

 正直、石破さんを買っていたので、個人攻撃や抽象論による攻撃という民主党のような愚劣な行動をするとは思いませんでした。自らの不明を恥じるところです。


○メディアから一言
 日刊スポーツによると、「女優の平愛梨(33)が、日本と海外での子どもに関するルールの違いに「戸惑うこともありました」と明かした。」とか。

 具体的には、「28日更新のブログでは「子どもが誕生して約3カ月間海外生活だった私は日本で過ごした夏の3カ月間の環境の違いに戸惑うこともありました。子どもに対するルールが全く違うこと! トルコは時間に関係なく、基本子どもはどこの場所へ連れて行くことも許される。ジムやカフェ、デパート、飲食店など。行けば居合わせた人や店員さんまでもが近寄ってくれて子どもを抱き上げてくれたりあやしてくれます! 親になった私は、何よりもたまらなくうれしいことです。でも日本では子どもが行ける場所は限られてしまい、ジムや少しの時間のカフェもご遠慮ということでした…」と、日本でのルールに戸惑っていることを明かした。」とか。

 平さんはやはりアホの子だったか・・。
 まず、カフェで赤ん坊が拒否されるなど私は経験したことがありません。私自身普通にスタバとかドトール行っていました。お金のかかる「おしゃれなカフェ」であれば、それは静かな雰囲気を期待する客が行くので経営方針として仕方ないのでは?
 また、ジムについては、託児所がないなら拒否されるでしょう。トルコの「子供を見る」というのはボランティアであり、何かが起きても誰も責任を取らないということです。そこ勘違いしないでほしいです。痛い目に遭ってからでは遅いと思いますよ。
 もちろんデパートや飲食店は普通に行けます。

 失礼ながら、庶民生活あまり経験されないまま人生を生きてきて、高級な店しか行かれていないのでは?
 個人的にタレントとしての平氏は好意的に見ていましたが、それでも世間知らずというのをよく感じていました。だから庶民の店の事情はわからないのだと思います。

 こうしたピント外れの記事を掲載する日刊スポーツはどういう意図なんですかね?トルコの事情も知らずに平氏の発言を鵜呑みで日本を叩きたいのですかね?
 ブログの記事を鵜呑みにしてウラをとらずにそのまま掲載して一丁上がりって、もはやメディアではなく素人のブログと何が違うのですか?これがメディアのレベルの低下を象徴していると思います。


<8月26日>
○一言
 24時間テレビ、Sexy Zoneの司会で無事終了。
 次回は是非ジャニーズWESTを起用してほしいですね。

 娘の影響で最近聞き始めたのですが、歌がうまい。個人的には桐山君と濱田君がいいと思います。是非彼らの声を聞いてほしい。そして、みんないい奴(と思う)だし苦労人。

 曲的にもおちゃらけが優先されていますが、実は「SCARS」や「雪に願いを」、最近では「初恋」など聴かせる曲がイケるのはこれまでのジャニーズにない魅力だと思います。正直カップリングの方が良い曲が多いように思います。

 彼らは苦労してがんばっているので、応援したい。実力が認められるべき才能があり努力をしてきた方々だと思うからです。


○一言2
 藤田菜七子騎手が女性騎手歴代勝利記録を更新とか。

 メディアは女性差別してるように感じます。彼女は努力しているし、女性の記録など更新は時間の問題だったわけで。
 女性という面での取材はある程度やむを得ませんが、アイドル的な報道は現に謹んでほしい。

 女性とか以前に騎手(プロ)として彼女を評価してほしいと思います。


○メディアから一言
 毎日によると、「自民党の石破茂元幹事長(61)は25日、総裁選への立候補を表明した際に掲げた「正直、公正」のキャッチフレーズを変更する可能性に言及した。東京都内で記者団に「別に人を批判するつもりはまったくない。そういうふうにとらえる方がいるなら、変えることだってあるだろう」と語った。」そうな。

 さんざん安倍総理への個人的批判をしてきておいて、いまさら?
 キャッチフレーズの問題ではなく、石破氏の人間性の問題のような。



<8月24日>
○一言
 吉田選手が読売が好きだ、と言ったことで「波紋」とメディアが騒いでいます。

 地方の純朴な高校生の素直な発言をいちいち報道するのはもういいかげんにやめるべきでは?

