明るい!?国家公務員のページ

~FUNNY!?GOVERNMENT OFFICIALS~


左が私が子どもの時、接着剤や塗料を使って作った旧モデルのドライセン。
右が最近作ったHGUCの素組です。当時の指定塗料の色と大分違うなーと感じます。

旧モデルでは両腕のガトリングはギミックでそのまま露出できたのですが、HGUCでは差し替え。
指も旧モデルでは親指と人差し指、残りの3指が別パーツで、「握る」というのが表現できました。
 が、HGUCではできません。旧モデルの左の親指のリアルな感じ、わかりますか?
ただ、塗装は大変なので若い頃はここまでやったけど、年とるとこれくらいがせいぜい、というのを感じます・・・。



ようこそいらっしゃいましたー。 人目のお客様です(1999.3.9より)。

ご訪問ありがとうございました:100万(2006.7.19)、200万(2008.6.15)、300万カウント(2010.2.18)、
400万カウント(2011.11.12)、500万カウント(2014.1.19)、600万カウント(2016.6.10)
SNSや動画が当たり前の時代に古めかしいサイトご訪問ありがとうございます。


 


☆更新情報その他
 
GWを機会にフェイ写真館18号館更新しました。写真的にはイマイチですが、まあこんなだらんとしているのも良いかな、と。

 先輩からあまり注意(教育)されないと言う新人の方へ。一つの考え方としてご覧下さい。→
こちら
 本サイトのコメントは全て組織とは関係ない個人の見解です。

経済からみた江戸時代 '05/7/19更新
江戸時代というのは実はすごい時代だったのです。特に教科書は間違いや嘘ばっかりなのでだまされないでくださいねー。
国家公務員はこんなもん '05/5/30更新
国家公務員の実態などについて書いています。新聞や雑誌、HPは極端な話ばっかりですよー。
テレビではわからない実際の話 '10/6/18更新
マスコミ報道は何かあれば政府を批判すればいいような感じです。
でも本当にそうなのでしょうか?規制緩和、教育、年金などについて、国家公務員の仕事をやっている現状から考えた観点でお話しします。
伝言板
伝言板です。いろいろ方と気軽な雑談をしたいです。
投稿前にこちらをお読み下さい。自己主張(アジテーション)はご自身のblogでどう
ぞ。
フェイ写真館 '16/5/09更新
うちのいたずらっ娘の画像です。猫好きの方へ。
自己紹介とお願い
お約束の自己紹介とこのHPでのおきまりです。

○竹島は日本の領土です。2月22日は竹島の日。
※「歴史をねつ造」とする韓国の方へ:国際司法裁判所の公平な裁定を受けましょう。なぜ韓国政府は反対するのですか?
○北方領土は日本の領土です。2月7日は北方領土の日。




○一言
 トランプ政権について、排他的な面やアメリカンファーストなどばかりの論調ですが、私は違うと思います。

 世界的な潮流として、税を支払う側と税によって扶助される側の不均衡に税を払う側が抗議していることの対立だと思います。

 EUでは、それが「移民問題」として顕在化しています。
 日本では、それが「社会保障問題」として顕在化しています。

 乱暴に言えば、働いて税金を払っている側が苦しい生活をしているのに、なぜ働かない側が同等もしくは優遇されるのか、という問題です。
 この乱暴なくくりから、いや、我々は働いているし、国のために働きたいと考える方は「私は違う」と抗議すると思います。
 それが、今顕在化している「対立」ではないかと私は考えます。

 これは、たとえは、一方的な公務員批判を踏まえ、ささやかながら私が声を上げたのと同じで、やっぱり「乱暴なくくり」というのがあると思います。
 それに対して反発するのはごもっともだと思います。が、現実には乱暴にくくられてしまいます。

 ただ、では反発してどうするべきなのか、ということが重要だと思います。
 日本においては、賢明な高齢者の方々は、「孫・子にこれ以上負担をかけさせられない」として負担増を容認される方もたくさんおられます。それは選挙結果が証明していると思います。
 日本で先鋭化しないのはそういう部分があるからだと思います。

 重要なのは、抗議は当然としても、フリーライドではない、という主張を前面に出し、行動するかだと思います。
 対立が先鋭化するのか、収束の方向に向かうのか。そういう視点で欧米情勢を見ています。
 

○一言2
 1月18日付けのソウル聯合ニュースによると、「2018年に韓国で開催される平昌冬季五輪・パラリンピックのホームページが独島を紹介していることに対し日本政府が韓国政府に問題提起したとされることについて、平昌冬季五輪組織委員会の李熙範(イ・ヒボム)委員長は20日、「対応する価値もない」と切り捨てた。」そうな。

 でもいいんじゃないですか。
 同様に東京オリンピックで、堂々と「竹島」と書いて世界にアピールしましょう。


 抗議受けたら、「対応する価値もない」と切り捨てればいい(笑)

 しかし、ロンドンオリンピックでもやらかしたのに、オリンピックの精神というものを理解していない世界で唯一の国ではないでしょうかねぇ?(苦笑)


○メディアから一言
 少し古い話ですが、1月8日付け朝日新聞によると。「脱原発の姿勢に感銘を受けました――。九州電力玄海原発の30キロ圏内にあり、市長が再稼働反対を表明している佐賀県伊万里市に、東京のNPO法人の理事ら有志5人がふるさと納税で計1200万円を寄付した。返礼品の伊万里牛は、NPOが奨学金を支給している熊本地震で被災した高校生などに贈られる。

 NPOは能力を持ちながら恵まれない高校生に奨学金を出しているJBC・CSR基金(河合弘之理事長)。ふるさと納税で奨学生においしい牛肉を贈ることを検討するなか、ブランド牛の産地で、塚部芳和市長が再稼働反対を昨年表明した伊万里を選んだ。」そうな。

 ふるさと納税より直接牛肉を購入した方がより多くの学生に送ることができるのに、なぜわざわざ「マージン」を取られるふるさと納税を使ったのですか?

 これって、寄付金詐欺(政治利用)じゃないの?と思われても仕方がないでしょう。
 理事長の河井弘之氏は反原発訴訟の多くで弁護側として務めている方ですし?

 なにより、政治目的のために、「恵まれない高校生など」を利用するなよ。

 っていうか、

 「奨学金」のための寄付の一部を政治活動に利用し、奨学金額を減らす時点で、おかしくないですか?

 朝日新聞は、この記事をなぜ美談的に書いたのか、お伺いしたい。
反原発の活動のための寄付を募り、それを反原発の活動に使うのは当然ながら正当な活動だと思います。念のため。 


○一言3
 小池都知事の記者会見によると「都は、用地買収契約に当たって裁量権を逸脱した石原元都知事に500億もの損害賠償請求を求める訴訟を提起すべき」、という移転反対派による住民訴訟について、訴訟代理人を変更し、石原元都知事の責任もあり得ることを前提に訴訟を進めていくとか。

 うーん、小池氏は相当追い詰められているんですかね?明らかにブーメランになりますよ。

 具体的には。
 小池氏が「安全性に疑義がある」として豊洲問題を延期し、今後決断しても、業者への補償は間違いなく発生します。
 これについて「疑義があるとした8月31日の記者会見」に根拠が示されなければ、「裁量権の逸脱」で同様に、自ら損害賠償の対象になり得ます。
 もし、自らの損害賠償請求が都によってなされれば、石原元都知事側であれば、当然そういう訴訟を提起するでしょう。

 仮に、裁判の結果石原氏は支払うべしとなったとしても500億なんて普通支払えないのは明白。
 一方で、今度は小池都知事自身が、石原氏側の同種の訴訟により訴訟の対象になります。
 現実には時間と弁護士費用だけがかかるだけでしょう。
 ましてや、地裁で請求すべき、と判決があって、高裁でひっくり返ったら目も当てられません。地裁判決がひっくり返るのはままある話しです。

 ここは韓国ではありません。落ちた犬を打てば司法が追認するような国ではありません。

 小池都知事が現時点ではまだ好意的な評価が多いにもかかわらず、アドバンテージを生かさずにこういう不毛な訴訟合戦に持ち込もうとする小池都知事のブレーンって、バカなんじゃないかと思います。


○一言4
 民進党の藤末健三のツイッターによると、「(電車の)遅延度に応じて料金を割り引く制度の導入を提案して行きます。30分以上遅れたら無料にすべきだと思います。独占企業の地位に甘んじているとしか思えません。」とか。

 さすがにバカなんじゃないか、と正直思います。「独占企業」って・・。

 東急田園都市線の遅れに対しての抗議だそうですが、乗客トラブルとか、荷物挟まりとか、人身事故とか、藤末氏が言う「独占企業」の傲慢さのせいなんですかね?
 もちろん、田園都市線は輸送力のキャパが厳しいなのもありますが、東急だって溝の口に大井町線を直通させるとか、対策は多少なりともしていると思います。
 現実問題としては「逃げ道」が大井町線以外ない以上、現実的にはこれ以上は結構厳しいですよね。二子玉から渋谷は地下ですし・・・。
 大井町線を増強し、東横線か目黒線に逃がす以外に方法がないと思います。

 いずれにせよ、30分遅れたのなら無料にするのであれば、多分鉄道会社は「徹底的な原因究明のため」と称してゆっくり作業すると思いますよ。
 だってどうせタダなら、無理して、鉄道会社の方はお客さんの抗議を受けて謝り続けながら、頑張って電車動かす必要ないじゃないですか。
 鉄道会社の職員はトラブル時は頑張っていると思います。そういうプロ意識を頭から否定するかのごとくのツイートは国会議員としていかがなものなのか、と思います。



<1月19日>
○一言
 谷川会長の辞任に関して一言。
 渡辺明という人物に利用された読売新聞社や週刊文春は、メディアとして恥を知れ、と思います。

特に、あの文春が権力者(渡辺明)と癒着していたというのは致命的な話だと思いますが。

 しかも読売新聞は、何千万もの金を渡辺明氏に貢ぎ、あげくのはてに彼に利用されているという醜態。

 小池知事もそうですが、権力者にすり寄るメディアの醜い姿がはっきりと分かる一件です。


○一言2
 この期に及んでも、謝罪をしない渡辺明、千田、橋本の各棋士とか、ブログで噂を流していた渡辺子飼いの後藤元気氏って、人間としてまともなのか、と思いますね。
 もちろん竜王の就位式での形式的な挨拶なんか謝罪ではないのは明白です。なぜなら、嘘ついているから。

 具体的には。「取材を受けたことで」とか言っていましたが、積極的にリークしたのが実態でしょう。

 これは11月1日付け渡辺ブログからも明らか。
 「次に今回の自分の行動意図について。10月上旬の時点で放っておいても三浦九段に対する報道が出る可能性が高いことを知りました。このまま竜王戦に入れば七番勝負が中断になる可能性もありますし、将棋連盟にとって最悪の展開は後に隠していたと言われることです。七番勝負が始まってから対応するのでは遅いので、この状況を常務会に報告。報道が出ることを知っていながら放置して最悪の状況を迎えるリスクを取るか、事前に三浦九段に話を聞くかのどちらかしかないわけで、後者を選ぶまでは止むを得なかった思います。」

 まともな社会人であれば、報道が出ると分かっていれば、取材に対応しないのですよ。
 そして、その取材で「ノーコメント」ではなく、あえて「クロだ」と明言した渡辺明氏。「取材を受けた」ではなく、「取材を受け、それを利用して三浦九段を貶めようとした」と常識的には判断しますよね。

 渡辺明氏は、将棋ファンをバカだと思っているのですか?
 全ての元凶が渡辺明氏である事は誰もが一致した意見
であると思います。世間では。

 しかし、渡辺VS千田という棋王戦、盤外戦術で棋士を追放しようとした人格破綻者同士の対決って、やる意味あるんですかね?
 
