明るい!?国家公務員のページ

~FUNNY!?GOVERNMENT OFFICIALS~


左が私が子どもの時、接着剤や塗料を使って作った旧モデルのドライセン。
右が最近作ったHGUCの素組です。当時の指定塗料の色と大分違うなーと感じます。

旧モデルでは両腕のガトリングはギミックでそのまま露出できたのですが、HGUCでは差し替え。
指も旧モデルでは親指と人差し指、残りの3指が別パーツで、「握る」というのが表現できました。
 が、HGUCではできません。旧モデルの左の親指のリアルな感じ、わかりますか?
ただ、塗装は大変なので若い頃はここまでやったけど、年とるとこれくらいがせいぜい、というのを感じます・・・。



ようこそいらっしゃいましたー。 人目のお客様です(1999.3.9より)。

ご訪問ありがとうございました:100万(2006.7.19)、200万(2008.6.15)、300万カウント(2010.2.18)、
400万カウント(2011.11.12)、500万カウント(2014.1.19)、600万カウント(2016.6.10)
SNSや動画が当たり前の時代に古めかしいサイトご訪問ありがとうございます。


☆更新情報その他
 
愛猫フェイの写真館更新しました。20号館で終わりです。逝去して半年。我々が結婚してすぐに我が家に来て、ずっとそばにいた家族。
 育てられない子猫を譲る会をやっていて、一番元気な子を頂きました。
 
本当にありがとう、フェイ。あの世で幸せに。いつかまたあの世で出会う日まで家族を守って下さい。

 先輩からあまり注意(教育)されないと言う新人の方へ。一つの考え方としてご覧下さい。→
こちら
 本サイトのコメントは全て組織とは関係ない個人の見解です。

経済からみた江戸時代 '05/7/19更新
江戸時代というのは実はすごい時代だったのです。特に教科書は間違いや嘘ばっかりなのでだまされないでくださいねー。
国家公務員はこんなもん '05/5/30更新
国家公務員の実態などについて書いています。新聞や雑誌、HPは極端な話ばっかりですよー。
テレビではわからない実際の話 '10/6/18更新
マスコミ報道は何かあれば政府を批判すればいいような感じです。
でも本当にそうなのでしょうか?規制緩和、教育、年金などについて、国家公務員の仕事をやっている現状から考えた観点でお話しします。
伝言板
伝言板です。いろいろ方と気軽な雑談をしたいです。
投稿前にこちらをお読み下さい。自己主張(アジテーション)はご自身のblogでどう
ぞ。
フェイ写真館 '17/11/03更新 new
うちのいたずらっ娘の画像です。猫好きの方へ。
2017年5月16日、18歳11ヶ月で逝去いたしました。天国でものんびり気ままに暮らしていると思います。

自己紹介とお願い
お約束の自己紹介とこのHPでのおきまりです。

<メディアに言いたい>
 小西ひろゆき先生(民進党)を登用してその発言に喜んでいるメディアっていかがなものかと思います。
 まず・・小西ひろゆき先生はツイッターで公約した亡命を早く実現してください。嘘ついたのですか?

<趣味のコメント>
 私はKOTOKOさんが好きなのですが、、特に昔のは入手困難の音源が多くて・・。何とかならないかなぁ、と(あと外れや人により評価が正反対の曲などもあります)。
 個人的には「未来自画像」「allegetto~そらときみ~」「同じ空の下で」「went away」。メジャーデビュー版で言えば「サクラノアメモエギノヨ」が一番好きです。

 その他私的には「Le cief~迷宮の鍵~」「frozen fir tree」「茜空」「Love mission!!~なんだ。ただの恋か」「Imaginary affair」「Just As Time Is Running Out」「Unsymmetry」「雪華の神話-in X'mas mix」「ひとりごと-2009ver」「resolution of soul」「jihad」「agony」「snow angel」「秋爽」「Sign of Suspicion」「夏風ノスタルジア」「碧羅の天へ誘えど」「Re-sublimity」「Fece of Facts」「WING OF ZERO」で25曲ですか(順不同)。もっと出せ、と言われればもちろん出せますが・・(笑)


<11月21日>
○一言
 18日付けFootball ZONEによると、2002年の落選について、中村俊輔選手はこう語っているそうな。
「(横浜F・)マリノスでキャプテンを務めさせてもらったから、チームをまとめる難しさも分かる。それを考えると、2002年日韓ワールドカップの代表メンバーで自分が落ちるのは当然だったと思う」
 (中略)
 「02年大会でサプライズ選出となったのは、長らく代表から外れていたベテランFW中山雅史とDF秋田豊だった。その煽りを受ける形となった中村だが、今となってはトルシエ監督の選考に納得しているという。
「トルシエ監督からしたら、ワールドカップは短期間の大会だから、秋田さんやゴンさんのように豊富な経験があって、リーダーシップを備えた選手を呼んでチームを盛り上げたいだろうし、今考えればその決断はよく分かります」」とか。

 うーん、苦労して大人物きくなったんだなぁ、すごいなぁと思います。
 自国開催ですし、当時は本当に悔しかったはずなのに、冷静に客観視してこういう発言が出来るのは人間として素直にすごいと思いました。
 
しばらく先になりますが、中村監督の活躍が楽しみですね。


○メディアから一言
 産経によると、「政府は21日の閣議で、安倍晋三首相がトランプ米大統領との埼玉県川越市でのゴルフ(5日)において、バンカーで転倒したインターネット上の動画の削除を依頼したか尋ねた希望の党の大西健介衆院議員の質問主意書に対し、「事実はないと承知している」とする答弁書を決定した。

 動画は安倍首相がバンカーから出る際に後ろ向きに転倒するもので、テレビ東京が報じ、インターネット上で広がっている。

 大西氏は質問主意書で、夕刊紙「日刊ゲンダイ」による「官邸側は削除依頼を繰り返しているようですが、クリックが稼げるためか、次々に同じ映像がアップされて消えません」とする報道を紹介。」とか。

 これが事実なら大西議員はただの世間知らずでは?
 普通に考えれば、テレ東が放送したのなら著作権の関係で当然テレ東が削除要求するでしょう。

 質問主意書って、法制局審査やら閣議決定手続きやら本当にめんどくさいんですけど、そのソースが「ゲンダイ」って・・。
 国会法で定められていて回答は義務だ、というのは事実ですが、もし根拠がゲンダイしかないのなら、公務員のマンパワーの無駄遣いという意味では権力の濫用なのでは?

 他のメディアでもさすがにこういうのは報道して欲しいなぁ、と思います。


○メディアから一言2
 毎日によると「厚生労働省が受動喫煙対策を強化する健康増進法改正について、店舗面積150平方メートル以下の飲食店に喫煙を認める新たな案を検討していることについて、小池百合子知事は17日、「一ケタ間違いではないかと驚いた。国の姿勢が甘いものだとお知らせになったと受け止めている」と述べた。シンガポール出張から帰国後、羽田空港で報道陣に答えた。」そうな。

 一ケタって・・15㎡って要は3m×5mですよね?そんな店どのくらいあるんですかねぇ?
 正直、都のバー等30平米以下以外は原則禁煙は厳しすぎると思います。

 希望の党の時ではっきりしましたけど、強権的な手法がお好きなようですが、あまりやりすぎるとかえって良くない結果を生むと思います。
 路上喫煙する人増えたら意味ないし・・。
 あるいは狭い喫煙ルームが濃厚な空気になってそこから出てくる人の数秒間の解放だけでも、一定時間すごく煙臭くなるんですよね。
 例えば新橋のSL広場、小池都知事は一回行った方がいいと思います。現状であんな感じですよ。

 私は分煙派なので、むしろ従業員募集時も含め表示をすることと分煙(オフィス内禁煙)をきちっとすることこそが大事だと思います。
 個人的には喫煙自由だった時代に、扇子やうちわで喫煙者の副流煙から身を守るなど、結構強い嫌煙者ですが・・。
 だから実際ホテルでは禁煙の部屋しか使わないし、お店も喫煙の店は同行者が喫煙者で吸いたいと言わない限りは絶対に行きません。
 私のようなそれなりの嫌煙者でもそれで十分だと思いますけど。

 ちなみにカラオケボックスは選べないので是非全店で禁煙ルームを作って欲しい(最近は増えてきましたが)。
 でも都の規制案でも喫煙専用室設置可なので同じですね。 


<11月20日>
○一言
 日馬富士の暴行事件。色々と矛盾した証言が出てきているので、警察の捜査に任せるべきだと思います。

 一方で、冬巡業から貴乃花親方を外したことについて相撲協会を批判する意見は全くもってナンセンスだと思います。

 当たり前ですが、力士に対し、刑事訴訟と民事訴訟を辞さない親方。
 だとしたら、伊勢ヶ浜部屋が不利益を被る可能性は十分あります。プレス対応1つ取ってみても。
 訴訟当事者である以上、本来こうしたメディアに抑制的に対応しなければならない貴乃花親方が巡業部長の職を全うできない(要は煽りかねない)として外すのは、社会的常識から見ても当然です。

 貴乃花陰謀説も現時点ではおかしいと思いますが、貴乃花ヒーロー説(相撲協会悪人説)もおかしい。
 現状を踏まえて中立的に考えれば、冬巡業から貴乃花親方を外すのは当然なのです。
 メディアは煽らずに捜査結果を待つべきです。


<11月19日>
○一言
 上尾ハーフ。我らが早稲田勢は厳しい結果になりました。これでほぼ箱根は見えてきたように思えます。
太田-永山-石田-藤原-安井(永山が不調の場合藤原とチェンジ)
小澤or尼子?-新迫?-谷口-光延-清水
 ただ・・新迫は1年から三大駅伝起用されて1年の全日本以外は全く結果を出せていないので、おそらく単独走となる7区で起用すること自体大きなリスク。
 新迫を切って4年生の安定感に期待した方がシード権獲得には良いのではないかと思います。
※ちなみに私は新迫に期待する人間です。ただ、それより早稲田のことを考えると、残念ながらちょっと箱根は無理だろうと思います。

○メディアから一言
 18日付け読売によると「2016年の自己破産の申し立てが6万4000件を超え、13年ぶりに増加に転じた。かつて、多重債務は無計画な若い世代の問題とされていたが、最近では働き盛りの中年や退職したシニアが、カードローンなどをきっかけに自己破産に陥るケースが目立つという。」とか。

 「自己破産するシニアが増えている意外な原因」として例が挙げられています。
「東京都内に暮らすAさん(58歳)は今春、ついに自己破産を申請しました。始まりは、10年ほど前にさかのぼります。クレジットカードによる買い物とキャッシングの借り入れがきっかけでした。
 「当時は会社員として働き、収入も十分にあったので、多少返済額が多くなっても問題ないと思っていました
 Aさんの借金は約200万円。銀行残高が底をつき、返済が滞ると、今度は消費者金融から借りて返済に充てるようになりました。」とか。

 はっきり言ってこの時点でおかしくないですか?買い物とキャッシングで借金200万ってデタラメ過ぎませんか?
 利子いくらだと思っているのか。世の中で利子ほど無駄な捨て金はないんですよ。それをメディアはきちんと書くべきでは?
 もちろん住宅など借金をせざるを得ない大きな買い物をせざるを得ないときはあります。あるいは病気などでお金が急に必要になることもあります。
 でも買い物とキャッシングで借金200万はないわー。

 「意外な原因」ではなく、単に金銭感覚がおかしいだけの話でしょう。

 メディアは、
・借金の利子はただの捨て金です。
・病気や事故に備えて保険に加入しましょう。若いときに入ればよりお得です。保険はリスクヘッジであり捨て金ではありません

という当たり前のことを報道するべきだと思います。

 読売新聞ともあろうものが、こんな典型的なダメな例を「意外」とか、金銭感覚おかしくないですか?


<11月18日>
○一言
 最近思うのが、政治家が細かいところまで気にして無謬性にこだわるあまり、昔のような大政治家が生まれにくい状況になっているのではないか、ということ。
 これって、菅政権の震災時のマイクロマネージメントと同じ構図なんですよね。自分への批判を恐れるあまり細かいことに過剰に反応する。

 昨日書きました経産省所管団体のチョンボの件が典型的な例だと思います。
 事務方のチョンボは事務方が対応の責任を取るものでしょう。所管団体の孫請け企業のチョンボまで大臣が具体的に指示を出すのってどうなんですかね?
 震災時を思い起こせば、政治家が過剰反応するこうしたマイクロマネージメントの方が最悪だった菅政権再来のようで怖いと思います。

 確かに本件が原子力の広報なので、政治的な部分もあるのでしょうが一般論としては所管団体の孫請けの状況まで霞が関では管理できないです。だから政府全体にこの問題を波及させないで欲しいと思います。

 この辺の感覚はメディアの皆さんも、あるいは民間企業で働く皆さんもそういうことは同じ給与所得者としてわかっていただけるのでは?