 甲子園で大活躍しただけで、プロでも芸能人でもない一市民であることを念頭に報道するべきです。

 メディアが最近いよいよおかしくなっていると思います。


○一言2
 りゅうちぇる氏がインスタグラムで家族の名前のタトゥーを入れて家族を守る決意を示したそうな。
 それに対し批判などが多かったようで「偏見を持たないでほしい」と主張したとか。

 そりゃあ無理だと思います。これは偏見でも差別でも何でもありません。
 一つ目は歴史的背景。入れ墨を入れるのは犯罪者かアウトロー。だから入れ墨を入れる人間は平凡な市民ではないという認識。
 二つ目は現在の状況。入れ墨を好んで入れるのは極道の方をはじめ入れ墨で相手を威圧できると考える方が多い。そういう発想は普通の市民ではありません。
 三つ目は国際標準。はっきり言えば、欧米でも芸能人やスポーツ選手などを除き、社会的には否定的な見方。もちろんムスリムの諸国は論外。国際標準から見ても否定的なのが当たり前なら、日本独特の「偏見」「差別」ではないわけです(ただし、中国も含め東洋文化の国はその意識が強いのは事実)。

 このように考えると偏見とか差別ではなく、入れ墨を入れるなら、覚悟を持って入れればいいだけの話です。
 それを普通だとしてアピールしたり、偏見とか差別とか言うからおかしくなるのです。


○メディアから一言
 産経によると、「沖縄県宜野湾(ぎのわん)市の米軍普天間飛行場を名護市辺野古に移設する計画に反対する市民団体のメンバー約70人が22日、県の基地問題担当者と県庁で面会し、辺野古埋め立て承認の即時撤回を求めた。市民団体は謝花(じゃはな)喜一郎副知事との面会も求め「(謝花氏との面会が)調整できないなら、われわれは勝手にここに押しかける。それじゃあ、ちょっとまずいでしょ」と問い詰めた。」とか。

 で、「市民団体幹部らは、9月30日投開票の知事選をにらみながら撤回の時期を探る県側の対応を批判。「撤回を知事選終了後まで待つなんて言語道断だ」「翁長さんの命までも奪っている日本政府に対して、みんなが一丸となって戦おうとしている。行政も一丸となってやってくださいよ」などと迫った。」そうな。

 これが事実なら、「市民団体」ではなく政治的圧力集団と記載を変更するべきだと思います。
 勝手に押しかけて副知事に合わせろ、と集団で騒ぐ人たちはただの活動家でしょう。

 さらに、日本政府が翁長氏の命を奪った?病死なのに?めちゃくちゃな理論で沖縄と政府の対立を煽りたいって、この方々、本当に日本国民なんですか?仮に日本国民なら、A国やB国やC国などから利益供与か洗脳されて暴れているだけではないですか?

 さすがに日本政府が翁長氏の命を奪ったというのはないわーと思いました。


○メディアから一言2
 22日付けBUSINESS INSIDER JAPANによると、「20代国家公務員の6割強が「兼業したい」――“忖度”生むキャリアの一本道を避けるためにも公務員は外に出よう」という見出しの記事が。

 20代なら兼業などする余裕もない人が多いでしょうね。追加的な仕事よりプライベートの充実を優先するべきだと思いますし。

 人間、時間は一日24時間しかないので。

 希望と現実は別の話です。ちなみにキャリア官僚は出向がノンキャリより遙かに多いし、研修などもあるので「外に出よう」というのは現実を知らない発言だと思います。


○メディアから一言3
 朝日によると、「社民党・又市征治党首 自民党総裁選は政権党の総裁選挙なわけですから、アベノミクスなど安倍政権のやってきたことを責任を持って議論してもらいたい。」とか。
 で、「石破(茂・元幹事長)さんとの論争を避けるような対応を取っているように思う。憲法改正も含め、国民の前で堂々とやるべきだということですし、論戦の機会を安倍さんが逃げ回ろうとすることは許されることではないということは率直に申し上げなければならない。(22日の記者会見で)」とか。

 阿呆ですか?無職で100%政治活動に専念できる石破氏と、総理としての仕事が優先の安倍総理では当然空いている時間が大きく下がるわけで。表現は悪いかもしれませんが、暇な石破氏だから討論会は何でもできるぜ、みたいな脳天気なこと言えるわけで。