千田率を全対局できちんと調べて欲しいし、金探をきちんと導入して疑惑のないようにしてもらいたいものですね。

<1月18日>
○メディアから一言
 NHKで阪神淡路大震災の年に現地で生まれた子どもたちを取り上げていました。

 なぜその年で産まれたら震災を常に背負って生きなければならないのか。NHKの報道の仕方に非常に違和感を感じました。

 被災者のために頑張る方がいて、震災は記憶にないからという方もいていいと思います。

 「あの年あの場所で生まれた子どもたちはこうあるべし」とメディアがやるのは絶対に間違っていると思います。

○一言
 強き者に媚びを売るだけのメディアは書かないので当サイトで書かせて頂きます。

 小池都知事の「豊洲が都議選の争点」というのは、まさに豊洲を個人のために悪用したことを自白したようなものです。

 政治とは、大きな判断を争点とします。つまり争点とは明確な選択肢があるべきです。
 具体的には、例えば築地の改築か豊洲移転か、というのなら選挙の争点として全く正しいわけです。

 しかし、追加で金を出すか出さないかというのなら、.そんなものは争点でも何でもありません。
 多額の都民の金が・・と言うのなら、豊洲移転延期で市場関係者への賠償金をはじめ何百億が失われるのか、まずそれを「情報公開」してから言うべきだと思います。「都民ファースト」と言いつつ、そこは一切公開していないところが、小池都政の正体でしょう。

 築地か豊洲か、というような明確な選択肢を提示していないのに都議選の焦点とか、大手新聞社はなぜこんなばかげた主張を垂れ流すのか、腰抜け過ぎませんか。

 豊洲移転前提なら、「安全性の疑義」とかではなく、安全性を確保するためにどういう対策を取るのか、が行政の手法であり、行政のトップの小池知事は全く間違っているんですよ。
 豊洲移転をしないのなら、築地をどうやって改築するのかをきちんと提示するのが政治のやり方でしょう。はっきり言えば容易ではないし、「築地魚河岸」をどうするんだ、という問題もあります。

 そしてこの期に及んで過去の都知事や事務方の追求を前面に出しています。しかしこれは全くビジネスを経験したことのないド素人の発想でしょう。小池都知事自身が親方日の丸ならぬ、親方東京都の発想なんです。

 なぜなら、ビジネスでクレーム対応に「前任者が悪い」とだけ主張して許されるというのはあり得ないでしょう?まずは(自分のせいではないけれど組織として)謝罪し、対策を取ってリカバリーする。過去の責任追及はそのあとですよね。

 ビジネスや行政の現場の経験のなさがはっきりと分かる愚劣な事案なのに、なぜメディアはこんなわかりやすい事例の問題を指摘しないのか、全く理解できません。責任追及より、まずは問題をどう解決するか(豊洲移転中止も含む)が優先でしょうに。

 いずれにせよ、豊洲を争点だというのなら、築地か豊洲かの選択肢の提示を厳しく追及するのはメディアの仕事ではないですか?
 選択肢のない「争点」などあり得ません。


<1月17日>
○一言
 豊洲の問題に対する私の意見でわかりにくいという部分を端的にご説明します。

 要するに「完全なる安全」は不可能であり、小池知事は、政治的パフォーマンスのため自ら疑惑の種をまいただけでなく、悪魔の証明を要求したことが全ての根本的誤りであるということです。

 つまり。
 都のトップが「豊洲の安全性は確認されていない」と言った8月31日の記者会見。これにより、都に不信を抱く人は、何でもかんでも疑惑(風評)を持つという方向になりました。
 そして、「都民ファースト」のために厳格な安全を求めるとしました。わずかでも疑念が出ればダメだというスタンス。

 当サイトでは、10月の時点で豊洲移転中止の場合どうするのかと指摘していました。
 この理由は、風評被害というものは、一度出ると取り返しがつかないからです。ましてやそれを行政のトップが自ら言ったのであればもう止まらないからです。悪魔の証明を求めた時点で、小池知事は出口戦略を全く考えていないとみたからです。

 本来豊洲には何の問題もありませんでした。地下水の数値がどうであろうと、問題なのは大気中の数値であり、地下水など農地でもなく飲用するわけでもないのですから参考データに過ぎません。
 仮に大気中に何らかの物質が検出されても、浄化は容易で、業務には何の支障もないのです。
 これを、政治的な意図で疑問視したから全てがこじれた。

 
 豊洲は、政治問題であり、環境問題ではありません。
 環境問題にした小池知事の政治的なミスであり、出口戦略なしに「疑惑」を口にしたという点で、行政マンとしては最低のレベルであると言えます、

 色々問題のある築地は環境調査をせずに、豊洲ばかり異常なほどの安全性を求める今の状況こそがおかしいのです。


○メディアから一言
 時事通信によると、「16日午後3時40分ごろ、東京都千代田区霞が関の経済産業省前で「植え込みに火を付けている人がいる」と通行人から110番があった。」とか。

 で、「現場にいた住所不詳、無職の男(78)が「自分で火を付けた」と話したため、17日未明に建造物等損壊容疑で逮捕した。
 同署によると、男はその後、黙秘しているという。枯れ草のほか、植え込みと接する地下鉄出入り口の外壁縦15センチ、横1メートルが焦げた。
 男は同省敷地内にテントを設置していた脱原発市民グループのメンバー。」だそうな。

 数日前も抗議の方法について脱原発市民グループは常識を守って誤解を招かないように、という主旨の意見を述べさせて頂きましたが、ついに放火ですか・・。

 放火する脱原発市民グループ・・単なる犯罪者だし、なぜ彼を市民グループの人は止めなかったのか、全く理解できません。

 結局脱原発市民グループは放火をするテロリストだということになります。それで良いんですか?
 公道の占拠について警察があまり厳しく言わないから次は放火とか、脱原発テントのグループはテロリストと思われるだけですよ。

 政治的主張は、合法的、かつ市民に理解を得られるようにやるべきだし、それこそが効果的な方法だと思いますが。


<1月15日>
○一言
 盲導犬とともにホームを歩いていた方が転落して亡くなられたとか。お悔やみ申し上げます。

 こういうときにメディアはすぐに「ホームドアガー」とか「駅員がホームにいなかった」と鉄道会社の責任を追及していますが、結局当事者の立場に立っていないインチキ正義の味方なんですよね・・。

 現実を考えた場合、ホーム転落リスクをいかに減らすか、というのが大事なのだと私は思います。

 例えば、私が体調を崩し、身体のバランスを取ることが平常時と比べやや難しくなったときは、通勤時、決してホームの端や階段などで狭い部分には行きませんでした。大事なのはリスクを減らすことだと思います。
 
 身体の不自由な方や視覚障害のある方には、「点字ブロックを確認し、それより前に出ない、階段の横の狭いところは通らない」などのそういう方向の呼びかけも必要なのだと思います。
 
 それだけではなく健常者に対し、ホームの端を歩いている視覚障害者がいたら優しく(驚かせないよう)声をかけるなどの呼びかけ」なども重要だと思いますが。

 将来的な理想論より、今すぐできる現実的な対応策をメディアはアピールすべきだと思います。

○一言2
 豊洲の問題。

 はっきり言えば、現状、安全性に問題ないのに、疑念が疑念を呼ぶ状態で、もはやカオスですね。

 具体的には。サンプリングだってミスがあるわけで、過去8回の数値と違う特異値が出たらまずはその値が適切か検証するのが当たり前。
 ところが、もはや、その検証前に特異値が正常である前提で「過去の数値がおかしい」となってしまっています。

 象徴すべき言葉が「市場ではなく実験場だ」という市場関係者の発言。

 豊洲に移転していないから、「実験」なんかされていないのに、こういう政治的なレッテル張りをする方まで出てきている異常な状況。

 当サイトでは、「風評被害」を政治パフォーマンスとして、小池都知事が利用する危険性について再三書いてきました。

 ある意味、予想どおり最悪の形で現実のものとなったということですね。

 繰り返しますが、豊洲市場は、私は何ら問題はないと思っています。大気中の暴露についても、その影響は人体に影響はないし、築地よりはるかに安全です。

 にもかかわらず、政治的パフォーマンスだけのために 「第1は、安全性への懸念でございます。」とやってしまい、「豊洲は怪しい」という疑念を各地に振りまき、全てをネガティブに捉えるようにしてしまった小池都知事。

 結局、「信用」を甘く見て豊洲を政治的パフォーマンスに使用した小池都知事に全責任があるのです。
 8月31日の記者会見がすべてです。


 オリンピックもそうですが、就任1年目で行政的に失政を繰り返しているのを、政治的パフォーマンスで補っている。
 この状況なら、仮に都議会選で勝っても、その後はこの状況だと実に暗いし、小池新党自体、選挙が終わってしばらく経てば瓦解すると思います。

 結局、物事を止めるのは誰でもできるんですよ。政治家で大事なのは「出口戦略」あるいは「落としどころ」。言い換えれば結論をどう出すか。この場合、全員を納得させることは不可能なので、批判を覚悟で最善を選べるかどうか、です。

 これができない政治家は、いかに人気があろうが、市民にとって害しか与えません。いずれメッキは剥がれます。
 ああ、そういえば、シアンを「猛毒だ」問題視していたバカなメディアも多いですが、例えばメッキ工場等では普通に使われています。要は使い方と適切な処理です。シアン化合物=青酸カリ、とかいう報道は全くナンセンスだと思います。

 いずれにせよ先送りだけなら私も含め、普通の市民でもできるのですよ。政治家とは何か、というところが問題になっていると思います。


<1月14日>
○一言
 豊洲の地下水で、基準値の79倍のベンゼンが検出されたそうな。

 多くの方は騙されてますけど、地下水だから、何の問題も無いんですよ。

 近くに井戸があって、地下水を飲用に使うなら問題でしょうが、そうではないのですから。

 問題は、それが揮発して大気にどれくらい放出されているか。
 そもそもベンゼンは主要因は排気ガスです。だったら自動車がガンガン通る築地の方にも大きな問題があるでしょう。

 本来都議選の前に決断しなければいけなかったのを、これを理由に都議選後に先送りして選挙に勝ちたいという極めて愚劣な「小池ファースト」のための選挙戦術。

 メディアは少しは真実を都民に報道した方が良いと思います。
 違うというのなら、小池知事はどういう前提条件がそろえば「安全宣言」をし、どういう条件がそろわなければ築地からの移転をやめるのか、はっきり言うべきでしょう。

 これが言えない以上、移転反対派の築地の方を自分の選挙戦術に政治的に利用しているだけなんですよね。

 移転について判断を留保するなら、移転しない場合の築地の改築についてもきちんと具体策を提示しないといけない。
 行政の基本中の基本です。それを明確にしていない以上、豊洲移転を前提とした選挙のための戦術的悪用だと断定できます。


○一言2 
 小池都知事が自民党費を払ってない払っていないそうな。

 曰く、進退伺い出したのに自民党が回答しないから党費を払わないとか。

 例えば、ファンクラブの会員が会費払わなかったら、ファンクラブを辞めたわけであり、ファンクラブの会員ではないですよね。

 じゃあ小池知事は無所属ということで良いのでは?自民党籍を残しているとか意味不明な主張ですが。

 「自民党から除名された」と言いたい選挙戦術なんでしょうが・・党費を納めて除名されるのと、党費を納めずに自然と除名されたのでは全然違うと思いますが、それに有権者は気づかないとバカにしているんでしょうね。
 

○一言3
 トランプ氏のツイッター戦術に大企業が屈していることについて。

 んー。トランプ大統領は、グローバル企業を舐めていると思います。製造業に高い関税をかけるのは自由ですが、逆に自国の農業にも高い関税がかかりますね。

 トランプ政権を今一番注視しているのは吉野家かも・・なんて。


<1月12日>
○一言
 要するに、韓国は近代国家ではなく1000年遅れの中世の国家なのではないかと思いました。

 近代法治国家では法律の「遡及」などはあり得ないし、市民が騒げば法律が適用されないなどあり得ませんから。
 違法であっても市民の声が大きければそれが認められるなど、近代法治国家ではあり得ません。

 
 そういえば北朝鮮もこの21世紀に「粛清」を平気でやる異常なまでの世襲独裁国家。典型的な中世の国家です。
 朝鮮民族が建国している国を近代国家としてみてはいけないのかも知れないと思いました。

 韓国を日本と同様の先進国と思うからおかしい、と怒りを感じるわけで、中世国家だと思えば、近代の法治主義が理解できていない国だからしょうがないよね、とそういうことなのかなぁ、と思いました。


○メディアから一言
 テレ朝によると、「慰安婦問題を象徴する少女像の設置を巡って日本と韓国の摩擦が強まるなか、中国が「日本はアジアの隣国を無視する態度を取っている」と批判しました。」とか。

 中国ってこういうとこ、すごいよね。とにかく批判の発信をする。それが合っていようが間違っていようが。

 二国間の問題にむりやり介入して、日本を攻撃する中国。日本が貶められれば理由はどうでも良い、というのが実態。

 中国政府は日本を仮想敵国と見て、ありとあらゆる機会を捉えて、様々な手段で攻撃している、のをどこのメディアも報道しないのはなぜ???


○メディアから一言2
 産経によると、「元女優で実業家の千葉麗子さん(42)が今月12日に行われる予定だったサイン会が抗議の電話やFAXがあったとして、中止されたことが分かった。千葉さんは今月5日、自身のツイッターに「サイン会ですが東京堂書店さんに『わかってやっているのか?』と店員さんに恐怖心を与えるような電話が相次いでかかってきたため、書店側が万が一を考慮して中止になりました。楽しみにしていた皆様にお詫び申し上げると共に、このような言論弾圧には憤りを感じます」と投稿。」とか。

 で、「有田芳生参院議員(64)は5日、「東京堂書店は店長はじめ、良識ある店員が多く、品揃えもユニークだ。(中略)近くは共謀罪に反対の立場での催しもある。その東京堂書店が、といぶかしんだけれど、賢明というより、常識的な判断が行われた」とツイッターでつぶやいた。」そうな。

 サイン会など、支持者以外が参加しないのに、なぜ、それを否定して脅迫するのか。
 普通ほっとけば良い。にもかかわらず、暴力的に圧力をかけるというのは「パヨク」にとっては相当都合が悪いらしい。
 ましてやそれを容認する参議院議員って、言論の自由を否定する驚くべき主張であることわかっているのかな?

 要するに、有田芳生参議院議員は、言論弾圧を容認する言論の自由否定者ということを自ら表明した、ということですね。日本ではあり得ない。中国の方ですか?

 自分の意見と反することを容認できない人間は言論の自由が分かっていない。
 もちろん公序良俗に反する意見などは別ですが、少なくとも名誉毀損でない限り一定の言論の自由は保障すべきです。

 有田芳生参議院議員は自分と異なる意見を全て否定し弾圧する危険な人間である、ということですね。大丈夫ですか?


