明るい!?国家公務員のページ

~FUNNY!?GOVERNMENT OFFICIALS~


左が私が子どもの時、接着剤や塗料を使って作った旧モデルのドライセン。
右が最近作ったHGUCの素組です。当時の指定塗料の色と大分違うなーと感じます。

旧モデルでは両腕のガトリングはギミックでそのまま露出できたのですが、HGUCでは差し替え。
指も旧モデルでは親指と人差し指、残りの3指が別パーツで、「握る」というのが表現できました。
 が、HGUCではできません。旧モデルの左の親指のリアルな感じ、わかりますか?
ただ、塗装は大変なので若い頃はここまでやったけど、年とるとこれくらいがせいぜい、というのを感じます・・・。



ようこそいらっしゃいましたー。 人目のお客様です(1999.3.9より)。

ご訪問ありがとうございました:100万(2006.7.19)、200万(2008.6.15)、300万カウント(2010.2.18)、
400万カウント(2011.11.12)、500万カウント(2014.1.19)、600万カウント(2016.6.10)
SNSや動画が当たり前の時代に古めかしいサイトご訪問ありがとうございます。


 


☆更新情報その他
 
フェイが逝去し、四十九日を迎えたのでこれ機会にフェイ写真館19号館更新しました。このころは20歳までは生きるだろうと思っていたくらい、元気でした。その元気・・というか気ままな姿をご覧下さい。

 先輩からあまり注意(教育)されないと言う新人の方へ。一つの考え方としてご覧下さい。→
こちら
 本サイトのコメントは全て組織とは関係ない個人の見解です。

経済からみた江戸時代 '05/7/19更新
江戸時代というのは実はすごい時代だったのです。特に教科書は間違いや嘘ばっかりなのでだまされないでくださいねー。
国家公務員はこんなもん '05/5/30更新
国家公務員の実態などについて書いています。新聞や雑誌、HPは極端な話ばっかりですよー。
テレビではわからない実際の話 '10/6/18更新
マスコミ報道は何かあれば政府を批判すればいいような感じです。
でも本当にそうなのでしょうか?規制緩和、教育、年金などについて、国家公務員の仕事をやっている現状から考えた観点でお話しします。
伝言板
伝言板です。いろいろ方と気軽な雑談をしたいです。
投稿前にこちらをお読み下さい。自己主張(アジテーション)はご自身のblogでどう
ぞ。
フェイ写真館 '17/7/06更新 new
うちのいたずらっ娘の画像です。猫好きの方へ。
2017年5月16日、18歳11ヶ月で逝去いたしました。天国でものんびり気ままに暮らしていると思います。

自己紹介とお願い
お約束の自己紹介とこのHPでのおきまりです。

○竹島は日本の領土です。2月22日は竹島の日。
※「歴史をねつ造」とする韓国の方へ:国際司法裁判所の公平な裁定を受けましょう。なぜ韓国政府は反対するのですか?
○北方領土は日本の領土です。2月7日は北方領土の日。


<7月20日>
○一言
 安倍政権打倒のためなら手段を選ばないメディアや野党のやり方は民主主義を壊すものとして、かなり危機感を抱いています。

1)加計学園問題
 官僚が国家公務員法に違反し本来やってはいけない情報漏洩により、時の政権を倒そうとする。
 特に、「議事メモ」という主観的なものを流出することにより、反政権のメディアと結託して政権を倒そうとしている。
 官僚政治などと批判していたメディアが、安倍政権打倒のためなら積極的に支持しているというのは極めて危険です。

 戦前に同じ手法で政党政治の信頼を失墜させ、軍部を台頭させた朝日や毎日は、過去の愚策を平成の世の中で繰り返すつもりですか?

2)稲田大臣の問題
 もし陸自の現場から情報が漏洩し、結果大臣が失脚したら、「シビリアンコントロール」を無視するものです。

 「陸自の反乱」と夕刊紙は阿呆みたいな事書いていましたが、シビリアンコントロールをいかに考えるのかを無視しているのでただのバカだろうと思います。

 このように、安倍政権打倒のためなりふり構わない朝日、毎日、中日(東京)の3紙及び関連メディアは、こうした前例を作ることの恐ろしさを、憲法を大事にするのならばよく考えて頂きたいと思います。

 感情論でとにかく安倍さえ潰せばいいという今のメディアの報道姿勢は、民主主義にとって極めて危険な発想である事を市民の皆様にはご理解いただきたいと思います。

 「公務員による情報漏洩」で政権が倒れるという前例は絶対に作ってはいけないと思います。

 むしろ、国家公務員法違反で逮捕し、行政が政治に絡むべきではない、という論調を張るのがメディアとしての正論ではないんですか?


○一言2
 蓮舫民進党代表の戸籍公開問題で人種差別であるという意味不明な論調があります。

 人種差別ではなく利益相反の問題です。

 具体的には。台湾とは友好関係にありますが、一方で漁業権をはじめ問題があります。その時、台湾と日本の二重国籍の蓮舫代表はどちらの支援をするのですか?という話です。

 本来、日本の市民の代表である国会議員ならあり得ないのに、なぜ二重国籍を維持していたのですか?という問題です。

 人種差別問題とする方は、政治を語る資格がないと思います。


○一言3
 7月17日付けのNEWSポストセブンで「花見で双眼鏡や地図を手にしていることが共謀罪に該当する恐れがあるのだから、電車や駅を撮ったり、時刻表を広げたりという行為も当然ながらテロ行為とみなされる恐れがある。」と主張していました。

 「共謀罪」だと批判する方ほど、法律を読んでいないという典型例です。
 法律を読まずに他人の意見を盲目的に信じ、メディアの力を使ってあたかも事実であるかのごとく言うことこそ民主主義にとって危険だ思いますけど。

 再掲ですが、組織犯罪防止法にはこのように定められています。
第二条  この法律において「団体」とは、共同の目的を有する多数人の継続的結合体であって、その目的又は意思を実現する行為の全部又は一部が組織(指揮命令に基づき、あらかじめ定められた任務の分担に従って構成員が一体として行動する人の結合体をいう。以下同じ。)により反復して行われるものをいう。

 明らかに該当しません。

 そしてこの記事を書いたのは60くらいの高齢者であるとはっきり分かります。なぜなら、地図を軍事機密としているからです。
 今やグーグルマップなどでかなり丸裸で、地図そのものが軍事機密という時点で20年前の感性。
 
なにより、本当の軍事機密の場合、花見だの電車だの駅だのが問題ではなく、そもそも入れませんから。

 「共謀罪」と称するものに反対するのなら、まずその法律を読んでみるのが煽動に流されない民主主義にとって正しい道だと思いますが。

○一言4
 朝日によると鉄道での自決防止のためのポスターに「「STOP自殺」や相談電話の番号のほか、「鉄道での自殺は、大切な命が失われるだけでなく、鉄道を利用する多くのひとの安全や暮らしに関わってきます」との文言を書き込んだ。」ことが問題になっているような。

 具体的には、遺族を傷つけるということ。

 いろいろな判断はあると思いますが、私はこれは抗議に負けずに続けて欲しいと思います。

 理由は簡単で、事実だから。
 そして自決を思いとどまらせるためのポスターだから。
 自分は過去こういう経験があります。
 ある駅でホームギリギリに立ち、来る電車をのぞき込んでる女性を見かけ、これは危険だと近づき、あえてホームギリギリの場所でその女性の前を横切りました。すると、その女性は急に頭を抱えてホーム側に座り込みました。そして来た電車には乗らずに去ったようでした。
 重いものでない限り、自決は何かのきっかけで止めることができると思います。だから、ポスターを見て考えが変わる方もいるかも知れません。

 そういうきっかけという意味で、「未来の犠牲者を防ぐ」ということを考えれば、本件が問題になるのはおかしいと感じます。


<7月19日>
○一言
 上西小百合議員が炎上商法のために暴言を吐いた結果、殺人予告を受けたということで被害届提出とか。

 これ自体はくだらない話なのですが、「共謀罪が適用される」と警察官に言われたと主張しているそうな。

 また売名行為ですね。国会議員として法律をまともに理解していない。っていうかあまりに的外れで、これを掲載したメディアも異常です。
 正直、頭が痛いレベルです。

 「共謀罪」という罪はなく、今回問題となったのは「組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律」の改正案です。

 しかし、以下の条文をお読み下さい。
第二条  この法律において「団体」とは、共同の目的を有する多数人の継続的結合体であって、その目的又は意思を実現する行為の全部又は一部が組織(指揮命令に基づき、あらかじめ定められた任務の分担に従って構成員が一体として行動する人の結合体をいう。以下同じ。)により反復して行われるものをいう。

 今回の上西議員の行為はこの「団体」の定義にすら該当しないのですから適用されるはずもなく、当然、警察官が言うはずもありません。

 脳内で色々変換されているのではないかと思います。そういう方に年収何千万も払っていると言うことを市民の方は怒るべきだと思います。

 若いとか女性とかで単純に選ぶべきではないと思います。若いと言うことは未熟であるという観点も持つべきだと思います。


<7月18日>
○一言
 加計学園関係の集中審議で、野党は、通常の与党2:野党8の審議時間を主張したのに対し、自民党は5:5を主張で物別れとか。

 これを批判する山井民進党国対委員長や、報道ステーションは、「質疑」の意味を分かっていてやっているから悪質だと感じました。

 理由は簡単。
 質問者はいくらでも聞けるのに対して、安倍総理側は「答弁」です。つまり、説明したくても、「そんなことは質問していません」と一方的に反論を潰すことが出来るからです。説明封じが可能なのが国会答弁です。

 また、本当に安倍総理の説明を聞きたいのなら、党首討論という場があります。しかしその権利をなぜか一回も行使しなかった民主党。

 山井国対委員長は「正々堂々と反論されればいい」と言っていましたが、反論に対し「そんなことは質問していない、委員長!」と反論を言わせないのでしょう?

 市民を騙して政治パフォーマンスのために税金を使う野党って、もはや政権交代可能な野党ではないですね。それで良いんですか?民進党。


○一言2
  上西小百合衆院議員が浦和-ドルトムント戦を見てのツイートが炎上しているそうな。結果への評論については個人の見解だから別にどうでもいいと思います。
 問題は、ファンに対し「なんかやった気になってるのムカつく。他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」という発言。

  上西議員は頭がおかしいとしか言いようがありません。
  実際東京の石川選手や岐阜の高木選手が穏やかに反論していますけどね。

 っていうか、応援の意味がわかっていない社会人って、ほぼ人格が破綻していると思いますが。正気?

  ましてや、私はドルトムントファンと称して持ってきたのが「裏切り者」ゲッツェの人形かよ・・。急に秘書に買いに行かせたのが明らかなばかげた事案。
 普通ファンならユニフォームかタオルマフラー持ってくるでしょう?そういう意味でもバカ。

 炎上商法は自由ですが、国会議員の矜持が1%でもあるのなら、意味不明な市民攻撃はやめるべきだと思いますけど。

 いずれにせよ、スポーツを(逆説的に)政治利用しようとする上西小百合先生はもうスポーツを見ないでいただきたい。

 炎上商法は自由です。でも、ファンを愚弄するなら、人間失格です。あなた、正気ではない。

 被害者は巻き込まれた浦和レッズ関係者です。


○一言3
 鮫島浩‏朝日新聞元特別報道部次長の7月14日付けツイッターによると、「安倍内閣を批判するとアベシンパから攻撃されるという息苦しさが日本社会を隅々まで覆っていた。森友加計で度の過ぎた権力私物化が露呈し、ようやく堂々と不支持を表明できるようになったのだ。日本は重圧感から解放され、健全さを取り戻しつつある。

 はぁ?重圧感なんてありましたか?堂々と不支持を表明することを誰かが妨げていましたか?