 いずれにしても、党首選自体やっていない社民党がは討論はゼロじゃないですか。非民主的なおまえが言うな、という感じですし、それを批判しないで安倍批判につなげる朝日新聞は非論理的であり、正気を失っていると思います。


<8月22日>
○メディアから一言
 8月20日付け産経によると「埼玉県鴻巣市の「エルミこうのすショッピングモール」で20、21日に予定されていた自衛隊のイベントが日本共産党鴻巣市委員会などの要請で中止されたことが20日、分かった。」とか。

 具体的には「イベントでは自衛隊の子供用迷彩服の試着体験などが行われる予定だったが、市民に不安を与えるとして同委員会が15日にショッピングモールの館長に中止を求めていた。施設側が自衛隊埼玉地方協力本部にイベントの中止を申し入れ、同本部が受け入れた。」とか。

 「館長に中止を求めたのは同委員会のほか、日本共産党鴻巣市議団、新日本婦人の会鴻巣支部、平和遺族会鴻巣支部などで、同党の鴻巣市議は「商業施設で子供たちに迷彩服を試着させるのは違和感があるとの市民の声もあり、要請した」と話している。」だとか。

 頭がおかしい。迷彩服はユニクロをはじめ普通に売られているのに自衛隊が試着イベントやろうとしたらイベント自体をやめろとか、正気とは思えない。

 だったらユニクロを始め迷彩服を売る企業すべてに抗議してくださいよ。

 やらないのなら日本共産党、新日本婦人の会、平和遺族会は「自衛隊を差別する悪質な集団」です。差別集団をなぜ朝日や毎日の人権重視のメディアは批判しない?
 得意のダブルスタンダードですか?

 こういう政治的威圧行為がまかり通るのは民主主義ではありません。
 日本共産党、新日本婦人の会、平和遺族会は中国やロシアのような弾圧者であり、民主主義を理解していない
とんでもない集団です。

 「日本共産党や「婦人の会」は自由を弾圧し、自衛隊を貶めて排除する危険集団だ」と朝日とか毎日もきちんと報道するべきではないですか?

 私は特定の政治集団のせいで自由な活動を封じられるなどあってはならないと思います。


○メディアから一言2
 報知によると、20日に「決勝進出を決めた金足農(秋田)ナインが、大阪・守口市内の選手宿舎で取材に応じた。」とか。

 吉田選手の疲労を心配するなら、取材せずに休ませてやれよ・・

 メディアはいつも言っていることとやっていることが違い、自分優先の最悪の権力だと思います。


○一言
 今週の日曜日は京セラまで応援に行きましたが・・福良(監督)今すぐ辞めろという怒りしか感じませんでした、もう福良なら京セラは行かない。
 何が許せないかというと9回、山田を登板させたこと。
※山田は8月、16試合中13試合登板・・。ちなみに岩本も同じくらいです・・。

 挙げ句の果てに、毎日新聞による「オリックス・福良監督 ミスからの失点が痛い。(救援の)山田の出番が続いていてちょっとかわいそう。ずっと投げているからね。考えていかないと。

 アホか!選手起用するのは監督であり、「考える」のは監督でしょう!この発言は異常です
 
頭おかしくなっている福良監督は即時休養するべきです。

 黒木、山本、吉田一に続き、酷使で潰すだけの無能監督の福良は即時辞めろ!
※なお、福良監督の人間という意味ではいい方だと思います。あくまでも監督としての福良氏批判です。


○メディアから一言3
 朝日によると「ジャカルタで開催中の第18回アジア競技大会で、バスケットボール男子の日本代表4人が17日未明、女性を連れ出すことができるカラオケ店を公式ウェアを着たまま訪れていた。日本オリンピック委員会(JOC)は「日本代表選手団としてふさわしくない行動があったことは事実。厳しい処分をする」としている。

 日本代表チームは16日、午後6時半からあった1次リーグ2戦目のカタール戦に出場。その後の17日午前1時ごろ、選手4人が「JAPAN」の文字が入った白いポロシャツ姿で、ジャカルタの歓楽街「ブロックM」にあるカラオケ店の前で店側と交渉しているところを朝日新聞の記者が目撃した。従業員の女性によると、「店の友達何人かと(店外で)ご飯を一緒に食べた」という。」