○一言2
 乃木坂の生駒氏が声優グランプリでの言動で炎上し、ツイッターで土下座したそうな。

 土下座する必要も無いし、そもそも攻撃するのはまともなアニメファンなのか、と言いたい。

 当たり前ですが、全てのアニメファンが声を聞いたら声優の声を分からないといけないはずもない。
 生駒氏を批判する人は、「真剣で私に恋しなさい」シリーズで、全ての声優の声を当てられるか試してみたら良かろうと思います。
 そんなこと言ったら中川翔子氏など、デタラメな発言が多すぎでしょうに。

 私もかなり腐れているので、生駒氏の腐女子っぷりを暖かく見てましたけどねぇ・・。

 余談ですが、アニマゲーは1月18日にMXで放送されますので是非皆さんよろしく・・。


<1月9日>
○一言
 声優のベスト30をテレビでやっていました。
 声優が評価されるようになったのは喜ばしいことですし、上位の方は(一部を除き)そうだろうなぁ、と思いましたが、ごく一部の200人しかアンケートを採らず、例えばガンダム系がほとんどいなかったりテレ朝系の番組やエヴァ推しだったり、かなり偏っていたと思います。

 少なくとも、高山みなみさんの代表作が名探偵コナンでないとか、あり得ないだろう、と思いました。

 ナレーションも含め、圧倒的な存在感の若本規夫さんが入っていないのが実に不思議・・。
 個人的には池田秀一さんや子安武人さんも入っていないんだ-と思って眺めていました。神谷さんの順位も低すぎるような。


○一言2
 韓国野党は、10億円を返して合意を破棄すると息巻いていますが、国家間の約束を1,2年で一方的に破棄することがどういうことか分かっているのかなーと。
 自分たちの国内事情で約束を数年も経たないうちに破棄しよう、というのなら、韓国とはまともな国際約束はできないと誰もが考えるでしょう。
 この重大さになぜ気付かないのかなぁ??不思議な国と国民だなぁ、と思います。北朝鮮もそうですが、近代国家ではないんでしょうね。


<1月8日>
○一言
 そういえば、昨年経産省の前を通ったら未だに毎日の反原発テント(?)活動をやっているんですね。
 経産省の前で歩道にパイプ椅子を置いて高齢者の方々が座っておられた。
 しかもパイプ椅子の後ろにある横断幕には「継続中」みたいなコメントがありましたから。

 しかし、ご本人たちは座り込みのつもりなのでしょうが、地下鉄の出口のすぐそばで、はっきり言って通行の邪魔。
 もちろん、反原発抗議活動を否定するものではありません。市民が多様な立場で意見を出すことができることが民主主義だからです(私の意見とはもちろん違いますが)。

 でもパイプ椅子持ち込んで歩道の1/3くらいを占拠し続けるのはここは韓国じゃないんだから、理解を得られないと思いますよ。

 さらに驚いたのは、某ニュースによると、1/4に餅つきや豚汁作り、その配布までやっていたらしい。
 繰り返しますが、ここは日本なのですから、(これが事実なら)歩道で餅つきしても良いか、考えましょうよ。

 許可を取らない歩道で餅つきとか善良な市民は絶対やらないし、反原発運動が誤解されるだけと思いますが。


○一言2
 渋谷のセンター街で青山学院大学が駅伝三連覇のパレードをしたそうな。

 バカではないかと思います。昼のセンター街でパレードとか単なる迷惑行為ということになぜ気付かないのかなぁ?

 もちろん、パレードは否定しませんし、青学の選手は本当に頑張っていると思います。
 でも、青山キャンパスがらみでやるなら246でやれば良い。なぜにセンター街?

 例えば、わが早稲田大学が優勝したとして、パレードを歌舞伎町でやったら誰もがおかしいと批判するのでは?
 強ければ社会常識を無視して良い、周りへの配慮を欠いても良いというものではないと思います。

 「実るほど頭を垂れる稲穂かな」という言葉はどこへ行った・・。



<1月7日>
○一言
 韓国メディアは、「市民がやったことに日本政府が口出しをする」という批判をしていました。
 おもしろい。「市民」が在日韓国大使館前にキムジョンウン像を設置しても一切文句を言わないということですな(呆)。
 そんなのおかしいでしょう?

 なんか、「バカなの?ねぇ、バカなの?」と聞きたくなるレベルですね。


○一言2
 小池新党のペーパーテストで、7人の侍と言われた議員の一人がが「どういう方が我々の仲間に加わってくれるのか楽しみです」みたいなこと言っていました。

 あれ?役職立場に関係なく公平に試験と言っていたけど、実際は違うみたいですね。

 だいたい、1600人分の論文、本当に採点しているんですかね?
 個人的には、彼らや音喜多氏など現職は別にシードでいいと思います。

 問題は、それを明言しないで「公平に扱う」としたところ。
 入札でも、条件の平等は当たり前です。コネのように色々ある業界はありますが、政治や行政の世界ではこれは許されないと思います。
 
 「新党」と言いつつ。要するに、入塾費5万を払い、コネをもとに試験を通った上で、(今後)金と人脈が求められる・・という既存政党と同じことやってるんだぁ、とちょっと残念ですね。


○一言3
 ベビーカー論争で、分かっていないなぁ、と思うもう一つの論点。それは人生って、いくつかのステージがあるということ。

 その中でも大きいのが、子どもを作って子どもを守るという立場になる事です。「保護者」という言葉でも明らかなように、これまでのように自分が優先ではなく、(子どもを保護しないといけない)子ども優先の新たなるステージに移行するというわけです。

 ステージが変わったにもかかわらず、親が自分を優先する場合は、極端に言えば、児童虐待につながるなど、問題が生じる可能性があるわけです。

 都議会議員の音喜多氏は親の権利を主張し、少子化うんぬんを言っていますが、子どもファーストでない親など、子どもを産まなくて結構だと思います。
 自分優先の親が産んだ子どもは、お子さんはお気の毒ですが結果的に行政コストがかかるから税金の無駄です。

 育児で子どもを最優先に考えられない親はかなり少数派だと思います。音喜多氏らの寺への批判が実に人生を分かっていない未
熟な発言である事、私は強く指摘します。


 音喜多氏ら批判派は、是非きちんと育児をしている多くの方々の意見を聞いて頂きたい。
 「差別」「平等」など、そんな話ではないのですよ。


○一言4
 1月5日付け47NEWSより。
 「あえて「無罪」という言葉を使うのは、事態が刑事裁判類似の構造を持つからだ。疑惑を指摘した棋士らは検察官、三浦九段を2カ月間の出場停止処分とした日本将棋連盟は一審の裁判所とみることができる。一審の判断は「灰色有罪」だった。そんな言葉はないが、そうとしか言いようがない。
 控訴審に当たる第三者委は無罪。刑事訴訟法336条は無罪について次のように規定する。「被告事件が罪とならないとき、または被告事件について犯罪の証明がないときは、判決で無罪の言渡をしなければならない」

 (中略)

「三浦九段の問題で新聞やテレビは第三者委の報告をどう報じたか。ネット上の記事を見ると「不正認める証拠なし」「不正の証拠なし」「不正の証拠ないが処分は妥当」といった見出しが並ぶ。見出しだけを読む人は、証拠が足りなかっただけで疑惑は払拭されていないという印象を持つかもしれない。そして、心の中にある「灰色無罪」のカテゴリーに三浦九段を入れてしまうかもしれない。第三者委が公表した報告書概要は結論で「指摘された点はいずれも実質的な証拠価値に乏しい」「不正行為に及んでいたと認めるに足りる証拠はない」と述べる。メディアの報道はこれに依拠したものであり、その限りでは妥当だ。

 だが「実質的な証拠価値に乏しい」とはどういうことか。概要をさらに読み込んでいくと次のような事実が分かる。①対局中の映像を分析した結果、根拠の一つとされた約30分間の離席はなかった②提出させたスマートフォンやパソコンからは不正行為の痕跡が見つからなかった③ソフトとの一致率は一定ではなく、計測するたびにばらつきが出るうえ、他の棋士でも同程度の一致率が数多くあって、不正の根拠にならない④「自力で指したとは考えづらい」と指摘された指し手についてプロ棋士に見解を聴取、多くの棋士が「不自然ではない」と答えた。

 証拠とされたことが全面否定されている。
①の「離席」は事実自体がなかった。③の「一致率」は無意味だった。疑惑の根拠は、それ自体が不存在だったといえる。棋士生命が脅かされ、人間性さえも否定されかけた三浦九段は潔白であり、疑惑はぬれぎぬであった。だとすれば、第三者委もメディアも結語として、名誉回復の意味もこめ「証拠なし」ではなく「潔白」「冤罪(えんざい)」か、せめて「疑惑なし」とするべきだった。そう表現してみれば、第三者委が出場停止処分を「妥当」としたことの不当性も、将棋連盟の救済措置の不十分さも、明らかだろう。
(47NEWS編集部、共同通信編集委員 佐々木央)

 全くその通りだと思います。メディアも少し動き始めました。

 後藤元気氏、渡辺竜王、あるいは久保九段や橋本八段などに対し、三浦九段同様厳しく取材をし、真意を追求することを期待します。


<1月5日>
○メディアから一言
 朝日によると、「3日にあった第93回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)のコースになっていた東京都内の国道1号交差点で、車の規制ができておらず、神奈川大学の選手が車にはねられそうになっていたことがわかった。規制にあたった警察官の連携ミスが原因といい、警視庁は「再発防止に努める」としている。」とか。
 「近くで観戦した埼玉県の女子高校生は「選手が近づいているのに車が止まらず、大丈夫かと周りもざわついていた。車は減速せず、選手がひかれそうでハラハラした」そうな。

 私も映像見ましたがアレは酷い。箱根駅伝が終わりかねない事態でした。

 警視庁は徹底的な原因究明と再発防止策の策定、「情報公開」を全面に掲げる小池知事はる徹底的な情報公開を期待したいですね。

 人命がかかった重大なヒヤリハット事案なのですから。


○メディアから一言2
 J-CASTニュースによると、「東京板橋区の乗蓮寺が「ベビーカーご利用自粛のお願い」の看板を出した、とツイートされた」そうな。
 で「乗蓮寺は2年前まではベビーカー優先の寺だった。看板を出したことであらぬ方向まで話題が沸騰していることに住職は頭を抱えている。

 この背景は、要は、元々ベビーカーと車いすを優先していたところ・・
ベビーカーを理由に親族5人や10人が優先参拝し、他から見ると(当たり前ですが)割り込みだとトラブルになっていた
・ひどいのになると小学5年生をベビーカーに乗せて、優先路に入ったらそこから下ろすなどの行為が散見された
・高齢者がベビーカーにつまずいてケガをする事象が発生し、警察から要請があった

 こうした、実にもっともな理由です。

 せっかくの善意の制度が、悪意者が続出することによって廃止されたのは寺の責任ではありません。市民自身のレベルが低かったせいです。

 ちなみに、こうした実際のことを調べもせずに、売名行為をしようとする有名人はなお悪質ですね。。
 「乙武洋匡さんはこうした騒ぎに関して1月4日にツイッターで、 「『混雑時のベビーカーは自粛すべきだ』という意見を耳にするたび、車椅子も同じように思われているのだろうと肩身の狭さを感じる。不寛容な社会になればなるほど、『生きづらさ』を感じる人が多くなっていく」
 車いす?話しのすり替え?
「東京都議会の音喜多駿議員は、「初詣ベビーカー論争」だとし、ブログで、 「少子化の最大の原因は、わが国が『子どもを産めば産むほど不自由になる社会』であることだと考えています」と訴えた」そうな。

 全く的外れ。

 私は、混雑する場所、つまりベビーカーに乗っている子どもの上に大人が誤って倒れ込む可能性のある混雑する場所には絶対に連れて行きませんでした。 
 正確に言えば、仮に連れて行っても混雑を前に、今日は別のところに行こう、と混雑から逃げていました。

 当たり前ですが、ベビーカーで家族でどこか行くなら「チャイルドファースト」なのですよ。「行けなくておかしい」「せっかく来たのだから」とかいうのは大人の勝手な理屈なのです。

 だって、ベビーカーの位置って大人の膝と尻の間なんですよ?大人で混雑しているところにベビーカーで行くなど、危険すぎます。
 混雑した電車でベビーカーをたたんでだっこするのは、ベビーカーが場所を取るとかではなく、子どもを不慮の事故から守るためなんですよ。

 親の欲望を満たすために、子どもをリスクに晒すということ自体おかしいとなぜ彼らは思わないのか。

 そもそも、初詣は三が日にいく必要もありません。宗教上の理由とかで行かざるを得ないなら、朝の早い時間に行けば、大宮の氷川神社ですらおおむねスムーズに参拝ができます。なんでわざわざ混雑時に行くのかなぁ、と。

 そういう当たり前のことすら理解できずに、「差別」とか「子どもを産めば不自由になる」とか、斜め上過ぎます。

 最近テレビに良く出ている音喜多氏はこういうところでも馬脚を現しているんですよね。
 彼は体験するのが好きな政治家のようなので、一度ベビーカーに乗ってその目線や混雑した場所に行って人の圧力を体験してはいかがでしょうか。
 そうすればこんなばかげた発言は出て来ないと思います。
 普通の親は体験しなくても普通に理解していますけどね。

