明るい!?国家公務員のページ

~FUNNY!?GOVERNMENT OFFICIALS~


左が私が子どもの時、接着剤や塗料を使って作った旧モデルのドライセン。
右が最近作ったHGUCの素組です。当時の指定塗料の色と大分違うなーと感じます。

旧モデルでは両腕のガトリングはギミックでそのまま露出できたのですが、HGUCでは差し替え。
指も旧モデルでは親指と人差し指、残りの3指が別パーツで、「握る」というのが表現できました。
 が、HGUCではできません。旧モデルの左の親指のリアルな感じ、わかりますか?
ただ、塗装は大変なので若い頃はここまでやったけど、年とるとこれくらいがせいぜい、というのを感じます・・・。


ようこそいらっしゃいましたー。 人目のお客様です(1999.3.9より)。

ご訪問ありがとうございました:100万(2006.7.19)、200万(2008.6.15)、300万カウント(2010.2.18)、
400万カウント(2011.11.12)、500万カウント(2014.1.19)、600万カウント(2016.6.10)、700万カウント(2018.6.22)
SNSや動画が当たり前の時代に古めかしいサイトご訪問ありがとうございます。


☆更新情報その他
 
愛猫フェイの写真館更新しました。20号館で終わりです。逝去して半年。我々が結婚してすぐに我が家に来て、ずっとそばにいた家族。
 育てられない子猫を譲る会をやっていて、一番元気な子を頂きました。
 
本当にありがとう、フェイ。あの世で幸せに。いつかまたあの世で出会う日まで家族を守って下さい。
(追記)時が流れるのは早いもので、もう1年たちました。先日掃除をしていたら、フェイの爪を発見・・。いろんなとこに付着している毛もそうですが、まだまだ足跡残っています。天国で元気にやっているだろうか、そういう足跡を見るたびに思います。

 先輩からあまり注意(教育)されないと言う新人の方へ。一つの考え方としてご覧下さい。→
こちら
 本サイトのコメントは全て組織とは関係ない個人の見解です。

経済からみた江戸時代 '05/7/19更新
江戸時代というのは実はすごい時代だったのです。特に教科書は間違いや嘘ばっかりなのでだまされないでくださいねー。
国家公務員はこんなもん '05/5/30更新
国家公務員の実態などについて書いています。新聞や雑誌、HPは極端な話ばっかりですよー。
テレビではわからない実際の話 '10/6/18更新
マスコミ報道は何かあれば政府を批判すればいいような感じです。
でも本当にそうなのでしょうか?規制緩和、教育、年金などについて、国家公務員の仕事をやっている現状から考えた観点でお話しします。
伝言板
伝言板です。いろいろ方と気軽な雑談をしたいです。
投稿前にこちらをお読み下さい。自己主張(アジテーション)はご自身のblogでどう
ぞ。
フェイ写真館 '17/11/03更新 new
うちのいたずらっ娘の画像です。猫好きの方へ。
2017年5月16日、18歳11ヶ月で逝去いたしました。天国でものんびり気ままに暮らしていると思います。

自己紹介とお願い
お約束の自己紹介とこのHPでのおきまりです。

<趣味のコメント>
 私はKOTOKOさんが好きなのですが、、特に昔のは入手困難の音源が多くて・・。何とかならないかなぁ、と(あと外れや人により評価が正反対の曲などもあります)。
 個人的には「未来自画像」「allegetto~そらときみ~」「同じ空の下で」「went away」。メジャーデビュー版で言えば「サクラノアメモエギノヨ」が一番好きです。

 その他私的には「room」「Le cief~迷宮の鍵~」「frozen fir tree」「茜空」「Love mission!!~なんだ。ただの恋か」「Imaginary affair」「Just As Time Is Running Out」「Unsymmetry」「雪華の神話-in X'mas mix」「ひとりごと-2009ver」「resolution of soul」「jihad」「agony」「snow angel」「秋爽」「Sign of Suspicion」「夏風ノスタルジア」「Re-sublimity」「Fece of Facts」「Teller of World」で25曲ですか(順不同)。もっと出せ、と言われればもちろん出せますが・・(笑)

 それと久しぶりのニューアルバム発売決定!6/27発売「tears cyclone –廻-」。

 KOTOKOさんのよさはユーチューブなどでぜひ。
よかったら買って下さい。「Sign of Suspicion」入っています!

○固定の一言
 
小西ひろゆき先生(民進党)はまずツイッターで公約した亡命を早く実現してください。国民にうそをついてはいけません。
 また、2018年4月1日の小西先生のツイッター。「憲法と民主主義を破壊する安倍内閣に新しい元号を決めさせてよいのか。安倍政権の世界史上に残る大罪が断罪された後も安倍元号を使い続けるのか。国民の皆さんに真剣に考えて頂きたい。」とか。
 世界史上に残る大罪とは?安倍元号という意味不明な言葉からも単なる誹謗中傷であり、小西先生は正気を失っているのは明らかです。
 歴史専攻として小西先生の反論お待ちしています(笑)。



<8月11日>
○一言
 パンパシ水泳、熱い!個人的には入江選手良かったなぁ、と思っていました。池江選手もすごすぎます。
 が、今日はさらにすごかった。男子リレー。
 水泳をやっていた子供と見ていましたが、一時はトップで、最後4位から差し返したのではないかと思ったらなんと0.01秒差。
 すごいレースでした。0.01秒差って何センチ?日本記録を1秒以上更新したがんばりに感動。

 アメリカの失格でメダルを獲得したようですが、五輪では是非ガンバってください!

 余談ですが、日本が熱いのは松岡さんが海外に行かれていないからか、と納得しました(笑)


○メディアから一言
 報知によると、「映画の山田洋次監督(86)が11日、東京・池袋の新文芸坐で開催された「第七回新藤兼人平和映画祭」でトークイベントを行った。」そうな。

 で「平成最後の終戦記念日を迎えようとしている。どうしても、次代を担う若い世代が気になるようで「最近の若い人たちは政治家のスキャンダルにも騒がない。かつては東京医科大の“不正入試問題”のようなことがあれば、日本中の学生がデモンストレーションを起こした。もっと怒っていい。無気力なのが心配」と話していた。」とか。

 はっきり言って、学生運動なんてお祭りでしょ。今と違って7時とかに平気で帰れる暇な人たちによるお祭り。
 最近の労働者はそんな甘い暇な世界では生きていないのですよ。
 あなた方の世代は年金も満額60歳からもらえるんでしょ?うちらは70歳からもらえるかどうかすらわからない。

 暇でも金を稼げたあなた方とは全然時代が違うのですよ。

 暇だから、高齢者は今でも意味不明に怒ってクレームつけて他人に迷惑かけていること、少しは理解した方が良いと思いますよ。

 個人的には、安保世代の、暇で、そして仕事も楽だった連中の戯言には怒ってますよ!(笑)


○メディアから一言2
 11日付けデイリーによると、北川弘美なる方(女優さんらしい)の記事が。

 「北川は「そのままベビーカーは前に倒れてしまいました。赤ちゃんが頭から傾き、地面に垂直に逆立ち状態」と、とんでもない事態になった。「何が起こったのか理解できず頭が真っ白に。慌ててベビーカーを戻し息子の状態を確認。驚きの顔をしているものの泣きもせず大丈夫なようでした」と幸いなことに大事に至らなかったことをつづった。

 地面を確認すると「マンホールの縁に凹みがあり」、そこにタイヤがはまった模様だった。北川は「自分の注意不足と突然現れた?穴ぼこに怒りが湧きます。幸いにもベビーカーのベルトをしていたので息子が飛び出ることもなく、ベビーカーのクッションの中で守られました」と記した。」そうな。

 一般論で言えば、いくら穴があっても、スピードを出さなければベビーカーが垂直状態などにはなりません。
 そもそも、地面は穴ぼこあいているのが当たり前。舗装道路だってそこかしこに様々な理由で陥没とかあるわけで。

 ベビーカーで駆け込み乗車する人とかもそうなんですが、もっとゆっくり時間を使って、子供のことを第一に考えた育児をしてほしいものです。急ぐことは無駄なリスクを負っていると理解してほしいと思います。


<8月8日>
○一言
 翁長知事の訃報について、まずはお悔やみ申し上げます。

 ここからは歴史専攻からみた政治家翁長氏への批判です。メディアは持ち上げてるだけなので冷静に批判を。 

 「命をかけた」と言えば聞こえが良いですが、死してなお影響力を及ぼそうとしたという意味で最悪だと思います。

 具体的には。再入院3日前に、将来に続く重大な判断を「知事の責任」でしたのは政治家として重大な問題。実際8月4日に肝臓への転移を明らかにし、いざというときは職務代行者を置くように指示をしたということですから厳しいことはわかっていたはず。
 トップは決定に対し、その対応をする責任があります。それができないのであれば決めてはいけない。無責任極まりないと考えます。