 午前1時に歓楽街をうろついていること自体非常識。さらに日本代表のポロシャツで買春。若気の至りとか以前の問題。

 個人行動ならいざ知らず4人の集団行動というのが最悪です。
 バスケ選手はトップレベルでもこういう非常識なことをするのかと言う時点で「緩さ」を感じます。


○メディアから一言4
 21日付けハーバービジネスオンラインによると。
 「今年7月、東南アジアのラオスで起きたダム決壊事故。メコン河の支流セコン川水系に建設中のセピアン・セナムダムの貯水池に設置した補助ダムが崩壊し、あふれ出た膨大な水が下流の6 の村を直撃。のべ13の村が浸水する大惨事となった。

ネット上でも、韓国叩きの“燃料”としてネット右翼たちが大いに盛りあがった。だが問題のダムには、日本の公的機関や民間企業も資金面で関与しているのだという。東南アジアでの開発と人権について政策提言を行うNPO「メコン・ウォッチ」の木口由香事務局長は「日本の責任も大きい」と指摘する。」とか。

 阿呆ですか、?なぜ日本の責任が大きいとかいう発言が出るのか。根拠なく日本を叩く木口氏はとっとと中国に亡命してください(笑)


<8月17日>
○メディアから一言
 創志学園の選手のガッツポーズが注意された件で、メディアからしたり顔での高野連批判や「素直な感情を出してどこが悪い」批判が。

 最近の、すぐに善悪で評価したり、別の問題を放り込んでくる雑な報道はおかしいと思います。

 本件は、選手個人が良いとか悪いという話ではありません。
 高校生のスポーツなのですから、そこは「教育」の問題であり、高校側による適切な教育がなされていないという問題です。
 過度なガッツポーズ(や雄叫び)は挑発行為につながるわけで、これは特に国際試合では報復の対象にすらなります。
 それを審判の責任で指導したに過ぎず、本来これは高校側がきちんとやらないといけない。

 こうした野球以外の部分をしっかりしている生徒は賞賛されますが、これはその学校の教師や監督の教育が良いということです。
 この場合は「学校側の指導が行き届いている」ともなるのですが、なぜ逆の場合は個人の話になったり別な話をぶっ込んできたりするのでしょうか。
 個人がどうこうという表面的なことや別な問題にすり替えるのではなく、「なぜそういうことがいけないのか」の「なぜ」を啓発としてやんわりと、そしてしっかりと報道するべき単純な話だと思います。


○メディアから一言2
 産経によると「沖縄県の富川盛武副知事は16日、米軍普天間飛行場(宜野湾=ぎのわん=市)の名護市辺野古移設に絡む埋め立て承認を撤回する時期について戦略上言えない。当分は話すことはない」と語った。政府は台風の影響で、17日に予定していた土砂投入を週明け以降に延期する方針を固めている。」とか。

 「戦略上」って・・。政治家でもある知事なら言ってもいいけど、行政側の副知事が公に言ってはいけないセリフです。
 なぜ産経以外はどこも突っ込まないんだろう・・。


○メディアから一言3
 毎日によると「9月の自民党総裁選に出馬する石破茂元幹事長(61)は16日、BS日テレの番組収録で、安倍晋三首相(63)が秋の臨時国会で党として憲法改正案を提出する考えを示したことについて「ありえない。総裁の考えを一度も提示しないままに『議論は尽くされた』とはどういうことか」と述べ、批判した。

 石破氏はその後、記者団に「秋に(改憲案を)出すというのはスケジュールありき。民主主義の現場を理解していないとしか思えない」と語った。そのうえで、改憲手続きを定める国民投票法改正案の成立を急ぐべきだと主張した。」とか。

 反安倍メディアに乗せられて野党みたいなことストレートに言ってはダメでしょう。
 例えば、社長派と専務派で次期社長の椅子を争っていたとして、専務がメディアに向かって「社長は経営がわかっていないとしか思えない」とか言ったらダメでしょう。もちろん熾烈な派閥闘争の結果、負けたら干されても文句は言えない。