 ないことをあったかのごとく主張する「ねつ造ジャーナリズム」朝日の面目躍如ですね。これがメディアの正体です。


○メディアから一言
 7月17日付ZAKZAKによると、「韓国で4月に行われたアジアチャンピオンズリーグ(対水原戦)で川崎サポーターが旭日旗を掲げたとして、アジア連盟(AFC)から無観客試合開催と罰金1万5000ドル(約170万円)を科せられた処分に対し、14日に上訴したと発表した。

 藁科義弘社長によると、AFCはインディペンデントリサーチ(第三者による独立した調査)の結果、旭日旗は「いくつかの国、地域で掲出は差別的と考えられている」と断定し処分の根拠とした。しかしこの第三者が誰で、どういう調査を行ったかということは明かされていない。そこで調査の中立性や信頼性にも疑問を呈し上訴。旭日旗についても「旗本来の意味ではなく、一部の見解で差別的とするのは不合理」と主張している。」とか。

 当たり前ですよね。
 もしこれが差別なら、朝日新聞の社旗も差別社旗となります。そして朝日新聞にそういう抗議をした報道など皆無。
 日本政府は全面的に支援すべきだと思います。官邸の記者は菅官房長官に質問をするべきです。


 実際旭日旗に見えるデザインで海外の方のデザインでも抗議を受けるのに、なぜか朝日新聞は一切抗議を受けない。

 実におかしな話ですが、朝日新聞さんはなぜだと思いますか?


<7月16日>
○一言
 石破さんは私は好きな人なんですが、最近の動きはいただけませんね。

 自民党や安倍政権の支持率が下がっているときに、テレビで安倍批判している場合じゃないですよ。55年体制ならそれはOKでしょうが、今や政権交代前提の時代のなのですから。

 確かに水月会は精鋭ぞろい。しかし、安倍内閣に対抗する政策構想はあるのですか?まずそこを主張するべきだと思います。特に経済政策。

 それが出来ないのなら、野党に対しての利敵行為になるような発言は控えるべきだと思います。


○メディアから一言
 時事通信によると、「日本の排他的経済水域(EEZ)にある日本海の好漁場で、北朝鮮船籍とみられる漁船による違法操業が問題になっている。
 日本では禁止されている漁法で大量にイカを捕り、日本のイカ釣り船が漁場を追われている。今月7日には水産庁の漁業取締船が小銃を向けられる事案も発生。漁業関係者からは不満とともに、政府に対策を求める声が強まっている。
 「日本の漁場が乗っ取られている」。山形県酒田市のイカ釣り漁船「第85若潮丸」船長、本間健さん(61)が怒りをあらわにする。若潮丸は13隻から成るイカ釣り船団に所属。30年以上通い続けてきた日本海の好漁場「大和堆(やまとたい)」で6月下旬、北朝鮮船籍とみられる不審な漁船約10隻を発見した。
 数トン程度の黒っぽい小型船は、日本の操業許可を得た韓国船籍の漁船などと違って許可番号を掲げていなかった。夜は無灯火で航行し、汽笛による警告も無視。海洋資源保護のため禁止されている流し網漁で、大量のイカを一網打尽にしていた。流し網がスクリューに絡まる恐れがあるため、船団は不審船を避けながら漁を続けたが、日ごとに数が増えていった。
 不審船が100隻を超えた7月初旬、船団は大和堆を諦め、北海道沖に漁場を移した。同様に大和堆を追われた石川県や青森県の船の姿もあった。イカの漁場は徐々に移動するが、この時期の北海道沖は小ぶりのイカが多いという。若潮丸の漁獲量は例年の3分の1程度に落ち込んだ。」とか。

 森友や加計なんかより市民生活に直結するという意味ではるかに重要な問題だと思いますが、なぜメディアは報道しないのか。特に朝日、毎日。

 なにより、北朝鮮に何度も言っているアントニオ猪木議員はパイプを生かして抗議するべきではないですか?

 正直、北朝鮮の違法行為を容認している結果、現場で銃撃戦が起きるのではないかと懸念します。

 もう一度言います。
 なぜ、朝日や毎日、中日(東京)新聞系のメディアは一切報道しないのか。日本人のためのメディアですよね?



○メディアから一言2
 報知によると「東京都の小池百合子知事(64)が14日に定例会見を行い、2020年の東京五輪に向けた気運醸成と健康増進を目的とした「みんなでラジオ体操プロジェクト」を2020年まで実施することを発表した。」そうな。

 「都庁でも毎年7月24日~9月6日までの間、午後2時55分になれば放送でラジオ体操が流れるようにするという。小池氏は「どこにいても毎日、体操できるようにしたい。何だかフラッシュモブみたいに突然始まるに感じになりそう」と苦笑い。最後には報道陣にもラジオ体操を呼びかけ「働き方改革もあるので、みなさんもラジオ体操で健康増進していただければ。まぁ(働かざるを得ないように)問題作っているのは私なんですけど」と自虐ネタも披露していた。プロジェクト初日となる24日には、都庁でキックオフイベントも開催予定。」とか。

 午後の1時から3時って最も審議会を筆頭に各種打ち合わせが集中する時間だと思うんですけどね。しかもその議論の〆の時間にラジオ体操ですか?

 現場を知らない馬鹿なトップとしか言いようがありません。

 こんなのを肯定的に評価するメディアって頭おかしくないですか?人気のある権力者に媚びを売っている朝日や毎日、中日(東京)って、メディアが政治的活動をしていることを認めるべきだと思いますが。


<7月13日>
○一言
 今のメディアの重大な第三者として、いわゆる社会の木鐸としての報道が出来ていない点だと思います。
 具体的には、最近は安倍バッシングのためにNHKですら、加戸氏や原氏の答弁を報道しない。

 いかに前川氏がおかしいか。これをなぜか報じてくれない。
 いや、前川氏の主張を認めるなら、官僚天国をNHKや朝日や毎日、中日(東京)を認めるということなんですか?あり得ないでしょう?

 どこも報道しない加戸氏の発言
 「もう10年前に愛媛県知事として今治に獣医学部の誘致を当時は構造改革特区の名のもとに当時の事を思い出しまして鼻もひっかけてもらえなかったこの問題がこんなに多くの関心を10年後にもっていただいている事に不思議な感じが致しております。
当時愛媛県知事としてたくさんの仕事を預かりながら県民の身体、生命、財産、畜産業の進行、食品衛生 その他で一番苦労致しましたのが鳥インフルエンザあるいは口蹄疫の四国への上陸阻止あるいはBSEの問題の波及の阻止、いうなれば四国という名の小さな島ではありますけれどもこういった感染症対策として一番防御が可能な地域という意識もございましたし、そしてアメリカがこの問題に狂牛病の体験を受けて先端切って国策として、これからはライフサイエンスと感染症対策をベースとした獣医学の教育の充実という事で大幅な獣医学部の増加、そして3つの獣医学部の新設という形で懸命に取り組んでいる姿を横で見ながら、なんと日本は関心を持っていただけないかになった。私は少なくとも10年前に愛媛県民のそして今治地域の夢と希望と関心を託してチャレンジ致しました。
厚い岩盤規制で跳ね返され、跳ね返され やっと国際戦略特区という枠の中で実現を見るようになった。本当にそれを喜んでもおります。
さきほどの話にございました行政が歪められたという発言は私に言わせますと少なくとも獣医学部の問題で強烈な岩盤規制の為に10年間我慢させてきた岩盤にドリルで国家戦略特区が穴をあけていただいたという事で「歪められた行政が正された」というのが正しい発言ではないのかなと私は思います」。

 さらに霞が関の経験について「私は霞が関で三十数年生活した」「省庁間折衝では激しい言葉も使い、場合によって虎の威を借る狐(きつね)のような発言もあり…。でも事柄が決着した後は、酒を酌み交わして次の施策に向かっていく。これが霞が関の文化だった。今回は霞が関の文化が感じられない。時代が変わったのか…」

 これは実感します。なんというか当たり前?こういう当たり前のことに元文科省事務次官が異を唱えること自体が正気ではないと感じます。

 事務次官がばかげた「証言」をしている時点で、この事務次官は正気ではないですよ。違うというのなら、なぜ職を賭して抵抗しなかったのか。
 まあ、自信のロリコンの趣味を「貧困女性の調査」と言い換えるくらいですから、平気で嘘もつける方なんですけど、籠池氏もそうですが、そのような人間を国会審議で使う時点で時間の無駄というか、言った言わないで、真実は絶対明らかにならないです。
 野党の宣伝のために税金が使われるのは抗議したいですね。

(前川氏へ)反論お待ちしています。すべて公開で議論させて頂きます。公開原則の前川氏のご希望通りに。


○一言2
 籠池氏の大阪府での参考人招致「午前の講演が終わり、すぐ近くにありますレストラン『シャドー』に行きました。ビーフステーキを一緒にいただきました。昭恵夫人も食された」。
 
 一方で、衆議院証人喚問(葉梨議員への答弁)「ご講演会が終わられまして、急いで帰られる用事がございましたから、えー、その菓子箱に、こちらのほうで、感謝というお気持ちを添えまして、封筒の中に金子(きんす)を入れて菓子箱とともにお渡ししたということでございます。」

 どっちが事実か分かりませんが、矛盾している以上、籠池氏は議会で平然と嘘をつく方であるということです。
 
 そういう方の嘘である可能性がある「証言」を求めるために審議を求めた野党の責任はなぜ問われないんですかね?税金の無駄遣いなんですが?


○メディアから一言
 7月10日付け毎日新聞によると、.「獣医学部新設問題 新設、賛同なし 既存5大学が反対 毎日新聞アンケート」という見出し。

 競争相手がこれから加わりますが、賛成ですか?と聞かれて「賛成」と答える企業なんてあるんですか?

 デタラメな印象操作をする毎日新聞。最近記事のレベルが極めて低下していると思います。売り上げが下がるのも当然でしょう。


<7月10日>
○一言
 正尚が帰ってきた!豪快なフルスイング、是非見て下さい!
 ベストメンバーがようやくそろったオリックス、夏が楽しみです。
 苦労人のさちや(福也)が完封勝利。
 頑張って応援しなければ。


○一言2
 国会での前川喜平氏の発言。いや、メディアは切り取りでいろいろ言っていますが、正直語るに落ちたというか。

1)文書を流出したのは前川氏ではないのか、という質問に対し、否定しなかった。
2)出会い系バーの問題で、「(官邸の動向と)読売新聞の記事は連動していると主観的に感じ取った」

 この2点で、もう明らかでしょう。事務次官が国家公務員法違反行為で政治を揺るがそうという不遜な行為。朝日,毎日、東京(中日)新聞は認めるんですか?
 言い換えれば、朝日、毎日、中日(東京)各紙は、官僚天国であるべきだと思っているんですか?ここ、ものすごく重要ですよ。

 
次に、出会い系バーの件で言えば、文科省に限らず、援交の温床となっていると言われている出会い系バーに高級官僚が通っていたらいつメディアに取り上げられてもおかしくないでしょう。
 
杉田官房副長官の注意があったということは、率直に言えば、官邸に報道を抑えてもらっていたんじゃないですか。その恩を忘れて何を言っているんですか、前川喜平さん。あなた、ばかですか?

 
これらの情報を統合すると、前川喜平という人間がいろいろな意味で恩人に後ろ足で砂かける人間のクズに該当すると思いますが、メディアはなぜ擁護するんですか?


