明るい!?国家公務員のページ

~FUNNY!?GOVERNMENT OFFICIALS~

 

久しぶりの画像の更新です。昨年の年忘れガンプラ大会で組んだガンダムエクシア浦和レッズバージョンです。
赤も意外といいなぁ、と思いました。本当は大宮アルディージャがあれば良かったのですが(J1のみ)。
オリックスバファローズバージョンのガンダムとザクも既に組んでいるので、次はそれになると思います。

                           

ようこそいらっしゃいましたー。 人目のお客様です(1999.3.9より)。
800万カウント(2020.10.5)。皆様ご訪問ありがとうございます。
100万(2006.7.19)、200万(2008.6.15)、300万(2010.2.18)、400万(2011.11.12)、500万(2014.1.19)、600万(2016.6.10)、700万(2018.6.22)
SNSや動画が当たり前の時代に、スマホ対応すらできていない古めかしいサイトご訪問ありがとうございます。


☆更新情報その他
 時が流れるのは早いもので、愛猫フェイが逝ってからもう2年。いろんなとこに付着している毛もそうですが、まだまだ足跡残っています。天国で元気にやっているだろうか、そういう足跡を見るたびに思います。

 先輩からあまり注意(教育)されないと言う新人の方へ。一つの考え方としてご覧下さい。→
こちら
 本サイトのコメントは全て組織とは関係ない個人の見解です。

経済からみた江戸時代 '05/7/19更新
江戸時代というのは実はすごい時代だったのです。特に教科書は間違いや嘘ばっかりなのでだまされないでくださいねー。
国家公務員はこんなもん '05/5/30更新
国家公務員の実態などについて書いています。新聞や雑誌、HPは極端な話ばっかりですよー。
テレビではわからない実際の話 '10/6/18更新
マスコミ報道は何かあれば政府を批判すればいいような感じです。
でも本当にそうなのでしょうか?規制緩和、教育、年金などについて、国家公務員の仕事をやっている現状から考えた観点でお話しします。
伝言板
伝言板です。いろいろ方と気軽な雑談をしたいです。
投稿前にこちらをお読み下さい。自己主張(アジテーション)はご自身のblogでどう
ぞ。
フェイ写真館 '17/11/03更新 new
うちのいたずらっ娘の画像です。猫好きの方へ。
2017年5月16日、18歳11ヶ月で逝去いたしました。天国でものんびり気ままに暮らしていると思います。

自己紹介とお願い
お約束の自己紹介とこのHPでのおきまりです。

○最低限の交通ルールの遵守をお願いします。
 「アクセルを踏むとき、道を渡るときに、ちょっとでいいから(亡くなられた)えみるのことを思い出してやってください」(風見しんごさん)

○ご意見、ご感想はこちらまでお願いします→makinoh2アットマークops.dti.ne.jp

 件名には具体的な内容のご記入をお願いいたします。

※就職にあたってのご質問は、まずは書店等の公務員就職関係の書籍のチェックをお願いします。

○森ゆうこ氏質問通告遅れ問題について
<当サイトの考え方>
・社会人は結果責任を負う。自分が正しく行動しても、結果として遅延したら謝罪しなければならないのが市民の日常。
・本件は「結果として通告が遅れた結果となったのは遺憾」とでも言っておけば、謝罪でもないし、メンツも立つ。
・自分に問題がないのなら、参議院委員部又は内閣総務官室の問題なので、原因を明らかにすれば、身の潔白の証明に加え再発防止策が取られ、全員が救われるのに、なぜこの行動を取らないのか(理事会という非公開の話のみ主張するのか)。
・事実関係(ファックス送信記録その他)を公開せずに、事実関係の確認を求める議員等の口を裏から封じようとするのは言論弾圧とも取られかねず、不穏当。
※その他は別ページに移しました。

<6月21日>
○一言
 単独首位・・。よもやよもやだ・・。

 が、シーズン中盤ですし、最近残塁も多くなっているので、一喜一憂することなく、がんばれ、オリックスバファローズ。


○一言2
 飯塚幸三氏は、高齢により、自分が信じるもの以外は嘘だと思っているようですね。だから都合の良い嘘を平気でつく。
 裁判長は実刑で厳しく高齢者飯塚幸三の妄言を断罪して欲しいと思います。そして医療刑務所に収容し、処罰されるべきです。


<6月19日>
○一言
 読売のスモーク選手が、家族が来日できないことで契約解除・帰国とか。わがオリックスのディクソン選手も家族と共に来日できないので契約解除。

 NPBは政府(政治家)に対し、家族の来日ビザの発給を強く求めるべきだと思います。少しは政治力使えよ、と。人道的にも、外国人プロ選手が来日するなら家族の同行(居住)は容認されるべきだと思います。


○一言2
 テレビで、ワクチン打った高齢者がノーマスクで自由にカラオケ歌っていたり、酒を飲む映像が流れていました。誤解を招くのでやめるべきです。

 感染リスクや重症化リスクを下げるだけで、感染しないわけじゃないし重症化しないわけではありません。
 何より、ワクチン打っていない人が国民の大半なのですから、マスク着用して大声を避けるなどの「新しい生活様式」をとらないと、イギリスのようにあっという間にリバウンドしますよ。

 感染拡大を避けるべきとメディアが考えるなら、ワクチン打てばノーマスクでカラオケや飲み会自由にやっても良いと誤解を招くような放送は一切やめるべきです。そして、新しい生活様式」を普及啓発するべきだと思います。


○メディアから一言
 弁護士ドットコムで「伊是名夏子さん語る「乗車拒否問題」後の中傷の嵐、それでも目指す「誰もが生きやすい世界」」という記事が。

 なぜ、嘘を事実とするような記事を、弁護士と冠を付けたサイトが掲載するのか。弁護士というのは嘘を事実とする集団なのでしょうか。

 伊是名氏の問題は、嘘を前提にメディアを呼び、ネットで煽ろうとして、その嘘がばれて叩かれているというシンプルな話で、障がい者どうこうは全く関係ありません。蒙古タンメンで話題の健常者の話と同じ。
 で、さらに炎上したのが過去のブログでおかしな(異常な)ものがいくつも見つかったから。

 わかりやすいのが、本記事で彼女は「「子ども食堂」の記事で誤解されて叩かれた」と言います。
 で、こう言います「共働きで余裕がない時に、片付けが楽だから、ママ友同士で楽しいからと言う理由でも、利用する人が増えたらいい」と。

 うーん。「子ども食堂」を全く理解していないと自ら書いていますね。ネットで叩かれた意味すらわかっていないようです。

 子ども食堂は便利屋じゃないんですよ。貧困に苦しむ子どもたちのためのもの。家事を楽するためにあるものではありません。
 片付けがめんどくさかったら総菜買うのが普通でしょう?(容易に300円切り可能です)なぜ子ども食堂に行く?
 ママ友と話したかったら、子ども食堂を利用する側ではなく運営をサポートしてママ友と話すのが普通の人でしょう。

 こんなトンチンカンなことを言っておかしくないと思っているから、叩かれるのですよ。

 いくら障がい者であっても、人間としておかしなことを言っていれば叩かれるのは当たり前です。
 
弁護士ドットコムや東京新聞などのパヨクメディアは、伊是名氏を擁護し、何が何でも障がい者問題に結びつけようとすることですることで、普通の障がい者が迷惑を被っていることを、いい加減自覚すべき
です。

 伊是名氏個人の考え方や行動がおかしいから批判されているのであって、障がい者を批判しているのではないということにメディアはいい加減気付いて欲しい。

 結局障がい者を政治利用しているのはパヨクメディアなんですよね。


○一言3
 オリンピックの選手村の酒持ち込みの話が話がすり替わっていてすごすぎる。

 そもそも、日本は禁酒令ではなく、自宅では飲んでいいし、普通に酒屋さんやコンビニでは酒の販売は自由です。

 なぜ禁酒令であるかのごとく話をすり替えるのか。もはやオリンピック批判のためなら事実すらゆがめてしまうメディアが怖いですね。


<6月17日>
○メディアから一言
 朝日によると、「サッカーワールドカップ(W杯)アジア2次予選に参加するため、日本に滞在していたミャンマー代表のピエリアンアウン選手(27)が16日、クーデターで権力を握った国軍が支配するミャンマーに帰国することを拒否し、日本政府に保護を求めた。近く難民認定を申請する見通し。同選手は日本対ミャンマーの試合で、国軍への抵抗の意思を示す「3本指」を掲げていた。」そうな。

 難民とは、自国で迫害等を受けて他国に逃れてきた方を指します。
 この人は、わざわざ日本で政治的アピールをし、狙われると言っている自作自演です。
 しかも、すぐに会見し、支援者や弁護士までついているという実に周到な普通の難民ではあり得ない手法です。

 よって、彼を難民として認めてはならないと思います。自国で迫害されたのではないからです。
 もちろん、日本以外で国軍への抗議を示して追われていたのなら別です。が、そうではない。

 支援者や弁護士はこの方の生活費は当然負担するんですよね?まさか税金で出せとか言わないですよね?

 ミャンマー情勢に対する日本の対応が手ぬるいことと、スポーツを悪用して政治的亡命を図る人の話は全く別の問題です。


<6月15日>
○一言
 蒙古タンメン中本を批判して炎上した人がいるとか(広告料稼ぎ狙いの炎上商法と思われるので名前は書きません。)

 で、その人はネットを叩いているんですが、この言い分、自己中すぎて呆れます。
・ネットでの批判→控えめに言って非常識な行動、嘘をつくな、自分にとって不都合な事実を隠すな
・本人の主張→嘘は言っていない、全てを書く必要はない。私は被害者
・客観的事実→嘘があり、不都合な事実を隠している

 確かにネットで理不尽な攻撃やあり得ない誹謗中傷もあります。でも、それって「炎上」とは言えないんですよね(誹謗中傷、アンチなど)。「炎上」の時点で自分の主張がおかしいことになぜ気付かないのか・・。

 自分にとって都合いい部分だけ切り抜いてSNSにアップするから炎上するのだと思います。

 伊是名氏の件も同じです。ほとぼりが冷めたと思ったのか、彼女の主張のみを鵜呑みにして障がい者がどうこう言うAERAや東京新聞などの左派メディアが出てきていることに強い嫌悪感を感じます。ジャーナリストだったら、主張を鵜呑みするんではなく取材しろよ。

 まず、湘南新宿ラインが来宮まで直通している時間という事実関係くらいは確認すべきでしょう。それでも記者ですか?


○メディアから一言
 産経によると、立憲民主党の枝野氏は5%の時限的な消費税減税を主張しているとか。

 うーん、その減税で、レジのソフト修正等でどのくらいコストがかかるかわかって言っているんですかね?これ以上飲食店等を痛めつけたいと。

 率直に言えば、減税するなら消費税以外の部分だと思いますが。経費などで節税をしている人も消費税はすべからく納めなければならないので、現役の労働者から見れば、実に公平な税制だと思いますが。

 例えば、(一般論ですが)自営業者と飲み会をするとおおむね領収書をもらう人がいます。割り勘で払っているけど、領収書上はその方が全部払ったことになっている。個人的には大いに疑問です。

 いずれにせよ、消費税減税で喜ぶのは、そういう「節税」をしている自営業者ばかりであり、納税の不透明さをさらに深刻にするものだと思います。
 枝野氏は、特定業種を優遇していること、減税で社会保障や公共事業の財源が大幅減になること、の問題点について責任をもって答える必要があると思います。


○メディアから一言2
 読売によると「性的目的での撮影や、画像悪用の被害に遭う女性アスリートが後を絶たず、対策強化を求める声が高まっている。被害に苦しんできた、2012年ロンドン五輪と16年のリオデジャネイロ五輪の新体操元日本代表、畠山愛理さん(26)に話を聞いた。
「ロンドン五輪(2012年)の日本代表に決まった頃、初めて被害に気づきました。練習着姿の下半身を強調して卑わいな言葉を添えた画像が雑誌などに掲載されていました。性的な目線で見る人もいるのだと知った時のショックは大きかったです」」とか。

 率直に言って、女性に男性がエロを感じるのは本能だから仕方がない。あとは、どこまで規制するか、という問題だと思います。
 私自身、何の感情も持っていない女性でも、目の前でセクシーな格好されたらどきっとして見てしまいますよ。
 だからといってすごい望遠のカメラ持ち込んで撮影しようとは思いませんが。

 ただ、一般論でいえば、この記事で「雑誌など」と書かれているように、関係者によるものも多いのでは?むしろ関係者席など選手に近い場所にいるメディアの特権を何とかするべきではないでしょうか。

 一般人は観客席を遠くして、カメラの持ち込みを禁止すれば良いと思います。


<6月14日>
○一言
 なにわ男子(ジャニーズJr.)の藤原丈一郎さんが、ミュージックステーションの自己紹介でオリックスを出してくれたそうな。

 いやー、ほんと、いつもありがとう!中居君の番組とか・・。
 オリックスの芸能人の記事だとまずたむけんが出るけど、熱烈なファンの丈くんをできれば一番に報道して欲しいですね。
 阪神オリックス戦のゲストにも呼ばれて好感度が高かったみたいですし。
 T-岡田のファンなので交流戦の活躍は喜んでいると思います。


○メディアから一言
 毎日によると、「政府は6月30日までに霞が関の各省庁でファクスの利用を原則廃止し、電子メールに切り替える方針を決めた。内閣官房行政改革推進本部事務局が各省庁に通知した。
 河野太郎行政改革担当相は4月、時期未定としながら、ファクス廃止を目指すと表明していた。」そうな。
 
 とはいえ、「災害対応のほか、事業者や国民からファクスの書類提出を受けている業務は今後も例外的に利用を認める。」なのはよかった。

 現実問題としては、メアドを知られることを嫌がる個人や個人事業者さんがいたり、そもそも未だファクスでのやりとりが普通の業界や地域もありますし。
 霞が関間でFAXなど使いませんが、そういう市民の方々のためにはFAXは廃止できないと思います。
 災害時は、ポテンヒットのないようにファクスが有効な場合もありますし、機密性が高い情報はメールが使えないときもあります。

 いずれにしても大きな例外があるなら、ファクス使用禁止というのはただのパフォーマンスで(実態調査への回答とか)仕事増やすだけだからやめて欲しいと思います。
 何より、利便性の観点から、霞が関ではファクスなどほとんど使っていない現実を無視して、「原則廃止」など、河野太郎大臣はパフォーマンスが過ぎると思います。


○メディアから一言2
 日刊スポーツによると、「西武、巨人、オリックスで通算525本塁打を放った清原和博氏(53)が「2021年度 第14回ベスト・ファーザー賞in関西」の「スポーツ部門特別賞」を受賞し、14日、大阪市内で行われた授賞式に出席した。」とか。

 こういう意味不明なのやめた方が良いと思います。
 失礼ながら、客観的に見て、育児にも力を入れず、いろいろ飲み歩いて、あげくに薬物で捕まって、現在リハビリ中、という方が、ベスト・ファーザー(特別賞)というのはどう考えても理解不能です。

 いや、清原氏は今頑張っていると思いますし、このままいって欲しいと思います。が、だからといってベスト・ファーザーの類いとは遠い人でしょう。
 何より、今回の受賞で「世間に評価される父親でなければならない」とプレッシャーにならなければ良いですが・・。

 ベスト・ファーザーというのは、子どもの成長のために育児などで日々貢献している人が受賞するべきじゃあないんですか?そういう著名人たくさんいると思いますけどね・・。
 著名人だったら趣旨が違う人やたいして違う人も「ベスト・・・」で表彰し、メディアにとりあげられようとするするのは全く間違っていると思います。


<6月12日>
○一言
 オリックス交流戦優勝!なんでも優勝はいいものです。まずは最終戦を勝って、有終の美を飾って欲しい。
 で、いきなりアウェーで楽天3連戦とキツイですが、ペナントレースも是非優勝目指して頑張って欲しい!


○メディアから一言
 NHKによると、「ICカードの「Suica」や「PASMO」で、障害のある人が、運賃の割引を受けられるサービスが、関東地方などの鉄道やバスで来年度後半から始まることになりました。」とか。

 うーん。伊是名氏の健常者と同じように、という主張を受けて、なぜ障がい者が割引なのか強く疑問に思うようになりました。
 収入面で言うなら、健常者だって収入が低い人もいるのに割引になっていない。

 仕事に就くのが難しい、という意味ならわかるような気がしますが、なら伊是名氏のようにライターであったり社民党の仕事をして一定の収入がある障がい者は当然割引対象から除外されるべきです。

 障がい者が健常者と同じような権利を求めるというのはわかります。なら収入に応じその権利に応じた運賃の支払い義務も当然負うべきではないでしょうか?

 少し前ですが、ある駅で手帳を見せて障がい者割引を求めていた方がいました。一見、鉄道の写真を撮っていたり、普通に活動していたんですよね。
 しかも、その路線は田舎の経営の厳しい私鉄だったので、普通の鉄オタならお布施して金を使うはずなのに。
 ここに観光に来れるくらい金に困ってなさそうなのになぜわざわざ障がい者割引を求めるのか、とちょっとイラッとしました。

 裕福な障がい者が権利だけを求めて、特権は手放さない、というのはおかしな話だと思います。


<6月11日>
○一言
 オリホー!オリックスバファローズが久々の貯金。まだまだ通過点。最近不調ですが、田嶋、頼んだ。


○一言2
 スリランカが日本にワクチン要請とか。
 ワクチン外交・・と言えば聞こえが良いですが、インドネシアとスリランカは基本中国側で、都合の良いときだけ日本を利用しているようにしか思えないんですよね・・。

 ワクチンはもっと親日国に提供するべきではないですかね?


<6月8日>
○一言
 芸能人だと死産まで公にしないといけない、というのはつらすぎる。
 メディアは下らない取材など一切せずに、そっとしておいてやって欲しいと思います。市民は追加情報いらないから。


○一言2
 14歳の少女に対し50代の男性の性交発言は立憲民主党の本多平直議員だそうな。
 まあ、それはともかく、立民の女性議員や共産党の女性議員が、少女姦というあるまじき前提を持ち出す人を猛攻撃しないのはなぜですかね?
 もちろん、政策論で仮定を置いたのであったとしても、さすがに常識的には、万が一純愛であったとしても、14歳の少女と性交はしないでしょう。まともな男性なら。
 つまり、あり得ない仮定なら政策論であっても認めるべきではないし、その場で強く否定されるべきです。

 にもかかわらず、ちょっとしたことで騒ぐ野党女性議員がだんまりなのはなぜですかね?少女の人権なんかどうでもいいんですかね?
 野党女性議員の主張が、単なる政権批判目的なのか、女性の人権を守るものなのかが問われている事案だと思いますが。


<6月7日>
○メディアから一言
 読売によると、「地球上で最悪の侵略的植物」とも呼ばれ、兵庫県洲本市のため池で確認された特定外来生物の水草ナガエツルノゲイトウが、周囲の畑などに広がっているのが見つかった。農地での確認は県内初といい、駆除などで支援してきた市民グループは「もはや住民だけでは防げない。県や市が早急に対応しなければ、急拡大する」と危機感を募らせる。」とか。

 具体的には、「対処したはずが、「乾燥や塩分に強く、水陸を問わず、茎や根の一部からでも増殖するため、堤の草刈りで飛散したり、農機具や長靴などに付いたりして広がった可能性がある。半径50メートルほどの範囲だけでも、数十か所に及んだ。」そうな。

 これが田んぼに達すると大変なことになるので地元は大騒ぎとか。確かに。いや、こんな繁殖力の高い植物、どう対処したら良いのでしょう?
 県や環境省は専門家を派遣して対応しないといけないのではないでしょうか?深刻な問題だと思います。


○メディアから一言2
 京都新聞によると、「12~15歳への新型コロナウイルスのワクチン接種を6日に始めた京都府伊根町に7日、接種に反対する電話が殺到し、町は新型コロナワクチン接種コールセンターを終日停止した。脅迫めいた内容もあり、町は「インターネットで知り、抗議の電話をしているようだ」という。」だとか。

 うーむ、実態としては、「電話は午後5時までに97件あり、全て町外からだった。メールは36件、ファクスは8件だった。20~30分間応対することもあり職員から「仕事にならない」との声も出た。中には「人殺し」「殺すぞ」など悪質なものもあった。町は京都府警宮津署に相談した。」そうな。

 これはひどいですねぇ・・。
 子どもへの接種は強制でない以上、本人と親の判断でしょう。そもそもワクチン接種で「人殺し」とか意味がわからない。
 「小人閑居して不善を為す」の典型例ですね。無関係かつ自分に影響がない外野が騒ぐな、と。
 私に対してもハーデスではなく、「アホバカデス」「アホデス」とハンドルネームを変えろと言ってくる社長さんがいるくらいですから、社会的地位が高くても暴言を吐く人は普通にいます。きちんと警察が調べて、捕まえた方が良いと思います。

 公務員は給与が税金ですが、あくまでも労働者であり、税金で給与もらっているからと言って、誹謗中傷に我慢する義務はないはずです。


<6月6日>
○メディアから一言
 4日付け産経によると「立憲民主党の性犯罪刑法改正に関するワーキングチーム(WT)で、中学生を性被害から守るための法改正を議論した際、出席議員が「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」などとして、成人と中学生の性行為を一律に取り締まることに反対したことがわかった。

 複数の党関係者によると、発言したのは50代の衆院議員。「年の離れた成人と中学生の子供に真剣な恋愛関係が存在する場合がある」とも語り、厳罰化に慎重な姿勢を示したという。」とか。

 頭がおかしすぎる。中学生に対し性交を期待?する50代のおっさんって気持ち悪すぎます。
 立民の女性議員はなぜ猛烈に抗議しないのか。

 はっきり言って14歳と50代のおっさんで真剣な恋愛などあり得ません。50代のおっさんの妄想です。ばかか・・。

 万が一それがあったとしても、50代の男なら、結婚までは性交をしないのが当たり前でしょう。結婚可能な年齢何歳だと思っているのか?

