明るい!?国家公務員のページ

~FUNNY!?GOVERNMENT OFFICIALS~


左が私が子どもの時、接着剤や塗料を使って作った旧モデルのドライセン。
右が最近作ったHGUCの素組です。当時の指定塗料の色と大分違うなーと感じます。

旧モデルでは両腕のガトリングはギミックでそのまま露出できたのですが、HGUCでは差し替え。
指も旧モデルでは親指と人差し指、残りの3指が別パーツで、「握る」というのが表現できました。
 が、HGUCではできません。旧モデルの左の親指のリアルな感じ、わかりますか?
ただ、塗装は大変なので若い頃はここまでやったけど、年とるとこれくらいがせいぜい、というのを感じます・・・。



ようこそいらっしゃいましたー。 人目のお客様です(1999.3.9より)。

ご訪問ありがとうございました:100万(2006.7.19)、200万(2008.6.15)、300万カウント(2010.2.18)、
400万カウント(2011.11.12)、500万カウント(2014.1.19)、600万カウント(2016.6.10)
SNSや動画が当たり前の時代に古めかしいサイトご訪問ありがとうございます。


 


☆更新情報その他
 
フェイが逝去し、四十九日を迎えたのでこれ機会にフェイ写真館19号館更新しました。このころは20歳までは生きるだろうと思っていたくらい、元気でした。その元気・・というか気ままな姿をご覧下さい。

 先輩からあまり注意(教育)されないと言う新人の方へ。一つの考え方としてご覧下さい。→
こちら
 本サイトのコメントは全て組織とは関係ない個人の見解です。

経済からみた江戸時代 '05/7/19更新
江戸時代というのは実はすごい時代だったのです。特に教科書は間違いや嘘ばっかりなのでだまされないでくださいねー。
国家公務員はこんなもん '05/5/30更新
国家公務員の実態などについて書いています。新聞や雑誌、HPは極端な話ばっかりですよー。
テレビではわからない実際の話 '10/6/18更新
マスコミ報道は何かあれば政府を批判すればいいような感じです。
でも本当にそうなのでしょうか?規制緩和、教育、年金などについて、国家公務員の仕事をやっている現状から考えた観点でお話しします。
伝言板
伝言板です。いろいろ方と気軽な雑談をしたいです。
投稿前にこちらをお読み下さい。自己主張(アジテーション)はご自身のblogでどう
ぞ。
フェイ写真館 '17/7/06更新 new
うちのいたずらっ娘の画像です。猫好きの方へ。
2017年5月16日、18歳11ヶ月で逝去いたしました。天国でものんびり気ままに暮らしていると思います。

自己紹介とお願い
お約束の自己紹介とこのHPでのおきまりです。

<新聞記者ってド素人でも良いの?>
○思想が右だろうが左だろうが、官房長官の時間を1分もらうことの価値が分からないのは社会人として異常だと思います(望月衣塑子記者とそれを容認する東京新聞の官邸キャップ及び幹部のことです)
 
社会人はおろか、子どもですら、時間のない社会的地位の高い方に質問する場合は、質問を練るのが常識でしょう。


 
「新聞記者はきちっと取材をし、事実を確認した上で質問するから、皆さんに厳しい質問になる」と昔、研修で朝日新聞の方に習いましたが・・。


<9月25日>
○一言
 正直、臨時国会があると思ってそれを前提に仕事していただけに解散総選挙は驚き。
 常識的に考えると、あまりに突然なので、何かがあったんだろうな・・と思います。

 だから、脳天気に批判している野党とか反日メディア(朝日、毎日、東京)は市民を守るとかは二の次でイデオロギー優先なんだろうと頭が痛くなりました。


○一言2
 小池都知事は、国政に手を出す暇があるのなら税金から100億単位の損失を生んでいる豊洲延期問題にけりを付けて都民の莫大な損害を防ぐ方が先ではないでしょうか?


○一言3
 さらに、東京都知事と全国政党の代表では利益相反の問題が生じます。

 具体的には。例えば、大阪維新の会の橋下代表のように、大阪都構想のために大阪で頑張っている分には問題ありません。
 しかし、希望の党は全国の政党です。細野氏は静岡、渡辺氏は栃木。そしてさらに地方でも立候補を目指すとか。
 この場合、実情を踏まえて都市部の金銭的負担増を求めたとします。地方はより負担を求めるでしょう。
 でも東京都など都市部は当然反対します。
 小池都知事は自分の政党に地方議員がいる中で、この矛盾解決できるのでしょうか?

 なにより「私が代表になれば無条件で一部の国民は投票してくれる」と思っている時点で、市民をバカにしすぎています。市民も舐められたモノです。

 豊洲も、オリパラも、未だなんの実績も出していない政治家がなぜそこまで思えるのか。
 メディアは市民本位で小池氏の実績(がゼロなこと)をきちんと報道するべきだと思いますが。

 特定の人の人気で選挙に勝つというのは、国家社会主義ドイツ労働者党がとった手法と同じじゃないですか。メディアはそれで良いんですか?


<9月24日>
○一言
 霞が関の側としては、臨時国会を前提に法案の審査などを行ってきました。臨時国会がある前提で準備していました。
 だから、突然の解散風は民進党の離党者がどうとか、もりかけ隠しとかいういう低いレベルではないと思います。
 あくまで現場の個人の感想ですから、間違っていたらすみません。


○一言2
 福田峰之内閣府副大臣が自民党を離党して若狭新党への参加を表明し、若狭氏と握手している報道。

 まず、福田峰之氏は信義というものがない最悪の人間です。
 理由は簡単。副大臣を辞職していないから。

 安倍内閣を批判して若狭新党に行くのなら当然副大臣を辞職するべき。安倍内閣を支持するのなら離党などあり得ない。

 しかも、彼は過去3回の当選すべて比例で自民党に救われているんです。
 要するに江田憲司氏に全く歯が立たなかったのに、自民党のおかげで3回議員にさせてもらっている恩を無視して離党。
 しかも、自民党が候補を擁立することが難しいこのタイミングでの離党。さらに(小池ブームで当選しやすい)東京都の落下傘候補を希望しているとか。

 人間として最悪であり、はっきり言えばクズ人間。「信なくば立たず」は政治の基本です(論語)。

 まともな政治家でない人を迎え入れて握手する若狭氏はバカではないかと思います。
 若狭新党は、勝つ気があるのなら彼を絶対に公認してはならないと思います。
 なぜなら、信義ない恩知らずを「優秀な政治家」とするのなら、そこを徹底的に追求すればいいからです。

 繰り返しますが信義がなく、恩を無視する人間のクズに政治家の適格性はゼロですから。

 「衆議院議員になりたい」だけの人間のクズを当選させては絶対にならないと思います。


○一言3
 トランプ大統領の発言、英語から見た方がいいと思います。
 日本語って、優しい言語だから、ニュアンスが伝わらないと思います。

 今日のNHK6時5分からの「これでわかった!世界のいま」。結構分かりやすくてお勧めなのですが、その中で「insane」という単語を使っていることが紹介されました。

 うん・・・。トランプ大統領の挑発は強烈すぎる。
 日本のメディア(反安倍のメディアを中心に)の認識は甘すぎる。

 日本のメディアではせいぜい「狂った」という訳なのですが、既に書きました「destroy」と同じで、誤訳とは言わないけれど、ニュアンスが違う強烈な単語です。
 日本語の「狂った」って、普通は「crazy」なんですよね・・。

 私はラブクラフト全集から入ってクトゥルフ神話は無論のことTRPGの「クトゥルフの呼び声」というゲームが好きで、「MYTHOS」というカードゲームも持っています。
 だから、頻出するこの単語分かるのですが・・。

 例を挙げれば。insane asylum=精神病院です。正確に訳せば「精神異常者」です。いかに強烈な単語か。

 米朝の舌戦がかなり厳しいレベルである事、NHK以外のメディアはなぜ報道しないのかなぁ・・。

 
○一言4
 安室さんの引退宣言について。

 ファンの方が惜しみ、嘆くのは当たり前だと思います。でもメディアは騒ぎすぎ。
 国民的歌手とか、過剰な報道だと思います。
 特に、10年以上前から方向性を決めて歌っていたので、万人受けする歌手ではなかったと思います。だから国民的歌手ではない。
 確かに「Can You Celebrate?」は誰もが知っていますし、結婚式の定番です。
 でも、同様の曲である「乾杯」を歌う長渕剛さんが国民的歌手かと言えば、違うでしょう。

 安室の若い時代、同じように過ごしてきて、名曲を堪能した私としても、すばらしい方だとは思いますが、国民的歌手?
 なにより、安室さんの引退理由について、すべて推測なのにあたかも事実であるかのような報道をするテレビを中心としたメディアにはうんざりです。
 安室さんを急に持ち上げて「大ニュース」として自分たちのメシの種にするのは、安室さんやファンに対しても失礼ではないですかね?


<9月23日>
○メディアから一言
 朝日によると、「麻生太郎副総理は23日、宇都宮市内での講演で、朝鮮半島から大量の難民が日本に押し寄せる可能性に触れたうえで、「武装難民かもしれない。警察で対応するのか。自衛隊、防衛出動か。射殺ですか。真剣に考えなければならない」と語った。」そうな。

 まず悪質だと感じたのは「麻生副総理「警察か防衛出動か射殺か」 北朝鮮難民対策」というネット版の見出し。
 さすがにまずいと思ったのか今は「麻生副総理「警察か防衛出動か射殺か」 武装難民対策」に差し替えられています。

 当たり前なのですが、朝日新聞さん、「武装難民」の「銃」は「誰のために使われるか」と思いますか?

 日本国民の生命や財産を守るのは当たり前ではないのですか?
 
朝日新聞は日本国民の生命や財産は、難民のためなら失われてもやむを得ないと考えるのですか?


 当たり前ですが、本当の難民なら銃を手に入れる余裕なんかないし、仮に持っていても保護を求めた時点で武装解除なのですよ。
 でも、保護を求めない、あるいは漂流した武装した難民が、日本海沿岸に上陸したら?朝日新聞はそんなリスクはあり得ないと正気で考えているんですかね?

 私にはとうてい理解できません。

 リスクを全く無視して、性善説でいい加減なことを言えるメディアってバカなんじゃないかと思いますよ。


○一言
 トランプ大統領の国連演説について、「完全に破壊」という報道が。
 まあ英語の出来る方が訳したんでしょうから、間違いはないのでしょうが。

 英語は出来ないけれど、英語を感覚的に捉える私としてはちょっと違和感。
 「totally destroy N.K.」って、「いずれにせよ滅ぼす」というニュアンスなんじゃないかなぁ、と。

 destroyって、ものの場合は壊すイメージですが、人や組織の場合は潰す、滅ぼすというイメージじゃあないのかなぁ、と。

 それと国連総会ではもう一つ。安倍総理の演説の際に最前列で真剣にメモを取りPCを叩く北朝鮮の方が印象的でした。
 一般演説では多くの場合聴衆は少ないのですが、その演説を最前列で真剣に情報収集している北朝鮮の方。
 日本と米国が足並みをそろえることの重要性を感じました。


<9月20日>
○一言
 当初「まずい」ということで大量の給食の食べ残しが出ていると報道された大磯町の問題。もっと深刻でした・・。

 朝日によると、「神奈川県大磯町が町立中学校2校に昨年1月導入した、配達弁当方式の給食に多量の食べ残しが出ている問題で、今年7月までに、給食に84件の異物が混入していたことが分かった。製造工場での混入は15件が確認されたという。19日の町議会全員協議会で報告された。

 町は、味や冷たさのほか異物混入による不信感も食べ残しの一因とみている。全員協議会では、議員から「異物の心配がある給食を今後も子どもたちに食べさせるのか」、「製造業者を代えるべきだ」との批判が相次いだ。野島健二教育長は「混入防止のため委託業者にすべての弁当を写真撮影させ、衛生管理を徹底させる」と述べた。」とか。

 で「町によると、異物は、髪の毛39件、繊維14件、小バエなど虫10件、プラスチック片4件など。工場内で混入したと判明したのはビニール片など15件。多くは原因や混入経路がわかっていない」そうな。
 

 「まずい」とか以前の問題ではないですか?!

