Akira Kimura Presents      -since 1997.2-

平和問題ゼミナール
平和学・国際関係論自主ゼミ(鹿児島大学/大学院 )

 

こんにちは。管理者の交代でホームページのフロントページを少し変えることになりました。掲示板そのほかも今後ちょっと変えて使いやすくする予定ですので、これからもお気軽にアクセスしてください!(木村より)

 

 

.アクセス総数

(Since 97/07/10)
Columbus was discovered in 1492 by the native Americans.

更新情報

(最終更新日:2008/06/20

ごあいさつ(木村朗先生)
平和問題ゼミナールとは
初めて訪れた方へ
★CONTENT★
木村朗の平和コラム
時の話題を斬る(独立運用)<コラム・バックナンバー>
木村平和学研究室
木村先生の小論・コメントなど
研究発表のひろば
過去のゼミのレジュメを掲載
参加ゼミ生の紹介
ゼミの風景(写真等を掲載)
平和カレンダー・紛争年表
関連資料(参考文献目録等)
平和問題関連リンク集
木村先生のおすすめ!NEW!
「新」落書き帳(掲示板)
自由に書き込んでください!
<過去の書き込みの閲覧>
海外情報・NGO通信
「(旧)ユーゴ便り」
「Peace Report from America」
「難民を助ける会 レポート」
「ロンドン レポート」
「レターズ・フローム・カナダ」
「ピース・ボート便り」

 

特別相互リンク

非公式
石川ゼミHP
九州大学法学部

木村先生の出身ゼミ

 

☆★今回の注目★☆
平和問題関連リンク集をリニューアルしました。木村先生が厳選・作成した「おすすめ」リンク集で、2行程度のコメントもついていますので、使いやすくなっています。現在も更新作業中ですので、ますます充実したものになる予定です。ぜひ、お使いください!

お知らせ(最新情報)

題目:「自衛隊イラク派遣差止訴訟名古屋高裁判決から考える憲法9条」

講師:大野友也氏(鹿児島大学法文学部教員)

日時:2008年6月21日(土) 13:30〜16:45

場所:鹿児島大学中央図書館グループ学習室(3階)

☆ビデオ上映予定:未定

     車でいらっしゃる方は、大学正門に13: 25までお越しください。

更新情報

< 最新!!講演録「核をめぐる危機とチャンス〜ヒロシ マ・ナガサキ・ビキニ 核の惨禍から廃絶へ」(『福竜丸だより』334号、2007年3月1日発行)

< 最新!!「米軍再編の本質と日本社会の変貌〜日米軍事一体化と日本の最前線基地化(『軍縮問題資料』2007年5月号に掲載)

書評纐纈 厚著『(市民講座)いまに問う 憲法九条と日本の臨戦体制』(凱風社、2006年11月)の薦め

< 注目!!書評辺見庸著『いまここに在ることの恥』(毎日新聞社、2006年)の薦め(『週刊金曜日』2006年10月13日号掲載)

< 注目!!書評『わたしの息子はなぜイラクで死んだのですか―シンディ・シーハン 平和への闘い』の薦め(『図書新聞』2799号、2006年11月25日に掲載)

第2回九平研「平和の旅」文集−中国東北地方(旧「満州」)を訪ねて歴史の再認識と日中平和交流をめざして〔2006年〕−

< 注目!!木村 朗編著『米軍再編と前進基地・日本』(凱風社、2007年)のご紹介

< 注目!!木村 朗著『危機の時代の平和学』(法律文化社、2006年)のご紹介

< 注目!!木村 朗編『核の時代と東アジアの平和』(法律文化社、2005年)のご紹介

危機の時代と”平和への選択”−”うちなるファシズム”の克服を!」(明治大学軍縮平和研究所編『軍縮地球市民』第6号、2006年7月発行に掲載)

21世紀における平和秩序の構築を求めて−”確固たる政治的意思を”」(『軍縮問題資料』2006年9月号に掲載)

原爆(核兵器)と劣化ウラン兵器の禁止・廃絶を求めて−戦後61年目の視点から考える『長崎平和研究』第22号(2006年10月発行)に掲

21世紀における平和秩序の構築を求めて−今こそ、原爆(核兵器)と劣化ウラン兵器の禁止・廃絶を!」グローバルヒバクシャ研究会(高橋博子・竹峰誠一郎)編『市民講座 いまに問う ヒバクシャと戦後補償』凱風社。2006年10月発行に掲載

< 最新!!平和コラム久間防衛相発言と"原爆神話"」(No.59,2007.7.8)。
 

平和コラム県警に思う組織全体の暴走、猛省を」をアップしましたNo.58,2007.4.8)

平和コラム「 暗転しつつある時代状況を反転させるために何をするべきか」をアップしましたNo.57,2007.1.3)

原爆神話と核抑止論の欺瞞性を越えて−21世紀における平和秩序の構築のために『証言2005 ヒロシマ・ナガサキの声』(2005年10月)

< 注目!!「原爆投下問題への共通認識を求めて−長崎の視点から」『軍縮地球市民』創刊号(明治大学平和研究所発行、2005年5月)

「『正義の戦争』とアメリカ−米国原爆と劣化ウラン弾を結ぶもの−」編著『核の時代と東アジアの平和』法律文化社(2005年)

「いま『九州・沖縄』から平和を創る−『非核神戸方式』と地域・自治体の平和力』菅英輝編『21世紀の安全保障と日米安保体制』ミネルヴァ書房(2005年)

・論文「原爆神話」からの解放−「正義の戦争」とは何か(『夾竹桃の花ふたたび』南方新社、2001年7月出版)をアップしました!

・論文「『新しい戦争』と二つの世界秩序の衝 突 −9・11事件から世界は何を学ぶべきか−」日本 平和学会編『平和研究(特集 世界政府の展望)』第28号(2003年11月発行、早稲田大学出版)

をアップしました(2004.03.24)

< 注目!!小論世界秩序の掌握に失敗したアメリカ」週刊金曜日(9・11二周年特集)』2003年9月5日号)

 をアップしました(2004.03.28)

小論「地域の市民による平和運動」『平和学がわかる』(AERA Mook 朝日新聞社、2002年9月発行に掲載)をアップしました(2004.03.28)

<注目!!平和コラム「辺見庸著『永遠の不服従』の薦め」をアップしました(No.47,2003.01.09)

<注目!!ロサンジェルス・タイムズ誌上のインタビュ−記事をアップしました(02.02.14)。

 

 ☆おかげさまで200 5年10月に「平和問題ゼミナールのHP」への

総アクセス数が70,000を突破しました。これからもよろしくお願いします!

参加ゼミ生随時募集中!
平和情報提供のお願い
リンク・ブックマークについて

鹿児島大学ホームページ法文学部ホームページ木村 朗ホームページ

平和問題ゼミについての問い合わせや掲載されている内容に関するご意見・質問などは、 木村 朗 にまで遠慮無くお寄せ下さい!

This Site is Link Free

 

CopyRight(C)1997-2000, Kimura Peace Seminar. All rights reserved.
Composed by Katsuyoshi Kawano ( heiwa@ops.dti.ne.jp )