 自民党の議員がこれ言ったら袋だたきでしょうけど、野党だからこんなロリコン議員が誰かわからないというのは大問題です。メディアはきちんと報道し、少女性交を容認する危険な人間を退場させるべきです、50歳の男が中学生と性交とか、醜悪すぎます。


○メディアから一言2
 5日付け弁護士ドットコムによると、「200円弁当など、安さと量に定評のある24時間営業の弁当屋「キッチンDIVE」(東京・亀戸)で、来店した男性2人組が店員を怒鳴ったり、硬貨を投げつけたりする動画が話題だ。店側は警察に被害届を提出。示談にも応じないと公言している。」とか。
 で、「「店に不満があるなら来なくていい」と伊藤さんは言い切る。」とか。

 全くその通りです。客だから何をやっても、暴言吐いても良いなどは、令和の時代は否定するべきです。
 「キッチンDIVE」の代表の伊藤さんは従業員を守るという強い意思を示した素晴らしい経営者だと思います。

 メディアも全力支援し、おかしな人間は店からたたき出すべき、という論陣を張るべきです。


<6月5日>
○一言
 コロナ下で公務員の風当たりが強いですね。例の代々商売をやっている社長さんから「オリンピックをやたらと肯定するのは公務員だからだ」という批判。ハーデスというハンドルネームに対し、アホバカデスと名乗ってはいかがとまで言われました。なんでも私は知性が低いらしいです。
 うーむ、社長さんともあろう立場の方が他人にネットで「アホバカ」いう方が知性に欠けると思いますが・・。そもそも他人のハンドルネームを改名してはいかがとかいう言う人ってもう30年くらいネットやってますがはじめてです。

 なにより、少なくとも「やたらと」肯定した覚えはないし、感染状況次第であると考えています。

 皆さんにお願いですが、私のコメントは、あくまでもスポーツが好きでアスリートを応援したい私の個人的見解であり、「公務員だから」というのとは関係ありません。民間企業の人でもスポーツ好きな人は多いですしね。
 ですから、私がオリンピックはできればやって欲しい、と書いたとしても、「公務員」が安定しているからお気楽に言っている、というような誤解はなされないよう、是非ともお願いいたします。
 あくまでもこのサイトのコメントは、私の職業で一般化されない私の個人的な意見です。


○一言2
 前述の社長さんの、公務員のメリットとして強調されている「安定」していることについて。

 それは事実です。なんせ自ら辞職しなければクビになりにくい。
 しかし、現実は、多くの人は通常業務と次々振ってくる業務に追われています。確かに、通常業務だけなら日によっては定時で帰れるのですが、まずそれで済むことがありません。国会対応やプレスレク対応、問い合わせ、発注など、その日に突如出現した業務に対応しないといけませんから。結果残業となるケースが多いです。

 それが蓄積すると心身のバランスを崩したり、本来の政策立案という理想に対し泥臭い仕事に絶望して退職を選ぶ者も多いです。それが現実。

 部署によっては市民の皆様の激しいお叱りも直接電話かかってきますし、国会議員からも厳しく追及されメンタル圧迫は強いです。もちろん、自分のミスで追求されるなら仕方ないのですが、多くのケースが数年前の問題で、自分は何も悪くないのに叩かれ、謝罪し、深夜まで資料を作り・・。生産性ゼロです。こんな業務、安定していても誰が希望するのでしょうか。辞めたくなるのもわかります。

 仕事って、結局やりがいなんですよね。だから、辞めていく人が増えている。
 「安定」が重要なら辞めていく人いるはずないじゃないですか。要するに、普通の人間にとって、「安定」はあまり関係ないんですよ。


 こうなると、意欲ある公務員志望者が減るかもしれないので、念のため良いところもアピールします(笑)
・自分の政策で笑顔になる人がいる。直接感謝されることは少ないですが、風の噂で喜んでいる人がいると聞くと嬉しい。
・法律の運用を自分で考えられる。省令なども含め現場の判断なので、世の中をよくするためにどう現実を整合すれば良いのか、そして整合して喜んでもらえれば、それは良いこと。
・外交でも日本のために尽くせる。時差や言語など大変ですが、成果はわかりやすい。閣僚級会議の成果などは記録にも残る(もちろん交渉は楽ではありません。ある会議では130時間残業+出張先で8時から23時まで10日間詰めるとか)。
 要するに黒子です。管理職にならない限り、自分が対外的に評価されることはありません。でも現場で本音を話す関係を構築し、「本当によくやって下さいました」といわれれば成功だと思います。私はそれで満足。

 目立つのが好きではなく、縁の下の力持ちで世の中に自分の力でなにかできないか、という方、お待ちしています・・。


<6月3日>
○一言
 「ミステリと言う勿れ」ドラマ化かぁ。菅田将暉なら楽しみ。
 どこまでやるんだろう?ライカさん登場までは無理かな、と思うので、狩集家までかなぁ・・。
 なにより、ガロ君を誰がやるのか楽しみ。ミステリアスな美形・・誰だろう?あと、個人的には池本さんが良い味出していると思いますので、彼も誰がやるのか楽しみ。


○一言2
 オリンピックについて尾身会長の発言が物議を醸していますが・・。
 率直に言って、尾身会長の立場から、オリンピックはやめるべきというのは当然です。感染防止に限定しているのですから。

 他方、経済的な問題やスポーツの貢献など多角的な面から決定するのが政治です。
 オリンピックが開催されなければ、食材や警備、印刷物(サイン含む)などの契約も破棄、その経済的ダメージはどうなんですかね?これらも(下請けを含め)多くは大企業ではないですよ?

 尾身会長の発言を全面的に支持するなら、メディアは「飲食店の苦労」を報道せずに、「強い措置」を全面的に支持するのが筋でしょう。経済より感染防止対策というスタンスを明確にすべきです。

 そんな単純な話ではないから、経済と感染防止の間で調整が難しくなっているのでしょう。
 私は、緩んでいる現状を踏まえても、感染防止対策より、雇用をはじめ経済面を重視する政策を支持します。


<6月2日>
○一言
 夜の街にワクチン優先接種とかいう話が出ているようですが・・。
 はっきり言って、マスクもせずに大声で客の勧誘をしているキャバクラやガールズバーの店員に優先接種などあり得ないと思います。最低限の感染対策をできない人はどうしょうもないし、若いから重症化の率が低いので放っておくべきです。

 そういう人より、福祉施設職員や保育士など、もっと優先接種すべきエッセンシャルワーカーがいるでしょうに。

 ルールを守らない連中を支援して、ルールを守っている者があとまわしなど、あり得ません。これ言っている人、バカでしょう。


○メディアから一言
 共同通信によると「立憲民主党の枝野幸男代表は31日の記者会見で、新型コロナウイルス禍での開催に異論が強まっている東京五輪・パラリンピックに関し「国民の生命や暮らしを守るのが最優先だ。守れないなら断念すべきだ」と強調した。」とか。

 で、「新型コロナの緊急事態宣言下で、飲食店が酒類の提供を自粛しているのを念頭に「食事でワインや日本酒一杯飲むことができない状況で、五輪を開催するのは考えられない」と語った。」そうな。

 いや、普通に自宅で飲めばいいだけの話でしょう。街で酒が飲めないから五輪ダメなら、今やっているプロスポーツはなぜ問題ないのですか?


○メディアから一言2
 日テレニュースによると「5月31日、自民党本部前に集まった人々が手にしたプラカードには、「LGBT差別にNO」とありました。」とか。

 で、「簗和生議員からはこんな発言もあったといいます。
 「人間は生物学上、“種の保存”をしなければならず、LGBTはそれに“背くもの”
簗議員は日本テレビの取材に対し、「LGBTなど性的少数者をめぐる理解の増進は必要」とする一方、「会議は非公開のため、発言についてお答えすることは差し控える」と回答しています。
 31日午後、当事者らは、こうした発言の撤回と謝罪を求め9万4000を超える署名を自民党側に提出しました。」とか。

 正直、こういう運動は、市民からすると、自分の考え以外は認めないという危険な集団ではないか、と思わせると思います。
 なぜなら、政策論の非公開の議論ではいろんな意見があってしかるべきだからです。

 公開の場で言ったのなら別ですが、非公開での発言をつるし上げるのなら、まともな議論ができなくなる息苦しい世の中になります。

 仮に事実であったとしても何についての「謝罪」なのか。どこぞの隣国のような行動は市民の理解は得られないと思います。市民の理解を求めるなら、「謝罪」云々より、自分達の立場の市民への説明であるべきだと思います。


○メディアから一言3
 ITメディアによると、「SNS上の誹謗中傷をなくすために活動する一般社団法人「この指とめよう」(代表理事:コピーライターの小竹海広さん)が5月25日に設立された。」とか。で「アドバイザリーボードには、ジャーナリストの津田大介さんや佐々木俊尚さん、ブロガーのはあちゅうさんなどが参加する。」そうな。

 うーん、趣旨はいいものだと思うのですが、メンバーが偏っていて、言論封殺の可能性もありますよね。

 例えば、2014年2月17日付け津田大介氏ツイッターでは「まぁカチンときても「バカ」って言っちゃいけないって話なんでしょうね。しかし、腹立ったときにバカって言う自由もほしいし、ツイッターでそれできなくなったらツイッターの良さが……とか思うよね。」と言っています。

 で、代表理事も過去、誹謗中傷発言があったのが発覚しているし。自分達に都合の悪いものだけを誹謗中傷といいかねないと思います。

 とあるブログで数日おきに「アホバカ公務員」と私を根拠なく誹謗中傷する人がいるのですが、その方に言わせれば(自分の主観では)事実を書いているのだから誹謗中傷ではないそうです(苦笑)。いろんな詭弁があるものです。さて、「この指止めよう」はこういう人に対しどう考えるのですかね?
 反政府ならOKで、政府支持ならNGとかじゃないでしょうね?


<5月30日>
○メディアから一言
 読売によると、「徳島県赤十字血液センターが献血協力者に、人気アニメ「鬼滅の刃」の限定ポスター(A3判)をプレゼントするキャンペーンを実施したところ、予約が相次いだ。」とか。

 うんこれは素晴らしい試みですね。吾峠先生やufotableの皆様の素晴らしい社会貢献だと思います。
 作品名だけでなく、貢献している方々のことをきちんと書いて欲しいと思います。


○メディアから一言2
 時事通信によると、「性同一性障害と診断され、戸籍上は男性のまま女性として勤務する50代の経済産業省の職員が、女子トイレの使用を制限され精神的苦痛を受けたなどとして、国に慰謝料と処遇改善を求めた訴訟の控訴審判決が27日、東京高裁であった。
北沢裁判長は、使用が制限された女子トイレは一部のフロアにとどまり、職員の労働環境が特段変化した事実は認められないと指摘。「処遇は不合理と言えず、制限の撤廃を相当とする事情の変化が生じているとは認められない」と述べた。

 職員側は、経産省が性同一性障害であることを本人の了解なく他の職員に伝えたことも違法と訴えたが、北沢裁判長は退けた。」とか。

 うーん。これは妥当な判決だと思います、
 むしろ経産省が女子更衣室の使用を許可したり、2つフロア違いなら女子トイレの使用を許可するなど、少しやりすぎかな?と思います

 理由は簡単で、(1)本人には男性器がある、(2)本人が性同一性障害を隠したい、(3)結果として女性の側からすれば女装男性と、本当の病気の方が区別がつかない、からです。
 キツイいい方かもしれませんが、本人がカミングアウトを拒否している以上、.外形的には50代の女装したおじさんが女子トイレに入ってくるのとどう違うのか、ということです。
 なにより、男性トイレが嫌ならいわゆる多目的トイレを使うことで対応可能だからです、なぜ、同じフロアの女子トイレを使用することに固執するのかが理解できません。

 LGBTに理解を求める、と言うのが最近はやりですが、権利をひたすら要求するだけでは、理解は得られないと思います。他人の権利にも思いを馳せるべきです。


○一言
 LGBT推進法などが話題になっていますが、個人的にはこれらをまとめるから話しがややこしくなるのだと思います。

 具体的には、LGBは性的嗜好です。Tは病気です。
 アプローチについても、LGBは同性婚などを認めて欲しいというものです。Tは心の性と同じ性として公共施設の利用などをさせて欲しいというもので、全然違います。
 具体的には、LGBについては、配偶者控除や社会保険、年金など子どもを家族で育てるから優遇するという専業主夫前提の優遇措置を放棄すれば、その点ではスムーズに進むと思います。
 一部の人が言う種の保存云々は、政策優遇がなければ、主張する論拠を失うからです。
 もちろん、「差別するな」といっても、アウティングは禁止、とか言うのなら、LGBに告白された男女が何も言えずに秘密を抱えなければならないという損害(うっかり話した場合損害賠償を請求される)が生じるので、告白された側の人権保護も必要なので、ここはしっかり議論してもらいたいと思います。

 他方、トランスジェンダーは、前述のメディアから一言2のように簡単な話ではありません。医師の診断書と共にカミングアウトすれば、問題ないように思えますが、当人がそれを嫌がるのであれば、本物と偽物の区別が困難だからです。
 (手術をしている人はたいていカミングアウトしている)
 もし、「差別を禁止する」で、男性器を付けた女性が自由に女子風呂や女子トイレに入ってきた場合、それは女性の権利を侵害することになると思います。
 アウティングについては、LGBよりハードルが低いと思います。なんと言っても病気ですし。経産省の職員がいろいろ求めるなら隠したがる方が理解できません。

 いずれにせよ、LGBとTを分けて議論しないと、いろんな話がごちゃごちゃになって、議論が拡散し、うまくいかないと思います。


○メディアから一言3
 29日付け中日スポーツの見出し。「東京五輪・パラ選手村で「酒類持ち込み可能と判明」報道に、怒りの飲食店店主「このニュース見て酒を出すことを決めた」」とか。

 報道がバカすぎる。自宅やホテルに酒を持ち込んじゃいけないのか。飲み屋で飲むのと全く違うのに同一視する馬鹿メディア中日新聞(=東京新聞)

 ホントパヨク新聞は、頭がおかしい。じゃあ、中日(東京)新聞は緊急事態宣言中の都府県の店で酒を出すべきだというのですか?
 政府やオリンピック批判のためなら感染拡大もやむなしとか、頭がおかしくないですか?
 コロナに感染して苦しむのは市民ですよ?


<5月27日>
○一言
 緊急事態宣言延長か・・実は1月からテレワークが続いています。3月末から4月にかけてはいったん解除されましたが、それでも週1しか出勤できなかった。
 さすがに月3日とかの出勤で業務マネージメントとか、冗談を言っているのか?と思います。国会議員秘書への電話レクとかプレスの問い合わせ対応とか、資料が手元にない自宅で行わなければいけないって、めちゃくちゃきついんですけど。

 紙で打ち出せばすぐチェックできる仕事が、ネットでは小さいモニターに左右に作業画面を張り、ちまちまスクロールして見て確認する。時間かかりまくり。それなのに容赦なく発注は多く、せめて週2くらいは出勤させろ!と言いたい。今月めちゃくちゃ忙しい。

 飲食店さんとはもちろんレベルが違いますが、正直者が馬鹿を見る緊急事態宣言って何なんでしょう?守らない人が黙認されるなら、私も出勤したい。


<5月26日>
○一言
 緊急事態宣言延長の見込みとか。うーーん。
 中途半端に我慢して息抜きするより、ガッと一定期間我慢して感染者を大きく減らして、それから飲食店行ったり旅行できるようにしませんか?だらだら2,3ヶ月我慢するより、1月びしっと我慢した方が絶対いいと思いますが・・。


○一言2
 最近、批判すると決めたら何が何でもこじつけて批判するというメディアの姿勢はおかしいと思います。

 端的な例ですが、朝日新聞はワクチン接種を批判したかったようです。例えば、「30分前に行ったが、1時間もかかった」「不慣れなようだった」を取り上げて記事にしていました。

 30分前に行って1時間かかったということは、実質30分で何の問題も無いじゃないですか。「不慣れ」って、ワクチン接種は始まったばかりなのだから当たり前じゃないですか。

 批判すると決めたらアラ探しをしてまで批判する。そういう発想が社会をぎすぎすさせているように思えます。それを率先してやっているのがメディアというのが、どうしょうもないと思います。

 もう少し「まあまあ」の精神で寛容になった方がみんなにとって精神衛生上絶対いいと思います。


○メディアから一言
 東京スポーツによると、「立憲民主党の小西洋之参院議員(49)が26日、ツイッターを投稿し、連日閣僚との昼食時間をとっている菅義偉首相を「無能だから暇だというほかない」とバッサリと斬った。」そうな。

 具体的には小西氏は「コロナの国難にある中に、総理が日中に暇があるとは。無能だから暇だというほかない」と大臣とランチを過ごす時間があることに驚く。

「私は今国会(約半年間)で座ってランチを食べたのは数回だと思う。ほぼ毎日、昼食は食べる暇がないのでカロリーメイトなどを常備している。ちなみに今日の昼は議員立法の作業と、コロナ関係の政策の文書作成をしていた」と小西氏は昼食を取る時間もないほど、多忙の日々を送っていると訴えた。」そうな。

 いますよね・・こういう「メシも食わずに働いているから仕事している」って大馬鹿野郎が。どこの職場にも。

 本当に有能な人は、ランチとってでもいい仕事しますよね。そもそも仕事のスタイルに文句言わないし、淡々と結果を出す。「カロリーメイト」アピールとか自分が無能だから昼飯ゆっくり食べられません、と言っているようなもの。
 もちろん、忙しくて昼飯食べられないことなど私ですらままありますが、おにぎりやコンビニメシを机で食べながら仕事しても「仕事したぜアピール」など論外ですよね。
 何より、時間が外れてもできる限り食事する時間を作るのが普通の人間でしょう。例えばツイッターやってる時間を食事に回した方がいいでしょう。食事よりツイッターが重要ってどう考えてもプライオリティ間違っています。

 つまり、無能なのは、食事の余裕も作り出せない小西洋之氏に他ならないのです。だいたい、この人、キャリア官僚だったんですよ。もし内部にいたら、管理職になっていたでしょう。管理職が昼飯も食わずずっと仕事しているとか最悪の職場環境ですね。辞めてくれて本当に良かったと思います。


○メディアから一言2
 東京新聞で山本哲正記者が猛烈な伊是名氏擁護記事。

 で、彼の記事によると、「◆「乗車拒否」ブログをめぐるバッシング問題
 4月、静岡県熱海市の来宮(きのみや)神社へ1泊2日で出かけた伊是名さんは乗り換えのJR小田原駅で、最寄りの来宮駅は階段がある無人駅と伝えられ、降車時の介助を依頼。約1時間の交渉にも「案内できない」と断られた。だが、途中の熱海駅で駅員が同行し、結果的に介助を得られた。この経緯を「久々の乗車拒否にあった」とブログにつづり、「誰でも安心できる公共交通機関になってほしい」と問題提起すると、ツイッターなどで「事前に連絡をすべきだ」「駅員の業務を妨げている」など、伊是名さんへの激しいバッシングが起こった。」と紹介しています。

 嘘はいかんよ山本記者。もう何度も書いているので詳細はやめるけど、騒ぎを起こすのが目的で「普通の旅行」ではないし、「問題提起」ではなく、「JRへのバッシング」をネットで煽ろうとしたのが現実。しかも社民党幹部という立場で。

 左派の記者って、なんで嘘も100回つけば真実になるという手法をとって、繰り返し嘘を書いて事実であるかのように報道するのかなぁ?それって記者として失格だと思いますが。

 その時点で東京新聞がろくでもない新聞であることがよくわかりますよね。


<5月25日>
○一言
 安定した公務員がコロナについて語るな、身の程を知れ、と子どもの頃から裕福で家業を継いだお偉いさんが私を攻撃。
 よくわからないのが、明らかに自分の方が裕福で収入安定なのに、「安定収入」と公務員を批判するメンタリティ。
 で、そちらの方が裕福と事実を指摘したら「何も知らないくせに、腹抱えて笑った」という体で逆ギレ。長文を自分のブログに書いていたから相当腹に据えかねたのでしょう(苦笑)。だったら絡んでこなければいいのに・・。

 本気で公務員が安定で恵まれているというのなら、家業を継がずに公務員になれば良かったと思いますけど?
 私の親族や大学の知人にも自営業たくさんいますが、公務員をうらやましがる人って聞いたことないですけど・・。

 しかも、コロナ対策については私は経済優先派で緊急事態宣言も極力強い措置でなるべく短期間、というスタンス。
 感染対策のために事業者の皆さんに負担を強いるべきという立場ではありません。収入安定している公務員だからといって経済優先の主張すらしてはいけないというのが理解不能です。
 公務員でも頑張っている飲食店、観光業、卸さん、生産者等々の皆さんを応援したいです。
昨年の秋は旅行で現地でお土産一杯買わせて頂きました。食事もコロナ前よりテイクアウトをよく利用させて頂いています。なぜ公務員だとそういうのもダメなのか。

 生活が安定している公務員は、規制は短期間で厳しく、収束後は感染対策をした上でなるべく普通に商売をして欲しい、と言ってはいけないのでしょうか?

 自営業が公務員を嫌いな人が多いのは重々承知していますけど、事業者の方々への応援すら否定し、わざわざ嫌がらせや言論弾圧をするって、金持ちの社長さんのやることなのですかねぇ?


<5月23日>
○一言
 オリックスの、小田、杉本、大城の3選手が遠征先のホテルに女性を招き、会食をしたとか。
 オリックスはこの3人を謹慎処分とし、登録抹消すべきです。士気が下がる。

 特に小田、大城は今年頑張らなければクビの危機もあるのに何をやっているのか。
 杉本は、ラオウと名乗る資格無し。とんだ俗物だ。今年調子がいいからってもう調子に乗っているのか。女遊びで我が生涯に一片の悔いなしって、か?ラオウに瞬殺されるぞ。

 オリックスは、適切な処分をして下さい、3人は無期限謹慎以外ありません。

<5月22日>
○一言
 オリンピック中止と言いつつ、今日も都内では有観客でプロ野球(神宮)、Jリーグ(味スタ)、競馬(東京)が普通に行われています。
 メディアはオリンピック中止と言うのなら、これらのイベント全て中止と訴えるべきでしょう。
 メディアのオリンピック中止の主張が、単なる反菅のためであり、いかに政治的なパフォーマンスであるかを明らかにする事実です。

 特に、競馬をメジロマックイーンの頃から愛する身として、ダービーやオークスの有観客などあり得ないと思います。
 スタンドではレース時に5000人もの客が間違いなく密集し、大声を出す阿呆も多くなるのではないかと思います。馬券売り場も時間が無い中で密になると思います。これを容認するのは、JRAへの忖度ですか?

 
オリンピック以上に絶対ダメな案件をなぜ容認する?結局オリンピック反対と言いながらJRAに忖度している馬鹿なメディアなど、その程度なんですよ。



○メディアから一言
 5月20日付け日テレニュースによると、「政府高官は20日夜、東京や大阪などに出している緊急事態宣言に関連し、期限である今月31日以降の延長について「仕方ない」と述べ、宣言の延長を視野に検討していることを明らかにしました。」とか。

 うーん。冬の緊急事態宣言が長すぎて、今回の緊急事態宣言ももはやオオカミ少年化するように思えます。

 現実は結構な人がコロナは怖くないと考えて自由に行動しているような。強制力のない緊急事態宣言は限界だと思いますね、

 政府批判する人は、市民が自由に動き出した状況下で一体何ができるというのだろう・・。
 外国のように緊急事態法制をきちっと作って、その中で厳しくロックダウンするか、今の緩い中で、だらだら感染者の増減を繰り返すか、どっちを選ぶんですか?と。

 個人的に、地元の飲食店の方と話しても、1月くらい厳しくやって大幅に新規感染者数が減ってから、感染対策をして商売をやりたいという感じですけどね。

 なぜ国会は緊急事態法制による私権の制限の議論を拒否して、だらだらと効果の低い緊急事態宣言が適当と思うのか説明してもらいたいですね。(当然ながら)効果が出ないことで政府を叩くことが優先で、市民の健康はどうでもいいんですかね?


○一言2
 内田樹という左派の方がオリンピックを第二次世界大戦になぞらえて、ミッドウェー海戦で降伏すればその後の悲惨な事態にはならなかったという。

 いつも思いますが、結局左派の方って、机上の空論で、現場知らない人ばかりなんだな、と思います。

 歴史専攻として、真面目に本件を考えてみます。
 講和とはいえ、負けたわけですから、当然に厳しい要求がなされます。まあ普通は国境線は開戦前の時点に戻り、かつ多額の賠償金請求でしょう。
 結果、日本は開戦前よりさらに貧窮化し、結局以前より不利な条件で第二次太平洋戦争を起こすか、第二次世界大戦中は放置され、終戦後真綿で首を絞められるように経済的圧迫を受け、属国化するか、です。

 左派の方はとにかく自分の都合のいいように考える。広い意味での現場を知らないから。空想は小説だけにしてくれ、という感じです。


○メディアから一言2
 J-CASTによると「もう限界かもしれません」。コロナ禍の中で、東京・荻窪のラーメン店の女性店主が、こんな言葉から始まるメッセージを店頭に掲出した。その内容がツイッターで紹介され、反響を呼んでいる。」とか。

 具体的には、「店は、小池百合子都知事の休業命令で営業していなかったが、2021年5月20日から営業することになった。しかし、3月からのコロナの感染拡大防止協力金をまだもらえておらず、店主の私物で売るものもなくなったとして、こう打ち明けた。
このままではお店も1カ月もちません。もう限界です。皆様、お客様どうかお助け下さい」」だそうな。

 で、「他の多くの店もコロナ禍で苦しむ中で、国や都などには、こう望みたいとした。
「コロナを抑えるために出歩くな、ということは分かります。しかし、それだけされても困ります。先が見えませんので、補償をしてから休めにしてもらえないのかと。五輪をやったらコロナが広がるかもしれないので、その実現に尽力するなら、もっと違うことにとも思っちゃいますね」」とか。

 これねぇ・・。補償金目当ての演技であること、メディアは少しは考えるべきだと思いますよ。

 なぜなら、このお店は記事によると「2020年6月2日にオープン。」とか。まずこの経営判断が理解不能です。だって、緊急事態宣言中に準備していたということでしょう?当時の情勢から、先行きが暗い中で、競馬で言えば大穴に張ったわけでしょう。
 さらに疑問なのは、20時まで営業できるのになぜか15時までで営業をやめていたこと、さらに、「1日10杯しか出ないときもある」と言っている点。
 うちの近所はラーメン屋が多いですが、今の状況下でも1日10杯(=一日10人しか客がいない)の店なんてないですよ。そんな店は残念ながら閉店して当たり前じゃないですか?