 だいたい、衛生管理に問題は明らかなのに、その対応策が「すべての弁当を写真撮影」って・・。写真に隠れている異物が写るとでも?
 品質管理の問題と結果的に商品に問題があるかないかは全く別問題です。

 工場での混入が明らかならば、実態調査と実際に行われている作業のチェックなどが必要なのに・・。
 なにより、その他の原因や混入ルートが分かっていないのなら、工場から出たあとの経路の可能性調査が必須でしょう。

 こんな事では再発するんじゃないですか?大磯町の町長は何をやっているのか・・。


○一言2
 安室氏報道の陰に隠れた形になりましたが、谷垣前自民党幹事長の引退が残念。
 いい人だし、実務力もある方なので、安倍政権の後にはうってつけの方だと思ったのですが・・。
 自らの趣味の自転車で転倒して頸髄損傷で、やはり政界復帰が困難であったと・・。

 折しも15日に撮影中に自転車で転倒した滝川英治さんが、脊髄損傷であったことを事務所が発表。
 これは・・心よりご回復をお祈りします。

 さいたまクリテリウムや「弱虫ペダル」など、最近自転車競技が脚光を浴びているように感じますが、やはりスピードの出る二輪車なんだなぁ、と感じました。
 人気が出ているからこそ、リスクと安全対策について、メディアでもっと啓発しても良いのではないかと感じました。
 私自身、プロやベテランでもこういう大事故が起こりうるって大人になってはじめて知りましたから・・。
 どんなスポーツでもリスクはありますから、特に未成年の方が安全対策を知ることは大事なことだと思います。


○メディアから一言
 18日付日刊スポーツで、同社の記者なのかライターなのか分かりませんが、中山知子という方が記事の見出しで「アベノタメノ解散」としていました。

 うーん、この表記は誤解されるからやめた方がいいのでは?
 わざわざカタカナを使う方って、偏った方が多いですから。
 何をもじったのかも分からないし・・。


<9月18日>
○一言
 都民ファーストの会の若狭氏の動きや細野氏の動きも割とゆっくりですし、もりかけに至っては、「もり」の方は詐欺師の言い分、「かけ」の方は追求していた玉木議員が事実上の撃ち方やめなど、かなり民進党の立ち位置も微妙になってきました(反安倍メディアは報道しませんけどね(苦笑))。
 現場から言えば、役所の対応は余裕で説明できるんですけど、民進党はいつまでやるつもりなのかなぁ?多分最後はアレなのに。

 そういう意味で、今解散をする必要もないのに解散・・となるとやはり別な要因があるとしか思えません。

 (なんの情報もありませんが)個人的には北朝鮮の電磁パルス攻撃への言及かな、と思います。
 これでステージは変わりましたから。なぜかメディアはあまり報じないのが不思議ですが。

 それと、憲法改正問題もあるでしょう。遅々として進まないので国民に信を問うて進める。

 うまく言えませんが、単純な自己都合解散とかいう話ではないと思います。
 私は北朝鮮の発言の一言一言をチェックしております。左派メディアは敵は安倍なのか北朝鮮なのか
 そこをまず考えて、日本国民のために報道して欲しいと思います。


○一言2
 解散をした場合、という仮定での批判ですが・・。。
 北朝鮮情勢で、「政治的空白」という批判は全くいただけませんね。あるいは無知な無識者が言っているのか。

 衆議院が解散したからと言って内閣が解散するわけではありませんし、解散中に国会審議が必要な場合も国会は対応可能です。
 つまり、憲法第54条第2項に定められる参議院の緊急集会による議決です。

 このように、解散したから自体が止まると言うことはあり得ませんし、対応も可能なのに、なぜメディアはその事書かないのか。
 安倍叩きは自由ですが、解散後の国政を動かすルールはきちんと説明していただきたいと思いますけど。

 安倍叩きのあまり、国民に情報を与えないことは絶対に間違っていると思います。


○一言3
 解散風を受けて、「自己保身」とか言っている民進党。

 東京都議選で大敗したときの蓮舫前代表は、記者の質問に対しこう答えていますよ(7月6日付け民進党党首記者会見)。ソース(民進党公式サイト)

 「いやいや、解散・総選挙はいつでも受けて立ちますし、我々は追い込みたいと思っていますし、どんなことがあっても国民の皆様方が、今、都民の声を通じて聞く限りでは、安倍総理に対しては拒絶感です。この拒絶感は、しっかり国政で我が党が代弁をする、責任を問うべきだと思っています。」

 そして前原現代表は両院総会で「来たる衆院総選挙については、早ければ10月22日か年内、どんなに遅くとも1年3カ月後には行われるとして、「われわれが選択肢を示すことは、民進党のためではなくて、歴史的使命、国民に対する責務だと強く感じている。」と言っています。ソース(民進党公式サイト)

 つまり、想定の範囲内だったのでは?
 追い込みたいと思っていて、早ければ10月22日と予測していたのなら、ある意味想定通りだし、解散に追い込めたんだから、自己保身とかではなく、自分たちの追求の結果解散せざるを得なかった、と言えばいいのではないですか?

 自分たちがキツイから解散するな、というのもまた党利党略だと思いますけど。


○一言4
 望月衣塑子記者の「金委員長の要求に応えるように」とかいう官房長官への質問とか・・。
 今度はジュネーブ軍縮会議で事実上のねつ造報道で政府批判とか。
 詳細は河野太郎外相公式ブログごまめの歯ぎしり9月16日付記事をご覧下さい。

 望月氏の発言と言い、東京新聞は反日新聞で、某国のスパイ集団なんでしょうか?

 違うというのなら、疑惑に対し説明いただきたい。あなた方が安倍政権に要求しているように。

 

<9月17日>
○一言
 都民ファーストの会から国政を目指す若狭新党の構想で、最重要項目が一院制だと言っていることについて。

 正直、経済や社会保障、安全保障より一院制と言っている時点で、まともな政策がないというわけですね。
 そして、大統領制ですらない日本で一院制はチェック機能がなくなり、独裁政権を目指すものです。

 私は銀英伝のヤンウェンリーと同じ立ち位置です。最高の独裁政権より民主主義の方がまだましです。自分たちで選んでいるから。

 さらに言えば、全く政策がない野合であり、危険な若狭新党に対し、左派メディアがまあまあ好意的なのが笑わせてくれます。

 一院制を唱えるということは、憲法改正を目的とする政党だということに気付いていないくらいの不勉強さに。


○メディアから一言
 時事通信によると、「朝鮮学校の無償化除外をめぐる訴訟で、原告の卒業生らは13日、東京地裁判決後に記者会見して敗訴に憤りと悔しさをあらわにし、「勝つまで闘い続ける」と訴えた。」そうな。

 個人的には、朝鮮学校の問題で戦うのは自由だと思います。しかし、看過できないのがその後の彼らの主張。

 「原告の1人で大学4年の女子学生(22)は「当然勝てると思い楽しみにしていたのに、悔しい思いでいっぱい。この判決で後輩たちがさらにつらい思いをすると考えると、胸が張り裂けそう」と話した。
 男子大学生(21)は「民族教育を否定され、朝鮮人として堂々と生きる権利すら奪った。子どもたちの未来、笑顔を全て奪った判決に憤りを隠せない」と語気を強めた。」

 被害者意識もほどがあるし、大声で極端なデタラメを吠えれば説得できると日本で思わない方がいいと思います。それどころか朝鮮学校がまともではないと日本人がより反発するだけです。

 理由は簡単です。
 まず第一に補助金が出ないだけで、民族教育を否定していない。朝鮮学校を潰すとかそんなことは全くないわけですから。だからデタラメを言わないでいただきたい。
 次に朝鮮人として堂々と生きる権利は奪っていません。高校教育で日本の税金からお金が払われなければ生きる権利を奪うとか、正気で言っていますか?
 そういう下らない演技に日本人は飽き飽きしていることを少しは理解した方がいいと思いますよ。

 なにより、コリアンスクールは補助金の対象です。「民族」云々言うのなら、同じ朝鮮民族のコリアンスクールに通えば学費も安く済むのではないですか?

 「民族教育」というのなら、同じ民族のはずの朝鮮学校とコリアンスクールはなぜ教育内容が違うのですか?それこそ政治的な背景が原因でしょう。
 政治的に考えているのは朝鮮学校である事は明らかです。っていうか、なぜ北朝鮮に固執するんですかね?だったら「地上の楽園」に帰国すれば?
 そうしたら実態が分かると思いますけど。

 あなた方は外国人。帰国する自由があるのです。そんなに日本が嫌なら帰国して北朝鮮のために貢献するのがスジではないですか?

 「弁護団長の喜田村洋一弁護士は「ひどい判決。朝鮮学校はみな同じで駄目というのは民族差別そのものだ」と批判した。」そうです。

 喜田村さん、韓国の方は朝鮮学校に通う方と別の民族なんですか?弁護士なら民族差別とかデタラメ言うべきではないと思います。


○一言2
 集団自決のチビチリガマが荒らされた件について。

 17日付け産経によると、「発生が報じられた12日、反レイシズム情報センターの梁英聖代表が「沖縄戦時に『集団自決』が起きたチビチリガマでヘイトクライムとみられる破壊事件が起きました。なぜ沖縄や在日コリアンへの差別が絶えないか。9/23に考えます!」「非常にまずい事態である。先日も辺野古で轢き逃げという形でヘイトクライムが起きている。差別がどんどん暴力として頻繁しだした。差別主義者を厳しく非難し厳罰に処すぐらいやらないとまずいレベル。惨事が起きてからでは手遅れだ」(原文のまま)と相次いでツイッターに投稿。背景に沖縄や在日韓国人へのヘイトがあると主張した。

 山口二郎・法政大教授も12日、「卑劣なヘイトクライム。震災朝鮮人虐殺の否定、東京新聞への脅迫など、一連のヘイトクライムに対して政府が決然と非難しないことから、狂信的なナショナリストや修正主義者が付け上がっている」と投稿。」したとか。

 結果は、沖縄県の若者の犯行。レイシズムとかナショナリストとか全く関係ない。

 事実を確認する前に「レイシズム」とか煽る人達こそ危険な人物たちだと思いますけど。
 ましてや法政大学教授ともあろう者が「ヘイトクライム」と断定しているのは正気か?と思います。

 そもそも、本件と在日コリアンへの差別とか全く関係ないのにぶち込んでくる梁氏などは明らかに異常な論理。なぜ左派のメディアは批判しないのですか?

 根拠のない対立を煽ることに何の意味があるのですか?


○一言3
 沖縄ではそういう意味不明な対立をメディアが煽る行為が普通に起こっています。なんのためなのか、日本より中国に帰属したいためなのかな?

 分かりやすいのが、最近の「沖縄タイムス辺野古・高江取材班‏」公式ツイッター。
 「9月12日午前10時40分、キャンプ・シュワブゲート前のテントでは差し入れの「グァバコーラ」が配られています。市民のひとりが自宅でとれたグァバで手作りしたものだそうです。「爽やかな味。おいしい」と喜ばれています。」というツイート。

 この記事では「佐真下郷友会女性部」という容器に入れて配っている写真を公開しています。
 まあ、普通に考えたら地元?の支援で差し入れられたというアピールでしょう。それが事実なら。

 このツイートに対し、「こちらの写真に写っている佐真下郷友会女性部のキーパーですが、去年、嘉数高台公園で行われたグラウンドゴルフ大会で紛失したものと思われます。」と返還要求のコメントがあったのです。

 沖縄タイムスと反基地の皆さん、主義主張以前に盗品?で差し入れとか、常識あるんですか?

 普通は「名前」が書いてあったら届け出ませんか? 

 沖縄タイムスがアピールしたように、地元が反対しているアピールなら、なおさら、こういう嘘はやってはいけないことでしょう。

 沖縄の報道の実態を端的に示している事案と言えます。
※佐真下地区は集落のほとんどを普天間基地に接収された地域であり、だから沖縄タイムスなどは飛びついてアピールしたと考えられます。


<9月16日>
○一言
 16日報知によると、「お笑い芸人のバカリズム(41)が16日放送の日本テレビ系「メレンゲの気持ち」(土曜・正午)に初出演し、独自に設けた「オールアップ制度」で温泉旅行から途中退席させた若手芸人は「2、3人いる」と発言しスタジオを凍り尽つせた。」とか。

 具体的には「「旅行とかに行くと、初めて来た若手とか、空気の読めない人が場を乱すときがある」とバカリズム。「飲食店で声が大きすぎたりとか、温泉に入っている時に泡をすごく飛ばしたりして、『ちょっとそれは辞めた方がいいよ』(原文ママ)とは言うけど直らない」と話し、怒るのも嫌なので「どうせ直らないし、場の空気も悪くなるから、『以上をもちまして何々君オールアップです』と笑顔で送り出す」と冷静に話した。これまでオールアップ制度を受けたことがあるのは「2、3人いる。2泊3日だったのに、その子だけ2日目の朝に帰った」と話すと、スタジオからは悲鳴が。」とか。

 正直いい先輩だと思うし、怒鳴るよりよほどいい。なぜ悲鳴が上がるのか全く分かりません。

 きちんと注意した上で直らないのなら全く問題ないし、社会人的にはむしろ何も言われずに切られる方が多い
 その現実をテレビ局なりスポーツ報知はなぜ分からないのだろう・・・。

 報道(されたバカリズムさんの行動)が事実であれば、バカリズムさんは暖かい先輩だと思いますけど?


○メディアから一言
 16日付け朝日によると、「埼玉、山梨との県境にある長野県川上村。15日早朝、政府のJアラートが配信され、職員たちが対応に追われた。総務課の男性職員は「隣はJアラートの対象地域になっていないのに、なぜうちで対応しなければいけないのだろう、と不思議に思う」と話した。」とか。

 朝日はどういう意図でこの記事を書いたのかなぁ。都道府県制度を廃止せよということかな?

 当たり前の話なんですが、行政区画というのはどこかで線を引かなければならない。
 私もよくそういう批判に直面しますけど、都道府県制度である以上しょうがないじゃないですか。意味不明な発言をなぜ朝日が取り上げるのか。

 こんなことを言うレベルの低い職員は、逆に、川上村が山梨県だったとして、山梨県のみの警報が出たら同じ事を言うと思います。

 もっとはっきり言います。都道府県を廃止して国と市町村のみで法律を運営することになったら、都市部は別として、川上村をはじめとした地方の自治体の職員は過労死してしまうと思います。

 実態を分かっていない村の職員のぼやきを掲載して批判になると考えているのなら、記事を書いた記者は地方自治の勉強をしっかりして欲しいと思います。


<9月15日>
○一言
 Jアラート(ミサイル関係)は、まあ良かったんじゃないですか?

 ホリエモンとかが相変わらず吠えていますが、何もアラートしなかったら、落下物等何かあったら真っ先に政府を叩くのでしょう?
 ミサイル発射で何かあっても政府が対応しなくても問題ないわけもなく、対応せざるを得ない。それを批判するのはどうなのですかね。

 ホリエモンは、そんなに騒ぐのなら、「自己責任」「政府はいちいち下らない警報流すな」と言うべきですし、それを国民全体で共有するよう活動するべきでしょう。

 率直に言えば、政府としてもその方が仕事が減ってありがたいです(笑)。
 でも現実的には情報提供が求められる。緊急地震速報でその10秒が明暗を分けるのと同じ。「アラート」というのはそういうものです。

 ホリエモンが緊急地震速報を否定するなら、筋が通っていますが。
 地震もミサイルも同じです。被害を避けるため窓から離れる。万が一落下物等があれば爆風はすごいですから。そういうことなんですけど。

 緊急地震速報だって何も起こらないときもままあります。それホリエモンは批判してましたっけ?
 パフォーマンスもいい加減にするべきだと思います。世の中批判で人気を取るというという昔の夢もう一度ですか?



○一言2
 今日の官房長官会見で望月衣塑子記者が社会人失格ぶりを発揮していました。

 具体的には、前日の会見で、東京新聞への抗議書について「産経にリーク」と主張していたのですが、実は全社に情報提供していたということ。
 望月記者は所属の東京新聞すら確認していないのでしょうか?すごいなそのウラ取りしないいい加減さ。

 さらにたちが悪いのは、社会人のくせに、質問の中で「謝罪したいと思います」と言っただけ。

 普通の社会人が謝罪するときは、起立して、申し訳ありませんでした、と頭下げるよね。望月衣塑子氏は社会人の常識すらない。

 こういう社員をエースとして官邸に配属する東京新聞も社会常識がない会社と言えます。
 まともな社会人がいない東京新聞。ということでいいですか?