 いずれにしても事務方の事務的チョンボは事務方を批判するべきだと思います。
 以前、役所に政務次官に対し事務次官がいたのは、そういう部分があったからです。政治主導や政務三役などの制度改革でそういう部分が切り分けられなくなったせいで何でもかんでも政務の責任になってしまう現状は、大政治家が生まれにくくなって、むしろマイクロマネージメントばかり気にするように政治家を小さくしているのではないかと感じます。日本にとってよくないことだと思います。


○一言2
 本件でもう一つ実態を知って頂きたいのは、最近は「市民の生の声を」という「意見交換会」がはやっていますが、それ自体に無理があるということ。

 この手の仕事って、まず間違いなく「賛成者」が集まらないのです。
 私自身法改正など、この手の説明会の経験で言えば、基本反対の方や疑問を抱く方しか集まりません。当たり前ですが、賛成の方は時間を割いて説明会など来る必要がないからです。これは例えば民間のマンション建設などでも同じだと思います。
 利害関係者ではなく、第三者の学者先生などによるシンポジウムのように賛否両論で議論できないのです。

 賛成者が集まらないと議論にならないから何とかしろって、無理があるというものです。

 この手の問題は、基本地元に関する「説明会」とか「意見交換会」は疑問を抱く方や反対の方に丁寧にご説明して、厳しく批判されながらできる限り理解を頂く・・そういう性質のものだと思います。
 

○メディアから一言
 SPAで「名言」について批判。
 具体的には、「数ある名言のなかでもアラフォーサラリーマンが大好きなのが、坂本龍馬をはじめとする幕末の志士たちの名言。彼らの多くが、子供のころに出会った司馬遼太郎作品を基に英雄像をつくり上げている。」とか。

 そうなの?自分は坂の上の雲や峠も含め司馬作品は相当読んでいますが、そんなに名言あったっけ?

 同記事で著述家・菅野完氏はこう言います。
「『竜馬がゆく』で描かれる坂本龍馬をはじめとして、司馬遼太郎作品では男の誕生、成長、苦難、変身、成功が非常にわかりやすい等身大の物語として描かれるため、感情移入がしやすい。でも、あくまで司馬作品は史実ではなくファンタジーです。今まで歴史上注目されてこなかった人物に新たな解釈を加え、達者な文章で描いたのだから、魅力的なのは当たり前。それをリアルな人物像として捉え、自分と重ね合わせて陶酔しているのは、現実とファンタジーの区別ができないただのアホですよ。現実の仕事の世界に勝手なヒロイズムを持ち込まれたら迷惑でしかない。いわんや政治の世界をや、です」

 私はアラフィフですが、そんなアホが下の世代に最近いるの?とむしろ逆に聞きたい。ねつ造にしか思えませんが。
 もっといえばただの商人の龍馬をヒーロー扱いするメディアが煽っている問題のように思えますが?

 だいたい最近は漫画でも名言多いし。
 漫画の名言を「現実」と捉える阿呆はいないでしょう。ファンタジーでも名言があって、それが現実に使えるのなら何の問題もないと思いますけど。
 小説では銀英伝のヤンウェンリーの発言に名言が多いし、今の政治を考えさせられます。
 漫画ではなんと言ってもハガレンの「「ありえない」なんて事はありえない」という名言。危機管理の要諦でしょう。

 ただのアホなのは、こういうねつ造をしてファンタジーの名言を認めないSPA編集部や菅野氏ではないか?と思います。


<11月17日>
○メディアから一言
 産経によると、「世耕弘成経済産業相は17日の閣議後会見で、原発の高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場を巡る住民意見交換会に、原子力発電環境整備機構(NUMO)の広報業務の孫請け企業が謝礼を約束して学生を動員していた問題で、NUMOに対し事実関係の徹底的な究明と、内部規律の厳格化を図るよう指示したことを明らかにした。」とか。

 うーむ、いまどき謝礼で動員ってアホか・・っていうか、孫請け企業はその金銭負担は自分が背負うのになぜそんなことしたのだろうか・・。

 役人の現場の感覚から言うと、金払って動員なんてそんなことばれたら激しく叩かれるのが明らかなので、受注者の暴走なんだろうと思います(もちろん、この行為を肯定しているわけではありません)。

 ただ、世耕経産大臣の発言で私が違和感を感じたのは同記事の「意見交換会の業務を民間企業に委託していたことについて、「手作りで十分だ。委託する考え方自体根本的に間違っている」と指摘。NUMOに委託関係の再構築を指示するとともに、経産省内でも外部委託の事例があったため見直しを指示したと述べた。」という点。

 もしこれが事実なら、世耕経産大臣は現場を知らない世間知らずの政治家だと思います。
 だって素人がやる「手作り」ってすごくコストかかる上にしょぼいんですから。

 もし、素人が簡単に手作りでいい広報ができるのなら、広告代理店や印刷会社など存在し得ないと思います。当たり前の話です。

 
 まず第一にHPやユーチューブを見れば普通にわかるでしょう。素人とプロやユーチューバーとの違い。「見せ方」1つとっても違うんですよ。ポスター1つとってもデザイナーが作るのと役人が作るのでは全然違うのは明らかでしょう。しょぼい素人ポスターに誰が引きつけられますか?
 第二にツイッターなどSNSで宣伝すれば十分という意見は間違いです。SNSは嗜好が同じ人が見る限られた広報ツールなので多くの一般の方が見る広報ツールではない
 多くの方に見てもらうにはプッシュ型でないといけないのに対し、SNSは基本「待ち」のプル型。だから炎上させてまで見てもらうという炎上商法などがあるわけです。
 第三に人手の問題があります。プル型の広報はチラシだけでなく、新聞あるいはタウン誌などの掲載1つとってもそんな楽なものではありません。印刷会社、掲載先など一つ一つについて役務契約手続きを取らなければならないからです。当日の運営もイベントの現場は、人が必要。イベントが大きくなればなるほどボランティアに頼る部分があります。(社会人で言えば)サビ残です。本気で「手作りというのなら、世耕大臣は泥臭い現場のロジをやったことがないのでしょう。喩えて言えば、ADの苦労を理解していない芸能人と同じです。
 第四に人が全然集まらずに結果が出ないしょぼい広報で税金を節約するというのならそれは英断だと思います。でも、人が集まらなかったら文句を言うのが政治家の実態でしょう。だったら「手作りで十分」などは空論です。っていうか、結果が出ない広報って意味あるんすかね?

 いずれにせよ一定のレベルで広報活動を行うことを素人の「手作り」で行うのは不可能です。
 一度でも広報業務を現場でやったことがあれば、「手作り」という発想は出て来ないと思います。なにより、コスト意識の高い民間がなぜ広告代理店や印刷会社に外部委託しているかを考えれば自明だと思います。


○メディアから一言2
 17日付けTBSテレビのネットニュース。安倍総理の所信表明演説に対して。
 「「政権を担うというエネルギーを失っておられるんじゃないかなと。覇気のない状況というのは、ちょっと心配をしています」(立憲民主党 枝野幸男代表)
 「残念ながら内容も熱意も薄かったように思います」(希望の党 玉木雄一郎代表)」とか。

 うーむ。病気を抱える方が連続した国際会議のあとですぐに国会なのだから、普通に疲れていると思いますけど・・。

 もしそういう配慮をされているのであれば、1日くらい休養日を設けて、国会論戦というのはいかがでしょうか。

 本来政策批判するべき野党の皆さんがこういう心配をしているというのが正直気になります・・。将来別として、今総理が健康問題で辞職しても自民党ひいては国政は混乱するだけでなんにもいいことがないので・・。


<11月16日>
○メディアから一言
 NHKオンラインの木村有李記者の記事が秀逸。
https://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2017_1115.html

 特に、「平野氏に促され、立憲民主党の辻元国会対策委員長が、「もっと(野党の主張を)飲め!決まらないなら、ここに泊まらせてもらう」と言いながら、自民党の森山国会対策委員長の部屋を訪問。突然の訪問に、自民党側は、その場にあったドリップコーヒーを辻元氏に。2人は、コーヒーを前に話し合い、与党の時間を10分削り、野党に上乗せすることで一致。辻元氏は、合意後、ようやくコーヒーを口に。辻元氏は、「コーヒーをいただいたので帰ります」と記者団に言って、委員長室をあとに。」というくだり。

 そしてその「一杯のコーヒー忘れずに」という結論。
 「国会は、異なる意見をぶつけあう場ではありますが、一定の合意を作っていく場でもあります。与党と野党の綱引きを取材していて感じるのは、双方の顔も立てながら、折り合えるギリギリのところを探すという粘り強い話し合いの必要性です。今回の「1杯のコーヒー」は、そのための雰囲気を醸し出すのに一役買ったとも言えます。
質問時間の配分をめぐる議論は、今後も続くことになりますが、これまでの国会の歴史の中で、何度となく「1杯のコーヒー」が飲み交わされてきたことも忘れずに、与党も野党も、政権交代などで立場が変わることを想定に入れながら、一定の合意をつくっていくことに期待したいと思います。」

 これなんですよ、政治の世界は。喧嘩ではないんですよ。こういう記事、久々じゃないですか?

 東京新聞や望月イソコ記者に読んで欲しい記事です。レベルが違います。

 政治はゼロと1を巡って殴り合うのではなく、国民の為に最善を考えて自らの主張を少し引いて妥協をすること。

 この大事なことをメディアは忘れていると私は考えます。


<11月15日>
○メディアから一言
 時事通信によると、「安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」の獣医学部新設が認可されたことを受け、前川喜平前文部科学事務次官は14日、代理人弁護士を通じ、「林芳正文科相は認可してはならなかった。総理のお友だちだけに特権を与え、わが国の大学行政に大きな汚点を残した」とするコメントを発表した。」とか。

 しかし、加戸愛媛県知事(当時)に獣医師会会長の蔵内氏が訪問して抗議した際、(会長の出身の)日大でもいいんですよ・・と国会で言っていますよね。
 「お友だちに特権」って嘘つくなよ前川喜平さん。組織的天下り斡旋問題の首謀者のくせによく言えるなぁ。

 こうした嘘を反安倍メディアがスルーすることが私は一番問題だと思います。
 嘘を事実とするマスメディアって市民を騙すメディアですよ?民主主義国家では絶対やってはいけない行為だと思います。

 
 個人的には、こういう嘘を平気でつける人間ってすごいし、こんな人間が事務次官になれる文部科学省ってどうなってるの?と思います。
 主事など文科省のキャリアと何人か仕事させて頂きましたが、優秀な方と権力欲だけの阿呆の差が激しいのは感じました。
 でもやっぱ優秀な人が上に行くべきで、前川氏のような権力欲だけの阿呆が上に行ってはいかんでしょう?

○一言
韓国の聯合ニュースによると、「韓国外交部の趙顕(チョ・ヒョン)第2次官が12日午後、日本を訪れ、就職難に苦しむ韓国の若者の雇用問題を協議する。
 5月の文在寅(ムン・ジェイン)政権発足以来、外交部次官が訪日するのは初めて。趙氏は14日まで滞在し、杉山晋輔外務事務次官や日本財界の関係者らと会談。韓国の若者と日本企業をマッチングするなどして両国が共に利益を得る「ウィンウィン関係」になるための方策を協議する。」とか。

 はぁ?反日韓国の人をなんで日本で雇用しなければいけないのですか?「優秀な」韓国でしっかり雇用すればいいじゃないですか。

 さんざん従軍慰安婦だの竹島問題だので世界でメチャクチャやっておいて、「助けてくれ」とか虫が良すぎます。

 別に日本をよく言ってくれ、というわけではないんですよ。日本を貶める人たちを雇用する意味はないのです。

 韓国って、どうしてこうまで厚顔無恥なんですかね?日本のメディアがこの厚顔無恥な報道を一切していないところがまた「報道しない自由」の悪用だと思います。反日国家韓国は適当におつきあいして原則無視するべきでしょう。外交コストが無駄です。


<11月14日>
○一言
 私は小兵で横綱となり、がんばっている日馬富士が好きだったので残念です。
 酒乱と言うことでしょうね。常識では拳で殴るならともかく、ビール瓶で頭に打撃を与えるというのは考えられません。

 実際貴乃花親方が10月中に被害届を出したにもかかわらず、相撲協会は「親方にヒアリングしたがよく分からなかった」というばかげた答弁。
 確かに貴ノ岩がその後の巡業に参加している面から、よくある話とおもったんかも知れません。

 はっきり言いたいのが、ビール瓶で頭殴ったらダメだろう。そして被害届が出てるんだから、それ見れば内容分かりますよね、ということ。

 報道されて以後もすぐに対応できない相撲協会は頭がおかしいんじゃないですか?臭い物にふたをしようとするどうしょうもない組織だと思います。一回潰して、力士以外が理事として管理するか、それが出来ないのなら公益財団法人資格を奪うべきだと思います。

 あまりにも社会常識と乖離しています。

 なお、貴乃花親方の行動にも疑問があります。被害届は出しながらなぜ詳細な経緯を協会に報告しないのか。


○一言2
 東京新聞の望月イソコ記者が、官房長官会見で自分の質問した内容すら忘れてしまう・・病気ではないかと思う発言。
 https://www.youtube.com/watch?v=MRAufcsD2Hw9:309:30くらいです。

 具体的には、「防衛装備・・防衛省からはこのような提言が有識者会合の中で出ておりますご確認頂きたいと思います。話変わりますが・・」とやったわけです。

 で、菅官房長官が「(ご確認頂きたいと思いますという)質問の言いっ放しはやめて欲しい」と怒った。
 テレビならともかく、記者会見でこれはない。確認を求めたにもかかわらず相手の反論権を認めないわけですから。
 
 メディアの取材で相手の反論権を認めないと、公正な報道が市民に伝わりません。こんなの記者としてのイロハだと思います。。

 ところが望月イソコ氏はそれが理解できなかったようで、自分の直近の質問が問題になったと勘違いして「取材で聞いている話をもとに・・」など、的外れの反論。

 ので、菅官房長官に「今まず私が申し上げたのは防衛費の件に関する質問です。」とはっきりと言われる。

 にもかかわらず反論する望月記者。正直、頭が悪いのだと思います。
 頭が悪くても勉強でそれを克服するのもありです。実際多くの記者は頭が良い上に勉強をしていると思います。
 が・・うーん、はっきり言いましょう。望月イソコ記者は頭が悪い上に勉強をきちんとしないプロ失格の記者です。
 例えば、私が優秀とは思いませんが、仕事するときは必死に自腹でいろいろな本買って、ネットで情報集めて勉強しますよね。社会人(プロ)としてはそれが当たり前では? 