 どう考えてもその店の個別の問題でしょう。

 それを補償とかそういう話にするなら、売れない店ならばんばん休業して補償金もらえばいいわけで。日頃売れてない店の延命に税金を垂れ流すべきと言うJ-CASTはさすがに頭がおかしくないですか?
 こういう店でもメディアが取り上げるからおかしな話になるのだと思います。


○メディアから一言3
 報知によると「俳優の峰竜太が20日、コメンテーターを務めるフジテレビ系「バイキングMORE」(月~金曜・午前11時55分)に生出演した。この菅首相の答弁に峰は「菅さんのこういったお言葉なんですけど、失礼ですけど、ひとつも心に響かないんです」と断じた。その上で「とりあえず大まかなことを言って、淡々と進めていますよ、ということですから」とし「何かどっかで、菅さんの性格もあるかも分かりませんけど、涙流すとか、例えば絶叫するとかそういうようなことも、やっていかないと届かなすぎますよ」と指摘していた。」

 ホント「バイキング」って阿呆しか出演していないのか・・。どういう需要があるのでしょう?
 涙流したり、絶叫とかって、一番人を騙すのに使う手口じゃないですか。政治家がそれやったら終わりだと思いますが、
 峰竜太氏は例えば小泉純一郎に騙されて、騙されたことにすら気付いていない痛い人なんでしょうね。感情論でしか物事を話せない老害は退場して欲しいし、こういう老害が若者のテレビ離れを助長しているのだと思います。


○メディアから一言4
 20日付けNEWSポストセブンによると「小泉進次郎氏 コロナ禍でも1泊18万円個室に即入院、即手術の特別扱い」と見出しが、

 18万の個室などコロナ関係なく使える人は限られているのですから、大臣としてセキュリティが必要な人が自腹で使うなら何の問題も無いと思いますが。

 何でもかんでも平等を求めるのは、いかにも左派の考える阿呆な発想ですね。ばかげた批判だと思います。


<5月19日>
○一言
 朝日と毎日が防衛省の大規模予約システムの問題を指摘した点。
 もちろん、ソフトに問題があるのは防衛省に責任はあるんですが。

 他方、このシステムの最大の受益者は高齢者(市民)です。それを考えると、深刻なエラーを全世界に流すことにより、愉快犯の行動を助長することになるのは明らかです。そうした場合、一番被害を受けるのは接種対象の高齢者です。

 社会の木鐸なら政府のミスであろうと市民に大きな影響を及ぼすなら、ただ事実をネットに流せばいいというものではないでしょう。防衛省に問題を指摘した上で、対処を求めた上で批判するのが普通でしょう。

 エラーを見つけたらその影響を考えずに喜んで叩くなら、朝日や毎日はネット市民とどこが違うのですか?

 政府叩きのあまり、それによって被害を受けるのが誰か、というのがわからない時点で、メディアとして終わっていると思います。



○メディアから一言
 18日付け産経によると「送還を拒否するなどして収容が長期に及ぶ不法滞在外国人のうち、懲役3年以上の実刑判決を受けた刑法犯が昨年末時点で約310人に上り、うち難民認定申請中が約150人と半数近くを占めることが18日、分かった。申請を繰り返すケースもあり、申請中は本国へ送還できない「送還停止効」の悪用も疑われる。政府与党は難民認定申請に上限を設定する入管難民法改正案の今国会成立を見送ったが、こうした問題は先送りされることになる。」とか。

 これが現実です。不良外国人を難民に認定などあり得ません。改正を見送った菅自民党の腰抜けぶりには呆れます。

 具体的には、「年間で約1万人は処分に応じ出国するが、本人が拒否したり、本国が強制送還に応じなかったりする外国人は昨年末時点で約3100人に上る。このうち約2440人が病気などの理由で収容施設から「仮放免」されている。
 約3100人の中で不法滞在以外に罪を犯し、懲役3年以上の実刑判決を受けた人は約310人で、うち約150人が難民認定申請中だ。懲役5年以上は約180人中約90人、懲役7年以上は約90人中約50人が難民認定申請している。」そうな。

 常識的に考えて懲役3年以上が1割もなど、「善良な難民」であればあり得ません。

 記事は実例を挙げています。「たとえば、あるアジア人の男は強制わいせつ致傷罪で懲役4年の実刑判決を受け、仮放免中に強姦致傷罪(現強制性交等致傷罪)で懲役6年の実刑判決を受けたが、現在2回目の難民認定を申請している。アフリカ人の男は恐喝などの罪で懲役2年6月の実刑判決を受け、仮放免中に強姦罪(現強制性交等罪)で懲役5年など2度の罪を犯し、4回目の申請中だという。

 要するに、人権派の言うように「難民認定を進めたら」こうした強姦魔などが普通に街を歩くことになるのです。
 
被害を受けるのは市民です。人権派の左派市民や立憲民主党は守ってくれません。

 前にも書きましたが、周囲を海に囲まれた日本では本当にお気の毒な保護すべき難民はほぼいないです。そのような状況下でこうした犯罪性向の強い外国人らを難民として認めようとする立憲民主党などの主張をなぜメディアは支持するのか。

 市民の安全が脅かされることをなぜメディアは書かないのか。日本人の人権より不良外国人の人権というのはナンセンス極まりないと思います


<5月18日>
○一言
 ミャンマーの軍事政権の件も、ガザ地区の戦闘も、事実を報道するだけになってきましたね。
 人権を重視するメディアは何ができるのか、考えて欲しいものです。ペンをもっと振るって欲しい。


○一言2
 5月16日付け志位和夫共産党委員長ツイッターによると、「在留期限が切れたというだけで、何の犯罪も犯していないのに、裁判所も通さずに、入管の裁量で、外国人を収容施設に問答無用で追いやる。こうした「全件収容主義」こそ現行入管制度の非人道的な大問題です。改悪案はこれを一層悪くするものです。」

 うーん。国会議員たる共産党の委員長が法を誤って考えているんだからどうしょうもないですね。在留期限が切れれば、不法在留となって、罰則があります。罰則があるということは犯罪です。

 さらに、今回の法案で、反対派の方はスリランカの方の例を挙げて、難民を見捨てるのかと言っていますが、スリランカの方は難民じゃないんですよね。今回の法案の根本は退去しない外国人への対策です。

 もちろん、命を落とす結果を招いたのは残念なことですが、なぜ帰国しなかったのか、という問題をはっきりさせないといけない。
 難民の問題と不法滞在外国人の問題を混同してはならないと思います。
 そしてはっきり言えば日本ではほとんど全て難民ではありません。スリランカ人の方もそうです。このあたりの報道がないのはなぜでしょう?
 個人的には未来の入国禁止を前提に航空チケット与えてでも帰国させるほうがいいと思います。

 与党が法案審議を断念したそうですが、(難民ではない)帰国すべき人を帰国させず、施設で生活させる税金で食わせる一方で拘留者は不満を持つ、という誰も得しない状況というのは果たして適切なのか。反政府のために解決策を考えない報道ばかりなのは大問題だと思います。


○一言3
 ワクチン予約で様々なトラブルが起きていますが、対象が大規模になればなるほど、残念ながらトラブルは起きて当たり前で、それに対しどのように対処するのか、というのが重要になります(ご批判は無論甘受させて頂きます。申し訳ありません)。

 一方で、練馬モデルのように問題になっていないところもあります。ことさら問題になっているところを取り上げて批判するだけではなく、グッドプラクティスを紹介するのもメディアの役目ではないでしょうか。

 ただ、高齢者というのはどうしょうもない人がいる、と高齢者に近い私ですら思いました。
 一番ひどいな、と思ったのが、ワクチン予約電話の間違い電話で、無関係な民間の方に対し、自分のミスを認めずわめいているという事案。
 
これはメディアは厳しく批判するべき事案ではないんですか?
 新聞読むのは高齢者か多いから批判できないのなら、それこそ日頃批判している「忖度」ではないんですか?


 あるテレビでは「(直接受付していないので)ダメだろうけど行ってみる、どうせ暇だから」とか言って抗議している高齢者を報道していましたが、それ、職員が対応しなければならなくて、その時間別の仕事ができなくなる時間の無駄なんですよね、批判しろよ。高齢者の根拠のない苦情につきあわせれる自治体の職員さんは気の毒としか言いようがない。

 若者批判は積極的なのに対し、でたらめな高齢者批判がないのが実におかしいと思います。


<5月17日>
○一言
 楽天の総帥の三木谷氏の「反オリンピック」のいい加減な発言について、メディアが調べもせず垂れ流すのが怖い。「楽天」のCMに忖度しているのでしょうか。

 彼はこう言います。米国のように自由にワクチン接種できるようにすれば良い、日本は予約とかアホか、と。
 現実は、自由に接種できるように始めたのはNY州などのごく一部で、他は未だに予約制です。
 そもそも、なぜNY州が自由に接種できるようにしたかというと、市民が接種を忌避して、全米でも接種率が最低のランクだからです。
 日本では、接種を我先にと争っている状態です。もし自由に接種可能としたらとんでもない行列ができるわけで、非現実的です。

 このように、三木谷氏は雲の上のお殿様であるために現実をわかっていない。
 オリンピック反対にしても、「反対」と言っておけば今は評価されるというのに乗っかっているだけです。


○メディアから一言
 13日付け日刊スポーツによると「車いすユーザーのコラムニスト伊是名夏子さんが、電車利用をめぐるトラブルを明かした投稿をめぐり現在も一部から誹謗(ひぼう)中傷など攻撃が続いているとし、「私が使う言葉の一つ一つや行動を、批判、誹謗中傷するのはやめてください」とあらためて訴えた。」そうな。

 具体的には、「伊是名さんは13日、ツイッターを更新。被害について書き出し、「言う人は何も考えず、むしろ自分はいいことをしていると思ってやっているのかもしれません。でも私は私の人格、生活、交友関係をはじめとする全てを、匿名のネット上の人に、ぐちゃぐちゃにされ、それが拡散されていく。夜も眠れない。私にとっては誹謗中傷です」とした。

 で、「いじめるほうが悪いのに、どうして私が選択肢を奪われ、隠れて生活しないといけないのか」と疑問を投げかけ、「私はTwitterの使い方に悩むし、間違うし、誤解を与えてしまいます。でもだからと言って、揚げ足とるように、私が使う言葉の一つ一つや行動を、批判、誹謗中傷するのはやめてください」と求めた。」とか。

 ほとぼりが冷めたと思ってこういう自己正当化の文章を書くのでしょうが、世の中舐めていませんか?

 まず、JR職員に対し、嘘を根拠に「いじめた」のは伊是名氏です。自分がいじめっ子だと自覚をして欲しい。それに対し、それはおかしいと多くの方が割って入ったということです。

 決して伊是名氏がいじめられっ子なのではありません。
どうしてそんなに都合良くすり替えられるのか。日刊スポーツも少しは調べろよ、アホですか。

 本人は「JR」に言った、と言うのかもしれませんが、伊是名氏の主張を受けてネットからの抗議などに対応するのは現場の職員なんですよ。

 確かに誹謗中傷はいかがなものかと思いますが自分が嘘をついてまで批判を煽るようなことやっておいて、いざ自分に矛先が向いたら「批判をやめて下さい」って、コラムニストとしておかしくないですか?だったら筆を折りなさい。自分だけが一方的に批判できるってどういう特権階級ですか?

 事実を隠して嘘をベースにJRの職員らをネットで攻撃したのは伊是名氏自身。しかも、職員の写真までネットに上げて。
 伊是名氏のお仲間から当該職員や小田原駅、熱海駅の駅員、本社の広報等関係の皆さんが「人格、生活、交友関係をはじめとする全てを、匿名のネット上の人に、ぐちゃぐちゃにされ、それが拡散されていく。」可能性もあったわけですよ?

 あまりにご都合主義の上、しかも反省の色が見られないなら、また批判は続くでしょうね。

(参考)ブログ批判時の嘘の例
・調べたが、非バリアフリーと知らなかった→「来宮駅」で検索すれば一番上に構内図が出てくる
・来宮神社に行きたかったから来宮駅に行きたかった→小田原から来宮駅直通は16時過ぎしかなく、来宮神社が閉まっている時間にしか着かない。熱海駅でどうせ乗り換えるのなら、熱海からタクシーを使うアドバイスはあたりまえ
・タクシーは1月前しかとれない→前日でもできるし、空いていれば当日でも介護タクシーに乗れる。
・大事にしたくない→「交渉」しはじめてから30分でメディアに連絡し呼びつけ、記事で批判させようとした
(最大の嘘)予約なしで自由に動きたい→ほとんどが熱海止まりなので、熱海で降りてタクシーなりノンステップバスを使えば問題なく来宮神社に行けた


○メディアから一言2
 13日付けJ-CASTニュースによると、「長野県松本市内の河川敷に買い物カゴごとバーベキューのゴミが放置されていたとして、ツイッター上でその写真が投稿される騒ぎが起きた。」とか。

 で、「その後、当事者2人が市の担当課でゴミを引き取り、謝罪する事態にまでなった。不法投棄などの可能性もあることから、松本署も、市から連絡を受けて現場確認をしており、今後、捜査が進むことも考えられる。」そうな。

 バーベキュー関係では、非常識な人間も多いので、不法投棄でどんどん処罰するべきだと思います。やった者勝ちというのが、こういった行為を助長していると思います。
 私がバーベキューをしないのは、(マナー違反を超えて)非常識な人間を見ると気分悪くなり、楽しめないというところがあります。
 昔は好きだったのですが、ブームだかなんだか知りませんが、おかしな人間が増えてきたように思えます。


<5月14日>
○一言
 大事なのは、大声で話すことによる飛沫感染防止。それと、お店の商品やドアノブや手すりやボタンなど不特定多数が触ることによる接触感染防止。
 だから、マスクをし、酒を伴う会食を控え、カラオケ等がダメなのです。

 酒がダメ、とか言う報道の仕方は間違っています。なぜ酒がダメなのかをきちんと報道するべきです。


○一言2
 オリンピック開催に反対する人は、夏の甲子園や、インターハイ、金鷲旗、プロ野球やJリーグなども当然にして中止になることを理解していってるんですかね?

 正直、政治的スタンスで騒いでいるだけで、その影響を考えていないように思えますが。学生に仕方が無い、と言えるんですか?。浅はかに、無責任にただ政治的タンスだけで騒いでいるようにしか思えません。

 何より、今議論すべきはオリンピックではなく、感染拡大防止でしょう?市民への感染を抑制するのが最優先なのでは?
 正直、今の段階ではオリンピックなんてどうでもいいんですよ。


○一言3
 5月8日付け福島みずほツイッターによると「来週12日には参議院でデジタル庁関連法案が成立するとも言われています。しかし、成立させてはなりません。個人情報が守られません。行政の長は相当の理由があれば行政内部で、特別の理由があれば民間へ同意なくして個人情報の目的外使用ができます。」とか。

 馬鹿すぎる。昭和の時代の化石のような脳みそ。
 正直、行政の現場を知っていたらそんなことが杞憂だとわかりますね。忙しくてそんな暇ないですよ。

 いや、もしそう言うのなら、行政のITの遅れを全力で擁護してもらいたいですが?霞が関ではもはやFAXは使いません。でも相手が必要だから使わざるを得ないというのがあります。でもなぜか「霞が関のFAX文化」と批判される。いい加減にして欲しいです。

 マイナンバーとかどんどんリンクして使いやすい行政にしたい、というのが役人側の発想ですけどね?



<5月11日>
○一言
 ワクチンの接種で高齢者が殺到し(電話がつながらず)、批判。

 まー難しいですよね。電話にしても、ネットにしても、直接受付にしても当初は絶対に集中するから。W杯やオリンピックのチケットもそうだったじゃないですか。少し待てば十分接種できるんですけどね。
 一定の数がたまるまで待てばいい、と思うかもしれませんが、そうすると「なぜ順次やらないんだ」と叩かれる。
 どうやっても叩かれる構造なのです。メディアはそのあたりも理解の上、批判してもらいたいと思います。

 あと、自治体が日時を割り振ってしまえばいい、というのは理想論です。これを主張して公務員を叩く東大卒とか見ましたが、いかにも机上の空論で現場で汗かいたことのない人でした。
 この方式だと、結構指定時間に来ない人がいるし、何より「変更してくれ」という電話が殺到するんですよ。

 メディアは自治体を叩いていますが、そもそもこの手の新規受付で、トラブルゼロなんてあり得ない話です。数万レベルのコンサートだって全然つながらないでしょう?
 長い目で、冷静に見るべきだと思います。実際には地方などは粛々と接種が進んで2回目に入っている自治体もあるのですから、トラブルを大きく取り上げて、あたかも公務員がダメであるかのように一般化するのはおかしな話です。

 ちなみに、一番心配なのは、ワクチンを早く打った高齢者がこれで安心、とノーマスクで酒場やカラオケスナック行って大声出さないかですね(感染します)。特にじいさんが早くワクチン打ちたい根拠はこれが一番大きいように思えますが。


○メディアから一言
 ヤフーニュースで「池江璃花子選手への五輪出場辞退要請は誰が行っているのか」という見出しで、鳥海不二夫東京大学大学院工学系研究科教授が寄稿していました。

 具体的には「辞退を求めるツイートを拡散しているアカウントの80%近くが過去のツイートから「リベラル系」とラベリングされていたアカウントだった点です.そして,その拡散されたツイートの中には誹謗中傷に近いのではないか?と思えるようなツイートも含まれていた点を非常に残念に思います.もちろんリベラル系のすべてのアカウントが参加していたわけではなく,ラベリングされたアカウントの中では0.35%と極一部のアカウントではありましたが,保守系のアカウントでは0.05%だったことを考えても党派性の強さが気になりました.」とか。

 で、「オリンピックに反対するという意見そのものを否定するものではありませんが,社会的に適切に見えないやり方は,共感を得るためには得策とは言えない気がします.」というのは全くおっしゃるとおりですね。

 なにより、「本来であれば,個人あてのリプライを分析すること自体に議論があるところではあると思い公開するかどうか悩みましたが,木村花さんの悲劇からまだ1年もたっていない今,同じように著名人とはいえ一個人に向けた誹謗中傷が多数寄せられるという状況でのこのような分析は公共性が高いと判断し,公開することとしました.」そうな、

 自分の主張のためなら何でもいいという発想が誹謗中傷ツイートということでしょう。これがパヨクの正体です。そしてそれをなぜか、朝日、毎日、東京(中日)の各グループや、立憲民主や共産党等が肯定するから世の中おかしくなるのです。


○メディアから一言2
 毎日によると、「東京都文京区の湯島聖堂近くで2018年、倒れてきた看板の下敷きとなり、車いす生活となったアイドルグループ「仮面女子」の猪狩(いがり)ともかさん(29)と両親が、国に計1000万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。看板は国が設置したもので、木製の脚の根元が腐っていたとし、「国は数十年にわたり安全対策を怠った」と主張している。」とか。

 歩けなくなったのですから、気が済むまでやるべきだと思います。
 他方、関心があるのは、国から管理を委託した財団法人とは和解が成立したということ。それは良かったのではないかと思いますが、その上で国を訴えるというのは、管理責任がどこにあるのかを問う裁判だと考えられます。

 うーん。委託先から「腐食」を何度も訴えられたのに対応しなかったというのならともかく、委託した場合でも管理責任があるとなると、もう何も委託できなくて、全部直営でやらなければいけないような気がします。それは公務員を増やしてくれるならともかく、そうでないのならしんどい(無理)と思います。


○メディアから一言3
 毎日によると、「徹夜覚悟の高齢者が殺到し、予約窓口を一転廃止に――。大阪府茨木市は10日、新型コロナウイルスワクチンの集団接種の窓口予約を中止すると発表した。この日未明から多くの高齢者が窓口に集まったが、市は前日昼から並ぶ人に整理券を先に配布していた。徹夜で並ぼうとする高齢者の健康面を考慮したというが、10日に訪れた市民は納得できずに抗議。福岡洋一市長が早朝に呼び出され、警察官も駆け付ける騒ぎとなった。」とか。

 なんか、昨年のドラッグストアでマスクのために早朝から並ぶ高齢者再び、という感じですね。

 徹夜とか、日の出前から並ぶとか、ワクチンのために3密になるとか頭おかしくないですか?(失礼)醜い老害としかいいようがありません。
 こちとら現役世代はワクチンは遠い先なのに、自分のことしか考えないで大騒ぎする元気いっぱいの高齢者なんかワクチン必要ないんじゃないの?とむかつきますね。


<5月10日>
○一言
 今日はゆるい話題を。土曜日テレビ見てて・・24時間テレビ、キンプリかー。まあ岸君面白いから期待できますが。

 個人的には「「CHAMPON」を期待した!」とボケて、娘に笑われました。おそらくジャニーズファンでもほとんど知られていないでしょう・・。

 いや、本当に昨年の「すこジャニ」(フジテレビ)がめちゃくちゃ面白かったので。尺がとれすぎて、2日目の絶叫マシンとラスト以外が全てボツって、どれだけ面白かったのか。(ちなみになんで「すこ」なのか未だにわかっていませんが)
 なんといってもメンツがいいです。今をときめくSixTONESの田中樹(じゅり)、どっきりで最近目立つ「許せない!」菊池風磨(Sexy Zone)と河合郁人(A.B.C-Z)、そして遅れてきたバラエティの大物?ふぉ~ゆ~辰巳雄大。面白くないはずがない。
 名前の由来も樹によりちゃんと考えられていて、Championにはiが足りない、だから愛を」(みたいな感じだったはず)です。

 ホント、下手なお笑い番組より面白かったですね。笑いあり、涙あり。特に辰巳君はうまく話回したり、ぼけたり、いじられたり、いや逸材だと思うので、もっとテレビで使ってもらえませんかねぇ?絶対盛り上がるよ。

 というわけで、すこジャニ、そろそろ第2回やって下さいフジテレビさん、という個人的なお話でした(笑)


<5月9日>
○メディアから一言
 オリパラのワクチンに関する正確な報道は次のとおりです。
 ロイターによると、「米ファイザーと独ビオンテックは6日、東京五輪・パラリンピックに参加する選手団に新型コロナウイルスワクチンを提供する方針で国際オリンピック委員会(IOC)と合意したと明らかにした。5月末に出荷を開始し、選手や関係者が東京入りする前に2回の接種を完了することを目指す。」とのこと。

 正しく報道していれば、これにより来日する関係者による感染リスクは大きく引き下げられることが明らかです。
 そしてこの調達されたワクチンのほとんど全ては外国人に使用される。
また日本向けではなく、IOCが購入したものです。

 しかし、政権叩きのためにオリンピックを悪と決めつけるメディアのせいで、あたかも日本が購入した、だからアスリートが特別なのはおかしいみたいな間違った報道になっています。これはおかしい。

 メディアは、報道機関のプライドがあるのならば、正確に報道するという当たり前のことを行うべきだと思います。


○メディアから一言2
 事実を無視して、何が何でもオリパラを潰したいというメディアの謎の行動。
 東スポによると、「国立競技場周辺で大規模の反五輪デモ「中止しろ!」「誰のためにやるのか!」「貧乏人を殺す」」と見出し。
 
 しかし現実は、スポニチによると次のとおり。「東京五輪パラリンピック開催の中止を求めるデモ行進が9日夕、陸上競技のテストイベントが行われていた東京・国立競技場周辺で行われた。反五輪の会、オリンピック災害おことわり連絡会が共催し、約100人が参加。」

 100人が大規模デモ(苦笑)。しかも感染を恐れず密になり、大声でシュプレヒコールをやっている変わった人達です。
 そもそも、これらの団体は昔からやっていて、別に感染拡大したから言っているわけではないのです。

 メディアがなぜ虚偽の報道をしてまでオリパラを潰したいのか、どういう勢力の影響なのか、知りたいです。


○一言
 オリンピックがどうあれ、重要なのは今の感染状況を市民がどう考えているか、ではないですかね?