<9月14日>
○一言
 東京新聞の望月衣塑子記者が、9月14日の官房長官記者会見で、自分が行った政府への質問の結果、自分が安倍支持者??から批判を受けて、政府の責任ではないかと主張。

 望月衣塑子さん、あなた、悪いけど正気を失っているよ。客観的に自分を見れていない。自意識過剰。

 昔と違って今では官房長官記者会見の動画がユーチューブにアップされているのです。

 その動画を見た人達が、望月さんがいかに勉強不足で、ウラも取らずに週刊誌の記事を鵜呑みにする馬鹿な記者かというのを認識していること、だから批判していることを理解するべきですよ。

 言い換えれば、望月さん、日本の市民をバカにしないで頂きたい。安倍不支持でも望月質問を批判する人がいるという現実を理解するべきです。

 意味不明な自己主張(「質問に移って下さい」と注意されること多数)と質問に対し、反感を感じた市民を政府の権力で言論弾圧しろとでも言うんですか?

 望月衣塑子記者と東京新聞は、自分の都合の悪い意見は間違いだ、圧力だ、とか、メディアとして著しく公平性を欠いていませんか?


○一言2
 「振替加算」のミスにより、年金が適切に受給されていないことが分かったそうな。

 うーん。
「消えた年金」を追求しながら民主党政権時代に見つけられなくて、いまさら「第二の年金問題」とか騒ぐ民進党は批判する権利ないと思いますが。

 それはさておき、
 「振替加算」は今年70歳の1947年生まれの人で月8224~8729円。66年4月2日以降に生まれた人はゼロとなるそうな(日経のサイトより)。

 少しため息。
 高齢者は本当に恵まれていますね。現役時代は未来があり、今は年金もある。
 今の時代と比べ、ネットなどのストレスフリーで職場の旅行とか、定時退庁でナイターを見るとか、我々の世代では夢のようなことを体験されている。
 良い時代にお生まれになったと思います。でも、だからといって負担する我々にも言い分があるのですよ。
 この報道のウラで、年金支給年齢を70歳まで引き上げ、定年を65歳まで引き上げを検討とか。
 10日くらい休み取って海外旅行とかしてみたいな(遠い目)。

 現役では死ぬまで働け、高齢者は過去の年金または生活保護で悠々自適とかナンセンスだと思いませんか? 


<9月11日>
○一言
 米山隆一新潟県知事が、ツイッターで、石平氏の東京新聞望月衣塑子記者への批判について、コメント。
※石平氏の9月6日付のツイート
  「「それでも私は権力と戦う」という東京新聞望月記者の台詞を鼻で笑った。私は今まで、本物の独裁政権と戦った勇士を数多く見たが、彼女のやっていることは、何のリスクもない民主主義国家で意地悪質問で政府の記者会見を妨害するだけだ。そんなのを「権力と戦う」とは、吐き気を催すほどの自惚れだ!

 それに対しこういうツイートを返しました。
 「適不適の判断はさておき、いずれにせよ望月記者は自国の政府に対し直接対峙している。一方石平氏は今や、祖国を離れ、独裁政権と批判する中国政府と直接対峙することなく日本人向けに中国政府批判を展開しているに過ぎない。闘う望月記者の歌を闘わない石平氏が笑う事は吐き気を催すほど醜悪だと思う。」(原文ママ)

 まず、個人のデタラメな理論のために中島みゆきを使うな(笑)

 さて、大前提として中国政府と戦うことと日本政府と戦うことが同じレベルだと考えている時点で米山新潟県知事は正気を失っています。
バカとかではなく、正気を失っています(大事なことなので二度言いました)。


 理由は簡単です。
 「権力と戦う」というのはそれこそさまざまな自身への危害も覚悟で権力と対峙することであり、権力が何ら危害を及ぼさないのだから「戦っている」ということ自体おかしいのは明らかです(もちろん言論の自由がありますから、自分で言うのは自由です)。
 
 つい最近ノーベル平和賞を受賞した劉暁波氏がどういう扱いを受けていたかは報道で誰でも分かるはず。
 だから、石平氏が日本で政府と対峙しているかなど全く関係ありません。

 そもそも、望月記者は記者という肩書きと東京新聞という大組織に守られて好きなようにやっている。石平氏は違います。
 守られている人間と守られていない人間を同列に扱うこと自体ナンセンス。
 米山氏はまともに事実が見れない点で知事としてもはや失格としか言いようがないでしょう。

 「吐き気を催すほど醜悪」なのは、米山新潟県知事だと思います。
 
 さらに、米山ツイッターではこう言います。
 「要するに私の申し上げているのは、どこかの独裁国家ならいざ知らず、石平氏の母国である民主主義国家の日本では、「権力と戦う」のに何のリスクも無い状況で言論によって対峙するのは当たり前なのであって、それを「吐き気を催すほどの自惚れだ!」などとする氏の指摘は全く当たらないという事です。」とか。

 米山隆一新潟県知事はやはり正気を失っています。

 理由は簡単。
 「闘う望月記者の歌を闘わない石平氏が笑う事は吐き気を催すほど醜悪だと思う。」(原文ママ)と言っておいて、(言いたいことは)「氏の指摘は全く当たらないという事」というのは全然違いますよね。
 なにより。
 「リスクがない対峙」って、「戦い」なんですか?
 リスクゼロで言いたい放題なら、戦いじゃないでしょう。官邸の記者会見での記者の質問は「権力との戦い」ではないのですよ。

 言い過ぎたと思ったら素直に謝れば良いのに。それが出来ないというのはよほどの「権力者」なんでしょうね。

 地方自治って、結局このレベルの人間でも首長になれるところが問題なんですよね・・。地方自治の大いなる問題点です。


<9月10日>
○一言
 東京新聞の望月記者の質問に対する官邸の抗議文の件で、一番驚いたのはAERAの「どうせ2時間後に公開されるんだから「事実であり問題ない」」という反論。

 いやー自分が何を言っているか分かっているのかなぁ?というレベルです。

 なぜエンバーゴ(報道解禁日時指定による正式発表前の資料・情報提供)があるかというと、突然記者会見で発表があったらすぐに記事書けないからです。
 ですから事前に情報を提供して、正式発表までの期間がその重要性の判断や内容の確認などの時間になるわけです。
 一番わかりやすい例が研究発表です。多くの場合専門的であるため、すぐに記事を書け、といっても無理な話です。

 もう一つの例が審議会です。
 審議会の報告書や結果などは事前にエンバーゴをかけて報道発表するケースが多いと思います。
 もしこれが破られるのなら、「正式決定前に既成事実化している、審議会軽視だ」と役所が叩かれるわけです(当然ですが)。
 審議会は決裁の場なのです。そして公に委員が報告書について反論や補足的な意見をお話し頂く場です。
 「どうせ事前に決まっている」というなら・・もし審議会が事前説明で終わりで書面持ち回りで済むのなら楽です(笑)。が、果たしてこれは市民のためになる事でしょうか?

 こういう事情があり、エンバーゴが存在します。役所は(民間も)記事をできるだけ正確に書いて欲しいから事前に情報を提供します。報道機関側はいきなり発表されてもすぐ記事書けないし、内容についての確認や質問も必要でしょう。速報性も求められています。
 そういう双方の事情から成り立っているエンバーゴを破っても問題ないとする望月氏やAERAは事の重大性を分かっているのかな?と思います。

 役所側としてはエンバーゴが守れないのなら、エンバーゴをかけずに正式決定後資料発表するだけなので実はあんまり困らないです。
 この場合、「市民に速やかに分かりやすく説明する」というメディアの役目が本当に果たせるのかな?と思うだけです。


<9月9日>
○一言
 室井佑月氏、江川紹子氏、あるいは小林よしのり氏などが一斉に山尾氏を擁護。不倫疑惑と政治力は関係ないと。

 ため息が出ますね。
 いえ、失言や私生活で政治家が失脚するのに反対というのは賛成です。でも、そこをさんざん批判して「議員の資格がない」とか言っていた人に言われてもねぇ・・。

 なにより、山尾氏の問題は単なる不倫疑惑ではないのです。
 第一に、不倫疑惑より、育児に苦労している母親の味方を国会で売りにしていた人物が、育児より男との時間を優先したことが問題なんですよ。
 第二に、不倫疑惑より、「疑惑にはきちんと回答すべき」と国会でさんざん言っていた人が、疑惑にきちんと説明責任を果たさずに逃げたことが問題なんですよ。

 政治的に、あるいは個人に対して思いこみの激しい方たちの危険性がはっきりと分かります。

 どんなに支持している政治家でも、ダメなものはダメ、と言えないのなら筆を折るべきです。

 特定の政治家や特定の政党の盲信は民主主義の最大の敵だからです。

 ドイツや戦前の日本のことをよく知らなくても、北朝鮮を見れば明らかでしょうに。北朝鮮は「朝鮮民主主義人民共和国」ですよ。

 私は歴史専攻として、左右関係なく、こういう人物を特に批判します。
 

○一言2
 民進党小西洋之氏が、官邸広報室による東京新聞記者への質問に対する抗議に対し「言論弾圧」と騒いでいます。

 どこの世界に、新聞各社に報道される「言論弾圧」があるのでしょうか(笑)。


 まず日本では。民主党政権時代は産経新聞が手を上げても質問させなかった。菅官房長官は望月記者の質問をきちんと受けている。
 小西論法で言えばそれ以前に質問させないのはもっと問題ですよね。より言論弾圧していたのは民主党(民進党)では?

 次に世界では。
 北朝鮮では完全に情報封鎖による言論弾圧。中国では都合の悪いニュースは封鎖され、ネットでは削除されます。それ以外の国でも、電話をするときに、「タイムラグがある」国があります。
 言論弾圧というのはこういうことを指すのですよ。小西洋之氏って、世の中を知らなすぎじゃないですか?

 なにより、ツイッターで公約した、「共謀罪が成立したら亡命」を早く実行してくださいよ。嘘つき小西洋之さん。

 民進党の問題は鳩菅もそうですし、最近の山尾氏もそうですが「嘘を平気でつく」議員ばかりということで信頼を失っているという点だと気付くべきです。


<9月7日>
○一言
 山尾志桜里議員が離党とか。まあ一線は越えていないと言うことらしいですが、不倫疑惑のお相手の倉持麟太郎氏の自宅に行くのって意味がわからないです。
 自宅に行くのなら、家族ぐるみのつきあい以外はあり得ないし、打ち合わせならホテルや自宅でする必要は全くないと思います。

 なにより問題は、待機児童問題で、仕事や家事が大変だという女性の状況を伝えていた人が、育児より倉持弁護士との「打ち合わせ」を優先していること。

 これ宮崎自民党元議員と全く同じ構図です。

 山尾さんのお子さんはほったらかしで、他人の自宅やホテルで打ち合わせって、ちょっと考えられませんねぇ。
 例えば私は、子どもが小さかった10年くらいは飲み会の企画やめたし、歓送会以外の飲み会はほとんど出なかった。とにかく早く帰る。そういう感じでした。

 もちろん、育児で苦労している母親を支援する、というスタンスでなければいいと思うのですよ。
 でも女性は大変だ、といいながら、自分は子どもより男・・なら、育児政策に言及する資格はありません、と思います。

 真面目に育児に取り組んで、苦労している部分を変えて欲しい女性や男性を愚弄していると思います。


○一言2
 冒頭に書きましたが、7日の官房長官記者会見で望月イソコ東京新聞記者がおかしなことを言っていました。

 防衛省の(夏の)概算要求に関する質問で、政府が要求していると勘違いしているんですね。

 少し解説しますと、予算要求はこういうステップを踏みます。
 7月くらいまで:各省庁内部で各課室の予算要求と、会計課による予算の査定。
 8月:最終的な省庁内の予算要求のセット
 9月~12月:財務省に対し各省庁が予算要求、財務省が査定。
 12月:政府の予算案の確定
 1月以降:政府予算案に対する国会における審議

 つまり、現状では防衛省が財務省に要求しているに過ぎず、「政府が」とか言う望月記者は、そんな基本的なことも分かっていないのです。
 その程度の素人レベルの記者を官邸に派遣して質問させる東京新聞って、正気とは思えません。
 もし、正気なら、官房長官の時間を無駄に使わせるというおかしさに気付かないのならメディアとして失格だと思います。
 誤解を避けるために書きますが、事実を確認した上での質問は政権に痛いものであっても誠に結構だと思います。
 しかし、基本的な事実の勉強が不十分であったり、単なる伝聞、あるいは自分の主張をだらだらと言う、これはもはや新聞記者の質問ではありません。

 東京新聞は記者のレベルは高いけどあえて無知蒙昧な攻撃型記者を送り込んでいるのか、自社の記者のレベルが低すぎるのか、はっきりしてもらいたところです。


<9月6日>
○メディアから一言
 9月4日付け産経新聞によると、「今年3月に陸上自衛隊に対する差別発言が問題になった石嶺香織・宮古島市議(34)が、4月に那覇市の沖縄大学で開かれたシンポジウムでも再び「自衛隊員がたくさん来たら、居酒屋でバイトしてる高校生とか大丈夫かなあとか、女の子たち大丈夫かな、そういう不安があった」などと発言していたことが4日、明らかになった。」とか。

 「石嶺市議は今年3月9日、自身のフェイスブック上で「陸上自衛隊が宮古島に来たら絶対に婦女暴行事件が起こる」などと投稿。3日後の3月12日に謝罪したうえで撤回を表明した。3月21日には宮古島市議会で、辞職勧告決議案が可決された。石嶺市議は辞職を拒否している。」とか。

 石嶺香織氏は差別主義者ですね。今どき職業差別とか許されるのですかね?