 「干される」批判といい、石破氏は本気で総裁選に挑んでいる自覚はあるのかなぁ?
 スポーツやゲーム感覚の甘さというか薄っぺらさを感じます。


○メディアから一言4
 14日付け週刊女性PRIMEで、目黒の虐待殺人事件でこんな記事が。
 「「政治家は票集めにもっともらしいことを言う。法律や制度ができたら虐待死が減るかもしれん。ただ、申し訳ないが、俺らからしたら終わったこと。結愛は帰ってこんきに」
 そう話すのは、結愛ちゃんの実父方の祖父(43)だ。

「児童相談所が強制的に結愛を確認していれば死ななかった。様子を見に行って確認できませんでしたと帰ってくることがおかしい。
 新聞の勧誘やないんやけ。新しく法律や制度が変わっても建前にしか思えん。すでに児相というシステムがあるのに、なんで助けられんかったんや」
 と祖父は吐き捨てる。」とか。

 うーん・・虐待があったのは香川時代からで、2回保護されていますから・・。

 もちろん結果から激怒して怒りのやり場がないのはわかります。
 だからこそ、何でもいいから行政を叩きたいために一般の方の感情的なセリフを使うというのはいくら週刊誌とはいえやり過ぎだと思います。もっと別な方法で批判するべきです。

 周防大島の発見者の方もそうですが、一般の方の報道や情報は抑制されてしかるべきだと思いますけど。


<8月11日>
○一言
 パンパシ水泳、熱い!個人的には入江選手良かったなぁ、と思っていました。池江選手もすごすぎます。
 が、今日はさらにすごかった。男子リレー。
 水泳をやっていた子供と見ていましたが、一時はトップで、最後4位から差し返したのではないかと思ったらなんと0.01秒差。
 すごいレースでした。0.01秒差って何センチ?日本記録を1秒以上更新したがんばりに感動。

 アメリカの失格でメダルを獲得したようですが、五輪では是非ガンバってください!

 余談ですが、日本が熱いのは松岡さんが海外に行かれていないからか、と納得しました(笑)


○メディアから一言
 報知によると、「映画の山田洋次監督(86)が11日、東京・池袋の新文芸坐で開催された「第七回新藤兼人平和映画祭」でトークイベントを行った。」そうな。

 で「平成最後の終戦記念日を迎えようとしている。どうしても、次代を担う若い世代が気になるようで「最近の若い人たちは政治家のスキャンダルにも騒がない。かつては東京医科大の“不正入試問題”のようなことがあれば、日本中の学生がデモンストレーションを起こした。もっと怒っていい。無気力なのが心配」と話していた。」とか。

 はっきり言って、学生運動なんてお祭りでしょ。今と違って7時とかに平気で帰れる暇な時代の人たちによるお祭り。
 最近の労働者はそんな甘い暇な世界では生きていないのですよ。
 あなた方の世代は年金も満額60歳からもらえるんでしょ?うちらは70歳からもらえるかどうかすらわからない。

 暇でも金を稼げたあなた方とは全然時代が違うのですよ。

 暇だから、高齢者は今でも意味不明に怒ってクレームつけて他人に迷惑かけていること、少しは理解した方が良いと思いますよ。

 個人的には、安保世代の、暇で、そして仕事も楽だった連中の戯言には怒ってますよ!(笑)


○メディアから一言2
 11日付けデイリーによると、北川弘美氏なる方(女優さんらしい)の記事が。

 「北川は「そのままベビーカーは前に倒れてしまいました。赤ちゃんが頭から傾き、地面に垂直に逆立ち状態」と、とんでもない事態になった。「何が起こったのか理解できず頭が真っ白に。慌ててベビーカーを戻し息子の状態を確認。驚きの顔をしているものの泣きもせず大丈夫なようでした」と幸いなことに大事に至らなかったことをつづった。

 地面を確認すると「マンホールの縁に凹みがあり」、そこにタイヤがはまった模様だった。北川は「自分の注意不足と突然現れた?穴ぼこに怒りが湧きます。幸いにもベビーカーのベルトをしていたので息子が飛び出ることもなく、ベビーカーのクッションの中で守られました」と記した。」そうな。

 一般論で言えば、いくら穴があっても、スピードを出さなければベビーカーが垂直状態などにはなりません。
 そもそも、地面は穴ぼこあいているのが当たり前。舗装道路だってそこかしこに様々な理由で陥没とかあるわけで。