<7月9日>
○一言
 10日に前川元文科事務次官が参考人招致とか。

 どうせ安倍憎しで自分にとって都合のいいことしかしゃべらないのだから、茶番も甚だしい。

 個人的には、ヒラメ官僚が、辞職した途端に「私は押さえつけられて何も言えなかったんです」とかいうこと自体官僚として失格だと思いますけどね。

 本当にダメなことなら職を賭して戦えよ。それが官僚の矜持でしょう。
 ましてやこの方、事務次官というトップでしょう。人間として恥ずかしくないのかね?

 安倍憎しのあまり、こんなクソ高級官僚を認めていいんですか?
 朝日、毎日、中日(東京)の各紙はマジで、官僚のこのような行為が正しいと思っているのですか?

 官僚が政治家をどうこうするというのは民主主義において絶対間違っていると思いますが、朝日、毎日、中日(東京)は官僚が政治を支配すべきというお考えですか?

 私は絶対間違っていると思うけど。


○メディアから一言
 朝日によると「「安倍1強」の政治に反対しようと、東京都新宿区の新宿中央公園で9日、安倍政権への抗議デモがあった。デモを呼びかけた団体によると午後7時までに約8千人が参加。「国会開け」「安倍内閣退陣」「NO 共謀罪」などと書かれたプラカードを掲げ、新宿駅周辺を行進した。大阪、名古屋、福岡などでも安倍内閣退陣を求めるデモがあった。」そうな。

 具体的には、「午後5時半ごろ、学生団体「SEALDs(シールズ)」の元メンバーらが関わって設立された市民団体「未来のための公共」がデモを開始。「共謀罪」の趣旨を盛りこんだ改正組織的犯罪処罰法が11日に施行されるのを前に、「テロ対策とうそをつくな」などとシュプレヒコールを上げた。」とか。

 毎日や時事などの他の左派勢力と違って朝日がまだオピニオンリーダとしての矜持を保っているのが、「シールズ系団体がデモの中心である」と事実をきちんと書いている点ですね。
 毎日や時事などは市民を騙してもいいと思っているのか、自発的に結成された新団体と誤認させる書きぶりでしたからね。

 しかし、本質的には、安倍1強の政治に反対って、意味不明なわけですよ。だって、別の政党を応援することで安倍内閣を倒すことが民主主義でしょう?
 安倍政権を倒したら、どこの政党(あるいは誰が)が政権を取るべきと彼らは考えているのですか?

 ここを無視してただ安倍政権が倒れればいいというのはアナ-キスト(無政府主義者)の発想であり、極めて危険です。メディアはそこ考えるべきだと思います。

 安保法案反対のデモ、彼らが言うところの「共謀罪」反対のデモといった個別政策の反対デモは民主主義として当然だと思います。
 でも、安倍一強政治に反対、というのは、だめでしょう。民主主義である以上、デモする暇があったらむしろ対立候補を積極的に支援するべきだと思います。
 彼らはどの政党を支援するんですか?仮に支持政党がないなら、この行動はアナーキストとしての行動であり、市民にとっても危険です。


○一言2
 フジテレビ系の「新報道2001」で若狭氏が「国政新党がつくられていくのは都議選の結果を踏まえて自然な流れだ」「ただ、少なくとも年内に国政新党への動きが出てくることは十分にあり得る」と述べたそうな。

 都民ファーストの会自体が、政策もなく、単なる反自民と小池人気だけで議席を獲得した「期待政党」なのに、年内に「国政進出」とか、都民をバカにしているんですかね?

 都民は政治家の政略の踏み台ですか?
 地方分権が叫ばれる中、都民はバカにされたものです。

 国政に向けた政策が現段階でゼロなのに、反自民だけで議席を獲得しようとするとは、市民をよほどバカだと思ってるんでしょうね。
 

○一言3
 福岡県・大分県の豪雨災害に関連した報道で、ハザードマップの整備が出来ていない、という問題を指摘しているメディアが。

 これねー、全く的外れなんですよ。

 ハザードマップというのは、結局のところ「リスク」の話であることをメディアは理解していない。この手の話、毎度のことですが・・。
 ハザードマップがあれば市民がそれを踏まえて最適な行動する・・わけがないのですよ。
 リスク対応は、あとは個人の考え方次第だから。

 ましてやハザードマップすら見ない方や、どう考えてもリスクの高い地形のそばにいるのに「考えたことないっすね」とインタビューで答えていた方々もいるわけです。
 そうなってくると行政ではどうしょうもないですよ。
 そこを報道というかたちでサポートするのが、メディアの仕事なのではないですかねぇ?行政批判ばかりで市民の命守れるんですか?


<7月8日>
○メディアから一言
 朝日新聞によると、「男性(75)は「とにかくお風呂に入りたい」。避難所のボードには無料の入浴施設のリストが貼られているが、送迎はまだ準備中だ。「車が水につかって身動きが取れず、施設まで行く足がない」とこぼす。」とか。

 いつも思うのですが、メディアが一定時間だけ車貸せばいいと思います。
 「送迎はまだ準備中だ」とか、他人事過ぎませんか。取材はするけど支援はしないというばかげた姿勢、企業としてまともなのですか。

 タダで取材しているんだから、それくらい被災者のために協力してもいいんじゃないですか?
 特に今回のケースでは被災者の人数も限定されているから、なおさらメディアが被災者に協力できると思いますけど、。

 ワゴンで取材しているんだから、1日1回の送迎くらいメディアは協力できないんですか?
 まさかメディアの取材者は毎日風呂につかっているんじゃないでしょうね?


○一言
 核兵器廃止条約が成立、唯一の被爆国である日本が参加しないことに批判とか。
 批判される方は、そもそも条約の意味がわかっていないと思います。

 条約というのは、条約を締結した国の間で有効なだけであって、全世界に影響を及ぼすわけではありません。
 だから、核保有国や潜在的核保有国が参加していない以上、「核兵器禁止条約」は事実上意味のない条約です。
 自治体の意味不明な「非核都市宣言」と全く同じです。

 厳しいようですが、象徴的意味しかない条約など、現実の社会では無意味です。

 核削減のアプローチは、STARTのように、核保有国がそれぞれ核を削減していくことが最も現実的だと思います。
 もしくは「ニュートロンジャマー」(笑)のような核兵器を無効にする科学技術を生むことです。

 だからこれに参加しない安倍政権を批判するのなら、核武装するという北朝鮮を、メディアはなぜ徹底的に批判しないのでしょうね?
 昔から、「北朝鮮」といわずに「朝鮮民主主義人民共和国」と言っていて、拉致すら否定していた朝日や毎日、東京(中日)といったメディア。

 朝日、毎日、東京(中日)系列の記者やテレビマンの皆さん、なぜ日本より北朝鮮を支援するのですか?

 ダブルスタンダードも甚だしい。なぜ日本人なのに日本のことを第一に考えないのですか?


○一言2
 韓国軍が「朝鮮で防衛を担う人民武力省の建物に攻撃を加え、北朝鮮の旗や平壌にある金日成(キム・イルソン)広場とされる場所が焼け野原になるイメージ映像を公開した。」そうな。

 北朝鮮の韓国大統領府攻撃の映像といい、朝鮮民族は幼稚すぎませんか?韓国市民は、我々をバカにするなと抗議するべきです。

 こんな意味のない挑発行動をする韓国当局。戦争当事者という自覚が足りないんじゃないですか?


<7月6日>
○一言
 さすがにニュースサイトに転載されなくなったようで。記事の内容がねつ造しすぎでしかも毎回同じパターンですからね。
 いえ、公務員憎しの若林亜紀氏のいわゆるボーナス時のねつ造記事です。

 ゲンダイは相変わらず使っていますが・・ゲンダイクオリティ(笑)

 今年の記事は「管理職が半数」だそうな。近年の記事では1/3だったはずですが、最近管理職がすごく増えたようです。
 管理職が半分ってすごい組織だなぁ・・少なくとも日本ではあり得ません。

 
こんな明らかに事実無根の中傷記事でも事実であるかのように掲載するメディアというのはプロとしてのプライドをどう考えているのかなぁ・・。
 そして、こんな嘘を平気で書くジャーナリストって、ジャーナリストと名乗っていいんですかねぇ?

 ちなみに私が彼女をジャーナリストではなく妄想作家であると最初に思ったのは、彼女の著書で「入省時に桜の木の下で新人が記念撮影をしている」的な記述があったからです。
 普通に仕事している人なら、ご理解頂けると思います。スケジュールは人事課の方で決められているわけですから。大学じゃないんだから。


<7月5日>
○一言
 加計学園関係の行政文書の問題、正しく報道されていません。安倍叩きのためなら事実を曲げても市民を騙すという感じでしょうか。

 行政文書とは、まるっと言えば、「意思決定文書」なんです。そして「意思決定の背景の文書」なんです。
 その役所が、その政策をなぜそのように決定したか、という判断をした文書。
 省庁間のやりとりにおける議事録とかそういうのは、意思決定文書ではなく、周りの人が「そう言っている」だけの資料に過ぎないんです。だから、よほど重大なもの以外は基本、「メモ」であり行政文書登録されないのです。

 もちろん、審議会など重要な政策の方向性を位置づけるものについては、当然速記なり録音なりの記録を取り、その記録をもとに発言者に趣旨を確認した上で、HP等で公開しています。

 要するに、内閣府と文科省のやりとりがそういうレベルにあったのですか?あったとしたら、記録に残すために相手に確認を取ったのですか?という話。
 これ、担当レベルでもあります。例えば、政策を転換する指示があった場合は、発言内容を相手にメール(文字)で確認します。
 「言った言わない」の議論を防ぐための霞が関の常識です。

 だから、文科省の問題は、そこからずれているのです。

 さらに言えば、内閣府等の発言だけで、じゃあお前らはそれを踏まえてどう判断したんだよ、という資料が出てきていない不思議さ。言い換えれば「文科省が意思決定をした文書」が出て来ないことが、そもそもおかしいのです。

 ありていに言えば、他省庁や政治家や業界からいろいろ言われるのは役人は日常茶飯事。
 それを踏まえて、どう決定したのか。この一番大事な行政文書、なぜか文科省から流出していませんね?

 市民を騙し、メディアは市民を騙そうとしても、役人は騙せません。

 メディアは文科省が正しいというのなら、文科省の意思決定文書を情報公開請求するべきです。なぜしないのですか?

 改めて確認。加計学園問題の根本は、
1)行政を歪めるほどの問題なら、なぜか事務次官が職を賭して戦わなかったこと。
2)文科省がどういう意思決定をしたのかという文書に限ってなぜか流出していないこと。

 もっと言いましょう。
 省庁間の調整で負けたから、退職後にメディアに情報提供してひっくり返そうとするって、やってることヤクザですよ。仁義なき戦い。文科省はビジネスマナーすらない反社会勢力ですか?

 まともな事務次官なら、現職時に職を賭して戦うでしょう。ふつう。

 いずれにせよ、前川事務次官(当時)及び関係幹部、関係課が当時どのような判断を下したのかという関連文書すべてをメディアは情報公開請求するべきです。

 そうすれば、この問題に(国会開催のために)数億という無駄な税金を使う必要がなくなると思います。
 なぜか「事実を知りたい」という東京新聞とかのメディアがそれをやらないのが不思議だなー。


<7月3日>
○一言
 都議選の報道で民主主義にすごく危機を感じるのが次の点です。
1)政党であるはずの都民ファーストの会の政策がほとんど報道されず、自民党批判に終始した。
2)安倍総理の演説に対しシュプレヒコールをあげる人々を容認するだけではなく、「国民の声」と報道した。
3)選挙直後に辞任した小池党首に対し何らの批判もない
4)安倍総理の演説に対して抗議活動をする方々に「こんな人たちに負けるわけにはいかない」という安倍総理の発言を批判する。

 以上の点から、安倍内閣さえ倒せば民主主義を無視してもいいという報道ステーション等のメディアに極めて危険なものを感じます。

1)について。
 勝つのがほぼ確実視されている政党の政策がほとんど報道されないのは、あり得ないと思います。自民党がこければ、煽動政治家が一気に世の中を掌握する重大なリスクがあるということです。メディアが公平に報道しないと。民主主義はだいたいこういうパターンで終わります。

2)について
 政党の演説に対し、妨害するものがでたらそれは絶対に批判しなくてはならないのが民主主義を守るメディアです。

 なぜなら、右翼が大音響で日本共産党の志位委員長の演説を妨害したらそれは許されるのですか?許されるはずないでしょう。

 なぜ安倍批判ならそれは許されるのですか?民主主義制度における選挙であれば、あってはならないことです。
 これを正しいとする報道ステーションなどのメディアは異常だと思います。報道ステーションは民主主義を否定するのですか?