 もっとはっきり言えば、そんなに不安なら女子高校生が居酒屋でバイトしないように訴えるのがスジではないですかね?
 酔っ払いなんて、職業や年齢、性別に関係なくタチ悪い存在でしょうに。迷惑を考えずに馬鹿騒ぎしている女子会の集団だって同じ。


 笑わせるのが、「自衛隊の犯罪は起きている」と擁護する方々。

 では、「政治家の犯罪は起きている」「(会社員など)社会人の犯罪は起きている」と指摘します。職業関係ないでしょ?
   

 差別を厳しく批判する朝日や毎日、東京(中日)新聞が、職業差別主義者石嶺香織氏を批判しないのはなぜですかね?

 私が子どもの頃と同様の理不尽な自衛官批判が、災害であれだけ活躍し、実績を残している平成の世の中で展開されるのが驚きです。

 日頃差別に抗議する左派著名人や市民などは差別主義者石嶺香織氏を厳しく糾弾するべきでしょう。なぜしないのですか?


○メディアから一言2
 牧野知弘という有名らしいライターが文春オンラインで日本の旅館の形態について批判していました。

 個人的には思いこみや、誤った批判があると思われるので、少し書いてみます。

 まず、こう言います。「考えてもみれば、日本の旅館という業態はずいぶんと身勝手な存在だ。客は温泉地最寄りの駅に到着すると、改札を出るなり、駅前ロータリーで待ち構えていた「旅館名」を大書したマイクロバスに押し込められる。せっかく、駅前の商店街を覗いたり、ちょいと足湯に浸かってみたいなと思っても、提灯をもった宿のおじさん、おばさんが「こっちこっち」と手招きをする。

 マイクロバスは周囲の観光スポットなどには目もくれず、旅館までの道をまっしぐらに走る。」

 これ、何十年前の話ですかね?今どき、顧客が嫌がっているのに送迎出してわざわざコストをかける旅館ってあるんですか?
 
「迎えはいりません」と言えば終わりでは?団塊の世代の発想。
 
コストかけてもらっているくせに何を文句言っているんですかね?


 次に、「宿に到着すれば、荷物は宿の人間の手によって自動的に部屋に運び込まれ、宿帳に必要事項を記載せよ、となる。宿帳への記入が終われば、お茶を飲むのもそこそこに今度は風呂に入れとせっつかれる。温泉からでてくれば、さあ「飯」である。温泉上がりはビールが定番。ビールを飲んでいる間に、次から次へと「料理長自慢」と称される逸品の数々がこれでもかと運び込まれる。もう少しゆっくりお酒を楽しみたいと思っても、そんなことはお構いなしにお造り、煮物、揚げ物、焼き物が食卓を埋め尽くす。最後に温泉地のある都道府県名に「牛」と付けたような「ブランド和牛」と称される、初めて聞くような銘柄のステーキなどが出されて、はいデザート、お茶である。
 食後はブランデーとチーズを、とか外国人が思ってもそんな要望に耳を傾ける素ぶりすらない。」とか。

 やはりこれ、何十年前の話ですかね?風呂は、(仮にさんざん薦められても)入る入らないは自由でしょう。

 食事だって食べたくなければ無理に全部食べなくていいんですよ。

 なにより、食後にブランデーとチーズを希望するなら旅館に行くべきではありません。ホテルに宿泊すべきです。

 さらにこう言います。
「食事が終われば、「またお風呂をどうぞ」だ。宿の中ではとにかくやることがない。ちょっと街中を散歩しようにも、周囲は全部同じような旅館で寛げるようなバーもない。
 旅館は最後風呂に入ったらとにかく「寝ろ」だ。こうした一連の動きはすべて、実は「宿の都合」なのだ。食事代を込にして宿泊代を高くとる。街中をうろうろされて酒を飲まれても、お土産を買われても自分の懐に入らないので、なるべく客は旅館から外には出さない。そして迎える朝。朝食も魚の開きに卵焼き、かまぼこ、おしんこではい、おしまい。あとは清掃があるのでさっさとカネ払って出て行ってくれ。」とか。

 えー?牧野知弘さん、あなた旅行経験が浅すぎません?それか、有名人?だから祭り上げられている?
 仮にバカでないなら「自分の金で」旅をほとんどしたことがない幼稚な人間の言い分です。
 言い換えれば自分で予約して旅したことがない人。


 いわゆる温泉街は散策する楽しみもあるし、場所によってはスマートボールなどのレトロを楽しめる。有馬や伊香保など有名温泉街経験があれば容易に分かるはずです。
 散策する場所がないのであれば、それは温泉だけで頑張っている秘湯であり、そういうところに行って「何もない」というのは当たり前。

 なにより、「食事代を込みにして宿泊代を高く取る」とか言うのは、もう一度言いますがただのバカでしょう?旅館に対して大変失礼。

 なにより。自己責任で食事したいのなら素泊まりすれば良いんですよ。今どきそんなの当たり前です。素泊まりできないのは周りに飲食店がないという単純な理由。
 秘湯など旅館が頑張っている地域ほど食事する場所はないと思いますけどね。理由は簡単で、飲食店が採算が取れないからないという当たり前の理屈です。

 牧野知弘さんは常識的な経済観点すらないようで。

 いずれにせよ、「東京望月」ではないのですから、思いこみの嘘で記事を書いて、日本の旅館を根拠なく批判するのはやめるべきです。
 
プロとして恥を知れ。

 私は、本来旅行が趣味だった(でも最近忙しくてなかなか出来ない・・)ので、こういう無知な人間が旅館を批判するのは実に不愉快です。

 この程度のレベルのライターを記事にする時点で、文春オンラインのレベルが知れます。


<9月4日>
○一言(拡散希望)
 さすがに最近の北朝鮮の暴挙の中、望月衣塑子記者の官邸での質問を聞くとわかります。
 東京新聞は、北朝鮮擁護の反日新聞であるということを多くの方に知って頂きたい。

 望月氏を官邸に派遣して、北朝鮮の要望に応えるべきであるという質問をさせているんだから、これは明らか。

 東京新聞は日本国民の安定より北朝鮮の首領様の意向に応えるべきとする危険な新聞です。
 論より証拠→https://www.youtube.com/watch?v=7Vet9n8uA0g

 東京新聞は金正恩氏を支持する反日新聞であると言えましょう。なぜなら官邸に詰めるエースがそういう質問をしているから。

 大抜擢した官邸の記者である望月記者がそういう質問をするわけですから、これは明らかです。


○一言2
 9月4日付けシネマトゥデイによると「現地時間3日、第74回ベネチア国際映画祭にて坂本龍一を追ったドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto: CODA』の公式記者会見が行われ」たそうな。

 坂本龍一氏は「「2番目の問題は、福島での悲劇です。今でも福島の原発問題は続いています。これは全く別の問題です。私が恐れているのは、日本の人々が現実に目を向けようとせず、メディアは報じず、政府は隠そうとするということです。それこそが本当の問題だと思っていて、この問題はまるで津波の力のようにとてつもなく大きなものですから、無意識に人々は現実から目を背けることを選んだのだと思います」と日本における原発問題の現状を懸念した。」とか。

 最大の疑問。坂本氏が住んでいるニューヨークから近いところに原発がありますが、なぜ坂本龍一氏は反原発運動を米国で行わないのかな?

 日本でどれだけチャリティーを行ったのかな?

 はっきり言えば、日本国民をバカにしているのでは?米国では反原発運動をせず、日本では大騒ぎするダブルスタンダードは人間としてまともとは思えません。


<9月2日>
○一言
 最近忙しくて本屋にも行けない中、子どもに「絶対お父さんに合う」と言われて「BLUE GIANT」を渡されて読みました。
 
 うーむ・・・。何回も読み込んでしまった・・。読み込んで、私は雪祈の大ファンになりました。

 彼は天才とか言われていますが、本来努力の人なんですよね。15年間ひたすら努力し続けた。1年であそこまで行く玉田の方がよほど天才です・・。
 正直、東京編は事実上主人公は雪祈だと思います。人間としての成長を考えると彼の物語のように思えます。主人公の大の「人間としての」成長が少ないので。
 一番好きなエピソードは豆腐屋さんのエピソードです。雪祈の本当の人間性が分かるエピソードです。

 しかし、うーん。物語の締め方はやはり乱暴というか。

 左手を強調する描写、作曲が好きだと自覚する描写、ボーナストラックで平さんが「沢辺君と会うと」と言っている伏線から、将来を本当に楽しみに待っています。


○一言2
 公務員の定年65歳に延長とかいう報道・・年金支給年齢は70歳になるんですかねぇ?
 60歳定年で人生を謳歌している方々の年金や医療費(社会保険料)を負担させられ、現役はどんどん支給対象年齢が上がってただ高齢者の財布となれ、と。
 
 「おいしい部分」(会社の金で飲むとか)があって、しかも早く帰れた昔の世代と違い、ただ酷使されている我々の世代は果たして「老後」はあるんでしょうか?70歳まで何%が健康で生存できるか・・・。

 60歳以上も安定して高額給料もらえるとかいう批判ありますが、そういう批判される方ってそんなに働きたいんですかね?
 私は(クビにならなければ)60歳で定年して年金生活を希望します。
 

○メディアから一言
 9月1日付け産経新聞によると「菅義偉官房長官の1日の記者会見で、東京新聞の記者が前日に続いて北朝鮮の弾道ミサイル発射をめぐる政府対応について質問を連発した。

 東京の記者は、北朝鮮による8月29日の弾道ミサイル発射の前夜に安倍晋三首相が首相公邸に宿泊したのは、政府が発射の兆候をつかんでいたとの前提に立って質問を連発。「ミサイル発射の情報がありながら、国民に早い時点で通知しなかった理由は、安全だ、問題ないということか」「前夜になぜ、私たちが知らされなかったのか」などと問い詰めた。」そうな。

 まず、この時点で望月衣塑子記者がただのバカだと分かります。

 理由は簡単。「北朝鮮にミサイル発射の兆候があります」と市民に通知して、市民は何が出来るのですか?
 発射するまで何日も市民に眠れぬ夜を過ごせ、とでも言うのでしょうか。
 
なにより、ミサイル発射の兆候は軍事偵察能力に直結するものであり、「兆候」で公にするのはナンセンスです。

 当然、記事のように「ミサイル発射の兆候を、政府がどの時点でどの程度把握していたかを公表することは、日本の情報収集能力を明らかにすることを意味する。菅氏は「事柄の性質上、答えることは控えたい」「この場で発言するのを控えるのは当然のことじゃないでしょうか」などの回答に徹した。」となるわけです。


○メディアから一言2
 9月1日付産経新聞によると「菅義偉官房長官の31日の記者会見で、米韓合同演習を批判し、弾道ミサイルを相次いで発射する北朝鮮を擁護するような質問が飛びだした。」そうな。

 「質問したのは、学校法人「加計学園」獣医学部新設計画をめぐって菅氏を質問攻めにした東京新聞の社会部記者。「米韓合同演習が金正恩朝鮮労働党委員長の弾道ミサイル発射を促しているともいえる米韓との対話の中で、金委員長側の要求に応えるよう冷静に対応するように働きかけることをやっているか」と質問した。


 菅氏は「北朝鮮の委員長に聞かれたらどうか」と返答。東京記者は「北朝鮮側の要望に応えて、冷静かつ慎重な対応をするよう米韓に求めていく理解でいいか」と改めて迫った。」そうな。

 ついに馬脚が現れましたね。東京新聞望月衣塑子記者が官房長官を攻撃していた理由は、北朝鮮シンパ、つまり反日だからですね。

 反政府と反日(売国)は全然違います。東京新聞も北朝鮮に買収されているんですかね?


<8月31日>
○一言
 W杯出場をありがとう! 

 いやー前半はひやりとする場面もありましたが、良かったですねぇ。
 多くの選手にそれぞれ見せ場があったように感じます(個人的にはリーガを見ていないので、久しぶりに見た乾の成長に驚きました)。

 しかし、ハリルホジッチ監督の家庭の問題とは・・。
 個人的には、川島のスタメン復帰をはじめ、よく見ていると思いますが・・。

 本当に日本代表応援しているのか、単に食い物にしているのか分からないような記者や協会の一部とかが意味不明なプレッシャーかけているのもあるんじゃないですか?

 いずれにせよW杯に向けては、適切な批判以外は全面支援で、まずは一次リーグ突破、念願のベスト8を目指したいですね!


<8月29日>
○一言
 J-アラートについて、誤解されていると思う・・。
 報道見てると、弾道ミサイルの対応のためのシステムのように感じる方も多いのでは?

 実際は、全国瞬時警報システムと言って(まあ瞬時は厳しいのですが)、緊急警報システムで、それに乗って伝えられる情報の1つが弾頭ミサイル情報だと言うこと。
 具体的には、伝えられる情報としては、緊急地震速報や大津波情報などの気象面と弾道ミサイルや大規模テロの情報などの国民保護の情報になります。

 だからJ-アラートが無駄というのは適切ではなく、それに乗せるべき情報としてどうか、という観点からと議論でないとおかしい。

 弾道ミサイルで言えば、万が一の着弾は回避できないし、時間的にも避難も難しいため、緊急地震速報と同じような使い方だと思います。
 
つまり、窓から離れる、なるべく家の中の安全な場所で過ぎ去るのを待つ。ということだと思います。
 万が一近くに落下物+それに伴う衝撃等があれば、この行動だけで人的被害を大きく減らすことが出来ます。

 ところで、J-アラートが不要とか、これが実態とかいうのは個人の自由です。
 しかし、批判をするのであれば、「弾道ミサイル情報は緊急情報としていらない」と言うべきだと思います。
 「J-アラート=弾道ミサイル情報を流すシステム」というミスリードがある程度定着してしまっているのはちょっと困ったものだと思います。


<8月27日>
○一言
 今の安倍政権の問題は、改革を重視するあまり、攻撃力のある人間重視の登用で、人格面を無視していたことではないですかね?