 ベビーカーで駆け込み乗車する人とかもそうなんですが、もっとゆっくり時間を使って、子供のことを第一に考えた育児をしてほしいものです。急ぐことは無駄なリスクを負っていると理解してほしいと思います。


<8月8日>
○一言
 翁長知事の訃報について、まずはお悔やみ申し上げます。

 ここからは歴史専攻からみた政治家翁長氏への批判です。メディアは持ち上げてるだけなので冷静に批判を。 

 「命をかけた」と言えば聞こえが良いですが、死してなお影響力を及ぼそうとしたという意味で最悪だと思います。

 具体的には。再入院3日前に、将来に続く重大な判断を「知事の責任」でしたのは政治家として重大な問題。実際8月4日に肝臓への転移を明らかにし、いざというときは職務代行者を置くように指示をしたということですから厳しいことはわかっていたはず。
 トップは決定に対し、その対応をする責任があります。それができないのであれば決めてはいけない。無責任極まりないと考えます。

 将来を考えるのであれば、病的に痩せるなど一定の重い病気であることは周知であったため、退陣することで選挙で沖縄県民の判断を仰ぐことはできたはずです。民主主義とはそうあるべきです。

 沖縄県民に判断をゆだねることができず、自分の影響力の行使と、自らの死後の影響力(「弔い合戦」による同情票獲得)を優先したのは、民主主義の政治家としては間違っていると思います。

 死してなお、影響力を行使する考え方は、歴史上遺言その他で混乱をもたらした数多くの例を見ても間違っていることは明らかだと思います。


○メディアから一言
 朝日によると「松本元死刑囚らの死刑執行文書、ほぼ全て黒塗りで開示」という見出し。

 はっきり言って、メディアの情報公開請求多いんですけど、批判のための請求は公務員の業務を増やすだけで正直勘弁してほしいんですよね。

 具体的には、記事によると、「オウム真理教元代表、松本智津夫(麻原彰晃)元死刑囚(執行当時63)ら教団元幹部の死刑執行に関する文書の一部を、法務省が8日、朝日新聞に開示した。ただ、執行状況や遺言など、ほとんどの項目が「黒塗り」で非開示とされていた。
文書はいずれも(1)氏名(2)執行年月 日時(3)執行立会者氏名(4)執行状況(5)本人の刑に対する心情、遺言等(6)遺体の処置、引取人の住所、氏名(7)参考事項――の7項目で構成されている。黒塗りがなかったのは(1)と(7)で、(7)はいずれも「特になし」などとされていた。

 (2)は日付は開示されたが、執行や死亡確認の時刻とみられる欄は黒塗りされていた。(3)は、検察庁の名称や立ち会った人の肩書は開示されたが、氏名は非開示だった。(4)~(6)はすべて黒塗りされていた。」と。

 ほとんどが個人情報だし、立会人の氏名を明らかにしたらメディアの取材が来るので公開できないのは明らか。
 わかってると思うんですよね。メディアもバカではないから。
 にもかかわらず請求した上で、黒塗り批判とか訳わからない
です。

 メディアスクラムもそうですが、メディアの権力は何をやっても許されると考えている強大なものであることが、一番の問題なのだと思います。



<8月7日>
 8月7日の時事通信によると「自民党の杉田水脈衆院議員がLGBT(性的少数者)のカップルを「子供を作らない、つまり『生産性』がない」と月刊誌に寄稿した問題で、障害者や難病患者、支援者らで構成する団体が7日、東京都内で記者会見し、「出産をめぐり思い悩んでいる障害者の心を深く傷つけた」などとして杉田氏の謝罪や自民党による相当な処分を求める声明を発表した。」とか。

 「団体は「生きてく会(すべての人が差別されることなく安心して生きていく会)」。6日、障害者団体の代表らが中心になって設立した。」だそうな。

 で「声明は、杉田氏について「出産しない人は行政的支援に値しないと断じたもので、出産の可否を支援の根拠とする価値観は偏見や差別によることは火を見るよりも明らか」と指摘している。」とか。

 すごく気持ち悪いのが、6日に設立された団体が翌日に記者会見をしていること。自分たちは批判されていないのに勝手に「傷ついた」と謝罪を求めていること。何より「支援」(税金投入)を強調していること。

 率直に言えば、一議員の杉田氏の寄稿程度で障害者や難病に投入される税金(行政的支援)の額は何ら影響は受けないと思います。
 にもかかわらず、こういう行動を取るというのは、「支援」の意味を理解しているのだろうかと。

 健常者が働いて払っている税金。でも健常者といってもいろいろ病気を抱えながら働いていて税金を納めていることを理解しているのですか?