3)について
 小池党首は選挙直後に辞任しました。勝った党首が辞任するなど考えられないのですが。明らかに選挙詐欺であり、今後都民ファーストの会で問題が生じても自分は知らないという責任逃れのためである事は明らかでしょう。だったら選挙戦はなんだったのか。
 メディアはなぜこれを厳しく批判しないのか理解できないです。小池都知事を支持したメディアこそ厳しく批判するべきだと思いますが。

4)について
 選挙妨害をする人に対して「負けるわけにはいかない」のは当たり前でしょう。
 志位委員長が右翼の選挙妨害に対して「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と言ったら不適切なんですか?私は全く正しいと思いますが。

 選挙演説の場で、反対派勢力が陣取って演説を妨害することこそ、民主主義にとって絶対やってはいけない行為です。

 戦前の軍部の選挙妨害を朝日新聞や毎日新聞、報道ステーションは「正しい行為」とでも言うのですか?

 このように、今回の都議選は、安倍憎しのあまり民主主義を否定する行動を「市民の声」の名の下に肯定する報道が多々ありました。民主主義国家にとって極めて危険な状況だと思います。

 安倍批判は自由です。でも、民主主義の原則は守るのがメディアではないですか?
 特に選挙演説妨害を容認したら、本当にヤバイです。戦前の歴史を勉強して下さい。

 私は、右でも左でもいいから民主主義政権の世の中で生きていきたいです。


<7月2日>
○メディアから一言
 産経によると、「韓国国会の丁(チョン)世均(セギュン)議長が6月7日に来日し、8日に大島理森衆院議長らと会談した際に、2018年平昌冬季五輪への日本人観光客訪問を求め、「もし少なかったら2020年東京五輪には1人の韓国人も行かせない」と述べるなど、不規則発言を繰り返して現場を混乱させていたことが30日、複数の同席者の証言で分かった。」とか。

 なら来ないでくれ。なんなら希望通り韓国人入国禁止措置をとりましょう。

 日本が困るとでも思っているのかねぇ?また実際の韓国人は行きたければ来るし、行きたくなければ来ないだけでは?政治がどうとか関係ないのが民主主義でしょうに。
 夜郎自大というのはこのことだと思います。

 こんな馬鹿なことを言うのが国会の議長って、韓国は大丈夫なの?


○メディアから一言2
 中央日報によると、「文大統領は今月19日に脱原発方針を明らかにしながら「福島原発事故で、2016年3月現在、合計1368人が死亡した」とし「事故以降の放射能影響による死亡者やがん患者発生数は把握さえ不可能な状況」と述べていた。」そうな。

 この死亡者数って東京新聞ソースらしいけど根拠あるのかねぇ。
 ましてや、事故後の影響による死亡者等は把握さえ不可能な状況って、まともに情報を把握できない頭のおかしい奴が韓国の大統領とは。

 さすがに首脳の発言として、デタラメ過ぎるでしょう。韓国の民度すごいな。

 
○メディアから一言3
 韓国系米国人がジョージア州ブルックヘブン市の公園に慰安婦像を設置したそうな。
 アメリカもバカだな。主張して相手が黙るまで言い続けるという性癖を持つ一部韓国人に食い尽くされるぞ。

 日本政府としては、毅然として謝罪及び賠償金の支払いを行っていることを米国に強く主張しなければいけない。
 それが通用しないのなら、「ライダイハン像」を日本のカネでどんどん設置してはどうですか。
 世界で少女像の横に「ライダイハン像」を置けば韓国がいかに言うこととやっていることが違うかが明らかになります。

 いい加減に韓国の「歴史戦」には、まともに立ち向かわないと日本だけが一方的に悪く思われますから。
 「東海」だの「独島」だの、のアピールもそうですが、日本は戦うべきです。


○一言
 政策なき都議会選挙。

 予想通りの都民ファーストの会の完勝。
 小池都知事の「議会改革」は、議会は首長のチェック機能であるべき地方自治を根本的に否定することをどのメディアを批判しない時点で勝負はついていましたね。

 自民党のオウンゴールはあったにしても、この時期に不祥事が表沙汰になるなど、メディアの戦略も巧妙でしたね。
 都民ファーストの会の音喜多氏は、小池独裁にならないように、と言っていますが、代表に弓を引けると本気で思っているのかな?

 今回はマドンナ旋風や小泉ブーム、あるいは民主党政権などを容易に思い起こさせますね。

 自民党は猛省するにしても、政策なき都民ファーストの会が果たしてどれだけできるのか。

・豊洲移転の時期とその具体策
・豊洲への風評被害を自ら真板知事がどう払拭するのか
・築地再開発の具体策
・選手村アクセスロードの具体策
・既に遅れているプレ大会の準備とラグビーW杯への対応
・近県への負担金問題の解決
・選手村や会場整備の具体策
・・等々、市場問題やオリパラに限っても問題山積です。現状を考えると、ため息が出ますね。


○一言2
 東京新聞の望月衣塑子記者の質問を批判した理由。別にしつこく聞いているとか、役所側が困るとかではないですよ。

  私が見る限り問題は4点に尽きます。
 プロのジャーナリストとして、「情報」というものを理解しないまま質問していることが1つ。
 そして、質問ではなく自分の意見を主張しているケースが散見されること。
 さらに聞く相手を間違えていることが多い。これは聞かれた側にとってはやりやすい。
 最後に、他の記者の質問したいことを結果的に封じている唯我独尊

 1つ目は、「情報」はあくまでも真偽混在であり、その情報が事実であると確認(推測)した上で質問するのがプロのジャーナリストだと思います。
 例えば加計学園の文書の問題は、出所が現役官僚であるという点(1次情報)から事実であると推測したのだと思います。
 しかし、彼女の質問は、週刊誌やメディアの情報といった2次情報からの質問がほとんどです。
 これを正当化するなら、彼女はプロではありません。

 2つめの自分の意見を主張しているというのは、たびたび「手短に」と言われている点からも明らかです。
 自分で「情報」をもとにストーリーをつくって、それを披露し、「そうじゃないんですか?」と質問する手法は、記者会見における質問としては非常識です。
 ジャーナリストとして、簡潔に鋭く質問をする能力に欠けている。正直、読んでいて、長すぎて何が言いたいのか分からないときもあります。

 3つめは、最近「文科省に聞いて下さい」という回答が目立つことからも明らかですね。

 4つめは言うまでもないことです。時間が限られている以上、一人の記者が時間をかけて質問したら、他の記者の質問の機会を奪います。記者の方も他の仕事がありますしね。
 世界は日々動いているし、日本国内でもいろいろな出来事が日々起こっています。聞くべき質問はたくさんあると思いますが。
 記者会見は(政治的に)どうでもいい質問が出はじめたら終了になります。芸能人の話とか、パンダの話とか。望月劇場も、最近はその類いの1つになっていると思います。ゴシップを追求させたいのなら、坂上忍氏を起用したらいいんじゃないですか?要するに「市民のため」という最も大事な視点が欠落しているんです。

 官房長官記者会見のレベルが下がることは、市民にとって決していいことではないと思います。


<7月1日>
○一言@競馬で季節を感じるハーデス
 福島開催かー。もう夏ですね。

 福島競馬場には何回か行っていましたが、震災後に福島派遣され、業務終了で帰郷する日に競馬開催はないけれど、せっかくなのでわざわざ見に行ったのを思い出します。なんかの復興支援のイベントをやっていた(はず)なので。


○一言2
 回転寿司でしゃりを食べない人が散見されるような。
 メディアは女性の糖質制限のせいとか、言っていますが、明らかに「もったいない」行為であり、なぜ批判しないんですか?
 そもそも、しゃりを食べないのなら、刺身買って自宅で食べれば良い。ただそれだけ。
 カップルのデートなら、彼女の思考を配慮しない男が阿呆なだけでしょう。

 おかしなことをする人に媚びを売るマスコミが世の中をおかしくしていると感じます。多様性を認めることとは違う話です。
 金を払えば何をやってもいい、というわけでもないのは当たり前の話だと思います。 

 市民を批判すると売れなくなるから、あるいは叩かれるから、正論が言えないメディアって最悪じゃないですか?
 最近メディアは社会の木鐸という言葉を忘れていると感じます。


○メディアから一言
 産経によると「安倍晋三首相が1日夕、東京都千代田区のJR秋葉原駅前で行った東京都議選(7月2日投開票)の街頭演説会では、聴衆の一角に反安倍政権グループの数十人が陣取った。十数分間の演説中ずっと「安倍辞めろ」などと絶叫し続け、週末の秋葉原の町は騒然とした。
 反対派グループは「安倍やめろ」と書いた幅3メートルほどの巨大横断幕を広げ、「安倍政権ふざけんな!」「極右政権粉砕」「憲法を守れ」「共謀罪廃案」といったプラカードを掲げた。ナチス・ドイツの独裁者ヒトラーに見立てた首相の似顔絵イラストのプラカードも複数枚あった。
 首相がマイクを握ると「安倍辞めろ」「帰れ」とシュプレヒコールを開始。首相に向かって中指を突き立て、「帰れ」と叫ぶ中年男性もいた。」とか。

 例えば日本共産党の演説に右翼の街宣車が押しかけて演説を妨害したらおかしいでしょ?
 ましてや勝手に来ておいて、「帰れ」って意味がわからない。
選挙妨害の意図がないのなら自分が帰れば良いのですよ。

 こういう民主主義を理解していない幼稚な中年男性達は民主主義を破壊する気ですか?


 「反対派グループの中にいた40代の男性は取材に「安倍は僕らを批判していたが、悪いのは全部あいつじゃないか」と憤った。」そうな。
 国会前に抗議のため集まるのと、選挙演説の妨害は別の話です。
 民主主義の国家で、選挙演説を妨害するために準備して集まってシュプレヒコールをあげるのが許されるはずがないじゃないですか。 

 ここは、日本で民主主義の国です。あなたの思想が正しいと思うなら、同じ考えを持つ仲間を当選させて議会で変えるべきなのです。
 批判で世の中が変わるわけはないし、選挙妨害は民主主義を踏みにじっていること、理解できないのかな?

 最近の安倍批判は戦前の政党政治潰しのように感じて危険なものを感じます。
 安倍批判やバッシングは自由だけど、


○メディアから一言2
 夕刊フジによると「「黒塗りの公用車で、お子さんを(保育園に)届けるというのが、週刊誌にも出ていた。公私の別をハッキリさせ、情報公開を徹底していく。このことを、東京大改革の一丁目一番地にしている」

 小池氏は、午前中の曇天から青空となった6月29日の昼下がり、JR武蔵境駅前に集まった300人超の聴衆の前で、こう語った。」そうな。

 まあ小池氏は子どもがいないから育児の苦労なんぞは分からないんでしょう。
 いえ、子どもがいなくても育児経験者の話をしっかり聞いていればこういう批判にはならないと思います。

 例えば、車通勤の女性が、その通勤途中に保育園に寄って子どもを預ける。これがなんで問題なんですか?