 前川文科省事務次官なんか典型例ですよね。事務次官時代はその攻撃力により加計学園問題も容認した。ところが突然裏切った。自分の現職時代の職責すら無視して。
 ある意味平成の松永久秀ですよね(ちょっと評価しすぎか・・穴山梅雪程度かな?)。

 今の政務三役や最高幹部も、人格面では「あの人が○○になるとは思わなかった」と言われる人が、その攻撃力から評価され在職している(していた)。
 今の安倍政権のほころびは、成果主義の部分のマイナスの部分が浮上しているのだと思います。

 そろそろ「攻撃」だけではダメだと、
呂布みたいな人間ばかりではだめだと方向転換する時期だと思います。

 

○一言2
 有田議員をはじめとする反レイシストを自称する方々。なぜか高須院長をヒトラー呼ばわり。
※レイシスト-民族・人種による差別を行う者

 しかしレイシスト批判する人が、特定民間人をヒトラー呼ばわりとは全く穏やかではありません。
 事実を踏まえるとヒトラーはレイシストという意味ではユダヤ人に対するする史上最大のレイシストです。
 だから、高須院長がユダヤ人を排斥する言動ないし行動を取ってはじめて「ヒトラー」と言えるわけであり、その根拠を提示しないまま「ヒトラー」呼ばわりを支持するのはただの名誉毀損です。

 「しばき隊」ってすごいな、と思うのが、海外で「学生です」と言っている人(木野寿紀氏)が、実はしばき隊で、日本にいろいろ言ってくる。なんか安保闘争の時代と同じ事をやっている方々のように感じます(感想です)。

 何が問題か。2015年のツイートを今、突然問題視していることです。
 ツイッター自体は表現の稚拙さはあれ、ナチスそのものを賛美しているわけではないと読めます(私の独か威力では)。
 なにより、リオ五輪で苦境に陥ったサッカーナイジェリア代表に支援をした点でも高須氏は人種面でもレイシストとは思えないですが。
 欅坂46の件でもそうですが、真に問題であれば、しかるべきところから高須院長に指摘が来ます。問題あればしっかり謝罪し改めるる。
 これですべて終わりです。

 にもかかわらず、部外者がナチスとか言うのって、目的は何?

 さらに、差別と騒げば有田氏という国会議員である権力者が市民にどういうレッテルを貼ってもいいというのは、戦前の日本の特高と同じ事をやっていることに気付かないのでしょうか?有田議員は権力者である事を自覚するべきです。

 「レイシスト」と言えば何でも自分の主張が通り、人を潰せると思っているレイシストしばき隊こそ危険な平成の特高と言えましょう。


○一言3
 ヒトラー呼ばわりと言えば、最近霞が関や内幸町でおばさんたちが「安倍独裁政権を倒しましょう」「安倍独裁を許さない」みたいなことを言って新聞らしきものを配ろうとしているのを頻繁に目撃します。

 あれなんなんですかね?

 独裁という意味すらわからないようなので、しつこい場合は「独裁の意味分かっています?」と回答して受け取りを拒否していますが。

 安倍政権批判は自由だし、いくら言ってもいいと思います。でも選挙で選ばれた結果を無視して独裁とか言うのは、日本国民を愚弄していると思うのです。


<8月26日>
○メディアから一言
 ロイターによると、「核兵器を搭載できるロシアの戦略爆撃機が朝鮮半島周辺を飛行したことが明らかになった。」
ロシア国防省は24日、戦略爆撃機「ツポレフ95MS」が太平洋、日本海、黄海および東シナ海の上空を飛行し、それを受けて日本と韓国の戦闘機が緊急発進(スクランブル)したと明らかにした。」とか。

 産経によると、「防衛省は24日、中国機のH6爆撃機6機が、沖縄本島と宮古島の間を通過して紀伊半島沖まで飛行し、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)したと発表した。領空侵犯はなかった。
 防衛省統合幕僚監部によると、このルートで中国機の飛行が確認されたのは初めてで、中国側の意図を分析している。」とか。

 で、「紀伊半島沖まで飛行した今回の中国軍機の動きについて、防衛省幹部は取材に対し「情報収集か訓練の可能性が高い。国際法違反ではないが、特異な飛行なので引き続き注視する」と述べ、今後も警戒監視に万全を期す考えを示した。」そうな。

 補足ですが、戦闘機って空対空、つまり相手の戦闘機に対する対応で市民という意味では問題ないんです。でも爆撃機は市民の生命財産を破壊する機体です。

 にもかかわらず、なぜか、朝日、毎日、東京(中日)ではこのような国民の危機に直結する重大情報が報道されない。

 なぜですかね?

 ワイドショーや週刊誌ならもりかけやどこぞの市議の話などが一番でも仕方ないと思いますけど・・。


○一言
 韓国が「東海」を「昔から」言い続けていると主張していることについて。

 これは冷静に歴史を見れば分かる話。朝鮮半島の歴史を書いてみます。

・紀元前約200年から100年にかけて衛氏朝鮮。しかし、これは中国人の亡命王朝。
・この王朝は漢の武帝により滅ぼされます。「楽浪他4郡を置く」というのは日本史でも出てきます。
・朝鮮民族の国としては、辰韓、弁韓、馬韓が鼎立していましたが、有力者の連合政府であり、国家としての統一はなされていません。
・その後、新羅、百済、高句麗の三国時代に入ります。この時点あるいは新羅が統一した800年までに、「東海」と言っていた可能性はあります。
 しかし、現実的には新羅が混乱し渤海が台頭してくると、日本に亡命する難民が多かったのが現実。そういう中世的領主社会において、「東海」が確立していたとはとうてい思えません。
 言い換えれば日本で中世に庶民が太平洋を「東の海」と言っていたのと同じです。まともな「地図」すらなかった時代ですから。
・その後成立した高麗、李氏朝鮮も中国の冊封国(属国)。仮に「東海」と言っていたとしても、やはりローカルに言っているだけの話です。
 このあたり、韓国の方々の最大の誤解は、「朝鮮は力がないから(東海と言えなかった)」とかそういう話ではないということ。
 単純に時の支配者が中国の権威を利用して政治権力を固めたといういわば貴族の政治的テクニックであり、朝鮮民族の力がどうとかではありません。
 それをうまくやらないと「三田渡」のようになってしまいますし(ちなみにこの話が分かる韓国の方はどれくらいいるのか関心があります)。
 だから、日本海となったのは、力があったとかないとか、そういう誤解から脱しないと、理論や歴史ではなく単なる反日運動に過ぎないと思います。

 このように、歴史をたどるだけで、「東海」に関する主張は無理があると思います。そんなことに国力を注ぎ込む韓国は国力の使い方を間違えていると思います。
 

○一言2(言いたいことを明確化しました)
 ノンキャリアとしてマジでむかつくし、ノンキャリアや労働組合で頑張っている現場の方を誤解させるので、経産省飯塚氏を厳しく糾弾します。(なお飯塚氏から反論あればすべて公開しますのでご安心ください。反論の機会はもちろん提供します。)

 8月14日付け同氏のツイッター。「イタリア大使館一等書記官です。ノンキャリアとしては破格の待遇です。昭恵夫人をかばい続けた論功行賞でしょうか。」と書いています。
 この「お気に入り」が谷氏を示すのは明らか。違うのなら具体的名前を書けるはずです。

 要するに、「労働者を守れ、それをしない安倍政権にはらわたが煮えくりかえる」とか言っていた人間が、メディアスクラムから結果的に解放される栄転に対し、「論功行賞」とか誤解を招く言葉を書き込むという矛盾した発言をわざわざSNSでしているのです。
 労働者を守れと言っていた人間ならそのままそっとしておけば良いのに、わざわざSNSで「この人事はおかしい」と政治的意図で蒸し返したわけです。で、すぐに毎日新聞が食いついた。

 安倍批判であれば労働者を政治的に悪用する労働組合幹部は許せない。
 労働組合ではなく政治団体、という旧態依然の国家公務員労働組合の実態が明らかになったといえます。

 もっとはっきり言いましょう。組合費からいくらもらってるんですか?そしてその報酬でどういう活動をしているのですか?情報公開を重視するなら、あなたがいくらもらっているのか、それで何をしているのか情報公開しましょうよ。
 自分たちはおいしい汁を吸っている労働組合の幹部。で、労働者(ノンキャリア)の権利を守らずに政治的活動で自分たちの存在意義をアピールする。
 それ全然違うでしょう。労働者のために真面目に働けよ、と。
労働者からすれば、政治的な幹部など存在価値はありません。
 現場で地道に残業アンケートとかやっている現場の組合員の方との落差が激しすぎます。

 だから、国家公務員労組の組織率は大きく下がっているのです。私はノンキャリアだから、本来参加したかったんですけどね。
 イデオロギーを背景にした組合寄生虫が労働組合を破壊しています。昭和はまだ終わらない・・・。


<8月24日>
○一言
 経産省OBを名乗る飯塚盛康氏が、ツイッター持っていたという情報を頂く。見てみると嘘つきまくり。
 例えば、8月15日18:10のツイート(誤解のないよう全文を引用)
 「経産省の外郭団体の海外勤務は多いですが、欧州の大使館勤務にノンキャリアが行くなんて前列(原文ママ)はないです。キャリアでも欧米の大使館に赴任するのは、一握りの優秀な人だけです。」

 嘘ですね。私の記憶の範囲では、知人の経産省ノンキャリアが欧州の大使館に行っています。それとも無知なのかな?無知なのによく平気でメディアに証言できるなぁ・・少なくとも誠実な人間のやる行為ではない。

 だいたい、「一職員に責任を押しつけるな、はらわたが煮えくりかえる思い」とテレビで言ったわけですよ、この人は。
 だったら、メディアの圧力がなくなる海外への赴任は「職員の身を守る」という彼の根本的な主張に立てば、歓迎するべき事ではないんですか? 

 それを、なぜか疑惑隠しですか?だったら「職員の身」などどうでも良くて安倍批判が優先なんじゃないですか。

 語るに落ちたというか、組合員の方はこの飯塚とか言う幹部を批判するべきではないですか?組合の信用を大きく下げる危機だと思いますけど。

 なにより、現場の方は早期退庁の声かけやアンケートなど一生懸命やっているのに、幹部が政治的力を発揮して権力を振りかざすから衰退しているというなんとも言えない矛盾。

 現場の地道な活動を、売名行為で政治的にアピールしたい飯塚氏のような幹部が潰すという問題を誰か報道してください。


○メディアから一言
 サンスポによると、「広陵の背番号18、岩本淳太主将が準優勝盾を受け取る。」とか。

 「大阪・全羽曳野ボーイズのエースとして入学。1年ですぐ144キロをマークして将来のエースと期待された。しかし右ヒジを壊し2度の手術。ボールを投げられなくなった。それでも岩本はチームのために言うべきことは言う男だった。そこを見た中井監督が「岩本には男気がある」と任命した。」そうな。

 「1年のとき右ヒジをケガして毎晩寮のベッドで泣いていました。エースとしてチームを日本一に導けなかった。3年春に任命され、こうなったらチームを日本一にしようと思うようになった」

 「夏の予選前には学校の全クラスを回り「皆さんの応援がないと勝てません。応援お願いします」と頭を下げた。ベンチ外のメンバーには「お前らの分まで一生懸命やるからベンチメンバーを支えてやってくれ」と声を掛けた。補助員としてチームの練習を手伝った柴幸樹(3年)は「岩本の言うことは筋が通っていて、厳しいことを言うけど自分が率先してやっているから全員が納得する。秋までチームが今ひとつまとまりに欠けていたが岩本でまとまった」と決勝進出は主将のリーダーシップだと力説した。
 力を出し切っての準優勝。岩本は「野球を続けたいので、もう一度手術を受けます」と大学でエースを目指す。」とか。

 すばらしい方です。手術が成功しますように・・。


<8月23日>
○一言
 シャルケって、いいチームだな・・。
 感謝。


○一言2
 花咲徳栄高校の歴史的偉業に大興奮。すごい、すごすぎる。(当然)仕事中なので結果しか分からないですが、その後のテレビで改めて感心します。
 でも普通の高校生だから、過度の取材などないようにメディアや皆さん、温かく見守ってあげてくださいね。


○一言3
 オリックスの西投手が打球を左腕(投げない方の腕)に受け、骨折とか。
 でも、痛みをこらえて1回投げきった。以下、西選手のブログからの引用。

「今日はほんの少しですけど。中継ぎの負担って考えたんですけど1イニングが限界でした。

ほんとにこんな形でマウンドを降りる事が何よりも悔しいです。

毎回チームのためにをフレーズに頑張ってましたけど。すみません。力になりませんでした。

金田、小林、ヘルメン、近藤 、平野さんナイスピッチングありがとうございます。

バッターの方も得点ありがとうございます。

これから少しチームから離れてしまい心の底から悔しいですけど。全力で応援続けます。」

 西・・涙が出ます。お前がエースだ・・・。


○メディアから一言
 いい話が続く中で、大人の汚い事を書かざるを得ない残念さ。
 毎日新聞によると、 「今回の異動は多くの職員が驚くとともに、違和感を持っている」。経産省職員らで作る「全経済産業労働組合」の飯塚盛康副委員長は16日、フェイスブックに記した。

 この異動について、世耕弘成経産相は15日の記者会見で、森友問題が浮上する前の1月末に「内々示」を出したと説明。「同期の2種(ノンキャリア)の職員も、既に3分の1程度は海外勤務を経験している」と通常の人事だと強調した。

 ただ、こうした説明に納得していない人もいる。谷氏が昭恵氏付を3年間務めた後に経産省に戻ったのは2016年1月だ。飯塚氏は「世耕氏の発言の通りなら、経産省に戻って1年くらいで大使館への赴任を決めていたことになる」と指摘。「経産省の人事異動サイクルは通常2~3年。よほどの理由がない限り1年での異動はない」とした。」そうな。

 はっきり言って嘘つき飯塚盛康氏は反安倍の政治的プロパガンダを行う古いタイプのろくでもない職員でしょう。
 
 理由は簡単、私も20年以上前の新人時代にノンキャリアだから労働者として労働組合に入らないといけないな、と思って、説明会に行ったんです。
 ところが、そこで言われたことは、自分たちの労働環境を守るとかではなく、「憲法9条を守れ」「日の丸君が代反対」だったんですよ。

 その後も、組合の幹部が上司になったことが何度もありましたが、彼/彼女は政治的主張は一切してなかった。もっと言えば、何も守ってくれないのに○○になぜ上納しなければいけないのかという人もいました。要は、3種をはじめ、地方とか事実上強制加入の結果活動費もらっている奴が、政治的主張で職員の代弁者を気取るとか、おかしくね?