 将来を考えるのであれば、病的に痩せるなど一定の重い病気であることは周知であったため、退陣することで選挙で沖縄県民の判断を仰ぐことはできたはずです。民主主義とはそうあるべきです。

 沖縄県民に判断をゆだねることができず、自分の影響力の行使と、自らの死後の影響力(「弔い合戦」による同情票獲得)を優先したのは、民主主義の政治家としては間違っていると思います。

 死してなお、影響力を行使する考え方は、歴史上遺言その他で混乱をもたらした数多くの例を見ても間違っていることは明らかだと思います。


○メディアから一言
 朝日によると「松本元死刑囚らの死刑執行文書、ほぼ全て黒塗りで開示」という見出し。

 はっきり言って、メディアの情報公開請求多いんですけど、批判のための請求は公務員の業務を増やすだけで正直勘弁してほしいんですよね。

 具体的には、記事によると、「オウム真理教元代表、松本智津夫(麻原彰晃)元死刑囚(執行当時63)ら教団元幹部の死刑執行に関する文書の一部を、法務省が8日、朝日新聞に開示した。ただ、執行状況や遺言など、ほとんどの項目が「黒塗り」で非開示とされていた。
文書はいずれも(1)氏名(2)執行年月 日時(3)執行立会者氏名(4)執行状況(5)本人の刑に対する心情、遺言等(6)遺体の処置、引取人の住所、氏名(7)参考事項――の7項目で構成されている。黒塗りがなかったのは(1)と(7)で、(7)はいずれも「特になし」などとされていた。

 (2)は日付は開示されたが、執行や死亡確認の時刻とみられる欄は黒塗りされていた。(3)は、検察庁の名称や立ち会った人の肩書は開示されたが、氏名は非開示だった。(4)~(6)はすべて黒塗りされていた。」と。

 ほとんどが個人情報だし、立会人の氏名を明らかにしたらメディアの取材が来るので公開できないのは明らか。
 わかってると思うんですよね。メディアもバカではないから。
 にもかかわらず請求した上で、黒塗り批判とか訳わからない
です。

 メディアスクラムもそうですが、メディアの権力は何をやっても許されると考えている強大なものであることが、一番の問題なのだと思います。



<8月7日>
 8月7日の時事通信によると「自民党の杉田水脈衆院議員がLGBT(性的少数者)のカップルを「子供を作らない、つまり『生産性』がない」と月刊誌に寄稿した問題で、障害者や難病患者、支援者らで構成する団体が7日、東京都内で記者会見し、「出産をめぐり思い悩んでいる障害者の心を深く傷つけた」などとして杉田氏の謝罪や自民党による相当な処分を求める声明を発表した。」とか。

 「団体は「生きてく会(すべての人が差別されることなく安心して生きていく会)」。6日、障害者団体の代表らが中心になって設立した。」だそうな。

 で「声明は、杉田氏について「出産しない人は行政的支援に値しないと断じたもので、出産の可否を支援の根拠とする価値観は偏見や差別によることは火を見るよりも明らか」と指摘している。」とか。

 すごく気持ち悪いのが、6日に設立された団体が翌日に記者会見をしていること。自分たちは批判されていないのに勝手に「傷ついた」と謝罪を求めていること。何より「支援」(税金投入)を強調していること。

 率直に言えば、一議員の杉田氏の寄稿程度で障害者や難病に投入される税金(行政的支援)の額は何ら影響は受けないと思います。
 にもかかわらず、こういう行動を取るというのは、「支援」の意味を理解しているのだろうかと。

 健常者が働いて払っている税金。でも健常者といってもいろいろ病気を抱えながら働いていて税金を納めていることを理解しているのですか?

 相互扶助だから、自分たちより大変な方に支援というのは当たり前だと思います。いつ自分が難病や障害者になるかわかりませんしね。でも、当然の「権利」じゃないんですよ。

 なにより、「出産をめぐり思い悩んでいる」障害者の方ってどのくらいですか?健常者でも20代、30代以外で「思い悩んでいる」人は少ないと思います。だから、無理矢理な論理でとにかく「支援」を要求しているのが透けて見えて気持ち悪い

 体を少しずつ壊しながらも働いて税金を納めている健常者が「支援」をさせていただいているということを少しは理解してほしいと思います。


<8月6日>
○一言
 ボクシング協会の件。はっきり言えば、公益法人にこういう人たくさんいます。人事権を私物化していい団体をゆがめている人。
 もちろんそうではない人もいますが、

 個人的にも、例えば、ある会合で私が国の代表として出席しましたが、その団体の理事長は、来賓挨拶中にずっと私語。
 会員からの要望についても、「何言ってるんだあいつは、生意気だ」とか小声で言うのが聞こえていました。

 あまりの非常識に怒りをこらえるのが大変でした。会員の金で何百万もの給料もらっているくせに。
 こういう人間に限って長期政権。その方も70歳を超えていました。

 安倍政権(総務省)は、70歳以上の理事長の就任を認めないと公益法人法を改正するべきです。審議会の委員も70歳以上は原則認めないのですから、当たり前では?

 私の経験では権力亡者ではない70歳を超えた賢者は非常勤の理事(ご意見番)でも喜んで引き受けてくださるはずです。


○一言2
 ボクシング協会の関係で一番問題なのは会計関係でしょう。
 例えば240万の五輪報奨金を3分割したという件。山根会長個人が時計を売って返金したというのは会計上おかしい。組織に支払われた金を個人が返金するなどあり得ません。会計帳簿を調べればいろいろ出てくるのではないでしょうか。

 次の問題は暴力団関係。山根会長が「杯を受けていない」とメディアで言ったのは、暴力団員の場合、法律上一発アウトだからだと思います。
 ちなみに会食等でも、日本プロゴルフ協会のように、総務省から行政指導を受けるのは明らか。
 このあたりも調べればいろいろ出てくるのでは?

 もっと大きな問題が、スポーツ団体に限らず、公益法人は、王様を簡単に作れる構造です。こういった団体に税金が何億も流れているのです。

 「王様」がイエスマンを取り巻きとし、人事や税金を自由にする。この構造を壊さないと同じ問題はまた起こるでしょう。

 メディアは「王様と取り巻き」が怖くて今回のように「落ちた犬」でないと報道すらできないというのが情けない・・。


<8月5日>
○一言
 LGBTに対する杉田議員の「生産性」発言への抗議活動が今日も行われたとか。
※個人的にはLGBとTは全く異なると思いますが、一緒にされているのでまとめて論じます。

 個人的には、「自由に生きる権利がある」その通り。「誰からも批判されたくはない」その通り。「差別だ」ん?
となるわけです。

 理由は簡単で、杉田氏の「生産性」は、そもそも「生産性」を誤解しており、寄稿としての質が低い。
 論理的に生産性の定義を勘違いしており経済生産性とは無縁であり、また子を産まないという観点で人の生産性をどうこう言うのは誤った寄稿であると反論すれば良いだけの話だと思います。

 ところが、差別だのと言って街宣を繰り返す政治的勢力たち。本人たちは怒りの表明だというのかもしれませんが、一般市民から見れば、個人的つるし上げの領域に達しているので、LGBT活動をする団体というものに恐怖を感じます。

 LGBTの方々は、自分たちをタブーの集団、言い換えれば関わりあっちゃいけない集団にしたいんですかね?
 日本は歴史のせいか、欧米に比べると実体面で遙かに寛容だと思いますけど。
 欧米の差別って、形式的には出さないんですよ。でも本音はすごいですよ。そこわかって「欧米は寛容」と言っているのかなぁ、と思います。

 要は何が言いたいかというと、本件の問題は十分世間に伝わったので、ここいらでやめた方がいいんじゃないかということ。
 杉田議員はどうでも良いですが、LGBTの権利を訴える集団が個人をつるし上げ、デモを繰り返して圧力をかける怖い集団だ、と市民に思われるのは逆に大きなマイナスではないかな、と思うからです。

 特に「T」(トランスジェンダー)の方は、LGBの方と一線を画していると思いますので、余計にマイナスだと思います。


<8月4日>
○一言
 自民党総裁選の記事で、石破氏を好意的に取り上げている朝日や毎日などの反安倍メディアは政策を見て言っているのでしょうか?