 正直、メディアの報道も、「飲食店が苦しい」とか外出した人のインタビューばかりで、自粛を軽視し、コロナ感染はたいしたことがないと見ているようにしか見えません。
 特に、政府がGOTOをやったり、一貫性がないのが最大の失政と主張するメディアは頭がおかしいし、市民をだましていると思います。

 政府の方針は諸外国と同じです。感染者を激減させれば、経済活動を復活させ、感染者が増えれば、経済活動に制限をかけるという、わかりやすい策です。

 ただ、市民は、感染者が500人超えてもたいしたことがないと思った。「コロナ疲れ」と言えば聞こえがいいですが、ある意味「コロナ感染はたいしたことがない」と思っている。
 今の政府批判は「たいしたことがないのに規制をかけるのはなぜだ」と言うことなんだろうと思います。

 本当にメディアが市民の命を心配するなら、政府がどうであれ、自粛を大きく呼びかけるはずですが。メディアの大衆迎合での政府批判は本当に市民の健康を守るのか。それが社会の木鐸のやることか。


○メディアから一言3
 弁護士ドットコムによると「難民認定の手続き中であっても「強制送還」を可能にする出入国管理法の改正案をめぐり、難民・外国人問題に取り組む弁護士や支援者、小説家・タレントなどの有志が5月6日、都内で廃案をうったえる記者会見を開いた。」とか。
 で、「登壇したタレントのラサール石井さんは「オリンピックの招致で『おもてなし』という言葉を使ったが、一方の外国人には非常に過酷なことをしている。片方の顔では『おもてなし』、もう一つの顔では『人でなし』。なぜ同じ外国人を差別するのか」と述べた。」そうな。

 左派ビジネスで儲けているラサール石井氏。そういう方結構いますね。いつも誰が金出してるんだろうと思いますが。

 事実と違うことを言っていい人ぶるのはやめたほうがいいです。パヨクはだから支持されない。
 入管で揉めている多くのケースは難民ではなく、ビザで認められた期間を超えて不法滞在する「オーバーステイ」です。オーバーステイはどこの国でも強制送還が普通です。日本が甘すぎるのです。

 そもそも、ボートピープルでもない限り、「難民」は日本にはたどり着かないですよ。
 
例えば問題になっているスリランカの方ですが、あれは、日本にビザを取得して来日、その後オーバーステイして、帰ればいいのに帰らなかったという事案です。結果は本当にお気の毒だと思いますが、なぜ帰らなかったのか。
 むしろ、強制送還を可能とした方が、ずっと施設で収容されているより遙かに人道的だと思いますが。

 しかし、本件もラサール石井氏に小泉今日子氏が騒いでいるらしい・・語るに落ちたという感じですね。


<5月8日>
○一言
 今度はIOCによるワクチン調達について、アスリートの優先接種はおかしいとか。パヨクは本当に頭がおかしいな。
 だったら高齢者への優先接種にも文句言えよ。高齢者だって基礎疾患のない人たくさんいるでしょう。言えない理由はただ一つ。
パヨクの支持勢力が高齢者だからです。


 要するにこれも政治的なパフォーマンスなんですよ。ホントパヨク支持の高齢者等の陰湿な言いがかりはどうしょうもないと思います。

 若い人に聞いてみな。どうせ俺らは後回しだから、数百人優先されてもなにも変わらないと言うから。


<5月7日>
○メディアから一言
 共同通信によると「白血病による長期療養を経て東京五輪代表入りを決めた競泳の池江璃花子(20)が7日、会員制交流サイト(SNS)を通じて代表の辞退や五輪への反対を求めるメッセージが寄せられていることをツイッターで明かし「この暗い世の中をいち早く変えたい、そんな気持ちは皆さんと同じように強く持ってます。ですが、それを選手個人に当てるのはとても苦しいです」と心境をつづった。」そうな。

 こういうコメントする奴は控えめに言って人間のクズあるいは社会不適合者。

 喩えて言えば、高校野球開催反対だからといって高校球児に言うバカがいますか?高野連に言うんでしょう?
 一般人で言えば、感染拡大しているから大学受験を辞退しろと受験生に言っているのと同じです。ありえないでしょう。

 結局、人の努力というものがわかっていない人間のクズが投稿しているのだと思います。
 なにより、よりによって、病気で大変な思いをして、血のにじむ思いで復活した池江さんを狙うなど、もってのほか。
 
池江さんを狙った時点でオリンピック賛成/反対以前に人間として狂っています。


 しかし、これが宇都宮氏の署名活動とほぼ同時期に突然起きたこと、大声(多数の一方的主張)で「個人」の考えを変えさせようとするのはパヨクが良くやる「オルグ」という行為であること、なにより、己の(思い込んだ)正義を振りかざし、他人に強制することから、オリンピック反対はパヨクの政治的活動であることが明らかになりました。毎日新聞も左派で鳴らした新聞ですしね。

 パヨク勢力よ、反対するなら政治家にやれ。頭がおかしすぎるぞ。人間か?


<5月6日>
○メディアから一言
 毎日新聞グループが総力を挙げてオリンピック中止キャンペーンというか、政治的キャンペーンを張っていますね。

 いずれも5月6日付けスポニチ「宇都宮健児氏 東京五輪開催中止呼び掛けた署名 32時間弱で10万筆突破」とか、毎日「オリンピックむり!」立川の病院、窮状訴え いいね20万件超」とか。

 笑わせるな。
 純粋に中止を主張するなら、TBSのオリンピック放映権返上してから言っていただきたい。なぜまずそれをしないのか。
 そして、スポニチはアスリートにオリンピック中止すべきと言うのが当然でしょう。

 要するに
アスリートにはオリンピック頑張って下さい、と言いながら、オリンピック中止せよ、と紙面で言う。
 
オリンピックの放映権をしっかり確保しながら、(どうせ中止にならないとたかをくくって)中止すべきと言う。

 
毎日グループは人間のクズの集団でしょう。まったく筋が通りません。

 宇都宮氏だって、実際に市民に自粛を呼びかけていない上、自身はマスクもせずにマウスシールドで公の場に出るんですから、いかに感染対策を軽視しているかわかります。

 どいつもこいつも、私利私欲のためにオリンピックやコロナを利用するな!こういう連中は最も嫌いな人種です。


<5月5日>
○一言
 メディアって、感染拡大を期待しているのかな?と思いました。全く理解不能なのですが。
 例えば、今日のNEWS23見ていたら、「我慢できない」「飲食店は大変」「仕事がない」という報道で、緊急事態宣言のせいでこんなに大変だ、という報道ばかりだったんですよね。これ、他のメディアも似たりよったりです。

 あたかも緊急事態宣言(やまん延防止重点措置)のせいで、市民が苦しめられているみたいな報道。

 本来的には、GWにしっかり自粛して新規感染者を減らし、短期間で自粛を済ませましょう、と繰り返し言うのがメディアの使命ではないんですかね。市民の命を考えるのなら。
 このままでは、協力しているお店などの行動の効果が低くなってしまい、延長ともなればさらにに苦しめる結果になります。
 反菅の報道のためなら感染拡大してもいい、という発想は全く理解不能です。


○一言2
 医療従事者は国民の奴隷じゃないんですよ。
 なんか、感染者が出たら医療従事者が治療するのは当たり前という風潮がおかしい。

 職業選択の自由はあるんですよ。だから、看護師から見ると、コロナ対策とオリンピック、どっち行く?といわれたら誰だってオリンピックと答えるでしょう。

 もちろん、市民がしっかり自粛しているなら別ですが、「我慢できない」とやらで感染リスク低減の努力を放棄し、飲んだくれたり旅行やレジャーを楽しむ人が増えているのなら、そういう人に医療の手が回らなくても仕方ないと思います。
 そういう人は感染リスク覚悟して、飲んだくれたりレジャー楽しんだりしているんでしょう?

 政府がどうこう言う前に、現状、医療従事者に全ての負担がかかるようになっていること、メディアは理解している?

 医療従事者は人間ですよ?少しでも大変だと思うなら、自分達が反政府だろうが、医療従事者のために
もっと強く自粛を呼びかけろよ。


 このままだと諸外国のように、医療行為を受けられないまま死ぬ人続出するぞ。
 それは政府のせいでなく、「我慢できない」市民の選択なんですよ。それでいいんですか?

 なお、繰り返しになりますが、ベッドを1000床増やせとか言うけど、医療従事者はそんなに簡単に増えないので病床数の議論は昭和の時代のばかげた主張です。


○メディアから一言
 メディア報道の無責任さとして象徴的なものを。4日付けTBSNEWSのサイト「コロナ犠牲者が残した“最後のLINE”」という記事です。

 「映画のプロデューサーとして活動していた及川淳さん(60)は、(中略)数日後、東京・新宿の自宅で亡くなっているのが見つかりました。検査も治療も受けられないまま、一人暮らしの自宅で容体が急変。死亡した後の検査でコロナへの感染が判明したのです。
 当時、2人が制作中だった映画が完成間近で、去年の大晦日に映画関係者や俳優らとの会食をしていました。
 「会食メンバーの中に、せきこんでいた人がいたということで、及川さんが体調の異変を訴えたのは、その2日後のことでした。」
 「悪化の一途をたどる様子を見かねた杉本さんは、とにかく病院に行くよう勧めます。及川さんは発症から3日後、ふらつく体で自宅近くの病院に向かいました。」
 「「及川さんは自宅近くのこちらの大学病院を歩いて訪れました。しかし、受診することはできませんでした」(記者)
 当時、この病院では外来の診察を制限していて、検査すら受けることはできませんでした。
 「すごく怒って『病院の意味ないですよね』って、写真入りで僕に送ってきてました」(杉本正幸さん)
 及川さんが「門前払いにあった」という病院はJNNの取材に対し、「個別のケースについては答えられない」としています。ただ、当時、東京では、この病院に限らず、多くの医療現場は極限状態でした。」
 「“救えたはずの命”が失われ、通常の医療も受けられない非常事態は、第3波の東京で実際に起きていました。第4波に同じ悲劇が繰り返されないよう、今、感染拡大を食い止める対策は待ったなしです。

 ツッコミどころ満載ですが、「感染拡大を食い止める対策は待ったなしです。」と言うのなら、なぜその翌日に最初の「一言」のように緊急事態宣言が悪いことで、自由に出歩くのが仕方ないみたいな報道をするのか。TBSはでたらめすぎる。

 そもそも、この方、政府や自治体の要請を無視して平気で多人数の会食してたんですよね。コロナ感染リスクを取って多人数の会食したわけですよね。だったら感染したのは自業自得じゃないですか?

 病院悪く言う前に、まずこの時期に多人数の会食をしたこの人の問題行動をなぜ批判しない?政府からも自治体からも自粛を求められていましたよね?

 ましてや、大学病院に行くって。大学病院など大病院は紹介状必要じゃないですか。なぜ地元のかかりつけ医に行かなかったのか。拒否されて当たり前で、怒る暇があったら地元の病院行けよ、と

 結局病院を叩くための報道って、本当に市民の命を救いたいと思っているのか?と思います。

 適切な医療を受けたければ、まず問題行動をすべきではない、というのが大前提だと思いますが。なぜTBSは問題行動を容認した上で病院を批判するのか。全く間違っています。


<5月3日>
○一言
 オリンピックを中止しろと騒ぐメディアやコメンテーター。単に反政府なだけで、コロナを政治利用している悪質な発言だと思います。

 理由は簡単です。「今の状況でオリンピックなんか開けない」と本気で言うのなら、「プロ野球もJリーグもBリーグも、大学スポーツも中高生の春季大会も全て中止すべき」と言うべきです。
 しかし言わない。だから、単なる政治的な発言なのです。

 スポーツを政治利用するな。私は現時点ではオリンピック開催に賛成です。

 なぜなら、コロナは危険ではないとして結構多くの方が「政府の要請」を無視しているじゃないですか。ノーマスクの高齢者も結構街を歩いていますよね。病気は、極端に言えば、感染しても死ななければいいのですよ。で、結構な人数の方がそう思っているんでしょう?なら安全じゃないですか(少し毒が入っています)。
※私は自粛します。無駄に感染リスクを引き上げる必要はないので。

 いずれにせよ政治利用する奴らの声が全てであるかのような現状は許せません。っていうか、単にスポーツに興味ない人もいるでしょう。
 スポーツを愛する皆さん、もっと声を上げましょう!!


○一言2
 メディアや野党、左派のコメンテーターはコロナ問題を全く勘違いしていると思います。自粛が必要な理由は、
.自分の感染を防ぐため(リスクを最大限減らすため)
2.感染者を減らすことで、もう1年以上も大変なご苦労をされている医療従事者の負担を減らすため
3.感染者を減らすことで、しっかり商売ができるようにし、みんなが生活できるようにするため
という3点に尽きます。

 なぜこのことをきちんと報道せずに、市民に協力を求めないのでしょうか。
 なぜ政府や知事が何をやっているという意味不明なコメントになるのでしょうか。

 政府とかどうでもいいんですよ。市民のために何をなすべきか、です。立ち位置が反政府だろうが関係ないじゃないですか。
 コロナを政治利用している時点で、メディアや政治家も、コメンテーターも、コロナを甘く見ているんですよ。


○メディアから一言
 5月2日付けスポニチの見出し。「天皇賞・春初優勝「ワールドプレミア」がトレンド入り ネット興奮「やはり菊花賞馬」「カッコ良すぎ」

 ほほう。

 記事ではこうなっています。「ネットでは「やっぱ菊花賞馬は侮れねぇ」「菊花賞馬最強説はやはり濃厚」「菊花賞馬は伊達じゃなかった」「終わってみれば菊花賞馬」など大盛り上がり。

 事実は、持続化給付金の不正受給疑惑に絡めたコメントがほとんどだったんですけどね。具体的には、「馬主以外おめでとう」「不正疑惑の馬主に賞金が行くのは納得いかない」などなど。
 だからトレンド入りしたんだけど。平気でこういう嘘の記事にするのはすごいな。

 持続化給付金の不正受給疑惑とは、ワールドプレミアの馬主の大塚亮一氏が、厩務員や調教助手、騎手に対し、コロナによる被害に対する補助である持続化給付金の申請を推奨し、手数料を取っていたという事実です。

 なぜ「不正」疑惑かというと、競馬はきちんと開催されており、コロナの影響は全く受けていない。にもかかわらず、持続化給付金の申請をさせ、実際に手数料を受け取っていたから。

 持続化給付金の趣旨からすると、競馬が全く中断していない以上、コロナの影響は全くないので詐欺ではないかと思いますが、警察が逮捕していない以上、問題ないということのようです。
 しかしながら、結局ほぼ全ての受給を受けた厩務員や調教助手、騎手が返還しています。問題ないのならなぜ返還したのでしょう?

 どう考えてもおかしいのに、返還したからということで、ほぼおとがめなし。 
 それに対し同様の事例について、日本モーターボート競走会持続化給付金を不適切に受給したボートレーサー215人を全員、出場停止や戒告の処分にすると。これは返還の有無に関係ない処分です。
 JRAは大塚馬主に忖度したのか、身内に甘いのか知りませんが、競馬ファンの気持ちを逆なでしたわけですね。だからみんな怒っているわけです。
 JRAも大塚馬主他もファンの怒りを甘く見ているんじゃないですかね。

 これを機会に、メディアはもっとJRAを叩き、厳しい処分を要求するべきです。
 適切な処分がなされない限り永久に大塚馬主はグレーであり、JRAの関西所属の多くの厩務員や調教助手、騎手もまたグレーの汚い人達であるという疑惑が残り続けます

 大塚馬主が所有の馬が今後どんなレースを勝って競馬ファンは絶対に賞賛しないでしょう。毎回この疑惑が取り上げられるだけです。ファンは甘くはないですよ。

 ワールドプレミアにとっては気の毒ですが、この馬もずっと不正疑惑馬主の馬として言われるでしょう。
 それでいいんですか?JRA。


 ではなぜスポニチが?となりますが、実はこの持続化給付金の不正疑惑にスポニチの記者が絡んでいた。スポニチは、それに触られたくないから、ネットの持続化給付金関係のコメントがなかったかのように記事にして、隠蔽しようとしたわけです。

 メディアが事実を切り取って、本当の事実を隠蔽するいい例です。
 昭和の時代だったら通用したかもしれませんが・・。ネットを舐めるな。



<5月1日>
○一言
 来宮駅JR攻撃事件の伊是名夏子氏はネットの批判が一段落したのを契機にまた自分に都合のいいことを主張しているそうな。最近何も調べない人が擁護しているとか。いい加減にしろ、ということで、根本的な問題を指摘します。

 まず、大前提として、「旅行が目的」ではなく、「政治的活動が目的であった」ことをメディアはしっかりと理解するべきです。つまり、普通の障がい者の旅行ではないということです。

 論より証拠。彼女は小田原駅で騒ぎを起こしたようですが、小田原駅で、来宮に直通する各駅停車は最も早いもので小田原16:29発来宮16:56着の電車しかありません(あとは全部熱海止まり又は来宮を通らない沼津行き)ちなみに17:00に来宮神社は閉まってしまいますので、目的地が来宮神社であるのなら、この電車に乗車することはあり得ません。

 つまり、いかなる形でも熱海で乗り換えないといけないのです。健常者だろうが障がい者だろうが、東京方面から来宮神社に行くという時点で、来宮駅に行く必要は無いのです。
 熱海で一回下車するのに、バスやタクシーがあり、利便性も高い上、最悪徒歩でも15分程度なのに、なぜ熱海で乗り換えてまで無人駅来宮駅にわざわざ行くんですか?むしろJRの職員が熱海からタクシーを進めたのは当然なのです。

 あれれ?おっかしーぞーー?

 まず事実関係を調べましょう。クレーマーの意見をメディアが正当化するのは全く間違っていると思います。ライターなど物書きのプライドがあるなら、最低限の事実関係は調べろよ。


○メディアから一言
 27日付けj-castによると「コラムニストで社民党全国連合常任幹事の伊是名夏子さん(38)がJR東日本に車イスでの乗車を拒否されたと訴えたトラブルで、同党は、今回の対応への見解と伊是名さんへの正式な謝罪をJR側に求める声明文を公式サイト上などで出した。」とか。

 「このトラブルでは、伊是名さんが2021年4月1日に静岡県内の無人駅「来宮駅」を車イスで利用しようとして、JR側が階段しかないため利用できないと当初説明したが、熱海駅の駅長ら4人が要望通りに対応していた。」とちゃんと書いてあるのは素晴らしい。

 にもかかわらず「社民党は、4月26日になって、コンテンツ配信サイト「note」の公式ページで、「障がい者の移動の権利を守るために-伊是名夏子常任幹事のJR乗車拒否問題についての見解-」と題する声明文を服部良一全国連合幹事長名で発表した。翌27日には、同党の公式サイトでも、同じものをアップしている。」とか。
 で、「声明文では、伊是名さんは、JR側から「事実上の乗車拒否にあいました」と主張し、事実関係の説明と見解を明らかにするとした。その理由としては、誤解に基づく抗議や障害者の人権を無視する内容の電話やメールがあり、事の重大さに鑑みたことを挙げた。」そうな。

 伊是名氏が前述のように、またこれまでの一言のように嘘をついているので、誤解ではありません。既に事実関係が間違っています。

 記事では「まずトラブルの経緯についての説明が、ブログと同様な内容で簡潔にまとめられている。」とか。
 その内容が間違っているんですけど?

 さらに「伊是名さんの行動や人格を攻撃する誹謗中傷が1か月近く経っても止まないのは、「JRが対応の過ちを認めず、伊是名さんに謝罪をしていないため、伊是名さんがあたかも『加害者』のように扱われてしまったことも一因だといえるでしょう。JRには今回の対応への見解と伊是名さんへの正式な謝罪を求め、今後の改善につなげていただきたいと考えます」としている。」とか。

 いや、伊是名氏は計画的な加害者です。それを認めず、相手に謝罪を求めるとは。 
 社民党は反社会的な政党と断ぜざるを得ませんね。嘘をもとにJRを叩くとか公党としてあるまじき行為です。



○メディアから一言2
 4月30日付け琉球新報の伊是名氏のコラムによると「5月3日は憲法記念日。最近の私は、憲法・法律を生活の中でどうやって生かしていくかを考えています。なぜかというと前回も書いたのですが、先月、神奈川県のJR小田原駅から静岡県の来宮駅に行く際、来宮駅には階段しかないため、車いすの私は駅員から「案内できない」と乗車を拒否され、駅員さんと交渉を重ねました。それをブログで書いたところ炎上し、一カ月たった今でも誹謗(ひぼう)中傷は続いています。」とか。
 「今回の問題はいろいろな社会問題がつながっていると気付きました。今、日本の4割以上の駅は駅員がいない無人駅です。サポートが必要な障がい者や高齢者などが困っています。企業として障がい者への対応を考えていく必要があります。SNSの誹謗(ひぼう)中傷で自殺に追い込まれる人もいる今、それを取り締まる法律も必要でしょう。

声を上げるのはクレーマーではなく、クリエーターです。困った時に諦めるのではなく、声にして、人とつながり、解決していきましょう。大変なこともあるけれど、私は声を上げるあなたの味方です。」とか。

 いや、少なくともあなたはクレーマーです。理由は嘘をついて、メディアの力を悪用しているからです。「乗車拒否」がまず嘘ですね。また、なぜ熱海駅で乗り換えが必要である事実を隠し、「上野東京ラインなら直通」と嘘をついていたんですか?
 嘘をついて騒ぎを起こすことを目的に他人を批判するのはクレーマーです。そして都合良くメディアを使って嘘をごまかす。そもそも、SNSの批判が嫌なら、SNSで抗議するな。主張が適切であれば誰も誹謗中傷などしませんよ。

 なにより、無人駅に無理にバリアフリー施設を設けるよう要求したり、他の駅の職員の介護を要求するならその無人駅は廃止するしかありません。
 
地域住民ならともかく、二度と使わない旅行者がそのような要求をするのは障がい者ではなく活動家の傲慢であり自分のために金を稼ぐ醜い行為
です。

 障がい者の正当な要望と、自分の宣伝のための活動家の主張は全く違います。琉球新報はバカですか?


<4月29日>
○一言
 医師会のお偉いさんとか、メディアがオリンピックへの看護師派遣について抗議しているようですが。
 ぶっちゃけ、現場からすれば、今の大阪にコロナ対策で派遣されるよりは、よほどオリンピックに派遣された方が楽でしょう。

 
医療従事者はコロナ患者の対応をしなくてはならない、という考え方自体が今の状況ではおかしいと思います。
 なぜならば、政府の言うことを無視して、自分の意思で感染リスクを引き上げている人がどんどん増えているからです。

 
感染症対策をしっかりして、感染してしまった人には対応すべきでしょうが、自己責任で自由に振る舞ったら、その結果も自己責任ではないですか?

 
例えば、飲み会やって感染した厚労省老健局の職員なんか治療する必要は無いと思います。飲食店や路上でノーマスクで飲んでいる連中も同様。メディアは若者がどうこう言いますが、実際は中高年も結構います。

 昨年の1回目の緊急事態宣言の頃とは前提条件が違っていると思います。

 
医療従事者に負担をおかけする大前提は、感染症対策をしていて運悪く感染した方に限られると思います。今はそうではない人が多い以上、コロナを甘く見て自己責任で行動した人を治療する必要性を感じません。
 
医療従事者の責任感を悪用するな、と。


○メディアから一言
 4月28日付け朝日新聞社説「老朽原発 再稼働は認められない」
 さすが朝日、「老朽」と市民をだます気満々のパヨクイデオロギー。平気で嘘を書く論説委員こそ脳みそが老朽化しておりさっさと引退すべきでしょう。

 事実関係は、次のとおりです。
 米国では運転中の原発のうち、既に9割の原発が60年の運転が可能となっており、そのうち半数が40年を超えた運転を行っています。さらに4基の原発が80年運転の審査に合格しています。フランスでも約1割、英国やカナダでは3割の原発が40年を超えて運転されています。これらの国では40年等の「上限」が設定されていません。10年に1度の定期審査を受ければ何十年でも運転できますこれが国際常識です。
 要するに、40年自体、あまり意味が無いのです。

 朝日は「福島が」といいますが、そもそも、福島の事故は「老朽」原発だから起こったわけではありません。

 何より、今の主力電源である火力発電が、カーボンニュートラル(脱炭素化)により、制限されていくのであれば、原子力なくしては日本の電力供給はやっていけません。

 まあ、そう言うと、パヨクの方は「少しくらい家が停電しても平気」と言うのでしょうが・・。
 そのとおり。家庭向けの停電なんかどうでもいいのです。

 問題なのは、産業向けと、治安維持向けなのです。工作機械やクリーンルームがたびたび停電でストップするようではどうにもなりません。もちろん、冷凍、冷蔵もそう。なにより、監視カメラやオートロックがストップしたらどうなりますか?