 相互扶助だから、自分たちより大変な方に支援というのは当たり前だと思います。いつ自分が難病や障害者になるかわかりませんしね。でも、当然の「権利」じゃないんですよ。

 なにより、「出産をめぐり思い悩んでいる」障害者の方ってどのくらいですか?健常者でも20代、30代以外で「思い悩んでいる」人は少ないと思います。だから、無理矢理な論理でとにかく「支援」を要求しているのが透けて見えて気持ち悪い

 体を少しずつ壊しながらも働いて税金を納めている健常者が「支援」をさせていただいているということを少しは理解してほしいと思います。


<8月6日>
○一言
 ボクシング協会の件。はっきり言えば、公益法人にこういう人たくさんいます。人事権を私物化していい団体をゆがめている人。
 もちろんそうではない人もいますが、

 個人的にも、例えば、ある会合で私が国の代表として出席しましたが、その団体の理事長は、来賓挨拶中にずっと私語。
 会員からの要望についても、「何言ってるんだあいつは、生意気だ」とか小声で言うのが聞こえていました。

 あまりの非常識に怒りをこらえるのが大変でした。会員の金で何百万もの給料もらっているくせに。
 こういう人間に限って長期政権。その方も70歳を超えていました。

 安倍政権(総務省)は、70歳以上の理事長の就任を認めないと公益法人法を改正するべきです。審議会の委員も70歳以上は原則認めないのですから、当たり前では?

 私の経験では権力亡者ではない70歳を超えた賢者は非常勤の理事(ご意見番)でも喜んで引き受けてくださるはずです。


○一言2
 ボクシング協会の関係で一番問題なのは会計関係でしょう。
 例えば240万の五輪報奨金を3分割したという件。山根会長個人が時計を売って返金したというのは会計上おかしい。組織に支払われた金を個人が返金するなどあり得ません。会計帳簿を調べればいろいろ出てくるのではないでしょうか。

 次の問題は暴力団関係。山根会長が「杯を受けていない」とメディアで言ったのは、暴力団員の場合、法律上一発アウトだからだと思います。
 ちなみに会食等でも、日本プロゴルフ協会のように、総務省から行政指導を受けるのは明らか。
 このあたりも調べればいろいろ出てくるのでは?

 もっと大きな問題が、スポーツ団体に限らず、公益法人は、王様を簡単に作れる構造です。こういった団体に税金が何億も流れているのです。

 「王様」がイエスマンを取り巻きとし、人事や税金を自由にする。この構造を壊さないと同じ問題はまた起こるでしょう。

 メディアは「王様と取り巻き」が怖くて今回のように「落ちた犬」でないと報道すらできないというのが情けない・・。


<8月5日>
○一言
 LGBTに対する杉田議員の「生産性」発言への抗議活動が今日も行われたとか。
※個人的にはLGBとTは全く異なると思いますが、一緒にされているのでまとめて論じます。

 個人的には、「自由に生きる権利がある」その通り。「誰からも批判されたくはない」その通り。「差別だ」ん?
となるわけです。

 理由は簡単で、杉田氏の「生産性」は、そもそも「生産性」を誤解しており、寄稿としての質が低い。
 論理的に生産性の定義を勘違いしており経済生産性とは無縁であり、また子を産まないという観点で人の生産性をどうこう言うのは誤った寄稿であると反論すれば良いだけの話だと思います。

 ところが、差別だのと言って街宣を繰り返す政治的勢力たち。本人たちは怒りの表明だというのかもしれませんが、一般市民から見れば、個人的つるし上げの領域に達しているので、LGBT活動をする団体というものに恐怖を感じます。

 LGBTの方々は、自分たちをタブーの集団、言い換えれば関わりあっちゃいけない集団にしたいんですかね?
 日本は歴史のせいか、欧米に比べると実体面で遙かに寛容だと思いますけど。
 欧米の差別って、形式的には出さないんですよ。でも本音はすごいですよ。そこわかって「欧米は寛容」と言っているのかなぁ、と思います。

 要は何が言いたいかというと、本件の問題は十分世間に伝わったので、ここいらでやめた方がいいんじゃないかということ。
 杉田議員はどうでも良いですが、LGBTの権利を訴える集団が個人をつるし上げ、デモを繰り返して圧力をかける怖い集団だ、と市民に思われるのは逆に大きなマイナスではないかな、と思うからです。

 特に「T」(トランスジェンダー)の方は、LGBの方と一線を画していると思いますので、余計にマイナスだと思います。


<8月4日>
○一言
 自民党総裁選の記事で、石破氏を好意的に取り上げている朝日や毎日などの反安倍メディアは政策を見て言っているのでしょうか?