 石破氏の政策の柱は安全保障と地方創生。経済政策や社会保障政策については不明なだけでなく、社会保障のための消費税の10%以上の増額やむなしの立場。言い換えれば高福祉高負担です。

 これらは個人的には賛同しますが、経済政策がわからないので全面的賛成ではないです。

 いずれにせよ、朝日や毎日の路線とは安倍以上に路線が違うのになぜ好意的なのか。反安倍なら何でも良いのか。
 
市民に事実を伝えるという本来の仕事忘れてマスメディアとしての役割を失っている象徴的なことだと思います。


○一言2
 石破氏批判ではないですが、地方創生というのはいったい何なのか、と思います。

 「経済からみた江戸時代」でも言及していますが、地方が独立経済圏を築けるのは物流がない時代です。
 交通が便利になれば、経済効率とストロー効果で人も物もすべて大都市に持って行かれます。
 例えば、2時間で帰れるのならわざわざ事業所を設置する必要が減るからです。地元のより多くの品物を置いてある大都市に人は移動するからです。

 にもかかわらず、例えば高速道路ができれば、地方への交通が便利となり、産業が来るというのは、正直わかっていないと思います。

 限界集落などは最低限の対策とし、基本水源や林業対策などで国に譲渡し、コンパクトシティを目指す。
 道府県も人集めないと成り立たない時代になっていると思います。

 そういうふうに考えるので、石破氏の地方創生は発想自体が時代遅れだと感じます。
 自然淘汰を無視して税金を投入する発想は全くの無駄遣いです。
 雇用がないんだから。有能な若者が都会に出て帰ってこないのだから。


○メディアから一言
 TBSニュースによると、「3日午後、長崎県波佐見町で1歳の女の子が車の中で死亡しているのが見つかりました。死因は、熱中症によるものとみられています。」とか。

 具体的には、「女の子が乗っていた車は自宅横の駐車場に止めてあり、午前中、家族と出かけて帰宅したあと、車から降ろし忘れられた可能性もあるとして、警察が当時の状況を詳しく調べています。」とか。

 笑わせるな。1歳の女の子はベビーシートに乗せられているので、忘れるなど100%あり得ません。
 もちろん、荷物を運び込むのを優先したので数分忘れたとかはあるかもしれませんが、気づかないはずがない。
 まあ、普通は荷物より乳児を先に家に入れますけどね。

 メディアは熱中症の事案として報道していますが、熱中症関係ないでしょう。
 日頃は人権を唱えるメディアはどうした?乳児の人権はないんですか?
普通に殺人事件の事案だと思いますが。


<8月2日>
○一言
 文科省の汚職。
 何十年も前にノーパンしゃぶしゃぶで叩かれ、国家公務員倫理法もあるなかで・・。今時銀座のクラブで接待とかはないんじゃないかなーと感じています。最高幹部の世界をよく知っているわけではないのですが・・。

 文部科学省の幹部は前川喜平氏とかゆとり教育の寺脇氏とか、どういうレベル?

 ちなみに、メディアが反安倍でさんざん使っている前川喜平さんも前事務次官ですから知らないわけないですよねぇ??
 インタビューなり報道なりを全然しないメディアの偏りを感じます。

<7月31日>
 今日は野球ネタ。
○メディアから一言
 産経によると「第100回全国高校野球選手権記念大会(5日開幕・甲子園球場)の出場校による甲子園見学が31日、スタートし、春夏通じて初出場の白山(三重)の女性部長・川本牧子氏(40)が打席に立ってスイングし、大会関係者に制止される場面があった。」とか。

 当たり前でしょう。事実上の試合会場の下見なのに。一般人の見学ではないのですから。

 ところがよくわからないのは、これを女性差別とかいう論調。
 男性部長40歳が同じことやったら当然同じように注意されるでしょう(笑)。差別関係ありません

 今年はほかにも、地方大会で女性マネージャーが制服革靴でマウンドに行ったのを注意しない(だから報道すべきではない)どころかいい話として報道するなど、おかしな風潮になっていると感じます。
 男性マネージャー(男子校では当たり前です)が革靴でダイヤモンドの中に入ったら当然批判されるでしょう?

 男性でやってはいけないことは当然ながら女性でもやってはいけなくて、それは女性差別とかではないのです。

 ましてや、部を統率し、部員に指導・教育をする立場の部長がルールを破るのなど、論外なのですが。
 それは別な意味で、女性部長を「差別」しているのではないですかね?女性はお飾りとでもいうのでしょうか?


○一言
 オリックスファンとして。福良監督を今すぐ休養させるべき。後半戦は特に采配が酷すぎる。

 明らかに酷使で疲れている吉田一、増井が打たれるのは当たり前でしょう。
 「うちのパターンだから仕方ない」と毎回言いますが、パターンで同じピッチャーばかり使っているから酷使になって次々といなくなっているんでしょう。パターンにこだわらず調子の良い比嘉などを使えば今日は普通勝てていた試合です。

 打線も勝っている試合の翌日なぜかいじってつながりを切ったり、めちゃくちゃ。
 例えば、今日で言えばちゃんと打っている西野はなぜか7番で、打率も出塁率も低い小谷野が6番でチャンスで2回とも凡退。アホですか。

 試合の流れでも2点差でロメロなどを早々に引っ込めたら誰が打つんですか。「打線が相手にプレッシャーをかけなければいけない」って言うけど、自分でプレッシャーを少なくしておいて何を言っているのか。

 けが人続出で勝てないのは仕方ないけれど、こんな明らかな采配ミスで負けるのはもういい加減にしてほしい。8連敗の時も采配次第では勝てた試合がいくつかはありました。だからゆるせない。

 酷使された結果投手陣が疲れているのに「パターン」でしか起用ができない監督。
 もうミッションオクトーバーどころか最下位確実だということになぜフロントは気がつかない?今日の試合は本当に酷かった。

 ミッションオクトーバーチケットを売り出した球団はバカなのか?


<7月30日>
○一言
 自分は「if・・」が好きでカラオケでもよく歌ってたので・・ISSAのがんばりに感動。もちろん一緒に活動していたDAPUMPの一流のダンサーにも。いずれにせよNHKのSONGSをみてうるうるするものがありました。
 U.S.A!

○メディアから一言
 朝日によると、日本共産党の小池氏は「暑さ対策を心配するなら、オリンピックの開催時期を9月か10月に変えるべきだ。いまなら間に合いますから。それが暑さ対策だ。」とか。

 海外の関係があるのだから、「今なら間に合う」とか全然現実的ではないです。

 安倍一強の最大の要因は野党が現実的な対策を提示せず、揚げ足取りや理想論による安倍叩きだけが目的だからだと思います。


○メディアから一言2
 テレ朝によると、経産省がプレミアムフライデーに続き、月曜午前を休むシャイニングマンデーとか。

 武藤敬司(または神無月)を想像するか、ドモンカッシュを想像するか・・。

 いずれにしても週初めの忙しい時期に休むとか、現場を知らないお偉いさんの頭のおかしい発想としか思えません。

 しょうもないネーミングで忙しい日に強制有休取らせるくらいなら「水曜半ドン」の方が良いと思います。


<7月29日>
○一言
 東京五輪で暑さ対策の切り札がサマータイムとか。

 だったら6時開始のものを5時開始にすれば良いだけでサマータイムを導入する意味はありません。
 鉄道の運行?日本は大晦日に終夜運転ができるなど臨機応変に対応できるのです。だから関係ない。

 オリンピック組織委員会はアホですか?


○一言2
 プレミアムフライデーを経産省は必死でアピールしているけど、うまくいかない根本理由を理解できない世耕大臣はアホですな。
 「有休を強制使用させる」など、労働者の理解が得られるわけがない。

 私自身体調に問題があるので、通院等で有休を使うわけです。
 仮に有休がなくなると、欠勤(懲戒、給与削減等の対象)になるわけですよ。
 だから有休はしっかり貯めておかないと、いざというとき危ないわけですよ。

 そういう労働者の現実を知れば、毎月最終金曜日に強制的に有休を取れというのが、「労働者が常に体調万全で不調の時は病気休暇を取れる」という非現実的な労働者への現実認識が原因だとわかります。

 世耕大臣には、労働者は激務の結果の通院や病気休暇でも有給取らされる現実を知ってほしいですね。歴戦の職員ほど体にガタ来ていることも。

 さらに言えば、不良公務員は病気休暇を平気で取っていたので、現在規制が厳しくなっています。これはまじめに働く役人から見たら当然であり、病気休暇を簡単に取らすべきではないというのは、怠業公務員を潰すためにも当然の行為です。


○メディアから一言
 時事通信によると、「自民党の石破茂元幹事長は28日、兵庫県川西市で講演し、「国民に納得と共感をしてもらえる政党として、自民党は新しくならねばならない」と述べ、9月の総裁選への意欲を改めて示した。
 石破氏は党綱領で「政府は全ての人に公正な政策や条件づくりに努める」とうたっていることを指摘し、「えこひいきなんかあっては絶対にならない。それが自民党の役割のはずだ」と強調した。安倍晋三首相が加計学園問題で「友達優遇」との批判を浴びたことを念頭に置いた発言だ。」とか。