 いずれにしても、育児が、こうした売名行為に利用されていたり、大人の目線での政策ばかりで、子どもの目線が失われているのが問題だと感じます。


○メディアから一言3
 日刊スポーツによると、「関東学生連合の照井明人(東京国際大4年)が、10区で“幻の区間賞”となった。関東学生連合はオープン参加のため参考記録となるが、1時間10分58秒の快走。区間賞だった順大・作田直也(4年)の1時間11分0秒を2秒上回った。」とか。
 「順大の10区作田(直也)(4年)が、初の区間賞にも複雑な表情を見せた。1時間11分0秒で走ったが、照井の参考記録に2秒遅れだった。「『マジか』と思いました。(参考記録でも)負けは負けなので。1秒でも速い選手がいれば、そっちの方が強い。(区間賞の)トロフィー、もらっても微妙ですね。強い選手がいれば、そっちにあげればいいなと思うんですが…」と口にした。」そうな。

 作田選手、かっこいいぞ。アスリートだからそう思いますよね。
 関東学連は、総合記録は参考記録で良いとしても、区間記録は正式に認めるべきだと思います。アスリートの気持ちを考えようよ。
 危険後の参考記録と、たすきをつないだ上での記録は全然違うのだから。


○一言
 松本博文さんという将棋ライターのツイッターによると、「三浦さんに会えたら、聞きたいことはたくさんあった。しかし何よりもまず、連盟の発表当初に疑ったことは間違いないので、謝らなければならないと思っていた。そして、こちらが口を開こうとした瞬間に、さっと押しとどめるようにして、「気を遣っていただいているのはわかっていますから」と言われた。」そうな。

 渡辺竜王と親しい将棋ライター後藤元気氏と普通の将棋ライターの違いがはっきりと分かる事案であり、また三浦九段のお人柄がよく分かる事案でもあります。


○一言2
※全文掲載がより本意を伝えることになると考えましたが、著作権上問題を呈されたらすぐ削除します。
 松本記者はヤマダ電機主催上州将棋祭りの1/3子ども将棋大会での三浦九段の挨拶をツイッターで書き起こして下さったので転載します。
「今回、ご出演できなくなったのは、ヤマダ電機様のせいではなくて、ヤマダ電機さまは、この騒動が起きてからでも、ずっと信じてくださって、それで、復帰明けは私でいくということで、そういう気持ちでいてくれました。その点は、誤解をしていただかないでほしいです。これは、考えてみるとすごいことでして、大きな企業というのは、えてして、個人というよりも、組織を守るというような傾向にあることも、私は、重々、承知しております。ただですね、ヤマダ電機様は、そうですね、私を信じてくれまして……。なんていうんですかね、あの……。信じてくださいまして……。本当に、何とお礼を言っていいのか……。(言葉に詰まって)すみません、(過去に例がないほどの大勢の来場者で)ちょっと緊張してしまって……。本当に、あの……。ありがとうございます。(会場から盛大な拍手)これだけはお伝えしたいんですけれども、このような、ヤマダ電機様のような大きな企業が、子供大会を開催していただけるということで、このことだけは、本当に忘れないで欲しいと思います。子供大会がずっと続いていってくれることを願っています。これが最後ですけれども、これからも、電化製品を買うなら、ヤマダ電機で!(会場大きな笑いと拍手)」

 正直、ヤマダ電機を見直しました。情に厚い上州らしい。


<1月3日>
○一言
 箱根駅伝、残念。
 安井を除く3年生以下があの体たらくでは来年はシード権すら危ないと思います。
 これをバネに頑張って欲しいものです。
 しかし、ここ最近思いますが、中央学院大学の育成力はすごいですね・・。

○一言2
 阿久津八段が「ネットを見たらイベントに三浦九段が出演されたのですね。年明けにまず明るいニュースです。
ヤマダ電機さんにはたくさん動いていただいたのだと思います。年末年始でお忙しい中ありがとうございます。」とツイート。

 背景を少し匂わせつつ、前を向いたすばらしいツイートだと思います。
 良いニュースだと私も思います。

○一言3
 それに対し、渡辺竜王と親しい後藤元気氏が、ブログに追加コメント。以下に引用します。

「私が懸念したのは、追記の(3)に記したように、第三者委員会の報告をすべて鵜呑みにして「なぜこういう事が起こったか」「今後起こさないためには何をするべきか」「万が一起きたときにどう対応するか」という部分を突き詰めない展開になることです。検証を続けることで、疑惑をくすぶらせ続けようという意図ではありません。
第三者委員を格付けする機関があるように、その報告は検証の対象となります。しかし一方で時間をかけて作成された資料でもあり、これを有効活用しない手はないと思います。

 三浦九段は理事会による出場停止の妥当性の判断に疑問を呈しました。「不快感」で済まされてしまった渡辺竜王、久保九段にも言い分はあるでしょう。
 理事会は報告についてのきちんとした説明が必要ですし、その範囲は最低でも正会員すべてが対象になると思います。今後はヒアリングではなく、きちんとしたディスカッションによって前進してほしいと願っています。」

 ストレートにいえば、後藤元気氏は社会経験が未熟な上に、狭い業界でよくある業界のぬるま湯・・言い換えれば権力者に媚びを売って生きてきた方なんだと感じました。
 なぜならば、事実を確認した第三者委の報告に対し、根拠も提示せずに「鵜呑み」とか、あたかも第三者委が間違っているかのような言動はあり得ないでしょう。

 しかも、ネットでは基本渡辺竜王が批判されていたのですが、久保九段も渡辺グループだと明言しましたね(笑)
 ばかだなぁ・・。むりやり巻き込んでどうするつもりなんだろう。

 そもそもの問題は、渡辺竜王が文春を使って「クロ」と断定したことが根本なのに、「渡辺竜王の言い分を聞け」とか、頭がおかしいとしかいいようがない。

 渡辺竜王は自身のブログで思う存分意見を開陳できるのに、あえて文春という媒体を使った。
 この前提を無視して意見の開陳の場がないとか、贔屓の引き倒しも良いところだし、将棋界より、自分が将棋界で生きていくために非論理的は発言を繰り返している後藤元気氏の茶坊主っぷりには、将棋界の「狭い世界」を感じ嫌気がさした将棋ファンも多いでしょう。
 
 明確な証拠がなく、公然と人を疑っただけでなく不利益をもたらし、結果が出たら、謝るのが世間の常識。
 さらに言えばサービス業では悪くなくても謝るときもあるんだよ。
 悪くなくても謝れと言っているのではなく、結果的に不利益をもたらしたことについても謝らない後藤元気氏って社会人失格と考えられてもおかしくない。こういう方が、ライターとしてNHKにも寄稿しているとなると、将棋界はいかに非常識なんだ、と普通思うでしょう。
 将棋界に泥を塗り続ける後藤元気氏って一体何がしたいのでしょうね?将棋嫌いなのな?

 後藤元気氏は将棋界の一部の非常識を体現している人物ですね。今後も彼の行動が注目されます。


<1月2日>(その2)
○一言
 超かっこ悪い人の話だけだとアレなので、お正月のテレビを見てかっこいいと思った方々。

 谷やん(谷崎鷹人さん)の気魄と、しかも結果を出したことはとてもかっこよかった。
 平野泰新さんの努力と結果を出したことはかっこよかった。また、脱落者がアドバイスをしているのも良かった。
 神奈川大学の鈴木健吾選手の自分でペースをつくっての激走は、かっこよかった。

 正月番組はお笑いで癒されるけど、こういうかっこいい人たちをいるのも胸がすっとしますね。


<1月2日>
○一言
 将棋界では年末にもかかわらず、裏でいろいろな動きがあったようで、第三者委の結果が出てからも気持ちの悪い話になっています。
 もういい加減にしてくれ・・。

 具体的には、12月31日に2つの記事がありましたので転載いたします。

1.羽生三冠中傷?
 アヒルウサギブログ。「羽生は最初から一貫してます。私のアカを通じてお話した事が全てで、風向きを変えた勇気と信じます。連日マスコミが自宅に来ても矢面に立ち毅然と疑わしきは罰せずと告げ対局してゆくことの苦悩を知らず。」

 率直に言えば、これが当時の雰囲気の全てを語っていると思います。渡辺竜王の文春での「クロ」発言や橋本八段のブログでの「1億パーセントクロ」発言等に三浦九段はクロだとメディアは追い込みたいし、その方がおいしい。そのような中で「疑いは事実ではない」と毅然と言うのは大変だったと思います。

 羽生三冠すら貶める発言を誘導しているとしたらとんでもない政治的陰謀がまだ続いてる?

2.後藤元気氏がこの期に及んで三浦九段の疑惑を提唱氏、自己弁護
 次に、私が将棋界に泥を塗ったとして取り上げている「渡辺竜王とは同門の兄弟弟子であり、将棋会館を出ても会ったり連絡をとったりする機会が多く親しくしている」と自認する後藤元気という将棋ライター
 またもや三浦九段の疑惑を同日付けブログに掲載。
 第三者委の結果が出ているのに見苦しい。プロのライターとしても人間としていかがなものかと思います。
炎上商法による金儲けには与しませんので、リンクは張りません。「将棋ワンストップ」のツイッターをご覧下さい。

 具体的には、「三浦九段が不正をしているのではないか」という話が(私の体感では)8月の中旬あたりから棋界内にあり、様々な意見や先々への不安な思いを聞いていたのは事実です。「ネット上でデマをばらまき、何度もクロと断言した」といった主旨のコメントや指摘については、私自身はそういう認識はありませんでした。」と言い訳。

 笑わせてくれますね。プロのライターですよね。ではあなたの10月20日のツイートは何ですか?誤解の無いように全文引用します。

たとえば今回の三浦九段の一件はかなり前から問題視されており、何人か集まればだいたいその話題になります。はっきりと疑念や不満を言って感情を露にする棋士、それを諌める棋士、何も口にせず眉をひそめる棋士…その誰もが、言いようのない不安と戦っているように感じられました。」

 確かにクロと断言はしていないけど、このツイート見たらそれこそ1億パーセント三浦九段がクロだと明確に暗喩している。
 
暗喩をプロが知らないはずないですね?
 もし暗喩を知らないと強弁するなら、プロ失格なので筆を折るべき
です。

 後藤元気氏の悪意に基づく誘導については、以下の棋士の発言からも分かります。
・上野五段のブログ。
「後藤元気氏が言う「不安」に対し)」私もその話を聞いたことはありますが、私を含めて、不安のある方はいなかったと思います。むしろ疑惑を出した方の勇み足ではないか、という印象でした。 」と。
・疑惑4局のうちの2局の対局者である丸山九段
 「三浦九段との対局で不審に思うことはなかった。一連の経緯には今も疑問が残っている」
・三浦九段の師匠の西村九段
 「三浦君は真面目過ぎるほど真面目で、勝負師というよりも研究家肌。だから、将棋ソフトを不正に使ったりするとは信じられません。」
・武者野七段
「三浦君は将棋の虫で、将棋盤に向かい1日10時間座っている男なんです。そんな男がそんな不正をするかと思います。あれほど優秀な男がするわけがない。いろんなやってない証拠を提出しているけど、悪魔の証明はできないんで」
・屋敷九段
 「真相が全くわからないのでコメントしようがない。個人的には三浦九段の人間性もわかっているので、不正をやるようなことはないと思う」
・野月七段
 「現場を突き止めたとか証拠があるなら別だけど現段階の記事で、こんなんで不正棋士とかレッテル貼られるの可哀想すぎる。」
・田丸九段
 「(三浦九段の名誉と棋士生命に関わる重大なことを、常務会がわずか1日で決定したことについては、少し疑問に思います」「説明会では、三浦九段を批判する声と同情的な声に分かれましたが、私の実感では後者のほうが多かったと思います。」

 羽生三冠同様棋士が疑惑の段階で実名でこれだけ証言しているのだから、自分の発言に自信があるのなら棋士名とそのコメントを書けば良いだけでしょう。
 証言棋士を書けないのなら、後藤元気氏は噂で三浦九段を貶めたライター失格での人間のクズと言われても仕方が無いでしょう。

 後藤元気さん、あなたはペンの暴力で、一人の人間を噂で失業に追い込み、家族生活を破壊しようとしたこと、少しは理解してはどうか。

 挙げ句の果てに、 「ネット上では「三浦九段は無罪なのだから、疑われるような行動は何もなかった」といった論があり、ともすれば逆の意見を封殺する風潮すら見られます。これについて私自身は異様さすら感じています。」といまさらに書きます。

 物事を中立的に判断できていない愚劣な発言です。封殺ではなく、裁判の結果は出たのですよ。
 結果が出た以上、さらに疑惑を言うのなら証拠を出せ、という当たり前のことです。後藤元気氏は社会常識を分かっていますか?貴方の発想の方が非常識で異様です。

 またこう言います。
 「一方的な論調によって渡辺竜王、久保九段が意見を言う機会が奪われてしまうのであれば、それはおかしなことです。一般のファンであっても、きちんとした形であれば疑問を投げかけてもいいと思います。」

 当サイトでは何度も書いていますが意見をご自身のブログで堂々と書けばいい。
 羽生三冠ですら自身のツイッターがないので、奥様のツイッターを使ってご自身の意見を明確に開陳したのですから。
 そもそも、多くの将棋ファンが問題視しているのは、肉声ではなく、なぜバイアスがかかる週刊誌を使って意見を表明するのかというところ。


 意見を書く機会は明確にあるにもかかわらず、「意見を言う機会を奪われてしまう」とか、後藤元気さん、正気で書いていますか?