 菅官房長官の「今あなたが質問した事です。何を質問したか分からないうちに終わったのではないですか?」という指摘考えても、望月イソコ氏は勉強もしていないし、自分が質問した事すら把握していないただのバカで、プロ失格と言えます。

 望月イソコさん。あなたの無能と不勉強で、誤解されると女性ですら怒っている現実分かってる?恥を知れ。


<11月12日>
○メディアから一言
 時事通信によると、「欧州連合(EU)欧州委員会は11日までに、東京電力福島第1原発事故後に日本産食品に課している輸入規制について、福島県産のコメなど10県産の一部食品を除外することを正式決定した。」とか。

 具体的には「12月1日付で実施する。
 福島産のコメ規制解除により、他の都道府県産のコメも福島産でないことの証明が原則不要になる。秋田県は山菜などに対する規制がなくなり、対象地域から外れる。輸入規制はアジア各国を中心に今も残っており、EUの規制緩和の動きがこうした国や地域での規制見直しにつながることが期待される。」とか。

 事実を歪める反日日本人(特に作家)は、これを踏まえ、適切な言論をして頂きたいものです。
 事実よりレッテル張りが目的の放射脳だからダメなのかも知れませんが。
 「美味しんぼ」の雁屋哲氏による「鼻血」など典型的な放射脳によるフェイクニュースの例です。
 ちなみに雁屋哲氏はオーストラリア在住で国籍以外は今の日本の現場を知らない人間です。

 個人的には、こういうフェイクニュースを平気で流す人達がなぜ「文化人」なのか分かりません。
 メディアはバカか?


○メディアから一言2
 11日付け朝鮮日報によると「晩さん会で独島のことを出したわけでもないのに、エビをメニューに出したからと言って怒っているのを見ると、非常に気分を害した様子だ。それならば、35年間にわたり国土全体を奪われた国の人々の気持ちはどうだろうか。「易地思之(相手の立場になって考えること)」の良い例になるだろう。立場を変えて考えてみろと言わなければ駄目そうなので言ってみた。」とか。

 はぁ?頭おかしいとしか言いようがないですね。
 三田渡の盟約を韓国ではどう教えているんですかね?250年にわたり清の植民地だったのを忘れているんですかね?
 宗主国中国には一切抗議をしない卑屈な姿勢。
 歴史がどうこう騒ぐなら、全く問題視しない中国に併合されれば良いのでは?方がいいのでは?

 対日で言えば、問題解決の話をまとめたらすぐひっくり返される。「易地思之(相手の立場になって考えること)」が一番分かっていないのは韓国です。
 こういうこと書くマスメディアって、恥ずかしくないのかなぁ・・。


<11月11日>
○一言
 座間市の大量殺人事件。
 はっきり言って被害者の詳細をメディアが公表するのに強く抗議したい。
 全く必要がないのに、被害者を金儲けに使うな。
 確かに加害者の手口などを報道するのは有益だと思います。でも被害者を氏名や顔写真入りで公表するのは何の意味ないどころが有害です。

 被害者の家族のことを考えれば明らかでしょう?

 ご兄弟/ご姉妹とか、好奇の目で見られるのをメディアが率先して行うとか、人権侵害としか言いようがないのですが。

 日頃人権云々言う弁護士会や市民団体は、大きな声を上げるべきだと思います。上げないのならあなた方の人権意識はニセモノです。今こそ普通の市民を守る為に声を上げるべきです。


○一言2
 もう一つ思うのが・・なんでそんなに死にたい人がいるのだろう?ということ。

 自分の幼少期は父親が絶対権力で、気に入らなければしょっしゅう「叩かれて」いました(虐待レベルの大けがはなかったです、念のため)。
 学校でも、いじめなどはひどくはないですが、そこそこあるわけで・・。
 転勤族の子だったので、親友とかいるはずもなく、転勤ごとに人間関係が切れていく。転勤族の子どもは強制的に孤独に慣れるようにさせられます。
 さらに、自分はやや人見知りでコミュニケーションは得意ではなかったので、例えば怒られたとき、言葉が出て来ないで、固まっていることで結果被害が拡大していく・・なんていう経験も普通にあります。
 
 だから思うのが、「逃げろ」ということです。
 無理に学校など今のコミュニティに固執しなくてもいいのです。それでもどうしても苦しいなら、新興ではない長年の実績ある宗教等に頼るべきです。外国人が教会やモスクに行くように。
 それでも死にたいのなら、正直、寿命(その方の死生観)だと私は思います。

 私自身仕事が忙しすぎて頭がおかしくなっていたときは、ぼーっとしていて霞ヶ関駅でよからぬことを一瞬思ったことはあります。
 でも、死んでしまったら未来の楽しいことをすべて潰すことになります。
 世の中、場所や職場が変われば、結構急に楽しくなることもあります。
 もし今が苦しいのなら逃げてください。未来に笑顔が待っていると思います。



<11月9日>
○一言
 質問時間の配分の問題。これ、論より証拠なので、衆議院の予算委員会の名簿を見てください。
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_iinkai.nsf/html/iinkai/iin_j0140.htm
 自民は・・数えるのも大変なので20人以上。立民6,希望6、共産1ですね。
 時間の譲り合いがなければ、藤野委員(共産)は毎回質問に立つのでしょうか。立憲、希望も2回に1回は質問に立たないといけない。

 これ、臨時国会ならなんとか短期決戦でしのげるのでしょうが、通常国会のような長丁場だとガス欠になる(いい質問が出来なくなる)のは明らかだと思いますよ。

 野党の立派な先生の名誉のためにも言っておきたいのですが、まともな先生ほど自分の専門分野やそうでないならしっかり勉強した上で質問を作るんですよ。だから真面目な方ほど「打順」がすぐに回ってくるとかなりしんどいと思います。

 逆にアジテーション型の先生は質問作るの簡単です。東京新聞の望月記者のように新聞や雑誌に掲載されたことのウラ取りすることなく「・・という疑惑がありますが」とやれば後は「疑惑」を次々ぶつけるだけで時間は過ぎていきます。果たしてこれが国民生活の為になるのか。

 今のメディアの取り上げ方だと悪貨が良貨を駆逐する結果になるんですよね。

 他の例で言えば、通常国会では、予算が成立すると、各委員会(主に内閣委など省単位で分けられる)で法案の審議になります。
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_iinkai.nsf/html/iinkai/iin_j0010.htm
 上のリンクは内閣府(衆)の案件を審議する内閣委員会の名簿ですが、立民5、希望4です。
 定例委員会は原則週2回なので、人数が減った分さらにキツイですね。

 野党の議員も良い質問をする為に1回の委員会で何人審議させるのかが適当か、考えるべきではないでしょうか?
 はっきり言えば、ワイドショーレベルの質問は、テレビは喜んで評価しますが、市民レベルでは、税金かけて何やってるんだと票を失っているように思えます。

 野党の良い先生が良い質問をする為に、バッターとして立つ回数を減らすというのも時間は失っても質としては向上するわけで、結果として良い事になるのでは?
 我々役人も早めの勉強レクを受けて、前日に早くバッターが決まり、レクをさせて頂ければ対応時間の短縮にもなるので無駄な残業が減ります。
 自民党の若手も質問時間を振り分けられる。
 三方1両得で、メリットしかないと思いますが。

 自分たち自身が回っていないのに、時間だけを要求するのは本末転倒だと思います。 
 議員の先生はメディアに取り上げられる為に仕事しているのか、市民の為に仕事しているのか。
 最近は、しっかり勉強して政府側から「実行させる言質を取る」という最も重要な仕事を忘れているように思えます。


<11月8日>
○一言
 トランプ氏のツイッター。韓国の議会でこう言ったとか。
 「Anyone who doubts the strength or determination of the U.S. should look to our past....and you will doubt it no longer.」

 あまり報道されていませんが、かなりヤバイ発言です。特に後段は。意訳すれば「俺たちの過去を見ろよ?どうなるかわかるよな?」という話。
 武力行使は許さないとかお花畑の韓国文政権の前で言うところがすごいと思いました。韓国、相手にされていないぞ・・分かっているのか?


○メディアから一言
 11月6日付けFNNニュース(ネット)によると、「加計学園の獣医学部について、文部科学省の大学設置・学校法人審議会が、2018年春の新設を認める見通しであることが明らかになったことについて、前川前文科事務次官が取材に応じ、「大臣が設置審の答申通りに認可する必要はない」と持論を展開した。」とか。

 具体的には「前文科事務次官・前川喜平氏は「設置審の答申があったら、すぐ(文科)大臣が設置認可をするのはおかしいと、わたしは思います」、「負えない責任まで負うことになる」、「本来、国家戦略特区諮問会議で判断すべきことを含めて、文科大臣が責任を引き受けることになってしまう」などと話した。」とか。

 前川喜平氏は本当に事務次官だったの?こんなのが事務次官になれるなら文科省って解体した方がいいと思いますよ。
 馬鹿な幹部やそれに媚びを売る連中を出向させて残った有能な方で再建した方がいい。

 理由は簡単です。
 重要事項については、第三者や利害関係者、有識者が集まる審議会に諮問するわけです。そこでしっかり議論してもらうわけです。そうでないと役人の恣意的なものが加わる可能性がありますから。

 だから、その審議会の答申を尊重するのは当たり前の話です。これを無視しても良いというのなら、よほどの反論根拠がない限りあり得ません。もしこれは変えられるのなら。審議会不要だし、税金の無駄遣い。そして役人が何でも出来ることになります。

 前川喜平氏はこれまでキャリアの幹部としてそういった答申をさんざん受け入れてきたくせに、急に受け入れる必要ないとか、正気を失っていると思います。 
 だいたい前川喜平氏は組織的天下り問題の中心人物で迷惑をかけた古巣にどうこう言える立場にありません。

 いずれにしてもメディアは、安倍批判者なら天下りルール違反して斡旋しまくり、それもとがめられずに退職金5000万もらった人を好意的に評価するっておかしくないですか?庶民感情に反しています。


○一言2
 11月7日付け時事通信によると、「経営再建中の三越伊勢丹ホールディングス(HD)の杉江俊彦社長は7日の決算記者会見で、新たな早期退職制度の概要を明らかにした。部長級の早期退職の対象年齢を現在より2歳若い48歳からとし、退職金を最大5000万円上乗せする。バブル経済期に大量入社した総合職を中心に高止まりしている人件費を減らす。
 新たな早期退職制度は1日に募集を開始した。3年間で800~1200人の応募を想定している。杉江社長は、いわゆるバブル入社組の数が他世代に比べ3~4倍に上ると説明。「今の退職金では誰も手を挙げない。(昇進できず)不満を持っている世代にしっかりとした金額を示した」と述べた。」とか。

 すばらしい施策。現状、どこもバブル世代の大量採用のせいで30代の人材不足で苦しんでいるところが多いし、煽りを食った氷河期世代は大変だと思います。特にバブル世代は年齢を踏まえた処遇という面でも色々制約があり、さらに言えば働く人と働かない人の差が激しすぎる。

 働きが足りないで先輩風だけ吹かしている人達に新たな未来を提示するのは当然だと思います。
 しかし、それが退職金に5000万上乗せか・・。すごい思い切った良い条件だと思います。逆に言えば、それでも退職者をその世代から募りたいわけで。
 だからこの取り組みは好意的に評価するべきだと私は思います。

 ただ・・こうした場合、優秀な人から抜けていくという大きなリスクをはらんでいますが・・。覚悟の上で若返り期待なのでしょうね。


○一言3
 韓国って頭のおかしい国だなぁ。こういう政権を支持する韓国民と私はおつきあいしたくないですね。

 理由は簡単で。トランプ大統領の晩餐会で「独島エビ」なるものを出し、慰安婦被害者(自称)の方を出席させただけでなくハグさせようとしたこと(事実上失敗)。
 いえ、今の状況でなければ何をやってもまあ、生暖かい目で見られると思うのです。

 しかし、現状、ロシアや中国も含め近隣諸国がまとまって北朝鮮問題に対応しなければならないのに反日アピールをやるとしたら、外交センスゼロ。

 北朝鮮の核より、反日が大事な国やそれを支持する韓国民とはまともにおつきあいなど出来ませんね。

 そもそも、慰安婦合意自体米国の仲介でようやく成立したのにそれを無視する行為である事すら理解できないのなら、北朝鮮と同様の「ローグ国家」としか言いようがありません。外交的に粛々と抗議して朝鮮民族の国は信義とかないのだろうという国際理解を進めるしかないです。

 私はすべての韓国人がそういう発想とは思いません。しかし、そういう発想をする方が多数であるというのが民主主義国家での外形的な結論です。

 補足すれば、私は朝鮮民族の方と話しても、おおむね人間としてみなさんいい人だと感じています。でも韓国など「国」の問題になるとなぜ急にナショナリズムを前面に出し非論理的な反日に豹変するのか、正直理解できないのです。

 だから、例えば、毎週金曜日、文科省前で吠えている北朝鮮籍の方は、そんなに日本が憎いならなぜ日本に住んでいるのですか?そんなに北朝鮮が理想の国なら帰国すればいいじゃないですか。
 外国人が根拠のない権利を求めて暴れるのはどこの国でも嫌われることくらい分からないのでしょうか?