 そもそもえこひいきはあったのか?
 私は石破氏を当初は支持していましたが、最近の後ろから味方を鉄砲を撃つ発言により支持しなくなりました。
 根拠なく味方を後ろから撃つ人間など、信義ない人間であり、全く信用できないクズです。
 党内の抗争はいろいろありましたが、根拠があって批判していました。
 根拠なく、批判するなら野党と同じであり、信義ない人間です。信義のない人間が総理になろうとするのは全くナンセンスです。


○メディアから一言2
 朝日新聞によると「27日に死刑執行に反対する集会があったそうな。松本智津夫(麻原彰晃)元死刑囚の一審で主任弁護人を務めた安田好弘弁護士は集会で、12人の死刑が執行された1910年の「大逆事件」を挙げ、「死刑をめぐる状況が、100年以上前に逆戻りした」と批判。今回の執行について「再審請求や人身保護請求などの手続き中に行われ、裁判を受ける権利が侵害された」と訴えた。」とか、

 光市母子殺害事件で暴言をさんざん吐いた安田らしいバカな発言です。
 大逆事件は社会主義者弾圧のため政府が悪用したもの。オウム事件はだれがどう見ても市民への重大な被害を与えた者に対し法律に則り裁判を行い判決があったもの。
 比較すること自体ナンセンスで、安田好弘やこれを報道する朝日新聞は少しは歴史を勉強しろ、と思いますね。


 いずれにせよ安田など「人権弁護士」や朝日新聞は人権を無視して殺害された善良な市民より犯罪者の人権の方が大事らしい。


○メディアから一言
 デイリーによると、女優・剛力彩芽が29日夜、インスタグラムを更新し、交際相手であるスタートトゥデイ・前澤友作社長の写真を投稿した。4月の交際宣言後、前澤氏の写真を自身のインスタにアップするのは初めて。「仕事が毎日大変そうな彼。少しでも支えになれたらいいなっ。」と愛情たっぷりのコメントも添えられている。」とか。

 幸せいっぱいは自由ですが、バカップルぶりを世の中に積極的に発信する意味がわからん・・。
 いずれにせよ前澤友作氏というのは40超えてこういうのをやっている時点で相当幼稚だとわかります。

 ま、個人の自由ですが、古い企業の社長が女を片手に抱えて悦に入っている醜い構図と同じだとなぜ気づかないのかな?


<7月27日>
○一言
 杉田議員のLGBTの「生産性」に関する寄稿で、厳しい批判が寄せられています。

 個人的に違和感があるのが、LGBTは弱者と言いながら、すぐに何千人も動員して議員辞職を求めるデモができる巨大な政治勢力であること。

 公務員などはよく生産性が低いとか、生産性がないから全員首にしろとか平気で言われるのに、誰も守ってくれません。
 それを考えると、すごい政治勢力だと感じます。

 いずれにせよ、左派だと大臣を悪魔と行っても誰も批判しないのに、右派だと生産性がないと言うとフルボッコって、言論の自由とはなんなのかと思います。

 メディアの報道が左傾化している証拠だと思います。


<7月26日>
○一言
 オウム真理教死刑囚の6人の死刑執行。これを「殺害」とか「国家による殺人」とか報道する朝日のような阿呆なメディアが。

 歴史を振り返るに、仇討ちをなくすために、国家が被害者の代理人となったのが基本です。
 そして日本では、よほどのことがない限り死刑にはなりません。死刑になると言うことは相応のことをしたということです。

 だから、死刑囚を、法律に基づき執行するのは仇討ちを考えると当然の行為であり、国家による殺人とかではありません。

 同様に、「欧州では死刑廃止」と言いますが、欧州では現場で射殺することもしばしばです。
 日本のように裁判を受けさせて死刑とするべきか、裁判を受ければ死刑にはならない罪でも射殺する欧米が死刑廃止を言うのが正しいのか。

 自明ではないでしょうか。
 死刑執行には重い負担がかかると思います。それを職責と考え乗り越えた方を批判するのは間違っています。

 そういった行政の現場を知らない、お気楽な室井佑月のような作家が川上法相を悪魔とか言うのは、阿呆だとと思います。

 そしてそういう脳天気な阿呆を喜んで使う朝日もさすがなだと思います。

 いずれにせよ、執行に携わった刑務官の皆様は大変な重圧であったかと存じます。本当にお疲れ様でした。


○一言2
 クローズアップ現代で中国人が保険料を払っていないのに扶養に入る、短期間の留学と称して保険に入会し、すぐに医療措置を受けるなど、高額な医療を受け、税金や保険料につけ回ししている実態を報道していました。

 素晴らしい。ばんばん報道して、国会議員や政府を攻撃してほしい。日本人の納めた金を中国人がもっていくなど許されない行為です。

 国会議員は是非、この現実を前に、早急に議員立法して日本人の財産を守ってほしいと思います。
 ちなみに、規制が緩和されたのは2012年・・。民主系国会議員はどこの国のため働いているのですかね?


○一言3
 放送作家鈴木おさむ氏が週刊朝日でブログの騒動を記載。
 「入谷の朝顔市。10年ほど前に妻と二人で行ってとても楽しかったので、息子といつか一緒に行きたいと思い、電車に乗って行ったのです。土曜の夕方。そこそこ混んでた車内。友達家族と6人で行ったのですが、僕と友達の旦那さんは立ってつり革。妻と友達奥様は座り、ひざの上にそれぞれ子供が乗っていました。息子は泣きわめいてたわけではありませんが、僕と妻と3人で一緒に遊びに行くことにとてもテンション上がってまして、電車の中で時折大きな声を出していました。もちろんそのつど妻は注意したり、口を塞いだりしています。
 僕も、息子が大きな声を出したときには、周りの人のリアクションを気にします。途中で寝てくれたが、それまでは、大きめの声で話すことも何度もあった。
 そしたら、途中、近くにいた20代?の女性が、降りるときに僕の目を見てにらんで出ていきました。多分、いや確実ににらんで出ていったと思います。
 にらむ女性の気持ちもわかるし、だけど、子供って騒ぐし。野放しにしていたわけでもないので、とても難しい……」というようなことを書きました。そしたら「炎上」。「賛否両論激しかった」のです。」とか。

 大声を出すことが悪いと思っているのなら、子供をクールダウンさせるために一回電車を降りてホームでのんびりさせるべきなんですよ。
 それをしなかった時点で鈴木さんが自己弁護する余地はありません。

 こう書くと子供が騒いだからなんで電車を降りなければいけないんだ、という意見もあるでしょう。
 でもそれは○時につかなければ、という大人の予定を子供に押しつけているからこうなるのです。

 我が家ではぐずったらすぐに電車を降りてのんびり。結果的に目的地に行かずに帰ることもありました。
 でも、目的地に行くのは大人の都合。子供第一主義なら、気にする必要はないわけです。

 最初の例で言えば、朝顔市などは30分遅れても何ら支障はなかったでしょう。
 だったらゆっくり行けば良かったのですよ。
 親の予定より、子供優先。そうすれば、周りににらまれなくて済んだし、子供も落ち着き、親も休めるのです

 鈴木さんに誰かこういうことを伝えてあげるべきだと思います。


○一言4
 まあ、一連の結果、42歳のZOZOの前澤社長というのは、幼稚(いい年してバカップル)で、パートナーやそのファンのことを考えない方だとわかりました。
 荒らしやアンチは別として、ファンの気持ちがわからない方には球団は絶対に持ってほしくないな、と思いました。


<7月23日>
○一言
 被災地で架空請求詐欺とか、被災者の窮状につけこもうとする不逞の輩がいるとか。

 昔から火事場泥棒とかいるように、現実では人の心がわからないクズ人間がいるのは仕方ないとはいえ・・。
 そういう不逞の輩の情報を提供して被災者を支援するのもメディアの仕事ではないのですか?