 正直、的外れの批判と思いますけど。
 もちろん、公用車が贅沢だ、というのなら話は別ですが、

 口では待機児童の問題も含め育児を支援することを言っていますが、これを問題視するなら、まさに馬脚を現したというか。
 育児何もわかっていないで適当なことを言っているだけじゃないですか。


 メディアは強いものになびくというばかげた修正で批判はないですが、育児という意味ではこれってとんでもないことだと思いますけど。
 市民レベルでこれは引き続き認めて欲しいものです。

 ちなみに私はベビーカーで送ってベビーカーを自宅にいったん持ち帰り、出勤ということをやっていたので、一回家に帰る時間のロスは大変でした(朝なので)。
 徒歩ですらかくのごとしですから、車通勤などもっと大変かと思います。


○メディアから一言3
 毎日によると、「東京電力福島第1原発事故で当時の東電幹部3人が強制起訴された裁判の最大の争点は、大津波の襲来による原発事故を予見できたかどうかだ。この点を巡っては、専門家の間でも見解が分かれている。」とか。

 この記事は、毎日にしては公平なので、皆様が考える材料として良質の記事だと思います。以下引用します。

 まずは責任があると考える方たち。
「長期評価の検討メンバーだった都司嘉宣(つじ・よしのぶ)・深田地質研究所客員研究員(歴史地震学)は「大津波は予見できた」という立場だ。日本海溝付近では明治三陸地震(1896年)や慶長三陸地震(1611年)など、過去に何度も大津波を伴う地震が起きていたことを挙げ、「将来また起こる可能性は低くはなかった。まして事故が起これば甚大な被害をもたらす原発では、対策を取る必要があった」と、東電の対応の甘さを批判する。

 原発の耐震性を議論した09年の経済産業省の審議会で、東北地方の太平洋岸では、平安時代の869年に東北沖で起きたM8以上とみられる「貞観(じょうがん)地震」による大津波を想定した対応を求めた専門家もいた。」

 次に責任を問うのは難しいのではないかという方たち。
 「一方、首藤(しゅとう)伸夫・東北大名誉教授(津波工学)は「津波が起きた後で、予見できたと言うのは簡単」と、確証を持って予見するのは難しかったとの見方を示す。東日本大震災前の06年、政府の中央防災会議が福島沖の津波地震を「十分な知見がない」として防災対策の検討対象から外したことを引き合いに、「発生確率が低い津波に対し、国が対策を取らないのに東電が(対策に)投資すると言っても、株主の説得は難しいのでは」と話す。

 また、奈良林直・北海道大特任教授(原子炉工学)は「自然災害はいつ起こるか分からない不確実なもので、個人に刑事責任を負わせるのは難しいのではないか。もしこれで有罪となるなら、大きな自然災害が起これば自治体の首長も刑事責任を問われかねず、行政が成り立たなくなるかもしれない」と指摘する。」

 1つだけ私が言えることは、今の段階で原子力発電を放棄すると、社会生活に大きな支障が生じるということ。
 これらの議論を踏まえ、冷静な議論を期待します。
※料金が上がれば使わなければいい、停電が起こっても何も困らない、というのなら、私のコメントは無視して下さい。


○メディアから一言4
 読売によると「埼玉県川越市の市立中学校在籍時にいじめを受けていた男性(20)が、2年生だった2012年1月、同学年の少年3人による暴行で寝たきりの状態になったとして、市などを相手取り損害賠償を求めた訴訟で、市は和解金約1億9740万円の支払いを決め、和解に関する議案を28日の市議会定例会に提出した。」とか。

 少年たちの暴行で被害を被ったのに市が和解金の一部を払うんですが・・。

 だったら加害者やその親に和解金負担の請求をするべきだと思いますが。なんで無関係な川越市民の税金で払わなければならないのか。
 いじめはいじめた奴が悪い。この原則が最近学校の責任にされようとしているのは絶対間違っていると思います。

 メディアは少年への個人攻撃はしないとかいうおかしな自主ルールで学校だけ責任追及をして、本当の問題を隠すのはやめるべきです。


<6月29日>
○一言
 最近報道ステーションなどで、菅官房長官に質問する東京新聞社会部の女性記者がヒロイン扱いされています。実はこれとんでもない話。

 当たり前の話ですが、「疑惑」だけで追求するのは、正しいことではなく、疑惑に基づいて、取材して、その成果を突きつけて質問するのがジャーナリストです。

 疑惑を事実と確定したいのなら、その挙証責任は、疑惑を投げかけた側にあるんですよ。当たり前の話です。
 ひたすら「疑惑」をもとに、追求する東京新聞社会部の女性記者はジャーナリスト失格だと思います。

 もし、これが許されるのならメディア報道で冤罪をいくらでも作れるというとんでもない状況になっているということです。

 典型的な例が、三浦九段ソフト使用冤罪事件です。これは文春が渡辺竜王と結託して報じましたが、結果事実は認められないと第三者委が認定しました。一方で文春は謝罪すらしていない。もちろん1円も払っていない。
 将棋連盟から慰謝料を受け取ることで合意したそうですが、三浦九段の冤罪に基づく名誉回復はなされていないし、渡辺竜王はなんの処罰もありません。汚い竜王。

 要するに疑った者勝ちで、疑われた者はただただ損をする。
 これは絶対おかしな世の中で、市民がメディアに目を付けられたら自分の人生が潰されかねません。

 ですから、「疑惑」について、質問の根拠(証拠)を示せないレベルの記者を官邸に送り込む東京新聞は、安倍を倒せばジャーナリズムの常識を壊してもいいと思っているんですかね?言い換えれば、東京新聞は安倍をどうしても倒したい国外の勢力から支援を受けているんですか?日本のジャーナリズムを破壊しようとしている点から、そういう帰結になりますけど?

 本末転倒も甚だしいと思いますが。

 もし、違うというのならなぜ取材をせずに可能性の議論の質問を繰り返すのか。その行為はジャーナリストというプロの仕事ではないでしょう?

 東京新聞女性記者の問題、本当はよくチェックする必要があると思いますよ。
 日本を戦前のように「疑わしきは罰する」という独裁国家に追い込もうとしているのではありませんか?

 安倍政権支持以前に、三浦九段の件もそうですが、疑わしきだけで人を罰する方向に煽る人たちはとても気持ち悪いのです。
 そして危険です。


○一言2
 LCCを利用しようとした車いすの方が、車いすを持ち上げて登場タラップを上がるのを拒否されたので、一段一段上半身の力で上がったそうな。
 で、まあ批判されていると。

 でも、他の航空会社があるならそれを使えばいいと思いますが。
 障害者の一部の人は平等を求めますが、障害者でない人間でも何でも出来るわけではないことに気付いていない。

 例えば、私。カテゴリーとしては健常者ですが、腰を痛めていますのでLCCなんかもってのほかですね。病気で身体を痛めていたら様々な制約があるのは当たり前のことです。
 恰幅の良い方もLCCという選択肢はないと思います。
 要するに健常者でも無理なものは無理と理解し、選択肢を外しているということ。
 なぜ一部の障害者の方は、無理に「選択肢がある」として何でも出来るのが正しい社会だと言いたがるんですかね。

 健常者だって前述のように事実上選択肢がない場合は、ま、しょうがないか、というふうになるのに。
 むりやり選択肢を作る必要性ってあるんですかね?選択肢がないのなら分かります。でも、選択肢を病気のない健常者並みに増やすというのは間違っていると思います。なぜなら、健常者でも、病気等で選択肢が制約されるし、それはやむを得ないものだから。

 障害者に対し理解が欠けるといいますが、健常者だってできないことはできないと納得しているのですよ。なぜ一部の障害者だけ「何でも出来る」ことを常識とするのか。

 バリアフリーは大賛成ですが、「障害者は何でもできるべき」というのは、「健常者が何でもできるわけではない」という根本を理解していないので、私は間違っていると思います。

(追記)
 この問題の当事者の木島英登氏が6/30日にAbemaPrime(ネットテレビ)に出演し、「まぁ自分がどういうふうに見られているかっているのは分からないですけど、障害をもとに飯を食ってるとか言われても、まぁ実際そうです。皆さん容姿の綺麗な人はモデルになったり、話がうまかったら芸人になったり、自分の個性を活かして仕事をしているだけなので、別にプロ障害者でもいいかなと思いますけど」と発言されたそうな。

 結局のところ、障害者差別として誤報を流した朝日新聞がすべての元凶だということが分かりました(6/28日付記事)。

 最近の安倍、小池関係の報道もそうですが、朝日新聞が、以前の傲慢さを取り戻し、事実を隠して世論を誘導しようとしているのは危険なことだと思います。


<6月28日>
○一言
 西武の森慎二1軍投手コーチが静養から僅か1日で亡くなられたそうな。
 彼は、メジャーでの脱臼事件など、米国に行ってから歯車がずれはじめたと感じています。ちょっとお気の毒すぎてなにが起こったのかも分かりませんでした。
 ご冥福をお祈りします。


○一言2
  稲田防衛相の失言問題。はっきり言えば、アウト。勝手に自衛官が自分の背後にいるようなごとくの発言は。思い上がりにほどがある。内閣改造で更迭でしょうね。
 一方で、彼女の発言を受けて、「なるほど」と思う市民はいないわけですから、実害ゼロということで選挙応援という意味では問題ない。
 そんな感じでは? 

 それより問題なのは「憲法違反」という勢力ですね。失言1つで「憲法違反」って、戦前の言論統制を感じさせて気持ち悪いんですよね。
 
 稲田大臣の失言は、「失言」として厳しく批判すればいいのでは?
 なんでもかんでも「憲法違反」とか言うのは、なんだかなーと思います。
 それをいうなら、民進党の議員レクなどで「キツイ批判的な発言」がありますが、これって憲法第13条(すべて国民は、個人として尊重される。)及び第14条(すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。)違反じゃあないですか?