 週刊新潮さんその他週刊誌の皆さん、後藤元気氏を調べて今回の騒動の裏を報道して下さい。

 正直、無能な味方は最悪の敵なのだと思います。
 渡辺竜王はこういう無能な味方には余計な誤解を招くこと言うなときちんと釘を刺さないと、何もしないのにただ自分の立場が悪くなるだけでしょう。

 っていうか、後藤元気氏って、渡辺竜王を棋界から追放するための逆スパイなの?とまで思います。あまりにも愚劣な言い分で、この時期に渡辺竜王のことをさらに悪く思わせるブログを書くって、あり得ないと思います。裏切った?


<1月1日>
○一言
 あけましておめでとうございます。

 中国リスク、米国トランプ大統領、EUの不安定化(英国、移民、政治的右傾化等)など、対外的な情勢変化に柔軟な対応をしなければいけない年・・言い換えれば一喜一憂せずにどっしりと構えることが求められる一年だと思います。

 個人的には、家内安全が第一の小さな幸せを維持することが最大の目的です。

 今年もよろしくお願い申し上げます。


○一言2
 紅白。金爆とレボレボが出なくなったので、残念でしたが、結構おもしろかったです。
 個人的には、演歌歌手が同じような曲を歌うのだから、金爆の「女々しくて」が毎年でもいいと思いますが。

 しかし。
 視聴者票が圧倒的に白組で、今年の話題は圧倒的に白組の側(PERFECT HUMAN、君の名は。、恋ダンス)でしたし、Xのパフォーマンスなども見られたのに、審査員票が9対2という意味不明な大差で紅組が勝ったことに、ふざけるなと思っています。

 実際、(紅組勝利と言われて)有村さんも戸惑ってましたし、こんなばかげた結果なら視聴者投票の意味がありません。
 
我が家の女性陣も、あり得なくね?というのが率直な感想です。

 NHKはやってはいけない「視聴者を無視する」ということをやってしまったと思います。
 視聴者・会場投票4-0の圧勝にもかかわらず、審査員票2-9ってどう考えてもあり得ないでしょう。腐っている。


 歌合戦の結果自体はある意味どうでも良いですが、ここまで視聴者を無視するということが大きく問題であると指摘します。もしこれが本当に結果が決まっていたのではないのなら、審査員の選び方を考え直すべきです。あまりにおかしい。

 視聴者投票を何のために取り入れたのか、視聴者をバカにするな、ということです。


<12月30日>
○一言
 釜山の日本領事館の前の歩道に「平和の少女像」が市民団体の手で設置されたそうな。

 行政側はそれを認めないとしたが、「市民による抗議」によって容認せざるを得なかったとか。

 韓国内でどこに設置しようが自由ですが、あえて日本の領事館前に設置するというのは日本に対し何らかの政治的意図があるということです。はっきり言えば、北朝鮮は大喜びだと思います。

 もし、燃料等の不足がないのなら、農閑期で、米国大統領が替わる権力の空白期で、韓国大統領不在で、反日の市民が「大活躍」している今の状況、金正恩氏が乾坤一擲の勝負をする環境は、将来的にもこれ以上はまずないと考えます。
 今後は食糧の調達すら困難になり、朝鮮人民軍を維持できないことは明確だからです。

 それはともあれ、現実問題として、市民団体が言う「慰安婦のおばあさん」の過去を変えることはできないのだから、慰謝料をお支払いし、余生を安楽に送って頂くこと以外に、償う方法はありません。それが損害賠償です。

 それについては、既に日韓基本条約等で本来話がついているにもかかわらず、昨年の日韓合意で、今回改めてお金をお支払いすることで誠意を示し、この問題に決着を付けたということです。

 韓国の市民団体の決定的な勘違いは、我々日本市民がお支払いしているということを理解していないことです。

 私が一番腹が立つのは、労働者の税金でお支払いしている事実上の賠償について、「金」だからと軽く見ている点です。
 労働者が金を稼ぐのにどれだけ苦労しているかを理解すれば、「金を軽く見る」などできないはずです。

 韓国の市民団体の方は本当に労働者なのですか?働いていれば、稼いだ金の中から金を払うことは重いと感じるはずですが。

 いずれにせよ、彼らが言うように、日韓合意を破棄するというのなら、お金の支払いも無効ということになりますから、「(慰謝料を受領した)慰安婦のおばあさんから取り上げて」日本に返すということなのでしょうか。

 当事者でもないのにそんなこと人権に反すると思いますが。

 金は受け取る、合意は破棄するというのは全く非論理的・契約違反で、常識的にあり得ないことを理解するべきです。
 
 なにより、「慰安婦のおばあさん」のことを本気で考えているならば、少女像の作成にかかったお金を彼女らにそのまま寄付するべきです。しかしそれはやらずに訳の分からないパフォーマンスでごまかす。

 結局、自分の政治的主張のために、利用しているだけでしょう、本当は。
 反日なら反日で良いし、政治的活動は自由。でもこのやり方は適切ではないと思います。
 そういう当たり前のことを報道しない韓国メディアはおかしいと思います。


<12月29日>
○一言
 電通の問題。
 過労死でない上に事情を側聞する限り、致命傷となったのは明らかにパワハラの問題にもかかわらず、残業等の問題ばかりに目が移るのは全く間違っていると私は感じます。、

 実感として、自ら命を絶つケースはパワハラや過度の責任の押しつけであり、単純に「職場での残業時間」の多寡の問題ではないと思います。教員などは家に持ち帰って事実上の深夜残業を強いられるケースもありますし。
 私自身、「夏休み」のはずですが、返上しようとしたら、「ルールだから取ってもらわないと困る」ということで、夏休みの帰省先で仕事していたり、その往復の電車の中で仕事していたりなども経験しています。

 メディアが残業問題に単純化する報道の誘導に大きく疑問を感じます。ADの過酷労働の問題など、本質的な過重労働やパワハラの問題を、単純な「時間の問題」に目をそらしたいのではないかとみています。
 自分たちに矛先が向くのを恐れて。


○一言2
 サンスポの今村忠という記者が、週刊文春や渡辺竜王から金もらっているのかと「疑う」ような酷い記事事を書いています。

 具体的には、29日付のサンスポから。
 「「李下に冠を正さず」という。スモモ(李)の下で曲がった冠を直そうとして手を上げると、実を盗っていると疑われる。誤解を招くような行動は慎むべきという戒めだ。ソフト不正使用疑惑で年内の出場停止処分を受けている将棋の三浦弘行九段(42)には、このことわざをかみしめてもらいたい。」と一方的に批判する記事。

 挙げ句の果てに、「ある高段棋士は「連盟が何とか丸く収めた感じですっきりしない」と話す。」など、あたかも三浦九段をクロだとしたいような、週刊文春や渡辺竜王などの権力者から金もらって提灯記事を書いているかと「疑う」ような全く根拠のないいい加減な記事。
 第三者委員会の報告書を見れば、「疑惑」の一部が虚偽であった事も明らかになってます。にもかかわらず「疑われた方が悪い」かのような記事を書くのは、あまりにもいい加減でかつ一方的な記事。
 週刊文春や渡辺竜王などから買収されて提灯記事を書いているのではないか、という「疑惑」を持たれるには十分な理由です。
※疑惑であり、金をもらっているかどうかなどははっきりしません。三浦九段と同じです。

 私の「疑惑」が事実と違うのならば、李下に冠を正すようなマネは今村記者自身がやめるべきでしょう。
 きっちり取材をするのがメディアとしての最低限の矜持でしょう。
 
今村忠記者はプロとしてまともではないし、恥を知れ、と思います。

 
○一言3
 朝鮮日報日本語版によると、「(次期大統領戦有力候補の一人)李在明市長が27日、ソウル市内の韓国プレスセンターで行われた外信記者クラブ懇談会で」次のように述べたという。

 李在明市長は「はっきり言っておくが、日本は(1950年に)北朝鮮が韓国を侵攻する5年前まで大韓民国を武力侵攻・占拠していた侵略国家だ。侵略の事実をきちんと認め、反省していないだけでなく、独島(日本名:竹島)挑発を通じて侵略の意思を一部あらわにしていると思う」と言った。

 これ、ひどいですね(笑)
1)大韓民国を武力侵攻・占拠
 明確な誤り。
 第一に、大韓民国は当時存在していません。
 第二に、いわゆる武力侵攻はしていません。政治的侵攻というのなら理解できますが。

2)独島挑発
 そもそも論ですが挑発など何もしていませんが。領土紛争で見解を示すのは「挑発」とは言いません。北方領土や尖閣諸島の事例を見ても、「主張するだけ」なら普通は「挑発」とは言いません。
 そもそも竹島で軍事演習等をしたりしているのは韓国の方だと思いますけど。

3)侵略の意思
 韓国のような国家を日本が占領することはあり得ません。心の底からご安心下さい。

4)敵を見る方向が違う
 国民の不安というか、政治的無能さを反日に転嫁するのは韓国の毎度の手法ですが、北朝鮮の体制が一か八かという状況下で、その手法って大丈夫なのですか?
 韓国は味方はどこの国だと思っているのでしょうね。38度線で対峙する国家から侵略を受けたら、優秀な韓国軍で孤軍奮闘するんでしょうね。
 がんばってください。間違っても日本に助けを求めたり、避難民が日本に来るとかはやめてくださいね、そこまで悪し様に罵るなら。

 正直、こんなレベルの政治家がこの時期に次期大統領有力候補というのは驚きです。
 

<12月28日>
○一言
 茨城で震度6弱。結構ゆったり長く揺れていたので震源の深さが10キロは意外でした。

 幸い被害もほとんどなかったのは良かったですが、前震の可能性もありますのでここ2日間はいざというときに備えるべきかと思います。

 なお、うちのフェイ(18歳猫)は寝たまま起きませんでした・・おばあちゃんとはいえ、野生のカケラもないぞ・・orz


○一言2
 メディアを利用して三浦九段の疑惑をあたかも事実であるように書いた人間は、まずは明確に謝罪するべきです。
 もちろん、証拠が出なかっただけなのかも知れません。
 しかしながら、証拠自体が間違っていたり、クロである証拠の提示をせずに文春砲等メディアやネットを使って「推定有罪」とする手法は、法治国家に住む人間がやってはいけないことです。

 少なくとも禁じ手を指した渡辺明、島朗、中村徹(文春記者。:将棋を自社利益のために売った人間)後藤元気(競馬ライター、根拠なくブログで三浦疑惑を流す。NHKは将棋雑誌の契約を解除すべき)青野照市、橋本崇載は、謝罪を含めた名誉回復の措置を取るべきです。
※敬称略

 もし、渡辺竜王、島九段、青野九段、橋本八段がそれをやらないのなら、人間のクズと言われても仕方ありませんし、将棋界は政治力が全ての腐った社会なのかと。

 確たる証拠もなく人を陥れる暴力団のような人間が竜王や最高位の棋士であってはならないと私は思います。
 そうではないと信じたいから、謝罪を含め名誉回復の措置を彼らが率先してとるべきだと考えます。
 取らないなら、将棋界って、何なんだ、と。私自身、10月から将棋指す気にならないんです。なんだこの政治的なものは、と感じて。

 三月のライオン、聖の青春など、棋界にとって圧倒的な追い風が吹いていたのをぶちこわした責任も、棋士として当然取るべきだと思います。まともな人間ならば。


<12月27日>
○一言
 正直、胸が痛いし、涙が出てきそうです。

 昨日、第三者委員会がこれ以上ないくらい明確に結論を出し、三浦九段と連盟の記者会見が行われ、とにもかくにもこれから再出発しないといけない前を向いていかなければいけないような時にまた週刊文春を使った自己主張って・・・。

 ご自身のブログで「急所を自分のブログで書くのを怖れてメディア任せにしたのもいけなかった。」と書かれていたのに、なぜこのタイミングでブログではなく週刊文春を使って意思表明するのか・・・。

 記事を見ないと結論は書けませんが、このタイミングで文春を使うこと自体全く間違っていると思います。

 もうね、なんというか・・。


<12月26日>
○一言
 三浦九段の不正疑惑について、第三者委員会が記者会見をしました。

 とにかく、いずれも証拠なしとして疑惑が事実上払拭されたのは良かったです。想像以上の三浦九段の完勝だと思います。

 以下ポイント。

  将棋ワンストップニュースより引用。「但木委員長は、不正の証拠がなかったという結論について説明しました。

・不正の根拠の一つとされた、7月26日の対久保九段戦の夕食休憩後に三浦九段が「自分の手番で約30分間離席をした」という事実はなかった。

・8月26日、9月8日の対丸山九段戦の夕食休憩後、連盟理事が三浦九段を監視していたにも関わらず、不審な行為は認められなかった。丸山九段も疑いを抱かなかった。

・映像が残っている3局(7月26日の対久保九段戦、8月26日、9月8日の対丸山九段戦)では、映像からも三浦九段が不正に及んだという証拠は確認されなかった。

不正の根拠とされた一致率は、計測毎にばらつく指標である。また、一致率が高い棋譜は、技巧の公開前に三浦九段が指した対局、他の棋士の対局でも数多く認められた。これらから、一致率は不正の根拠とならない。

・三浦九段から提出を受けたPCやスマートフォンなどの電子機器は、家族のものも含め、外部会社が調査した結果、疑惑があった4対局で不正におよんだとされる痕跡は確認されなかった。

・三浦九段が指した手が「自力で指せる手か否か」に関して、連盟所属棋士にヒアリングをした。対象は久保利明九段、郷田真隆王将、佐藤天彦名人、佐藤康光九段、千田翔太六段、羽生善治三冠、丸山忠久九段、渡辺明竜王。その結果、多くの棋士が、三浦九段が将棋ソフトの助けを借りずに自力で指した手として不自然ではない、離席の長さやタイミングが不正の根拠とはならないとの見解を示した。

 もちろん、証拠がないだけで、シロではないことは、当然です(悪魔の証明は無理だから)。

 しかしながら、第三者の弁護士が、様々な証拠(映像データその他)をもとに否定した事実は重い。

 島九段、渡辺竜王、千田五段が疑惑を提唱したのであったとしたら、処分は別として、全力で謝罪するべきです。

 特に渡辺竜王は、「クロだ」と明言した文春の記事に対し、ブログで「週刊文春に掲載された記事内容は、個人的にはおおむね間違っていないように思います」と明記している以上、挑戦者を疑惑で葬ろうとしたことになる結果責任を取るべきです。
 すなわち、長期間の出場停止が当然
だと思います。

 私は渡辺竜王ファンです。だからこそ言いたい。

 
行動が純粋だったとしても、社会では結果責任が全てです。
 結果が出た以上、
社会人としてきちっと責任を取って欲しい、と。
 人を糾弾したなら、その結果において責任を負うのが当たり前です。社会人なら、理解して欲しいと思います。
 もしここで逃げたら、渡辺竜王は裸の王様になると思います。

 竜王はそういう方ではないとファンとして信じたい。
 周りの人で竜王のために進言する方はいないのですか?
 