 日本が好き(あるいは嫌いでない)朝鮮民族の方は大歓迎ですが、日本が嫌いの方がなぜ日本に住み続けようとするのか全く理解できないのですよ。


<11月6日>
○一言
 質問時間の問題。
 根底には「議員をどう評価するか」という問題があり、具体的には質問時間や質問主意書の本数で判断するというメディアの浅はかな指標が問題なのだと思います。

 質問時間や質問主意書の本数でしかプラス評価されないなら、そりゃあ自民党の若手だって質問時間がほしい、となりますよね。

 ましてや「魔の二回生」とか一方的にディスられている訳ですから、プラス評価が欲しいわけで。

 ある意味メディアの自民若手への批判だけの記事が、今回の事態を誘発したと言えます。定量評価のみで評価する愚。
 だから阿呆な質問主意書でも数出せば評価されるという勘違い議員が生まれるのです。

 政治家の評価とは何か、まずそこから考えるべきだと思います。
 早朝の部会や勉強会への参加回数、発言回数など別の定量評価だけではなく、特にその発言内容(質)といった定性的なものをもっと評価するべきです。


○一言
 6日に天皇皇后両陛下がトランプ大統領夫妻と会見されたとか。

 宮内庁の発表通りなら、「天皇陛下が「今回の訪日はいかがですか」と尋ねられると、トランプ大統領は「すべてうまくいっています。安倍総理とは、北朝鮮問題、日米の防衛協力、通商問題など、さまざまな問題について充実した意見交換を行っています。現在、日米関係はかつてなく良好です」と答えた」そうです。
 で、これに対して陛下は「それを聞いて喜ばしく思います。両国はかつて戦争をした歴史がありますが、その後の日米の友好関係、米国からの支援により、今日(こんにち)の日本があるのだと思います」と応えられたとか。

 訪日の感想に対するトランプ大統領の回答、そして陛下のご発言で色々見えてきますね。

 あまり報道されなかったのですが、10月末のドゥテルテ大統領の会見の時、戦争時の言及に対し、大統領は「両国は川の流れのように過去を乗り越え今日の協力関係を築いていてきました」とコメントされたとか。

 これは、これまでの陛下の平和外交の努力の成果だと思います。

 戦後70年。もう一部の偏執的な反日国家は無視して、未来志向の国の方々と友好関係を築いていくべきだと思います。


○メディアから一言
 時事通信によると、トランプ大統領が横田さんなど拉致被害者家族と迎賓館で会ったそうな。
 「出席者によると、トランプ氏は「安倍(晋三)首相と手を取ってこの問題を進める。解決しないといけない」と述べ、核・ミサイル開発に加え、拉致問題にも日本と連帯して取り組んでいく姿勢を示した。」とか。
 「早紀江さんは、トランプ氏が今年9月の国連総会の演説で、めぐみさんを念頭に拉致被害者に言及したことを踏まえ、「国連で拉致問題を明言してくれて感謝している。よろしくお願いします」と伝えた。トランプ氏はめぐみさんの写真パネルを見た上で、「ひどい」と漏らしたという。」

 アクションという意味で明らかにトランプ大統領は期待できます。メディアの報道が少ないのはなぜかな?北朝鮮とつながっているのかな?

○メディアから一言
 北朝鮮のスパイのような日本国民より北朝鮮政権にすり寄る連中が日本にいるという理由が次の記事で分かります。

 産経によると、「社民党の又市征治幹事長は6日、安倍晋三首相とトランプ米大統領の首脳会談を受けて「(北朝鮮に対して)制裁や圧力ありきではなく、対話に向けた粘り強い外交努力こそ求められている。トランプ氏の過激な言動を慎むよう忠告し、戦禍を防ぐよう全力を挙げるべきだ」とするコメントを出した。

 又市氏はコメントで、トランプ氏について「近代史において最も不人気な大統領」と評し、安倍首相に対して「トランプ政権との間に取るべき距離を熟慮すべきだった」と注文をつけた。また、トランプ氏とのゴルフやイバンカ大統領補佐官への待遇を挙げ、「『お友達作戦』ともいうべき異例の厚遇ぶりだ。『すりより』『へつらい』を印象付け、手放しで無批判に対米追従するという姿勢が浮き彫りとなった」と批判した。」とか。

 拉致被害者に関する記事と併せると、笑わせてくれると思いませんか?

 まず、社民党の前身の日本社会党は朝鮮労働党とは友党で、平壌に何度も行っているんですけどね。
 彼らのスタンスは「拉致被害者などいない」という北朝鮮の主張をそのまま受けている・・お前、どこの国の国民だよ、という行動。

 実際社会党が村山内閣で政権を取っても拉致被害者の帰還に一切努力していない。

 こんな連中が米国大統領として拉致被害者とはじめて会ったり、国連の演説で言及したトランプ批判とはちゃんちゃらおかしい。

 又市征治(敬称略)は北朝鮮の工作員だろう・・と誤解されかねない言動です。
 
 又市征治(敬称略)をはじめ社民党員は友党だったのなら拉致被害者帰還のために何かしてから妄言を吐け、と思います。

 はっきり言ってあなた方、北朝鮮の工作員の政党ではないんですか?あまりに反日なので。そう誤解されてもおかしくない。


 違うというのなら拉致被害者の帰還の為に友党のパイプを生かして努力すべきですが、なんにもしていないですよね。なぜですか?

 努力している安倍総理やトランプ大統領を貶めるのはなぜですか?
 まさか、本当に北朝鮮の為に政治工作しているとかではないですよね?


<11月5日>
○一言
 全日本駅伝。神奈川大学の皆さんおめでとうございます。個人的には5区の越川選手がすばらしかったと思います。あそこで決まったと感じました。
 あと城西大の菅選手には驚きました。
 わが早稲田はよく7位で止まったな、と。太田は良かったのでシード権を期待しましたが、1年生はともかく、新迫や藤原はそんなもんかとがっかりでした。
 光延も直前の故障のようで・・。

 石田が早スポインタビューで怒っていましたが、同感。4年生ラストだぞ。今のままなら一生悔いを残すぞ。
 コンディションを整えて箱根では有終の美を飾って欲しいと思います。


 今日を見る限り箱根は新迫が微妙なことが明らかになったので次のようになると思います。
 太田-永山-石田-??-安井
 ??-吉田-藤原-光延-清水
 4区吉田、7区新迫もあり得ますが、風に弱いというのは箱根では結構致命的だと個人的に思います。


○一言2(拡散希望)
 今日、加藤氏がフジテレビで政治バラエティをやっていて、最後の1時間だけみました。

 改憲論議で共産党の吉良よし子氏が「自衛隊なんて」と自衛隊差別の本音をぽろっと言っていました。これ拡散希望です。

 いや、この人安倍総理の顔写真をドラムに張って叩いて反安倍の気勢を上げるなど、意見が違う人間に対する最低限のリスペクトすらできない排他的な危険な人間なんですよ。さすが日本共産党内の過激派

 同番組でも最初のうちは「災害救助など自衛隊の皆様の貢献」とかしおらしいこと言っておきながら、加藤氏(合憲と)認めるのか?と突っ込まれたとたんに「自衛隊なんて」と本音を言ってしまう。うちの家族も今の発言どういう意味?と驚いていました。

 とんでもない二枚舌の危険人物です。表の顔と裏の顔がある非常に怖い問題のある人間。

 
なにより・・すみません、はっきり言っていいですか?排他的な政治家がそれを隠しているのは最悪であり吉良議員は議員失格です。
 
日本共産党が彼女を擁護するなら、日本共産党も排他的な危険な政党であると言えます。

 政治家は裏の顔を隠していることが一番問題なのです。


 民主主義国家において排他的な人間は批判されるべきです。なぜ共産党なら批判されないのか。なぜ女性なら批判されないのか。
 フランスの極右政党と言われる政党の党首は男性ですか?私は右であろうと左であろうと理由のない排他的な人間を認めません。戦前の反省があるからです。
 しかし、欧州の極右政党は主義主張を明らかにしています。一方でこのように隠している吉良氏など日本共産党はなお危険であると言えます。

 なぜなら、排他的な人間は、多数をとった途端に本性を現し、反対派弾圧を行うからです。これは右左、与野党関係ないです。
 なんで野党だとこういう排他的かつ自分の主張を隠している危険議員が容認されるんですかね?おかしいでしょう?


○一言3
 11月3日付福島みずほツイッターによると、‏「安倍総理のイバンカさんの基金に57億円拠出するという表明には違和感がある。イバンカさんはトランプ大統領の娘。大統領の来日に合わせて、安倍総理がトランプ大統領にプレゼントをしたように見えかねない。なぜこのタイミングなのか?しかも個人的なプレゼントではない。みんなの血税だ。」とか。

 はっきり言って福島瑞穂氏って、弁護士のくせに事実確認もしないバカですか?

 これおもしろいのが、朝日も同じようなばかげたミスを犯しているんです。
 朝日のツイッターで「イバンカ氏の女性基金に57億円」とやっていたのが22分後に「イバンカ氏主導の女性基金へ57億円」と修正しているんですね。
 ウラ取りしないって、「オピニオンリーダー」であったはずの朝日新聞はどこまで劣化しているんですか?個人的にはこっちの方が衝撃でした。
 
 野党や反安倍のメディアって市民を騙すのが仕事なんですか?戦前の軍部と同じことしているの自覚していますか?

※事実
 女性起業家資金イニシアティブは2017年のハンブルグG20で合意され、その時点で5000ドルの拠出は予定されていた(参考:外務省サイト)。
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/fp/hr_ha/page4_003118.html
 経緯的には、イバンカ氏の構想を受けて、女性のメルケル氏が自国開催のG20で実現させたというもの(参考:世銀サイト)。
 http://www.worldbank.org/ja/news/press-release/2017/07/08/new-world-bank-group-facility-to-enable-more-than-1-billion-for-women-entrepreneurship


○メディアから一言
 「リメンバーパールハーバー」は記事にするのに、なぜかNHKなどごく一部でしか報じられていないトランプ氏の発言があります。

 正直、ものすごく意味深だと思うのですが、多くのメディアは「演説」の一部でスルーしてしまったようで。具体的には横田基地での演説です。

 NHKから引用します。「私はこれからアジアのたくさんのすばらしい場所をまわる。しかし、アメリカの兵士と日本の自衛隊が集まっているこの場所ほど、私の訪問を開始するにふさわしい場所はない

 個人的には、衆議院解散の時期も含めて極めて意味深だと思いますが・・。


<11月4日>
○一言
 発売前ですが・・嵐の「Doors」は代表曲の1つになると思う・・。いわゆるスルメ曲だと感じました。


○一言2
 総理の半年ぶりのゴルフくらいいいじゃないか。適度の休暇がないと判断を誤る。なぜ批判するメディアがいるのか、理解できない。
 メディアの24時間働け論は全くの間違いだと思います。
 特に災害時に平気で言うんだけどね、自分たちは豪勢な食事なども持ち込んだり、ひどいときは被災地から買いあさっているくせに。


○メディアから一言
 朝日によると、「リメンバー・パールハーバー(真珠湾を忘れるな)」。アジア歴訪を前に米ハワイを訪れているトランプ大統領は3日夜、76年前の旧日本軍による真珠湾攻撃の追悼施設「アリゾナ記念館」を訪れた後、自身のツイッターで、こうつぶやいた。」とか。

 はっきり言って、これはどういう意図の報道なのかな?メディアの報道は情報の選択という点で必ず意図がありますから。

 日本に対し悪意を持っているというアピールなのかな?報道の意図を明確にせずにこういう報道は朝日も堕ちたものだと思いますよ。

 反トランプ、反安倍でこういう報道するなら、それを明示すれば立派な報道です。しかし、報道意図を曖昧にして市民の疑心暗鬼を煽るかのような報道は最悪です。

 普通に考えれば、北朝鮮の先制攻撃に対し気を緩めるな、という教訓にしたという意図であると思いますが。


<11月3日>
○一言
 朝日や毎日を中心に、最近、野党票を足したら自民党当選者は負けているという意味不明な論調が目立ちます。

 民意を選挙結果と日頃主張しているくせに、安倍批判をしたいが為に見苦しい根拠のない主張。メディアとして恥を知るべき。

 理由は簡単。もし共産党が加わっていたら果たしてメディアが言う架空の野党連合に投票したか。維新へ票が行く可能性も十分あります。
 立民が希望に差別的な扱いを受けた事による判官贔屓票も、メディア自身が言っていたことでしょう。

 だから、そんな足し算こそ机上の空論。

 はっきり言えば、選挙結果を尊重できないメディアって、民主主義を何だと思っているのでしょうか?