 注意喚起の報道ほとんど見ないように思えますが??がんがんやらないといけないと思います。それも被災者支援。



○一言2
 参議院6増法案。
 成立したか・・議員立法なので、立法府の都合であるけど、なぜ安倍内閣(行政府)批判かよくわからない・・。
 安倍総裁批判なら自民党を批判するべきだと思いますが。

 いずれにせよ、このご時世に増員というのは自民党は批判されて当然だと思います。


○一言3
 剛力氏がZOZOの前澤社長とのロシアW杯デートをSNSに掲載したからバッシングとかでメディアが賑わっています。

 正直、これがメディアの「火のないところに煙を立てる」手法で、便乗する芸能人が気持ち悪いと思いました。

 本件、金持ちの彼氏とのデートをひけらかすのは良くないという芸能界の先輩の忠告を受けて、剛力氏が芸能界で生きていくために削除を判断しただけの単純な話。
 前澤氏が言うように出すぎた杭は打たれないというのなら、剛力氏は削除する必要はない。一時的にSNSが炎上してもそんなの放置しておけば良いわけで。それを選ばなかったのは彼女の判断であり、ブログでの批判に屈したとかではないでしょう。

 それが、メディアにかかれば「バッシング」とかになり、逆張りする芸能人がしゃしゃり出てきて売名行為。で、話がややこしくなる。幸せを自由に公開して何が悪いとか、やっかみとか、勝手に新たな視点を作って論者を気取る阿呆な芸能人たち。
 デーブスペクター氏など、ならハリウッドセレブはどうなるとか言っていました。
 例えばデヴィ夫人が同じことしても批判は受けなかったと思います。元々の金持ちや努力の結果の金持ちが金使うのは誰も批判しないでしょう。ばかげた主張です。

 いずれにせよ、
 芸能人や政治家のSNSでトラブル→そのまま記事にして煽る→それに異論を唱える芸能人が現れる→今度はそっち側のSNSをそのまま記事にして最初の批判を忘れて煽る→(以下繰り返し)→沈静化した頃次の話題に飛びつき、自然消滅
という毎度のパターン。

 こうした、安易にテレビ番組の発言やSNSの内容をそのまま記事にして、「記者」を名乗っている、記者のプロフェッショナル意識の喪失がメディア離れの原因だと思います。


<7月22日>
○メディアから一言
 朝日によると「参院の伊達忠一議長は20日、自由党の山本太郎、森ゆうこ両参院議員、参院会派「沖縄の風」の糸数慶子参院議員の3氏について、参院懲罰委員会に付託することを決めた。

 カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法の採決の際、3氏が議長の制止に従わず「カジノより被災者を助けて」などと書かれた垂れ幕を壇上で掲げ続けた行為を懲罰の対象になりうると判断した。」とか。

 国会の場で壇上に上がって垂れ幕を掲げるというのは前代未聞ではないですかね?
 
被災者支援というのなら、被災者支援の法律提出したんですか?あなた方は被災者のために何をしたんですか?

 被災者支援を何もしていない国会議員が「被災者を助けて」とか、どういうこと?
 国会は意味不明な個人的なアピールをする場ではありません。
 山本太郎、森ゆうこ、糸数慶子の各氏は頭がおかしいし、人間失格と断定できます。

 何度でも書きますが、災害を政治利用する人間は頭がおかしいし、ネット用語的に言えば死ねばいいのに、と思います。


○一言
 欅坂の平手さんが復帰とか。よかった。
 最近はSKEの松井さんの休業やAKBの宮脇さんの握手会欠席など、女性アイドルにかなり負荷がかかっているように感じます。

 こういう事態の頻発は、労務管理という点で、事務所とアイドルグループの管理主体が別なのが原因だと勝手に思います。

 多くの男性アイドルの場合は基本ジャニーズ事務所がしっかり管理しているので、プライベートにおける個々の不祥事は別として労務管理はしっかりしているのではないかと思います。

 女性アイドルが休養ですぐに悪い噂を立てるメディアがあるように、そういう人間関係などの噂をすべての原因としようとするなど、メディアは労務管理を軽視しており、バカなんじゃないかと思います。

 アイドルだろうと、労務による健康を考慮する責任は使用者側にあるはずです。
 自分たちの利益(番組その他)のためには潰れる方が悪いという発想は間違っています。ファンもそこは抗議するところだと思いますが。


<7月21日>
○一言
 21日付けけBUSINESS INSIDER JAPANの滝川麻衣子さんの記事。
 要するに、「小学校の夏休みを共働きはどうすれば良いのか、学童で弁当も作らなければいけない、何とかならないのか」という記事。本音を吐露した意味ではアリだと思いますが・・。

 「ホチキスで留めた紙のプリント資料が配られ、1学期の振り返りと、夏休みの生活の心得が学校側から説明される。自由研究、ワーク、絵日記、アサガオの観察記録と多岐にわたる宿題を、遊ぶこと以外に集中力のない息子がこなせるのかも、1カ月以上にわたる長い夏休みを、学童保育に預けっぱなしで果たして乗り切れるのかも、とにかく何から何まで不安になってくる。」とか。

 子供の勉強は自分の休みの日に見れば良いでしょう?朝会話する機会もあるでしょう?よくわからないですね。

 学童の弁当もどうしても負担なら、保護者会で「仕出し弁当を依頼する」ことにすれば良いのです。学童側は食中毒の責任を恐れて拒否するでしょうが、一切手を触れさせないとすればいいのです。毎日弁当作るより、当番で月に1回程度の方が遙かに楽です。
 うちの学童ではそうでした。

 また、「配偶者の帰りが毎日遅いから・・ワンオペだから」と言っていますが、はっきり言えば霞ヶ関の私は深夜帰宅当たり前で、たぶん環境は変わらないと思います。例えば午前3時帰宅でも朝、子供を送ったし、朝のラジオ体操も送ってました。
 家族最優先なので(もちろん家事もしていましたよ)。


 「ワンオペ」と言うこと自体、単に家族での協力体制の問題だと思いますけど。
 言い換えれば滝川麻衣子の旦那さん、少しは家庭で働けよ、という話。

 もっとはっきり言えば、滝川さん夫妻に言えることですが、家族より仕事を優先するこういう発想って、昭和の世代の使えないオヤジではないかと思います。

 いつまで日本は、家族より仕事優先なんですかね?
 仕事なんて、退職したとたんに人が離れていくその程度のもの。
 そんなものを最優先にするのが全く理解できません。


 いずれにせよ「いっそ夏休み、なくなったらいい」とか、子供を厄介者に感じるのは相当病んでいると思います。
 最後は家族なんですから、仕事より家族優先、という発想はできないものなのですかねぇ??

○メディアから一言
 21日付け朝日新聞によると、国民民主党玉木雄一郎氏が「(7月5日夜に開かれた「赤坂自民亭」について)おごりとゆるみの象徴だ。維新の志士は泣いていると思う。自分の身を犠牲にしてでも国のために尽くそう、国の発展に貢献しようというのが明治維新の志士たちの思いだったと思うが、あれから150年経って、長州出身の政治家が総理をしているが、その総理や総理の周辺で起こっていることは、志の高い維新の志士のみなさんからみれば、嘆かわしい事態ではないか。」と言ったとか。

 バカだろう、玉木雄一郎。幕末、日本の治安を守るために最も貢献したのは、維新後賊軍とされた会津藩だということも知らないのか。

 なぜ新撰組が組織されたか。尊皇攘夷と称してテロ活動を行い、京都で放火しようとしていた維新志士連中のどこに大義があるのか。行動自体はただのテロリスト。
 薩摩藩ですら大勢が決した江戸で放火するなどテロリストを利用していたわけですです。
 西郷の指示で江戸で放火・略奪などの治安を行い市民を苦しめた益満休之助や伊牟田尚平がNHK大河の「西郷どん」でどう評価されるのか興味深いですね。「勝てば官軍」ではなく、西郷の黒い部分もきちんと放映してもらいたいものですが。

 いずれにせよ、玉木氏は「龍馬が行く」しか読んでいない低レベルな阿呆だと言うこと露呈しています。
 小説しか読む時間がないというのなら「峠」や「会津士魂」くらいは読んで、公平に幕末を見るべきだと思いますけどね。

 維新の志士を語るなら、衆議院選挙で無残な結果に終わった玉木雄一郎さんは同士から腹を切ることを強要されていたでしょう。それが幕末です(苦笑)。


○メディアから一言2
 21日付け日刊スポーツによると「衆院本会議では、立憲民主党の枝野幸男代表ら野党党首が、一斉に首相を非難。枝野氏は、趣旨弁明に衆院最長記録の2時間43分をかけて首相を“説教”した。今国会を「憲政史上最悪の国会」と振り返り、「首相自身がうみになっている。うみを出すと言いながら、逃げ回っているだけ。総理は時間がたてば国民は忘れると思っているかもしれないが、追及が野党の責務だ」と述べ、今後もモリカケ問題を追及する構えを示した。」そうな。

 戦前を振り返るに、憲政史上最悪の国会は明らかに今国会ではないと思いますが、枝野党首は歴史を知らないのか。デマを平気で流す枝野党首、正気とは思えませんね。

 こういうことを言えば市民はだまされる・・と市民は愚かな存在だと愚弄しているのだと思います。
 市民をバカにするにもほどがあります。終わっています。

 しかし、モリカケ今後もやるんだ。何の証拠もなく報道が頼りなら国会でやる意味あるんですか?
 