もし私が竜王の知人なら、どう考えても謝罪してペナルティを受け入れ、再出発するよう理論立てて進言すると思いますが。

 それが人の道だし、なにより、棋界のトップとしての振る舞いだと思います。
 竜王の周辺の方が竜王のためになる進言をすることを期待します。


<12月25日>
○メディアから一言
 12月24日付け東京新聞。「東京電力福島第一原発事故後に福島県内から横浜市に避難した少年が転校先の小学校でいじめを受けていた問題を受け、福島県からの避難者や神奈川県の住民ら二十五人が意見交換する集会が二十二日、横浜市神奈川区のかながわ県民活動サポートセンターであった。参加者からは「いじめの背景には親の無理解がある」などの声が上がった。」とか。

 具体的には「福島県浪江町から震災直後に鎌倉市内に避難した松尾弘美さん(72)は、同じ浪江町から関東に避難した若い母親数人から、子どもが小学校で「放射能きたない」などの言葉を浴びせられたと相談を受けることがあったという。「いじめた子に話を聞くと、親からそう教えられたと話すことが多いようだった。大人が間違った知識を子どもに植え付けているのが問題」と指摘した。」とか。

 全くその通り。

 誤った風評を流す東京新聞や反原発弁護士には猛省を促したい。


○一言
 関連して。

 「原発被害者訴訟原告団全国連絡会が12月22日、声明を発表した。「報道された原発避難者の子どもに対するいじめは氷山の一角」「子どものみならず、大人の世界でも、心ない仕打ちや嫌がらせという事態が続いているのが実情」と事態の深刻さを指摘している。」そうな。
 声明によると「福島県民と分かると差別されるので、出身地を言えない」などの事例があげられており、「被害者である避難者が、被ばくを避けるためにやむを得ず行なっている避難生活について、心ない批判や理不尽な仕打ちを受けることは、まことに残念な事態です」と言及している。

 被ばく???

 結局、原発被害者訴訟原告団全国連絡会自身が「誤った知識を世間に流して福島を誤解させている元凶ではないですか?

 あなた方は福島にいると「被ばくする」という科学的に誤ったことを言っていると自覚した方が良いと思います。

 それが全ての誤解の原因でしょうに。ふざけるなよ。
 自分の子どもへの加害者はあなた方自身であると知るべきです。


○一言2
 三代目J soul brothersのコンサートが、コンサートに参加するメンバーの事故で中止になったそうな。

 個人的には三代目は好きなので、こういうエグザイルトライブのファン軽視だけではなくプロ意識の低ささが露呈された事案は大きな問題だと思います。

 なぜなら。
 ファンって、まずチケットとるのが大変なわけですよ。ファンクラブ入ってなかなか当たらないチケット。そして当たったとしても特に北海道であれば、雪の中それなりの交通費をかけて、おそらくは前泊して来ているわけですよ。

 もちろん、三代目のメンバーに何かあったのなら別ですが、それ以外のメンバーで、かつ命に別状がないのに、中止とか、結局主催者側の勝手な都合であり、観客の気持ちを無視していますよね。

 俳優やお笑いの世界でもそうですが、「個人」でメシ食っている以上、親が死んだとしても、目の前の講演に穴を空けるなんてあり得ないでしょう。もちろん、それをこなしたあとの対応は別ですけど。
 ましてや、関係者のケガくらいでコンサートキャンセルとか、エグザイルトライブはエンターテインメントという意味でプロ失格としか思えません。
 
HIROはよくもまあこんなばかげた決定を許したものだと思います。非常に残念な案件です。
 

<12月22日>
○一言
 全省庁だけでなく独法までも含めた広範囲な資料請求。期限は7日。それも、クリスマスの3連休を含む。

 国家公務員は政治家の奴隷ではない、という基本的なことすら、大臣を経験したにもかかわらず、分かっていないという点に驚きました。

 一般論です。
 安倍内閣の厚生労働大臣が過度な発注を全省庁に課したり、ましてや別に急ぎではない案件でクリスマスを含む3連休での業務の可能性がある発注なんかしたら、厳しく世間から批判されると思いますけどね・・。ブラック批判も厳しいですしね。

 政権を奪回する気なんてないんだろうな、と、この発注で思いました。


○一言2
 忘年会からの帰り道。

 ものすごい豪雨で驚きましたが、私の斜め後ろから横に並んできた高齢者の女性。
 私の傘より低い位置で傘を持っていたので、その方の傘から雨が傘を伝って私の肩にむちゃくちゃ流れる(当然ですが)。
 私は驚いて、相手の傘を押しました。一応すみませんと言っていたが、形式的なものをすごく感じ違和感。
 後ろからしかも車道側から歩道側に突っ込んできたら、こうなること自明なんで、「少しひどくないですか」とつい言ってしまいました。

 すると「わかってたらこんなことしませんよ、すみませんと言ってるでしょう!」と逆ギレ。

 うわー、「最近の高齢者の論理」だー、と思いました。

 過失責任を絶対に認めず、仕方ないとするばかげた論理。昨今問題の高齢者の車の事故と全く同じ論理です。

 傘を持っている人の傘より低い位置に自分の傘を押し込んできたら、確実に相手の肩が濡れるのは、正常な認識力があれば当たり前に認識するはずなんですけどね・・。

 やっぱ最近の高齢者、おかしい人が増えていると感じます。

 多くの立派な高齢者の皆さん、今こそ立って欲しい、と思いました。
 そんな奴らと一緒にするな、そんな奴らは厳しく糾弾すべし、一緒にされると迷惑だ・・と。


<12月20日>
○一言
 米国在日大使館/領事館総出演の恋ダンスには驚いた!
 ちなみに札幌に領事館があるとは知らなかったし、雪の中すごい!
https://www.youtube.com/watch?v=7xuXlpvWw1I&feature=youtu.be

 余談ですが、藤井隆のキレキレダンス見れて嬉しい。
 「ナンダカンダ」「アイモカワラズ」はお勧めですよ。


○一言2
 国家公務員の本省係長の女性が23.7%だそうな。
 ええっ?

 私の所属する部署の女性率(臨時職員さんを除く)
 18%←0%←9%←40%←11%・・・
 基本私は男塾に配属されることがほとんどです。なぜか・・orz

 ちなみに、奇跡的に女性率40%の課に配属された時、おお、霞が関も変わったなぁと感じたのですが、2年未満で異動させられその後やはり男塾・・。
 今の部署も一見比率は高いですが、「昔のキャリアウーマン」が多いので、歓送迎会はやはり男塾です。
 全然昔とかわらねー。

 ちなみに、若い女性が2名いた部署で、彼女らが企画した忘年会は、外ではなく、業務終了後職場での早めのクリスマスパーティでした。
 この発想は絶対に男ではできない、と感心しました。ケーキやチキンとかいう発想なんてないですからね。アットホームで楽しかったです。
 これが、女性の中でも古い世代と新しい世代の違いなんだと思いました。

 めんどくさいから歓送迎会など出ない、ではなく、自分たちのやりたいように変えてしまえば良いという発想。
 本来これが女性の社会進出のあるべき姿だと感じました。

 
 女性の登用というと、女性率とか数字的なものばかりですが、こういった男性にはない女性の感性を生かすことこそが真の女性登用だと思います。女性がやりやすいように職場を変えていけばいいと思います。私のようなおっさん連中を手玉にとって。
 昔の出世する女性とか、今の出世意欲のある女性って、男みたいな女性が多くて、閉口するんですよね。

 女性の感性や特性をうまく生かした有能な若い人が偉くなってくれるといいな・・。
 あ、おっさんを排除せずにうまく手玉にとって下さいね(笑)


<12月19日>
○一言
 さすが、タモリさんは粋だねぇ・・。

 「人生に判定なんかどうでもいいこと」には、深く首肯しました。


○一言2
 日本の労働生産性が低いとか。具体的にはサービス業の分野で効率化が進んでいないという部分が大きい、と言います。

 でもこれって、現場の企業努力の話なんですかね?

 メディアや消費者が、従業員に過度の要求に答えざるを得ない状況に追い込むのが大きな問題なのでは?
 言い換えれば消費者も仕事になれば従業員の立場になりますから、結局自分で自分の首を絞めるように追い詰めているだけでは?

 例えば、欧米のチェーン店で、3ドルや2ユーロの牛丼に「つゆだく」をはじめとするトッピングとは異なる追加要求に応える店なんてあり得ないでしょう。
 逆にコンビニの求められる業務スキルは世界に冠たるものなのになぜか適切な報酬が得られない。

 要するに、サービス業に対する要求や競争が厳しすぎて、適切な対価が従業員に与えられていないということが根本的な問題なのではないかと思います。

 メディアは「それは消費者がおかしい」と厳しく批判する勇気を持ってほしい。

 安ければ良い、サービスが良ければ良いと現場にしわ寄せが来る意味不明な煽りはいい加減にやめるべきです。
 安くてサービスが良い、それすなわちブラック企業なのですよ。

 ブラック企業批判するなら、過度のサービスの要求を否定する論陣を張って欲しいと思います。
 

<12月18日>
○一言
 また、明石家さんま氏がやりましたね。

 私はクラブワールドカップの中継はほぼ毎年見ていますが、もういい加減、明石家さんま氏を使わないで頂きたい。

 いえ、彼個人は好きですが、クラブワールドカップ関係の「大御所の醜悪な権力の横暴」は見ていられません。
 過去にも、番組中のCR7らのインタビューで間に映り込んで記念写真とか。バルサの歓喜の輪に入りたいメッシにわざわざきてもらったのに、「引退後はどうするのか」とかいう意味不明なこと聞くなど、おかしなことをしていた記憶があります。

 今日も、鹿島が勝っていたり引き分けの状況で「日テレの社長が喜ぶ」とか意味不明な発言を記憶しています。

 ましてや試合終了後、「良いところに着地した」 「鹿島が2-1で勝ってしまったら色々考えてしまう」とか、善戦した鹿島へのリスペクトすらない正気とは思えない発言をしていました。

 すばらしい実況と解説に対し、無意味な芸能人ゲストのこれらの愚劣な発言に唖然としました。


○一言2
 日露首脳会談の結果について。

 なるほど、現実路線に舵を切ったのか、と。

 やはり、ロシアの住民が何千人もいて、もう何十年も住んでいるという現実は重すぎる。
 歴史専攻としては納得はできないものの、一方で実務家としてはそれを踏まえた新たなアプローチは、現状、「平和」「民主主義」を原則とした日本が取り得る最も良いアプローチであろう、と納得しました。

 結局のところ、領土を獲得するのは軍事力が全てという現実があるのですから。


○一言3
 Mr.サンデーで大阪のサンタランについて特集。
 その活動自体をどうこう言うつもりはないし、チャリティーイベントと同様に1つのやり方だと思います。

 ただ、大きく疑問を感じたのは、その報道において、街頭募金に対し「ひねくれているかも知れないが」という前提はついていたものの、何に使われているのかわからない、的な批判していたところ。

 もちろん募金はピンキリで怪しいのも見かけますが、もちろん、それだけではありません。それは「手法」の話です。

 「何に使われているかわからない」という「用途」という意味では、サンタランの事務局運営費見てみましたが、2015年の大阪サンタランの収支は、収入4300万円(うち参加費収入2500万)のうち実際にプレゼント代に充てられたのは500万円。 
 「イベント」としてやる以上経費がかかるのは当然ですし、サンタラン自体がそうであるようにやはり収入の大半が経費で消えるのは現実でしょう。

 せっかく良いことをやっているのだから、別に他の寄付活動の「手法」を批判しなくてもいいのに、と思いました。
 実際に寄付を受けていた方が街頭に立つこともありますし。