 自分たちの主義主張に反するならどういう形でも叩けば良いというばかげた発想が、戦前の軍部の台頭を招いたこと、忘れているのですか?
 安倍政権が気に入らないのなら、安倍政権の政策を批判するべきです。選挙結果のねつ造は民主主義にとって言語道断です。

 メディアは腐っているとしか言いようがないと思います。


○一言2
 国会前で護憲派が大規模なデモとか。
 個人の主義主張は自由。私も言論の自由を行使します。

 1つめは、憲法9条が日本を守ったという主張。
 明らかに間違いで、自衛隊や海上保安庁と在日米軍、そして外交努力が日本を守っているのです。

 歴史上、「自分たちが軍隊を持たない宣言」で国を守った例は存在しません。
 最もわかりやすい例がポツダム宣言による武装解除にもかかわらず、強姦・殺人、挙げ句の果てのシベリア抑留その他悲惨な状況になった満州。ソ連は日本が侵略した国ではないので日本の侵略が原因という護憲派の主張は成り立ちません。
 そんな基本的なこと無視して、よく言うな、と。

 2つめは、政府への責任転嫁。北朝鮮のミサイルやテロ、韓国のEEZの無視により漁業に関する経済進出、中国の離島に対する公船の侵入や漁業面の進出(例えば、小笠原諸島付近のサンゴ密漁というか乱獲をもう忘れているのですか?)。
 これは、別に安倍政権の外交とは一切関係なく、例えば菅直人政権で隠ぺいしようとした尖閣事件に象徴されるように相手側の理由によります。

 戦争というものは、自国の理由だけでなく、相手国の理由でも起きるものだということを理解しない方は事実を無視した愚者だと思います。
 こんなの日常生活でも分かることでしょう。
 9条守れと言っている方々はガンジーのように非暴力非服従なのですか?現実は、9条守れと言っている人の方が暴力的という矛盾。

 いずれにしても、私は9条至上主義は日本を滅ぼすと思います。非武装と専守防衛は全く別の話だからです。
 9条は平和国家日本のスローガンなのですよ。

 とりあえず、落合恵子氏とかシールズとか意味不明なこという方はガンダムSEEDのオーブ戦を見るべきだと思いますね。


○一言3
 中日新聞の佐藤圭記者のツイッター。「疑惑にさらされ、抗弁しきれずにいったん身を引く。だが、選挙で当選すればみそぎは済んだと強弁し、あとは昔話。そんな政治文化をいつまでも残していては、恥ずべき不祥事はなくならない。
 これは甘利元大臣の発言に対する批判です。

 確かに正論。

 でも中日新聞のお膝元の愛知県選出の山尾議員の疑惑はなぜか追求しない。全く同じ事が言えると思いますが?
 
 自分が応援するものには正論を曲げるから、市民は新聞やテレビなんか信用しなくなるんですよ。

 正論を相手によって使い分けるならプロである記者を名乗らないで頂きたい。ただの素人のコメンテーターです。


○一言4
 座間市の猟奇殺人。臭いでなぜ被害者も含め気付かないのか不思議・・。

 あと、難しいと考えるのは、被害者が本当に全員本質的な意味で被害者なのかな、というところ。
 現世の生活に苦しみ、死を以て安楽を得られるのであれば、個人の選択のように思えます。
 個人的には、発作的なものを除き、自決というのは自ら選んだものと考えているので同情しないです。苦しみからの解放と本人が強く思っているのなら。
 もちろん友人や親族でそういう人間がいたら、全力で楽しませたり治療させますが・・。

 上手く言えないですけど、自分の人生は自分で決めるものだと思いますから。

 多くの大量殺人事件は死にたくない人を殺害したもの。
 今回の事件の特殊性は、自ら死にたいとネットでアピールしていた・・という部分。男性に対する口封じ等を除いては、ある意味介錯人の役目。
 無論、いうまでもなく大量殺人という犯罪です。仮に嘱託であったとしても殺人を肯定するつもりは毛頭ありませんが。

 今の世の中はそんなにつらいのかなぁ・・?
 現世、つらいこともたくさんあるけど楽しいこともあるよ、ということを感じてくれれば、そもそもこういう事件に巻き込まれないと思うのです。
 だから、いわゆる大量殺人事件と比べて、ネットリテラシーも含めとても難しい問題だとと考えます。
 そもそも自決関係のハッシュタグとかがなぜSNS上でNGでないのか大いに疑問を感じます
 いずれにせよ、少し前に起こった練炭の集団自決の時と同じような連鎖を起こしてはならないと強く思います。
 

<11月1日>
○一言
 国会質問の件、もう少し丁寧に書きます。
 まず、質問通告は「二日前ルール」というのが本来の原則です。
 実際に、(野党も含め)真面目な議員の方々は、特に法案審議の場合、自分が質問に立つことを想定して数日前に「勉強レク」を要求してきます。
 勉強レクをさせて頂くと、議員の関心などが分かるだけでなく、数日後質問に立つであろう先生がわかりますので、行政の側にとっても本番に向けてメリットがあります。
 こうした実態から、政治家でないので真相は分かりませんが、ある程度議員は質問に立つことが分かっているのではないか、というふうに考えます。

 国会質問は基本前日の対応が多いです。これは国会の運営自体が国対の理事懇で決まるということによります。
 ある程度予定通りなら、バッターも早めに決まり、午後に会館などで説明を頂いて(質問とり)答弁を作成することになります。
 経験則ですが、やはり与党が早い。遅いのが野党。もちろんすべての野党議員のバッターが遅くまで決まらないとは限りません。

 ただ、質問に立つ予定者は前述のようにある程度分かっているわけで。だから正式に委員会がセットされたのになぜバッターが決まらないのか不思議です。
 その後の質問者がどういうルールで決められているのかは、当然分かりません。メディアウケとか関係するのでしょうか?
 が、さすがに前日業務時間外となってもバッターすら不明というのは、正直、質問がないなら時間返上してくれと思います。

 当たり前ですが、しっかり事前準備されている与野党の先生方は、勉強レクを踏まえて答弁でどういう言質を行政から引き出したいか作戦を考えておられるので、有意義な審議になる事が多いです。
 ややもすれば、挑発して失言を引き出すことがメディア的に評価されますが、本質的には「こうすべき」というのを行政に検討させたり、「ご指摘のとおり」とする答弁を引き出すことこそが実効性のある市民のための質問である、と私は考えます。

 いずれにせよ、質問の比率2:8の維持とかより、例えば前日16:00までバッターが決まらないなら、質問時間を与党に譲り、譲られた側は1時間以内に質問通告、というルールにすればいいのではないでしょうか?
 そうすれば、与党の若手は空振りでも質問を考えることで政策の勉強になります。野党も「また俺かよ」と無理に質問をひねり出す必要がなくなります。行政は早く帰ることが可能になります。
 まさしくwinwinwinの政策だと思いますが、いかがでしょうか。


○メディアから一言
 AERAdotで週刊朝日の記事が転載されていました。
 「衆院選最終日の各党党首の訴えを作家・室井佑月氏が振り返る。」とか。

 さすが朝日御用達の敵味方を作る発想の室井氏だなーと思ったのが以下の主張。

 「そして、最後に、秋葉原の安倍晋三自民。もちろん大勢の人が集まっていた。日の丸の旗を持った人々。警備員らしき人もずいぶん投入されていた。
 司会を任されている丸川珠代参議院議員は、北朝鮮のアナウンサーのようだった。そして、派手な音楽が鳴って安倍首相登場。アンチの声をかき消すためか、支持者たちが固まりとなって安倍首相に大声援を送る。
 怖い。
 ……と思ったのはあたしだけであろうか? なんだか戦時中の映画を観ているようだった。

  室井氏が評価している「市民団体」のデモ、普通の市民が見てどう感じているか分かりましたか?

 室井氏が評価している「市民団体」が安倍批判でやっているのは誹謗中傷もあり、もっとひどいから、「あたしは怖い」と感じる人が多いのですよ(笑)

 なにより、組織的な「アンチ」が選挙演説を妨害してするのを認めている時点で、公職選挙法違反を認める愚かな行為だと分かっていますか?

 「自分の思想通りなら善良な市民」「そうでない市民は悪」という発想こそ戦時中の発想・・というか排他的な北朝鮮的なのですよ。
 でも、こういう単純な方って、朝日としては非常に使いやすいですよね。だから、使われている。
 商売と割り切っているのならOKですが、そうでないのなら、朝日に「使いやすい人間(騙されやすい人間)」として利用されているだけです。


<10月30日>
○メディアから一言
 毎日によると「自民が質問時間増を要求 追及回避狙い 野党は反発」の見出しで、「国会での質問時間を巡り、自民党が議席数に応じて与党への配分を増やすよう要求している。衆院選大勝という「民意」を押し出すが、加計(かけ)学園問題などでの追及を減らしたい思惑が透けて見え、野党は「野党の質問封じだ」などと強く反発。しかし自民は、11月1日召集の特別国会で質疑に応じるための「取引条件」にする構えも見せ、与野党の攻防が激化している。【村尾哲、光田宗義】とか。

 村尾哲さん、光田宗義さんあなた、もし現場知っていて言っているのなら相当人間の心を失っていますよ。この意味分かりますよね?
 メディアは報じないので、現場の実態を書きます。
 一言で言えば、18時になってもバッター(質問者)を探しているというのが野党の現実です。
 普通のケースでは、早い段階で質問者が決まり、14時とか15時に質問とりのレク(自分の質問の趣旨を役人に伝え、的確な答弁をしてもらう為のもの)があります。

 一方で民進党(当時)など野党は、19時になっても20時になっても、ひどいときには22時になっても質問通告どころか質問者すら決まらないことも。
 
結果全省庁に無意味な待機(残業)させているのが現実
です。無駄な残業強要(怒)

 質問者のなり手を18時以降に一生懸命探さなきゃいけないのが現実なのに、質問時間が足りないって正気ですか?

 メディアはこのこと知っているんでしょ?(分かっていなかったらただの取材不足)
 知っていて全然報道しない。結果現場の役人に負担がかかり、先生方は現場の残業をなんとも思わない。
 
 建前と現実が違いすぎて。メディアは現場の声を少しは報道して欲しいと思います。
 質問者の通告時間を情報開示請求すればこれは明らかです。
 なんなら、私が公開したいくらいです。
 これはないわー。違うというのなら、お昼には質問者を確定して下さい。

 
○一言
 私は原子力発電所は、できうる限り早期に廃炉にするべきと考えますが、現状の電力供給を考えると原子力発電所の再稼働はせざるを得ないという考えです。

 原発即時反対派は感情論であり、現実を見ていないと考えるからです。
1)電力は十分。実際これまで停電は起きていない。
 現状停電が起きていないのは電力会社の努力によるものです。例えば、フル稼働している北海道電力の苫東厚真や九州電力の新大分に何か起きれば一気にリスクが高まります。綱渡りと安定供給は違います。

2)再生可能エネルギーを増やせば良い
 太陽光は、真冬の北海道で使える電力と考えますか?あるいはゲリラ豪雨などで、急に発電量がゼロになる電源をなぜそこまで評価するのか。このような不安定な電力はむしろ系統連繋という意味でも増やすべきではないと思います。
 なぜなら、そのためのバックアップ電力は火力発電所なのです。火力発電所を酷使したら、故障しやすくなります。これは大きなリスクです。

3)火力で足りるではないか。
 仮に今足りていたとしましょう。原料の原油価格は40ドルくらいです。数年前は100ドルを超えていました。原料価格が2~2.5倍になったとき、消費者は電力料金の倍増を受け入れられますか?
 反原発派は受け入れられずに、電力会社の社員の給料半減とかいう意味不明なデモを起こすと思われます。そういう問題じゃないんですけどね・・。

4)停電が起きてもいいではないか
 いいわけないでしょう。高度化した製造業においては24時間供給がないと成り立たないのです(クリーンルームの維持等)。そんなリスクは取れません。
 いいというのなら、反原発政治家は例えばコンビニの24時間営業やめるべきと言って欲しい。1Fの事故での「計画停電」の記憶を忘れた人がいるのは驚きです。
 信号が止まるというよりむしろ監視カメラが止まり、オートロックがオフになることの方が大きかった。治安面を無視するのは愚か者です。
 家族の安全よりイデオロギーなどあり得ないと私は考えます。
 
5)原子力はなくても火力発電所を作るべき
 CO2の排出増加の結果、最近の異常気象が生じている事は誰もが理解していると思います。
 途上国ならともかく、先進国の日本がCO2を垂れ流して良いのか。
 なにより、ゲリラ豪雨、これまでにない台風などの形で既に影響を受けています。
 事故時のリスクを強調するのは分かります。では、火力転嫁の結果、こうした豪雨や水害等のリスクについてはどう考えるのですか?