証拠もなく「怪しい」というネガティブキャンペーンだけなら明らかに税金の無駄遣いだということに気づいてないのがある意味すごいです。



<7月19日>
○一言
 大臣の具体的指示などなくとも、組織編成さえできれば、現場その他の情報をもとに各省庁は自動的に動きます。これに文句をいう大臣などいない(民主党政権某内閣総理大臣を除く)
 
 だから、働きが悪いというご批判は役所が甘んじて受けますが、初動がどうとか言う批判は全くナンセンスなのです。


○メディアから一言
 「東京都目黒区で船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5歳)が虐待死した事件を受け、政府がまとめた緊急対策の概要が19日判明した。結愛ちゃんの転居後に児童相談所(児相)の職員が家庭訪問したが本人に会えず、事件を防げなかったことを踏まえ、必要な面会ができなかった場合は原則、強制性のある立ち入り調査を行うことをルール化する。20日の関係閣僚会議で決定する。」とか。

 これが役所が法律の範囲でできる限界です。

 あえて細かく書きませんが、「立ち入り」と「家宅捜索」は権限において全く次元が異なります。先生方はわかるかなぁ・・。

 だから、法律改正が必要なのに、国会議員は政権批判パフォーマンスであれほどの社会問題となっている虐待の現場を無視している。

 何のためにあなた方は何千万の給料をもらっているのか。問題解決を役人丸投げなら国会議員不要でしょう?

 私の専攻の時代の田沼意次の時のように、浅間山の噴火や災害も田沼のせいだ、というのと同じようなこと言っている反安倍メディアはやばいです。報道機関として正常ではないというのを自ら言っているのだと思います


○一言2
 日EU EPAで国産のワインや乳製品がピンチだという報道で安倍批判をしているメディアが。

 そうですか?
 安い方に流れる顧客は捨てて、高級指向で差別化を図るというのはありだと思いますが。
 個人的には日本のワインは軽いと感じます。だから多少高くても消費者は海外のワインを選ぶ。そういった意味では関税が下がろうが、日本のワインの競争力という意味ではほとんど変わらないでしょう。

 一方でチーズは激戦区なのでいろいろあると思います。でも国産信仰が日本では強いのでこれを奇貨として是非がんばってほしいと思います。


○メディアから一言2
 朝日によると。「国会の会期末を前に、与党が野党を押し切って次々と法案を成立に導く中、東京・永田町の国会議事堂前で19日、安倍内閣の退陣を求める抗議活動があった。主催者発表によると参加者は8500人。参加者はキャンドル形のライトを掲げながら、西日本豪雨への対応の遅れや強硬な国会運営に抗議の声を上げた。(松本俊)」とか。

 西日本豪雨の対応の遅れって何ですか?事実関係はどうでもいいのならさすがプロ市民。

 時系列をゆがめて安倍叩きのために嘘をついて災害を利用するのであれば人間として問題があるのは明らかでしょう。そういうのを報道する朝日新聞は、本当に報道ですか?



<7月17日>
○一言
 KOTOKOさんのニューアルバム「tears cyclone –廻-。よくまとまっています。試聴でも良いので是非。
 個人的なおすすめ3曲。「雲雀」「夏恋」「effacer」。もちろん明るい曲もありますよ!


○一言2
 17日の報道ステーションを生暖かい眼で見ていたら、韓国から帰化したジャーナリストの白真勲議員が国会で安倍氏を糾弾している映像が流れていました。
 IR法案審議と思われる委員会で「丁半ばくちもできるんですよ」とか。
 えー、IR法案に基づくリゾート施設で現実的には丁半ばくちなんかあり得ないでしょう・・と呆れてみていると今度は
 「着物姿の入れ墨をした女優さんが「入ります」みたいなこういうのも入ってしまう」とか。

 頭がおかしくないですか?時代劇の話を平気で平成の世の中にするアホ議員。帰化した方だから日本の実態を知らないという言い訳は、国会質疑では許されない理由です。

 国会軽視というか・・そんな審議する国会議員、給料返せよ・・。っていうか、何のために帰化したんでしょうか?日本をよくすること以外なら帰化しないでほしい。そして民主党(当時)はなぜこういう方を国民の代表(代議士)として擁立したのでしょうか?


○メディアから一言
 時事通信によると「自民党の石破茂元幹事長は16日、愛知県豊田市で講演し、西日本豪雨の被災者の避難先について、「いま全国に空き家がいっぱいある。全国にどんな空き家があってどう整備していくかだ」と述べ、空き家の活用を求めた。」とか。

 防災省といい、石破さんは机上の空論しか言えない阿呆だということを露呈していますね。総理の資格なしと自分で言ってどうする・・。

 具体的には、空き家の活用が進まないのは所有権の問題と、地域住民の同意(ムラ社会)という問題があります。

 空き家があるから勝手に行政が「持ち主不明」とやるわけにはいかないのですよ。国有の・・例えば中国とは全く話が違います。
 そんな当たり前のことがわかっていない。

 そして所有者がわかっていても、「ムラ社会に入るよそ者に対する審査」(無形なものなのでとてもやっかい)があります。
 これ結構厳しいですよ。そしてこれには行政は介入できません。

 こんなの地方で少しでも市民レベルで関係すればわかる話でしょう。地方出身のはずなのに、現実を知らないのなら総理の資格はないですね。

 反安倍だからメディアは持ち上げるのでしょうが・・。


<7月16日>
○一言
 民主党政権時代に治水などの公共事業費が大幅に削減された。
 政治が結果責任である以上、言い逃れはすることはできません。
鳩山氏の「コンクリートから人へ」や治水に関する事業仕分けにおける蓮舫大臣などの発言からも、多少の被害は覚悟で公共事業を削減するという舵を切った責任は少しは感じてはいかがなのか。

 初動がどうとかいう以前に、そもそも治水そのものを軽視していた立憲民主党には明らかに政権担当能力はないと思いますが、メディアはなぜここを報道しないのか。立憲民主党と仲良し・・政党とメディアの癒着なのかな(笑)


○一言2
 自衛隊がコンビニの物流を支援していることで批判する勢力があるとか。災害を自衛隊や安倍叩きとかもうアホかと、

 まず重要なのは、「被災者」は身一つで避難している方だけではないということを理解していないことです。

 言い換えれば、全壊、床上浸水、床下浸水、幸いそこまでいかない避難など「避難」には様々な形態があります。
 全壊や急な床上浸水以外など、自主的に避難してキャッシュカードなどを持ち出して避難した方は使える金があります。
 さらに言えば、そうでなくても今回被災された地域の多くはおそらく農林中金(JAバンク)でしょうから、カードがなくても「顔」で下ろせるでしょう。

 確かに避難所で避難をされている方は厳しい状況の方です。でも、それより重くない被害の方がたくさん周りにいらっしゃるのです。

 だとしたら、そういう方に早く日常を取り戻していただく。言い換えれば「被災者」から外れていただくことは、災害対策として当たり前のことです。
 もしコンビニにものがなければ、そういう方が避難所に頼らざるを得なくなり、真の支援が必要な被災者に影響を及ぼします。これは本末転倒でしょう。

 メディアは災害のそうした常識を少しは報道するべきだと思います。

 例えば、真備町の絵ばかり報道して、被災地はみんなこんな感じか、と視聴者に思わせるのはミスリード以外の何者でもありません。
 
被災者には様々な違いがある。これを理解することが災害対応の基本でしょう?メディアの皆さん。
 被災者のためにホントお願いしますよ。



○メディアから一言
 14日付け毎日で「障害持つ息子亡くす 両親「家族の宝」」という見出しの記事が。

 うーん。本件に限らず、朝日や毎日は一部の障害を持つ子供の家族を報道で過度に美化しすぎだと思います。
 
 もちろん家族の宝と考えるご家族を批判するのではありません。そう考えるご家庭は幸せで良いご家庭だったのだと思います。

 ただ、私の知識からは、実際問題として、そういうふうに感じる家族は多くなく、いろいろと苦しんでいるのが現実ではないかということを言いたいだけの話です。

 当事者からすれば、まず面倒を見るのが大変。共働き時代に共働きができない。よって収入面も厳しい。きょうだいがいれば、普通の家族より他のきょうだいはほったらかしになります。
 例えば、塾へ行きたいと考えても金銭面でダメだろうから言えない。結果学力に問題が生じる。レジャーなどもその子優先で自分が楽しめる家族旅行などは難しい。
 さらに将来の問題。絆や金銭面で、(重度障害なら別として)施設へ、という決断はしにくい。しかし、親(自分たち)が世話をできなくなったらどうするのか、と考えれば施設に入れないといけない・・。
 さまざまな苦労や葛藤で苦しんでいるはずです。

 何が言いたいかといいますと、今回の報道、なぜ「息子なくす 両親「家族の宝」」ではないのですか。「障害を持つ息子」とわざわざ障害を前面に出したのはなぜですか?ということ。
 もっと言えば、健常者の息子が亡くなったとき、わざわざ「家族の宝」という報道しますか?