 現場の組合員と組合の委員長は全然感覚が違うんですよ。
 だから、こういう労働組合委員長と左派政党及び朝日や毎日、東京などのメディアの癒着を無視してはならないと思います。

 さらにいえば、確かに役所の異動サイクルは2年。でも飯塚氏は3年とか言っている時点で嘘を言っていますね。
 ただ、これには人事の配慮があり、専門性を重視した場合2年以上の配置はよくあります。一方で、事件で人を集めなければならないときとか、イベントや法改正など1年交替もままあります(2年激務だと心身の問題もあるので)。
 例えば私。ノンキャリアですが、1年以内の異動が5回以上あります。

 だから、飯塚氏の主張は全くの間違い。っていうか、ノンキャリアの谷さんを擁護したこと一回でもあるんですか?

 政治的主張中心で、労働者を守らない労働組合って潰した方が良いんじゃないですか?存在価値ないし。
 飯塚盛康氏は、労働者を守らないのなら組合費で政治活動する悪質なただの政治屋ですよ。


 仕事もせずに売名行為で喜んでいるこういう人間を私はマジで「仕事しろ!」と怒ります。


<8月20日>
○一言
 「ゆう活」や「働き方改革」で公務員は恵まれている、と言われています。
 まあそういう面もある部署があるかも知れないし、逆にそれで苦しんでいる部署もある。そういう意味で私は民間と同じだと思いますけど。
 ちょっと長くなりますが、このあたりの実態をお話ししたいと思います。

 私の例で言えば、今のポストは7月、8月が一番忙しい(補足すれば昨年は法改正、今年は数年に一度の仕事があり、にもかかわらず増員はないのでほぼ通年楽な時期はないと思われる・・運悪く)。
 しかも、自分以外の都合により日々の業務量が左右されるので、「仕事を計画的にこなして早く帰ろう」というゆう活の発想は実現不可能なわけです。

 一方で、こういう実態にもかかわらず当時の上司が「僕は○日から夏休みとるから、ハーデスさんはいつ取る?」と一方的通告。
 業務上、取れる状況でないし、忙しい時期にあなたが夏休み取ったら誰が決裁するんだ、という問題ですね。マネジメントができていない問題(ので上司が替わりました)。
  にもかかわらずこのような人事配置をした官房のお偉いさんはゆう活やれ、なぜ残っているんだと言います。マネジメントできないキャリアを配置するなら仕事減らせ、人増やせ、と言いたい。

 結局ゆう活も働き方改革も、忙しい部署だけが怒られて、暇な部署はよくやっていると言われる本末転倒なのが実態です。

 言い換えれば、早く帰りたいけど責任感から頑張る人間の心を折るという人材の考え方からして最悪の手法です。

 私、10年前、激務の部署で、入院した上司の分も働いたのに、送別会で「俺の仕事をとった」「俺を無視した」と非難されて心を壊しかけた10年前並みに、最近心が折れかけています。

 夏休みも取れないのに、ゆう活なんてできるわけないでしょう!にもかかわらず、なぜゆう活しない、なぜ夏休みを取らないって・・。
 家族と一緒に帰省してのんびりしたかったですよ。でも仕事があるから出来なかったのは、私の業務効率が悪いせいですか?

 じゃあ仕事放棄してもゆう活したり夏休みとってもいいですか?
 大臣殿、人事課長殿、人事権を持つあなた方がそう言って頂ければ私は喜んでゆう活するし、明日にでも夏休み取りますよ。

 これが霞が関の実態です。現場は上の功績至上主義という意味不明な圧力と、仕事をしないといけない責任感の狭間で心身を痛みつけられています。
 本当に忙しいから仕事している人とだらだら残っているおっさんとの見極めくらいは人事当局がするべきではないんですか?

 ゆう活や働き方改革自体の発想は間違っていないのに、現場を無視して単に実績を上げようとする政治家や高級官僚が安倍内閣の足を引っ張っていますね。

 いい発想なのに、運用のせいで最悪の取り組みとなっている典型例だと思います。
 

○メディアから一言
 デイリースポーツによると、「ボクシングの元世界3階級王者、長谷川穂積氏(36)が19日放送の毎日放送「せやねん!」に出演し、15日に行われたボクシングのWBC世界バンタム級タイトルマッチ、王者の山中慎介(34)と挑戦者のルイス・ネリ(22)との一戦で物議を醸したセコンドのタオル投入を肯定した。
 長谷川氏は「確かにちょっと(投入が)早いかなと思いました」と前置きしつつ、「でも、ボクシングというスポーツは本当に紙一重のところで闘ってて、じゃ逆にあの時タオルを投げなくて、あと残り30秒、もっと一方的に殴られたら、その30秒で取り返しのつかないことになってもおかしくない30秒になっていたかも分からない」と指摘。

 「タオルっていうのは、投げるのが遅いよりも絶対、早い方がいいんですよ。ボクサーの選手生命を考えると」と、大和トレーナーの判断を肯定した。」とか。

 「その上で、物議を醸した理由として「山中選手が具志堅さんの記録に並ぶっていう、これがこの先、簡単に出ることではないので、みんなの期待が乗っかった分、これだけの問題になったんじゃないかなと思います」と考察していた。」と。

 ボクシングというのはある意味人生を賭けたものだと思います。だから、経験者の意見は重いし、私はその通りだと思います。
 アスリートは引退後の人生があるからです。

○メディアから一言2
 韓国の中央日報日本語版によると、「軍艦島の強制徴用被害者チェ・チャンソプさんが映画『軍艦島』を見終わった後、「映画には想像が足されていたようだ」と評した。」とか。

「その後、今月12日に応じた韓国日報とのインタビューで、チェさんは「強制徴用で連れられて来られた朝鮮人はほとんどが幼い少年だった」とし、映画に登場したソヒのような少女はいなかったと明らかにした。

また、米軍の爆撃で死亡した朝鮮人の死体を一カ所に集めて燃やす場面に関しては、日本人は韓国人の死体をきちんと処理した後に韓国に帰していたと伝えた。チェさんは「それだけは日本は実に手厚くやってくれた」と回想した。」とか。

 また、「チェさんは映画『軍艦島』で、朝鮮人強制徴用者らが協力しあって日本の管理人と相対して戦い、脱出を敢行する内容に関し「全く不可能だ」と断言した。日本人の前では死んだように頭を下げなければならならず、少しでも反対の意を示せば骨すらも残すことができなかったというのがチェさんの証言だ。

 チェさんは「映画はもう少し淡泊であるべきだった」とし「日本人は彼らがやったことそのままに、韓国人もまた彼らがやったとおり映画にするべきだった」として残念な気持ちを表現した。」

 うまく言えませんが、今の反日圧力の中で、実際に軍艦島にいた方がここまで言うのであれば、そういうことなのだと思います。
 自分たちが生きてきた歴史が、政治的プロパガンダで改変されるのは良くない、と。これは太平洋戦争での米国の兵士とのドキュメンタリーでもよくある話です。
 私は歴史専攻なので、こういう冷静な証言者が韓国のメディアの記事に掲載されたのは非常に意義深いと思います。
 

<8月19日>
○一言
 今日も蓄積疲労を取るべく静養。
 食欲ゼロなのでウィダーでエネルギーを補給し、高校野球をテレビ観戦。

 高校野球大好きなのですが、睡眠優先でなかなか観戦できず・・。応援する智弁和歌山だけはビデオに撮って後で見ましたが・・。

 しかし、今日の大阪桐蔭-仙台育英戦はすごかった。本当にすばらしい試合でした。
 高校野球らしいというか。
 
 9回の奇跡はショートが2塁に投げず、ファーストも7回の交錯が頭をよぎったなどが想定されますが、仙台育英のバッターがあきらめていたらそれも関係ないこと。
 また、個人的には3回に大阪桐蔭を救ったのはショートのバックアップが良かったと思っています。
 あの打球でセカンドとサードがぶつかって落とすなんてあり得ないけど、きちんとバックアップをした守備はすばらしかった。
 そうでなかったら確実に1点だったのですから。

 だから、選手たちは全力を尽くしたと思います。
 7回の交錯で仙台育英のキャッチャーを批判する意見が出ていますが、見ていた限りはアクシデントだと思います。批判するのはおかしい。
 2アウトランナーなしで、脚をわざと蹴る意味などないのは明らかですから。

 個人的には、一番意味不明だったのは仙台育英の8回のスチール指示だと思っています。カウントも確か2ボールで、大阪桐蔭のピッチャーも疲れからか制球が不安定だったのにギャンブルをする意味が分かりませんでした(実際盗塁死したときの投球もボールだったと思います)。

 今回の試合は両投手のすばらしい投げ合いと、守備を讃えるべき好ゲームだったと思います。
 試合の一部の動画だけを見てどうこう言うのではなく、すばらしい試合を、両チームを讃えるべきだと思います。
 いや、本当に緊迫した好ゲームで、8回のレフトの好返球とか色々あったんですから。

 明日は我が埼玉の花咲徳栄が夕方なので試合を見ると思います。連戦の疲労が気になりますが、勝てば休養日が入るのでぜひ頑張って欲しい。打ちまくって投手を楽にしてやってください。


<8月17日>
○メディアから一言
 前川元文科事務次官が相当問題がある人物だということを自ら語りました。

 産経新聞によると、「文部科学省の前川喜平前事務次官(62)が自身の講演で平成27年9月、安保法制に反対した学生団体「SEALs(シールズ)」などが国会前で行った集会に参加していたと話した。当時、前川氏は文科省の審議官で翌年の6月、事務次官に就任した。公務員で、しかも省庁事務方のトップを担い、加計学園問題でも参考人招致を受け、今も積極的に発言している前川氏が従来から安倍政権に批判的だったことを自ら認めた形だ。」とか。

 具体的には、「前川氏は今月2日、福島市の福島県文化センターで開催された「前川さん大いに語る」(主催・前川さんの話をきく会実行委員)で講演した。前川氏は2時間近くに及ぶ自身の講演の終盤近くになって、「ここだけ内緒の話ですけど」と前置きして「2年前の9月18日、国会前にいたんです」と切り出した。」とか。

 まあ、公務員の業務外の政治活動は自由ですが、審議官という政権中枢の人物の反政府活動が認められるのかは興味があります。
 私が定年後なら訴訟を起こしているでしょう。

 一方で、「「政治案件ですから(加計学園問題を承認するのは)しょうがないと思っていた」と明かした。退任後になって「ゆがめられた政治案件を正すには発言するしかないと思った」と加計学園問題で「政治的圧力」を発言するに至った自身の動機を語った。」とか。

 語るに落ちたというか。
 自分が認めたならその責任は前川事務次官にあり、退職後に四の五の言ったって関係ないんですよね。これ社会の常識でしょう。
 なにより、政治案件である根拠を示していませんね、前川氏、叩けば叩くほど色々矛盾が出てきそうだと感じました。

 なにより。
 文科省は自らの政策が失敗しても平気で居座る恥知らずが散見されますよね。例えば「ゆとり教育」とか。

 この失敗をしたT氏が必死で前川氏を擁護しているんですから、なるほど、という感じです。


○メディアから一言2
 8月15日付け東京新聞によると、東大寺のハングルの落書きについて、「犯人は韓国人」偏見横行」だそうな。
 え?日本語で落書きがあったら当然日本人だと一義的に疑われるでしょう?偏見でも何でもない。

 火のないところに煙を立てるということは、東京新聞は、韓国なり北朝鮮から買収されているのですか?
 
売国新聞ということでよろしいか?


○一言
 韓国文政権
。色々とすごい。

 中国との二股外交をしていたのに「米国は守ってくれる」。
 慰安婦像を市バスに乗せたり、今度は徴用工問題で騒ぎ出す。

 さらには2000年前から東海と言われていたとか意味不明は主張を世界でわめき立てる。これは明確な嘘です。
 だって古代は朝鮮という単位でまとまっておらず、分裂していたのだから。

 息を吐くように嘘をつく大統領。すごい国だ。相手にするべきではないと思います。


○メディアから一言3
 16日付け産経によると、福島みずほこう語ったとか。
 「安倍首相の憲法9条改悪と闘わなければならないのです。9条を変えようとする内閣は倒さなければならないのです」と訴えた後、人気ファンタジー映画を引き合いにこう述べた。
 「『ロード・オブ・ザ・リング 指輪物語』の中で、死者の人たちが地中から蘇り、力を合わせてともに戦う場面があります。私は今、その場面を想起しています。主権者である私たちは、戦争犠牲者の全ての皆さんとともに力を合わせて、9条改悪を止めたいのです」」とか。

 主義主張は自由ですが、戦没者を呪われた者たちと同一視するのは狂人の発言だと思います。
 戦没者を冒涜する福島瑞穂攻撃がないメディアに大いに疑問を感じます。



○一言2
 セリアA優勝経験のあるマンドルリーニ氏がフリーで日本を視察、Jリーグの監督に意欲を示しているとか。
 金の問題はあるでしょうが、浦和や大宮など戦術面に問題があるチームは是非招聘して欲しいと思います


<8月14日>
○一言
 小池都知事の8月10日付記者会見から。→全文はこちら(都庁公式サイト

【記者】毎日新聞の円谷です。(中略)2点目が、豊洲市場の移転問題について、知事が公表した市場と、豊洲と築地と双方に市場機能を残す方針について、財源や運営費など検討した記録が都に残ってないというのが毎日新聞の情報公開請求でも明らかになりまして、最終判断が知事と顧問団による密室で下されて、情報公開という知事の方針に逆行するんじゃないかという指摘もあるんですけれども、知事のご所見をお願いいたします。

【知事】(中略)2つ目のご質問でございますけれども、情報というか、文書が不存在であると、それはAIだからです。私があちこち、それぞれ外部の顧問から、それからこれまでの市場のあり方戦略本部、専門家会議、いろいろと考え方を聞いてまいりました。いくら金目がかかるかということについては、関係局長が集まった会議で、既にA案、B案、C案、D案と各種の数字が出てきております。よって、試算については既に公表されているものがあります。最後の決めはどうかというと、人工知能です。人工知能というのは、つまり政策決定者である私が決めたということでございます。回想録に残すことはできるかと思っておりますが、その最後の決定ということについては、文章としては残しておりません。「政策判断」という、一言で言えばそういうことでございます。

 AI?この異常な答弁について報道したメディアは少ない時点で、メディアはどうしょうもないと思います。

 決定プロセスの公開が重要とさんざん言っておいて、私はAI、決定の根拠は示さないとか意味不明です。

 政治家って説明責任だと思うし、重大な決定は当然市民に対し説明責任があると思います。
 それをAI(意味不明)だから記録には残さない。引退後回想録で出すとか、自分は人気があるから何やっても良いと市民を舐めているのだと思います。

 首相官邸では、推測に基づく異常な質問、都庁では人気がある都知事には決定理由すら示さないことを容認する。
 日本のメディアは死んでいるんですか?