 寄付行為は様々な手法があって良いと思いますし、募金形式や単にお金を振り込むという寄付もいいと私は思います。
 手法の話と、実際の用途の批判を混同しているので疑問に感じました。


<12月15日>
○一言
 日露首脳会談で日露のメディアの報道を見ると、非常にわかりやすいことが見えてきます。

 具体的には。
 ロシアは、とにかく、ロシアの国益を重視した記事で、「○○は譲れないと語った」などの記事です。
 日本は、「交渉がうまくいくか」といった「見通し」の記事と、「安倍沈没」など、見通しが不透明である事から安倍総理の批判記事まで。

 政府の提灯記事を書いてくれ、と言いませんが、日本のメディアは日本のための記事を書いてくれませんか?
 安倍総理の失敗は結局日本の国益にならないわけですから。

 結果をもって批判するならともかく、首脳会談という「頂上決戦」に日本の代表が挑んでいる訳ですから、支持する支持しないは別として、我が国の代表の安倍総理の交渉がしやすくなるような「日本の国益を重視した」記事を書くのが、日本人として当たり前のことではないのでしょうか?
 仮に日本が一歩引くことで長期的に良い方につながるのならそれもまたありでしょうし。


○一言2
 原発避難者へのいじめの問題。
 ポイントはやっぱり報道されているのが全てが「自主避難」の方であること。

 私は子どもの頃転勤族の子どもとして色々痛い思いもしてきたので、すごく感じるところがあります。

 1つは、帰る気がないのに、なぜ「避難」なの?という問題なんだろうと思います

 経験では、転勤でたとえ数年であっても、そこで生活する以上「また引っ越すから」なんてことは絶対言わずに、地元に溶け込む努力が必要であるということです。私自身方言を積極的に覚えて使ったり。

 子どものいじめの最初のターゲットはやはり「よそ者」だと経験で感じますから。

 もう1つは、福島は汚染されているみたいなデマを流す文筆家やメディアの問題です。
 明らかに問題ないのに、「危ない」とか「ひどいのになると「住めない」みたいなデマを流すメディアの責任です。
 
 「いじめ」「福島差別」の要因を作っているメディアが、本件を批判するのは全くナンセンスで、福島の安全性についてもっともっと報道して欲しいと思います。
 

○一言3
 沖縄のオスプレイ不時着事件。
 海上でトラブルが発生し、海上だけを通って海上、それも海岸から1キロ先に不時着した。
 何十年前かの横浜の残酷な事故と比較してもパイロットは的確に対応し、問題ない事案です。

 米軍の幹部が怒ってましたが、そりゃあそうだと思いますよ。
 責任をもって人のいない地域へ誘導し、無事着水したのに、なぜ「もし○○だったら」ということで批判されるのか。
 機体や訓練が適切だったか等の問題はきちんとチェックが必要ですが、パイロットはしっかりと任務を果たした。本来事故というものはこのように回避されるわけで。
 それを無視して事故だけを見て「政治カード」として喜んで使おうとする翁長知事や名護市長とか、正気か?と思いますね。
 ある意味「事故が起こるのを期待していた」としか思えないような発言とか、呆れています。

 
翁長知事、そんなに言うのなら、沖縄本島だけ独立運動を展開されては?
 
そうしたら、あなたの支持母体がよりはっきりわかるでしょう。

 
なにより、「沖縄県」は沖縄本島だけではないと言うことを全く無視しているようなので。


○一言4
 成宮氏に関するサ・グレート・サスケ氏の暴露に疑問。

 子どもの一般にはあまり知られたくないと思われる過去(お子さんの名誉のために言えば、事実かどうかはわからない)を、唐突に言い出して、ましてや週刊誌に売る行動の意味がわかりません。

 なぜなら最初の投稿では「冗談だったと言ってくれば」みたいな記載がある一方で、今度の週刊誌でカマ掘られたみたいな記載があります。当然ながら男性による男性へのレイプも犯罪です。なら逆に親が「冗談で許せる」という方に驚きです。
 
 彼の主張は、私自身親として大いに疑問を感じます。


<12月14日>
○一言
 鹿島が歴史を作った!すごい!

 なのに、おしゃれヒールって、メディアって頭おかしいのではないですか?あれ以外だったら決まらなかった。
 なんだ、おしゃれって。正気で言っている時点で、メディアってホントどうしょうもないと思いました。


<12月11日>
○一言
 ポケモンムーン、殿堂入りしました。
 その後ジャッジを解放したらほとんどが「まずまず」で優秀以上もなし。
 なによりきつかったのがでんきとエスパーをうまく入手できなかったのでかなり偏ったパーティだったこと。
 「まずまず」ながら絶体絶命の時に「なつき」のおかげで攻撃をかわすミラクルを時折見せてくれて頑張ったポケモンたちに感謝。
 ポケットモンスターサン&ムーン、お勧めです。
 バランスやシナリオはすごく良い感じです。


○一言2(案件の重要性で一言の順番を決めているわけではありません、念のため)
 あまり報道されていませんが、鳥インフルエンザで東山動植物園が動物園エリア閉園など、かなり広範囲でリスクが高まっています。

 メディアでは「殺処分」とか報道でさらっと言いますが、10万単位の殺処分って、オーナーにとっても、それをする側の公務員にとっても、ものすごく重い出来事です。
 このあたりを踏まえて、そのリスクと結果の深刻さについてきちんと報道して欲しいと思います。


○一言3
 時事通信によると、「中国国防省は10日夜、沖縄本島と宮古島の間の宮古海峡から西太平洋に向かう定例の遠洋訓練をしていた中国空軍機に対し、日本の航空自衛隊のF15戦闘機2機が接近し、「妨害弾」を発射し中国側の安全を危うくしたと発表した。

 同省は日本側に「重大な懸念」を伝え、抗議したとしている。」とか。

 TBSなんかもそうだけど、中国の言い分を一方的に垂れ流して自衛隊が悪いかのような報道する日本のメディアって、本当に日本のメディアなんですかね?

 いいかえれば、日本のために報道しているんですよね?中国などのための報道をしているわけではないんですよね?
 この核心について確認したいと、今回の報道を見て思いました。

○一言4
 日刊スポーツでは「小池知事「立ち食いステーキ」姿にネット上騒然」というタイトルで、小池都知事のツイッターの記事を報道。

 でも、現実問題としては、地鶏ではなく、誰かが距離を置いて、口に入れるシーンを取ったというただの政治的宣伝。

 要するに、都知事が食事を取り、それを政治宣伝用にツイッターに上げただけなのになぜニュースになるのか。

 ネット上騒然、という形でネット住民の反応を書いただけ、と逃げ道を作っているのも悪質ですね。騒然となってないし。

 メディアがやたら小池知事を持ち上げる理由は何なのか、少し立ち止まって考えるべきだと思います。


<12月10日>
○一言
 オリンピックで建設費がどうこう言っているメディアや政治家がほとんどですが、それは経済的にはオリ/パラ開催中の観光客を初めとした特需でかなり相殺できると思います。世界に向けた広告料としても、打ち出し方次第でプラスと考えることもできます。

 むしろ問題は、その後の維持や活用の問題。

 ここの話が小池都知事関係だと一切無くて、建設費の話ばかりなのは本末転倒だと思います。
 特に東京はイベント会場が少ないのでまともにやれば十分いけると思うのですよね。
 
 そういう部分を無視して、単に金がかかる、後先考えずにアスリートや森が決めつけるいう小池都知事って、勉強不足だと思います。
 「女性」「改革」を主張する人を無条件で支持するメディアの発想は危険なことだと思います。


○一言2
 小池都知事が9日の記者会見で有明アリーナについて、「コストばかり削って、観客やアスリートにとって本当にいいのか」「個別の施設でなく周辺地域を「面」で開発する必要性や民間資本の活用などを訴え、「『コストから投資へ』『点から面へ』『官から民へ』、発想を変えるチャンスだ」とおっしゃったそうな。

 正直耳を疑いました。
 ガッツ石松伝説の、「私はボクシングと出会って人生観が360度変わりました」というのが連想されました:。
 
 だったら今までの批判は何だっんだと・・。

 なにより問題なのは、この矛盾をメディアが全然追求しないところ。民主党政権報道から何の反省もないのかな。
 支持ある側を持ち上げ批判を一切しない日本のメディアの悪い部分がはっきりとわかる1件ですね。


○一言3
 不法滞在で暮らしていたタイ人の両親に元生まれたウォン・ウティナンさんは11歳まで不法滞在の発覚を恐れ、住居を転々とし、13歳の時に中学校に編入したそうな。

 で、母子で在留特別許可を申請したら不法滞在を理由に国外退去命令(当然ですが)

 母親はそれに従ったけど、彼はそれを不服として裁判を行っているらしい。で、当然却下される(今は高裁で却下)。
 原告代理人の弁護士は、「不当判決というしかありません」と記者会見で訴えた。そうですが、この弁護士おかしくないですか?

 だって、日本で暮らしたいのなら、一回タイに帰って母親の元で暮らした上で帰化申請をし、帰化して日本に帰ってくるというのが一番手っ取り早いじゃないですか。
 というのも、仮に認められても単なる「留学」であり、いつかタイに帰らないといけない。帰る気ないなら帰化でしょう?
 今回のケースなら認められる可能性は極めて高く、だったらそっちに金つぎ込むべきでは?訴訟費用無駄でしょう。

 何か、悪徳弁護士に利用されているように思えますね。

<12月9日>
○一言
 成宮氏の芸能界引退。俳優として優秀な方だから残念極まりないですね。高遠遙一は成宮さんしかいないと思いますし・・。
 2面性を持つ役が最近多かったので、メンタル的につらかったのかも。

 ただ、勝新やショーケンなど、薬物でつかまっても復帰できる世界なので、強硬に引退を決めたのはプライベート暴かれたくなかったんだろうな、と推察。

 しかし、フライデー編集次長・小柳津純氏とか、盗撮盗聴という犯罪行為を僅かでも肯定している人間が正義の味方的な勘違いしているのが呆れますね。

 そういえば昔少年マガジンで露骨に民主党びいきの宣伝したり、講談社ってはっきり言ってメディアとしてモラルが低いんですよね。

 ゴシップはともかく、「セクシャルな部分」を盾に記事を書くのってどう考えてもだめだろう。人の人生をもてあそんで飯を食うフライデー周辺の講談社の職員はクズ連中だと思いますね。

 奇しくもたけしフライデー襲撃事件の日とは。

 なお、先入観を植え付けると誤解されかねないので、最後に回しましたが、トピックニュースからの引用です。
「9日放送の「キャスト」(ABCテレビ)で、芸能レポーターの井上公造氏が、引退を発表した成宮寛貴の所属事務所の報道前の動きを明かした。」とか。

 具体的には「前日8日、井上氏は成宮の所属事務所を取材したという。7日付で尿検査で陰性は出ていたが、「もし報道が事実なら、事務所としては解雇します」との意向だったという。

井上氏によると、所属事務所は実は第一報が出る前から、成宮本人と弁護士立会いのもと話し合いの場をもっていたという。さらに所属事務所側は週刊誌の編集部を訪ね、報道するならば証拠を出してほしいと要望したという。もし証拠があるならば、マネジメントをする立場から「本人を連れて警察に行く」との覚悟をもって動いたようだ。

ところが、そのときはそうしたものは提示されなかったという。井上氏は、現時点で公となっている成宮の友人Aとされる男性の証言については「僕が客観的に読んでいるだけでは、事実かどうかはわからない」と率直な感想を述べた。ただ、井上氏が取材した8日の時点で、すでに一連の報道は成宮の仕事に明確な影響を及ぼしており、「本人の落ち込みようは半端ではない」との話を所属事務所側から聞いたという。」


○一言2
 都議会で、小池知事が質問通告を否定し、結果都議会で答弁漏れ多数。

 その理由として「メモが取れなかった」というばかげた理由であれば、行政は都合の悪い質問が答えなくて良いことになります。

 これが成り立つのなら、東京都はもはや民主主義の論戦は成り立たないということになります。「小池いじめ」とか言うメディアや市民団体は、民主主義から、ヒトラーが生まれた「独裁」の経緯について、少しは勉強するべきではないでしょうか。
 東京都をナチスドイツ化にするつもりですか?


○メディアから一言
 産経によると、「7日の東京都議会代表質問で、自民党の崎山知尚氏は」「東京五輪・パラリンピックのバレーボール会場計画見直しで、横浜市が「横浜アリーナ」活用案について「競技団体の意向を重視すべきだ」などとする文書を東京都に提出したことをめぐり、都の調査チームの上山信一慶応大教授が、文書の存在を知事に知らせなかった理由を問うた。小池百合子知事は2日の定例会見で「私が目にしたのは昨日(1日)」などと発言していた。

 小池氏は答弁で、「そもそもこれは横浜市のご担当者から当方の担当局長のもとへ寄せられた文書でございました。その中身につきましては、私自身は林市長と長年の友人であり、本件につきましては日々連絡も取っております。そういったことから横浜市長からはそのお考えについては私自身直接聞いておりますので、このペーパーを自分自身が紙として受け取ったか、物理的な日はいつなのかというのは私にとりましては大きな問題ではございません」と応じた。」

 とか。平気で嘘つく東京都知事ってすごいですね。しかも小池人気のせいか事実がおかしいのに批判しないメディアってバカですか?