 私が強い違和感を感じるのは、メディアの日頃の言動との格差です。

  このような点から、「憲法違反」というのなら告発側が異常だと思います。彼らの主張を精査するべきだと思います。


○メディアから一言
 28日付け産経によると、「午後9時24分、増田四段が投了。感想戦が行われるタイミングになり、報道陣が一斉に対局室に殺到した。ここまで取材陣の人数が多い現場はそうはなく、「これまでに見たことがない人数だった」(日本将棋連盟関係者)。そのため、対局室近くのふすまが衝撃で外れるなど、ハプニングもあった。

 歴史的快挙を成し遂げた藤井四段の一言一句を聞き漏らすまいと、各社の記者・カメラマンがぎゅうぎゅうに押し合い、一部では怒号が飛び交った。ただ、それでも藤井四段は表情を変えず、謙虚に感想を述べる姿が印象的だった。

 冷静な対応は、記者会見の場でも同様だった参加した記者も驚くほどカメラのフラッシュが激しくたかれるなか、藤井四段は取材に対して動揺したり、浮かれたりすることなく、記者席から見れば普段通りの取材対応に終始。大器の片鱗(へんりん)を、記者会見の場でも示した。」

 冷静な14歳に対して、醜い大人の対比としか思えません。メディアは常識をわきまえるべきだと思います。


<6月27日>
○一言
 働き方改革について思うこと。

 自分のスタイルは集中型。ゆっくりと長時間にわたって仕事をするタイプではありません。
 競馬で言えば、切れ味勝負で、長くいい脚は使えません。

 だから、就業時間終了時はかなり疲れていて、残業はきつい。
 残業が想定される場合は、昼間に仕事のペースを緩めないと出来ません。ひ弱なので(苦笑)。
 やらなきゃいけないときは何時まででもやりますけど、それが続くと確実に反動が身体に来る。だから何度も身体壊しています・・。

 一方、私の最大のスキルは業務予測。多くの社会人が身につけていると思いますけど。

 来るであろう業務を予測して、余裕ある時間に準備し、対応し、仕事を減らす。無駄な調整を抑えるために発注の時点で明確にする。

 このスキルって外形的には理解しずらいもので、さっさと帰る私へに対し「暇なんじゃね?」みたいな批判もあったりして難しい。
 ちなみに必要なら資料は自宅で読みます(だらだら残っている方のように無駄な残業請求はしません。税金なので)。

 働き方改革で最も必要なのはこのスキルだと思うのですが・・。

 待機をはじめ、業務量が多すぎるとかやむを得ない事情以外は、遅くまで残れば仕事していることを評価することが間違っていると思いますが。

 もう一つは多くのソフトを使えるユーティリティ性ですかね。苦手なワードでもそこそこ使えるので、文書の加工などで無駄な時間を費やすことが少ないです。
 ワード、エクセル(関数レベル)、アクセス(簡単なクエリーまで)、一太郎、パワーポイント、シェアポイント、HPビルダーなどは普通に使えるので業務や文書作成の時間も短縮できます。

 いえ、なんで自分のことを書いたかといいますと、本当の「働き方改革」は仕事を極力短縮するよう努力することではないか、はっきり言えば、残業をしている人間に業務内容を聴取し、不要だと判断したら帰れ、とすることではないか、と思うからです。

 早く帰るように組織で強要するとか、年次休暇を取りやすくするとかではない・・と思うのです。
 

○メディアから一言
 現代ビジネス6月26日付けの高橋洋一氏の記事から引用。
 (記者の質問)「今回問題になりました総理のご意向などと書かれた文書についてですけど、前川さんが報道機関に文書を流したとの指摘があります。これは前川さんが流したのでしょうか。また、前川さんは特区の選定過程で行政がゆがめられたと声をあげています。ただ一方で、前川さんが事務次官に就任した際に、文科省の歴代幹部が長年天下りをしていた実態を承知していたと思うんですけど、この時なぜ省内のゆがみについて声をあげなかったんでしょうか」

という質問だ。これに対して、

「まず、情報の流出元については、私はコメントいたしません。ということでご理解いただくしかありません。2つ目の質問は、私はちょっと意味が取れなかったんですが、天下りを承知していたのに自制しなかったのはなぜかというご質問ですか。私は天下りといいますか、今回の再就職規制違反の発端になった吉田局長の早稲田大学への再就職への経緯は、事務次官として人事課から報告を受けるまでは承知しておりませんでした。
また、その他の案件についても、違法な事例があるということはその時点では承知しておりませんでした。再就職等監視委員会の指摘を受けて改めて違法行為というものが明るみになって、その時点で私は違法行為についての認識をするに至ったということですから、知っていたのに是正しなかったというのは当たらないと考えております」

 語るに落ちた平気で嘘をつく人間前川さん。違うというのなら、「官房長」という仕事の中身を市民が知らないと思って舐めていますね?

 官房長→文科審議官→事務次官と、キャリア人事の中枢を歩んでいた人が「知らなかった」というのは大嘘です。

 高橋さんも指摘しているとおりです。
 本件や「貧困調査」とか意味不明なことを平気で言う前川氏を疑わないメディアって頭おかしいんじゃないですか?

 安倍政権批判できれば、官僚による既得権益保護を認める毎日やテレ朝って異常じゃないですか?

 本末転倒も甚だしい。


○一言2
 選挙ドットコムで小池知事インタビュー。

 その中で「豊洲問題は山積する課題のひとつにすぎません。市場の場所をどこにするのか、この議論に30年かけているうちに、水産関係の物流は半分に減りました。市場の環境はとても早い速度で変わっていきます。なのに、30年前の基準で考えても、果たしてそれは最適解なのかという疑問が残ります。
築地から豊洲に市場を移すかどうかは「点」の話です。今こそ「面」、グローバル視点で考えないと国際競争を勝ち抜いていけませんよ。」とか。

 彼女が提起した豊洲の「安心・安全」が実現できなかったのにもかかわらず豊洲移転を決断(?)した時点で、この1年が全く無駄であっただけでなく億単位の税金を無駄遣いしている現状について、メディアはなぜ報道しないのかな?

 点とか面とか、挙げ句の果てに国際競争とかイメージはどうでも良くて、現実にどうするんだよ、というのが行政の泥臭い話。

 それを全然指摘せず、小池知事を評価する都民ファーストの候補者は小池教の信者としか思えないし、そういう人を「改革者」とするのは全くナンセンスだと思います。メディアは民主党政権の失敗を東京都でも起こしたいのでしょうか?


<6月25日>
○一言
 小林麻央さんは本当に、人間として尊敬できる方です。

 本当にお疲れ様でした(お子さんがいるから無念なのは承知の上で)。


○メディアから一言
 時事通信によると、「安倍晋三首相は24日、神戸市内での講演で、学校法人「加計学園」(岡山市)が国家戦略特区による獣医学部開設を計画する愛媛県今治市以外にも、同学部新設を認める考えを明らかにした。「規制改革推進の立場から、速やかに全国展開を目指す。地域に関係なく2校でも3校でも意欲あるところは新設を認める」と述べた。
 首相は、自身の友人が理事長を務める加計学園を不当に優遇したとの野党の追及を念頭に、「1校に限定して特区を認めた中途半端な妥協が、結果として国民的な疑念を招く一因となった」と指摘した。獣医学部の新設には日本獣医師会の反対が強く、政府は長年認めない方針を取ってきた。」とか。

 民進党(獣医師会)は自爆したというイメージ・・。玉木雄一郎氏はどう対応するんですかね?

 正直、民進党のホープである玉木雄一郎氏に傷を付けてまで追求をしている民進党に疑問。安倍総理批判のついでに玉木氏を同時に葬ろうという、内部抗争なんですかね?


○一言2
 日本共産党の小池晃書記局長幹事長のブログ。

「まああああああああああああああだ続けるつもりだよ、この人。
2017年Jun19日 18:18」
「まーーーーーーーーーーーーーーーーーーーったく反省ないわ、この人。
2017年Jun19日 18:16」

 日本共産党はインテリ系議員による理路整然とした批判こそが最高の武器だったのですが・・。

 このレベルのことをブログに書いてしまう書記局長・・・日本共産党のレベル低下を示している、ある意味自爆なのですが・・。小池氏は分かっているのだろうか・・。ちょっと違う。

 民進党みたいになるのではなく、日本共産党は日本共産党らしく、理性的にでびしっと追求して頂きたい。


<6月24日>
○一言(個人攻撃のつもりはなかったので修正。ご不快を感じた方にはお詫び申し上げます)
 何度も書きますが、役所が「文書」をメディアや野党議員に流して、政策を何とかしようとする方が「行政を歪めている」と考えます。

 省庁間交渉ならガチンコで徹底的に戦うのが行政マンのプライドだからです。
 それでやむを得ないと判断したなら、忍の一字。どこの会社だってそういうものでしょう。もちろん違法なことであれば別ですが。
 メディアや野党を使うというのはそれこそ政策決定プロセスから逸脱しているじゃないですか。

 前川某のような腰抜けは役人の恥です。そして文科省は事務次官自ら三流官庁であると言ってしまったようなものです。
 プライドある多くの文科省職員から、この阿呆な事件に対し批判がある事を切に希望します。

 ある課で一緒だった方は若くして優秀な方で、腰も低く、すごいなーと感心していました。実際にはそういう方いっぱいいるはずなんですが。

 これを機会にプライドしかない一部のダメなキャリアが淘汰されることが文科省にとってはいいことになると思います。


○一言2
 小林麻央さんの逝去に対し、海老蔵宅に記者が100人集まり、警察沙汰になったとか。

 あのさー・・。市民は遺体が運び出される場面というのを見たいと本気で考えているんですか?
 人の死を期待するかのごとくのメディアって本当に人間としていかがなものか。

 市民感情が分からないからネットに取って代わられるんですよ。
 なにより、メディアの取材を命じた方は人間の心を持っていますか?事故報道もそうですが、遺族の許可がないのなら、そっとしておいて上げるのが人の道ではないでしょうか?

○一言3
 ジュネーブの国連人権委で、辺野古移転反対運動への対応に対し日本政府を批判したそうな。 
 当たり前ですが、自分が暴行をした映像で、批判され、チベットの人権侵害と資格して冷笑されたそうな。

 普通の人ならこれで反省するんだけど、山城さんは、全く反省しないんだろうな、と思います。

 昔の「制服強要」で人権どうこう言って批判されたとおり、日本の人権侵害はほとんどないのがワールドスタンダートである事をまず理解した方がいいと思います:


<6月21日>
○一言
 テレ朝の報道ステーションが情報公開請求で嘘をついている可能性が大きいので書かせて頂きます。

 森友関係の情報公開請求で7百枚以上の資料が黒塗りであると批判していたこと。
 しかし、報道ステーション自身が「不開示」と報道していました。
 
 本来、不開示の資料は提供されません。なぜなら、コピー代等がかかるから、請求側がふざけるな、として請求しません。。

 今回700枚を超える無駄なコピー代を使ってまで「のり弁」の資料を公開(?)させたのは、テレビ朝日の財力のなせる技な訳です。
 番組の演出上、普通は払うはずのない金なのに、無駄な金を払って「のり弁」とパフォーマンスをしているわけです。

 メディアが真実を追究するのではなく、「疑惑パフォーマンス」で政治的圧力をかける側に回ったら終わりだと思いますが。

 尖閣諸島漁船衝突事件時は朝日や毎日、東京(中日)は厳しく批判したのに、市民への影響がほとんどない今回の事案で情報漏洩者をなぜ擁護するのですか

 朝日や毎日、東京(中日)新聞の皆さん、あなたは市民を向いて仕事をしていますか?


○一言2
 報道ステーションが菅官房長官の記者会見での質問の報道。最近は東京新聞の記者の報道ばかり。
 正直言って、結論ありきの彼女の言い分は偏っていると思うし、私は容易に反論できると思います。

 そういうのを報道して、「印象操作」するのはメディアの傲慢ではないですかね?

 実態は、私でも簡単に反論できるレベルの質問を、官房長官への質問ということで箔付けしているだけなんですよ。


○一言3
 朝日新聞取材班が、ツイッターで「朝日新聞将棋取材班です。朝日杯の棋譜中継は権利の侵害に当たります。即時、中止してください。」と警告したそうな。

 うーん、これは著作権法的には興味深いです。

 「棋譜」自体が批判されるのなら、例えば、大盤解説をやったらダメなのか、ということにつながるからです。

 常識的に考えれば「朝日杯の中継」は明らかに違反ですが、「棋譜」を中継すること自体は問題ないと思います。
 朝日新聞はどういう意図でこういうことをツイートしたのかな?


○メディアから一言4
 朝日によると、「プロ野球・広島で「炎のストッパー」と呼ばれた津田恒実さんの長男大毅さん(28)が20日朝、日本一周の自転車旅行に出発した。恒実さんの記念館を広島市内につくる計画を進めており、「自分の思いを現地で会った人に直接伝えながら、どんな記念館にしていくか考えていきたい」との思いを抱いている。」とか。

 メディアなら、アラサーなら定職に就くべき、記念館の維持費負担がキツイからやめとけ、と言うべきでは?