 原発即時廃止論の方は放射性物質の拡散があった地域は住めないといいます。でも、土砂崩れがあった地域にも住めないんですよ。


○メディアから一言2
 29日付けPRESIDENTオンラインの「妊婦の"マタ旅"に潜む"母子死亡"のリスク」という記事はいいと思います。

 私ははじめて知ったのですが、妊婦の旅行を奨励する阿呆なメディアがあるとか。
 流産リスクをはじめ、母体や胎児に対するリスクを無視して、バカじゃないかと思います。
 特に海外旅行は長時間の移動や環境の変化により母体に及ぼす悪影響は大きいでしょうに。

 本件の記事の後半ですばらしい例があったので引用します。
「アーティストとして活動してきたKさんは、思いがけない妊娠に気づいて当院に来られたのは46歳という高齢でした。40代の後半にもなれば、分娩そのもののリスクが大きく、高血圧などの付随するリスクも多くなり、文字通りお産が「命がけ」になる確率が高いといえます。

 この事実を踏まえ、Kさんを目の前に私は「必ずしも優しい言葉はかけられません。リスクを正しく理解して、厳しい節制をしていく必要がありますが、できますか? 」と尋ねると、Kさんは「わかりました。きちんと自己管理をして命がけで産みます」と、覚悟を決められました。」

 リスクが理解できない・・胎児(や奥様)の健康を軽く見る阿呆は親の資格はありません。


<10月28日>
○一言
 ドラフトの陰で戦力外通告。
 私が好きだった川端選手も。正直乗っている時期の2度の頭部死球というあり得ない不幸がすべてだったように思うので残念です。
 育成コーチ就任の見込みだそうで、第2の人生(セカンドキャリア)でぜひ頑張って良い若手を育てて欲しいと思います。

 そう考えると、プロ野球選手に限らず、公務員や会社員でも35前後は人生の岐路ですよね。
 20代の頃はバリバリ働いていても衰えを感じはじめるのが30代。大きな病気が発覚しやすくなるのも30代。
 仕事とプライベートの両立が出来なくなる時期。
 理由は、子どもが生まれたり、自身の健康、親の問題など色々あるでしょうが・・。

 ともあれ、年齢による衰えはいずれ来るものです。
 メディアは戦力外通告を「クビ」と書くのではなく、「セカンドキャリアに進む」として欲しいと思います。

 同じく応援していたモレル選手はまだまだやれる成績だと思いますが、大農場の2代目ということもありぶどう園の農場経営に意欲満々とか(笑)

 スポーツ選手の引退後をセカンドキャリアとしてメディアは是非前向きに応援して欲しい。現役期間より引退後の人生の方が遥かに長いのですから・・。


○一言2
 最近の反安倍メディアの非論理的な主張には呆れます。

 安倍内閣は信任されていない。自民党は野党分裂で勝っただけで民意ではない・・と。

 うーん、民主主義の公正な選挙結果を認められないメディアって、民主主義のメディアなんですか?

 少なくとも自民党は勝ったのだと思うけど。


○一言3
 10月24日の日刊ゲンダイ。
 「改憲大政翼賛会」の大見出し。

 大政翼賛会・・・高校レベルの歴史的事実すら知らないのかなぁ・・。ジャーナリストが事実を調べないって、プロ失格ですよね。さすがゲンダイ。

 大政翼賛会って、戦時下に「自発的に」政党が合流し、権力でそれ以外の候補の選挙を妨害した政党(?)なんですよね。
 今回の選挙は全く違います。

 事実と異なる記事を平気で書けるジャーナリストって、恥ずかしくないですか?
 正直ここまで来ると「ジャーナリズム」を名乗らないで欲しい
と思います。


○一言4
 丸山日本維新議員のツイッターに対し、橋下徹氏が異常な粘着力で猛攻撃。メディアの場でも厳しく叩く。

 そして10月27日ツイッターでは「丸山の政党交付金や政治資金の流れを追うべき。金で公認を得ている。こんな日本維新の会は消滅すべき。」と。
 違法なことをしているのなら、法律顧問(当時)である橋下氏自身が解決させないといけない問題では?なぜこの段階で言うのかな?

 なにより、橋下氏は闇将軍ですか?「私人」と公には言いながら、間接的に権力を行使しようというのなら、政治家に戻るべきです。

 理由は簡単。こんなの、現日本維新の会の幹部が粛々と対応すべき話。礼儀とかも含めて。
 極端にいえば、豪快に笑い飛ばせば終わり・・のしょうもない話。

 こんなのに過敏に反応し、自らの影響力を誇示しようとしている時点で、橋下氏は老いた。老害と化した、ということなのでしょう。

 大阪維新の吉村市長のように、後継者を作る前に日本維新の会を辞めたのだから、どう変わろうとも文句を言う立場にはないと思いますけど。

 ので、今回の一連の橋下氏の狂躁にはものすごく違和感を感じました。


<10月26日>
○一言
 テレビで毎年恒例の中居君のドラフトの特番を見ていました。

 特に印象に残ったのが、三田松聖高校の稲富さん。高校1年から紫外線アレルギーで野球もままならないときもあったとか。
 野球で紫外線アレルギーって、致命的で、絶望感は察するにあまりあります。
 その中でも頑張る稲富選手、そしてお母さんの努力や献身は再現映像よりはるかに大変だったことが容易に分かって・・年のせいか涙が出ました。
 結果原因はストレスの可能性が高かったようで・・劇的に回復しているようで。メンタルコントロールを高校時代に学んでる方は少ないと思います。

 そしてわれらがオリックスバファローズに育成1位指名。
 育成なので契約金等がなく3年で再契約が出来ないなど、厳しい船出ですが、是非メンタルコントロールをしながら頑張って支配下選手になり、ガンガン稼いで欲しい。応援します!

 ちなみに、最後に放送された父親は、いかんと思う。一般論ですが、子どもの才能を過信する親だと多くの場合子どもが潰れると思います。
 小学校高学年で親に叩かれながら勉強させられた私は、学費払ってくれたことには感謝するけど、トータルでは感謝の感情はゼロです。


○メディアから一言
 産経によると「22日に投開票された衆院選で、共産党が全国の選挙区で唯一議席を守った沖縄1区の赤嶺政賢氏(69)が、民放テレビの取材に対して自らの公職選挙法違反行為を認め、開き直る発言をしたことが波紋を呼んでいる。選挙となれば無法地帯の如く違反がまかり通るなど「公選法特区」と呼ばれる沖縄にあって、先の衆院選でわけても赤嶺陣営は“やりたい放題”のようだった。」とか。

 具体的には。
「テレビ東京系列が22日夜から23日未明にかけて放送した衆院選特番「池上彰の総選挙ライブ」のなかで暴露された。
 公示前に選挙活動をすることは公選法が禁じる「事前運動」にあたる。番組では、公示前に赤嶺陣営が街中で当人の名前入りの幟(のぼり)旗を掲げたり、街宣車で赤嶺氏を連呼して支持を呼びかけたりする事前運動の“証拠映像”を流したうえで、赤嶺氏に直撃した。
 番組スタッフが「事前運動にあたるのではないか」とただすと、赤嶺氏は臆面もなく、こう答えたのである。
 「沖縄では慣例的に、私だけでなく他党の候補もやっている」
 つまり選挙違反をやっているのは自分だけではない。ほかもやっているから問題ないだろう、という言い草だ。赤嶺氏は「確信犯」なのである。
 むろん、番組にコメンテーターとして生出演していたタレントたちもこの映像を見るや、あきれ果てていた。
 「みんなで渡れば怖くないというのか…」(東貴博さん)
 「(違反は)沖縄だけいいいんだぁ~」(峰竜太さん)

 後日、赤嶺氏の問題発言をネットなどを通じて知った他党の関係者の間で「みんなやっているなんて、われわれを共産党と一緒にするな」「車のスピード違反で警察に捕まったとき『周りもみんな違反してる』と言えば許してもらえるのか」などと批判が噴出していることは言うまでもない。」とか。

 ちなみに、産経の記者も事前活動を目撃しているとか。

 警察庁は沖縄だから日本共産党に「そんたく」しているんですかね?
 だとしたら日本共産党は安倍総理に「そんたく」がどうこう言う資格はないですね。

 ここ、是非厳しく追及して欲しいですね。朝日とかは報道しないのかな(毒)


<10月25日>
○一言
 台風21号の被害が各地で。ホントにとんでもない台風でした。

 特に堺や浸水した地域での下水管の破損は厳しい。
 地震等の災害の際にたびたび書いていますが、上水はある程度はなんとかなるんです。でも下水は例えば2~3日でも厳しい。
 真夏だったらさらに衛生的にもより大きな問題になったと思います。
 大規模なインフラの復旧はなかなか大変なようですが、一刻も早い復旧と、なにより22号で被害が拡大しないことをお祈りします。

 ついでに、メディアの皆さんは縁の下の力持ちの下水道の重要性を取り上げて頂きたい。そして日頃取り上げられることはないそれを管理している方々、特に復旧作業に尽力している方々にエールを送って欲しいと思います。

※もちろん大和川沿いをはじめ、被害を受けられた各地の皆様におかれましても、すぐに22号が来るので対応が大変かと思いますが、一刻も早い復旧をお祈りしています。今回はテーマとしてインフラ被害の中から下水道を取り上げただけ、というふうにご理解ください。


<10月24日>
○メディアから一言
 時事通信によると、「パリ訪問中の小池百合子東京都知事は23日、2020年東京五輪・パラリンピックの開会式と閉会式が行われる4日間は都内の二酸化炭素(CO2)排出をゼロにする取り組みを行うと明らかにした。小池氏は地球温暖化対策に関する会合に先立ち開かれた記者会見で「持続可能な都市・東京を世界に発信する」と強調した。」とか。

 その具体策は「都が大規模事業所を対象に10年度から導入している排出量取引制度を活用し、積み上げた削減量を寄付してもらうことで「ゼロカーボン」を実現する方針。」だとか。

 うーん、書類上ゼロを達成したって何の意味があるのか。それって北京オリンピックの時に工場を止めて青空を実現した中国と同じ発想じゃないですか・・。

 しかも、「寄付」って・・。税金は使わないけど事業者に事実上負担を強いてどうするんですか・・。

 これ誰が献策したんですかねぇ・・あまりにもあまりな提案です。


○メディアから一言2
 23日付け日刊スポーツによると、「ウーマンラッシュアワーの村本大輔(36)が、今回の衆議院選挙の投票に行かなかったことを明かし、物議をかもしている。」とか。

 具体的には「自身が投票しなかった理由については「日本は病気だとして政治家は医者。薬が公約だとして、その薬のいいことだけ教えてくれて肝心の副作用を伝えない医者をおれは信じない。そんな怪しい医者に大切な日本を任せきれない。だから行かない」と説明した。」とか。

 彼の喩えで言えば・・、彼の立ち位置は「日本」という患者の付き添いなのかな。それで話を進めますと。

 ある政策で例えば医師自民党系候補が怪しいと思ったら、セカンドオピニオンとして例えば医師立憲民主党系候補や医師日本共産党系候補の意見を聞けば良い。
 このあたりは新聞やネットで見られる彼ら主張の比較を参考にすればそんなに難しいことではありません。選挙公報を見たり、ちょっとした空き時間にスマホで候補者や所属政党のサイトをチェックするだけでも大分違います。
 そしてどの医者(政治家)の言うことを信じて、どの医者(政治家)を選ぶのは患者の付き添い(市民)。
 彼が言う「日本が病気だ」という前提で、村本さんが治療をさせるべきではないというのなら、悪化しても医者(政治家)に文句は言わないで下さいね。

 実際にはちょっと考えればおおざっぱなマイナスとか分かると思いますけどね・・。
 今の時代は特に、ある程度の複数の信頼できるところからの情報入手と自分で考えることは大事だと思いますが・・。そうしないと騙されちゃうから。

 だから、そういうのが嫌な方に対しては物議を醸すまでもなく、ポリシーを讃えて放っておけばいいと思います。誰も困らないですし、それも自由な民主主義。


<10月23日>
○一言
 愛知7区の不倫疑惑が報じられた山尾氏が当選。
 その会場で、文春記者が「なぜ結婚指輪をされていないんですか」と質問したら、笑顔で応えず。

 個人的には、不倫疑惑の不倫かどうかはどうでも良いと思います。

 でも、「疑惑」は「明確にすべき」と国会でさんざん主張して他人を叩いていた方が、自身の疑惑には答えないというのは人間として間違っていると思います。
 不倫疑惑をなぜきちんと説明しないのか。これまでの言動と矛盾しています。

 仮に今後国会で疑惑追及しても、偏向メディアを除いて、普通の市民は「お前が言うな」と思うわけで。
 
 いずれにしても、少なくとも私は自分には甘く、他人には厳しい人間にまともな人間がいた記憶はないです。
 まあ、これも愛知7区の民意なんでしょうが。それは尊重する必要があるので、あくまでも個人の感想ということで。


○一言2
 小池氏が、ガラスの天井の上に鉄の天井があったとかフランスでのたまったそうな。

 ダメだこの人・・・。
 
 今回の選挙で負けたのはひとえに小池百合子という「人間(person)」の問題であり、小池百合子が「女性」であるからではありません。

 本サイトでは小池氏の煽動政治家ぶりを厳しく批判してきましたが、さすがにメディアもこれで気付くんじゃないですか?