 産業や市民生活のために、冷静な議論をしないといけないと思います。


○一言2
 オリンピックは中止すべきだ、という主張がメディアを賑わせていますが・・。ではなぜ緊急事態宣言でこんなに人が街を歩いているのでしょう?
 オリンピック中止したら感染拡大は収まるのですか?私はそう思わないですね。

 だったらオリンピック中止と言うのは、政権批判のためのパフォーマンスなのでしょう。

 個人的には、スポーツイベントで感染者が拡大していないのですから、何ら問題が無いと思います。
 スポーツに興味が無い人達が、政権批判のためにわめいて、アスリートの最高の舞台を消そうとするのは傲慢だし、筋違いだと思います。


<4月27日>
○一言
 試合終わって何時間経っても、全くこの不快感は収まりませんねぇ。仕事の関係で9回しか見れなかったからなお強い不快感。
 オリックスが嫌いだから、わざと誤審する丹波幸一審判は審判の資格なし。強く抗議します。審判が敵とかどう考えても公正な試合ができません。
 それとも、楽天に買収でもされてるのか(冗談です・・ということで)。楽天ファンも審判の「忖度」を望んでいないと思いますけどね。

 具体的には、今日の楽天戦で、山足選手がサードベースを踏んでその後のバックホームでのダブルプレーについて、サードベースを踏んでいないと判定。
 しかし論より証拠。これがそのリプレイ検証で使われたはずの画像です。DAZNでも何回も流れていました。
 見て頂ければわかりますが、ベースの端を踏んだあと、少し右足が下方に滑っているのが動かぬ証拠。

 にもかかわらず、リクエストはセーフ。あり得ません。なんと言ってもネットでは楽天ファンからも同情されているのですから。「絆」とか言われるからこういうのやめてくれ、というのもあったくらいです。もうなにをか言わんや。自分の誤審を認めるのが嫌で映像を無視したのか。審判としてまともではありません。

 ちなみに、その前の打者である茂木氏のハーフスイングも映像では明らかに振っている(解説の人も「振ってないんですか?」と疑問視)のに、三振を取りませんでした。

 この人、以前からオリックスに不利な判定をしていましたが、まさかホームゲームでこのような意図的誤審をするというのは、確信犯であり、審判の資格はありません。不公正審判丹波幸一氏を厳しく糾弾します。
 
阪神のようにファンが実力行使しないといけないのか?ならやるぞ、オリックスファンをなめんなよ丹波。


 私も抗議しましたが、オリックスファンの皆さんもぜひNPBに抗議し、公正な(普通の)審判による試合を要望しようではないですか。
 抗議先→https://npb.jp/form/opinionbox/

 オリックス球団もきちんと抗議しないと、また舐められますよ。


<4月26日>
○一言
 政府や自治体はこの1年病床を増やさずに何をやっていたんだ、と批判するタレントや目立ちがりの首長。

 バカですね。ハードをいくら作ってもソフト(医療従事者)が急に増やせないのだから
 既存の病床の比率をいじってコロナ対策の病床増やして通常の疾病や怪我の治療に支障を来したら何の意味もないし。

 医療従事者に限りがあることを理解した上で、寝言を言って欲しいと思います。21世紀は仕事はソフトの時代なんですよ。

 ハードの話だけで騒いでいるメディアや政治家は、昭和の時代のハコモノ主義の化石のような人達です。

 この1年以上ずっと厳しい環境で働いているコロナ関係の医療従事者の業務をいかに減らすか、休んで頂くか、少しは人間を見て考えて欲しい。
 人間は、疲労するのです(メンタル含む)。旧日本軍であってはなりません。



○一言2
 亡命の約束を未だに実現していない公約違反の嘘つきである小西洋之立憲民主党議員が、「コロナ対策だけでも我々野党に任せて欲しい」とツイートしたそうな。

 いやー、漫画が好きな多くの人はすぐに岸部露伴の名言が脳裏をよぎったと思います(若い人は知らないかも?)
 どうせ不可能だから言ってみただけでしょ?チンピラが「かかってこいや-」と吠えているのと同じ。

 具体案の提示とそれに基づく議員立法ならいつでもできるんだから、今すぐにやってみてはいかがですか(笑)元役人なら法律ぐらい作れるでしょう?
 ノンキャリアの私ですら、案文くらい作れますよ。

 こういう口だけの低レベル議員が中堅議員として国会質問に何度も立つくらいだから、立憲民主党は市民の支持を得られないのだと思います。


<4月25日>
○一言
 今日の人出もあまり減っておらず、メディアのインタビューも「政府が罰則与えるなら」とか、中国やロシアのように政府が私権の制限をすべきみたいな暴論で言い訳している人もいました。

 まあ、正直言って、緊急事態宣言はもう効力がないと思います。マナーや良識で統制するのは限界です。
 なにより、正直者が馬鹿を見ると言うところが最大の問題なのです。
 商売をしっかりしたいから協力する人達が損をして、自分のことしか考えずにルール破りをする人達が得をする。
 真面目にルールを守っている人に対し、ルールを守らない人は自由に飲んだくれて、遊びに行っている。

 政府への不満は、規制に対する不満と、真面目にルール守っている不満と両方から来ていると思います。
 では、どっちを守るべきか。いうまでもありません。

 しかし、現実的には、ルールを守らない人を統制するには、欧米並みの「外出禁止令」を法律で規定しなければなりません。
 他方、日本では野党の反対で、刑法罰ですらない「過料」でしか規制すべきでないという意見が大勢です。
 とすると、ルールを守らない人の処罰は不可能であると考えます。

 だとしたら、もう一つの問題である「医療従事者の負担」を何とかするべきです。
 つまり、コロナではもう入院させない、ということです。
 感染症法の入院勧告者を「重症化のおそれがある者」から「重症化した者」に限定するべきです。重症化した人だけ、病床の範囲内で受け入れべきです。
 また、医師法に基づく医療義務のコロナに関する特例免除を法律で定めるべき
です。コロナ患者だからといって入院させない。

 人が多数死ななければ、危機感がわかないのなら、それしかないと思います。
 逆に、治療しなくても人が多数死なないのであれば、それはそれで新しい日常になるかもしれませんし。

 オリンピックがどうとか、以前から約束していたとか、今日だけ、とか、何らかの言い訳して、ルールを守る気のない人が増えているのですから、そういう人達が感染してももう自業自得でいいと思います。

 医療従事者の負担減のために、コロナで入院させるのはやめれば、万事解決のように思えてきました。
 メディアも含め、コロナを甘く見すぎているから、ここまで市民がコロナを甘く見ているのだと思いますから。


<4月24日>
○一言
 様々な要請に対し、「補償しろ」の大合唱。
 いや、わかりますけどね。

 ただ、政府が補償というと聞こえがいいけど、実際に負担するのは、借金(国債)という形で、今の若い世代ですよ。

 野党もメディアも、ここをもっときちんと言わないと、結局若者にばかり負担を回すことになる。無責任すぎます。

 補償と言えば聞こえがいいけど、実際の負担は市民なんですよ。これをみんなが理解したら、少しは行動を抑制しようと思うのではないでしょうか。
 さらに言えば、不正受給している連中に怒りが募るのではないでしょうか。

 それを理解した上で、昼飲みとか路上飲みとかする人が減らないのであれば、それは民主主義じゃないですか?

 具体的には、それで感染したら自業自得だという方向に舵を切るべきです。
 今日、「マスク着用は不要」とか拡声器で騒いでいる狂信者とか、昼のみで大声出し合っていい気になっている高齢者の集団見ましたけど、それで感染したら、こういう人達、治療する必要あるんですかね?
 ルールを守れない人達を保護する必要性を感じません。

 医療機関もしっかり休み取ってもらって、急患だろうが、業務時間外のコロナ感染者の対応をする必要なし、と法律で定めるべきです。

 その上で、感染症対策を取った上で自由に営業し、飲んだくれた結果感染したら、自力で回復するか、勝手に死ね、で良いんではないですかね。インフルでも39度の熱が出ても入院できないでしょ?それと同じで。

 イベントの参加人数の上限はさすがに制限は必要だと思いますが、みんなが感染症対策より個人の欲を優先するのであれば、飲食店等に補償すること自体、金をどぶに捨てるようなモノです。

 政治家の決断が欲しいですね。割食っているのは医療関係者と将来の納税者だけなのはおかしな話です。
※個人の感想です。

<4月21日>
○一言
 緊急事態宣言か・・。果たしてどこまで効果があるのか。
 最近の人の移動については「緩んでいる」と言われますが、ちょっと違うかな、と思い始めています。緩んでいる、というと本当は厳しくしないといけないと自覚があるわけですが、実際は「自分で自由に判断をし始めた人が増えている」ということではないでしょうか。

 だとすると、そういう方々の動きを止めるのは難しいかな、と思います。東京で言えば新規感染者数700人超えてもあまり人の流れが変わらないのですから、それくらいなら大丈夫だと一定の割合の人が判断しているわけで。

 だとしたら、緊急事態宣言そのものが重要なのではなく、それに伴い「自由な判断」をどこまで強制的にできないようにするか、がポイントになると考えます。
 役所や企業のテレワーク強化の強制、密になりやすいテーマパークの人数抑制やイベント等の中止といった「密」を強制的に排除することや、飲食店における酒の提供の禁止または飲食店等における飲食以外の時間のマスク着用の強化などといった大声を出すこと等による飛沫感染を強制的に回避させることが必要なのではないかと思います。


<4月20日>
○メディアから一言
 朝日によると「中国の習近平(シーチンピン)国家主席は20日、中国海南省博鰲で開かれている国際経済会議「ボアオ・アジアフォーラム」の開幕式でビデオ演説した。」とか。

 具体的には、「習氏は「新型コロナウイルスの洗礼を経た各国人民は、いかなる形式の『新冷戦』やイデオロギーの対抗にも反対しなければならないとはっきり認識した」と主張。「中国はどこまで発展しても、永遠に覇権を唱えず、拡張せず、勢力範囲を求めず、軍備競争をしない」として、米国が唱える中国脅威論を牽制(けんせい)した。」そうな。

 どの口が言うのか。「拡張せず」とか「軍備競争をしない」とか、本気で言っているとしたら正気とは思えません。南シナ海や尖閣で何やってるんだ?おまえら。

 このような異常なことを平然と言う国の指導者が隣国にいるというのは脅威以外の何者でもありません。

 で、朝日はなぜ菅政権並みに厳しく批判しないのか。毎度書きますが、中国から金もらっているんですか?


○一言
 ゆたぼんなる少年革命家ユーチューバ-が「中学校に行かない」という宣言をしたことで著名人がコメントしているとか。

 正直、無視すればいいと思います。彼の言うとおり、自分の人生は自分で決めればいい。
 ただし、国のルールを破って自分の自由に生きるのなら、生活保護は絶対受給しないと確約して欲しいですね。
 自由に生きるとか言って、うまくいかなかったら、他人の税金で生活保護とか、人間のクズだと思いますから。

 あと、感じるのは、「革命家」ではないと思います。近代社会では、教育をしっかり受けさせることで、個人の能力を引き上げ、適正などを考えさせ、誰もが身分や親の職業にかかわらず、生き方を固定されずに自由に生きられるようにすることが社会の使命になっています。それが義務教育です。
 こうした近代公教育を拒否するのであれば、単に中世や古代の人に退化しているだけで、「革命」でも何でもないです。古代人ユーチューバ-だと思います。

 さらに言えば、卒業証書を破り捨てる時点で語るに落ちていると思います。本当に革命家なら、卒業証書もらうな。
 「革命家」が権力から証書もらうために、一人だけの卒業式とやらにのこのこ行きますか?みっともない。


 まあ、単なる閲覧数(金)稼ぎの古代人なので、無視して、閲覧せず、自分の好きなように生きてもらえばいいのではないかと思います。
 みっともないのは、この方を利用して目立とうとする茂木健一郎氏などですね。恥を知れ。


○メディアから一言2
 朝日によると、「大相撲で功績が著しかった横綱が自身のしこ名で定年まで親方でいられる「一代年寄」について、日本相撲協会の第三者委員会「大相撲の継承発展を考える有識者会議」が19日、存在を問題視する提言書をまとめた。」そうな。

 白鵬の引退間近のタイミングで?人種差別ではないですか?

 確かに問題ある行動はありますが、八百長問題という危機的な状況の時も含め、土俵を守ってきたのは他ならぬ白鵬です。
 このまれに見る功績を無視して、いまごろこんなことを言う?もう一度言いますが、人種差別ではないですか?

 功労者に対し後ろ足で砂をかけるようなことは、まさか日本相撲協会はしないと思いますが?もしやるようなら、公益法人の資格を剥奪すべきだと思いますね。人種差別団体として。


<4月18日>
○一言
 権利を主張することは誰でも重要なことです。しかし、各人が無制限に権利を主張すると、衝突が起きるので、社会では折り合いを付けて生活しているわけです。

 例えば、誰でも自由に医療を受ける権利はあるでしょう。しかし、誰もが権利を行使しても、病院の医師の数に限りがある以上、その権利は認められません。そこで、最近は予約優先で、それ以外は先着順となっているわけです。予約をしないと長い時間待つか、時間によっては診療拒否ということになります。

 
「車椅子の人だけわざわざ事前連絡するのはおかしい」ということと、自由に電車に乗る権利があるというのは違います。
 自由に電車に乗る権利があるのはその通りです。しかし、
電車に乗るのに追加サービスを要求するのであれば話は違います。

 で、突然駅に行った場合ですが、医師と同様に
駅員には他の業務があって、昔の国鉄のようにぶらぶらしている人がいるわけではありません。つまり、障がい者専用のサービスだけに人員を割く余裕はどこのサービス業にもないのが現実です。
 「事前連絡」はいわば、サービスをスムーズにするための予約です。障がい者だけ手間をかけさせる、のではなく、むしろ障がい者のサービスをよりよくする(待たせない)ために行うことです。
 健常者で言えば、団体さんの場合は、旅行会社が事前に連絡します。これは、追加サービスだからです。
 追加サービスを必要とする障がい者が連絡しなかったら、病院の予約なしの健常者と同じように、長い時間待たされるか、努力義務の場合はできないと言われるだけの話です。団体さんの例で言えば、乗れない人がいても自業自得というわけです。

 今回批判が殺到したのは、にもかかわらず、障がい者であればいかなる場合でもすぐに対応すべき、と主張したからです。
 例えば、病院で、予約なしの健常者が「今すぐ対応しろ」と大騒ぎしてメディアに連絡したら、やばい人です。
 つまり、これは権利の濫用だと多くの人が考えたからです(私もそう思います)。「わきまえろ」と言っているのではありません。
 「お客様は神様じゃない」という認識が広がっている傾向の中で、権利のみを主張する健常者は批判対象です。その流れです。

 健常者も障がい者も、相手を思いやり、自分の権利を多少我慢して、「予約」など、簡単にできることは「特別」と思わず、気持ちよくサービスを受けるのが、社会で暮らす上で当たり前のことではないでしょうか。
※本件では、レストランは予約するのに、この「予約」を拒否した時点で確信犯と多くの方に思われています。

 現代社会ではサービス業の人が多く、様々な理不尽で苦労している人が多いから、余計に、サービスは受けて当たり前、という主張は理解されないし、反発をされるだけだと思います。ましてや、電車代半額など優遇されているのですから、なおさらでしょう。
 本件を障がい者に対する健常者の冷たい反応とでたらめなことは言わないで欲しいと思います。


<4月17日>
○一言
 オリックスの野手陣は、打てない・守れないで、プロとして恥ずかしくないのか。きちんと頭を使っているのか。何クソという思いはあるのか。
 昨年、ソフトバンクの周東はある試合でエラーをして悔し涙を流し居残り練習をした。その後も練習し、今年はずいぶん上手くなったと思います。
 そういう自覚が足りないと思います。負けたことより、負け方が悪すぎるので、許せない。


○一言2
 小池都知事が「東京に来ないで」と言っているそうな。
 しかし、給与所得者であれば、業務命令があれば出勤せざるを得ません。市民に呼びかけるのではなく、各企業にテレワークを強く要請するべきだと思いますが。
 それを市民に言っている時点で、ただのパフォーマンスだと思います。


○一言3
 日米首脳会談。
 共同宣言見ると、対中国シフトが明確ですね。
 従来は割と日米で対立する面(経済摩擦など)もあったりするのですが、パートナーシップを強調しているように思えます。
 尖閣への示威行動や、最近では処理水を汚染水扱いするなど、中国の強権的な行動は目に余るものであり、当然の帰結かと思います。できれば、中国が状況を踏まえて少し穏便な行動を取ることを期待しますが・・習近平では無理かなぁ・・。


○一言4
 伊是名氏が障がい者叩きはやめろ、といっているそうな。
 そもそも批判されているのは「障がい者」ではなく「伊是名氏というクレーマー」ということをメディアは勘違いしてはいけないと思います。自覚すべきだと思います。

 なるほど、障がい者だって事前連絡することなくどこでも自由に行きたい、と。それはごもっともの希望です。
 その願いを叶えるために、東京をはじめずいぶんバリアフリー化したと思いますが。
 要は、昭和のバリアフリーゼロの時代から、今、着々とバリアフリーが進んでいます。23区内はほぼ自力で行けるくらいエレベータ等が整っていると思います。
 もちろん、その進みが止まっているというのなら別ですが、今でも進んでいます。だとしたら声を上げる必要があるのでしょうか?喩えていえば工事中の中、完成していないのはおかしい、と騒ぐのはナンセンスです。

 さらに、駅員をどうこうするつもりはなかったといいますが「駅員さん3,4人集めてもらい、階段を持ち上げてください」と主張しています。
 健常者・障がい者限らず、100キロの重さのものを3,4人で運ぶというのがいかに大変か普通はわかるでしょう。それを「バリアフリー法の名の下に強制する」というのはクレーマーです。

 そのほかいくつもありますが、要は、障がい者としての主張というより、伊是名氏のクレーマー的主張を問題視されているのであり、障がい者全体の話にするのはもうやめるべきだと思います。

 健常者云々言っていますが、私が高齢で階段を下りることが困難となった場合、当然にしてエレベータの有無を確認します。
 仮にふらっと行ってエレベータがなかったら、しまった、といって大きな駅に戻ります。
 それは差別とは思いません。仕方のないことです。これが健常者の発想です。

 さらにいえば、ディズニーランドに子ども料金で入場したことや、「私、ヘルパー申請をする時、かなり嘘をついたのです。お風呂は一人で入れない。ご飯も一人で食べられない。トイレも介助が必要…などなど。」と書いているなど(現在は削除)、時効でしょうが、(事実であれば)一般には詐欺行為であることを、平気で書いている異常な姿勢がさらに問題に拍車をかけていると思います。
 
こうした犯罪行為については、健常者、障がい者関係ないと思いますが。



<4月12日>
○メディアから一言
 時事によると「立憲民主党の枝野幸男代表は10日、菅義偉首相が東京電力福島第1原発の処理水を海洋放出する方針を決めたことについて「福島県民の声を無視し、結論ありきで走っている。被災者をばかにすることで、許されない」と強く非難した。」とか。

 うーん、枝野議員も無責任な政治家に成り下がったものですね。官房長官でその後原発所管の経産大臣やったんでしょう?

 そもそも、本件は、(1)大気放出、(2)海洋放出、(3)永久にタンクにため続ける、の3つしか選択肢がなく、(3)はいずれ敷地がなくなるわけで選択肢としてはあり得ない。で、(1)と(2)を比較すると、風評被害という観点では、比較的少ないのが(2)ということになるわけで。

 トリチウムを含む処理水は全世界で海洋放出されているわけで、日本だけが特別なわけではありません。

 いみじくも、良心的ニュース番組であるWBS(ワールドビジネスサテライト)では、風評被害を出さないようメディアの発信方法が重要と自戒していました。多くのメディアがこのことを理解し、福島の風評被害が起こらないよう事実に基づく報道をしてもらいたいものです。


○メディアから一言2
 朝日によると「車いすで生活する川崎市のコラムニスト伊是名(いぜな)夏子さん(38)が、無人駅を利用しようとした際、駅員から一時「案内できない」と言われたとブログに書いたところ、「わがまま」という批判も多く寄せられた。障害者が障壁なく生活するにはどうすればいいのか。」とか
 「伊是名さんは「乗車拒否」と感じた。熱海駅から来宮駅まで約1・6キロ。タクシーで来宮駅まで行こうにも、車いすを乗せられるタクシーは1カ月前に予約しないと乗れない場合がほとんどだ。出発前に調べたが、目的の駅が無人駅であることや事前の連絡が必要なことが分からなかったという。」という記事。

 熱海第一交通では前日の昼過ぎまでに電話をもらえれば対応可能という。要するに、前日に予約すれば何の問題も起きなかったわけで。

 健常者でも、旅行に当たってはいろいろ調べて、必要に応じ予約するのは当たり前では?それをせずに、自分の思うようなサービスを強要するなら、健常者ではクレーマーです。これは障がい者がどうこうではなく、伊是名氏個人の問題だということを理解すべきだと思います。

 とりあえず、朝日は伊是名氏の一方的な嘘を前提に記事を書くのはやめた方がいいと思います。ウラをとるのがメディアとして当たり前でしょう?


○一言
 abemaTVで「健常者は電車に乗る時、いちいち事前連絡しませんよね?障がい者だけ事前連絡をしろ、というのは差別です。」という発言があったそうな。
 駅員の手を借りなければ連絡は不要でしょう。実際、一人で動く車椅子ユーザーや視覚障がい者、知的障がい者などはたくさんいますよ。

 駅員の手を借りるなら、その駅員の時間を確保しなければいけないのですから、予約という意味で事前連絡は当然でしょう。
 もっと言えば、健常者が大きな荷物を持っていて、駅員に手伝ってくれ、といっても基本手伝ってくれませんよ。
 
何でもかんでも差別と言いますが、その論理では、同じ電車に乗るのに障がい者だけ割引料金で公共交通機関に乗車できるのも差別ではないですか?平等とは、メリットもデメリットもあってはならないことです。

 なんか、話がおかしな方向に行っていると感じます。


○メディアから一言2
 日刊スポーツによると。「マスク着用を巡り、飲食店の店員とトラブルになり、通報を受けた警察官を殴るなどしたとして、千葉県警館山署は10日、公務執行妨害の疑いで、住所、職業不詳奥野淳也容疑者(34)を現行犯逮捕した。
 署によると、奥野容疑者は「語りません」と供述し、認否を明らかにしていないという。捜査関係者によると、飲食店の店員がマスクを着用していなかった奥野容疑者の入店を拒否し、トラブルになった。奥野容疑者は店内で暴れ、周囲の客が110番通報したという。客や店員にけが人は出なかったが、警察官は顔面を殴られ、軽傷を負った。」とか。

 この人、取手市在住のはずなのに、館山まで旅行?しかも、他の報道によると、お昼の11時半頃来店して、店員の案内を受けることなく勝手に着席。マスクだけでなく、手の消毒も拒否して、勝手にビアサーバーに触ろうとしたので、店員に止められて暴れ出したとか。
 暴れるというのが理解不能ですね。普通は、「こんな店二度とこねーよ」的な悪態をついて出て行くもんですけどね?暴れて、食事のサービスを受けられるとでも思っていたのでしょうか?手の消毒を拒否する時点で、マスク関係ないし(呆)

 要するに、自分の主張をどこでも押し通そうとする傲慢な社会不適合者でしょう。
 この人を、「マスク強要はダメだ」と持ち上げていた一部メディアやコメンテーターはどう反論するんですかね?