 人生を決めるのは本人ですが、常識的に考えて、どういう意図で報道したのか全く理解できません。明らかに愚か(失礼)なことを好意的に報道するのは本人のためになるとはとうてい思えません。
 


<6月19日>
○一言
 最近の、当たり前のルール違反を正義だとか、勇気だとか擁護したりする風潮はおかしいと思います。

 今日もNHKの「クローズアップ現代」で文科省の現役職員が出て証言し、文書を漏洩していましたが、こんなの国家公務員がやっていいわけがない。
 気に入らない政権があれば、メディアに文書流出させて自分たちの権益を守ろうとするって、最悪の行為でしょうに。
 ましてやその文書は「自分たちの主観」であり「事実」ではないもの。
 役所間の議論の途中経過はメモに残すのはともかく、外部に流出させないのがお約束でしょう。だから本音の議論も出来るんでしょう?

 同じように、AKB総選挙で須藤氏の結婚宣言に対し、ノンスタ井上氏やたむけんが擁護していました。
 でも、AKBの恋愛禁止が仮に形骸化していたとしても、どこぞのサイトで書かれているように、ミッキーがお客さんの前で頭外したらダメでしょう?
 あるいは、「お前平田だろ」と言われても「誰が平田だ」と言い返すのがお約束でしょう。
 ましてや金払ってファンは投票しているのだから、選挙時に告白するって、詐欺師同然の行為。

 はっきり言えば、人間としてクズ。結婚するなら総選挙を辞退するべき、というのは当たり前のことです。
 ノンスタ井上やたむけんはバカなんじゃないでしょうか?

 
特に、ノンスタ井上、お前、泣いていたのは嘘か?ルールを守るのは当たり前と思っていないのか?

 「それを言っちゃあおしまいよ」というのが、なぜ正義や勇気なのか。最近の風潮はおかしくないですか?


○一言2
 今日のクローズアップ現代を見て現場として大きな疑問です。
 萩生田官房副長官に局長がレク時に発言されたという資料が流れていました。そして文科省現役職員がインタビューに答えていました。

 官房副長官に会える人間に随行するなら管理職でしょう。ランク落としてもキャリアの筆頭課長補佐。
 今回の情報漏洩は管理職がやっていたのか?という組織的な情報漏洩疑惑を感じました。

 これ、きちんと調べないと、このやり方を毎回やれば官僚天国になると思いますけど。民進党とか共産党とか、毎日とか朝日とか本当にそれで良いんですか?

 いわゆる「小ネタ」として、情報が流れ、その事実をもとに批判されることはよくあります。
 でも、文書が流出し、テレビで現役職員が(音声を変えて)インタビューに答えるって、さすがにあり得ないと思いました。

 だったら内閣府と徹底的にやれよ、次官まで(話が)上がって、結果腰抜かしといて今さら何言っているんだ、というのが霞が関の常識だと思います。

 文科省、組織的にやばくないですか?一部の阿呆の仕業だと思いたいですが。


○一言3
 藤井四段の報道。将棋がどうこうより、もはや「記録」に関する報道が多くて酷いと感じます。

 そもそもタイトル戦ならいざ知らず、アマとの対戦も含む連勝記録で中学生にメディアスクラムをかけるのは全くおかしいと思います。
 これは早実の清宮選手の本塁打記録にも言えることですが。


<6月18日>
○一言
 予算委員会で民進党の福山哲郎氏が答弁に対し「えー」とか言ってパフォーマンスしていました。

 ふさけるな。
市民が忘れていると思ってバカにしているというか、舐めているんでしょうね。

 
尖閣諸島漁船衝突事件で、あなた官房副長官だったでしょう。一色氏にどういう対応しましたか?

 
こういう当たり前のことを報道しない朝日や毎日は日本を動かしたいという報道機関にあるまじき傲慢さを持っているのではないかと思います。


○一言2
 加計学園問題。国家公務員法違反(守秘義務違反)に問われない、と野党やその提灯持ちの左派コメンテーターが言っています。

 だったら、「その程度」の案件で、安倍政権の責任は問われることはないですよね。

 語るに落ちた、という奴ではないですか?


○一言3
 なにより現場として憤りを感じるのが前川前事務次官。

 藤原審議官が何を言おうが、事務次官は2つ(局長、事務次官)格上なので、総理と話す権限もあるわけです。
 だから、審議官ごときが何を言っても直接交渉できる立場の人間です。なのに、なんで反論せずにあっさり了承したのか。

 文科省のトップが政府の一員として了承したのなら、退職後に「本意でなかった」とか言うのは人間のクズだと思います。職を賭して戦えよ。
 こんなトップを「奇兵隊」とか持ち上げるバカみたいなメディア。高杉晋作を冒涜する報道だと思います。

○一言4
 個人文書が出てきました。
 でも、その個人文書って、「受け取った側の感じたイメージ」にしか過ぎなくて、証拠ではないんですよ。
 具体的に言えば、「行政文書」となる議事録は、「趣旨が違う」というものに訂正を頂き、発言者に確認して了解を取ったものです。要するに「そういうつもりで言ったものではない」というのを淘汰したものが公式文書になるわけです。

 だから、今回の文書って、担当者の主観なんですよね。だから事実かどうかは分からない。

 ただ1つだけ言えることは、文科省は今後全省庁から、警戒されますね。担当者ベースでは、他省庁の担当者と本音を言えるようになったらいい仕事が出来るのですが、本音が流出するなら、形式的なやりとりをせざるを得ないですよね。

 そういった意味でも、前川氏は、文科省の現役に多大な迷惑をかけていると思います。事務次官の時に自分が決断した問題。最悪のトップだと思います。

○一言5
 豊洲問題で専門家会議が大荒れとか。一方で小池都知事の「謝罪」は問題なく済んだそうな。

 専門家会議の平田氏は完全にスケープゴートだと思います。
 一方で、小池氏の「謝罪」の会合ではイエスマンに近い方のみ発言させる用意周到ぶり。.

 トップが、部下に「盾」を任せる組織って、まともじゃないと思いますが、なぜ誰も報道しないのかな?


<6月11日>
○一言
 官邸の人事権。

 キャリアの高級官僚のすべてが出世のためなら官邸にひれ伏す、というような論調は明らかに矛盾しておかしいと感じます。
 言い換えれば、前川氏は「事務次官を辞めないために官邸にひれ伏した」のでしょうか?
 だとしたら、自己の地位のために行政を歪めたのは前川氏自身です。当たり前ですが。
 違うというのなら、それを止めるべく政治的な活動(対与党)を出来なかった前川氏の事務次官としての能力が低かったというだけの話です。

 だから、辞めたあと「行政が歪められた」というのは全くおかしな話です。
 
 現場としては、「クビかと思ったらまだ仕事をしろということなので」とかいう挨拶を異動のとき言う局長クラスもふつーに見ています。
 官邸が使いやすい人材と、各省庁の評価は差があるので、結果「なんであの人が?」となる人事もあります。

 しかし、これは安倍政権とか民主党内閣とかの話ではありません。

 メディアにより「官僚政治」が批判され、市民が選んだ政治家による「政治主導」であるべきだという流れが一番大きかったと、ここ20年以上の経験で肌で感じています。

 だから、まさにその急先鋒であった朝日新聞が、政治主導を批判し、事実上官僚政治の方が良かったというのは自らの主張を否定する驚くべき主張だと思います。

 私が分からないのは、朝日新聞の中でどういうパラダイムの変化があったのか。
 従来なら、政治家に対し官僚がもの申すのはまさに「官僚主導を守るため」のものであり「そんなものは絶対に認められない」となるはずなのに・・。

 安倍憎しなら官僚主導も容認するというのは長期的に見て本当に大丈夫なんでしょうかね?


○一言2
 文科省の再調査。
 文書があろうがなかろうが、「内閣府の違法なごり押しがあったのか否か」という本質の解明には何ら関係ないのに。
 なぜなら、文書自体が担当者の「所感」に過ぎないから。

 ここで、議事録と議事メモの違いを書かせて頂きます。
 議事録とは、発言を記録したあと、これで間違いないか、発言者に趣旨を確認したものをいいます。「そういう趣旨で言ったんじゃない」というのもありますから。
 一方で議事メモというのは、発言者に趣旨を確認をしていない。つまり、前述のように担当者は「こう感じた」というメモにすぎないのです。
 だから、議事録は保存対象で、議事メモは、しょせん勝手に解釈したメモなのです。

 もちろんメモも重要です。それをもとに判断するから。でも、担当者の能力により、正確性には欠けるわけで。
 だから、議事メモは正確性という意味では落ちるので保存すべき文書の対象になり得ないのです。

 そのあたりの現実をメディアや野党は全く無視しているように思えます。
 だから、再調査はコストの無駄遣いだと思います。


○メディアから一言
 朝日新聞によると「米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設計画と「共謀罪」法案に反対する市民グループの集会が10日、国会周辺であった。辺野古で埋め立て工事が進むなか、「抗議活動をしている人が身柄を拘束される沖縄の状況は共謀罪の先取りだ」などと主張。「辺野古埋め立てNO」「共謀罪NO」とメッセージを掲げ、国会を囲んだ。」とか。

 ええ?

 暴力行為など、違法な抗議をしたから捕まるわけで、準備罪である「共謀罪」と全く関係ないと思いますが。

 だいたい、なんで普天間移設問題と「共謀罪」をまとめて、しかも東京で批判するのか。

 これでは、辺野古反対運動は「東京に司令塔」がある普通の市民でない方の活動だと誤解させると思いますけどね。

 語るに落ちたという奴ですかねぇ・・。真面目に反対運動している方もいると思うのですが。


<6月6日>
○一言
 文科省の文書のリークがすべて朝日新聞というのが、いかにも買収だろうと分かりやすい。
 実際当サイトですら、ちょっと前までは、情報をリークしませんか、謝礼は払います・・的なものが大手新聞社等からもメールがきていました。
 
 取材ではなく、情報が目的なのですから、提供後はどう書かれるかも分かりませんし、メディアは最後見捨てるな、というのがよく分かります。
 そう考えると情報提供者は辞める前に一稼ぎ、ということなのだと思います。

 まあ、とはいえ、コンプライアンス違反(情報漏洩)をした人間を採用する企業は果たしてあるのかな?と正直思いますが。
 
 繰り返しますが、内部告発ではなく、単に不満を持ったことによる情報漏洩ですから、あり得ない行為です。

 気に入らない政権を倒すためなら法律違反も認める、という朝日新聞の本質がはっきりと分かります。
 こうした第四の権力が、テレビや新聞を通じて市民を騙そうとしていること、市民の皆さんは気付いて欲しい。

 反日朝日。久々にこの言葉を思い出しました。

 既得権益を守るべき、天下り容認、官僚政治が重要って、ここ10数年の政治の流れに全く逆行するわけですから、本来あり得ない主張なのですが・・。


<6月3日>
○一言(整理しました)
 最近の「いじめ報道」が学校や市町村(教育委員会含む)の問題を攻撃するだけの報道になっているのが気になります。

 いじめ問題って、当たり前ですが、いじめた側が一番悪いんでしょう?ついこの間までは当たり前だったことが、なぜ最近当たり前でなくなったのか。
 もちろん、子を持つ親としても、問題をきちんと調べてくれない行政(教育委員会など)に抗議するのは当たり前で報道自体は当たり前だと思いますよ。
 でも、いじめ問題は死に追いやるまでいじめた側が一番悪いというのが本質。
 例えば、明らかな犯罪的なもの(恐喝や強盗教唆、暴行等)は犯罪だ、というべきだと思いますし、子どもの場合は大人のパワハラと違ってそこまで考えていないケースも多いと思います。そういうケースの紹介は重要なんだと思います。

 事故があった場合の再発防止のための調査はもちろん必要でしょう。
それはそれとして、まずは未然抑止を考えて欲しい。

 例えば、いじめ問題があったけど大事に至らなかった例の紹介であったり、親が思春期の子どもに対する接し方であったり、異変に気付くための方法とか、メディアにできることはたくさんあるんではないですか?