 仕事に失敗し、批判された社長が、「私が女だから批判するんでしょう」と言っているようなものです。

 結局、頭の良さと舌先三寸で権力者を見極めでうまくやってきて、ついに市民の皆さんに正体が見抜かれた、ということだけなんですけどね・・。
 煽動政治をやめて、実務に専念していただきたいものです。


○一言3
 選挙の翌日、一票の格差で選挙は無効、とする弁護士グループが各地で訴訟を起こしたそうな。

 この弁護士グループは訴訟費用はどこから調達して、結果、どうしたら無効ではないと考えているんですかね?
 
 (良い悪いとかではなく)毎回不思議に思います。


<10月22日>
○メディアから一言
 許せない記事が、
 日刊スポーツによると、「選挙直前に生まれた「立憲民主党」の政調会長に就き、12日間を戦った辻元清美氏(57)は21日夜、阪急・高槻市駅前でマイクを納め、安倍政権を「退陣に追い込みたい」と語った。」とか。これは全く問題ないし、当然だと思います。しかし、その次の記事に目を疑いました。
 
 「この日は最後の演説でも改憲に反対の姿勢を明確にし「私は自衛隊員の命を守りたい」と話していた。」とか。

 彼女が所属していた社会党あるいは社民党、そして日本共産党の関係者は、昔「人殺しの仕事」と反自衛隊でつるし上げていたのが実態でしょう。

 どの面下げて「自衛隊員の命を守りたい」というのか。厚顔無恥にもほどがあります。

 共産党もそうですが、自衛隊員を否定しておいて、最近急に「命を守りたい」とか自分たちの行動と矛盾することを平気で言うのか理解できません。
 社会党や共産党の自衛隊員(や警察)への攻撃(卑劣なのは子どもを学校でつるし上げる)は50代以上の方はよく分かるはずです。

 辻元さんは政府に入ってから大分実態が分かって考え方が変わったように思えます。でも、あなたが自衛隊員の命を守りたいというのなら、これまでの行動や発言の総括をして謝罪してからでしょう。
 私は、人間は反省してけじめをつけて変わることは当たり前だと思っています。問題視しているのはけじめをつけずにうやむやのうちに主張を変えることです。

 これまでの自衛官バッシングがなかったかのような報道、そして、バッシングしていた政党が手のひら返して擁護しだした異常さを伝えない報道は全くおかしなことだと思います。


○一言
 今回の選挙は希望への嫌悪による浮動票離れと立民への同情票(判官贔屓)で大分選挙の情勢が変わりましたね。
 象徴的なのが菅直人氏の当選と馬淵氏の敗北です。

  前原氏がおかしなことしなければ、こういう結果はなかった。

 菅直人氏は悪運が本当に強い。しかし、原発ゼロを言うのなら、事故時の最高責任者として福島に何度も言って頭を下げてから言っていただきたい。

 批判が嫌で福島に行かない人間が。批判されない場所で原発ゼロとか言う汚い人間が。なぜ当選できるのか。残念極まりないです。


○一言2
 あと、「説明責任」で安倍総理を追求していたにもかかわらず、自らの疑惑の説明責任を果たさなかった山尾氏が当選したのは、理解不能です。


<10月21日>
○メディアから一言
 18日付け朝日で「演説にヤジ・抗議だめ? 「聞く権利をふみにじる」「有権者による意思表示」 衆院選」の見出しの記事。

 個人による散発的なヤジ・抗議は別にいいと思います。
 しかし、ツイッター等で情報を共有し、5名とか10名以上の組織的なヤジや抗議は当然公職選挙法違反の行為です。

 朝日新聞たるものがこんな当たり前のことが分からないのは異常だと思います。

 組織的に反対候補にヤジ・抗議をするのを「市民」と認定し、なぜ擁護するのか理解不能です。
 例えば、右翼団体構成員も市民です。右翼団体が共産党の演説で同様の行為をしても「市民の声」と朝日は言うのですか?絶対言わないでしょう?

 政治信条により、「市民」の定義を変えるのはメディアとして最もやってはいけない行為だと思いますが、なぜ他のメディアは批判しないのですかね?


○メディアから一言2
 テレビではほとんど報じられていませんし、新聞でもあまり報じられていませんが・・。

 ソマリアの首都モガディシオでテロにより少なくとも350名以上の死者が出ているとか。
 映像見ましたが、テロというより、空爆を受けた感じの酷いがれきの山です。実際は死者だけで500人規模と推測されます。

 ソマリアの現実は、20年以上「無政府状態」であり、国として成り立っていません。事実上3分割されており、独自通貨の発行などもなされています。
 だから首都モガディシオという表現もおかしいくらいなのです。日本の大使館もなく、渡航をしてはならないレベルの国です。

 子どもたちは兵士として使われ、鉄道すらない。
 なにより、医師をテロ対象としたことで国境なき医師団すら5年前に撤退。まともな医療がないという過酷な現実。今回のテロでも負傷者は他国に移送されています。

 うまく言えませんが、芸能人のテレビでの発言を次々と記事としてアップする余裕があるのなら、こういう世界の現実を少しは報道して欲しいと思います。
 報道して知っても何も変わらないという意見もあるでしょう。

 でも、例えば張本氏の「喝」のような馬鹿な老人の戯言を毎週報道するよりは市民にとってはるかに有意義だと思います。


<10月18日>
○一言
 福井県の町立池田中学校で、だった40人しか全校生徒がいない中で、命を絶った中学生がいるとか。
 第三者報告書では、担任や副担任の過度な脅迫的行為が原因とか。

 まず、この担任と副担任の実名公表と教員免許の剥奪を要求します。弱き者をいたぶる人間のクズである時点で教師の資格がありません。

 なぜか。報告書の範囲内で経緯を私も見させて少し頂きましたが、はっきり言えば「殺人」に等しい。
 
明らかにサディスティックな感情を抑えられない未熟な担任と副担任の性癖による「犯行」です。

 サディストであり殺人容疑者がのうのうと別の学校で教師として生徒の指導に当たっているなど言語道断。新たな犠牲者を福井県教育委員会は作り出すつもりか。教員免許剥奪が妥当です。

※普通は問題を起こした教師は担任等から外され、「研修」を受けるなど現場から外されます。

 頭のおかしい教師って私も経験あります。家庭科の白井(仮名)という高齢の女性教師でしたが、(家庭科なのに)戦争体験を話すのが好きな教師。
 理由はよく分かりませんが、なぜか私を目の敵にしていて、2学期か3学期か忘れましたが、テストはいい点数、実技もまあまあなのに通知表は「2」。
 クラスの何人もから、ハーデスは白井(仮名)に嫌われてるからキツイね、と言われました。
 実際に、例えば居眠り等をしていたとすると私だけ厳しく批判され叱責される。あれ、他に寝てる奴いるのに、と思いながら「ごめんなさい」と言う。 

 こういう教師を経験しているだけに、彼もうまく流せば良かったのに、と残念です。でも40人しかいない狭いコミュニティではきつかったんでしょうね。
 被害者の方は相当真面目な方のようで・・。
 だからなおさらムラ社会を利用してサディスティックな欲望をぶつけていた担任と副担任は実名公表と教員免許を剥奪されるべきです。

 人権重視のメディアはなぜ黙っているのですか?子どもの人権侵害など、朝日新聞、毎日新聞、東京新聞の出番ですよ!!

 徹底的に「取材」して「報道」してください。福井県の学生の命がかかっているのです。


 
頼むからやってくれ。教師がパワハラで生徒を殺すなどあり得ない。頼みます。


○一言2
 デイリーが12日の清水アキラ氏の記者会見を報じていました。気になったのは次の部分。

 「二世タレントということもあり、甘やかされているイメージもつきまとったが、アキラは「他の人の家以上に厳しくして、何かあったらひっぱたいたりしてた」と厳格に育てていたことを明かした。」という部分。

 子どもをひっぱたく(殴る)のが厳格に育てているというのは、全くの間違いです。

 私も「叩く」親の子どもだったのでよく分かりますが、すぐに手を出すのは「(叩かれる)理由を説明できないバカ親」だからです。

 だから、私は子どもを叩いたことはありません。
 私の育児の基本は、親が模範となる事、手を上げない事、説明をする事の3つです。
 すぐに暴力に訴えるのは、育児として間違いであり、この時点で清水アキラ氏は子育てを誤っていると自ら言っているようなものです。

 子は親の背を見て育つ。親は日常の振る舞いを見せることで子どもを啓発することがしつけだと思います。
 力がある大人が、しつけと称して子どもに暴力を振るうなど論外です。


<10月17日>
○メディアから一言
 15日付けデイリーによると、「小林氏は演説で「バリバリの保守の小林よりのりが言う。安倍政権の暴走を止められる政治家は辻元清美だ。また『総理!総理!総理!』と何回でも言ってもらいたい」と気勢をあげた。」とか。

 バリバリの保守と自称する人が辻元を応援するという発想自体全く理解できません・・。
 政治信条が正反対の人間をなぜ応援できるのか、正直理解不能・・。

 小林よしのり氏は、自分が何を言っているのか分かっているのだろうか・・。相当病んでいると思います。大丈夫?


○メディアから一言2
 15日付け毎日によると、子育て支援のNGOをされている方の記事として「国会議員への陳情活動を続ける中で分かったこともある。「政党に関係なく、共感してくれる人もいればそうでない人もいる。でも子どもを連れて会って話せば、聞く耳を持たない政治家はいません」(天野さん)」と掲載。

 活動に協力してくれた政治家は、与党にも野党にもいた。その一人が、週刊誌報道を機に民進党を離党した山尾志桜里氏だ。天野さんは「子育て支援に関心を持ち、しっかり動いてくれる人なら政党やプライベートは問題ではない」と強調する。」とか。

 ストレートに言います。役所に何とかしろ、というのは誰でも出来ます。
 本当に問題を考えている政治家は、役所が相対して苦労している相手にも一言言ってくれる人です。調整役ですね。

 多くの「パフォーマンス」政治家は、自分が矢面に立つことなく、役所に任せて「役所に命じた」というのを功績としてアピールするのです。それっておかしくないですか?


○一言
 理論や事実で物事を言えない高橋純子というペンの力を個人的に使っている編集委員が朝日新聞にいるようです。
 プロの発言とは思えませんね。

 プロでない人間を記事で扱うメディアって、自分の仕事に誇りを持っているのかな?


○メディアから一言3
 10月15日ニュースポストセブンの見出し。「甲子園「一塁手キック」騒動 当事者2人が初めて語った真実」

 本件、外野が騒ぎすぎだと思っていました。「私は野球経験がありますが、これはあり得ない」という根拠で批判する投稿が多く野球経験のない私から見たら、サッカーと比較して野球って甘いんじゃない?と思いました。
 サッカーだって故意なものはありますが、偶然やってしまったこともままあります。
 野球だって、ノーコンピッチャーがわざとデッドボールを与えているのでしょうか?
 意図的か否かと未熟さを混同していると思います。スポーツで常にフェアプレイでそれ以外は故意という発想は理解できません。
 
 それはさておき。この報道では「甲子園が終わり、カナダで行われたU18ワールドカップの取材から帰ってきても、渡部への誹謗中傷が続いていたのだ。」とか。
 批判する人が異常です。何が目的なのか、正直理解不能です。

 そんな個人攻撃の時間があるなら自己のための時間に当てる方がよほど効果的でしょう。

 記事ではこうあります。「宿舎が同じだったんですよね。本当は、他の出場校の選手の部屋に行くことは、大阪桐蔭では禁止なんですけど(笑)、携帯電話も禁止ですから連絡を取ろうと思っても取れないんです。ああいうことがあったので、少しの時間だけでも話したいな、と」

 当事者同士がわだかまりがないのならそれで終わり。なぜ外野が騒ぎ立てるのでしょうか?しかもプロではなくしょせん高校生の大会ですよ?