<4月10日>
○一言
 東ちづる氏は伊是名氏と親しいらしく擁護しまくっていて、4月10日付けツイッターでは「車椅子ユーザーの夫は「交渉ももう嫌だし、「すみません」と何度もいうのも嫌だし、僕だけ「ありがとう」と気遣うのも嫌だし、もう乗りたくない」と諦めてしまった。」としています。

 しかし、健常者でも、例えば、バスを使ったらとき運転手さんに「ありがとう」。タクシーを使ったら、運転手さんに「ありがとう」って言うのは普通ではないのですか?飲食店では出るときに「ごちそうさま」というのは普通だと思います。
 もちろん、態度の悪い人に対しては言う必要はないでしょう。「すみません」も言う必要は無いでしょう。
 が、適切なサービスを受けたら、「ありがとう」は普通ではないんですかね?

 「ありがとう」が嫌なら、「すみません」の話をしましょう。例えば、私が職場に登庁したら、まず警備員さんに「おはようございます」、エレベーター待ってくれたら「すみません」、降りるときによけてくれたら「すみません」、部屋に入るとき、扉を開けてくれたら「すみません」とか、普通の健常者は息をするように「すみません」等言っていますが?
 これらの行為に一切何も言わなかったら、健常者の中でも変人だと思います。

 「すみません」を言ったら負け、的は発想はちょっと理解できません。今までどれほど優遇されて、苦労しないで生きてきたんだろうと感じてしまいます。

 そして、車椅子ユーザーでも自分一人で行動している(電車に普通に乗ってくる)人もいますし、なにより、視覚障害者の方とか、独力で電車に乗っている障がい者の方はたくさんいます。知的障害の方はほとんどの場合誰かがサポートするか、一人で歩いて駅員の力は借りていませんね。私の知人は、車を使うことで、自由に行動しています。
 障がい者だから、他人の力を借りなければならないわけではありません。伊是名氏も東氏も、自分や自分の周りのことしか考えていないのではないでしょうか。
 「障がい者」と言えば車椅子ユーザーではないのです。この点もおかしいと思います。


○一言2
 伊是名氏は相当ブログを削除していますね。自分の言い分に自信があるなら削除する必要は無いと思いますが・・。
 一つだけ思ったのが、子どもがホームの長いすで靴の裏を座るところに乗せて横になっている画像。これが事実なら、障がい者であっても、最低限のしつけはしなくてはいけないと思いますが。
 障がい者だからしつけをしなくてもいい、というのであれば、それは健常者障がい者関係なく、親として大きく問題があると言わざるを得ません。


<4月7日>
○メディアから一言
 Jキャストニュースによると、「静岡県内の無人駅「来宮駅」で車イスの階段移動を巡ってトラブルになったことについて、コラムニストの伊是名夏子さん(38)がJ-CASTニュースの取材に応じ、当日の状況などを改めて説明した。」とか。

 「JR東日本横浜支社では、「乗車拒否とは認識していない」としたが、伊是名さんはこれに反論した。「駅員の意識が十分ではなく体制に問題があるとして、障害者への合理的配慮が「努力義務」とされる障害者差別解消法にしっかりと対応すべきだとも訴えた。」そうな。

 結論から言えば、伊是名氏はただのクレーマーだから叩かれているのであり、障がい者の代表ではないと考えます。
 むしろ、障がい者はわがままな自己中心的な人間だ、と誤解を招かせる危険な行為だと思います。
 理由は、自分に都合よく嘘をつき、メディアを煽ろうとしたからです。声の上げ方が間違っています。

 そもそも、勘違いなのは、健常者は自由に行動し、自分のミスがあれば駅員さんがサポートしてくれる・・というわけではないという点を無視しています。
 例えば、旅行でキャリーバッグを持っていたら、降りる駅は選びます。もし階段しかない駅に来たら、自業自得であり誰も助けてくれません。エスカレーターがある駅に戻るか、自力でキャリーバックを持って階段を下りるしかありません。

 この方のように、「駅員が車椅子を持つべき」なわけでないのです。駅員さんはポーターではありません。
 こうした健常者の常識を、この方は理解していないのです。つまり非常識なクレーマーです。

 それはさておき、嘘までついて自己正当化しているので、問題点を検証していきます。

(1)来宮駅の構造について
 記事ではこう言います。「JR来宮駅で検索すると構内図が出てきて、それには、階段があるのは分かったんですけど、1階という書かれ方しかなくて、無人駅かどうかも分かりませんでした。」

 嘘ですね。検索して一番上に出てくる「構内図」では、島式ホームであり、島式ホームから下に階段に続く構造なのは明らか。これを見る限り、誰かが車椅子を担いで降りる選択肢しかありません。→こちら
 つまり、嘘をついてまで「知らなかった」として、自分の重大な落ち度(というかJR叩きのための活動?)を隠しているのです。

(2)金を負担しろという異常な発想
 さらに「小田原としてはタクシーを提案して下さいましたが、熱海駅は何を提案しているんでしょうか?小田原駅も、提案を考えて下さったのは、ありがたいんですけど、乗れない提案を考えていただいても困ります。代金のことは問題だと思うんです。」「そこの代金補償はどうしていくのかというのはあります。」と言います。
 当たり前ですが、健常者でも駅の構造等により、急な予定変更はありますが、その際のタクシー代やバス代は自分が負担するのは当たり前で、補償しろという発想は、モンスタークレーマーです。

 さらに、来宮神社が目的地だったそうですが、来宮神社のホームページによると、
来宮駅から:道のり:約400m、徒歩:約5分、タクシー:約2分
熱海駅から:道のり:約1.6km、徒歩:約18分、タクシー:約6分
というわけで、健常者でも、熱海駅から歩くかタクシーというのはおかしな提案ではありません。タクシーも4分しか違わないのなら、むしろ熱海駅から行くのがトラブルを避け、旅を楽しくするためには当然の手段です。健常者はそう考えます。
 4分くらいなら数百円でしょう?レストラン予約するほど金に余裕があるのだから、なぜ乗れない提案なのか理解不能ですね。


(3)とってつけたような駅員への気遣い
 「私のは、普通の電動車イスですが、80キロあります。ですから、申し訳ないので、私としても持っていただきたくないです。怖いですし、駅員さんの体のことももちろん心配ですので、本当にやりたくないです。」
 これも嘘ですね。彼女のブログから引用「私「いえ、私は30分前には来ていて、どうしてもこの電車に乗っていきたいです。駅員さん3,4人集めてもらい、階段を持ち上げてください
 自己弁護のための嘘を平気でつくのは健常者の中でもまともな人間ではありません。健常者の一般論で言えばサイコパスです。


(4)批判者を障がい者批判にすり替え
 「車イスユーザーなどの優先順位が低かったり、今回の騒ぎを見ていると、SNSで色々書き込んでくる方々は、社会の動きというものを知らない人も多いと思います。」
 まず、車椅子ユーザーが健常者から遠い世界という発想が間違い。高齢化社会では結構身近に車椅子の方もいるし、ベビーカーなどで行動を制約される人も多いので、車椅子ユーザーのことをわかっていないから批判するという発想自体が間違っています。
 健常者から見れば、例えばベビーカーの親が行き当たりばったりで駅に行って「駅員が何とかしろ」という人って、ただのモンスタークレーマーですよ。
 なにより、サービス業で働く人は昔と比べたくさんいて、サービス業の労働者から見ると、こういうクレーマーのことをよく思うわけないじゃないですか。発想が昭和。

 さらに、「社会の動き」という意味では、バリアフリー新法では1日当たりの平均利用者数が2000人以上の駅についてはバリアフリー化。そうでない駅は努力義務です。来宮駅は対象外。
 無人駅でも対応しろ、と騒ぐのは権利の濫用であり、健常者が同じことやったらそういう人はクレーマーだと思われますね。

 いずれにせよ、トラブルの最中にメディアに連絡したなども、普通の市民とは思えません。
 要するにクレーマーが障がい者の名を借りてわがままを言い、自己弁護をしているだけであり、本件は障がい者のイメージを大きくダウンさせた行為だと確信します。


<4月4日>
○一言
 今日、12時過ぎに東京駅北通路のKINOKUNIYA前で、痩せていない母親が3~4歳くらいの女児をグーで叩くのを目撃。思わずしばらく立ち止まり、監視しましたが、大泣きの女の子は、一緒にいた6歳ぐらいの男児に何か言われたのか、泣くのを必死でこらえる。

 その後母親は何か大声を出して、ベビーカーを押して、早足で進む。慌てて追いかける2人だが、3歳の女児が大人の早足に追いつくはずもなく。途中で男児が振り返り(当然追いつけないと思ったのでしょう)、女児の手をつないであげて追いかける。
 母親は一切振り返りもせずにもう見えなくなっていた・・。

 あれは虐待予備軍だな、と。何もできない無力感。嫌な気持ちで午後過ごしました。二人の子が助け合って理不尽から守りあって欲しい・・。
 人前で平気でこういう行動をとるということは、虐待している可能性が高いので、地元の皆さんには異常な泣き声や傷などがあればぜひ通報して欲しいと思います。

 いつも思いますが、育てるのが嫌なら子ども産むなよ。


○メディアから一言
 京都新聞によると、「「『一太郎』と『ワード』の違いに問題があるのではないか」。小寺裕雄衆院議員(滋賀4区)は2日の内閣委員会で相次ぐ法案のミスを取り上げ、ワープロソフトの違いが原因との見方を示した。」とか。

 具体的には、「小寺氏は「若手職員には一太郎に不慣れな人もいる。厳しいルールが仕事を大変にしてミスにつながっている」と分析。再発防止や働き方改革の面から平井卓也デジタル改革担当相にソフトの見直しを訴え、平井氏も「激しく同意する。今までのやり方を変える勇気を持てないのが官僚文化だ」と改革に意欲をのぞかせた。」とか。

 平井デジタル大臣は本当に「デジタル」の専門家ですか?。
 ワードだと「若ししくは」とタイプミスしないと考えているならアホすぎる。


 単なるタイプミスはソフトと無関係なのは当然。ワードのみ使用するよう決めつけるのは、マイクロソフトから金でももらっているのか(冗談です)
 いずれにせよ、若い人なら、新しいソフトにも柔軟に対応できるわけで、それを無視して、ワード使用限定とかやると、今度はローマ数字や(1)、ふりがななの表記トラブル問題が生じますよ。
 ソフトにより、良いところも悪いところもあるのです。それを無視した一太郎悪者論に強調圧力を感じ気持ち悪いです。


○メディアから一言2
 弁護士ドットコムによると、「企業の経営者19人が賛同人となり、「選択的夫婦別姓の早期実現を求めるビジネスリーダー有志の会」(https://note.com/biz_leaders/n/nbad397c1b043)が4月1日、発足した。
有志の会では、「夫婦同姓を義務付ける国は世界で日本だけであり、現在は96%女性が改姓をしています。しかし望まない改姓は人権問題であり、ビジネスの現場に旧姓の通称使用を義務付けたとしても、人事・経理・総務・法務などで、確認作業の煩雑さや業務負荷が生じています」と説明、選択的夫婦別姓の法制化を求めていく。」とか。

 これ、単純に選択式夫婦別姓の問題ではありません。具体的には、法律を見てみましょう。まずは民法。

 第750条 夫婦は、婚姻の際に定めるところに従い、夫又は妻の氏を称する。

 選択式夫婦別姓推進者はこれだけ変えればいい、というわけで、簡単だとします。しかしそんなに簡単な問題ではありません。戸籍法を見てみましょう。

第6条 戸籍は、市町村の区域内に本籍を定める一の夫婦及びこれと氏を同じくする子ごとに、これを編製する。ただし、日本人でない者(以下「外国人」という。)と婚姻をした者又は配偶者がない者について新たに戸籍を編製するときは、その者及びこれと氏を同じくする子ごとに、これを編製する。

 現状では「氏」ごとに戸籍を作ることになっています。つまり、選択式夫婦別姓を選択した場合、子どもの戸籍は誰の「氏」なのか、という問題が生じます。
 選択式夫婦別姓で、どちらの「氏」でも同じ戸籍というのならば、この戸籍の「氏」とはいったい何なのでしょう?同じ戸籍に複数の氏がある。では子どもの氏はどのように決めるのでしょう?
 親が自由に決めていい、という論理は、小学校に上がる段階で破綻します。兄弟姉妹で別姓なんて、まず「変わった人」として扱われるからです。子どもの世界は残酷ですから。転校してきたとか、方言を話せない、というだけでいじめられる(無視される)ものです。時間が経てばそれも解消されるかもしれませんが、その人身御供に子どもを使うのが果たして適切なのか。

 そもそも、歴史的に見れば、男子の姓を名乗るということ自体がナンセンス。「家」あってのことです。例えば上杉謙信は元は長尾氏ですし、直江兼続は樋口姓で直江家に婿養子に入った。上杉鷹山の元は秋月氏で、養子に入って上杉を名乗っているのです。

 前述の「有志の会」で96%の女性が改正していると言いますが、だったら昔のように養子当たり前の時代に戻すよう運動するべきなんですよ。
 誤解を恐れずに言えば、明治維新で庶民が作った名字など、どうでもいいレベルの名字なのに、それにこだわるからおかしなことになるのです。何なら女性の姓を名乗ったら報奨金10万円とか提唱してみてはどうですか?私も含め多くの庶民の名字などは歴史もなくその程度のものなのです。
 これは男性優位社会の打破の問題であり、別姓であれば女性の地位が上がったというわけではないでしょう。

 さらに、「人事・経理・総務・法務などで、確認作業の煩雑さや業務負荷が生じています」とありますが、これも嘘でしょう。私はバックオフィスにいましたが、そんな「煩雑」「負荷」というほどのものもはなかったですよ。だって、職員のこと知っているから。Aさんは戸籍名Bさんとか、普通に知ってるでしょう?知らないで経理や人事担当が務まるわけもないでしょう。

 このように、やるんならちゃんと戸籍や子どものこと、あるいは「氏」とは何かをしっかり考えて議論しないといけません。

 だから議論すら認めず、選択肢夫婦別姓に賛成しない者は悪という同調圧力が気持ち悪いです。

 私はもともとその話がない頃から、普通に郵便受けは両姓併記でしたし、運用でどんどん変えていけばいいと思っています。今や、マイナンバーでも免許証、パスポートでも旧姓併記可能ですしね。

 ところが、選択式夫婦別姓論者に言わせると、「旧姓併記」はダメで、法律改正に賛成しないと、古い人間であり、反対派だ、という。私も同じように糾弾されました。私としては、当方の主張は無視され、議論をすべきということですら、古いとか、女性の社会進出に理解がないとか一方的に否定されるのは全くおかしいと考えます。議論を否定するのは自分達の主張に問題があるからです。
 ですから、議論すら認めない原理主義的選択式夫婦別姓推進
は絶対間違っていると確信します。


<4月1日>
○一言
 メディアでは「まん防」なる略語が使われています。
 緊急事態宣言を略していないのに、なぜまん延防止等重点措置を略すのか理解不能です。

 「まんぼう」という読みでは普通の人は、海をぷかりぷかりと泳ぐ「マンボウ」を連想するのが当たり前で、これでは危機感が市民に伝わらないと思います。

 伝えるべき危機感を伝えずに、「まん防」をうまいこと略したと思っているメディアは、メディアの役割を放棄しており、阿呆ではないでしょうか。

 他方、大分形骸化してきた緊急事態宣言に対し、まん延防止等重点措置は、市町村単位の指定なので、「危ない地域」がわかって良いと思います。
 例えば、兵庫県では、日本海側や山間部などは全然関係ないですからね。県を指定するより、遊びに行ってはいけない地域、警戒すべき地域がはっきりわかっていいと思います。


<3月30日>
○一言
 まあ1省庁で何千人から数百人の組織ですから、隠れて飲みに行く人間はいるのではないかと思っていました。
 ただ、組織的に5人以上の歓送会なんか外でやったら絶対ばれるだろうから、歓送会をやる人間がいるとは思いませんでした。

 そういう意味でも驚きだし、考えられないな-。昔のノーパンしゃぶしゃぶや居酒屋タクシーなどもそうですが、ごく一部の人間の不始末で、全体が叩かれるのはたまらんなぁ。
 課長は更迭だそうですが、単に官房付だと仕事が楽になるだけなので、かえって得してしまいます。キツイ仕事を与えるべきだと思います。

 参考までに言えば、私の室で先日あった退職者の歓送会は、会議室で距離を取り、またweb参加の人間も多い中、挨拶と花束贈呈で終了。もちろん飲食なし。今の霞が関歓送会のレギュレーションはこんな感じだと思いますが。


○メディアから一言
 FNNプライムオンラインによると、「政府内で相次ぐ法案のミスなどを受け、「一太郎」禁止令が出された。」とか。

 具体的には、「ただ、互換性の問題から、相次ぐ法案の条文ミスの理由とされたり、民間企業とのやり取りで不便が生じ、政府内で「一太郎」の使用を問題視する声が上がっている。
こうした中、農水省が、省内で「ワード使用を原則化」する通知を出したことがわかった。」そうな。

 これが事実だとしたら、農水省は問題があるのでは?
 特に注目が、「民間企業とのやりとりで不便が生じ」というところ。
 これ、ワードだろうが一太郎だろうが、不便が生じるはずがないのです。なぜなら、pdf化してやりとりをするはずですから。
 また、審議会の議事録のようにコメント求めるものならワードを使うというのはあり得るでしょうが、そういう議事録等を作る若い人は一太郎使わないし、速記の民間企業もワードなので、問題が生じることはありません。
 もちろん法案のタイプミスは一太郎だろうがワードだろうが、関係ありません。

 私はプライベートでは一太郎を愛用していますが、仕事では基本ワードしか使いません。
 が、ワードは行頭揃えがうまくいかず微妙にずれたり、図の作成が思うようにいかないなど、使いづらい面もあります。また、○文字空けるという場合や矢印などを使用する場合は一太郎の方が使いやすいこともあります。
 ので、内部文書は一太郎を使うこともあります。今や機能はほぼ同じなのだから、そういうケースでは使いやすい方を使えば良い。
 話がずれています。
 一太郎を悪者にするのは全くの間違いだと思います。


○メディアから一言2
 東スポによると、「複数のボートレーサーが新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金を不正に受給していた疑いがあることが27日、分かった。国土交通省からの求めもあり、現在、日本モーターボート選手会が調査している。
 ボートレース関係者によると、不正受給していたとみられるレーサーらは、フライングなどによる出場停止期間の収入減を、新型コロナウイルスの影響と偽って申請していた疑いがある。 」とか。

 フライングの出場停止は明らかにコロナとは関係なく、詐欺ですね。これも実名を公表し、処罰するべきです。
 ところで、JRAの給付金詐欺問題はどうなったのでしょうか。騎手や調教助手などの処分はどうなったのでしょうか。政府出資100%なんですから、国会でガンガン追及するべきだと思いますが、なぜメディアは報じない?
 JRAがCMなど大口のスポンサーだから屈したのですか?メディアとしてそれでいいんですか?



<3月28日>
○一言
 鬼滅の刃無限列車編。もうすぐ公開終了のようなのでまた見に行きました。煉獄さんのお母様の強き者は弱き者を守るために存在する、とし、煉獄さんがこれを守って命を賭けた。
 そういう部分が私には刺さりました。立派な母親とそれを受け継いだ立派な子ども。教育というのは本当に大事なことです。


<3月27日>
○一言
 聖火の出発式の挨拶で、立谷相馬市長の「マスコミの皆様に申し上げます。原発事故は熾烈なものでしたが、放射能によって病気になった福島県民はおりません。」は報道されていません。

 それに対し、朝日新聞記者三浦英之氏の26日付けツイッターでは、「聖火リレー2日目。出発式で相馬市長が「放射能によって病気になった福島県民はおりません」と挨拶。急に胸が苦しくなる。私は原発事故で心身共に体調を崩された方を無数に知っています」と攻撃。

 朝日新聞や三浦英之氏という人物がいかに福島を誤解させようとする悪質なメディアであり人物かよくわかります。

 市長は福島が放射能で汚染されているかのような報道に抗議しているのです。福島で生活しても何の問題も無いということです。

 これと、原発事故による避難・転居等による心労等で体調崩したのとは話が違います。それを混同して福島の誤解を助長しようとする朝日新聞三浦英之氏は福島市民に誤ったレッテルを貼る記者の風上にも置けない人間であると言えます。

 なにより、立谷市長は東日本大震災以来ずっと対応してきた方であり、かつ医師です。そして、立谷市長の見解は、国連科学委員会で再確認された見解です。
 
現地に貢献せずに、取材しかしていないイデオロギーに染まったド素人の記者ごときが何を言うか。


 私も妻も、2011年に、応援要員として福島に短期間派遣されました。さらに言えば、福島応援のため福島産の農作物も食べています。無論、ガンや白血病などの疾病は一切出ていません。私の職場で派遣された人間は多数いますが、同じく問題ありません。
 朝日新聞や三浦英之記者は福島県民に対する非科学的ででたらめな差別はやめるべきです。


○一言2
 27日付けデイリー新潮に立憲民主党小西洋之氏の記事が出ていました。
 ちなみに小西洋之氏は安保法案が通過したら亡命するとツイッターで宣言したのに、それを無視したりする嘘つき議員です。

 記事によると「小西議員は5日と8日の参院予算委で質疑に立ったのですが、彼の質問通告を受けた総務省の女性課長が直後にダウン。小西議員の度重なる電話と、質問を取りまとめるための深夜残業で心身が擦り切れてしまったともっぱらの噂です」(同)
 だが、小西議員に尋ねてみると、事実無根と全否定。
 いわく、
3月2日に担当課長に来てもらい、外資規制違反問題について確認事項のメモを渡しているんです。ただ、その後は“確認中”というばかりで回答がなかった」
 4日の夕方になって、回答がなされたというが、
「その際に、私なりの温情というか、2日のメモをもって質問通告とするからと伝えました。数も10問ないくらい。時間的にも問題どころか“大変助かります”と感謝までされました」(同)
 8日の質疑についても、
「本当は質問に立つ予定はなかったんですが、5日に(自分が)凄い質問をやったので、立民の執行部に“テレビ(中継)入りの枠を空けたから”と言われて。質問通告も普通の百戦錬磨の官僚ならダウンするほどのものじゃありません。総務省には『担当課長の体調不良を私のせいにする誹謗中傷があるのなら“むしろ小西議員は配慮して下さった”と職場中に触れ回ってほしい』と抗議しました」とか、

 でたらめな一方的な主張なので、長くなりますがご説明したいと思います。

 まず、国会議員の質問の回答って、部内決裁が必要なので、どう頑張っても1日以上かかるのです。

 例えば、私、先日「翌日まで」という資料要求に対応しましたが、夕刻だったので資料を作成するのに3時間。その時点で21時くらいになっていたので、できるところまで決裁を取り、翌日その後の決裁を経て、回答。しかし、どうしても外せない会議が2件既に入っていたので、その合間を縫っての回答となり、結果夕刻になり、2件目の会議中に先方の質問の電話にも対応していました。
 つまり、役人が仕事が全くないのなら、短時間で対応は可能ですが、私(ノンキャリの課長補佐)レベルですら、会議なり通常業務がいろいろ入っているので、その合間を縫って対応しているのです。

 これを無視して、1日あるんだから、余裕だろうというのは、役人が通常業務を全くしていないことが前提の批判であり、間違っています。

 悪質なのは、彼は元役人だからそれをわかっているのに、嘘をついて、時間を与えているかのごとく言っている点。
 もし、それがわからないのであれば、彼は総務省でダメ役人だったからちゃんとした仕事を与えられていなかったということです。

 さらに、国会質問で「10問ないくらい」と言いますが、1問当たり少なくとも3時間かかります。例えば8問であれば24時間。これを複数の課員で分担したりして何とかしのいでいるわけで。「10問ないくらい」ではなく「10問弱という過大な量の質問」です。嘘つくなよ。

 さらに「大変助かります」とか言いますが、役人側としては、1問でも減らしてくれるならそう言うしかないでしょう。感謝の意味を誤解しています。

 そして「百戦錬磨の官僚ならダウンしない」というのも、課長補佐やっていて、なぜそういう発言が出るのか大いに疑問です。小西洋之氏は重要な仕事やったことがないとしか思えません。全くの嘘です。
 通常業務に加え国会質問が来れば、どこの課も死にそうになります。法案審議の場合は、予想して事前に想定問答を100問くらい作っているので、それに沿って対応は可能ですが、一般質問は違います。
 
 さらに決め手が「“むしろ小西議員は配慮して下さった”と職場中に触れ回ってほしい』と抗議しました」ですね。
 立法府が行政府にこんな抗議をするなど考えられません。

 要するに、小西洋之氏はパワハラ、モラハラ魔神であり、役人を虫けらとしか思っていない国会議員ということです。

 国会議員であれば、いかなるパワハラ、モラハラでも許されるというのはどう考えてもおかしいと思います。


○メディアから一言
 毎日によると、「2011年の東京電力福島第1原発事故をきっかけに首相官邸前で毎週金曜日の夜に行われてきた「反原発」を訴えるデモが、26日の400回目で最後となった。ピーク時は主催者発表で約20万人が集まったが、最近は数十人程度まで減少し、参加者らの寄付が頼りだった活動費の捻出が難しくなったという。
参加者からの寄付は激減し、ステージや大型スピーカーなどを保管する倉庫の賃借料などが賄えなくなってきたことから、事故から10年が経過した21年3月いっぱいでの活動休止を決めた。」とか。

 「市民の自発的なデモ」ではなく、政治的な勢力が商売でやっていたということがわかります。
 本当の市民のデモなら、そんなもの必要ないですからね。政治的勢力のデモを市民のデモとして取り上げたメディアは嘘を報道した責任をどう考えるのでしょうかね。


<3月24日>
○一言
 オリックスの佐野如一(ゆきかず)選手が支配下に!密かに応援して、家族にも宣伝していたので、まさかの開幕前登録に驚き!
 愛称は名前の「如」の音読みの「にょ」「さにょ」です。ライトのポジションとれるように頑張れ!
 そして、佐藤優悟と宇田川も頑張れ!