 石破氏の政策の柱は安全保障と地方創生。経済政策や社会保障政策については不明なだけでなく、社会保障のための消費税の10%以上の増額やむなしの立場。言い換えれば高福祉高負担です。

 これらは個人的には賛同しますが、経済政策がわからないので全面的賛成ではないです。

 いずれにせよ、朝日や毎日の路線とは安倍以上に路線が違うのになぜ好意的なのか。反安倍なら何でも良いのか。
 
市民に事実を伝えるという本来の仕事忘れてマスメディアとしての役割を失っている象徴的なことだと思います。


○一言2
 石破氏批判ではないですが、地方創生というのはいったい何なのか、と思います。

 「経済からみた江戸時代」でも言及していますが、地方が独立経済圏を築けるのは物流がない時代です。
 交通が便利になれば、経済効率とストロー効果で人も物もすべて大都市に持って行かれます。
 例えば、2時間で帰れるのならわざわざ事業所を設置する必要が減るからです。地元のより多くの品物を置いてある大都市に人は移動するからです。

 にもかかわらず、例えば高速道路ができれば、地方への交通が便利となり、産業が来るというのは、正直わかっていないと思います。

 限界集落などは最低限の対策とし、基本水源や林業対策などで国に譲渡し、コンパクトシティを目指す。
 道府県も人集めないと成り立たない時代になっていると思います。

 そういうふうに考えるので、石破氏の地方創生は発想自体が時代遅れだと感じます。
 自然淘汰を無視して税金を投入する発想は全くの無駄遣いです。
 雇用がないんだから。有能な若者が都会に出て帰ってこないのだから。


○メディアから一言
 TBSニュースによると、「3日午後、長崎県波佐見町で1歳の女の子が車の中で死亡しているのが見つかりました。死因は、熱中症によるものとみられています。」とか。

 具体的には、「女の子が乗っていた車は自宅横の駐車場に止めてあり、午前中、家族と出かけて帰宅したあと、車から降ろし忘れられた可能性もあるとして、警察が当時の状況を詳しく調べています。」とか。

 笑わせるな。1歳の女の子はベビーシートに乗せられているので、忘れるなど100%あり得ません。
 もちろん、荷物を運び込むのを優先したので数分忘れたとかはあるかもしれませんが、気づかないはずがない。
 まあ、普通は荷物より乳児を先に家に入れますけどね。

 メディアは熱中症の事案として報道していますが、熱中症関係ないでしょう。
 日頃は人権を唱えるメディアはどうした?乳児の人権はないんですか?
普通に殺人事件の事案だと思いますが。


<8月2日>
○一言
 文科省の汚職。
 何十年も前にノーパンしゃぶしゃぶで叩かれ、国家公務員倫理法もあるなかで・・。今時銀座のクラブで接待とかはないんじゃないかなーと感じています。最高幹部の世界をよく知っているわけではないのですが・・。

 文部科学省の幹部は前川喜平氏とかゆとり教育の寺脇氏とか、どういうレベル?

 ちなみに、メディアが反安倍でさんざん使っている前川喜平さんも前事務次官ですから知らないわけないですよねぇ??
 インタビューなり報道なりを全然しないメディアの偏りを感じます。


○最低限の交通ルールの遵守をお願いします。
 「アクセルを踏むとき、道を渡るときに、ちょっとでいいから(亡くなった)えみるのことを思い出してやってください」(風見しんごさん)

○ご意見、ご感想はこちらまでお願いします→makinoh2アットマークops.dti.ne.jp

 件名には具体的な内容のご記入をお願いいたします。

※就職にあたってのご質問は、まずは書店等の公務員就職関係の書籍のチェックをお願いします。