 当事者が問題視していないのなら無関係な外野が騒ぎ立てるのは理解不能です。


<10月15日>
○一言
 箱根予選。日大はエース以外の底上げが出来ていないので、ある意味順当な結果ですが、明治は驚きましたね。また上武大や東国大の追い込みもすごかった。特に上武大は正直、飛び抜けた選手がいないので今年はダメだと思いましたが、さすがの底力。
 とはいえ、アクシデントはありましたが、4年生のエントリーゼロという点で危機感がなかった時点で監督が慢心していたのかも知れませんね。

 個人的には、テレビを見ていて、拓大のエース・・だったと思うのですが(間違ってたら教えてください)、公園前の折り返しのところで自校の選手を見かけるたびに片手を上げてエールを送っていたのが非常によかったと感じました。
 

○一言2
 14日付けデイリーでは、オリックスの小林慶祐投手の顔面打球直撃事件について書かれています。

 「後日、あのプレーを振り返ってもらった。
 「当たった瞬間『ボールを捕りに行かないと』と思ったんです。でも右目の辺りから出血していて、血を見た瞬間にめちゃくちゃ痛くなって、頭もふらついて。『後ろに倒れたらダメ』と思って、なんとか前に倒れたんです」
 そして、足をばたつかせて、のたうちまわった。

 「なぜか血をマウンドに落としたらダメだと思ったんです。後に投げる投手は、血が残っていたら嫌だろうなと。人工芝まで、なんとか動こうと思ったんです
 とめどなくあふれる血。白くかすむ視界。右頭部付近が陥没したような感覚。失明するかもしれない。そんな恐怖の中で、小林は神聖なマウンドを血で汚すわけにはいかないと思ったという。投手の本能が、壮絶な状況下でありながら“聖地”を守ることを優先したのだ。」とか。

 すごいな、小林選手。しかもさらに侠気のある行動。

 「小林はいま、ブルペン投球ができるまでに回復した。右目の上には痛々しい傷痕が残る。あと数センチずれていたら-と考えると恐ろしくなるような場所と大きさだ。医者からは痕が残らない繊細な糸で縫う方法もあると提案されたが「一番早く治る方法でお願いします」と即答した。一番太い糸で8針縫った。

 「男ですから顔にキズが残ったって困ることない。それより早く治して練習をしたかったんです」」

 オリックスに必要なのはこういう心の強い選手です。オリックスの先発は中継ぎより足りているのに、なぜ先発転向が期待されているのか、よく分かります。

 小林選手、来年も頼みます。オリックスファンというか、阪急以来何十年もファンをやっているおっさんからのエールです。
 デイリーの達野淳司さん、いい記事をありがとう。


<10月14日>
○メディアから一言
 朝日新聞によると、「集団的自衛権の行使容認に反対するデモについて詠んだ俳句を「公民館だより」に掲載することを拒まれたのは、憲法が保障する表現の自由などに反するとして、作者のさいたま市の女性(77)が、公民館を所管する市に慰謝料を求めた訴訟の判決が13日、さいたま地裁で言い渡された。大野和明裁判長は公民館側が「思想や信条を理由として掲載しないという不公正な扱いをした」などとして原告の訴えを一部認め、市に5万円の支払いを命じた。

 具体的には「判決などによると、女性は2014年6月、集団的自衛権の行使容認に反対するデモに参加した経験から「梅雨空に 『九条守れ』の 女性デモ」という句を詠んだ。所属するサークルの秀作は地元の公民館だよりに掲載されていたが、たよりを発行する三橋公民館(さいたま市大宮区)が「世論を二分するテーマのため、掲載できない」と拒否。女性は表現の自由に反し、掲載を期待する権利を侵害されたなどとして、句の掲載や損害賠償200万円の支払いを求めて提訴していた。」とか。

 まず。本件は組織的な政治活動です。→こちらのサイトをご覧下さい(「九条俳句」市民応援団のサイト)。

 次に、「所属する女性サークル」は何の権利を持って市民の税金から拠出される公民館だよりに掲載を強要するのか。
 一般論でいえば、こうしたものに掲載される俳句は、市民の心を和ませるものであり、だからそういうサークルの俳句を善意で掲載するというのが普通の考え方でしょう。だから、特定者への既得権益ではなく、ほほえましいものとして容認されているわけです。

 女性サークルが政治的スタンスで市民の税金による「公民館だより」を独占するなら、掲載自体を廃止すべきです。
 表現の場はネットをはじめいくらでもあるからです。

 特に女性サークルの活動を日本共産党が支援している点からも、おかしな話だと私は考えます。
 「日本共産党」「三橋俳句会」で検索すると分かります。
 さらに言えばこの句を秀句と選んだ金子兜太氏はプラカード「アベ政治を許さない」を、揮毫した人物だそうな。訴訟の背景が見えてきます。
 
 なにより。歴史上川柳や狂歌は政治批判で現代にも語り継がれるものも多いです。
 が、俳句は四季や風景などの自然をベースにするものでしょう?ということ。はっきり言えば、これ季語があるだけの川柳。
 例えば、「古池や 蛙飛び込む水の音」と韻は同じです。しかし、古池と蛙が容易に連想できるのに対し、「梅雨空」と「女性デモ」は普通連想できません。そして「女性デモ」に「水の音」のように余韻はなく、また自然の風景ではありません。なぜこれが俳句なのかまず聞きたいですね。

 いずれにせよ、市民の税金から「公民館だより」が出ている以上、政治信条が自由な民主主義国家では、特定の政治思想に関する俳句など論外です。
 特定の政治勢力が、「市民」を装って役所に進出するのはもういい加減にして欲しい。

 税金使うのなら、そんなリスクのある意味不明な「公民館便り」は廃止すべきです。ネットで十分。
 
 だから、大野裁判長の「原告の思想や信条を理由として・・国家賠償法上違法」となるという判決は私は間違っていると思います。
 個人の思想や信条を理由としたのではなく、様々な思想信条を有する市民の税金から拠出される公民館便りに政治的は行く?を掲載すること自体「不公正」だからです。
 逆に言えば、右翼団体が俳句会を結成し、同様に自らの政治信条に基づく俳句?を詠んだら掲載するべきなのでしょうか?
 当然、前述のように、私はそうは思いません。
 市民向けのものには政治や思想が絡んだ文学作品は避けるのが当たり前だと思いますから。


○メディアから一言2
 朝日のネット版で選挙に関し印象操作が。

 二階幹事長が組織的?なヤジに対し注意しても相変わらずだったので「黙っておれ」と発言。

 これを「二階氏、聴衆のヤジに「黙れ」」との見出し。(今は変わっている(苦笑))

 選挙で、誇張により特定政党を悪く印象づける報道は絶対に間違っていますいと明らかにしています。
 戦前、軍部を支持して戦争に導いたメディアやナチスを支持して戦争に導いたメディアと同じで良いんですか。

 朝日新聞は恥を知るべきです。


○メディアから一言3
 前の選挙からそうなのですが、反安倍なら反自民なら何をやっても良いというのは間違っています。

 当該朝日の記事によると、14日の「大阪府守口市でマイクを握った際の一幕。」だそうな。
 具体的には、「二階氏の演説が始まると、聴衆から「消費税を上げるな」とヤジが飛んだ。二階氏は最初は「ちょっと。演説中だからだまってなさい」と控えめに注意していたが、ヤジは止まらなかった。

 二階氏は演説を中断し、「わかったから、黙っておれ」と声を荒らげた。「世の中にはいい加減な人もおる。自分も何でも持ってきてこの上に立って(演説を)やればいい。こっちがやっているときにいらんことを言うのは許されない」と強調した。

 至極まともな発言です。選挙妨害は公職選挙法違反であり民主主義では許されない行為です。
 例えば、日本共産党の演説に対し、右翼の「市民」が押しかけ、「ヤジ」を飛ばし続けたら許されないのではないですか?当たり前のことです。

 特定政党等に反対している者が、その党(人物)の演説を妨害するのは、まともな民主主義ではないのです。

 メディアが公職選挙法違反を認めるというのはあり得ないと思います。
 最近のメディアはちょっと民主主義を分かっていないのではないかと危険なものを感じます。


○メディアから一言4
 週刊FLASHの2017年9月26日号の記事がネットに載っていました。記事によると「都政専門誌「都政新報」(8月15日付)が衝撃的な数字を報じた。都職員にアンケートを実施したところ、小池知事の1年めを100点満点で採点する項目で、平均点が46.6点だったのだ。「都政新報」の後藤貴智編集長も、衝撃を受けたという。」とか。
 
 で、「9月7日朝、小池知事を直撃。職員に広がる不信感を伝えると……。
(平均46.6点は)大変名誉ある数字ですね。改革が進んでいる証拠。だって、改革は職員にとって都合が悪いことでしょ。(石原都政の点数については)職員にとって、石原さんは都合がよかっただけよ」
 この溝は埋められるのかと聞くと、「ええ、大丈夫です」とだけ答えた。」そうな。

 うーん。
 「改革は職員にとって都合が悪いことでしょ。」ですか。
 一般論でいえば、いい改革であれば、特に現場の職員にとっては都合の良いことだと思いますが?今のところこのくらいしか言えませんが・・。


<10月13日>
○一言
 日産による無資格の人間による検査とか、神戸製鋼によるデータ改ざんなどが発覚とか。

 超一流企業が何をやってるんだ・・。

 本件は本当に深刻です。規制緩和(基準認証制度)の根本を揺るがすものだからです。

 昔は、役所か検査をすることによってお墨付きを与えていました。これにより、安全を保障していたわけです。
 しかし、時代が進むにつれ、メーカーなど企業側がしっかり体制を作って検査をするから、法律上は必要事項を示すだけで、自主検査でしっかりやる、ということになっていきます(当然ですが)。
 これが規制緩和(官から民へ)の流れです。世界的にもそれが主流となり、それぞれの基準をクリアして製品の質を確保しているわけです。

 ただ、製品の高度化に伴い、検査自体がいろいろと大変になっているのも確かに事実です。
 でも、そこは削ってはいけないコストなんですよ・・。当然ダメなのは経営陣には分かっているはずなのにどうしてこういうことが起きるのか・・。

 幸い重大事故は報告されていませんが・・。

 このサイトの最初のコンテンツの1つは18年前の「テレビでは分からない・・」の「規制緩和」の例5はバリュージェット社の事件を念頭に書いたんですよね・・。

 そんなことが起きないよう、大きな影響のない範囲である事を祈るばかりです。


○メディアから一言
 朝日によると「神奈川県大井町の東名高速下り線で6月、ワゴン車が大型トラックに追突され、夫婦が死亡した事故。ワゴン車の進路を塞いで停止させ、追突事故を引き起こしたなどとして、福岡県中間市の建設作業員石橋和歩容疑者(25)が10日、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)などの疑いで逮捕された。車が高速度で行き交う高速道路上で、しかも、視界が悪い夜間に停車させれば、事故につながることは容易に予見できた――。神奈川県警はそう判断した。」そうな。

 地道な捜査と協力した260人ものドライバー、さらにいえばドライブレコーダーを提供したドライバーに敬意を表します。

 無論、容疑者であり、裁判の結果を待つことになりますが、報道や警察の捜査が事実であるのならば、7年以下の過失運転致死傷ではなく、往来妨害罪(傷害:15年以下、死亡:3年以上)の重い罪での裁判を行って欲しい。

 やはり、こういうことはあってはならないことだからです。

 一般論ですが、北海道のレースまがいの暴走に巻き込んで一家を死傷させた事件もそうですが、車が凶器であることがわからない人物には車を運転させてはいけないし、結果大事故につながったのであれば、重く処罰するべきです。

 それともう一つ。重大な事故を起こした人間は永久免許取り消しとすべきです(現行の欠格期間の最高は10年)。
 どんな重大な事故を起こしても、刑期を終えれば出所して社会に戻ります。そして新たな犠牲者を生んではならないからです。


○一言2
 とある選挙区の立候補者は子どもの地元だそうな・・。
 世襲批判はよくありますが、親が子の地盤からって・・。

 なんか、今の世の中を象徴している嫌な現実です。親が子どもにたかるというのは、ダメ親以外は昔では考えられなかったと思います。


<10月11日>
○一言
 公示後なので、慎重な対応を取らせて頂こうかなぁ、と。うっかり批判を書かないように気をつけないと・・。


○一言2
 10日の親善試合でハイチ代表として、大阪生まれの三重国籍(ハ日米)の守備的MFエリボー選手が来日していたそうな。
 どこの代表になるか悩んでおり、公式戦のハイチ代表を一回断ったとのこと。
 ハイチの監督さんも将来のハイチ代表と期待しながらも、それを承知で日本に連れてきてフル出場させてくれるなど、いい監督さんだなぁ、と思いました。


○一言3
 選挙の演説。
 うーん、公明党の山口代表が一番うまいような気がします。攻撃的な演説より、抑えめの方が個人的に好きだからかも知れませんが。
 安倍総裁は元々滑舌良い人ではないけれど、なんかお疲れのような。
 小池代表はあまり横文字使わない方がいいような・・。
 枝野代表もやはり一連の騒動でお疲れなのかな?本来一番演説らしい演説をする方なのですが。


○一言4
 ハイチ戦の結果は。国内組を使え、とハリル批判をしていた評論家たちのコメントが聞きたいです。
 実力なのか、何か別な問題なのか。特に植田はなぜ出られないのなかぁ・・。
 観客動員にしても、さすがに三連休翌日の平日で4万集めたら十分だと思いますけど・・。
 





 
○最低限の交通ルールの遵守をお願いします。
 「アクセルを踏むとき、道を渡るときに、ちょっとでいいから(亡くなった)えみるのことを思い出してやってください」(風見しんごさん)

○ご意見、ご感想はこちらまでお願いします→makinoh2アットマークops.dti.ne.jp

 件名には具体的な内容のご記入をお願いいたします。

※就職にあたってのご質問は、まずは書店等の公務員就職関係の書籍のチェックをお願いします。