○一言2
 メディアは、オリンピックの海外客の受け入れ禁止に対し、「ホテルは大変だ」的な報道でした。
 今日も、「飲食店は大変だ」みたいな報道でした。

 メディアは、感染防止と経済とどっちを取るの?まずそれをはっきりさせてから言えよ、と。
 あるときは、病院の大変さを報道して「自粛に協力を」と言って、「Goto」を叩いていました。しかし別の日は「自粛のせいで飲食店が苦しい」とか言って自粛をやめるべき、みたいな論調。

 意味不明です。いかにメディアがいい加減か。
 感染拡大はこうしたメディアのダブルスタンダードのいい加減な報道姿勢に最大の責任があるのではないでしょうか。



○一言
 法案等のミスが多く、野党が審議拒否とか。
 まず、ミスについては結果責任を負わないといけないと思います。それを大前提として。

 うーん、法案のミスというのはちょっと考えられないな-と思います。というのも、法案が固まると、必ずタコ部屋の担当者で「読み合わせ」を行います。その上で、法制局に行って、さらに参事官による「読み合わせ」を行います。
 ので、法制局の職権修正以外は修正の余地がなく、ミスが生じないはずなのですが・・。
 ミスが生じるとしたら、法案がぎりぎりまで固まらないという状況であろうと推察します。急に法律作れ、というケースです。

 急に法律作れという場合は、確かに事故が起こります。「急に作れ」という場合は得てして突貫工事なので。そうなると、法制局の審査をやりながら、国会向けの印刷物を発注しないといけません。
 当然税金の無駄遣いを防ぐために、ぎりぎりまで印刷発注はしないのですが、時間がなく、12時間とか24時間でぎりぎりの詰めをやっている一方で、閣議請議のスケジュールからすると、印刷の見切り発車をせざるを得ないときがあります。
 こうした場合、見切りで印刷発注かけて、もし修正がさらにあると、この数百部の印刷がただの紙のゴミになります。

 このように、法案作成は人も時間もぎりぎりでやっているため、有能なキャリアと、サポートできる能力のあるノンキャリアが配属されます。

 もし、その上で、ミスが出るのであれば、そういう人材が枯渇しているということです。あるいは、「災害対応」「改革」「政治家対応」が日常化しているので、職員が疲弊していると考えられます(10年前はそんなになかったです)。

 役人は、良くも悪しくも責任感が強い人間が多いので、一部のいいかげんな公務員を除き、意図的にサボることはありません。
 ましてや、法律改正のタコ部屋に派遣される人間は、原則責任感のない人間が呼ばれることはあり得ません。
 その上でのミスだとしたら、もう組織として壊れかけているということです。

 この深刻な状況に対し、国会軽視けしからんという指摘がいかに的外れか。労働者の方ならおわかりいただけるかと。

 喩えて言えば、日露戦争の終盤のように、精鋭をそれまでの激戦で失い、新兵等で補ったという質の低下した部隊。
 まさに旧日本軍的な戦いを強いる政治家やマスメディアは、本当にそれで良い仕事ができるのか考えていただきたいと思います。


○メディアから一言
 北海道ニュースUSBによると、「2021年3月11日夕方。自主避難者のひとり、宍戸慈(ししど・ちか)さん(37)は札幌市中央区にあるテレビ局のスタジオにいた。フジテレビ系列「UHB」の番組にゲストとして生出演。原発事故後、福島県郡山市から北海道に移り住んだ10年を振り返った。」とか。

 すごいのが、「「同僚と外で深呼吸をすると、2人とも”鉄の味”を感じたんですよ。もしかして、放射能を吸っているの? 青くなって慌てて屋内に駆け込みました
 放射能への不安がそう感じさせたのか、体に何らかの変調があったのかはわからない。しかし、ここから放射能におびえる日々が始まった。」というところ。

 いや、郡山でしょ?全然大丈夫じゃないですか。「鉄の味」とか妄想です。福島への根拠ない差別的発言です。
 そもそも、放射線は無味無臭です。レントゲンで匂い感じる人いるんですか?


 こういう、でたらめな主張が、「避難者」と言って左翼メディアに重宝され、「でたらめだろ」と指摘されない大問題。
 もう10年も経つのに、福島を根拠なく差別する「自主避難者」って、人間としていかがなものかと思います。


<3月22日>
○メディアから一言
 毎日によると、「20日に宮城県沖で発生し同県で震度5強を観測したマグニチュード(M)6・9の地震について、政府の地震調査委員会(委員長、平田直(なおし)・東京大名誉教授)は22日に臨時会合を開き、さらに強い揺れをもたらす地震が発生する可能性があるとして、注意を呼びかけた。今回の地震以降、震源付近で規模の大きな地震が少ないことから、M7・0以上の地震への注意喚起が必要だと判断した。」とか。

 政府が呼びかけるのですから、踏み込んでいる印象があります(もちろん可能性の話ですが)。
 水・カップラーメン・ガソリン・灯油などの備蓄や、家具の地震対策の確認や割れ物等を高い場所におかないとかですかね・・。ぜひ皆様備えを。

 何も起こらないことを切に祈ります。



<3月21日>
○一言
 ジャニーズWEST「rainboW」。「想イ、フワリ」がいいですね。あと「グッ!!とあふたぬ〜ん」は元気が出ます。


○メディアから一言
 文春で、「「次はお母さんと一緒に来て」…新米パパが感じた“育児の世界に歓迎されていない”違和感の正体」という渡邉卓也氏執筆の見出しの記事がありました。

 まあ、一言で言えば、自分が認められたいのか、育児を積極的にしたいのかわからないという感じがします。
 私は共働きで、保育園への見送りを担当していましたし、できることはやっていました。
 これ、「歓迎されている」とか関係ないんですよね。例えば、歓迎されていない仕事なんかいくらでもあると思いますけど。
 歓迎されているか否かにかかわらず「やらなきゃいけない」からやるんでしょう?

 記事では「ある日の深夜2時、子供がギャンギャンと泣いてばかりで眠らなかったとき。妻は育児がうまくいかないことを悩み落ち込んでいたため、私が子供をあやしていた。しかしひとつ問題があり、その日の私には朝早くから仕事があったのだ。」と。
 で、「子供が泣いているのは無視できないし、妻も落ち込んでいるのだからいまは自分がやるべき状況である。とはいえ、いくらなんでもこのままでは仕事に支障が出てしまうわけで、いったいどうすればいいのかとため息も出てしまう。」とか。

 まずここが間違っていると思います。仕事では徹夜できるのに、なぜ育児では徹夜できないのですか?子どもが病気の時などは、私はほとんど寝ないで看病しながら仕事に行ったこともあります。そういうもんじゃないんですか?どっちも重要なのですから。
 育児は体力勝負というのはそういう部分があります。正直40代では無理でしょう。
 ため息は仕方ないと思いますが、それで奥様が感情的になったのであれば、奥様のメンタルの問題であり、「育児の世界」という一般論ではないでしょう。奥様も疲れているのだと思います。

 何が言いたいかと言いますと、育児の世界に歓迎されなければ育児やらないのですか?ということ。
 私は育児参加してきて、小学生になっても、子どもをスポーツクラブや塾などに見送ってコミュニケーションを取ってきました。おかげさまで、「クソオヤジ!」と言われることもなく、毎年誕生日にカードをもらって、喜んでいます。
 そういう喜びこそが育児のいいところではないでしょうか。

 育児は、子どものために行い、その結果自分に返ってくるものです。
 周りがどう反応しようが関係ないのですよ。

 「次はお母さんと一緒に来て」的なものは仕事で言えば「男を出せ」です。
 だからといって女性は仕事に歓迎されていない、とへこたれないですよ。自分のために、子どものために、育児頑張って欲しいと思います。


<3月20日>
○一言
 今日、テレビでO-157の時の大変な状況を見ました。
 後遺症の検診を全治後、20年もしていたそうです。
 
 コロナ感染してもたいしたことないと考えている方へ。後遺症で数年後死ぬ場合もあることをよく考えて欲しい。コロナウィルスが血栓を作るのであればなおさら。

 テレビで涙ながらに証言して下さった当時の患者の方の思い、心に刺さりました。つらい思い出でしょうが、証言ありがとうございます。素晴らしい番組でした。


○一言2
 時事通信によると「中国が急速に軍備拡張を進める中、米国では崩れつつある米中の軍事的均衡に焦りが強まっている。
 自信を深める中国が台湾や南シナ海、東シナ海で軍事活動を活発化。米国に代わり、地域覇権を握ろうとする動きを加速させているためだ。」とか。

 なぜ日本のメディアはこの問題を大きく報じないのか。
 朝日、毎日、中日(東京)など左派メディアは中国から金もらっている売国メディアなのですか?



<3月19日>
○メディアから一言
 3月19日付けテレ朝ニュースによると「国会で答弁に向かう総務省の職員に「記憶がないと言え」と指示した疑いの武田総務大臣。一部発言を認め、「無意識で口に出た」などと述べています。」とか。

 うーむ。小西氏も酷いけど武田大臣も酷いなぁ・・。
 「無意識で口に出た」というのは「口が滑った」よりもっとまずいでしょう。


 他方、実際にはテレビに出ない多くの議員はいろいろと真面目な質疑されているんですよ。
 そういうのが全く報道されず、政府攻撃以外は意味がないみたいな報道のやり方がいろいろ誤解を招いていると思います。


○一言
 霞が関のテレワークが、結構厳しくて大変。私は3月は4日しか出勤できないようで。

 まあweb会議や電子媒体で資料を読んだり決裁するのにもずいぶん慣れましたが、もう年なので、やっぱりマーカーとか引かないとすぐ忘れるんですよね・・。50過ぎると電子媒体をただ読んでも記憶に上手く残らないんです。
 しかも、電子媒体で作成し、電子媒体で作成した文書、印刷してみたら、一部フォントがおかしくなっているとかもあるんですよねぇ・・。

 ので、出勤日は必要な資料を印刷するのが大変。今回は史上最長の9業務日連続テレワークだったので、次回出勤日がめんどくさそうです・・。
 皆さんは文書作成とか、資料読みとかどうやっておられるのでしょう?


○一言2
 オリンピックの開会式で渡辺直美さんを豚に変えるという案を提案した人が辞職とか。
 しかし、これ1年も前の話で、しかも内輪のブレーンストーミングの話のようです。なぜ今頃リーク?

 なにより、渡辺さんは芸人で、「踊れるデブ」(失礼)ということでビヨンセのまねをするパフォーマンスなどで売っていたし、容姿を一つのネタにしていた部分もあるわけです。もう一度言いますが、芸人だから。

 オリンピックをとにかく批判したいという勢力のせいで、渡辺さんにとばっちりが行くのはあり得ないと思います。バラエティ等で「デブネタ」にツッコミづらくなったら、実害を被るわけですから。

 今回の件は、メディアの勇み足だし、この話を1年後にリークした人間は、わずかな謝礼という自分の金銭欲のためにオリンピックにも渡辺さんにも迷惑をかけるどうしょうもない人間だと思います。
 本件、メディア以外誰も得をしていないというのがむなしいと思います。


○メディアから一言2
 IBC岩手放送によると、「岩手県滝沢市の自宅で当時1歳2か月の長女と生後4か月の長男に暴行を加え大けがをさせたとして、傷害の罪に問われた23歳の父親に対し、盛岡地裁は17日、懲役8年の実刑判決を言い渡しました。
 傷害の罪に問われたのは、滝沢市葉の木沢山の無職・宮澤青暉被告(23)です。
 判決によりますと宮澤被告はおととし1月、自宅で同居していた当時1歳2か月の長女の頭部に暴行を加え全治およそ2か月から3か月の大けがをさせました。また、その数日後には当時生後4か月の長男の頭部にも暴行を加え全治不能の大けがをさせました。」とか。

 生後4ヶ月で、将来寝たきりというのは酷すぎる。さらに、長女には全治3ヶ月の暴行など、とにかくこの宮澤被告は無抵抗の赤ちゃんや1歳児を頭をおもいっきり殴ってる。人間とは思えない。
 宮澤青暉被告は人の血が通った人間ではないので更正は不可能では?

 なにより、たった懲役8年とかおかしくないですか?

虐待罪はハムラビ法典に準拠しませんか?

 宮澤被告は懲役8年でなくても良いので、刑務所で、希望者100名に頭をおもいっきりぶん殴ってもらう。死んだら仕方がない、もし生き残ればそれで放免。
 子どもを餓死させた容疑者は、食事を与えない。
 栗原勇一郎は子どもにやったことと同じことを同じ期間、「大人のレベルで」実行し、治療も一切受けさせない。もし耐え抜けば放免。

 虐待の刑罰は甘すぎる。何度でも言いますが、虐待罪を新設してくれ、国会議員。
 人権重視の立憲民主党はなぜ動かないのか?


○メディアから一言3
 共同によると、「国が同性同士の結婚を認めないのは憲法に違反するとして、同性カップルなどが全国各地の地裁で国を訴えている訴訟で、札幌地裁が3月17日に同性婚を認めないのは差別で、法の下の平等を定める憲法14条に違反するとする初めての判決を出した。」とか。

 これはよくわからない判決です。

 というのも、婚姻が「両性の合意」の憲法24条は男性と女性を示すとして、他方14条に違反すると。
 仮に14条に違反するのを正そうとして、同性婚を認める法改正をしたら、今度は24条違反になるんです。

 どっちに転んでも違反となる判決っていったい何なんでしょう?
 武部知子裁判長は涙で声を震わせながら判決をしたそうですが、地裁名物の個人的感情優先の判決ではないのでしょうか?


 正直、同性婚を認めるとなると、法的な「結婚」とは何か?という問題になります。
 国が結婚に妻子様々な優遇をしているのは、一つは子どもを産むことで国家の継続がなされること。もう一つは家制度に基づく親族などの関係です。
 前者で言えば同性婚は子どもを産めません。よって、優遇措置の対象外です(養子を取れば子ども手当等の対象たり得る)。また、戸籍上、このパートナーはどういう扱いになるのか。
 こうした現行の制度に溶け込ませるためにはどうすれば良いか、という議論が欠けているように思えます。

 これは選択式夫婦別姓もそうですが、訴えて、もし勝ったら、あとは政府が考えろ、というのは、本当にそれで良いのでしょうか?「結婚」とは何か。国が法的に認めるというレベルの話ではないと思います。
 好む好まないにかかわらず親族がついてくるので。実態を踏まえた議論が必要なのではないかと思います。


<3月18日>
○一言
 緊急事態宣言解除。
 もう1年も頑張っておられる医療従事者の方は蓄積疲労で本当に大変です。
 無理をしている医療従事者のためにも、飲み会はやめましょう!!
 医療従事者の方がしっかり休まないと、怪我や病気の時、困るのは我々ですよ!!

 メディアは、少しはこのこと大きく報道して欲しいし、このご時世で多人数の宴会やる頭のおかしい人を批判して欲しい。


<3月17日>
○メディアから一言
 3月15日付け産経によると、「日本維新の会の梅村みずほ氏が15日の参院予算委員会で、野党議員が質問に立った後輩議員に質問通告をしていなくても「嘘でもいいから」と事前に通告をしたと言うように指示したとされるインターネット上の動画を取り上げ、「お天道さまが見ている」と批判する場面があった。

 梅村氏は「お天道さまと子供に見せて恥ずかしくない自分でありたい。これは私自身も野党側も心しなければならない」と述べた上で、この動画に言及し「悲しくなった。染まっていない議員をそのように染めないでほしい」などと訴えた。

 発言者の名前などを指摘することはなかったが、野党席からは「染めるとか、何を失礼なことを言っているんだ」「何それ」とヤジが飛び交い、議場は騒然となった。これに対し、梅村氏は「ヤジは子供に聞かれて恥ずかしい」などと反論した。」とか。

 立憲民主党小西洋之氏ですね。→https://www.youtube.com/watch?v=2WUU8n-eZp4
 また小西氏か。平気で嘘をつく小西氏。公約を守れば他国に亡命しているはずですが(苦笑)。

 やりとりとしては、質問議員が通告していない質問をしたので回答できない、と。それに対しその議員は秘書が新しい秘書(不慣れ)で、と。でも私は伝えた、だから答えて欲しいと。でも紙として伝わっていないから答えられない、という感じ。
 そこで、「嘘でも良いから、口頭で言ったと(言えばいい)。」という爆弾発言。

 当たり前ですが、野党だから国会で嘘をつくことが認められるわけがありません。
 政府側の失言はすぐに大きく叩くのに、野党側の国会で嘘をついてもいいという発想のこの爆弾発言がほとんどを報道されていないのが理解不能です。

 結局、国会の場というのは野党議員が正義の味方、政府が悪人という劇場にすぎないと市民に見抜かれているように思えます。

 それでいいんですかねぇ?ただ攻撃している様子を誇るのではなく、地道に「答弁を引き出す」方が大事だと思いますが。


○一言
 東スポによると、韓国の「メディア「メディアス」が過激な論調で反対を主張した。」とか。

 具体的には、「憎くても隣国だから助けるために何かをすることがあり、敵対国といってもスポーツを通じて平和的なオーラが意味のある日もある。しかし、あえて感染状況が深刻な日本で、しかも放射能汚染まで甘受して試合を行わなければならないのか」と2011年の東日本大震災で起きた福島第一原発事故を持ち出して、今回の日韓戦を疑問視。「五輪を控えて世界の人々に放射能汚染や新型コロナウイルスのパンデミック(感染爆発)の中で、韓国とサッカーの試合が開催できるという事実をアピールしたいのだ」と〝放射能汚染〟という表現を重ねて強調したのだ。」とか。

 頭がおかしい。福島はソウルより線量は低いのですが。
 そういった意味で、一つだけ同意なのは、日韓戦はしない方が良いし、韓国と日本は友好関係は無理だと思うところ。

 日本人が、米国人に対し戦争中のことを責めますか?この一事を取ってみても、韓国人(中高年)と友好関係は不可能だと思います。こういうことを考えない若い世代と友好関係を築くべきであり、それは「家」が強い韓国ではもう少し時間が経過しないと難しいと思います。


<3月15日>
○一言
 テレビで生理用品が貧困で買えない人が増えていると報道していました。
 本当かなぁ?と。だってテレビでインタビュー受けていた人、みんな髪染めてたし。そのおしゃれにかけるお金は必需品に回すべきなのではないでしょうか?いや、生理用品よりおしゃれが大事というのならそれも価値観だと思いますが、ならば「貧困」とは違うような気がします。
 もちろん、本当に生理用品が買えないほど苦しんでおられる方に支援するのは大賛成です。ただ、テレビが取り上げていた方はそうではないのではないか、と。

 私は、裕福でない家庭だったので、夏の飲み物は手作りの麦茶(と牛乳)。冬のティーバックは最低2回使うとかが普通で、ボーナス時のファミレスのハンバーグ、お正月に食べる小僧寿司(600円くらい)がささやかな(とても嬉しい)贅沢でした。
 こういうレベルでも今の時代「貧困」扱いされているように感じて、それは違うのでは?と思います。

 例えば、毎日コンビニ弁当なら、余裕があるのではないかと思います。本当に金がなかったら自炊でしょう。
 例えば、年越しそばはうちはスーパーで100円くらいのもので、百数十円のエビ天を乗せて年を越すのが毎年です。他方、生活が苦しい(と言っている)方が、コンビニのそば(多分400円くらい)しか買えないと言っていました。
 なんかおかしいと思います。

 どうも「貧困の安売り」が行われていて、本当に困っている人が隠れてしまっているのではないかと思います。
 例えば、現役時代に年金保険料を払わずに自由な生活をしておいて、「苦しい」という高齢者は、だったらなぜ現役時代に貯金なり不動産購入なりしなかったんだ、と。バブル崩壊後に就職した世代からすると、高度経済成長→バブル、という最も稼げる時代にあなたは何をやっていたんだ、と言いたくなります
 自分の行動の結果、生活が苦しくなるのは仕方のないことだと思います。にもかかわらず、生活保護をはじめ、権利を要求し、現役世代に負担するようにさせるのは、理不尽だと思います。

 もちろんこういう方が節約しても苦しいので(市民の皆様に)「頼む」ということであれば、やむを得ないと思いますが、
声高に権利を主張する人って、節約もせずに、酒たばこギャンブルで無駄遣いして「苦しい」と言っているイメージがあります。
 むしろ、声高に主張されない方々の方が、「本当に苦しい方」だと思います。
違いますか?