<8月13日>
○一言
 働き方改革。早く帰れという前に、だらだら残業している人間を帰らせるのが優先で、そのマネジメントすら出来ていないのが問題ではないですか。

 最近は、私の能力の低さもありますが、メンタル的にも肉体的にも疲弊。昼休みに仕事が入ることも多く、アラフィフなのに食事も普通に取れません。

 私は過去の激務から、体調面で色々問題を抱えており、キャプテン翼で言えば三杉君的な立ち位置です。
 要するに、体調面もあり業務時間内に集中して仕事をして極力残業をしない主義です。(おっさんの残業代単価は高いので、おっさんの残業は限られた残業代の割り振りという意味で、若手に迷惑がかかるというのもあります)

 一方で、業務比率が9:1or8:2くらいなのに、その「1or2」の人が100時間残業とかしているのか分からない状況(ちなみに私は30時間くらい)
 これを訴えても総括補佐は何もしてくれないし、課長も放置という時点で、それが一番メンタルに堪えています。

 まあ、それでも定時+必要な残業をしたら私は帰りますけどね。

 でも、早く帰るからといって、この異常な負担の不公平(そもそも給料はパートナーのが上)を理解できないのなら「働き方改革」なんて出来ないでしょう。

 だらだら残業(場合によっては長時間いなくなっている)している者が「仕事している」と。一方で業務時間内に凝縮して仕事を処理している人間が「定時で帰るから仕事をしていない」という誤った評価はやめるべきです。

 働き方改革というのならだらだら残業している人間を帰らせて下さいよ。


 必要だから残業をするという基本に立ち返るべきだと思います。


<8月12日>
○メディアから一言
 毎日新聞によると、「航空自衛隊の地上配備型迎撃ミサイル「パトリオット」(PAC3)が配備された中四国4県。地元の住民からは「どう対応すればいいのか」という不安や配備を疑問視する声が聞かれた。」とか。具体的には、

 「配備先の海田市(かいたいち)駐屯地がある広島県海田町は広島市に隣接する。広島県原爆被害者団体協議会の佐久間邦彦理事長(72)は「軍事的な挑発に対し、日本が行動を取ることが、北朝鮮に刺激を与え、核戦争へとつながるかもしれない」と危惧。「政府には国民の心配をあおらず、冷静になれと言いたい。話し合いで、北朝鮮に『このような行為はやめろ』と伝えてほしい」と訴えた。

 出雲駐屯地の地元、出雲市の郷土史家、卜部(うらべ)忠治さん(94)は「北朝鮮は本当に撃ってくるだろう。島根にミサイルが落ちてくることはないと思うが、もし迎撃ミサイルを撃てば破片が落ちてくるのではないか」と心配そうに話した。

 高知駐屯地への配備について高知市の会社員、光山博子さん(61)は「PAC3を配備すれば、逆に北朝鮮から狙われるのではないか。日本は米国と北朝鮮の間に位置し、戦争になってほしくない」と話す。ミサイルが高知上空を通過する可能性があることについても「通過せずに落ちたらおしまいで怖い。でも、ミサイルを防ぐためと言って戦争になるのはいやだ」。」とか。

 この記事を書いた竹下理子、根岸愛実、松原由佳、花澤葵の各記者への質問。

 じゃあPAC3を配備せずに、撃ち落とさなければ良いというのが毎日新聞の回答ということでよろしいか?そこ一番大事な結論なのだから。

 さらに金正恩とどう話し合うべきなのか、その具体策を提示してはじめて社会の木鐸の役割を果たすのでは?

 市民の方の声を引用して責任転嫁するのはやめるべきです。市民の発言を踏まえてどう考えているのかを堂々と表明するのがメディアのあり方でしょう。

 こういう責任転嫁の姑息な報道が、メディア不信を招いていると思います。高齢者をだませるのもここ数年だと思いますよ。時代錯誤も甚だしい。


<8月11日>
○一言
 最初に8月8日官房長官会見の動画をリンクします(ユーチューブ)。以下の私の主張に疑義があればご確認下さい。

 さて、最近、官房長官記者会見で望月衣塑子記者が自分の思想で洗脳しようとしている活動に危機感を覚えます。

 言い換えれば、反安倍は自由です。が、事実を確認せずに個人の仮定や推測に基づくが事実であるかのように質問し、その結果市民を騙し、洗脳しようという悪質な行為です。

 わかりやすい例は上記動画の19:30-20:20って、質問ではなく自己の主張なんですよ。だからよく「質問をして下さい」と言われる。
 役人人生20年以上ですが、質問を後回しにして自分の主張を官房長官にぶつける記者って初めて見ました。
 自分の主張をぶつけるために官房長官を10分拘束するって、正気とは思えない。官房長官の時間の貴重さを理解していない点でまともな社会人ではないです。
 望月衣塑子さんは東京新聞社長の時間を10分拘束することがどれほどのコストか分からないのでしょうか?

 さらに、「国民は」という言葉。望月氏の主張が国民の意見?傲慢にもほどがあります。

 常識的に考えれば記者がここまで傲慢になれるのは、東京新聞など記者が傲慢だからだとしか考えられません。

 国民をバカにしてるんでしょ?望月記者も東京新聞も。
 
ネット時代、動画時代を忘れていい加減なことを言えば国民が騙されると。私はこれが許せないのです。

○一言3
 次に、記者と官房長官が対等な関係であるとしましょう。

 だったらああいう物言いって、まともですか?明らかに自分が上であるかのごとくの威圧的なものの言い方だと思います。

 記者は事実をもとに冷静に追い込むのが仕事です。

 自分が冷静さを欠いて挑発的な自己主張や質問をする時点で、望月さんは勉強不足を隠そうとしているだけの無能記者です。実際、記者として最低限のウラ取りすらしていないのだから。

 具体的に言いましょう。朝日新聞の加計学園関係者が出席して発言していて議事要旨に残っていない疑惑。
・多分全部の審議会令にもありますが、議事の一部または全部を公開しないことは民主党政権時代も含め当たり前。
・だから会議の冒頭で議事を公開するかどうか確認する。
・議事要旨=議事録ではないし、議事録=速記録ではない。特にWGレベルでは実務的な話では当然公開できない話も出るので、政府の会議をすべて公開できるはずはない。
・会議中、例えば、事務方の私に振り向かれてマイクで説明したことは当然メインテーブルの幹部の説明とイコールであるし、私の名前が「出席者」として議事録等に残ることはありません。「参考人説明」として本文で残る可能性はありますが。
・役所で公開している速記録は真の速記録を文字おこしした上で、各委員に確認を取ったもの。これが議事録です。
・だから出席者からこれは公開しないで欲しいと言われれば、公開しない。
・だから「加計隠しだ」という反論ですが、実は2005年から今治市と二人三脚。加戸証言で明白。隠すもなにもないこの大前提を無視している。知らなかったとしたら記者失格。

 なにより、発端は鳥インフルエンザや口蹄疫。
 産経によると、加戸知事は
 「「こっちは別に加計学園でなくてもいいんだ。じゃあ、あなたのところで愛媛に第2獣医学部を作ってくれるか?」酒井(日大総長:獣医師会の権威)と北村日本獣医師連盟会長は押し黙ったままだった。」とあるように、別に加計学園でなくても良い、と明言しているんですよね。

 まずこのウラを取れば、どちらが事実か明確になるはず。
 明らかに記者としてやるべきことをやっていない望月記者は退場するべきです。あなた、プロではない。
 望月氏は加戸証言をきちんと勉強し、加戸氏に話を聞くべきです。それをやらない望月氏は記者失格。

 官房長官に質問する前に記者として最低限のやることをやってから質問するべきです。あなたが記者の誇りを持つならば。


○一言4
 さらに望月記者が言葉の切り取りでの批判をはじめているのが問題。
 
 彼女の2017年8月10日7:03付けの公式ツイートでは、「会見で幾度となく聞かされたこの言葉「 #質問に答える場ではない 」 では菅長官は一体、何をする場だと思っているのだろうか。」と

 ハッシュタグまで作っていますが・・。望月さん、あなた記者なのに日本語能力が極めて低いのでは?

 この発言は冒頭動画の20:50くらい。でも、その前やこれまでの「質問」を聞けば、日本語能力がある方なら、「既に国会で答えている)質問に答える場ではない 」というのは自明では?

 また、再三にわたり国会で○○が答弁しているとおりです、と官房長官は言っているのにそれを確認していない。

 真実を国民に伝える記者として、まともですか?プロとして恥ずかしくないのか。

 しかもこれを朝日が記事にしています。2017年8月10日20時39分付け朝日新聞デジタルによると「学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐり、菅義偉官房長官が首相官邸での記者会見で、「ここは質問に答える場所ではない」などと言って、説明を拒む場面が続いている。」とか。

 この記事を書いた南彰記者もねつ造していますね。嘘書いて恥ずかしくないのですか?
 さすが「アベする」をねつ造報道した朝日。


 ちなみに、11日付文春オンラインで望月氏の記事が載っていますが、「質問の根拠や取材した部分も話すので、「質問は簡潔にお願いします」って広報官の人に注意されてしまいがちなので、そこは改めてもっと気をつけなければならないのですが……。」と言っています。

 質問の根拠が「新聞に載っていた」「雑誌に載っていた」というのは「根拠」ではないんですよ。記者ならその大前提を理解するべきです。

 時の内閣(政党政治)を批判することを重視するあまりに、事実を確認せず、結果的に軍部の情報を真に受けて戦争に導いた記者と同じことをしていると、思わないのですか?

 
○メディアから一言
 以上を踏まえて産経の記事をお読み下さい。
 「菅義偉官房長官の10日の記者会見では、学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設問題をめぐり、もはやおなじみの東京新聞社会部、望月衣塑子記者が同趣旨の質問を繰り返した上、朝日新聞の記者も“加勢”し、連動するかように2人で質問攻めを展開した。北朝鮮情勢をめぐる緊迫の度合いが増す中、両記者と菅氏のやり取りは、この日の会見時間のおおよそ半分を占めた。

 「朝日新聞の1面トップに、首相官邸で柳瀬唯夫首相秘書官(平成27年4月当時)が加計学園の事務局長と面会していると報道が出ている。政府は確認したのか

 東京の望月記者が10日付の朝日報道を用いて質問をすると、菅氏は「国会で柳瀬氏が答えた通りだ」と応じた。これに対し望月記者は「朝日新聞が詳細に面会の事実を報じている」などと朝日報道を根拠に食い下がると、「国民が理解しがたい話を政府がひたすら言い続けているようにしか見えない」と自らの主張を「国民」の主張に置き換えてたたみかけた。

 続けてまるで連携するかのように朝日新聞の南彰記者が“参戦”。菅氏が8日の記者会見で、柳瀬氏と加計学園関係者の面会に関する東京記者の質問に対して「ここは質問に答える場ではない」とした発言の趣旨を尋ねた。」とか。

 ネトウヨとか以前に冒頭動画を確認して頂ければ、産経新聞が事実を伝え、それ以外が都合の良いように脚色しているのが分かります。
 これがメディアの実態です。最近ちょっとひどいと感じています、


○メディアから一言2
 産経によると、「原爆投下から72年。長崎市は9日、犠牲者への鎮魂の祈りに包まれた。だが、平和祈念式典の会場近くでは、「政権打倒」など無関係な主張を大声で繰り返す集団がいた。慰霊の静けさを打ち破る非常識な行動に、多くの被爆者や遺族は、冷ややかな目を向けた。(中村雅和)

 長崎市主催の式典は、平和公園(同市松山町)で営まれた。雨模様の中、午前9時ごろから、多くの市民が集まった。公園入り口で、一人の中年男性が、笛を吹き鳴らして歩いていた。安倍政権をナチス・ドイツになぞらえて批判するプラカードを掲げる。参列者が眉をひそめても、意に介さない。

 たまりかねた警察官や市職員が、立ち去るように促す。男性は、道を挟んだ爆心地公園に移った。「原爆落下中心碑」があり、そこにも慰霊で多くの人が訪れていた。だが、男性の行動は変わらなかった。埼玉県から小学生を引率して訪れたという団体職員、向井良和氏(37)は「私も今の政権には疑問を持っています。それでも、あんな姿は子供に見せられない」とあきれ顔で語った。爆心地公園には他にも、目を覆いたくなるような光景が広がっていた。

 「8・9長崎反戦闘争実行委員会」を名乗る団体が、集会を催していた。30人ほどがいた。

 「日本帝国主義がアジア各国を侵略したことを踏まえ、どのような立場で、戦いを作っていくのかが問われている」

 こんな発言で集会は始まった。午前10時ごろだった。近くには「安倍の式典参加弾劾!」「川内玄海再稼働反対!」「辺野古新基地反対」と書かれた旗や横断幕が並ぶ。集会では原爆投下や無差別空襲について「日本帝国主義のアジア侵略戦争の結果だ」と断じた。日本政府の核兵器禁止条約への不参加を批判しながら、北朝鮮による核開発には一切、言及しなかった。」とか。

 反安倍は自由ですが、鎮魂の日くらい政治的主張を置いておいて、御霊に祈りを捧げることが出来ないんですかね?