 例えば、相談をしていたのに学校側の対応の問題があった場合は、なぜそのような対応になったのか。それらをきちっと分析し、蓄積すること。
 事後の報告書の場合はむしろ、「なぜそのような対応になったか」「どう改善できるのか」など、そちらの方もしっかり報道するべきです。

 それだけではなく、家庭環境や周辺環境などにも考察が必要だと思います。
 家庭環境というのは、親を批判するとかそういう話ではありません。誤解なきよう。
 例えば、子どもと学校の話をしているのか、学校の友達の話をしているのか。商店街や近所の人の方と挨拶を交わしているか。あるいは子どもの友達の親と情報交換をしているか、など、ありきたりの話です。

 そういう部分は大事だと思うんですよね。もちろん、完璧に防げるとは思いませんが。
 いじめは避けられないとしても、死まで行くことを抑えることはできると思うんですよ(完璧はないですけど)。まずは子どもの命を守ろうよ。

 そもそも、学校は命を賭けて行かなくてもいい、という原則があるでしょう。それは「避難」です。断じて「不登校」ではありません。
 いずれにせよいじめ問題は学校だけに任せておけない問題だと思います。
 だから、行政のお偉いさんが頭を下げる映像を流して正義の味方気取りで終わり・・の一部メディアは全く間違っていると思います。


○一言2
 トランプ政権批判。

 別にトランプ氏を擁護するつもりはありませんが、パックスアメリカーナの世界秩序を破壊したのはトランプ氏ではなくオバマ氏なんだと思いますけどね。

 リビアやシリアへの中東政策の失敗、ウクライナへの対応の失敗、中国にすり寄り南シナ海への進出を許す失敗・・、北朝鮮を増長させ、核開発を進めさせて失敗・・。

 特に問題だったのは米国のレッドラインであるNBC兵器の使用について実力行使しなかったこと。具体的にはシリアの化学兵器です。
 環境問題も、アメリカは京都議定書をとっくに離脱してたし。

 で、任期切れ間際に、人気取りのために急に中東情勢改善や「航行の自由作戦」、パリ条約署名とかやり出した政権です。私はいい加減だと思います。

 オバマ路線が失敗していた以上、トランプという極端な路線に反動が来るのはある意味当たり前の話だと思います。
 トランプ批判より、オバマ政権の総括をするべきだと思いますけど。そうでないと見えてこないものがたくさんあると思います。


○一言3
 テロ等準備罪を審議する法務委員会で、加計学園問題を「審議」していました。

 決算委員会とか、加計学園問題を審議する場は他にもあると思いますが・・。

 テロ等準備罪の「「審議時間が足りない」というのは、嘘」だと自ら言うような愚劣な行動をなぜするのですかねぇ・・。


○メディアから一言
 時事通信によると「国連の「表現の自由」に関する特別報告者で米国出身のデービッド・ケイ氏が来日し、東京都内で2日、記者会見した。
 ケイ氏は自身がまとめた、日本の特定秘密保護法に批判的な報告書について「事実誤認はない。反論も多く聞いた上で結論を導き出した」と強調した。」とか。

で、「ケイ氏は「表現の自由に関して、日本は憲法で強い基盤を持っている」とした上で、「(表現の自由を定めた)憲法21条が改正されないかどうかが、強く懸念される」と語った。」とか。

 いつも思うんですが、東アジアで言えば北朝鮮を筆頭に、中国や韓国の方が表現の自由についてよほど問題だと思いますが、なぜケイ氏は日本ばかりやり玉に挙げるんですかね?

 率直にお伺いしたい。ケイ氏はどこから収入を得ていますか?国連から収入を得ていないのなら、生活するための収入はどこから得ていますか?
 また政治的スタンスはどこにありますか?

 個人的には、こんな人をありがたがることは、誤った(過度の)主張により日本のイメージを損なうことだと思いますが。なぜメディアはありがたがるのか。
 日本のメディアなら、反権力以前に、まずは日本の市民を考え、彼の主張が事実かまた適切かを確認するのが当たり前では?


○メディアから一言2
 時事通信によると「学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画で、内閣府が文部科学省に対し「官邸の最高レベルが言っていること」などと早期開学を求めたことを記したとされる文書について、民進党は2日、文書が同省内で共有されていたことを示すメールの写しを入手したと発表した。」とか。

 具体的には、「昨年9月27日、文科省専門教育課の係長が、省内の複数の宛先にメールを送信。前日に内閣府の藤原豊審議官らと行った「打ち合わせ概要」を記録した文書ファイルが添付されていた。

 「取扱注意」とされた打ち合わせ概要には、内閣府側が文科省に「平成30(2018)年4月開学を大前提に、逆算して最短スケジュールを作成し、共有いただきたい。これは官邸の最高レベルが言っていること(むしろもっと激しいことを言っている)」などと求めたことが記載されている。」とか。

 報道と違い、国会議員にはニュースソースの秘匿の原則はないですね。与党側は誰から入手したのか確認を要求すればいいだけ。悪手ですね、
 っていうか、「事実なら」守秘義務違反の文科省専門教育課の漏洩者を即時任意聴取するべきです。

 つまり、政権に不満だから野党に情報漏洩するなど、国家公務員法違反以外の何ものでもなく、こんなことが許されるなら、独裁政権作るの簡単ですよ。
 もちろん、法令違反に対しての内部告発なら別ですが、今回の件は違うでしょう。
 役人に守秘義務があるのは政治的中立その他が求められているからであって、法の違反ではなく政治的パフォーマンスのために情報漏洩するなら、公務員の資格はありません。

 民進党は、国家公務員の守秘義務の意味を甘く考えすぎではないですか?


○メディアから一言3(考えが変わったので修正)
 6月2日付週刊ポストセブン。
 「官邸に1人で立ち向かう前川氏とはどんな人物か。」ということで、略歴を。

 「前川氏の祖父・前川喜作氏(享年91)は年商812億円を誇る大手冷凍機器メーカー・前川製作所の創業者。また、村上春樹氏(68才)の名作小説『ノルウェイの森』の舞台とされる男子学生寮「和敬塾」の創始者でもある。前川氏の妹は中曽根康弘元首相(99才)の息子・弘文氏(71才)に嫁いだという華麗なる一族だ。」
とか。

 要は、戦って負けても何の影響もない人。セレブだから、何でも出来ると思います。

 おもしろいのが、「元文科省の官僚で、前川氏と20年来のつきあいがあるという寺脇研さんが語る。」と。
 寺脇さんって、5月30日のミヤネ屋でも必死で前川さんの弁護してたのなぜかな?と思っていたら「お友だち」だったんですね。

 笑わせるのが、「私が文科省に入って42年経つけど、前川さんはその間の事務次官では最も人望のある人。素晴らしい次官は今までもいたけど、前川さんはバイトの子から地方の研修生まで、全職員から人望がありました。弱い人に寄り添い、常に教育とはどうあるべきかを考えている。そんな前川さんが逆恨みや腹いせで省内の重要な文書を漏らすなんてことは考えられない」とか。

 それは嘘でしょう・・。全職員どころか各課のバイトさんを知っている事務次官などあり得ない
 知らないと思っていい加減なことを言わないでほしい・・・。よほど寺脇氏は感情的に前川氏を守りたいんですね。

 挙げ句の果てに記事では「約30年間、毎朝4~5時に帰宅して定時に出勤する仕事人間で省内の人望は非常に厚かった。そんな前川氏が自分の身を危険に晒してでも会見に臨んだのは、強い使命感からだった。」とか。

 30年間?毎朝4~5時に帰宅して定時に出勤する?誇張が過ぎると思いますけど・・。

 ・・・でもよく考えてみて、ちょっと考えが変わりました。
 こんなあからさまな提灯記事を書くということは、もしかしたらメディアはそろそろ褒め殺しモードに入っているのかも・・。


<6月2日>
○一言
 文科省のメールリーク事件。
 国家公務員が政権に不都合なこと?を安易にリークしてメディアと結託して政権を潰すようなことってあっていいんですかね?

 私が入省してからずっと「官僚政治」批判があり、政治家が役人を指揮すべきだ、と言われ続け、民主党政権では政治主導、内閣の一元管理、天下りの根絶などを主張していました。

 だから、なぜ、内閣府の行為がいけないのか、民進党さん、朝日新聞(報道ステーション)さん教えて頂けませんか?

 政治主導をあなた方は主張し、官僚政治だとしてさんざんバッシングしてきた20年来の自らの主張は間違っていたと認めるんでしょうか。

○一言2
 安倍政権を倒したくて仕方なくても、やっぱ禁じ手というのはあると思うのですよ。
 それが守秘義務違反をしている公務員の主張を認めたり、リークしたものをベースに政権を倒すことだと思うのです。

 だって、例えば、私たちが民主党政権時代に知り得たことをメディアにリークしたらあっという間に民主党政権は倒れたと思いますよ。

 私は民主党政権に批判的ですが、国家公務員として、それはやらない。当たり前でしょう?

 そんな当たり前のことを無視して法律違反を犯す公務員を正義の味方のごとく扱うメディアって、絶対おかしいと思います。主義主張の問題ではないのです。


○一言3
 メールの差出人が専門教育課企画係長と明白である以上、彼を速やかに任意同行し、国家公務員法違反で取り調べるべきです。

 しかし、不思議なのは、文科省もアウトルック又はノーツ?を使っているはずなのに、なぜ字体が明朝体なんですかね?デフォなら違うでしょ?
 また、「こなし方」という言い回しは、私も過去文科省の方と何人かおつきあいしましたが、初めて聞いた単語です。最近の新語でしょうか?
 さらにccの宛先が課長補佐などだったというのも奇妙ですね。文科省独特の「御作法」があるのかも知れませんが・・なにより、議事録の類いは当然に管理職に送りますよね。
 なぜ管理職が宛先やccにないのか。課長補佐以下だけで議事録を共有しても何の意味もない
と思いますが??
 また、タイトルが「打ち合わせ」になっていますね。本当に圧力を受けた人が義憤で流したのなら、当時はより感情があったでしょうし、「打ち合わせ」とは絶対書きませんね。少なくとも「訪問」「ご指摘」など、「打ち合わせという双方向的な見出しではなく、一方的な指示である事を匂わすと思います。
 宛先も「文部科学省」というのがメールアドレスに明記されるのが普通なんですか?ほとんどの省庁はそうではないと思いますが、文科省の御作法ですかね?
 
 個人的には色々疑問があるリーク文書です。

 
○最低限の交通ルールの遵守をお願いします。
 「アクセルを踏むとき、道を渡るときに、ちょっとでいいから(亡くなった)えみるのことを思い出してやってください」(風見しんごさん)

(お断り)
 当サイトでは東京電力福島第一原子力発電所のことを最も短い略称である「1F」と表記します。
 政府・国会、主要マスコミでは福島県全体への風評被害を防ぐために当該原子力発電所の名称の前に「東京電力」「東電」を付けることになっています。
 つまり、こういうことをしっかり考えている政治家やメディアなどは「東京電力福島第一原子力発電所」「東電福島第一原発」とします。
 でも長すぎて面倒。そして上記前提を踏まえればこれが一番いいかな、と。それが全ての理由です。

○ご意見、ご感想はこちらまでお願いします→makinoh2アットマークops.dti.ne.jp

 件名には具体的な内容のご記入をお願いいたします。

※就職にあたってのご質問は、まずは書店等の公務員就職関係の書籍のチェックをお願いします。