 本来救うべき「貧困で苦しんでいる方」というのは、病気や怪我などでフルタイムで働けない方、一家の稼ぎ手に不幸があった方、就職意欲はあるが、働き口がなく苦しんでいる方などだと思います。

 金の使い方に疑問を感じる方まで「貧困」とすると、本来貧困で苦しんでおられる方への援助分が、そうでない方に割り振られ結果、困っている方への支援が不十分になると思います。

 メディアは「貧困の安売り」をしてはいけないと思います。
 家計が苦しいという方には、まずは金の使い方のアドバイスなどで、金の使い方を改善していただき、「自分がある程度満足できる生活」を目指して頂くべきだと思います。
 金の使い方がイマイチの方と、本当に支援が必要な貧困で苦しんでおられる方を切り分けるべきだと思います。前者まで支援していたら金がいくらあっても足りないと思います。


<3月14日>
○一言
 緊急事態宣言はもう全く意味がないように感じます。
 ノーマスクやあごマスクの人もちょくちょく見るようになりましたし、休日は昼から飲食店で飲んで談笑している人もたくさん見ます。夜じゃなくて昼ならいいという話ではないんですが。

 もし第4波が来たら罰則をはじめ、欧米のように警察が介入するなどの強制措置が必要になると思います。

 私はそういう強制措置は嫌ですが、それをしないと守らない人が増えているのならしょうがないのかな、と思います。残念なことです。
 できれば、自粛で、強制措置なくして上手くやることを希望しますが。


○メディアから一言
 デイリーによると、「お笑いタレント・キンタロー。(39)が14日、ブログを更新。ブログ投稿について、「お騒がせしました」と謝罪した。

 キンタロー。は12日、13日のブログで、1歳になった娘が、一時預け先で散歩中に転んで額にケガをしたことを明かし、「正直なんで外なのに手を離したのって 頭の中モヤモヤもしてしまいました」「どんな状況だったのか話を聞いても 何で?何で?って頭の中でやってしまいまして」などと預け先への不満ともとれる文章を投稿していた。」とか。

 子どもが転ぶとか、子ども同士のケンカで傷つくとか、多少は織り込み済みでないと、保育園等に預けるべきではありません。
 特に1歳の子がそんなに不安であれば、共働きなら育児休暇を取るべきです。それでも怪我はするでしょうが。
 私自身顔に2カ所縫った跡があります。子どもは何もないとこで突然転んだりするものです。

 いずれにしても、問題あれば当事者間で話し合うべきなのに、わざわざ全国にネットでアピールする理由が理解不能です。キンタロー。氏はモンスターペアレントの道を歩んでいると思います。
 メディアはこういう方を擁護してはならないと思います。弱い立場の無名の保育士さんのことを考えて欲しいと思います。


○メディアから一言 2
 11日付けデイリー新潮によると、「復興庁の発表によると、東日本大震災による、全国の避難者数は約4万1000人(2月8日現在)。中でも福島県では、2万8000人を超える県民が県外へ避難したままだ。帰りたいと願う人、帰りたくとも帰れないという人もいることだろう。実は、東京の国家公務員宿舎に自主避難したまま退去の求めに応じず、福島県から訴えられた避難者がいる。彼らは今後、どうなるのか。」とか。

 具体的には。「なお40世帯ほどが転居せず、うち5世帯は家賃の支払いも拒み、8年にわたって1円も払わず居座り続けています。そこで福島県議会は退去を求めて彼らを提訴する議案を可決したのです」

 未納の家賃は、福島県の税金で賄われている。訴えには、東雲住宅からの退去と損害金の支払いも含まれていた。 」とか。

 こういう問題ある人がいるから避難者が誤解されるのでしょう。

 そもそも自主避難など、本来は何の問題もないのに勝手に避難している人。それを好意的に迎えたら恩を仇で返すような行動。何より、地元福島県民に迷惑をかけているのですから、こういう方々は論外だと思います。

 もう10年。そろそろ「避難者」という定義はなくすべきです。もう福島に戻る気のない人達は避難者ではないと思います。本当に戻りたい方は、記事や放送内容から「避難者」と言わなくてもわかると思います。

 「避難者」を自分のために都合よく使っている方は、本当に帰りたい真の避難者の方に迷惑をかけているし、誤解を与えていると思います。


<3月11日>
○一言
 黙祷させて頂きました。

 しかし、10年前は本当にいろいろ大変でした。当然当日は帰れないし、その後も様々な仕事が。
 プライベートでも保育園の役員やっていて、お別れ遠足の準備をしていたので。

 一つだけ。菅直人は本当に最悪だった。

 当時の官邸の崩壊状況の例ですが、官邸に詰めている人のために、食事すら出さなかった。おかげで、各省庁から、弁当を届けるという緊急時にあり得ない超絶無駄なオペレーションが生じました。官邸機密費があるんだから、官邸に詰めて身を粉にしている職員のメシくらい何とかしろよ、とマジで呆れました。もちろん届けましたけど。

 それ以外でもとにかく自分が悪く評価されるのを恐れてか、菅直人(首相)指示が多くて、めんどくさかった。

 なぜ菅直人が頑張ったかのように報道するのか全く理解できないし、それを評価するようなメディアって、頭がおかしくないか?と思います。左派の人なら何でも許されるっておかしくないですか?

 「任命責任」ですら批判されるのだから、当時の一連の問題は菅直人に全責任があると考えるのが当然でしょう。
 
もちろん状況を踏まえそれを責めないというのも当然あります。しかし、彼が立派なことをしたわけではないのです。

 菅直人がおとなしくしていれば、被害は大きく減っていたと思います。これが現場の実感。


 何もしなかった蓮舫節電大臣とか覚えていますか?


<3月10日>
○メディアから一言
 時事によると「デジタル庁創設を柱とするデジタル改革関連5法案の関係資料に、計45カ所の誤りがあったことが分かった。
 所管する平井卓也デジタル改革担当相は9日の衆院本会議で「多数の誤りがあったことをおわびする。訂正させてもらう」と陳謝した。
 誤りがあったのは要綱で9カ所、新旧対照条文で8カ所、参照条文で28カ所。「電気」を「電子」、「関係」を「関連」などと誤記したほか、漢数字とすべきところを洋数字と間違った。」とか。

 うん、これは人手不足で回っていないから起こりうる事故ですね。私にも経験ありますが、多大な業務を短時間でこなさなければならない法改正では使えない人材は排除されます。結果、一部の人間に業務が集中します。

 で、法文は結構変わります。法制局参事官(課長クラス)がベースとなる多くを審査しますが、これをクリアしたら次は法制局部長説明となります。で、、部長の指摘を全てクリアすればその上の次長や長官が手を入れることはまずないので、最後の関門になります。

 参事官や部長に指摘を受けると、時間がないから、例えば48時間など一定の時間内に事実を確認し、説明資料を作り(修正し)、法律案を修正して、また説明に行かないとなりません。ので、法律担当は法律案の修正と説明資料の作成にかかりきりになってしまいます。
 この結果、ころころ変わりうる法律案は、修正した最新版の法案がタコ部屋内で共通認識されていないと、バージョンの古いままで修正されていてミスになります。
 共有ミス、正常なら普通はあまり起こらないのですが、本当に忙しいときには、「バージョン11が最新?」「今直してる。バージョン12で保存するからそれフォルダから拾って」などの会話が起こるくらいなのです。

 私が若い頃のとある11月は、ある法案で土日出勤で平日はタクシー帰り、終わったと思ったら今度は別の法案のタコ部屋に応援に呼ばれ、タクシー帰り、土日出勤。アドレナリンを出し切ってとにかくその法案関係業務が終わったら、別の法案の関係で本業の政令を変えなくてはならなくなりました。
 ほぼ死んでいたのですが、何とか改正案ひねり出して法制局に行ったら、当時の参事官が驚いて、「君はいくつ法令持ってるんだ」と。 で、まあ疲れ切った脳みそで作った条文はできが悪かったのですが、こいつはダメだと思ったのか(あるいはあまりに気の毒に思ったのか)、参事官が自ら条文修正をし、「これで行け」としてくれました。
 普通は指摘を受けて、それを踏まえて法案を持ってこいというのが当然なのですが、参事官のおかげで徹夜覚悟のその日はタクシーで帰ることができました。涙が出るほど嬉しかったです。

 ノンキャリアですらタイミングが悪く法律に絡むとこうなるのです。私など出世しないので働き損です。でもやるのはただ責任感だけです。しかし、そういう責任感ある人を使い捨てて組織としてやっていけるのか。若い人が辞めるのはその当たりに見切りをつけてしまうからではないかと思います。

 いずれにせよ、ミスが多いのは、結局デジタル改革関連法のタコ部屋の人員が質量共に不足しており、現場は応援なきまま命を削って働いているというのが目に見えます。

 コロナ対策室の残業もそうですが、与党や政務三役も含め、政治家は現場を考えて仕事命じて欲しいです。「やれと言ったらやるんだよ」という旧日本軍では、もう持たないから、こんなミスが表に出るのです。


○メディアから一言2
 産経によると「米東部ペンシルベニア州フィラデルフィア市で、韓国系団体が、慰安婦像を設置した公園の造成を計画していることが9日、分かった。韓国メディアによると、市当局は建設計画を承認しており、韓国系団体は今年末の着工を目指しているという。」とか。

 他国にこういった像を造るという頭のおかしい発想は韓民族だけの発想なのですが、そこまでするのであれば、どうでしょう、日系団体は「ライダイハン像」を一緒に建てては?
 目には目を、歯には歯を、ということで、韓国の汚点であるライダイハン像を海外に建てて、碑文に「なお韓国は謝罪も賠償も一切していない」と記録すれば良いと思います。

 ラムザイヤー教授の論文が、韓国系団体の圧力により潰されそうになっているなど、韓国系の圧力は異常です。
 鬼滅の刃の耳飾りですら、各方面に圧力をかけている。旭日旗を筆頭に、嘘を事実と変えてしまう異常な韓国に黙っていては、国際的に日本が誤った事実で悪く言われるだけです。
 日本の外務省はきちんと対応するべきです。
 もはや「宣伝戦」という戦いになっているので、外務省を国会議員はしっかり尻を叩いて欲しい
と思います。


<3月6日>
○メディアから一言
 中日スポーツによると、「JRAは6日、中山と阪神競馬場内で国が支給する持続化給付金を不正受給した疑いがある問題で会見を行い、調教師19人、騎手13人を含む165人が受給していたという調査結果を公表した。総額は約1億8900万円にのぼる。」そうな。

 にもかかわらず、「JRAは実名公表を現段階で考えておらず、また罰則についても調教師会、労働組合の規則もあり、現段階では直接介入はしない。また関わった大阪の税理士には今後も面談を行う予定。吉田常務理事はこの問題に対する原因について「持続化給付金制度の趣旨、目的を十分にしていなかったり、税理士等の勧誘があったり、社会的問題となるリスクへの認識の甘さがあった」との見解を示した。」とか。

 明らかにおかしい。
 条件戦などでは、給付金を得るために、わざと負けたかもしれないですよね。公正競走に対する重大な疑惑ですが

 何より、コロナ関係なく、競走成績が下がったから申請するなど、誰がどう考えても不正受給でしょう。

 国会議員やメディアは厳しくJRAを叩くべきですし、メディアが叩かないのなら自浄能力を問われますね。
 特にこれに関与した記者がいたスポニチが解雇など適切な対応しないなら、おまえら他人を批判する資格ないだろう。

 常識的に考えて持続化給付金の対象でないのは明らかであり、大塚亮一氏など関係税理士も詐欺で立件すべきですね。
 警察の適切な捜査を期待します。


 当サイトではJRAへの抗議活動の輪を広げたいと思います。ぜひ抗議をお願いします。→JRA公式サイト「ご意見」のアドレス
 そして、お近くの国会議員事務所に、ぜひ国会の場でJRAを厳しく叩くべきと訴えてください。
 
政府全額出資の特殊法人であるJRA。
公務員的組織の関係者が持続化給付金の詐取などあり得ないでしょう。


○メディアから一言2
 時事によると、「丸川珠代男女共同参画担当相が選択的夫婦別姓に反対する趣旨の文書に署名したことをめぐり、社民党の福島瑞穂党首は3日の参院予算委員会で、理由を繰り返し問いただした。丸川氏は明確に答えず、審議は何度も中断した。」とか。

 「当初は「私の考えはあるが、大臣として務めを果たしたい」とかわしていた丸川氏。それでも「なぜ反対か」と食い下がる福島氏にようやく「家族の一体感、根幹に関わる議論という認識を持ったからだ」と答えた。
 福島氏は、丸川氏が旧姓を通称使用していることに触れ「家族の一体感がない」とやり返した。さらに「一般の人は戸籍名を使えと圧力がかかる。そういう苦労を知っているか」と畳みかけた。」そうな。

 まず、福島みずほは嘘を国会で言うな。今時、旧姓使用を拒絶される時代ではありません。

 つぎに、何度でも書きますが、夫婦別氏であれば、旧姓(旧氏)利用促進で良いんですよ。夫婦別姓は戸籍制度の破壊です。ここをすりかえてはいけません。

 わかりやすい例を言えば、親の名字を自分の代で絶やしたくないという「夫婦別姓」論者。
 これ、「家」を残したいわけであって、単に名字(氏)の問題ではないでしょう。
 日本の家制度は、血縁関係ない。誰が継いでくれるかということです。江戸時代は養子当たり前です。
 もし女性側の「家」を残したいのであれば、1家族に複数の「家」が存在することになり、それは戸籍制度を否定しているのです。
 だから、選択式夫婦別姓といわれる議論は簡単ではないのです。

 にもかかわらず「選択権を与えるだけだ」とする左派勢力の説明は全くの嘘であり、これを進めようとする朝日等の左派系メディアや立民・社会党系の議員は市民をだましている詐欺師です。

 戸籍制度について考えよう、というべきであり、単に選択権を与えるという話ではないのです。
 繰り返しますが、個人の選択権を与えるだけであれば旧姓(旧氏)使用の促進で十分なのですから。

 でも結婚したら新姓と旧姓の併記の手続きが必要だ、というのはその通りですが、それは戸籍制度に起因しており、単純に夫婦別姓(別氏)の問題ではないのです。そもそも、婚姻届1枚出して、あとは何も変わらないようにするべき、というなら「結婚」って何なんでしょう?独身時代のおつきあいと何が違うのですか?
 選択式夫婦別姓は、感情論や戸籍破壊論者などいろいろ混じっていて冷静な議論ができていないと思います。


○一言
 メディアや野党は二言目には「給付金を」とか、「補償金を企業に」とか言いますけど。どこのメディアも言わないので言わせて頂きます。

 税金納めている市民に対し、「とにかく給付金なり補償金を負担しろ、おまえらは黙っていろ」と言ったら市民は納得しますかね?

 政府の金は税金であり、その金は結局納税者の金なんですよね。
 給付金を支給するべきだ、補償金を払うべきだという主張、本当に納税者の考え方に照らして正しいのか、よく考えて欲しいと思います。

 公務員は、税金の使い方でお叱りをよく頂戴します。当然だと思います。なぜなら、納税者のお金を使わせて頂いているのだから。
 他方、メディアや国会議員は税金の使い方に抗議は受けない。だから、本来納税者のお金なのに、あたかも自分達のお金のように「こう使え」とか言えるのだと思います。これは間違っていると思います。

 困っているんだからとにかく金を払えという主張は全く無責任であり、納税者側の考えを理解していないと思います。

 例えば、時短休業補償の6万円。休業して金が余って旅行したり車買ったりしている個人事業者はどう考えてもおかしいでしょう?


○メディアから一言3
 5日付け中国放送によると、「爆音で走行する、大型バイク集団…。人気メーカー、ハーレーダビッドソンとみられ、商店街のせまい道で、多くの客がいる中、堂々と走っていきます。」「実は映像で横切っているこの道、商店街の人など届けをしている車両以外は通行が禁止されている道路なのです。」とか。

 さっさと逮捕して実名を公表し、起訴すべきです。事故があってからでは遅いのです。頭のおかしい中高年には相応の罰をメディアは与えるべきです。


<3月5日>
○メディアから一言
 児童虐待でまた異常な事件が。
 東スポによると、「福岡県篠栗町で昨年4月、衰弱している男児(5=当時)に十分な食事を与えず餓死させたとして、県警は2日、保護責任者遺棄致死の疑いで母親の無職・碇利恵容疑者(39)と知人の無職・赤堀恵美子容疑者(48)を逮捕した。逮捕容疑は昨年4月18日、篠栗町のマンションの一室で、翔士郎ちゃんに十分な食事を与えず放置し、死亡させた疑い。碇容疑者は容疑を認めているが、赤堀容疑者は否認している。

 報道が事実なら赤堀恵美子は明らかにサイコパスでしょう。苦しんでいる家族を見ても何とも思わず、詐取した金で自分はぶくぶくと太っているのですから。狂っている。
 そのやり方に、北九州監禁殺人事件松永太死刑囚を思い出しました。この超劣化版だと思います。

 っていうか、赤堀容疑者の夫もどうなのかな?妻のどう考えても異常な行動と金遣いの荒さに気付かないというのはあり得ませんが?

 司法による厳罰を期待します。監視し、食事制限を指示していたのなら、栄養不足で死亡するのは当然に予見できるわけで、殺人罪で法廷上限でお願いしたいと思います。

 しかし、北九州の事件や太宰府の事件もあったり、飲酒運転は多いし、手榴弾や拳銃の問題とか、福岡は修羅の国過ぎる。正直怖くて住みたくないですね。


○一言
 4日。野田市の拷問虐待殺人犯の悪魔、栗原勇一郎の控訴が棄却されました。
 16年でも軽いと思っているので、当然ですが、最高裁でおかしなことにならないようにお願いします。


○メディアから一言2
 3日付け中国新聞によると、「電気代が8万円になりました。ぎゃー」。編集局はインターネット上で悲痛な声を見つけた。使用量が大きく増えたわけでもないのに、料金が急騰したという。取材を進めると、声の主に電気を供給する新電力の電気の仕入れ値が跳ね上がっていた。2016年の電力小売り全面自由化以降、置き去りにされてきた制度設計の甘さも見えてきた。」とか。

 うーん。安いには理由がある。当たり前の話です。
 新電力で言えば、余剰電力を安く買えるけど、電力が逼迫すれば価格が跳ね上がる。簡単な話です。

 中国新聞の編集局はアホですか。それが契約です。
 制度設計の甘さとか言うけど、そもそも、大手電力がどれだけのコストをかけて電力網を維持しているのかわからないのですか?
 大手電力が災害のたびに深夜に人を多数動員して送発電設備を回復したり、平時でもとんでもない高所で職員が頑張っていたりする現場を知らないのですか。

 新電力はそういうコストを無視して、取引で電力の売買しているんだから、電力が逼迫したら高くなるの当たり前の話です。


○メディアから一言3
 産経によると、「令和3年度予算案審議の最終局面を迎えた1日の衆院予算委員会は、開始直前に菅義偉(すが・よしひで)首相の長男、正剛(せいごう)氏が勤める放送事業会社「東北新社」から高額接待を受けた山田真貴子内閣広報官の辞職が決まる波乱の展開となった。立憲民主党は山田氏の辞任は「遅きに失した」(枝野幸男代表)などと首相の対応を激しく追及し、一度は続投を容認した首相は防戦に追われた。」とか。

 他方、「枝野氏に続き質疑に立った山井和則氏は、「山田氏が体調を崩し、辞職を申し出たことに非常にショックを受けている。首相や政権の被害者だった面もあるのではないか。山田氏におわびしたのか」と迫った。」そうな。

 山井和則氏は頭がおかしいですね。なんで国家公務員倫理法違反した馬鹿な公務員に総理が謝罪しなければいけないのか。

 犯罪者に謝れ、という理屈って・・。こんなのが「論客」なのですから、なぜ自民党が強いのかわかります
 むしろ不良公務員のせいで迷惑を被ったのは菅総理だと思いますが。


○メディアから一言4
 3月2日付け女性自身によると、アンジャッシュの渡部氏に関し、「2月25日発売の『週刊文春』は仲卸店の社長を取材しており、『女性セブン』も渡部を直撃取材。現地取材が過熱している。その結果、仕事に支障をきたすようになったという。

「実際に働いたのはまだ3日ほど。本来ならもっと勉強したかったはずです。しかしあまりにも大騒ぎになったことで、市場の関係者から『もう来ないで』と言われているそうです……」(芸能関係者)」とか。

 で、妻の佐々木さんが「「早々に“出禁”になってしまうのはショックが大きいようです」(別の知人)
 渡部が妻を笑顔にできる日は、まだまだ遠そうだ――。」とか。

 これめちゃくちゃですね。再出発をしようと地道に働き出したらメディアスクラムにより、離職を強要された。犯罪に近いでしょう。人権を語る資格ないだろ、こいつら。

 しかも女性自身の狂っている点は、自分達が原因で辞職させたくせに「妻を笑顔にできる日は・・」とか、渡部氏のせいであるかのように書いている点。

 いくら何でも、週刊誌の記者は頭がおかしいか、人間の感情を失っていないですか?
 こんな理不尽な集団リンチをする連中をメディアと呼んでいいのでしょうか?


<3月2日>
○一言
 生活困窮者への10万円支援と言いますが、生活保護受給者、年金受給者はコロナの影響で収入が減っていないのだから除外するべきだと思いますが。
 コロナの影響で収入が減っていないグループは対象外にしないと、単に収入が少なければ金もらえる、という訳のわからないことになります。
 「生活困窮者」という表現ではなく、就業意欲はあるが、コロナの影響で就職がうまくいかなくて苦しんでいる「困窮求職者」を支援対象とするべきだと思います。

 そもそも生活困窮者とは?野党が言う対象者2700万人というのは4人に1人であり、いくら何でも多すぎると思います。
 結局これ、納税者で負担しないといけないんでしょう?


○一言2
 山田広報官。
 辞職しろ、とさんざんぶっ叩いておいて、辞職したら今度は逃げたと批判。

 ましてや、個人の過去のプライベートとか家族関係とかまで報道するって、意味があるのですか?そもそも彼女をメディアに売る人達も汚いですよね・・。

 「飲み会を断らない」がなぜ批判されるのか。彼女は早稲田だそうですが、私も早稲田卒として言えば、そういうのは早稲田のノリであり学風。私も誘われれば基本断らないし。相手に強要しない限り、何ら問題ないし、個人の飲み方は自由でしょう?

 同時期の国家公務員倫理法違反の農水省枝元の事務次官(減給1ヶ月)などの報道と比べて、あまりにも落差があると思います。
 農水行政のトップが減給って、とんでもないスキャンダルなのになぜかほとんど報道されない・・。バランスを欠いていませんか?農水省は事務次官ですよ?


○メディアから一言
 デイリーによると、「JRAの東西トレセンに勤務する厩務員らが、新型コロナウイルス対策の持続化給付金を不正に受給した疑いがある問題で、厩舎スタッフだけでなく、調教師にも受給者がいることが26日までに分かった。
 調教師が受給したケースでは個人事業主としてではなく、経営する厩舎の財務関係を管理する事務所の名義で中小法人として書類を申請し、最大200万円(個人事業主は最大100万円)を受給したとみられる。」とか。

 JRAは厳罰に処すべきだし、国会議員は国会の場で厳しく追及すべきです。
 公的機関の関係者が持続化給付金を不正に受給するなど論外でしょう。


○メディアから一言2
 2日付け東スポによると、「聖火ランナーを務める予定だった長崎・佐世保市の大学院生の諸国麻椰さん(26)は発言に不快感を覚えたという。「まずパブリックな場でああいう発言は理解できないですし、周りが笑ったりして容認した雰囲気に怒りを覚えました」とか。

 具体的には、「大学で男女共同参画を専門に研究する諸国さんは、聖火ランナーを辞退することを決意。同月22日に長崎県から最終的な意思確認のメールを受けた諸国さんは、返信期限の24日に「走る意思がない」ということに加えて「森会長の発言や考え方に賛同、承認できなかった」と理由を記した。
 だが、25日に県から再び「辞退理由をどう表記するか?」との連絡がきた。メディア対応を想定しての質問だったという。諸国さんは「そのままお答えいただければ」と返答すると、翌26日に2通のメールが届いた。1通目は辞退理由を「組織委員会への不満」とする提案。さらに約10分後に届いた2通目で「諸般の事情」とするよう提案された。」そうな。

 これに対し、森氏への忖度がどうこうとメディアは叩いていますが、現場から感じる感覚はちょっと違いますね。
 まず、辞職した人に忖度してもしょうがないし、必要性もないし、むしろやらない。

 次に、長崎県側の提案ですが、まあ相手が悪かったと言うことですね。
 一般的に言えば、市民の方ならメディアの取材嫌がるので、こういう対応もあるのかと思います(役所の発表のせいでメディアの取材が行くと抗議される。そりゃそうでしょう。実際聖火ランナーとして選ばれても実名公表を拒否する方が多いのですから)。

 が、この方は、長崎県立大学時代にさせぼ観光大使などもされている方。自己顕示欲が強いと容易に推察されます。今回全国紙である朝日や東スポで実名を隠さないのも、自己アピールの意図が多分にあると思います。そういう方には提案などしてはいけない。おっしゃるとおり対応させて頂きます、としないといけない。

 要するに相手をよく確認しなかった判断ミスという問題だと思います。実際に希望通り森元会長への抗議という形で公表されたわけですから、隠蔽とかそういう話でもないですし。
 サービス業で難しいのは、結局こちらの意図がどうこうではなく、相手がどうとるかなんですよね。私もここをミスって電話1時間とか経験があります。そういう話だと思います。

 まあ、こういう担当者の判断ミスも悪く取って煽れば、公務員の隠蔽体質となってしまうところが、メディアの偏向だと思います。
 その証拠に、長崎県に取材してませんからね。一方の言い分だけで決めつけた偏った取材なわけで。
 これが、煽り体質の現在のメディアの根本問題なわけです。

 ちなみに、働かないと生きていけない貧乏リーマンの子どもからみれば、26歳で就職せずに大学院生という裕福な家庭というのは羨ましいなぁ、と思いました。私も好きな歴史学で大学院行きたかったなぁ、とちょっと若い頃を思い出しました。