 さらに「静けさを乱す行動は、午前10時35分に平和祈念式典が始まると、一層エスカレートした。安倍晋三首相ら関係者による献花が始まった同50分過ぎ、式典会場にデモ行進の声がかすかに響いた。

 30人ほどのデモ隊だった。警察庁が中核派系と認定する「NAZEN」(すべての原発いますぐなくそう!全国会議)の旗もあった。平和公園に面する道を歩きながら、「9条を守ろう」「安倍を倒せ」など幟旗を手に、気勢を上げた。式典で安倍首相は「原子爆弾の犠牲となられた数多くの方々の御霊(みたま)に対し、謹んで哀悼の誠を捧(ささ)げます」と語った。

 一方、集団は「安倍は出ていけ!」と、シュプレヒコールを繰り返した。会場外のモニターで、式典の様子を見つめていた北九州市戸畑区の無職、武藤良雄氏(64)は「親族が原爆で亡くなりました。こんな時にさえ静かにできない連中が、何を訴えても信用する気にならない。自己満足で、人の心に土足で踏み込んでいるようなものだ」と憤った。

 2歳の時に被爆したという長崎市の無職、和田要氏(74)は会場外の騒ぎに「毎年のことで、何とも思わない」と切り捨てた。「長崎を最後の被爆地にという言葉が、人類共通の願いであり、意志であることを示します」。田上富久市長が訴えると、会場は大きな拍手に包まれた。対照的に会場外の騒がしい訴えが、共感と支持を得ることはないだろう。」とか。

 繰り返しですが、8月6日、8月9日、8月15日だけは、政治的主張は置いておいて、御霊に祈りを捧げるべきではないのでしょうか?日本人なら。


<8月8日>
○一言
 加計学園の問題でまた「報道ステーション」が新しい事実(加計学園関係者が国家戦略特区のワーキンググループの非公式会合に同席していた)を報道していました。

 ワーキンググループというのは、審議会でも国際会議でもよくあるのですが、細かい点について事務方で詰める会合です。
 現場の実態を踏まえて「率直な発言(批判)」が起こりうる場面なので、非公式というのもままあります。
 だから、これ自体はおかしくない。

 次に、議事要旨や速記録と議事録が違うのでおかしいという話ですが。「議事要旨」というのはすぐに知りたいという市民へのサービスのために担当者のメモから公開したいわば「速報」です。「速報」が正確でないのはテレビでも明らかでしょう。
 一方、議事録は、速記録または議事を録音したもののテープおこしにより、委員に趣旨が違っていないか確認の修正を受けた上で公開するものです。
 つまり、口べたな人が誤解を招く発言をしても、自分の言いたかったことはこういうことだ、といえるシステムです。
 これが正しいことは国会議事録の修正が行われている点からも明らかです。

 だから、議事要旨と議事録が微妙に違うのはよくある話です。ましてや速記録を廃棄するのは当たり前です。だって速記者以外読めないんだから。

 加計学園問題は本質からどんどん遠ざかって、事実より安倍政権がいかに隠ぺいに見えるように報道するか、という報道の偏向を露呈していると思います。

 朝日が昔掲載した「私アベしちゃった」というデマ報道再び、という感じです。それで良いんですか?メディアは。


○一言2
 7日の報道ステーションで民進党の加計学園疑惑調査チームの映像が報道されていましたけど、これってパワハラじゃない?
 最初あるいは気付いたときは言い直していましたけど、基本恫喝する桜井充議員。
 常識では、例えば蓮舫氏の事業仕分けの時でも、「ですます」を使う、相手を攻撃するときに露骨に威圧したらダメ。それが社会人の常識なわけですよ。

 そう思って民主党のサイトに行ってみたらまんまの動画。論より証拠。民進党の認識が甘いのか、あたかも功績のように公式サイト及びユーチューブで公開しているので、是非ご覧下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=VgwyP8FJ2Ig

 まず、おかしいのが、加戸さんの証言を切り抜いて悪用している。23分53秒くらいからです。
 「今治は加計ありきなんです、そう言ってるよね?知ってる?」などまともな社会人とは思えない陰湿な発言。

 でも今治市のプレゼンで加計学園が非公式の参考人として参加していたから「加計ありき」というのは無理がありすぎます。これをなぜメディアは報道しないのか。

 喩えて言えば、テレ朝とフジが広告を取りに別の日にプレゼンしました。テレ朝は古舘プロジェクトの営業マンを非公式に参加させ意見をさせました。これって、「古舘ありき」になるんですか?普通に考えれば分かる話でしょう。
 いずれにせよ、加戸さんの発言を無視する民進党がよくもまあ加戸さんの発言を引用できたものだと思います。人間として恥を知れ。

 ・・話を戻します。パワハラは色々あるのですが、分かりやすいのは1時間27分くらいから。
 「そんなことは聞いてない」
 「そんなのおかしいよ」
 「そんなこと聞いてない、文科省としていいんだな、と聞いているんだ」
 で、とどめが
 「私学助成金という無駄な税金を使うことになるかも知れないんだ。これ大事な点なんだよ。だから聞いてんだ!東大や北大で出来ないことを本当にやるのか加計学園は。東大や北大がその程度の大学ですか、文科省の認識は。東大や北大と加計学園どっちが上だと思う

 この発言すごくないですか?
 常識的に考えたら国立大学と私学を比較すること自体ナンセンスですし、東大や北大でないとできないことっていっぱいあると思いますけど。
 帯広畜産大学を考えても、桜井充議員のレベルが低すぎるとしか思えないのですが・・。要は、つるし上げるのが目的なのでしょう。

 なにより、3対10くらいで一方的に1時間半にわたって週2回、このような威圧的発言を繰り返す会合をやっているようですよ。これ、明らかにパワハラですよね。

 政治家なら、官僚を毎週つるし上げていいのですか?

 桜井充氏は国会でも前に書きましたように聞き間違いでキレまくって暴言を吐いていましたね。まともな社会人ではないと思いますが。

 パワハラ常習犯桜井充氏をなぜメディアは批判しないのか。電通問題をもう忘れたのですか?


 加計学園の追求とは別の問題です。だって追求自体は彼でなくても出来るのですから。

 パワハラ国会議員に対しペンを取る当たり前のメディアはないんですか?

 私の結論。桜井充議員はパワハラで現場の公務員を潰そうとする悪質な国会議員だと思う。否定できますか?
 なぜなら、丁寧語を使わず恫喝しているから。

 なお、本件で桜井事務所から抗議・反論、あるいは「裏から」攻撃等があった場合は、彼の原則に従いすべて公開で対応させて頂きます。


○一言3
 世界選手権。川内選手は不屈の闘志で本当によくやったと思うが・・批判する人って、いるのかなぁ?


○一言4
 都民ファーストの会の若狭議員が細野議員のことを上から目線でいろいろ言っています。
 でも、議員の実績は明らかに格が違うというか天と地の差。よく言うなーと。

 歴史上、短命の政権には、実績ある人物をリスペクトしないばかりか、上から目線で偉そうなこというという「側近」が現れるという特徴があります。

 小池政権は長くないですね。都民ファーストの会に人物なし。


<8月4日>
○一言
 昨日、今日と報道ステーションを見ると、ネガティブキャンペーンがすごいですね、「ゲスト」の口を利用して安倍バッシング。
 一番やってはいけないのは、街頭インタビューで安倍批判した女性のインタビュー1件だけを報道。

 中立性とかどうでもいいというメディアが「報道」を名乗る資格があるのかと思います。

 しかし、ゲストも雑な発言なんですよ。とにかくもりかけと日報問題。
 逆にゲストとしてご高説を唱える方に聞きたいのですが、「メモ」って「事実」なんですか?違うでしょう?社会常識に欠ける「有識者」って何?
 主観的なメモが事実でないことは明らかなのに、そうしたメモを「事実」として認定する方に物事の真贋を主張する資格はないと思いますけど。

 まずは、その内容が真実かどうか取材するのが、本来のメディアのあり方だと思いますけど。
 ○○がこう言っているから間違いない、というのはプロとして失格じゃないですか?ウラ取りしないと。

 だから、テレビは信用されなくなる。少しは時代の変化を理解するべきだと思います。


○一言2
 高校野球4日目。報道されているとおり、ヤバイ。優勝候補が集まったというか。ブロック2はトーナメントで見るとまさしく死の組。

・ブロック2
13時00分 第3試合 聖光学院(福島)-おかやま山陽(岡山)
15時30分 第4試合 早稲田佐賀(佐賀)-聖心ウルスラ(宮崎)
8時00分 第1試合 広陵(広島)-中京大中京(愛知)
10時30分 第2試合 横浜(神奈川)-秀岳館(熊本)

 広陵、中京大中京、横浜、秀岳館は、勝ってもまた優勝候補というとんでもない組み合わせ。

 逆のブロックはかなり楽なので、東海大菅生とかにチャンスが大きいと思います。


○一言3
 AKB総選挙で、結婚宣言したNMB須藤凜々花氏がドイツに行って博士号を取得すると言っているそうな。

 結婚宣言しておいてドイツ留学?って遠距離恋愛確定という発言って全く理解できないんですけど・。

 っていうか、ドクターの称号、舐めてませんか?

 世の中舐めんなよ、というメディアがひとつもなかったのが残念です。メディアの実態ですね。


<8月3日>
○一言
 安倍改造内閣。メディアはいろいろ言っています。
 そもそも論ですが、メディアが言う「お友だち内閣」自体が、市民を騙そうとする悪質なプロパガンダ。
 例えば石破氏だって閣僚になっていますからね。別に「お友だち」だけを偏って登用しているわけではありません。
 そもそも政権の中核が側近であるのはどこの世界でも当たり前で、それは「お友だち内閣」ではないです。


 そういうふうにメディアが市民を騙そうとして嘘をついているわけです。で、「お友だち内閣」というフィルターを外してみると。

 今回の内閣は良い内閣だと思います。女性登用とか意味不明なメディアの主張を無視して実力重視。
 林氏や小野寺氏など政策通を再起用。女性アピールではなく、実力ある女性を登用する本来の立場に戻りました。
 野田氏、河野氏といった意見が違うことが多い人を起用し、閣内議論を活性化させるのもいいことだと思います。

 個人的には。一番心配なのは河野外務大臣だと思います。彼は攻撃力に特化した人間だからです。
 そして自分よりたちが弱い反論できない人間(公務員)を厳しく叩くことで評価されてきたからです。いわば自民党の長妻昭。
 この性癖はリーダーには全く向いていません。いいかえればパワハラを起こしてしまうリスクが高い。
 さすがに彼もバカではないでしょうから、抑えると思いますけどね・・。
 なにより「内弁慶」なのか、誰に対してもの申すのか、河野氏の真価が問われる大臣就任だと思います。

 一方で彼は親中派ですから、対中外交で力量を発揮することを期待されているのだと思います。
 そして防衛大臣に経験者の小野寺氏を配置したことを考えると、北朝鮮情勢は私が思っているより悪いのかもしれません。

 外務大臣と防衛大臣の役割分担が分かりやすいから。そして対ロは世耕経産大臣が担当、と有事外交を視野に入れているように見えるから。


<8月1日>
○一言
 個人的な根拠のない想像で言えば、田原総一朗氏が安倍総理に進言した「政治生命を賭けた冒険」とは、憲法改正のための民進党との大同団結である、と思います。


○一言2
 もはや、神様、仏様、ロメロ様レベル。
 本家のバース様と比べたら少なくとも今年は大きく劣るけど、それほどチャンスに強い選手、試合を決める選手がオリックスにはいない。

 T-岡田はチャンスで打てないのなら、1番に起用してみてはいかがか。チャンスでT-岡田と言うだけでもう絶望してしまう。

 なにより、
黒木を使いすぎ。それと代打でバントとか意味不明なことしないで欲しい。
バント職人なら別ですが・・。


○メディアから一言
 7月29日付け29日京都新聞によると「訪日外国人など観光客の増加を受け、市バスの混雑に市民の批判が強まる。キャリーバッグも大きな原因で、通路をふさいで乗降に時間がかかり、ダイヤの乱れにもつながっている。
 同局は4月から、京都駅で大きな荷物を持ってバスに乗ろうとする観光客に声を掛け、ロッカーなどの利用を働き掛けている。案内業務を同局から委託されている市交通局協力会(右京区)の中村知雄さん(41)は「素直に聞いてくれる人もいるが、強制はできない」。コンシェルジュの1人は「宿泊施設への運送を勧めても、『受け取る人がいない』と断る人もいる」と顔を曇らせた。
 ただ、観光客にも言い分はある。横浜市から訪れた会社員男性(34)は「市バスは安く、本数も多いので便利。でも小さめの車両が多く、混む路線は大型車両を導入し、荷物置き場をつくれないものか」と話す。」とか。

 率直に言えばキャリー持って観光するって邪魔ではないのですか?形式的に外を見るだけならともかく、中を拝観するときそのキャリーどうするの?

 全然苦にならない元気な学生ならいいですよ?でもめんどくさいけど400円節約、と思うのなら、その苦労で既に400円以上失っていると思いますよ。

 軽いリュックで手ぶらの観光を覚えたら400円を惜しんでキャリーをずっと持っていくとか、ないと思いますけど。

 ましてや、バスに荷物置き場が作れるほどの大型バスって?そんなバスあり得ないと思いますが。

 京都新聞はキャリー批判をしておいて、なぜこのようなあり得ない意見を「言い分」として乗せるのか理解不能です。
 ペンでメシ食っているプロとは思えない日和見です。だったらそもそも記事書くなよ・・。

 
○最低限の交通ルールの遵守をお願いします。
 「アクセルを踏むとき、道を渡るときに、ちょっとでいいから(亡くなった)えみるのことを思い出してやってください」(風見しんごさん)

(お断り)
 当サイトでは東京電力福島第一原子力発電所のことを最も短い略称である「1F」と表記します。
 政府・国会、主要マスコミでは福島県全体への風評被害を防ぐために当該原子力発電所の名称の前に「東京電力」「東電」を付けることになっています。
 つまり、こういうことをしっかり考えている政治家やメディアなどは「東京電力福島第一原子力発電所」「東電福島第一原発」とします。
 でも長すぎて面倒。そして上記前提を踏まえればこれが一番いいかな、と。それが全ての理由です。

○ご意見、ご感想はこちらまでお願いします→makinoh2アットマークops.dti.ne.jp

 件名には具体的な内容のご記入をお願いいたします。

※就職にあたってのご質問は、まずは書店等の公務員就職関係の書籍のチェックをお願いします。