 だから、災害を利用して障害者に対するメディアの勝手な思いをアピールするというのが悪質だと感じたのです。

 多くの障害者家族が置かれている厳しい環境をきちんと取材してはいかがですか?朝日や毎日は理想論に過ぎます。


<7月13日>
○一言
 災害による安倍叩きの一つ。野党が国会審議は良いから被災地対策に全力を、と言います。
 なのにIR法案を審議しているのはおかしいという批判。

 はっきり言います。じゃあ政府に入っていない与党や野党の先生方は休暇を満喫できるということですか?

 あなた方の仕事は法案審議じゃないんですか?
 
大臣が対策に当たるべきと言うのなら、大臣に対し質問通告しなければ良いだけなのですよ。そのために副大臣や政務官がいるんじゃないですか。

 朝日、毎日、中日(東京)など、安倍叩きは自由だけど災害を政治利用するのはホントやめてほしいと思います。


○一言2
 (私も含め)一般人は支援物資を送るな、とメディアはきちんと報道してほしい。
 現場のニーズは場所により、時期により刻一刻と変わっていくからです。
 この手の支援は企業によるものが圧倒的だし、的確です。物量が圧倒的であるとともに、行政とも組織単位で連携がとれます。
 支援したいなら金を、と繰り返すべきです。
 是非皆さんも金による支援をお願いします。ニーズと関係ない物資を送るのは迷惑なのです。
 今は企業による組織的な物資支援、ライフラインの復興、ボランティアの物理的支援、のターンです。

○メディアから一言
 時事通信によると、「東京都目黒区の船戸結愛ちゃん(5)が父親から暴行を受けた後に死亡した事件で、香川県の医療機関で結愛ちゃんを診察した主治医が傷の状態から強い危機感を持ち、品川児童相談所(東京)に電話していたことが13日、分かった。

 
 医師や歯科医師らでつくる「日本子ども虐待医学会」がこの主治医から聞き取り調査を行い、同日開いた記者会見で明らかにした。

 一家は以前、香川県に住んでおり、結愛ちゃんは児童相談所に2度、一時保護されたことがあった。この際、診察をした主治医は虐待以外では考えにくい命に関わる傷を確認し、香川県の児相のほか、転居後には品川児相にも連絡していたという。」とか。

 虐待による命に関わる傷だというのなら、香川の時点でそもそも返してはいけなかったのでは?

 折しも、鬼畜なので人権を認めるのが間違っているというレベルの船戸雄大容疑者(33)はホウドウキョクによると「2018年3月、目黒区の自宅アパートで、乾燥大麻数グラムを持っていた疑いが持たれている。
3月に虐待事件が発覚した際、警視庁が自宅を調べたところ、船戸容疑者のバッグから大麻が入った袋や、許可なく所持することが禁止されている指定薬物が入った瓶が見つかった。」そうな。

 無職で生活に困っていたやつが大麻に禁止薬物?それを黙認する母親。
 聞けば聞くほど、自宅に帰すという選択をせざるを得なくなった時点で時間の問題だったのではないかと暗澹たる気持ちになります。

 本件は児相の問題ではなく、行政の強制隔離の権限の問題です。児童虐待を複数回行った人間からは永久に親権を剥奪すべきです。
 以前当サイトで提言させていただいたとおりです。親の人権より子供の人権を優先すべきです。

 そしてこれをできるのは行政ではなく国会。
 安倍叩きの暇があったら重い刑罰の虐待罪と虐待した親に対する親権剥奪をはじめとした厳しい措置を議員立法して下さい。


 わからないのなら以前のように当サイトで原案書きます。行政任せではなく「立法府」として法律立案の仕事してください。


<7月12日>
○一言
 メディアでは激甚災害の早期指定が話題になっていますが、現実的には補助金のかさ上げなど金の話で、むしろ復興に向けた行政への支援という側面が大きいわけです(あれほどの被害で中小企業の企業活動がすぐにできるとは考えにくい)。

 むしろ優先なのは特定非常災害特措法の適用だと思います。
 たぶん知らない人がほとんどでは?だからこそ報道しないと。
 直接支援があるとかそういう法律ではないのですけど、地味に重要だと思います。
 具体的には免許証の期限の延長など、市民生活に直結する部分もありますので。この例で言えば、被災地域内で摘発することはありえないでしょうが、期限切れの免許というのは気持ち悪いし、県外に出たらどうなるかという問題が生じます。

 メディアは激甚災害指定しかイメージがわかないのでしょうが、安倍叩きするほど重大な災害だと認識しているなら、特定非常災害特措法についても報道してほしいと思います。


○一言2
 初動の遅れが被害を甚大にしたと叩くメディアやパヨク。

 地震や事故と違って、豪雨災害は初動では実は行政は無力。警報などアラートを発するしかできないのです。
 だって、被害が明らかではないから。未来予測をしても、それは予測に過ぎないから。

 緊急地震速報ですら、空振りしたら無駄だという人がいる現状。東日本大震災を経験していれば、外れて良かった、となるはずなのですが・・。こればっかりは人の感じ方の違いなので、行政はどうしょうもありません。

 とりあえず、念のため避難してみませんか?とメディアは報道してほしい。これで一定の被害防げると思います。


○一言3
 反安倍勢力の災害の政治利用という悪質な行為を批判します。

 いろいろあるのですが、今回はしんぶん赤旗で「市民」として取り上げられる紫野明日香さん。

 で、ツイッターで「倉敷の友達が言ってた。「急に避難所に自衛隊が来てお風呂が設置された。クーラーがついた。ここは比較的被害が少ない地域なのになぜ優先的に?警備体制がやたら凄くて、今日から学校も再開なのに何があるのかと思ったら安倍総理が来るんだって。あれアピールのために慌てて準備したんだよ。」と。」とか。

 正直、ねつ造してまで安倍叩きしたいんだな、と災害を政治利用するパヨクの正体に吐き気を催します。 被災者ですら悪用するというのは、人間としていかがなものか、と。


具体的には。
1)倉敷の友達が言ってた→倉敷全域がひどい状況ではありません。倉敷が広いことすら知らない。事実ならその地区を書くべきです。
2)比較的被害が少ない地域→被害が少ないから避難所を設置するのです。被害が大きい地域(今後も災害のリスクがある地域)に避難所設置するわけないでしょう。
3)アピールのために慌てて準備した→安倍総理はクーラーアピールなどしてないし、そんなこと言わないでしょう。「アピールのため」というのは全く意味不明。

 このように、よく文章を見てみると、パヨクのねつ造というか現実を知らない「市民」の政治の災害悪用がわかります。
 はっきり言って、安倍批判は自由。だが、被災者を利用するまねは人間として最悪だと思います。
 これが「市民」の正体です。


<7月11日>
○一言
 自民党で5日に開いた飲み会を巡って初動に問題ありと朝日や毎日など「いつもの方々」が叩いているそうな。

 ため息しか出ませんね。事実を報道しないメディアって存在価値あるんですかね。

 偶然にも伝言板に当時の状況を書いていたので明らかなのですが、5日の時点では近畿の豪雨で電車が止まっているというレベルであり、ちょっとすごい大雨というレベル。
 もちろん役所の担当部署は備えていましたが、当時の段階ではここまでの想定は誰もがしていなかった。

 だから、5日の飲み会で危機管理や初動がどうこう言うのは間違っていますし、安倍叩きなら災害も利用するというパヨク特有の悪質な情報操作です。

 事実を報じないメディアって、あなた方はプロなの?と本気で思います。


○一言2
 そもそもメディア自身がそんなに重大な災害だというのなら、系列のテレ朝やTBSなどはなぜ特別番組を組まなかったのですか?
 災害を一番軽視していたのはパヨクメディアではないですか?


○一言3
 立憲民主党は、「大災害だから政治休戦」と称して事実上の審議拒否を提案。
 
サボることしか考えていないんですかね?税金返せ。

 何より疑問なのは、国会審議で国交相が出席していることを批判していたこと。
 
質問者が要求しなかったら出席しなくて良いのに、要求したのは立憲民進党ほか野党自身ではないですか。



 自分で大臣の出席を要求しておいて、「災害なのに国会なんかやっている場合か」「大臣は審議に出ている場合か」というのは、論理破綻であり、アホじゃないかと思います。


○メディアから一言
 時事通信によると「人事院は10日、「働き方改革」関連法が今国会で成立したことなどを受け、国家公務員の残業規制に乗り出す方針を固めた。」とか。

 バカも休み休み言っていただきたい

 仕事を増える一方の現状で、残業規制するならサビ残を増やせと言うことですか?