 なにより、嘘によって責任を事務方に責任転嫁したのに、現場の不条理感をなんにも感じていないって、行政のトップとして最悪だと思います。

 
○メディアから一言2
 毎日によると、「東京都の小池百合子知事は7日、都議会定例会の代表質問に臨んだ。前回定例会で事前に議会側と質問と答弁をやり取りする「答弁調整」を拒否して対決姿勢を強める小池知事に対し、最大会派の都議会自民党は詳しい質問内容を事前通告しない「意趣返し」を見せた。「知事対自民」の対決は議論が深まらず、知事就任後、初めてヤジを浴びるなど泥仕合の様相となった。」とか。

 国会で言う「質問取り」を都知事命令で行政の側が拒否すること自体、現場から見るとナンセンス極まりないのですが。

 質問取りの目的は、議員の問題意識を知ることにより、答弁を的確にするためのものです。
 例えば、同じ質問でも、「応援の意味」か「批判の意味」かで作成する答弁は大きく変わるわけですから。


○メディアから一言3
 まあ、毎日も現場の記者はアレは危ないと思っているんでしょうね。
 「小池知事が答弁できたのは、28項目のうち9項目のみ。選挙公約で掲げた電線を埋設する「無電柱化」や、自身が延期を決定した豊洲市場(江東区)への移転問題に関する質問など、準備がなくても答弁可能と思われる質問にも答えることなく降壇した。」という部分でわかります。

 でも、毎日新聞のデスクは小池推しで任期取ろうとしているんでしょうね。現場の苦労が見えた一文です。


○メディアから一言4
 時事通信によると、「政府は6日の閣議で、安倍晋三首相が先月に行ったトランプ次期米大統領との会談について、「非公式なものであり、会談の記録は作成していない」とする答弁書を決定した。

 民進党の逢坂誠二氏の質問主意書に答えた。」そうな。

 当たり前なんですけど、外交機密は民主党政権ですら公開していないのだから、こんなこと聞くこと自体、手続きで役人の業務量を増やすだけなんですよね。

○メディアから一言5
 朝日によると「推進派である自民党の谷川弥一・元文部科学副大臣(長崎3区)が「(質問)時間が余っている」と言って、法案の内容とは直接関係のない般若心経を唱えて解説し、自分の持ち時間を費やす場面があった。」とか。

 意味が全くわかりません・・持ち時間放棄すれば良いのではないでしょうか?

 自民党はこういうばかげた議員を厳しく注意し、国民の失望を招かないようにして欲しいと思います。


<12月5日>
○一言
 福岡の病院への交通事故。

 両親の命を奪われた小2のお子さんがお気の毒すぎる・・・。
 私には寄付しかできないけど・・。

 松岡龍生犯罪者(64)は、この期に及んでブレーキがきかなかったとか言っているようですが、じゃあなんで車が加速してるんだよ!
 ブレーキがきかないだけなら加速するはずないだろう!

 なにより、停止している無人の車を避けて、多くの人がいる病院に突っ込むって明らかに正気じゃないでしょう。そして自分はほぼ無傷。ちね。

 最近高齢者の車による悲惨な事件が相次いでいます。

 高齢者を差別するとかいう意味ではなく、還暦であり社会一般の定年退職など、60歳を区切りとして、それ以上は厳しい免許基準(ドライブシュミレーターによる客観的な採点による真の意味での「免許」制度)などを導入するべきだと思います。

 重大事故起こせばこれまでの名声や財産などを一気に失ってしまうというのは高齢者にとっても大きな損だと思います。
 余生を幸せに送るためにも、免許基準を厳しくすべきです。

 実際、職場でも経験ありますが、「まだら認知症?」という方はいるんですよ。自分がやったことを丸ごと忘れてしまっている?
 で、頭の中で自分の都合の良いように再構成して「私は○○のようにやっており、そんなことはしていません」と平気で言う。
 苦情を言われて先方に私が謝罪したあとに、「このようなことはしないで下さい」というと、首をかしげ、「私はそんなことしてない」と言う。

 老化を否定しません。私自身、例えば記憶力が衰えて名前がすぐに出て来なくなっているのを痛切に感じます。
 問題は、それを認めることができるかできないかだと思うのです。
 認めらない人が結構いるから、こんな悲惨な結果になってしまうんだと思います。

 高齢者に厳しい免許基準を新設することを強く希望します。国会議員の先生、なんにもしないんですか?


○メディアから一言
 フジテレビによると、5日の記者会見で「共産党の小池書記局長は「戦後最悪の内閣だというふうに、われわれ、思っていますので、非常に由々しき事態であると思います。ぜひ、もうこれ以上は、長続きさせない結果を出していきたい」と述べた。」そうな。

 さすが日本共産党。市民の選択(投票)を無視して、市民を愚弄している非民主主義政党。

 民主党のようにダメだったらいずれ支持率は落ちます。
 日本共産党が自分たちの意見以外を否定する排他的政党である事を記者会見で告白しちゃったすごい記者会見だと思いました。

<12月4日>
○一言
 最近の若手が損しているなーと思う点。

 ただですらおっさんとの交流機会が減っているのに、飲み会でもわざわざ若手で固まって、相手にしない。
 まあ、若手から見たらロートルのおっさんの過去の自慢なんて聞きたくない、ということなのでしょう。それはよくわかります(笑)

 ただ、例えば「こういう点でうまく回せていないのですが、どう思いますか」と助言を求めれば良いのではないでしょうか。
 自分から、経験豊富な人間に意見を求めれば、「おっさんの自慢話」にはならないと思います。

 いや、なんでこんなことを書くかというと、同期など特定範囲しか積極的に交流しない若手って、未来が結構厳しいんですよね。自分の人間の幅が広がらないから。人脈がどうとかと別問題で。言い換えればマネージメント能力が全く磨かれない。

 せめて課の中の人全員と仕事以外のとそこそこの会話してこの人はこういう人なんだ、と認識するくらいのマネージメントをするべきだと思います。
 ノンキャリアの私ですら、1年目では、課員の性格その他を把握して、うまく発注をさばくのが仕事だ、と教育されたくらいですから。(直属上司ではなく他の先輩方(=おっさんおばさん方)から)おっさんおばさんがどう動いているかを把握して、「うまく動かす」ようになれば一人前、と言われました。今にして思えばそれが「マネージメント」だということなのでしょう。

 若手は人を使う、つまりマネージメントを意識した方が良いと思います。
 命令が来るまで待ってやらされているのか、管理職やお偉いさんの人となりを把握し、先手を打つのか。

 業務量に多くの差が出ると思います。


<12月3日>
○一言
 今日はパウロ先生の将棋教室。
 あえてパウロ先生と書いたのは、聖書の中から良い言葉を教えて頂いたため。
 人間10年経てば変わるものだから、10年前のこととかは許すべき、というお話。

 自分は過去の記憶にうじうじする人間で、昔の愚かな発言を何度も思い出して後悔したり落ち込んだりしています。 
 でもそういうふうに周りが考えていると思うと気分が楽になりました。

 肝心の棒銀講座は、まあ、加藤先生らしい講座でしたが(笑)


○一言2
 「保育園落ちた日本死ね」の流行語大賞について、私はつるのさんと同じ見解です。
 満面の笑みを浮かべた民進党山尾議員に失望します。

 理由は簡単。行政批判でOK(丸投げ)なら、国会審議は不要だし、国会議員なんていらないじゃないですか。
 
メディアの仕事を国会議員がやって、立法もしないで「いい仕事した」と考えるのは明らかにおかしい。

 だったら国会議員は裁判員同様、抽選でいいんじゃないですか?

 選挙なんてする必要はありません。大幅な経費節減にもなって結構なことだと思いますが。

 ましてや、地方自治体には民進党系の議員は多数いるのに、何をやっていたのですか?

 
保育園問題は「保育園を作れば良い」という単純な問題ではありません。

 
要するに、実際に育児で苦労したことのない議員が、「女性」というだけであたかも育児問題を理解しているようないい加減な話でパフォーマンスしてで、流行語とか、ただのバカだろう、ユーキャン、と言いたいですね。


 さらに言えば、私自身、保育園に子どもを9年送り続けた身として、また無認可保育園にもお世話になった身として「認可保育園」に固執するのは全くナンセンスだと思います。
認可保育園に固執する時点で、余裕がある過程なんだろうと思います。本質はここ。

 特に、倍率が厳しい(要するに手がかかる)2歳以下なら、現実問題としては室内遊びが多いのだから、日の光が差す保育施設としっかりした保育士さんがいれば何の問題も無く、無理に園庭など「認可」に固執する必要は無いのですよ。

 保育園問題は、批判側の主張ばかり、で
実際の育児経験者の経験を無視しているから、こんなことになるんだと思います。


○一言3
 新潟で原発批判の子がいじめられたと、また話題に。

 はっきり言って、
避難後何年かたってのいじめなら、原発関係ないと思うんですけど。

 何年かたっても、
福島出身の子に何かあれば「原発事故と絡める報道手法」は、福島に対する誤った認識や偏見を助長するだけであり、今回のメディアの報道の仕方は全くの誤りだと思います。

 今回の事案は単純な、どこでもある「いじめ」の問題として解決すべきだと思います。

○一言4
 小池知事が退庁時に「小池、森退治」という見出しの新聞を持って報道陣の前を通過したそうな。

 さすがにここまで来ると、小池氏に利用されているメディアは、腹が立たないのかな?
 新聞持って退庁する総理や大臣なんていないでしょう?
 明らかにメディアを(盲目的に報道してくれる)バカ扱いしているんですよ?


 それでも小池支持の記事を書くメディアって、一体どうしちゃったの?


<12月1日>
○一言
 マッチポンプ:自分で問題を起こしておいて「問題が起こってます」とすること。
 日本ではメディアが得意な手法で、市民から白い目で見られているのに気付かないから、なおさらたちが悪い。

 例えばASKAさんの任意同行に当たり、車に殺到し、ASKAさんのベンツの一部を破壊するなど問題行動を起こしたメディアが、「大変な混乱です」など意味不明な報道をテレビも含めてするなどがわかりやすい。

 本件では、整然と並んで撮影すれば、なんの問題も起こらなかったはずなのに。


○一言2
 小池知事は、おそらく組織のトップという概念を誤解しているのだろうと思います。

 それがある意味強みにもなる中小企業ならいざ知らず、大企業においては、いわゆる「ワンマン」と言われる会社でも、ある程度事務的に調整を済ませた後に「衝撃発表」をするわけで。「衝撃発表」して、それが実現できなかったら株価に即影響しますから。

 「トップが命令すればなんとでもなる」という発想は、少なくとも大きな組織のトップの器ではないのでしょう。

 最近では、公開ショーとなったいわゆる4者会談で、横浜アリーナの問題で森元総理が妙に反論していると思ったら、今日の報道で横浜市の見解が既に提出されていたのが明らかになりました。
 具体的には、27日の4者協議作業部会事務レベル会議で、既に横浜市の見解が示されたという。上山特別顧問も出席していました。
 そして29日の公開の会議。少なくとも最側近の上山特別顧問には横浜市の見解はわかっていた。上山特別顧問は小池都知事の横で様々な「ささやき」をしていました。

 にもかかわらず「横浜市に期待する」という発言は横浜市への責任転嫁であり、いくらなんでも組織のトップとしてひどすぎると思いました。
 本気なら、「横浜市がいう負担は都が引き受けるから横浜市に期待する」でしょう。相手の要望をコミットしないで丸投げはないです。
 
 前から言っている豊洲の補償問題の遅れもそうですが、小池知事はパフォーマンスは得意ながら、実務は全くわかっていないのではないかと思いました。
 小池教信者から見ると「きちんと期限には決めている」から評価できるそうですが、私から見たら、先送り、前言撤回のオンパレードのように見えます。

 その根本は、政治家として現場をある程度調整した上での指示ができていない、言い換えればトップダウンを勘違いしているところだと思います。
 これ、結構ヤバイ問題だと思います。


○一言3
 IR法案ねぇ・・。「カジノ」の定義すら決められずに行政に丸投げする議員立法・・。
 法案を見て頂ければわかりますが「別に法律で定める」など、事実上なんにも決めていない20年前の「議員立法」。
 「議員立法」というのなら、せめて基本的部分の定義を国会議員が決めてから立法するのが、まともな仕事のやり方では?


○最低限の交通ルールの遵守をお願いします。
 「アクセルを踏むとき、道を渡るときに、ちょっとでいいから(亡くなった)えみるのことを思い出してやってください」(風見しんごさん)

(お断り)
 当サイトでは東京電力福島第一原子力発電所のことを最も短い略称である「1F」と表記します。
 政府・国会、主要マスコミでは福島県全体への風評被害を防ぐために当該原子力発電所の名称の前に「東京電力」「東電」を付けることになっています。
 つまり、こういうことをしっかり考えている政治家やメディアなどは「東京電力福島第一原子力発電所」「東電福島第一原発」とします。
 でも長すぎて面倒。そして上記前提を踏まえればこれが一番いいかな、と。それが全ての理由です。

○ご意見、ご感想はこちらまでお願いします→makinoh2アットマークops.dti.ne.jp

 件名には具体的な内容のご記入をお願いいたします。

※就職にあたってのご質問は、まずは書店等の公務員就職関係の書籍のチェックをお願いします。