 仕事減らしてから言ってくれ!好きで残っているわけではないんです(一部の阿呆を除く)。

 まれに残業代を稼ぐためか、自分の無能(頭が悪いという意味ではないです)を知られたくないのか、昼間はだらだら仕事して残業してこんなにがんばってるんだアピールという昭和のセンスの高齢者がいます。こいつらを取り締まるのが先でしょう。


<7月9日>
○一言
 オリックス伊藤と赤間がDeNAにトレードだそうな。

 オリックスって、厳しいように言われてるけど、微妙な選手には早い段階で第二の人生を歩むよう解雇したり、所属選手を飼い殺しにするのではなく、新天地での活躍を期待する部分もあります。
 最近では大引や近藤、功労者として自由契約にした坂口、そして今回の伊藤。

 はっきり言えば打撃も不調だし、基本的なミスをするなどかなりメンタル的に参っていた伊藤選手についてはトレードで心機一転というのは(いい意味で)大きな転機になるのではないかと思います。

 光は心機一転。そしてがんばれ赤間。DeNAでも細目選手権もがんばれ?(笑)


<7月8日>
○一言
 豪雨災害に関し、テレビを中心とした報道がひどい。被害者等の人数と同じようなインタビューと画像の繰り返し。
 災害が現在進行形の中で、伝えるべきことは被害の絵や被災者インタビュー、なくなられた方のお人柄なのですか?

 各地の道路の情報や、今後の備えや、今すべきこととか、現在進行形だからこそもっと伝えるべき情報があるのではないでしょうか。

 ご参考までに。
河川、鉄道等の被害状況(国土交通省公式サイト)
道路の情報(公益財団法人日本道路交通情報センター公式サイト)
※一般道はクリックすると県庁所在地の拡大図になっていますが、地図を縮小すると県全体が見られます。
各種災害メッシュ情報(気象庁公式サイト)
※各種災害の危険度がリアルタイムでお住まいの地域を最も拡大してみてください(広域地図では赤でも拡大すると紫のケースも)。
水害時の衛生対策と消毒方法など(広島県公式サイト)
※基本的なことや避難所の衛生対策、がれき撤去時の破傷風予防等のリンクがまとめられています。熱中症にお気をつけください。
水害時の感染対策と消毒方法(岡山市公式サイト)
※具体的な方法が記載されています。


○メディアから一言
 死者行方不明者が100人を超え、何十万戸の床上浸水など深刻な災害が起こっている中で・・。
 読売によると 「立憲民主党の辻元清美国会対策委員長は8日、内閣不信任決議案の提出について、「色々な不祥事が重なっているので、すでに不信任に値する。他の野党とも相談しないといけない」と述べ、提出に向けた調整を急ぐ考えを示した。新潟県新発田市で記者団に語った。」

 一般論ですが、豪雨被害がいかに深刻かわからず、政治ごっこ優先の政治家。

 死ねばいいのに。

 まあ何もしないくせに、視察パフォーマンスで行政に傲慢な態度で接し、関係者の時間を取らせ、結果現地の活動の邪魔をする野党政治家よりは、ましっちゃ-ましですけどねー。


○メディアから一言2
 7日付け朝日によると「戦後最大規模の死刑執行、世界に衝撃 非人道的と批判も」とか。

 はぁ?朝日は凶悪殺人犯は人生を全うすべきとでも言うんですか?

 だいたい、被害者や被害者遺族の人権を無視してのメディアスクラムや勝手に人生を調べて報道するとか・・。
 まずは被害者(や遺族)の人権を守ってからそういうことは言っていただきたい。

 なにより。えん罪の可能性があるから死刑反対というのはわかりますが、オウムの件はえん罪もなにもない。
 さらに、なぜそういう犯罪を犯したのか真実を調べる必要があると言いますが、20年以上かかっても真実がわからないのなら、老化していく麻原やその他の死刑囚からどうやって「真実」なるものを突き止めるのですか?アホですか。

 そういう情報誘導みたいなことばかりしているから、ネット時代、新聞は信用を失うのですよ。


○メディアから一言3
 5日付け朝日によると、国民民主党玉木党首が演説でこう言ったそうな。
 「昨日(4日)明らかになったのは、現職の文部科学省の局長が自分の子供を医学部に入れてもらうために、私大ブランディング事業にお金をつけて、あろうことか自分の息子を入れてもらう。江戸時代ですかここは。江戸時代だってこんな見え透いた贈収賄事件はありませんよ。

 実は昨年、私大ブランディング事業に応募して認められたのが加計学園。公平公正に審査されたと信じたい。しかしこれほど問題が起こっている以上、去年採択された岡山理科大の事業だって、何か色んな手が回って採択されたのではないかと疑わざるを得ないじゃないですか。(東京・上野での街頭演説で)」

 あのさー、こじつけで疑わしいで犯罪者扱いするのは間違っているでしょう?
 日本では「疑わしきは罰せず」ということは知っているのかな?証拠を出してください。

 証拠がないのに、自分が疑わしいと思ったら犯罪者だろうって、玉木さん、あなたは戦前の特高ですか?

 国民民主党は特高と同じ体質であるということですね。恐ろしいことです。

 ちなみに江戸時代の専攻からもう一つ言いたいことがあります。
 江戸時代をよく知らない阿呆が江戸時代を語るな。恥を知れ玉木サン。

 江戸時代の官職の引き上げや要職に就くために接待したり金を送ったり。でも、これは藩主か「家」のためにやっていることで。
 子供のために何とか、というのはないんですよ。むしろ家のためなら廃嫡したり、息子でも処分したりとかの世界。
 要は、藩主は絶大な権威を持っていて藩主と家のためが何より優先されるのです。子供だって養子が多いのですから。
 隠居した人が権力を持ち続けることもありますが、その方が藩主以外の子なり孫をどうこうしはじめたらお家騒動なんですよ。
 だから、「子供のための賄賂」という時点で全然話が違います。

 江戸時代を多少なりとも勉強してから言っていただきたい。勉強していたとすれば、この発言はアホです。


<7月5日>
○メディアから一言
 時事通信によると、「立憲民主党の枝野幸男代表は5日、安倍晋三首相が外遊に出発する直前の10日に内閣不信任決議案を衆院に提出することも視野に準備するよう党幹部に指示した。」とか。

 で「立憲の辻元清美国対委員長は5日の党会合で、文部科学省前局長が受託収賄容疑で逮捕されたことを踏まえ、「既に安倍政権は不信任に十分値する」と強調。「(首相にとって)一番嫌な時に出さないと気が済まない」とも語った。 」そうな。

 「気が済まない」?国政より自分たちの感情優先とか頭おかしいと思いますが皆さんはどう考えますか?


○一言
 そもそも、今回逮捕された局長は、官房長時代「組織的天下り問題」で厳重注意処分を受けているわけです。
 そのときのトップであり、停職処分を受ける前に辞職したのはほかならぬ前川喜平氏です。

 今や反安倍の講演で日本を飛び回り、反安倍メディアもその発言を好意的に報道しますが、そうした行為で文科省の体質を見逃したから、この結果につながったのではないですかね?

 それを裏付けるのが今回の報道で、
1)なぜ突然こういう話になるのか、官邸のリークではないか。
2)文科省の局長を指名したのは官邸だから官邸の責任。
というふうに、どうやっても安倍批判につなげるメディアが存在している現実。そしてそれに乗じる阿呆な政治家(辻元某)。

 安倍批判者は全力で擁護するメディアがいる限り、
前川喜平氏を筆頭とした「文科省の体質」は「隠蔽」され続けるんじゃないかと思います。


○メディアから一言2
 産経によると「芥川賞候補作で、北条裕子さん(32)のデビュー小説「美しい顔」が、参考文献を明記せずに文芸誌「群像」(6月号)に掲載された問題で、同誌発行元の講談社は3日、「作品の根幹に関わるものではなく、著作権法に関わる盗用や剽窃(ひょうせつ)などには一切あたりません」とするコメントを発表した。同社は「評価を広く読者と社会に問う」として、同作の全文を近日中にホームページ上で無料公開する。」そうな。

 「「講談社によると、北条さんが主な参考文献として使用したのは、石井光太さんのノンフィクション「遺体」(新潮社)など5作品。同社は「参考文献未表示の過失についておわびいたします」と謝罪した。他に参照した書籍の著者や関係者には、「誠意をもって協議させていただく」としている。」

 んー。盗用とか剽窃以前に、引用文献が多数なら、小説としてダメではないかと思いますが。講談社の逆ギレが意味わからん。

 無料公開して「読めばわかる」というのはいくらなんでも乱暴だと思いますね。

 著作権法上の罪にならなくても「インスパイヤ(笑)」は市民の理解を得られないと思いますけど。


○最低限の交通ルールの遵守をお願いします。
 「アクセルを踏むとき、道を渡るときに、ちょっとでいいから(亡くなった)えみるのことを思い出してやってください」(風見しんごさん)

○ご意見、ご感想はこちらまでお願いします→makinoh2アットマークops.dti.ne.jp

 件名には具体的な内容のご記入をお願いいたします。

※就職にあたってのご質問は、まずは書店等の公務員就職関係の書籍のチェックをお願いします。